習慣は聞いた事があると思いますが、慣習とはあまり聞いた事がないかもしれませんね。

慣習というのは社会的に求められている伝統的なものだと思って下さいませ。

いわゆる模倣という言葉に近いものがあります。

反対に習慣は当人のみが行っている行動になりますよ。

慣習はたくさんの人数、習慣は当人のみなのでそういう所からも違いは現われます。

日本人からすれば当たり前のような慣習が結構多く、海外の方から見ればありえないという声も大きいです。

どんな慣習があるか、また毎日しておいた方が良い習慣についてもお伝えしていきましょう。

外国人が驚く日本の面白い10個の慣習を紹介します!

意外と日本人にしかない慣習というのも多いんですよ。

これは国民性的なものかもしれませんね。

SNS中毒であったり、カメラに向かってピースサインをする、マスクを付けたりなど色んな慣習が存在します。

当たり前のようなものかもしれませんが、海外の方からすれば当たり前ではないんですよ。

そもそも海外の方と比べても文化が違うので、当然と言えば当然かもしれませんね。

あなた自身当たり前だと思っている事が、実は日本のみだったという慣習を知っておいて損は無いでしょう。

SNS中毒

日本人でも多く存在するSNS中毒者というのは、全国的なものではありません。

大体は3分の1程度と思っておいた方が良いでしょう。

何故なら社会人はSNSに浸透している訳ではないからです。

若い方であればある程度暇もありますし、SNSへの投稿も当たり前のようにしています。

しかし社会人になってからSNS中毒になるほど暇でもなかったりします。

ニュースでよくいうSNS中毒というのは、結構大げさに言っている事が多いんですよね。

日本の若い方は自分を見てほしい、SNSが面白いということからフェイスブックやインスタグラムなどをしている方もたくさんいます。

海外の方からすればそんなにSNS中毒になるほど、ハマっている方は少ないようです。

その辺りはライトな考え方が出来るかどうかでしょうね。

日本人の多くは見栄とプライドで構成されている事も多いです。

SNSの投稿をしている方は自慢がしたい、誰かに見てほしい、認められたいという欲が強い人物ばかりでしょう。

正直SNSなどどうでも良いと思っている方も多いので、それは少数派の意見であると考えてほしいものですね。

カメラにピースサインする


カメラに向かってピースサインをするのは、私が子供時代からの習わしのようなもので、30年以上前からあります。

ピースサインは平和の象徴を表しているものとされていますが、実は各国では意味が大きく異なる事はご存知でしたでしょうか?

日本人からすればカメラに向かってピースサインは作れるのですが、万国共通ではありません。

ギリシャや他の国では侮辱や犯罪者を表すサインになるそうなので、とても危険なサインなんですよ。

日本国内であれば特に問題はないのですが、海外でピースサインをした場合ドン引きされる可能性が高いでしょう。

ちなみにピースサインだけではなく、他のジェスチャーも各国では意味が違う事はご存知ですか?

指で輪っかを作るOKサインやイイネサインなんかも、下品なサインと言われているのです。

全ての国がピースサインではだめという訳ではないでしょうが、文化が違うのでいろんな事が起こりえるんですよ。

マスクをする

海外の方ってあまりマスクをしているイメージがありませんよね。

日本人って夏場以外結構マスクをしている事が多いです。

これは単純な話、花粉症対策やインフルエンザなどの予防のためにしているので、特におかしい事はないでしょう。

たまに女性でメイクをするのが面倒くさいからマスクをしているという方もいます。

海外の方からすれば、マスクをしている日本人が奇異に思えるようです。

こちらからすれば海外の方の方が変ですけどね。

海外の方は日本とは異なり、ウイルス感染などあまり気に留めていないような方もたくさんいます。

マスクをするのが当たり前ではありませんが、電車など密閉された空間では誰がウイルスを持っているのか分かりませんので、予防するのはごくごく普通の事です。

感染したら洒落にならないだけなので、生真面目な日本人らしさが出ております。

クリスマスに家族と過ごさない


海外ではクリスマスは家族と過ごす所や、当たり前のようにパーティをしている方が多いようです。

日本から見ればクリスマスと言えばリア充達の祭典とも言えるイベントでしょう。

しかし各国のクリスマスでは、クリスマスらしい所がない国もあります。

日本のクリスマスと言えばケーキを食べてわいわいはしゃぐ、恋人と過ごすというものですね。

基本的にはどこのクリスマスもそんな感じではありますが、大体はホームパーティーをしているかの違いです。

国によって文化は異なり、クリスマス発症の地と言われるフィンランドではサウナに入ってクリスマスを過ごすと言われています。

正直な話日本人から見れば他の国の方がどうかしていると思うものもあるので、こういうイベントは何でもありではないでしょうか?

ただ最近は生真面目な日本人の性質として、クリスマスに家族と過ごさないというよりも恋人と過ごすのも当たり前ではなくなってしまっています。

それよりも仕事優先なのでクリスマスなんて二の次レベルでしょうか。

麺をすする

今でこそ日本を観光する外国の方も増えているのである程度は認知されるようになっていますが、蕎麦やうどんを音を出してすするというのはありえない事だったそうです。

これに関してはマナーの問題ですね。

反対にイタリアでは麺をすすってはいけません。

音を出して食べるのは下品だからと言われているのです。

こういうのは本当に文化の違いで、郷に入っては郷に従えのようなものなので別に気にする事はないでしょう。

麺をすするのが普通の国もありますから、特に珍しい事でもないです。

食べ方も好き食べれば問題はありません。

コンビニで立ち読みする

コンビニで立ち読みできるのは日本人くらいではないでしょうか。

海外の場合は高確率で汚くされる恐れがあるため、袋とじにされている状態のものもあるようです。

立ち読みをするのは当たり前のように思えるかもしれませんが、日本人は中身を見てから決めるような慎重さを持っているので、批判されるのも仕方がないのかもしれませんね。

今では電子書籍なども増えてきているため、立ち読みをするのが減りました。

ちなみにコンビニはどこの国にもあるわけではないですよ。

まだまだ海外に浸透していない箇所も多いです。

何でもあるので便利ではあるのですが、日本のように平和な国ではない場所も多いので、コンビニ強盗なども当たり前のようにあります。

ちなみにコンビニは多少海外に進出はしているのですが、自動販売機が置かれていない事はご存知でしょうか?
日本のように当たり前に置かれている自動販売機ですが、海外では見る事はありません。

その理由は壊してお金と商品を奪ってしまう人間がいるからです。

治安が悪いのもそうですが、監視カメラが設置されている訳ではないので、簡単に破壊できてしまうんですよ。

コンビニも便利は便利ですが、現地の人が対応していかないと無理な話ですからね。

朝の通勤ラッシュ

日本では当たり前のようになっていますが、朝の通勤ラッシュは日本だけでしょう。

各国でも通勤ラッシュはありますが、バイクや車などの通勤ラッシュがあります。

正直ありえないと思っている外国の方も多いですが、日本なんてまだ電車に乗っているだけマシですよ。

タイやベトナムのようなバイク所有者の多い国なんて、毎朝芋洗いのようにバイク通勤がひどいですからね。

渋滞並の勢いなので、当然事故は多いと言われています。

ヨーロッパなどの通勤ラッシュに関してですが、基本的に会社勤めしている方はフレックス制が多く通勤ラッシュなど縁がないという方もいるのです。

そもそも車で送り迎えしている家が多いので、日本のように通勤ラッシュなんてありえないでしょう。

酔っぱらうとどこでも寝る

これは日本の常識とは思わないでほしいです。

日本の恥を晒しているだけに過ぎません。

酔っ払うとどこでも寝るような方は確かにいます。

これは自己管理が出来ていない馬鹿ですね。

主に成人式での若者や、調子に乗っている若者やおっさんなどに多く見られます。

酔っ払うとどこにでも寝るような方は、危機管理能力が低い人間ですよ。

海外の方から見れば、日本が平和であると馬鹿にする象徴の1つとも言えます。

日本が平和だからこそ出来る芸当ですが、海外だと絶好のカモ以外にありえないので身ぐるみを剥がされてしまい、最悪殺されてしまう可能性も高いです。

一昔前であれば道端に寝ている人もたまにいましたが、現在では電車の中で寝ている方の方が多いでしょうか。

特に忘年会シーズンになると、こういう人本当によく見かけますよ!

飲めないお酒を無理やり飲まされてしまうという事もあるので、日本の悪い風習であるとしか言いようがないでしょうね。

お辞儀する

日本人は礼儀を重んじる種族です。

お辞儀は当たり前の事ですね。

私達から見れば特に不自然なところはありませんが、海外の方からすれば重いと感じるという声を聞いた事があります。

挨拶みたいなものなので、深く考える必要はそこまでないでしょう。

反対に海外の方は挨拶をしない所もあります。

水道水を飲む

今現在は当たり前ではなくなっているので、水道水を飲む人はいないでしょう。

しかしこれは海外では考えられない事なのです。

海外の水を飲んだらお腹を壊すという事を聞いた事がありませんか?

これはその言葉通りで化学薬品で協力に消毒されている水や、後進国などであれば飲水が汚い所もまだまだあるのです。

普通に水道から水をそのまま飲むという事はありえないレベルなんですよ。

日本人はそういう所は徹底しているため、他の国よりかはまだ衛生的に気をつけているだけの事です。

実際衛生面に関してはヨーロッパなどの方が圧倒的に悲惨ですからね。

現在は我々日本人も水道水をそのまま飲む事はありません。

他の国よりかはマシとは言え、消毒薬は含まれています。

BRITAや浄水器などを使用している家庭が増えていますよ。

身につけたい良い習慣とは?

習慣というのは身に付けておいて損はないです。

しかし良くも悪くも一度覚えた事はなかなか習慣化から抜け出せれないので、まずは身につける習慣を覚えて頂きたいですね。

当たり前のように出来るものであれば、朝は必ず一杯の水を飲む、寝る前にストレッチするなどがいつでもやりやすいでしょう。

時間がそこまでかからないものの方が、継続もしやすいのです。

習慣というのは癖付けのようなものなので、毎日行う必要があります。

ちょっとの時間で出来るものであれば、誰でも実行しやすいでしょう。

健康的な習慣は、色んな所に良い影響を与えるものですからね。

朝は必ず一杯の水を飲む

朝に1杯の水を飲むと良いという事を聞いた事がありませんでしょうか?

これは寝ている間に体中の水分は汗としてかいてしまっているため、水分補給するには1杯分の水を飲んで補給するのが良いと言われているのです。

夏場だとわかりやすいと思いますが、実は冬場でも寝汗はかいているんですよ。

朝起きた時じっとりとしてるのはそのためですね。

1杯の水を飲むメリットとしては、水分補給のためではありません。

むくみ予防や冷え性をマシにする効果があると言われています。

まだ寝ぼけている体を目覚めせてくれる効果もあるので、朝起きるのがしんどいという方にはおすすめです。

しかし水分なら別に水以外も良いのでは?と思うかもしれませんが、カフェイン入りの飲み物などは水分不足を悪化させてしまう原因となります。

何も入っていない水もしくは白湯が良いのです。

朝日を浴びる

朝日を浴びるのが良いというのは科学的に証明されています。

ただ朝日を浴びるだけで何が変わるのかと申しますと、体内スイッチをリセットしてくれるという事です。

朝日を浴びる事によってメラトニンという睡眠ホルモンを吸収する事が出来ます。

メラトニンをしっかり浴びる事で、夜眠くなり朝はしっかり目がさめる事が可能です。

反対にメラトニンを浴びていない夜行性の人物は、真逆の生活をしているため寝付きも悪くちゃんと寝れないという方がたくさんいます。

その他にもセトロニンという幸せホルモンというものもあるため、それを浴びると前向きになると言われているのです。

この2つの効果をよくよく見てみると、ストレス解消につながる効果になりませんか?

現在精神的にすっきりしていない方や、寝付きが悪い方は嘘だと思って1度ためして見て下さいませ。

太陽の光には美容効果も高いので、女性にこそ浴びてほしいものです。

何より一番のメリットは太陽の光は誰にでも平等に浴びれる所でしょう。

無料という所が大きいですね。

これは早寝早起きが出来る方であれば、お得な効果です。