今の時代、男性に男らしさを求める事自体が間違っているのかもしれません。

仕事は勿論、プライベートでも多くの女性が男性よりも強い立場を持っている場合も少なくないからです。

勿論、それだけ女性が強くなってきたという事でもあります。

女性が強くなった背景には、社会的地位の向上があるのでしょう。

男性に頼らずとも、自分の力で生きていく事が出来るようになったからこそ、あえて男の人に頼る必要が無くなり自分らしく生きる事が出来るようになったのかもしれません。

それが結果的に女性を強くしていったのです。

女性が強くなったからと言って、男性が弱くなる必要はありません。

お互いがお互いを支えて生活していけば良いのです。

けれど、そうする事が出来ない所が男性の弱さなのかもしれません。

意外と、どんな場面においても女性に比べ男性の方が繊細な事が多々あります。

だからこそ、強く見えていたのは実はそれだけ無理をしていたという事なんかもしれません。

そんな状況の中、頼る事が出来る女性を見つけると本来の自分が出てしまい、結果的に女性の方強くなってしまうのです。

例えそうだったとしても、二人が納得しているのであれば問題はないはずです。

女性が主導権を握っている方が案外うまくいく事も多々あります。

それが二人の平和な形と言う場合もあるでしょう。

だからこそ、あえて全て男性が取り仕切る必要はないのです。

ですが、いざという時には男性が女性をリードする事が必要な場合もあります。

いつもは女性に合わせて生活している人も、いざというタイミングではばっちり女性をリードする事が出来る。

その力を持っていれば、普段どんなに頼りなかったとしても女性は安心して過ごす事が出来るものです。

けれど、どんな時でも常に相手に合わせ自分から動く事が出来ない男性では、こちらががっかりしてしまう可能性も多々あります。

そうならないようにする為にも、決める時には決めるという気持ちが重要なのです。

今回は、友達経由で告白すると失敗する理由について紹介したいと思います。

友達経由で告白すると失敗するの知ってますか!?

恋愛は、本来一対一で行うものです。

相手の気持ちが見えないからこそ、モヤモヤしたり不安な気持ちになってしまう事もあるかもしれません。

ですが、それこそが恋の醍醐味なのです。

相手が今何を考えどんな気持ちでいるのか。

そんな事を考えながら、いかに自分に興味を持ってもらう事が出来るかを考えながら生活する事が大切なのです。

そうするなかで、いつの間にか自分が好きな人を振り向かせる事が出来る場合もあるのでしょう。

けれど、その中に第三者を入れてしまうと失敗する確率がガクッと上がります。

恋愛は楽しい事ばかりが起こるわけではありません。

相手が居る事だからこそ、自分が思っても居ないような方向に話が進んでしまう事もあるかもしれません。

相手の気持ちを知りたいけれど、上手く行動する事が出来ないなんて事もあるかもしれないのです。

そんな時、つい誰かに助けを求めたくなてしまう気持ちも分からないではありません。

友人の力を借りる事によって、自分ではなかなか思い切って聞けなかった事を聞く事が出来るようになる場合もあります。

自分の良いところをさりげなくアピールしてもらう事によって、自分のいいところを相手に知ってもらうなんて事も出来るかもしれないのです。

けれど、どんなに友人に助けて貰うことにメリットを感じたとしても、一番大切な事は自分でしなければなりません。

つまり、最後の告白は自分で行うべきなのです。

上手く自分の気持ちを相手に伝える自信が無かったり、単純に恥ずかしいという気持ちから自分の気持ちを友人に伝えて貰うといったケースもあります。

けれど、それをしてしまうと、大抵の場合その告白は失敗します。

結局のところ、一番大切な事を他人任せにしてしまうからこそ、自分の恋を自ら壊している事になるのです。

友達経由で告白すると失敗する7個の理由は何で?


告白はいくつになっても緊張するものです。

相手に気持ちを受け入れて貰う事が出来れば、とても幸せな時間を手にする事が出来るようになる事でしょう。

けれど、そうではなかった場合今までの関係が全て崩れてしまう恐れがあります。

友人として仲良く過ごす事が出来ていた二人も、気まずい雰囲気になってしまう恐れもあるのです。

だからこそ、なかなか自分から告白する事が出来ないという人もいる事でしょう。

結果が分からないからこそ、自分から動く事が出来ない。

その気持ちも分からないではありません。

けれど、だからといって友人の力を借りて告白する事はいい方法とは言えません。

自分が告白するリスクを考えれば、ついそこから逃げたくなってしまう気持ちも分からないではありません。

誰かが代わりに告白してくれるのであれば、お願いしたいと思ってしまう事もあるでしょう。

けれど、それをする事によって、あなたの印象は大きく変わってしまう可能性があります。

本当は、相手もあなたの事を良いと思っていたとしても途端に気持ちが覚めてしまうなんて事も十分考える事が出来るのです。

今まさに、友人に告白を手伝って貰おうと思ている人は是非一度考え直してみてください。

失敗する理由を知る事によって、その気持ちを変える事が出来るかもしません。

目先の手軽さに惹かれ、楽な方を選んでしまうと結果的に自分の未来を大きく変えてしまう恐れもあります。

是非そうならないようにする為にも、どんな結果がまっているのかを冷静に判断してみてはいかがでしょうか。

友達にしか頼れない弱い人だと思う

女性は、男性に強さを求めています。

いざという時に自分を守ってくれる。

そんな魅力を感じる事が出来る人に対して好意を持つのです。

勿論、いつもいつも自分を守って欲しいと思っているわけではありません。

いざという時に守って欲しい。

その『いざ』と言うと時に頼りになるかどうかが重要あのです。

もし、男性から告白をされた時友人から言われたらどう思うでしょうか。

きっと友人にしか頼る事の出来ない弱い人間だと思ってしまうのではないでしょうか。

勿論、必ずしもそうとは限りません。

たまたま恋愛に対して奥手だっただけであって、私生活の中では男気あふれた強い人の可能性だってあります。

ですが、それは付き合ってみて初めてわかる部分です。

交際前は分からない事の方が多いでしょう。

だからこそ、実際は違っていたとしても結果的に弱いイメージを与えてしまう事になるのです。

世話好きの女性も世の中にはいます。

そんな女性からすると、守ってあげたくなるような頼りない人に魅力を感じる人も居るものです。

ですが、そんな人たちでさえ一番重要な告白は自分でして欲しいと思っているものです。

それは、絶対に人に頼ってはいけない部分なのです。

にも拘わらず、自分できちんと話をする事が出来ない人は、どうしてもマイナスなイメージになってしまうでしょう。

友達に告白されたような気分になる

友人を通して告白をされると、友人から告白をされているよな気分になります。

『○○が好きなんだって』そう言われたとしても、どこか告白なような雰囲気を感じてしまうのです。

友人は、あなたの為を思って協力してくれているのかもしれません。

ですが、告白を受けた女性はどうでしょうか。

もしかしたら、それをきっかけに友人の事を好きになってしまう事だってあるかもしれません。

他人の気持ちなど、誰にも分からないものです。

自分の好きな人が友人を好きになる可能性など全く考えていない場合でも、そうなる確率は必ずあるのです。

もしかしたら、あなたが知らないうちに交際を始めてしまう事だってあるかもしれないのです。

けれど、それもこれも自分で告白をしなかったあなたのせいです。

誰を責める事も出来ません。

男と女である以上『絶対』という保証はありません。

例え友人が裏切る事はなかったとしても、女性の気持ちまで管理する事が出来ないでしょう。

だからこそ、いかなるリスクを避けるという意味でもむやみに他人に頼る事はおすすめ出来ません。

自分の口から言ってほしい


告白の内容は、基本的には同じです。

例え言葉や言い方が違っていたとしても伝えたい内容は同じ事です。

だからこそ、わざわざ自分が言わなくとも友人に伝えて貰う事によって言いたいことを相手に伝える事は出来るはずです。

けれど、例え内容が同じだったとしても告白は自分でするべきです。

どんな内容なのかが重要なのではなく、誰が話しているのかが大切なのです。

恋愛経験が少ない方や、異性を苦手としている人の場合上手く相手と話をする事が出来ない場合も多々あります。

そのせいで会話が続かず気まずい思いをしてしまった事だってあるかもしれないのです。

だからこそ、そうならないようにする為にも告白という大事なポイントこそばっちり決める為に友人の力を借りたいと思うのです。

けれど、そこが大きな間違いなのです。

告白は上手にする事が目的ではありません。

自分の気持ちを素直に相手に伝える事が重要なのです。

だからこそ、流暢にすらすら告白をする人よりも緊張しながら一生懸命相手に自分の思いを伝える人の方がずっと高い確率で告白が成功するのです。

友人に自分の気持ちを伝えて貰う事によって、伝えたい内容は間違いなく伝える事が出来るようになる事でしょう。

ですが、それがあくまでも文章が相手に伝わるという事です。

その中にある、あいてに対する気持ちの強さなど熱量を伝える事は出来ません。

つまりどんなに真剣に告白をしようと思ったとしてもいたずらだと思われてしまう可能性もあるのです。

多くの女性は、完璧な告白を求めているわけではありません。

自分の事を好きだと思ってくれているのであれば、その思いを直接聞きたいと思っています。

だからこそ、友人を通して告白されてしまうと、興ざめしてしまう可能性も大いにあるでしょう。

信憑性がない

友人を通して告白する場合、最も大きなデメリットが相手に信用して貰う事が出来ない事です。

直接相手と話していれば、あなたの気持ちを相手が感じ取ってくれる事もあるでしょう。

同じ話をしていたとしても、話し方や雰囲気などを見ればそれが本気かどうかを知る事が出来るはずです。

だからこそ、口下手な人であったとしても一生懸命告白してくれる事によって相手の思いが心に響く事だってあるのです。

けれど、友人を通して告白してしまうとそうする事が出来ません。

そればかりかからかっているのかと思われてしまう場合もあります。

友人が告白するという事は、あまり頻繁にある事ではありません。

もしそこに本人が居なければその内容が本気なのかどうかを判断する事だって出来なくなってしまうはずです。

告白を本人が頼んだのか。

それとも友人が勝手にしていることなのか。

それとも、ただからかわれているだけなのか。

それが全く分からないのです。

相手の本心が分からなければ告白を真剣に受け止める事は出来ません。

勿論、告白の返事をする事だって考える事が出来ないはずです。

自分としては、友人を通してでも真剣に告白した津もぢだとしても、その気持ちが全く届いていないという事にもなりかねないのです。

それは結果として、振られるよりも更に気まずい雰囲気になってしまうのではないでしょうか。

告白をされた方も、その後どう対応していいか分からなくなってしまうのです。

あやふやな告白は、告白とは言えません。

相手の気持ちを知りたいと思うのであれば、白黒はっきりつけた分かりやすい告白をする事をお勧め致します。

本当に自分のことを好きなのかと疑ってしまう

告白される事は嬉しいものです。

誰かが自分の事を好きになってくれる。

その事実だけで気持が高揚したり前向きな考えになる事が出来るようになる事もあるでしょう。

自信を持つ事が出来るからこそ、より魅力的な人になる事が出来るという事もあるでしょう。

けれど、それはきちんと相手の気持ちを知る事が出来た場合です。

友人から告白をされても、それが本当の気持ちなのかどうか分かりません。

ただからかわれているだけの可能性だってあるのですから。

大人になると、さすがにそういったいたずらも少なくなりますが、学生のころはそう言った冷やかしやいたずらが無いわけではありません。

だからこそ、自分の事を本当に好きなのかどうかを判断する事が出来なくなってしまうのです。

信憑性が無ければ、返事をしようとは思わないはずです。

だからこそ、結果的に告白してもしなくても状況が全く変わらないのです。

とりあえず付き合うという気持ちにもならない

もし直接告白をしてくれた場合、相手の行動次第では気持ちが変わる事もあります。

全ての人が出会う人全員を恋愛対象としてみているわけではないのです。

だからこそ、相手の告白を聞くまでは相手の事を全く何とも思っていなかったなんて事もあるでしょう。

その場合、告白をされたとしてもそれを受ける可能性は少ないのかもしれません。

ですが、何が起こるか分からないからこそ、恋愛は面白いのかもしれません。

例えば、相手の事を何とも思っていなかったとしても告白を聞く事によって気持ちが変わる場合もあります。

お試し感覚で付き合ってみようと思う事だってあるかもしれないのです。

相手の熱意が伝わればこその結果だと言えるでしょう。

それだけ真剣な気持ちは相手の心を動かす場合があるのです。

けれど、友人に告白を頼んだ場合その可能性も自ら捨ててしまう事になります。

自分の事を好きだと聞いたとしても、人づてではどの程度の気持ちなのか分かりません。

もしかしたら嘘の可能性だってあるのですから。

その場合、どうしても相手の告白を真剣に受け止める事は出来ないでしょう。

つい適当にあしらってしまう事もあるかもしれません。

自分で一生懸命告白すればもしかしたらチャンスを得る事が出来たかもしれない事も、結果的に自らチャンスを棒に振る事になってしまっているのでしょう。

恥ずかしい

告白を自らしない人は、自分が傷つく事から逃げているのかもしれません。

もしかしたら、相手の反応を見るが恥ずかしいなんて事もあるかもしれません。

けれど、自分は恥ずかしい思いから逃げていますが、告白される側はもっと恥ずかしい思いをしているかもしれません。

誰もがみんな恋愛を積極的に楽しんでいるわけではありません。

人によっては経験も浅く異性と話をする事すら苦手としている人だっているのです。

その場合、直接告白をされる事も恥ずかしいのに間に人が入ったらどうでしょうか。

ますます恥ずかしい気持ちになてしまうのではないでしょうか。

告白をされれば、何かしら答えを伝えなければなりません。

本人に言う事は出来ても、友人に伝えるのは気まずさを感じる事だってあるかもしれません。

また、友人にすべてを知られていると思うと気恥ずかしくなってしまい、付き合うなど絶対に出来ないと思ってしまう事だってあるのです。

人によっては、付き合っている事自体をあまり多くの人に知られたくないと思っている人も居ます。

例え悪い事では無いとしても、苦手として感じる人が居るのですからその気持ちは尊重しなければならないでしょう。

だからこそ、友人を間に入れる事によって自ら恋のチャンスをつぶしてしまっている事になるのです。

心に響かない

どんな内容も、第三者が間に入る事によって感動は半減します。

まして、それが愛の告白だった場合、更にその感動は薄くなってしまう事でしょう。

自分の気持ちを伝える事は簡単な事ではありません。

とても緊張し、具合が悪くなる事だってあるかもしれません。

ですが、その気持ちを体験する
事が大切なのです。

緊張してうまく話す事が出来なかったとしても、その一生懸命な姿を見ることによって相手に気持ちを伝える事は十分に出来るはずです。

その姿が、人の心を動かすというものです。

どんなに素晴らしい言葉を並べても、所詮友達が話す言葉は心に全く響きません。

そればかりかからかわれているような気持ちになり、不快に感じる人だっているかもしれません。

自分ではふざけているつもりは全くなかったとしても、受け取る側がそう感じてしまってはそれは告白して成立していないのではないでしょうか。

モヤモヤするから

自分の事を好きになってくれる事は嬉しいものです。

告白までしてくれたら、その気持ちは更に強くなるはずです。

例え相手の事を何とも思っていなかったとしてっも、その気持ちを知る事が出来る事によってその人の見方が変わる場合もあります。

場合によっては、いつか気持ちが変わり相手の事を好きになる時がやってくるかもしれないのです。

ですが、それはあくまでも相手の気持ちをきちんと受け止める事が出来た場合です。

友人経由の告白では、そういった感謝の気持ちを持つ事などありません。

例え告白をしてもらったとしても、本人からではなく友人からだった場合どんな反応をしたら良いのか分からなくなってしまいます。

からかわれている可能性もあるので、迂闊に喜ぶ事さえできないかもしれません。

どんな反応をすればいいか分からなければ、返事のしようもありません。

だから結果としてイライラ・モヤモヤするのです。


せっかく告白をしているのにも関わらず、相手をモヤモヤとした気持ちにしてしまっては意味がありません。

告白がうまくいくどころか嫌われる事間違いなしです。

そうまでして、友人に告白してもらうメリットなどないのではないでしょうか。

今一度、冷静に判断する事をお勧めします。

告白以外に友達に協力してもらう恋愛は成功率がUPする!

友人に告白をしてもらう事は、デメリットばかりが目立ちます。

ここまで読めば、もう友人に告白を頼もうなどと思う人は少なくなるのではないでしょうか。

場合によっては、恋の協力をしてもらう事さえやめてしまう事っでしょう。

けれど、ここで大事なポイントです。

告白を頼む事は間違っていますが、それ以外を友達に協力してもらう事はとてもいい事であり、恋愛の成功率を上げる可能性も大いにあるのです。

一つの事がダメだからと言って、全てがダメだとはがぎりません。

よく分からずに極端な方法をとってしまうと、結果的に自分で自分の可能性を否定してしまう事にもなりかねません。

だからこそ、そうならないようにする為にも臨機応変に柔軟に対応していく事が重要です。

本来であれば、自分ですべてを行う事が一番正しい方法なのかもしれません。

けれど、せっかく協力してくれる人が居るのであればそのチャンスを無駄にしないようにする事も一つの成功への道だと言えるでしょう。

自分の良いところを言ってもらう

友人に協力をしてもらう場合、大切なポイントが自分の評価を上げて貰う事です。

互いの事を良く知らない場合、いきなり告白されたとしても、それに答える事が出来ない場合もあるでしょう。

女性は男性よりも防衛本能が強いという事もあり、良く知らない相手と交際する事などほぼありません。

だからこそ、自分の情報を友人経由で沢山流してもらうのです。

自分で自分のいいところを伝えたとしても、それは相手にはなかなか届きません。

遊んでいる人の印象をもたれてしまう場合もあり、かえって嫌われる可能性もあります。

友人から自然に話をしてもらう事によって、自分の魅力を見て貰う事が出来るようになる場合もあるのです。

客観的なアドバイスをもらえる

恋をしていると、周りの事が見えなくなる事は良くある事です。

自分では一生懸命恋をしているつもりでも、相手からすると迷惑に思っている事もあります。

誠意で行っている事が嫌がられている可能性もあるのです。

その場合、自分ではその状況に気が付く事が出来ない場合もあります。

つい自分の都合の良いように物事を取らてえしまうからこそ、事態を冷静に判断する事が出来なくなっているのです。

だからこそ、そんな時こそ友人からのアドバイスが必要なのです。

自分ではなかなか自分の恋を客観的にみる事は出来ません。

相手の反応などは、つい自分がいいように解釈してしまう事もあり、現実を見落としてしまう可能性もあるのです。

だからこそ、そんな時は友人からの冷静な意見が必要なのです。

仲の良い友人であれば、あなたの事も冷静に見てくれる事でしょう。

自分では気が付いて居ない問題点なども指摘して貰う事が出来るかもしれません。

客観的なアイディアを知る事が出来れば、今まで上手くいかなかった恋愛もいい方向にチェンジする事が出来るようになるかもしれないのです。

だからこそ、他人の意見を聞く事はとても重要です。

告白をする事は、最後の大仕事です。

それを他人に任せてしまっては恋愛を他人に託している事と同じ事です。

けれどアドバイスを貰う事は、それとはまったく違います。

自分の持っているカードを全て使用する事によって、何とかして自分の恋を成功させたい。

そんな熱い思いがあってこそなのです。

だからこそ、この場合の協力は、恋を成功させる的確な方法だと言えるでしょう。

告白が成功する秘訣教えちゃいます!

ここからは、告白が成功しやすい方法をご紹介させていただきます。

友人を経由して告白する事が出来なくなったからこそ、告白は自分で行うしかありません。

当たり前の事ではありますが、今まで他人任せにしてきた人にとっては大きな試練とも言えるでしょう。

結局告白が成功するかどうかは、相手の気持ち次第です。

恋愛は一人で行うものでは無いので自分がどんなに努力をしたとしても相手に気持ちが無ければ成功する事はないのです。

けれど、そうだとしても少しでもその可能性を高めたいと思うのが人間の心理というものです。

その為には、必要な方法はなんでも知りたいと思うはずです。

これからご紹介する方法を全て試したとしても、効果がない場合もあるでしょう。

結果的にふられる事もあります。

けれど、自分が納得して行うことなのであればどんな結果になろうとも後悔をすることなく結果を受け入れる事が出来るのではないでしょうか。

デートは3~4回する!

初回のデートでは、まだお互いの事が良く分かりません。

互いに遠慮している所もあり、本当の性格を知る事が出来ないのです。

交際する場合には、相手の事を知らないと結論を出す事が出来ません。

勿論、告白する側はすでに好きだという気持ちを持っているので1回目のデートで告白したいという思いになる場合もあるでしょう。

けれど、自分の気持ちばかりを優先してはいけません大切な事は、相手の気持ちを考えてあげる事です。

相手の立場に立って考える事によって、結果的に自分にとってメリットのある結果を出す事が出来るようになる事もあるでしょう。

基本的には、デートは3.4回は行いましょう。

そうする事によって互いの緊張が解け本当の性格で付き合う事が出来るようになります。

それによってはじめて交際する事が出来るかどうかを考えるきっかけになるはずです。

タイミングは帰り道がベスト

『今日告白をしよう!』そう決めている場合、ついデートの最初の方で気持ちを伝えてしまう人が居ます。

黙っている事が苦しく、早く気持ちを相手に伝えないと思ってしまうのでしょう。

けれど、デートはまだまだ続きます。

結果によっては、最悪な時間を過ごさなければならなくなってしまう可能性もるのです。

人の気持ちは分からないものです。

自分では絶対にうまくいく。

そう思っていたとしても、こっぴどく振られてしまう可能性もあります。

すでに交際している人が居る事だってあるかもしれないのです。

そんな時に告白しても、上手くいく可能性は限りなくゼロに近いでしょう。

告白をするベストなタイミングは帰り道です。

どんな結果になろうと、別れが近づいているので、気まずい時間を過ごす事が少なくなります。

また、帰る時間がせまっているからこそ気合を入れて相手に自分の思いをぶつける事が出来るよになるのです。

【女子がされて嬉しい告白のされ方は、こちらの記事もチェック!】

好きって気持ちは恥ずかしくても勇気を出して自分で伝えよう!

今の時代、コミュニケーションは携帯などの通信機器を使って行われる場合が多々あります。

だからこそ、直接顔をみて話し合う事に慣れていないのです。

だからこそ、告白をする際もつい自分で伝える事を避けて友人に力を借りてしまうのかもしれません。

友人に自分の気持ちを伝えて貰う事によって、自分は苦労なく告白をする事が出来ます。

恥ずかしい思いをする必要もなく、一見いい方法のように感じる人も居るでしょう。

しかし、それはあくまでも告白する側の意見です。

告白された人はどうでしょうか。

あなたの本心が分からず、どう反応したらいいかと悩ませてしまっている事もあります。

場合によっては、嘘だと思っている事だってあるのです。

どんなに恥ずかしい事でも、本当に大切な事は口で言わなければ気持ちは伝わりません。

自分の思いを口に出して伝える事によって、発した言葉以上の思いを相手に伝える事が出来るようになります。

それが結果的に恋がうまくいく近道となるのです。

恥ずかしい思いをした人にだけおとづれる、最高の瞬間です。

普段は頼りなく、自分で行動する事が出来ない人もいざという時こそ自分の気持ちは自分で伝えましょう。

そうする事によって相手に自分の思いを全力でぶつける事が出来るよういなります。

恥ずかしい思いをする可能性もあります。

ですが、恋とは本来そういうものです。

『恋は盲目』と言われるように何も見えなくなるほど一生懸命に恋をする事が、人生の中では大切な時があるのです。

傷つく事を恐れず、自らの力を信じて行動していきましょう。