自信を持っている人って素敵だと思いませんか?
自分に自信を持っている人は普段の行動であったりとか、言動なども自信がない人と比べると非常に魅力的に感じますよね。

今回は自信をつけるための思考や、行動習慣についてご紹介していきたいと思います。

日頃、自分自身に自信がないと感じている人や、これから自分自身に自信を持てるようになりたいと感じている方には必見の内容となっています。

大事な事を6個にわけて、さらにそれぞれ大事な事などを細かくご紹介しておりますので、是非普段の行動だったり、考え方として取り入れてみてはいかがでしょうか。

それでは見ていきましょう。

️自信をつける思考行動6個!

自信をつけるために必要な事を今回はご紹介していきたいと思います。

自信って目に見えない分、これをすると自信がつくという答えがあまり見えない分、何かあら初めて良いのかわからないという方が非常に多いかと思います。

そういった方のために、まずは自分自身に自信を持てるようにおすすめの思考行動を6つご紹介していきたいと思います。

様々な観点から自信を持てるようにする思考行動になるので、どんな方にでもチャレンジしていただく事が出来ますし、取り入れやすいかと思います。

なかなか自分に自信がもてずに、普段の生活を送っているという方は是非これからご紹介する方法を取り入れて、今までの自分とは違う自分をてにいれてみてくださいね。

では見ていきましょう。

️1.まず何に自信がないのか?を確認


問題解決をするためには、しっかりと原因であったり、対策を考える必要があります。

その上で、自信がないという問題点を改善するために、何に対しての自信がないのかをしっかりと考える、知っておくという事が大切になります。

その何に対しての自信がないのかを知っておく事で、対策方法も自然と出てきますし、考える事が出来ます。

しっかりと何が自分は不得意なのか、何を改善したいのかという事を自分自身で考えてみてくださいね。

その上で、これからご紹介するものにあてはまる事があれば、取り入れてみてはいかがでしょうか。

人それぞれ、たくさんの悩みがあるかと思いますので、少しでも似通った問題があれば、役に立てると思いますよ。

しっかりと早期の問題解決に努めれば、後々必ず役に立ちますので、是非改善してみてくださいね。

では見ていきましょう。

発表を成功させる自信がない

人生を送る上で、時によっては人の前で何かを発表しなければいけない時があるかもしれません。

例えば学生であれば、習い事の発表会であったり、部活、生徒会演説、演劇などなど…仕事に関していえば、プレゼンであったり、日々の営業であったり…などなど。

それぞれ形は違うかもしれませんが、人前で何かを伝えるという事は同じですよね。

そうなった時に、どうしても経験が足りない方であったり、まだ慣れていない人は緊張してしまうと思います。

緊張してしまうと、どうしてもうまく結果が出せないですし、力の半分も出せないという事にも繋がってしまいます。

人前で発表を成功させる自信がないという場合には、まずは簡単に出来る方法としてパワーポーズをとってみるという事があります。

ついつい自信がないと下を向いてしまったり、猫背になってしまったりという行動になってしまうのですが、これとは逆にしっかりと前を向いて、背中をピシッとする事で、自信を無理にでももって堂々と発表をする方法です。

無理にでもこういった形を作りだす事で自然と成功する自信を持てるようにするという方法で、海外ではよく行われている方法になります。

また、思い込みの力は非常に大きいもので、自分はできると思っていると本当に出来るようになるものです。

逆に出来ないと思っていると本当に出来なくなるので、自信を持つにはやはり練習量が物語ます。

しっかりと練習を行う事で、行動ももちろん、心の中の自信が持てるようになるので、自信を持てるという事の価値がどれほど高いかを認識して練習を行ってみてください。

テストで良い点を取れる自信がない


基本的に、テストは勉強しなければできないものなので、ひたすら勉強を行う事が一番の解決方法にはなります。

しっかりと時間をかける事で、ある程度の問題も解けるようになりそれが自信へとつながるようになります。

逆に、わからないのに自信を持っていたとしても結果が出せないと意味がないので、まずは理解を深める事が一番重要です。

その上で、自信のない科目があるという場合には比較的理解が深めやすい基本問題だけを理解しておくとか、ある程度の向き合う工夫を自分自身でも取り入れてみる事が非常に重要であるといえるでしょう。

勉強でないテストの場合、例えば実技などの試験の場合も同じくひたすら練習を行う必要があります。

ただ、練習もがむしゃらに行えばよいというわけではなく、効率を意識する事が大事です。

同じような事ばかりを行うのではなく、上達するために必要な事をたくさん別の角度から見たり、行ったりする事で上達する事も出来ます。

また、回数を重ねる毎に比例した自信がつくので、その部分を踏まえた上で効率と回数を意識してみてくださいね。

新しい環境に馴染める自信がない

学校に入学したり、社会人になって新しい職場に就く場合、新しいアルバイトを始める場合など、人生において出会いってたくさんありますよね。

また、新しい環境にチャレンジしなければいけない時って必ず来るわけなのですが、そうなった時にどうしてもなじめるのか、うまくやっていけるのか不安になってしまう事がありますよね。

そうなった時の自信の付け方として、自分から積極的に話していくという事が大切です。

相手に心を開いてもらうよりも、まずは自分から心を開くという事を意識する事が大切です。

自分が心を開いていないと、相手も心を開いてくれる事はないので、まずは自分自身が相手に歩み寄る所から初めてみてくださいね。

相手の事をたくさん知って、自分の事もたくさん知ってもらう事で相手との距離はどんどん短くなっていきます。

なので、しっかりと相手の反応も見つつ、相手との距離を短くしていく事を意識して人間関係を形成してみてくださいね。

恋人と上手くやっていく自信がない

恋人との付き合いで自信を持てないという方もいらっしゃのではないでしょうか。

恋愛をしている上で、どうしても時には相手との関係で自信がなくなってしまうという事もあるかと思います。

そうなった時の確認方法として、相手のステータスが変わっても変わらず好きでいられるかどうかという事であったり、体の関係がなくても相手が好きでいられるかどうか、もし相手に対して不満だったり嫌な事があるのであれば、しっかりと相手に打ち明けて相談、改善してくれるかどうかという事を確認してみるのがおすすめです。

当然ですが、交際していくという事は二人で歩んでいく事なので、自分の考え方で解決する場合もあれば、相手の行動などを改善してもらわないと解決できない場合もあったりします。

長く付き合っていく事を前提に考えれば、問題なんていくらでも生じてきますので、問題が生じた時に、相手がどう行動してくれるのか、自分がどういう考え方を持てるのかという事が大事なので、しっかりと問題解決の時にどう対応できるかを考えてみてください。

問題を解決していく毎に、絆も深まり自信も自然ともてるようになりますよ。

好きな人に振り向いてもらう自信がない

恋をしていると、相手に振り向いてもらいたいけど、自信がない…という経験をした事はありませんか?
好きな人を前にするとどうしても自信がなくなってしまうものですよね。

そうなった時には、まずは自分磨きをしてみる事をお勧めします。

今の自分に自信がもてないという事なので、自信を持つ為に綺麗になる、かっこよくなる努力を行う事が必要であるといえるでしょう。

それは外見であったり、中身を変えるための努力、何でもよいです。

一番大事なのは、変わる為の努力をしたんだという気持ちを持つ事が大事です。

気持ちを持つためには、しっかりと変わった事を実感して、自信が持てるようになるわけですから、比例して結果を出す事にも繋がるわけなのです。

そこで得た自信があれば、何かしらの形で良い事が必ず起きますし、自分自身の力になる事が出来るので、是非試してみてくださいね。

友達と仲直りする自信がない

人間は一人では生きていく事はできません、どうしても周りとの関わり合いの中で生活をしていくわけなのですが、時には周りの人とぶつかってしまう事ってありますよね。

それは友達であったり、仕事仲間であったり。

そうなった時に喧嘩をしてしまって、仲直りをする自信がないという人もいらっしゃるかもしれません。

ただ、自信がないからくよくよしていても何も結果は変わらないので、まずはしっかりと行動する事から行いましょう。

悪いと思っているのであれば謝る事が大事ですし、仲直りがしたいと思うのであれば、直に仲直りがしたいと相手に伝える事が大事です。

思っていても伝わらないので、しっかりと自分の思いを相手に伝える事が大事です。

自信が得られない場合は、しっかりと周りに相談し、冷静に物事を見つめて、第三者の意見を聞く事も大事です。

その上で冷静な判断が出来るようになった時に、しっかりと問題と向き合う事で、良い答えを出せるようになっているかと思います。

しっかりと問題解決できた際には、小さな成功体験が出来、重ねる事で、問題が発生したとしても、冷静に対処できるように成長しているかもしれませんよ。

️2.自信がない=不安や恐怖だということを理解する

自信がない事ってどういう事だと思いますか?
根本的な理由を考えると、それは不安だったり恐怖に値する事になるのではないでしょうか。

単純に、それは失敗をする事へのつながりになっているかと思います。