あなたの周囲には大胆不敵な人はいますか?

おそらくこれまでの人生の中でそのような人に出会ったことがあるという人は多いと思いますが、実際には少数派の部類に属していますよね。

なぜなら、ほとんどの人は大胆不敵な行動をとることができないのです。

特に日本人は、みんながの精神が強いために人目を気にしすぎて、勇気をもって行動することができないのです。

ただ、ほとんどの大人がこの勇気がないことを認めないのです。

なぜなら、勇気がないことを見せることが大人として恥ずかしいのです。

そんな恥ずかしいと思う気持ちがあるせいで、大胆不敵な行動ができないでいる人の方が多いのです。

しかし、そうではありますが、実は大胆不敵な行動をとる人に嫉妬を抱きながらも憧れを抱いている人も中にはいます。

なぜかと言うと、内心では勇気をもって行動したいと考えている人が多いからです。

しかし、なかなか大胆不敵な行動をとることができないのです。

世の中では自己啓発系でそのようなことが書かれている本は多く出回っていますが、大胆不敵になるような人は増えていません。

なぜかと言うと、読むだけで終わってしまっている人が多いからです。

読めば習得できるといった感じに魔法のような感じに思ってしまっている人が多いのです。

残念ながら今の現代に読むだけ、身に付けるだけ、購入するだけ、祈るだけで、思いが叶うといったことはないのです。

最終的に行動に起こさないと達成することができないのです。

そこで、今回こちらの記事では、大胆不敵な人の特徴などをお教えしますが、読むだけでは大胆不敵な人にはなれませんので、ぜひ、勇気をもって実践しましょう。

そういうのであれば、勇気を持つ方法や手法を教えてくれという人もいるかもしれませんが、この勇気を持つ方法に絶対的なことはないのです。

要はあなた次第なのです。

つまり、あなたがどう思うか、どうするかでしか、できないので、外側からのアドバイスはないのです。

そのため、今回の大胆不敵な人になるためにも、方法や手法はお教えします。

ぜひ、実践してほしいのと、また、特徴を覚えることで、身近なところから大胆不敵な人を見つけて一緒に行動する時間を増やして、大胆不敵な人の行動や言動などを刷り込ませて、大胆不敵な人と同じ習慣を持つようにしましょう。

実はこのようにすることが大胆不敵な人になることへの近道かもしれませんね。

なかなか、大胆不敵になるのは本当に難しいです。

特に日本人はみんながと考えてしまうことが習慣化されてしまっているので、なかなか大胆不敵な行動を起こすことができないのです。

大胆不敵な行動をすると仲間外れにされてしまう危険性があるとどこかで思ってしまっているので、そのような行動を起こす勇気が出ないのです。

近年になって、嫌われる勇気など、アドラー心理学が流行ってきているのは、もしかしたらこのような習慣に関して、違和感を持っている人が増えているのかもしれません。

ある意味、このように大胆不敵な人に関してそのようなネガティブな印象を抱くことこそが、パワーハラスメントに近いのかもしれませんね。

なぜなら、仕事ができても大胆不敵なら、いわゆる空気が読めないといった感じに見られるので、解雇にされたり、退職を迫られたりするのです。

こんなにも勇気を持った行動をする人に対して冷たい国は、実は日本ぐらいですよ。

他の国は、下から意見を言っていくケースが多いのです。

大胆不敵な人になりたいと思う人が多い?

みんなが精神が強い日本ではありますが、大胆不敵な人になりたいと思う人は多いのです。

なぜなら、みんなが精神で大胆不敵な人を見ていると、かっこいい感じに見えてしまうからです。

特に日本のドラマなどでは、ほとんど主役の人が演じる役柄はこのように大胆不敵な人が多いと思います。

だからこそ、現実世界で大胆不敵な人を見ると、トレンディドラマを見ているような感じになってかっこいいと思えてしまうのです。

しかし、なかなかなろうと思ってもなれないままでいる人が多いのです。

理由として、1つは勇気がないからで、これは日本人として生まれてきて、みんながという精神を埋め込まれ、習慣化されてしまっているので、勇気を持てないのです。

むしろ、勇気を持たないことが普通だと思い込んでいる人が多いのです。

なぜなら、周囲にはそのようなタイプが多いからそれが正解だと思い込んでしまっているのです。

特に大人は勇気がないことをなかなか認めません。

勇気がないことを恥ずかしいと思うし、周囲から情けないと思われることに恐れているからです。

また、周囲でも勇気がないことを認めていない人がいっぱいいるから認めなくてもいいと思い込んでしまっているのです。

このように人間は周囲に大きく影響を受けてしまうのです。

そんなことないと思っている人はいるかもしれませんが、手を上げるときなどに周囲を見てあげようかどうか迷ってしまう場面に遭遇したことはありませんか?

これが周囲に影響を受けてしまっているのです。

昔行われた実験で、赤の旗を上げてくださいと言われて10人中9人が青の旗を上げたら、赤の旗を上げていた1人も青の旗に上げなおすといった行動がありました。

もはやこれは心理的にも認められているし、証明されているのです。

自分の意志が弱い人はこのように周囲に合わせてしまうのです。

特に日本は、古くから村八分などの精神が残っているので、自分たちに合わないと排除してしまおうとするのです。

田舎ではいまだにこのような習慣が残っているとも言われていて、平等な国ではないのです。

正直者が馬鹿を見る国とも言われてしまっている国なのです。

さらに大胆不敵な人になれない理由として、2つ目は、大胆不敵な人が一部の人、特別な人と言った感じに見てしまっているからです。

自分にはそのような能力がないと思い込んでしまっているので、大胆不敵な人になろうとしないのです。

これが大きな勘違いなのです。

大胆不敵な人であろうとなかろうと生まれたときはみんな一緒なのです。

大人になるまでにどう過ごしてきたのかで決まってしまうのです。

つまり、今からでも大胆不敵な人になることはできるのです。

なれないのはあなたが本気で大胆不敵な人になろうとしていないのが原因なのです。

大胆不敵な人になろうとするのであれば、まずは、そのような特別な人と言った感じに見るフィルターを外すことが先決です。

しかし、大人になるにつれて人それぞれフィルターが身についてしまうのです。

特にずっと同じ場所で暮らしていたような人は、世界が狭くなってしまうので、ものすごく固いフィルターが作られてしまうのです。

田舎の人ほど、変化に対応できず、頭が固い人が多いと言われています。

なぜなら、世界がせまいからです。

また、触れ合う人の数も限られているので、世界を広くするのも難しいし、新しい情報をゲットするのも難しいのです。

昔、寺山修司さんが言っていた言葉に「書を捨て旅に出よう」という言葉がありましたが、まさにこれが世界を広げるために必要なことなのです。

読んでいるだけでは、一次情報ではなく、二次情報なので、本当かどうかわからないままの情報を持ってしまっているのです。

大胆不敵な人は、とにかく行動派です。

ぜひ、行動していくようにしましょう。

大胆不敵とは?

では、大胆不敵な人の特徴に入る前にこの大胆不敵とはどのようなことを意味するのかといった部分をまずは説明したいと思います。

なぜなら、実はほとんどの人は、大胆不敵の意味を理解していないパターンが多いのです。

おおよそ、あの人は大胆不敵だね!と言った感じで意味ではなく、人を見せられて教えられてきた可能性が高いからです。

では、辞書などで調べてみるとどのように乗っているのかと言いますと、「度胸が据わっていて、まったく恐れないこと」などという感じに書かれています。

このように積極的な行動をとる人やひるむことなくいろいろと意見を言う人などに使われる言葉になっています。

つまり、少数派の人間にあるタイプですよね。

故に、珍しいタイプに見られてしまうことがしばしばあるそうです。

なぜなら、この日本はみんながという考え方の精神が強い国なので、みんなと違った行動をすることに抵抗を覚えていってしまっている国なのです。

そのため、大胆不敵に行動できる人が少ないのです。

大抵このパターンの人は、会社の経営者になっているか、もしくは、自営業などをしているタイプが多いのです。

なぜなら、雇われて、上に意見を言ったりして解雇に追い込まれてしまうケースが少ないからです。

要は、どのような環境下でも自分を見失っていない人のことを大胆不敵な人と言っても過言ではないのかもしれません。

つまり、大胆不敵に生きるためには考え方にも変化を与えないといけないのです。

要は考え方が分母だとすれば、行動が分子になるのです。

なぜなら、行動と考え方が一致していないと結果にはたどり着かないのです。

特に、分子よりも分母の方が強いので、考え方が大きく影響してしまうのです。

そのため、よく会社や部活などでは目標を一致させることから始めるパターンが多いのです。

特に会社などでは、企業理念をこれでもかと言うぐらいに刷り込ませようとしてくる人が多いのです。

そうすることで、社員が全員に同じ方向に向かって行動しているといった感じにさせることができるのです。

このように大胆不敵になるにはまずは考え方から変えていかないといけないのですが、これがなかなか難しいのです。

考え方はある意味その人の生き方でもありますので、考え方を変えろと言われるとなんだか人間を否定されているような感覚になってしまうのです。

そのため、人から言われると難しいのです。

この人から言われると難しいという文言からもわかるように自ら動かないと変えられないのです。

なぜなら、人間は他人を変えるよりも自分が変わるほうが簡単だからです。

ある意味、他人を変えるなんて難しいことなのです。

と言うよりもほぼ無理です。

早く、そのことに気づきましょう。

大胆不敵な人の8個の特徴!大胆不敵な人はこの様な特徴を持っている?

それではここからは大胆不敵な人の特徴について説明していきます。

大きくピックアップして8個の特徴がありますので、ぜひ、すべてを覚えるようにしましょう。

ただ、いきなりすべてを覚えるなんて不可能です。

まずは慌てずにゆっくり確実に1つ1つ覚えていきましょう。

特に読んでいて気になったものや、あなたにとって身近なことなどから覚えていくのが良いかもしれませんね。

また、覚えていくうちにもしかしたらもうすでにあなたが身に付けているものがあるかもしれませんよ。

ぜひ、そんな感じで楽しんで読んでいただけましたらと思います。

そんなこと言っても難しいのではないの?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

どなたでも簡単に理解できるものばかりですので、ぜひ、難しく考えずに簡単に柔軟に考えていきましょう。

では、ワクワクしながらどうぞ!

1.恐れない


大胆不敵な人は何事に対して恐れないのです。

そのために何に対しても積極的に行動することができるのです。

なぜ、そうなのかと言いますと、何かを始めるときや挑戦するときに失敗したらどうしようと考えてしまうことがないからです。

むしろこうなったらいいなとか考えて行動してしまうので、外から見ると恐怖心のない人間に見えてしまうのです。

しかし、初めからそうだったのかと言われると、必ずしもそうだったと言う人は少ないのです。

みんな何かしらの経験を得て、そうなっているのです。

つまり、どなたでも恐れることのない生活をすることはできるのです。

実はこの恐れない心はほんの少しの勇気で誰でも持つことができるのです。

2.何事にも立ち向かう

どんな困難なことでも、たとえ自分がピンチに陥ることでも、大胆不敵な人は立ち向かっていくのです。

なぜそのようなことができるのかと言いますと、失敗を恐れていないのと、失敗することを考えていないからです。

困難なら、余計に武者震いをしてしまうタイプと言っても過言ではありません。

アニメで言えば、ドラゴンボールの孫悟空やキャプテン翼の大空翼のようなタイプです。

何事にも恐れず立ち向かう姿はまさに大胆不敵です。

主人公だから目立ってしまってそのように見えませんが、実在したら大胆不敵な人と言われてしまうでしょう。

よく孫悟空が口にしていた「オラ!ワクワクすっぞ」はまさに何事にも立ち向かう人の言葉の代名詞と言えます。

3.ポジティブ


何事もポジティブに考えられる人は、ものすごく憧れられる人です。

なぜなら、日本人の8割がネガティブだからです。

故にポジティブになろうと頑張っている人はいますが、なかなかポジティブになれないのです。

なぜなら、ネガティブな人間の習慣が染みついてしまっているからです。

ポジティブな人はどんなことが起きても最高だと思うことができる人なので、ある意味最強です。

最近この生き方を無敵の生き方と言っている人もいます。

相手に勝つことよりも無敵に生きることが自分も相手も傷をつかないので、実は最強の生き方なのかもしれません。

それができるのがポジティブな人なのです。

是非、ポジティブな人になって無敵な生き方をしましょう。

日本人はネガティブな思考に支配されてしまっている人がほとんどです。

そのためにネガティブな人が多いのです。

そんな国でみんながと言う考えで生きていくのはいかがなものなのでしょうか。

4.目標や夢がある

大胆不敵な人がなぜ恐れもなく真向から立ち向かうことができるのかと言いますと、目標や夢があるからです。

平成の怪物と言われた松坂大輔選手がおしゃっていましたが、目標がその日を支配すると、これは人間は目標に向かって生きていくので、夢や目標を持っていないと先へ進むことができないのです。

そんなこと言って夢を持ったけどダメだったと言う方は多くいらっしゃいますが、ダメだったのではなく、あなたが夢を追いかけるのを辞めてしまったのです。

夢は逃げない。

逃げるのはいつも自分だ。

と言う夢をかなえ続けている人の言葉にあるように叶うまで持ち続ける叶うのです。

最近はこの持ち続けることができない人が多くいらっしゃいます。

また、実は夢って持ってしまえば叶うので、持つ方が難しいと言われています。

夢や目標が叶わない人は持っていない人です。

大胆不敵な人は一度夢や目標を持つと叶うまで絶対に手放すことはしません。

なぜなら、本気で叶うと信じているからです。

それだけ思いが強いのです。

5.自信がある

自分に自信がある人はどんなことをするにも前向きです。

そのため、リーダー格になる人などが多いのですが、なぜそこまで自信に満ちあふれているのかと言いますと、自分を完全に信じているからです。

自信とは自分を信じることと書いて自信になるのです。

しかし、なかなかこの自信を持つことができないでいる人が多いのです。

なぜかと言いますと、失敗ばかりに目を向けてしまっているからです。

失敗ばかりでは自分を信じることはできません。

しかし、なぜ失敗ばかりに目を向けてしまっているのかと言いますと、成功を大きく見てしまっているのです。

自信を持っている人は小さな成功体験を積み重ねていくからこそ自信をつけているのです。

つまり、小さな成功体験が必要になってくるのです。

自信が持てないでいる人はこの小さな成功体験に目を向けていないので、いつまでたっても自信を持てないでいるのです。

つまり、日々のあなたの行動から小さな成功体験を見つけて積み重ねていくことが大切です。

なんでもいいのです。

朝早く起きれた。

遅刻せずに会社に出社した。

笑顔でありがとうと言えた。

など、なんでもOKです。

とにかく小さな成功体験を見つけて積み重ねて、自信へつなげましょう。

そうすることで大胆不敵な人になることができますよ。

問われているのはあなたの姿勢なのです。

ぜひ、自分を信じるまで積み重ねましょう。

6.度胸がある

何ごとに対しても恐れないので、度胸がある人のように見えてしまうのが大胆不敵な人です。

しかし、度胸があるとみているのは外の人であって大胆不敵な人からすれば、そんなことを感じていないパターンがほとんどです。

なぜかと言うと、度胸のある行動が当然のように思えてしまっているからです。

つまりは、それぐらいになるまで努力したのか、もしくは積み重ねたのかと言うことです。

よく100%の力で言われていますが、実はこの100%の力が間違いに近いのです。

100%となると無理に100%にしようとするのでストレスが溜まってしまうのです。

では、大胆不敵な人はどうなっているのかと言いますと、120%の力になっているのです。

120%の力とは、何事においても楽しいと思ってしてしまうことです。

もしくは、それが自分のすべきことだと思ってしているかです。

ある意味、転職に巡り合えた人のことを言います。

特にこのパターンに多いのがプロスポーツ選手などです。

シドニーオリンピックの女子フルマラソンで、金メダルを取った高橋尚子さんはこの時の言葉に「とっても楽しい42.195キロでした」という言葉からもわかるように、高橋尚子さんにとってフルマラソンは楽しくて仕方がないのです。

ほとんどの人は長距離と聞くと大変な感じがしますが、この方は違うのです。

まさに120%の力で奪い取った金メダルと言えるでしょう。

7.友達が多い

大胆不敵な人はとにかく友達が多いです。

なぜかと言いますと、憧れを受ける対象の人でもあるので、行動するたびに友達が増えていくのです。

要は立ち止まっていないから友達が増えていくのです。

必殺仕事人や西部警察のドラマにもあるように歩いていくと、知らないうちに横に人が増えていくシチュエーションがあると思いますが、これがまさに立ち止まってはいけないと言うことをあらわしているのです。

また、前を向いて進んでいかないといけないと言うことを表しているのです。

いつまでもたっても友人関係が変わらない人っていらっしゃいますよね。

なぜかわかりますでしょうか。

そう、立ち止まってしまっているか。

成長を止めてしまっているのです。

そのため、そこから新しい出会いにも恵まれないので、そうなってしまっているのです。

人間立ち止まったらそこで終わりです。

また、考えを止めてしまってもそこで終わってしまいます。

友達が多いのはあなたが立ち止まらずに先へ進んでいる証拠です。

ぜひ、立ち止まらずに行きましょう。

8.人見知りをしない

大胆不敵な人は、人見知りをしません。

なぜかと言うと、人のことをあまり気にしていないからです。

人を気にしていないと言うことは、人目も気にしていないのです。

そのため、人見知りをしないのです。

つまり、人見知りをしてしまう人は、人のことを気にしているから人見知りをしてしまうのです。

特に日本人に多いのが、他人の目を気にしてしまうことです。

人からどう思われてしまうのだろうかといつも思っているから人見知りしてしまうのです。

人見知りをしてしまう人ほど、相手のことをネガティブな感じに見てしまっているのです。

このようなタイプは相手の目を見て話すことができないので、しどろもどろな感じがしてしまうのです。

大胆不敵な人は、相手の目をしっかり見ますし、また、相手のことなどいい意味で気にしていないのです。

人見知りをしてしまうのは、どこかあなた自身が自分に自信がないからしてしまっているのです。

ぜひ、まずは自分を信じましょう。

そのうえでしっかり相手の目を見て話すようにしましょう。

はっきり言えば、他人はあなたが思っているほど、あなたのことを気にしていません。

つまり、気にしすぎているのはあなたなのです。

あなたが気にしすぎているから他人の目が気になっているだけですよ。

大胆不敵な人は、物事に関してあまり気にすることはないようです。

大胆不敵になるには?考え方を少し変えよう!

それではここまでに大胆不敵な人の特徴をご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

おそらくほとんどの人は、大胆不敵な人にあこがれを持った人もいらっしゃるかもしれませんが、実は誰でも大胆不敵になることができるのです。

では、どうすればなることができるのかと言いますと、それを今からお教えします。

要は気持ちの問題でもあるのです。

ほとんどの人はなるぞと決めても気持ちがそうなっていない場合が多いのです。

気持ちなんてと思う方もいらっしゃいますが、数学の分数で言うと、気持ちは分母です。

行動などが分子に当たるので、分母がしっかりしていないとどんなに行動しても意味がないのです。

まずは気持ちを整えましょう。

そのためにどうしたらいいのかと言いますと、まずは、ポジティブな考えを持つことです。

ポジティブに考えることで、自然とポジティブな行動や言動などが習慣化されてきますよ。

そのためにも積極性を持って行動をすることが大切です。

積極性がないと、行動もできません。

積極的になれると言うことは、つまり、大胆不敵になっている可能性は高いのです。

また、何事も恐れずに挑戦することも大切です。

ほとんどの人は、失敗したらどうしようと考えてなかなか行動に起こせない人が多くいらっしゃいます。

実は、あなただけではないですよ。

まずはそのことを理解しましょう。

そして、失敗をしても良いという勇気を持ちましょう。

1つや2つの失敗で人生が終わるわけではありません。

最近は完璧を求めるばかり、失敗を恐れてしまう人が多いです。

まあ、このようなタイプは失敗をしないのではなく、チャレンジをしていないのです。

チャレンジをしていないから失敗をしていないだけなのです。

そのうえで、自信を持つことが大切です。

自分を信じると書いて自信となりますが、自分を信じることができないと自信を持つことができないのです。

相手を信じることも大切ですが、それ以上に自分に自信を持つことが第一です。

そのうえで相手を信じることが大切なのです。

というか自分を信じることができないで、相手を信じることができるわけがありません。

故に自分を信じましょう。

そして、目標や夢を持つことが大切です。

よく社会人になると夢や目標を持つことを辞めてしまう人が多いです。

情けないのですが、子どもに夢を持つことは大切だと言っている大人が夢を持っていないのです。

そんな大人から夢がと言われても意味がないですよね。

むしろ、子どもがかわいそうです。

故に大人も夢を持たないといけないのです。

目標や夢を持つことで日頃の活力にもなるのです。

日々楽しんで生きている人は、夢や目標を持って叶えているからです。

また、夢は1つだけでなくてもいいのです。

どうせ持つのなら100個ぐらい持ちましょう。

生きているうちにかなえてやる言うことで楽しく生きることができますよ。

また、周囲を変えるのではなく、少しずつ自分自身を変えていくようにしましょう。

そのために、少しずつルーティンを変えていくことが大切です。

ただ、直ぐに大胆不敵になれるような人はいない!ということは肝に銘じていましょう。

そんなに簡単になれるのであれば、誰でもなっています。

時間をかけてゆっくりと考え方を変えることが先決ですので、焦らずゆっくり行きましょう。

大胆不敵になりたい理由とは?

ただ、どうして人は大胆不敵になりたいのでしょう。

それは、何事にも恐れない行動に憧れるからです。

自分もそうなりたいと思ってしまうのです。

また、自信がある姿なので、そうなれるのであればそうなりたいのです。

そして、何事にも立ち向かう挑戦が好印象なのです。

なぜなら、ほとんどの人は、立ち向かうことがなかなかできないのです。

そのことからか、ポジティブな考えや行動に憧れるのです。

まあ、結局は、自分自身を変えたいために大胆不敵な人になりたいと思うのです。

ただそれは、大胆不敵になりたい人は自分の行動に自信がないからということでもあるのです。

さらには、挑戦をしたいという気持ちがないからそうなってしまっているのです。

なぜそうなのかと言いますと、ネガティブな考えを持っているためです。

ネガティブな考えに支配されがちなのです。

特に日本はそのような感じの習慣が流行っています。

気を付けましょう。

大胆不敵な人になって自分自身にも自信を持とう!

いかがでしたでしょうか。

大胆不敵な人はいいですよね。

あこがれてしまうのも無理はないのです。

ぜひ、時間はかかりますが、どなたでもなることができるので、目指しましょう。

すべてはあなたの決断次第ですよ。