あなたの身のまわりにやたら口だけはうまく回る人っていませんか?

そう営業マンみたいに話が旨い人っていらっしゃいますよね。

ただ、人によってはそのように口が回る人や話が旨い人をいいような感じに見る人もいないのです。

なぜなら、自分にはない要素だからです。

しかし、しっかり話ができることは何も問題はないのです。

なぜなら、話ができると言うことは、しっかり相手とコミュニケーションが取れるからです。

では、どうすれば話し方がうまくなることができるのでしょう。

実はこれを生まれつきや才能と見ている人は結構多いのです。

しかし、そんなことはございません。

実はどなたでもそうなることができるのです。

なぜなら、話し方が上手い人は、話し方がうまく見える人の特徴を知っているからです。

また、話し方が上手い人のポイントを知っているからです。

つまり、話し方のうまい人の特徴やポイントを押さえてしまえば、あなたも話し方が上手い人になれますよ。

さらに言えば、人から好かれる話し方なども抑えてしまえば、話し方が上手いだけでなく、人から好かれる可能性も高くなるのです。

そこで今回こちらの記事では、話し方が上手い人の特徴やポイントなどの情報を盛りだくさんにまとめました。

ぜひ、参考にしてあなたの話し方が上手い人になりましょう。

そうなることで、今までは卑屈に見ていた話し方が上手い人が、ものすごく憧れの人に見えてきますよ。

特に日本人に多いのが、自分にできない部分を持っている人を見ると、嫉妬してしまうのです。

そのため、そのような人を特別な人にみたり、嫌な人に見たりなどしてしまうのです。

さらに言えば、そのような考えを持っている人たちで集まってしまうので、一向に前へ進めなくなってしまうのです。

なぜかと言いますと、同じ人同士の空間や環境なので、その場にいたいと思ってしまうので、そこから変化を求めないのです。

集団意識の強い日本人からすると、そのような場所から抜け出すことが最も大変なのです。

つまり、そんな不平不満ばかり言う集団にいるのと、いつでも変化を求める集団にいるのとではどちらが良いと思いますか?

おそらくほとんどの人は、後者だと思います。

つまり、話し方が上手い人は、特別な人でも持って生まれた才能でもないのです。

誰でも身に付けることができるものなのです。

ただ、特徴やポイントを押さえても実践しなければ意味がありません。

要は自分次第なのです。

あなたが本気になれば話し方が上手い人になれますよ。

つまり、問題なのはあなたの決意だけなのです。

話が上手い人って引き込まれる!

話が上手い人は相手を引き込むことができます。

そのため、いろいろと説得力があったり、相手を魅了したりすることができるのです。

そのために営業系の仕事が得意なように見えますが、そうではありません、要は、悩む時間を少なくしているのです。

なぜ、そうすることができるのかと言いますと、頭の回転が速いからです。

頭の回転が速いからすぐに返答することができるのです。

すぐに返答することができると相手はあなたのペースにはまってしまう可能性が高いのです。

そのように見えるので、特別な人のように思えてしまうのですが、そうではありません。

どなたでも話し方がうまくなることはできますよ。

▼【関連記事】仕事でデキる感を出す話し方はこちらの記事を先にチェック!
話し方だけで「仕事デキる感」を出すための10個のやり方

人から好かれる話し方の15個のポイントとは

それではここからはみなさんお待ちかねの人から好かれる話し方のポイントをご紹介します。

このポイントさえ押さえてしまえば、あなたも話し方が上手い人になることができますよ。

話し方が上手い人は特別な人ではありません。

人から好かれる話し方のポイントを理解しているからそうなっているのです。

大きくピックアップして15個のポイントがありますので、しっかり覚えましょう。

いきなりすべてを覚えるのは難しいので、まずはあなたにとって身近なものや、読んでいてビビット来たものなどから覚えていくのもありかと思います。

そんなこと言っても難しいものばかりではないのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはございません。

ほとんどが、どなたでも簡単にマスターすることができるポイントばかりです。

まずは柔軟な姿勢になって読んでいただけましたらと思います。

なんでも難しく考えると先へ進むことができませんよ。

まずは難しく考えることを辞めましょう。

では、ぜひ、ワクワクしながらお読みになってくださいね。

表情が豊か


話し方が上手い人はまず表情が豊かです。

表情が明るいので、なんとなく聞いている相手からもこの人はどんな人なのだろうと興味を持たれるのです。

表情が豊かでないと相手は離れていきますよ。

陰と陽は引き合うと言いますが、引き寄せる側の割合が高いのは、間違いなく陽の方なのです。

つまり、表情が豊かで陽の方になるので、どんどん陰を引き寄せてしまうのです。

引き寄せて、話し方が上手いとなると相手を魅了させることができるのです。

つまり、この時点では、口が回ったり、利口だということではなく、表情がすべてを決めていると言うことです。

表情が豊かで明るい感じがあると、人はあなたについていきたいと思うのです。

世で成功者と言われている人のほとんどが表情が豊かなのです。

よく笑う

表情が豊かな人はとにかくひたすらよく笑います。

陰の人から見るとふざけているようやへらへらしているような感じになってしまっているように見えてしまうのです。

なぜなら、自分がそうなれないと思っているから、そのような人を見るとネガティブに感じてしまうのです。

しかし、笑うことは万病の薬とも言われています。

つまり、笑うことは大切なのです。

はっきり言えば、陰を陽に変えてしまう効果もあるのです。

笑っていることに悪気はありませんが、見る人によってはマイナスに思えてしまいます。

しかし、それはあなたがそちらの人間にならなければ問題ないのです。

要は、そっちの人の目を気にしてしまうから、笑うことを悪いことと思えてしまうのです。

あなたはあなたです。

相手に合わせる必要はございません。

相手に合わせても意味はないのです。

相手の話し方が上手いと思ったり、口が上手いと思ってしまうのは、相手に合わせてしまうことが原因なのです。

相手に合わせる必要はございません。

ぜひ、あなたらしさで行きましょう。

ゆっくり話す

話し方が上手い人は意識しなくてもゆっくり話すことができる人です。

要はゆっくり話すから相手にしっかり伝わっているのです。

どうしても人は伝えたいことが多くあると短い時間内に全部伝えないといけないと思って早口になってしまうのです。

しかし、これでは伝えるにも伝わりません。

では、どうすればゆっくり話すことができるのかと言いますと、話す要点を押さえておく必要があるのです。

要は全部を伝えようとせず、要点を抑えて少なくしてしまえば、全部ではないので話すことに余裕を持つことができるのです。

あとは、とにかくゆっくり話すことを意識することです。

また、もしくは相手にしっかり伝わるように意識することです。

ハキハキしている

一言一句はっきり話す人は、相手にしっかり伝えることができるので、話し方が上手い人と言われています。

営業系の仕事以外でも話し方が上手い人と思える仕事には、アナウンサーやMCなどがございます。

要は、相手を引き寄せる話し方をしているので、それは何かといいますと、ハキハキ話していると言うことです。

要は活舌のいい話し方をしていると言うことです。

活舌がいいと、聞き取りやすいので、話していることだけでなく、中身も相手に伝えることができるのです。

アナウンサーやMCは、ただ台本を読んでいるのではないのです。

台本を読みながら中身も伝えているのです。

また、時より表情を変えたりしながらしているので、聞いている相手に疑問などいろいろなことを感じさせてくれるのです。

ぜひ、活舌よくハキハキ話すようにしましょう。

例え話がうまい

話し方が上手い人は、たとえ話をうまく利用します。

要は、自分の考えに縛られていないと言うことです。

自分の考えで話しても相手に対して説得力がないのです。

しかし、エピソードを交えて話すなどすると、説得力が増します。

最近多いのが自分はすごい人だと言ってしまってから話す人がいますが、まったく説得力がありません。

たとえ話は相手も例えばの話なので、本気と言うフィルターが外れているので、簡単に考えて話を拾ってしまうのです。

話し方が上手いのは、要は、自分の考えを強く行っているのではなく、このように豊富な知識を活かしてたとえ話で相手を魅了しているのです。

つまりは、フィルターやレッテルが外れているのです。

そのために、いろいろとたとえ話を持っているのです。

目を見て話す

相手の目を見て話すことは必要不可欠です。

要は目の焦点が合わないのは、自信がないように見えてしまうので、説得力に欠けてしまうのです。

説得力にかけてしまうと相手に伝わるものも伝わりません。

とは言え相手の目を見て話すことはそう簡単にできることではありません。

自分で目つきが悪いと思っていたりするとなかなか実行できないのです。

ただ、実は相手の目を見て話すとありますが、これができている人のほとんどは実は、相手の目をしっかり見ているというわけではありません。

どうしても目を見るのが難しい場合は、相手の鼻だったり、首だったりと目の近くのポジションを見ているのです。

つまり、相手も目を見て話しているかもしれませんが、しっかりこっちの目を見ているのかまではチェックしていないのです。

しかし、まずは相手の目を見て話すようにしましょう。

聞き上手

話し方が上手い人は、話すだけに特化しているように思えますが、実はそうではないのです。

では、どうなのかと言いますと、実は誰よりも聞き上手なのです。

相手の話を聞いて相手の望んでいることや相手がよろこぷことを探るのです。

要は相手の話からキーワードを拾うことが上手いのです。

聞き上手でキーワードを拾うから相手を上手く誘導することができるのです。

まあ、説得力がある所以はそこなのです。

相手の話を聞きキーワードを拾っているから話が上手いように見えてしまうのです。

聞き上手は話上手と言われています。

うまく話すことは難しいと思うかもしれませんが、相手の話を聞くことは難しくありませんよね。

受け止めればいいだけなので、ぜひ、まずは相手の話を聞くようにしましょう。

どうすればいいのかと言いますと、講演会などに言って話を聞くなどすれば、自然と人の話を聞くようになるのです。

身振り手振りをする

身振り手振りをしながら話をすることはあまりいい印象がありません。

なぜかと言いますと、日本を除く外国では、ジェスチャーなどでは勘違いを引き起こすことが多いからです。

しかし、日本ではなぜか身振り手振りで話すことができる人は、説得力があったり、相手を魅了したりすることができるのです。

最近それが顕著に示しているのが、タレントの鈴木奈々さんです。

鈴木奈々さんの場合、身振り手振りを交えて必死に話すので、説得力と言うよりも相手に聞きたいと思わせることができるのです。

ある意味、相手を魅了しているのです。

話す内容はそんなに濃くなくても、必死さを見せることで相手に伝わる場合もあるのです。

ただ、外国ですると危ないので、行う場合は、日本だけにしましょう。

間違っても欧米圏内でするのはよしましょう。

声のボリュームが高すぎない

話している声のボリュームが大きくなっていないことは、実は大切な要素です。

大きな声ではきはきと話すことは大切です。

しかし、あまりにも大きな声で話すと相手を威嚇しているような感じになってしまっているのです。

声の大きさにも調整が必要なのです。

調整することで相手にしっかり伝わる場合がございます。

よく勘違いしているのは、声が大きければ相手に伝わると思っていることです。

声の大きさは相手に伝わると言う割合と比例してはいません。

よく比例していると勘違いしていますが、まさに勘違いです。

それよりもトーンをうまく調整して話すようにしましょう。

優しい感じのトーンだったり、協調したいときは力強いトーンにするなど、強弱をつけるといいですよ。

ボリュームを大きくするだけでは、まったく意味がありませんので、ぜひ、気を付けましょう。

相手の話を最後まで聞く


さきほど聞き上手は話上手と言いましたが、相手の話を最後まで聞くようになると相手から信頼されるので、あなたの話も聞きたくなるのです。

最後まで聞くのって大変ではと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはございません。

要は、聞けばいいのです。

内容まですべてしっかり把握しろと言うまでもありません。

つまり、悪い言い方をすれば聞いているふりを相手が話し終わるまでしていればいいのです。

相手が自分の話を聞いているとわかればいいのです。

最後まで聞いていただければ、その人の話も聞きたいと思うのです。

なぜなら、これでお相子だからです。

要は、営業系の仕事の人みたいに、一方的に話をされては、意味がないのです。

これだと、聞きたいと思えないのです。

そのために、話を聞いてほしかったらまずは相手の話を聞くことが先決です。

最初からうまくやれとは言いませんので、最後まで聞いているという姿勢を見せましょう。