いきなりですが、結婚したいと思ったことはありますか?

女性なら、誰でも一度は考えたり憧れたりしたことある人がほとんどなのではないでしょうか。

結婚と聞くと、大切な人と家族になれて、可愛い子どもが生まれて、幸せな人生が待っていると考えたりもするかもしれません。

しかし、それは一人では実現できないことですよね。

相手があってこそだと思います。

今回そんな結婚についてご紹介していきます。

結婚がしたいと考えてる人は、一度は目を通しておいたほうがいいかもしれません。

もしかしたら、あなたが結婚できない理由が分かるかもですよ。

今結婚できない人が増加中しているの知ってますか?

最近、昔に比べて結婚できない人が増えているんです。

もちろん意識的に結婚をしたいと決めている人もいます。

しかし、結婚をしたいと思っているのに、なかなか機会がなくて、結婚ができないという人も多いんだとか。

また、昔に比べて女性の仕事に対する姿勢や意識が変わってきているのも関係あるのかもしれません。

さらに、最近では離婚率が高くなってきており、自分の親や周りで離婚する人たちを見て、けっこんを億劫に感じてしまう男性も多いようです。

そんな人たちが全てではありませんが、結婚に対する気持ちなどが変わってきているのが、結婚できない人が増えてきている原因なのではないでしょうか。

とはいっても、結婚する人がいなくなるわけではありませんよね。

結婚に対する意識が変わったとしても、結婚する人は結婚するのです。

では、なぜあなたがその中の一人にならないのでしょうか?

それにはもしかしたら何か理由があるのかもしれません。

それを詳しく見ていきましょう。

そうすればきっと結婚に辿り着かない理由が見えてくるはずです。

結婚できない女性に多い15個の理由

ここからは具体的に結婚できない女性に多い、結婚できない理由をについて紹介していきます。

結婚できないと一口に言っても、理由はとても様々なものが考えられると思います。

自分の意識自体に問題がある場合、自分の生活習慣に問題がある場合など色々考えられるはずです。

しかし、何か一つでも該当したら結婚できないというわけではありません。

結婚できない女性に多い理由にいくつも該当していたのに、結婚できている女性ももちろんいるでしょう。

理由が当てはまると、100%結婚できないというわけではなく、あくまで結婚の確率が下がる、結婚のタイミングを逃してしまっていると考えるほうがいいのかもしれません。

ただ、この理由が当てはまらないほうが結婚が近づくのは、読んでいってもらえれば分かると思います。

本当は結婚したいと思っていない


まず、あなたは本当に結婚したいと思っているでしょうか?

周りが結婚していってるから、親や親戚に結婚しないの?と言われているからなどではありませんか?

もし、そうかも…と思うところがあるのであれば、一度自分自身が結婚したいと考えているのか考えてみるといいと思います。

自分自身が結婚したいと考えていなければ、結婚はなかなか難しいかもしれません。

もちろん良いご縁があって、結婚することだって考えられます。

しかし、結婚したいと思っているのといないのとでは、行動や言葉も変わってくるでしょう。

そうすると、相手の気の持ち方も変わってきたりくるはずです。

そうした一つ一つの積み重ねから、結婚に結び付くことも、逆に結婚を遠ざけてしまったりすることもあると思います。

結婚に良いイメージがない

最近、独身でいる人の中には結婚自体に興味や魅力を感じずに、結婚が必要ないと考えている人も増えてきているんだそうです。

たしかに周りの人が結婚をしても、何年か後に離婚してしまったり、自分の親や親戚が離婚してしまったりするのを見ると、結婚に対するイメージがどんどん悪いものになっていってしまうかもしれません。

また、中には自分の親の喧嘩や離婚の際のゴタゴタなどを見ていたり巻き込まれていて、自分はそんな思いは嫌だという意識が根付いてしまっていることもあるでしょう。

そうなると、結婚に対して良いイメージを持ったり前向きに考えていくのは難しいかもしれません。

しかし、結婚自体が悪いものではないのさえ分かれば、こういった人も結婚したいと心から思う可能性だってあると思います。

一人が好き

結婚というのは、付き合っているのとは違い、一緒に生活をする場合が多いでしょう。

そのため、実家から出て一人に慣れてしまっていたり、一人でいるのが好きだったりすると、誰かとずっと一緒にいることがつらいと感じてしまったりする人もいます。

もちろん一人が好きな人は結婚に向かないというわけではありません。

一緒に住んだり生活を共にしていたとしても、四六時中一緒ということはなかなかありませんよね。

大抵、仕事や趣味などのお互いの時間もありつつ、お休みの日が合えば一緒に過ごしたり、どこかへ出かけたりすると思います。

ただ、そういった人との関わりも最低限にしたい、なるべく一人でいたいという人は、なかなか結婚まで辿り繋がないかもしれません。

普段からそういった素振りや発言をしていると、結婚をしたいと考えている人は、必要以上に距離を縮めてこなくなってしまうことも考えられます。

そうなると、自然と結婚のタイミングは減っていってしまうはずです。

理想が高い

結婚したいと言っているのに、なかなか結婚や恋人ができない人というのは、理想がとても高かったりすることがあるようです。

男性に求める理想が高いと、まずなかなかお付き合いに発展しないでしょう。

そして、お付き合いをしなければその先の結婚は、さらに遠くなってしまいますよね。

そのため、なかなかお付き合いに発展することがなくて結婚できないと考えている女性は、一度自分の理想や求めている条件が高くないか考えてみるといいと思います。

理想や条件が高ければ、当てはまる男性はどんどん少なくなってしまいます。

そうすると、どうしたって結婚の機会や確率は減っていってしまうでしょう。

また、その中からあなたと結婚をしたい人、結婚に対する価値観が同じ人を探すとなると、かなり低い確率になってしまうと思います。

絶対にその条件がないと結婚できないのであれば仕方ないですが、理想が高くないか一度確認すると、そんなに必須条件が多くないこともあるようですよ。

理想は大切ですが、理想はあくまで理想で現実的な相手を探すことも、結婚をするのであれば必要になってくるでしょう。

男の人を馬鹿にしている


結婚をする上で相手のことを馬鹿にしていたら、なかなか関係も生活も上手くいかないはずです。

お付き合いだけであれば、恋人のことを馬鹿にしていたりしても、相手には気が付かれることなく問題も起こったりしないかもしれません。

しかし、結婚をして一緒に暮らしたり様々なことをしていくのであれば話は別です。

相手の人のことを馬鹿にしていると、それが言葉や行動の端々に出てきてしまうと思います。

それは付き合いが長くなればなるほど、素の部分が出てくれば出てくるほど隠しておけないでしょう。

そして、それが相手に伝わってしまうと、上手くいくものも上手くいかなくなってしまうことも十分考えられます。

男性はあなたに比べて、色々と出来ないことや苦手なところがあるかもしれません。

ただ、あなたにも同様に相手の男性よりも劣っているところや出来ないところなどあるのではないでしょうか?

馬鹿にするのではなく、そんな部分を補い合っていきたいと前向きに考えられると、結婚はぐっと近づくと思います。

家事ができない

最近では、女性が家事をして当たり前と思われにくくなってきてはいますが、やはり比率でいうとまだまだ女性が家事をする割合のほうが多いのが現状なのではないでしょうか。

夫婦共働きで家事も分担しているとはいえ、大事な部分は女性がやっているという家庭もよく見ると思います。

そんなとき、家事ができないと結婚の対象としては魅力が半減してしまうのは言うまでもありません。

お付き合いをしている段階では大きな問題にならなかったとしても、いざ結婚となると男性は美味しいご飯や綺麗な家を期待してしまうものでしょう。

そんなとき、家事ができないというのは結婚を考えている男性からしてみれば、大きなマイナスになってしまうことも。

なので、結婚をしたいと考えているのであれば、家事はできるに越したことはないはずです。

料理をしたことがない

昔は花嫁修行の一環で、お母さんから料理を教わるというのが珍しくなかったと思います。

しかし、最近あまりそんな話も聞かないのではないでしょうか。

また、自分から進んで料理を教わったり、しようと思う女性も減っているようです。

そのため、ほとんど料理をしたことがないなんて女性も珍しくないでしょう。

料理はすぐに上達するものではないので、少しずつでも料理をしておくようにすると結婚にプラスになることもあるはずです。

そして、料理が出来ることで上手くいく相手もいるかもしれませんよ。

掃除ができない

家事の中でも苦手な女性が多いのが掃除かもしれません。

高いところや重たいものなどがあり、家事の中では力仕事が多いイメージありますよね。

遊んでばかりで、部屋がぐちゃぐちゃな女性や、洋服を脱ぎ散らかしたままの女性は、結婚しても片付けてくれないんじゃないかとら男性が心配になってしまうのも無理はありません。

男性の中にも掃除や片付けが苦手という人も多いのではないでしょうか。

なので、彼女には掃除や片付けが得意な人がいいと考えている人も多いんだとか。

その掃除ができないとなると、相手の理想や条件から外れてしまうこともあるかもしれません。

洗濯が嫌い

家事の中では比較的簡単と思われる洗濯が面倒だったり、嫌いだと感じる人もいるのではないでしょうか?

たしかに洋服ごとにネットにいれたり、手洗いをしたり、干し方に気を使わなくてはいけなかったり、畳む洋服とそうではないものを見極めないといけないなど、細かい作業が色々あったりしますよね。

そんなところにめんどくささや、苦手意識を持ってしまう人もいると思います。

しかし、洗濯が好きではないと感じるのは、男性のほうが多いかもしれません。

一般的に男性よりも女性のほうが細かく、こういったことが得意だと思われがちです。

なので、洗濯が得意だったり好きだと話すと、それだけで好印象になってしまうこともあるかもしれません。

家事が完璧である必要はないと思いますが、まったく出来なかったり努力をしないよりは、少しでも出来たりやっていたりするほうが結婚の機会は増えるといえるでしょう。

結婚がしたいと思ったら、少しずつ挑戦してみることをおすすめします。

気配りができない

社会人になると、様々な場面で気配りが必要になってくると思います。

そんな場面で、うまく気配りができないと思われてしまうと、結婚相手から除外されてしまうかもしれません。

結婚をすると、パートナーとしてプライベートでも時には仕事でも気配りが必要になることがあります。

そこで気配りができないと、旦那さんになる男性自身の評判を落としてしまいかねません。

気配りというのは、そんな簡単なものではないので、いきなり気配りができるように変わるということではないでしょう。

ただ、気をつけていれば少しずつ周りに目がいくようになるはずなので、気配りを心がけるようにする気持ちが大切だと思います。

結婚できない理由が自分にあると思っていない

なかなか結婚できない女性の中には、自分が結婚できないのは良い相手と巡り合っていないからだと思っている人も多いんだとか。

もしかしたら本当にそうなのかもしれません。

そのままのあなたでも良いと言ってくれる男性が、このあと出てくる可能性だってあります。

ただ、仮にあなたに問題がなかったとしても、何もかも完璧というわけではないですよね。

なので、自分に問題がないから改善したり、向上したりしなくてもいいと思ってしまうのではなく、少しでも幅や機会を広げるために、自分自身を向上させようと努力したり、出会いの場に足を運ぶことも大事なことになってくるでしょう。

プライドが高い

自分自身に自信を持つことは大切なことです。

しかし、プライドが高く、折れることを知らないと、男性は一緒にいても苦労しそうと思ってしまうのです。

男性は包み込んでくれるような優しく穏やかな女性が好きだったりしますよね。

プライドが高い女性は、友達や仕事仲間としては最適ですが、付き合うと尻にひかれそうや、喧嘩になってしまいそうと思われてしまったりもするようです。

なので、プライドが高いなと感じたり、実際にプライドが高いと言われた経験があるのであれば、一度自分を見返してみるといいかもしれません。