笑顔がとても可愛い岡本玲さん!

CMやドラマ、バラエティにも出演しており、一度目にしてその笑顔に癒されファンになった人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな岡本玲について知り尽くしたい!という人のために、

プロフィール情報から可愛さの魅力、さらには気になる性格や過去の出演作品の紹介までしていきます。

ブレーク中の岡本玲ですが、今からでも間に合います。

かわいすぎる岡本玲をもっと知って、もっとファンになってしまいましょう!

かわいすぎる岡本玲の魅力にせまる!

なんだかクラスや会社にいそうな雰囲気のある岡本玲。

ちょっと親近感のある普通の感じが良いのかもしれませんね。

でも実際にいたら、かなりの輝きというかオーラを放っているでしょう。

そう、ずば抜けて可愛いのです!

その親近感がありながらも、可愛過ぎ!と思わせる魅力は何なのでしょうか。

ここからは岡本玲の魅力にどんどん迫っていきたいと思います。

岡本玲のプロフィール

まずは岡本玲のプロフィールから紹介します。

名前の岡本玲(おかもとれい)これはどうやら本名のようです。

華やかさと普通さを兼ね備えている名前が本人のイメージにもぴったりですね。

また言いやすいのもいいですね。

なんとなくフルネームで呼んでしまいたくなる名前です。

岡本玲の生年月日

生年月日は1991年6月18日です。

デビューは2003年なので、当時12歳ということですね。

同じ1991年生まれには、元AKBの前田敦子、高橋みなみ、板野友美などがいます。

AKBの初期メンバーには他にも1991年生まれが多いようです。

女優の夏帆、瀧本美織。

モデルでタレントの河北麻友子、トリンドル玲奈、山本美月、波瑠。

スポーツ界では石川遼。

こうして並べてみると1991年生まれには、そうそうたるメンバーがいます。

アイドル世代でもあるといえますね。

そんなメンバーと同級生として今活躍しているのが岡本玲なのです。

和歌山県出身!

出身は和歌山県和歌山市です。

和歌山県代表としての活動もいくつかしています。

・2011年 和歌山県より「わかやまパンダ大使」に任命
・2012年 紀の国わかやま国体のイメージソング審査員となる
・2013年 和歌山市より「平成25年度 和歌山文化奨励賞」を受賞
・2014年 和歌山県警察署の一日署長を務める

毎年、出身地である和歌山での仕事をしているようですね。

他に和歌山県出身の芸能人には明石家さんま、溝端淳平、広瀬香美がいます。

女優さんやアイドルは少ないようですね。

その分、女性芸能人として和歌山県に貢献しているのかもしれません。

趣味や特技とは?

岡本玲の趣味はギターとピアノ。

音楽が好きなようで、3歳から習い始めたピアノでは、和歌山県で銀賞をとったこともあります。

そして特技はそろばんや暗算です。

自己分析で性格を負けず嫌いで頑固と評しています。

長所でもあり短所でもあるのが、完璧主義なところなんだそう。

おっとりほんわかしてそうに見えますが、実はかなりの頑張りやで人一倍努力しているのかもしれません。

だからこそ今の岡本玲があるのですね。

その他プロフィール

身長は157㎝。

血液型はA型。

現在公開されている職業は、「女優、ファッションモデル、タレント、歌手」。

所属事務所はエヴァーグリーン・エンタテイメントです。

モデルとしては背が低いような印象を受けます。

しかし今ではモデル以外にも、かなり幅広い分野で活躍していますので、良いのかもしれません。

同じ事務所には、同じ出身地である溝端淳平がいます。

他にはウエンツ瑛士や栗原類も同じ事務所です。

好きな食べ物は煮込みハンバーグ、しらす。

嫌いな食べ物は梅干しと納豆。

好きなキャラクターはミニーマウスとキティ。

そして野球の阪神ファンであるようです。

人間関係や恋愛観は?

そんな岡本玲の気になる交友関係についてです。

本人いわく、かなりの人見知りなんだとか。

そのため初対面の人と仲良くなるのには、かなり時間がかかるようです。

人に弱みを見せたり、努力している過程を見られることも好きではないのだとか。

そのため「おひとりさま」が得意で、水族館や牛丼やラーメン屋。

どこでも1人で行って楽しむことができるのです。

仲良くなるのに時間がかかるぶん、時間をかけて仲良くなった人とは狭く深く付き合うタイプのようです。

男性関係はまるでなく、交際した経験もないと自信で発言しているほど。

好きなタイプは無口で知的で何を考えているかわからない人。

優しくて清潔感があり、メガネをかけている人。

一緒にいて疲れない人だとか。

岡本玲自身が完璧主義なので、男性への理想も高そうです。

結婚は26歳でしたいみたいですが、それまでに理想の男性はあらわれるのでしょうか。

岡本玲のちょっと不思議なところ

岡本玲には少し不思議で変わったとことがあります。

それも魅力の一つではあるのですが、そんな不思議なところも紹介します。

幼少期

子どもの頃から少し変わっていた岡本玲。

人見知りで負けず嫌いなのは、今と変わらないようですが・・。

さらには潔癖症でもあったようで、大皿や鍋など人が箸をつけたものは食べることができませんでした。

主食はサッポロポテトでお腹が空くと不機嫌になっていたようです。

山登りやザリガニ釣りが好きという小学生で、人見知りだけれど活発な女の子だったのですね。

学生時代

12歳でのデビューなので、学生時代はもう芸能界入りしています。

高校の時には自分のノートにストレスを書き出していたそうで、そのノートには「死」「抹殺」と言ったちょっと怖い文字を綴っています。

相当のストレスがあったのでしょうか。

そのノートを番組で披露してしまうのも、凄いですね。

そんな高校時代は模試で20000人中6位の成績でした。

仕事と学業の両立が完璧すぎます。

だからこそストレスもあったのかもしれませんね。

芸能界入りは『ニコラ』のモデル

芸能界に入ったきっかけはモデルです。

2003年、ファッション雑誌二コラの専属モデルオーディションでグランプリを受賞したことで芸能界入りをしました。

当時は12歳です。

当時活躍していた新垣結衣や蒼井優に憧れて応募したそうです。

ニコモになってからは新垣結衣に妹のように可愛がってもらっていたとのこと。

憧れの人と同じフィールドに立ち、よくしてもらえるなんて、まさに夢が叶ったということです。

この二コラとは新潮社が月間発行している雑誌です。

10代前半に向けたファッション雑誌。

つまりここに登場しているモデルさんは10代の女の子の憧れなんです。

そんなカリスマ性の求められる雑誌でグランプリを受賞したなんて、すごいことですね!

この二コラのモデルのことは、ニコモと呼ばれ、人気女優の登竜門にもなっています。

同じように二コラモデルを経て活躍している人には、栗山千明、蒼井優、沢尻エリカ、新垣結衣、西内まりや、川口春奈がいます。

この名前を見て登竜門であることが納得できますね。

今大人気で大活躍している女優さんばかりです。

表紙登場回数1位で卒業

そんな二コラモデルの中で岡本玲は表紙の登場回数が1位なんです。

25回も表紙に登場しました。

表紙は雑誌の顔です。

そんな顔に最多で登場するというのは、それだけ人気があったからということです。

先ほど紹介したニコモ出身の女優さんで表紙を飾った回数は、栗山千明4回、新垣結衣14回、西内まりや11回、川口春奈15回です。

この25回という数字がどれだけ凄いかがわかりますね。

またニコラの人気投票では5年間トップ。

販売部数が伸び悩んでいたニコラですが、岡本玲を表紙に起用してからは、どんどん売り上げが伸びていったのです。

それだけ影響力の大きいモデルだったということです。

アイドルユニットも結成