毎日つまらないわけじゃないけど、ふとしたときに“やりたいことが見つからない”と気がついてしまった経験、ある人も多いのではないでしょうか。

無気力なわけでも、病んだり悩んだりしているわけではないのに、とくにやりたいことがないってことありますよね。

しかし、やりたいことがないと暇を持て余してしまうことも多いはずです。

今回はそんな“やりたいことが見つからない”と焦っている人のために、やりたいことを見つける方法をご紹介していきます。

誰もが一度はぶち当たる?やりたいことが見つからない!

毎日楽しいけど、将来のことを考えたときに、自分の興味のあることが何か分からないという人は意外といるんだとか。

そんなとき、焦ってしまう人もいるかもしれません。

でも、焦るとさらに見つからなくなってしまう人も多いでしょう。

やりたいことというのは、なかなか難しいもので、趣味がやりたいことになる場合もあります。

全く関係のないものがいきなりやりたいことになることだってあると思います。

では、その自分にあったやりたいことってどうしたら見つかるのでしょうか。

また、やりたいことがないからといって、だめなわけではありません。

やりたいことを見つけないといけない!という焦りは、ときにやりたいことを見落としてしまう可能性もあります。

焦らずあなたらしいペースで見つけるように心がけることも大切になってくるかもしれませんね。

今回はやりたいことを見つけたい人が今すぐするべき行動と、夢を見つけるための行動、いまなぜやりたいことがないのかをまとめていきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

▼【関連記事】おすすめのやりたいこと案はこちらの記事を先にチェック!
やりたいこと24個の案。目標が見つからない人に贈る

そんな人が今すぐやるべき10個のこととは

周りがやりたいことを見つけているのに、自分だけなかなか見つからないと、だんだん焦ってきてしまったりしますよね。

自分だけ置いてきぼりにされるような、そんな感覚になってしまうと思います。

もし、そう思ってしまい始めたら、これからご紹介する方法を試してみてください。

やりたいことや興味のあることを見つけるのは、そんなに難しいことではなかったりします。

身近で簡単にやりたいことを見つけるのも不可能なことではないので、近くに眠っているあなたのやりたいことを見つけられれば、毎日も一気に楽しくなるかもしれません。

気になったことはすぐにチャレンジしてみる


何かちょっと気になっていることはありませんか?

もし、何かあるのであれば積極的にチャレンジしてみましょう。

もちろんその気になったこと自体が、やりたいことになることもあるはずです。

しかし、中にはそのチャレンジしたことの関連したところから、やりたいことが見つかることだってあります。

さらに、それをキッカケに広がった交友関係などから、やりたいことが見つかることだってあるでしょう。

なので、いま少しでも気になっていることがあれば、積極的にチャレンジしてみることをおすすめします。

外に出る

やりたいことを見つけるためには、積極的に外に出ることが一番の近道です。

家の中にいるだけでも、もちろんやりたいことを探すことはできるでしょう。

しかし、やっぱり外に出たほうが様々なことが様々な方面から見えてきたりするはずです。

なので、何かやりたいことを見つけたいと思ったら、まず外に出てみるのも手です。

外に出て何かをするだけで、視野が広がって、さらに色々なことが見えてくることだってあるかもしれません。

色々なイベントに参加してみる

とりあえず色々なイベントに参加してみましょう。

イベントに参加すると、色々な場所に行ったり、色々な人に会うと思います。

そうすることで、自分の価値観や視野が広がったりすることも大いに考えられます。

また、イベントに参加していくうちに、だんだんと自分の好きなものが分かっていったりもするかもしれません。

自分の好きなものや興味のあるものが分かってきたら、そのことへの知識をもっと深めるために、さらに興味のあるイベントに参加していくといいと思います。

そうしていくうちに、自然とやりたいことが見えてくるのではないでしょうか。

人脈を広げる

外に出て色々なことをしていく中で、一番大切なことが色々な人と知り合うことだと思います。

人脈を広げると、その人たちがまた新しいものを持ってきてくれたりすることもあります。

イベントや色々な場所などに繰り出すことも大事ですが、それよりも自分のためになるのがよりたくさんの人と出会って、人脈を広げることかもしれません。

人脈というのは、人との付き合い以上に様々なことを教えてくれたりするはずです。

外に出て知り合った人が連れて行ってくれた場所に、何かやりたいことが見つかるかもしれません。

また、その人と話していくうちに何か見つかることだってあるでしょう。

なので、外に出るというのは、何かやりたいことを探すのではなく、色々なところに行って様々なことをしてみたり、その場所その場所でたくさんの人と知り合ってみたりすると見えてくることがあると思います。

考えすぎない


何かやりたいことを見つけたいって思うと、どうしても色々なことをぐるぐると考えてしまうかもしれません。

しかし、考えたところで、なかなか答えやいい糸口は出ないと思います。

考えること自体は必要でしょう。

ただ、考えたところで答えが出ないことは、どうやっても出ないんです。

そんなときは、あまり頭で考え過ぎてしまわないようにすることがおすすめです。

頭で考えても分からないときには、まず行動に移してみるのもいいかもしれません。

まずは絶対にやりたくないことを除外する

やりたいことを見つけるときに、効率よく見つけていくためにやるべきことがあります。

それは、どう考えても絶対にやりたくないことを除外することです。

色々なことにチャレンジすることはいいと思います。

しかし、絶対やりたくないと分かっていることをやっても、いい結果が得られることはなかなかないでしょう。

そのため、どうしたって自分の好みでないものや、絶対にやりたいとは思わないものに関しては、除外してしまったほうがいいかもしれません。

何も得られなかったり、逆にやりたくないことを無理やりやってしまったことを後悔してしまうと、その時間がもったいなく思ってしまいますよね。

また、それがキッカケで外に出たりするのが億劫になってしまったら、やりたいことを見つけるのが難しくなってしまうこともあるでしょう。

深く考えすぎてしまう前に、まずは絶対にやりたくないことや、ちょっと興味あることを選別することも大切なこともあります。

考え過ぎてしまうタイプの人は、なるべく考えないようにしたほうが、案外やりたいことすっと見つかるかもしれませんよ。

自分を見つめ直す

やりたいこと探しに走り回ることも大切ですが、周りに目を向けることよりも、自分自身向き合うほうが大事なこともあります。

外に目を向けて色々探すよりも先に、いまの自分自身やこれから先どんな自分自身になりたいかなどを考えることも必要でしょう。

自分自身と向き合うことで、それまで見えていなかった新しい自分が見つかるかもしれません。

そして、その中で見つけた新しい自分が、やりたいことを連れてきてくれることだってあるはずです。

ただ、自分自身を見つめ直すときにも、あまり深く考え過ぎてしまうと、逆に殻に閉じこもってしまうこともあるんです。

なので、前向きに考えることが出来るタイミングで、自分自身を見つめ直すように気をつけるいいと思います。

自分を見つめ直すことで、頭の中が整理されることもあるので、自分自身向き合うことも大切になってくるでしょう。

完璧を求めない

やりたいことを見つけようとするときに、どうしても完璧なものを求めてしまうかもしれません。

しかし、なかなか完璧なものはないんです。

何事にも劣っている部分や、不完全な部分があると思います。

なので、やりたいことを見つけるときに完璧を求めることはおすすめしません。

妥協せずに完璧を求めていると、なかなかやりたいことを見つけたとしても、満足できない可能性があります。

完璧にやりたいものを見つけなくても、少し興味のある程度でも、いつのまにかあなたの生きがいになっていることだってあるはずです。

完璧を求めすぎずに、気楽に探してみましょう。

好きなものに没頭してみる

やりたいことがなかなか見つからない!

でも、好きなものはあるという人は、一度好きなものに没頭してみるのもいいかもしれません。

好きなものがそのまま将来にも役に立つとは限らないと思います。

しかし、どこにやりたいこと見つけるキッカケが眠っているのかは分かりませんよね。

好きなものを夢中でやっているうちに、やりたいことのヒントを掴んで、それが将来の役に立つことだってないとは言い切れないでしょう。

また、好きなものというのは良い気分転換にもなりますし、ストレス解消ややる気向上になることだってあるはずです。

好きなことに没頭するというのは、直接的にやりたことと繋がらなくとも、意欲向上や視野を広げるキッカケになるといえるかもしれませんよね。

素直にやりたいことをやってみる

まずは難しいことは考えずに、好きだと思えることをやってみるといいでしょう。

好きなものを熱心にやっている間は楽しいですし、前向きになれる思います。

そして、純粋に自分がやりたいことをやっているときって、自然と周りに人が集まってきたり新しいプラスのことが集まってきたりもすることもあるはずです。

なので、あまり深く考えずに、まずはやりたいと思ったことをそのまま素直にやってみるというのは、意外と効果のあることだったりもします。

また、行動してみないと何も始まらないことも多いので、悩んだり考えたりすることも大切ですが、ときには気持ちの乗るままにやりたいことをやってみてもいいのではないでしょうか。

やりたいことを書き出す

好きなものは色々思い浮かぶけど、何がやりたいのはっきりしないと悩んでしまったりする人もいるはずです。

そんなときは、一度やりたいことをどこかに書き出してみるといいかもしれません。

書き出すことで、頭の中で考えていたことが一覧で見られるようになるので、黙々と考えているよりも整理されて優先順位が分かりやすくなったり、その中でも本当にやりたいものが見えてくることもあるでしょう。

また、書き出してみると、意外と似たような系統のもやりたいと考えていたり、共通しているポイントなどが分かりやすくなるといった利点もあるんです。

さらに、やりたい順位つけたら、上から順番に全部してみるというの手です。

考えているのとやってみるのとでは、色々と違ったりすることも少なくないはずです。

その中で、やっているうちに更に興味がでてきたりして、順位が変わったりすることも大いに考えられるでしょう。

そうしていくうちに、本当に自分のやりたいことが見つかることもあるようですよ。

自分の得意分野を考えてみる

やりたいと思うことがとくになかったり、逆にたくさんやりたいことがあるときには、自分の得意分野は何なのか考えてみるといいかもしれません。

やりたいことや興味のあることが幅広い場合、全てをやってみるのはなかなか大変なこともあると思います。

そんなときは、まず自分の得意とする分野からやってみたり、本当にやりたいことかかんがえたり調べたりしてみると、絞っていきやすくなったりするんだとか。

問題はやりたいことが思い浮かばない場合です。

この場合、何から手をつけたらいいのか、何が自分に合っているのか全く検討もつかないはずです。

そこで、得意と思っている分野からやってみると、得意分野の中でも何が得意なのか、どんなことに興味を持っているのか分かることもあるそうです。

なので、順位をつけるのに困ってしまったり、何も思い付かないなんてときには、まず得意分野から取り組んでみると、いい糸口が見つかるかもしれません。

自分を客観視する

行き詰まってしまったときには、自分を客観視してみるといいことがあります。

人はどうしても何かを考えたり、動いたりするときに、主観が働いてしまうでしょう。

主観的に考えたり動いたりすることが大切なときももちろんあるはずです。

しかし、それでも状況をなかなか打破できない。

そんなときには、一度自分を客観視して、遠くから見つめなおしてみましょう。

そうすることで、いま自分が置かれている状況や問題、解決策が見えてくることがあるんだとか。

なので、やりたいことを見つけようとしてるのに、なかなかいい案ややりたいことが見つからない!そんなときには、じっくり客観視してみる時間も必要です。

また、やりたいことを見つける以外にも、自分の性格や特徴などを見つめなおすキッカケにもなるかもしれません。

本を読む

やりたいことを見つけようと思い立ったとしても、急には思いつかないなんてこともあります。

色々な物事やもともとの知識などがなければ、自分の中にないものをいくら考えたところで良い案ややりたいことは出てはこないでしょう。

なので、なかなか思いつかなかったり、やりたいこともやりたくないことも分からないと感じたら、本を読んでみるといいと思います。

本といっても、色々なジャンルのものがありますよね。

なるべく様々なジャンルを読んでみるほうが得られることは多くなると思いますが、読み進められなくなってしまっては、何も得られません。

そのため、なるべく興味を引くような、自分が読みたいと思えるようなジャンルにすることがおすすめです。

そして、読んでいくうちに色々と興味がでてくることがあれば、実際にやってみるといいと思います。

やりたいことを見つける方法には、そんなやり方もあるんです。

また、探してみるともっと色々な方法見つかるのではないでしょうか。

実は諦めているだけ?夢を見つける為には

やりたいことが見つからないと考えている人の中には、見えていないだけでもう見つかっている場合があります。

どこか“やりたいこと”というのは、将来ためになって役に立つ立派なものでなくてはと思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際にはそうではなかったりするはずです。

やりたいことキッカケは、とても小さなものだったり、やりたいけど自分には向いていないと思ってしまうものかもしれません。

自分に向いていないと思う分野の中にも、実は自分にぴったりだったなんてこともあることもあるでしょう。

また、大人になっていくうちに諦めて置いてきてしまっていたこと目を向けてみたら、それがやりたいことになったという人もいるんだそうです。

夢や自分がやりたいと思うことは、意外と近くにあったりするのかもしれませんね。

ここからは、そんな夢を見つけるための考え方ややってみてほしいことをご紹介していこうと思います。

人と比べない

自分がやりたいこと見つけたときに、つい周りの人と比べてしまうかもしれません。

しかし、そんなことをする必要はないと思います。

やりたいことや夢は、人それぞれなので、誰かと比べて優劣つけるものではないですよね。

なので、自分が見つけたやりたい思ったことや夢や目標を大事していきましょう。

また、人に話す必要もないので、人に流されてしまったり惑わされてしまわないように、誰にも言わずに心にしまっておくのもいいと思います。

きっと最初は小さな目標だったり、やりたいことがすぐに叶うものだったとしても、それを達成したら今度はもっと大きな夢見つかるはずです。

そのため、そのスタート地点で人と比べて、諦めてしまったり自信が持てなくなってしま必要は全くないですし、とてももったいないことですよね。

無理はしない

何事においてもそうですが、早く見つけたいからといって無理に予定を組み込んでしまったり、探そうと躍起になってしまっていい結果をうむとは限りません。

むしろ無理して頑張りすぎてしまうと、身近にある大切なものを見落としてしまったり、やりたいことや夢に繋がる大事なキッカケに気が付かないなんてことなってしまいかねません。

せっかく早くやりたいことを見つけるために頑張って色々試しているのに、見落としてしまったり気が付かないなんてもったいないですよね。

早くやりたいこと見つけて、それに向かって頑張っていきたい気持ちも分かります。

しかし、無理は禁物です。

無理して色々なこと詰め込んでしまうと、一つ一つのこと疎かになってしまい、見えるはずのものが見えなくなってしまったり、集中できないなんてことに繋がります。

そうなってしまわないように、焦らず自分のペースを崩さないよう、無理せず楽しめるよう探していきましょう。

一つ一つ丁寧に楽しむほうが、充実しますし苦痛になってしまったりはしないはずです。

小さい願いを書き出していく

やりたいことや夢なんて大それたこと何もないと悩んでしまった人は、ちょっとした小さな願いを考えて、一つ一つ書き出してみましょう。

その願いごとはどんなに小さなものでも、とりあえず書き出してみることが大切です。

実際に書き出すことで、頭の中でもやもやしていたものがだんだんと整理されてきたりすることもあるでしょう。

そして、一つ一つ書き出していった中に、本当にやりたいことが出てくるかもしれません。

書き出したら、小さな願いじゃなかったなんてこともあるはずです。

また、本当はやりたかったけど、心のどこかで諦めてしまっていたことが見えてきて、チャレンジしてみようかなという気持ちになるかもしれません。

頭の中で考えているうちは小さな願いだと思っても、実際に書き出してみたらやりたいことになることだってあるようです。

結果にこだわらない

やりたいことを探して色々なことをしていると、つい結果を求めてしまいがちです。

ただ、チャレンジしている中には結果が伴わないこともあるはずです。

そんなとき、無駄な時間を使ってしまったと感じたり、時間がもったいないと思ってしまったりするかもしれません。

やりたいことを模索する中で、全てのことで結果がついてくると思ってはいけないと思います。

結果が伴わないものがあるからこそ、本当にやりたいことを見極めるために色々と試したりするんです。

なので、結果がついてこないからといって、やりたいことは見つからないと決めつけて、やめてしまわないようにすることが大切です。

色々なことを試してみたからこそ、本当にやりたい大事なことが見えてくるはずです。

また、色々と見てからのほうが、やりたいことへの意欲がより強くなるかもしれませんね。

色々なことに手を出す

やりたいことがあっちにもこっちにもあるのであれえば、いっそのこと色々なことに手を出してみるのも手です。

色々なことに手を出すというと、全て中途半端になってしまう気がしてしまうかもしれません。

ですが、一度やってみて興味のあるもの、興味のないものを選別していったり、その中でもとくにやりたいと思ったことなど、順番に分けていくといいと思います。

そうすることで、本当にやりたいこと、興味のあることが自然と見えてくるでしょう。

日記をつけてみる

気になることは色々やっているものの、何が一番やりたいのかがなかなか見つからないときには、日記つけてみましょう。

人の記憶とは、日々積み重ねられていくので、どうしても前の記憶のほうが薄れてしまいがちです。

そのため、色々なことに日々チャレンジしていると、だんだん分からなくなっていってしまうかもしれません。

そうなってしまうと、何が一番興味があって目指したいことなのかがはっきりしなくなってしまったりします。

なので、その日の気持ちや感じたこと、得られたことを忘れないように日記に残しておくといいと思います。

実際に書いておくと、記憶にも残りやすいですし、悩んでしまったときには見返すことで、その気持ちやどれくらい興味があったのかなどを思い出すきっかけになるでしょう。

やりたいことがない人はどんな人か

やりたいことを見つけたいと思っている人はどんな人が多いのでしょうか。

最後にやりたことを見つけるための方法ではなく、やりたいことがないから見つけたいと思っている人は、いったいどんな人が多いのかまとめていきます。

やりたいことを見つけたいと思っている人は、自分に当てはまるのか見てみるのも面白いのではないでしょうか。

毎日せわしなく過ごしている

まず毎日毎日が忙しくて、休む暇がないなんて人は、やりたいことを見つける余裕もないことが多かったりします。

やりたいことというのは、ある程度余裕のあるときでないとなかなか見つかりません。

そのため、毎日忙しくてせわしなく動き続けていると、色々なことに目が向かなかったりするようです。

なので、いま自分が毎日せわしなく過ごしていると感じたら、少し落ち着くまで待つか、予定を減らしてみるほうがいいかもしれませんよ。

自分に自信がない

自分に自信がないと、やりたいこと見つけたとしても、自分には出来ないと思ってしまったりするんだとか。

たしかに、自分がやりたいと思ったり、興味のあることって簡単なことではなかったりするかもしれません。

努力が必要な場合も多いでしょう。

そんなときに自分に自信がないと、始めから諦めてしまったり、興味があまりないと尻込みしてしまったりするんだそうです。

新しくやり始めるときに、はじめから上手くいくことなんてむしろ珍しいはずです。

上手くいかないからこそ、面白かったり興味が湧いたりするともいえるでしょう。

なので、はじめから諦めてしまわずに、自分に自信をつけてチャレンジしてみることも大事なことです。

最初から諦めている

やる前から諦めているようでは、上手くいくことも上手くいかなくなってしまったりするはずです。

難しいことだったとしても、なかなか高い目標だったとしても、最初から諦めたりせずに、まず取り組んでみていかがでしょうか。

諦めるのはチャレンジしてからで遅くないはずですよ。

完璧主義

何事も完璧でないといけないと考えていると、なかなか興味のあることややりたい物事に飛び込めなかったりするんだとか。

やりたいことというのは、多くの場合が挑戦や今まで自分にはなかったものだと思います。

そんなはじめてのことにチャレンジするのですから、最初から上手くいくこともなかなないでしょう。

むしろすぐに出来るようになってしまっては、つまらないと感じてしまったりもするかもしれません。

チャレンジいすることは、完璧にできないもの完璧にするということ楽しいと考えられるのではないでしょうか。

欲がない

人行動に移したりすることの多くは、欲関係していると思います。

その欲がなかったり、人より少なかったりしたら、やりたいことなかなか見つからないはずです。

やりたいことや夢、目標などって“欲”や“向上心”かたまりですよね。

なので、その欲がなくてはやりたいことはなかなか見つからないでしょう。

今に満足している

欲がないのと同様に、現状に満足していれば、新しく何かチャレンジしようとしても、なかなか見つからないと思います。

やりたいことや夢というのは、いまの自分が持っていないからこそ手に入れたい、挑戦したいと思うものなはずです。

なので、今の自分や環境に満足しているであれば、やりたいことを探す必要もないでしょうし、見つけたいとも思わないのではないでしょうか。

趣味がない

やりたいことを見つけるときに大きなカギとなるのが趣味だったりします。

趣味をきっかけに、やりたいこと見つかるということは意外と多いんです。

そのため、趣味がないとその入り口なかなか見つからないともいえるでしょう。

しかし、そんなときは趣味と呼べなくても、好きなものと言われて思い浮かぶことを入り口にチャレンジすることも可能です。

【趣味がない人については、こちらの記事もチェック!】

やりたいことを見つけるには常に向上心を持ち続けよう!

今回はやりたいことを見つける方法についてまとめてきました。

やりたいことは行動しなくてはなかなか見つからなかったりします。

この記事を参考に、自分のペースで向上心を持って行動に移してみてくださいね。