「別れた恋人と寄りを戻したい」

「どうしても復縁したい人がいるけど、どうすればいいのか分からない・・」

など、復縁に関する悩みを抱える人は少なくありません。

一度は好き合った者同士でも、別れてしまった後にはどうすれば復縁できるのかが分からずに、思い悩んでしまうことがあるでしょう。

けれども、他の人にとられてしまうよりは、思い切って行動して復縁したい!

そう望む人のために、今回は復縁のきっかけとなる出来事や、きっかけ作りの方法についてご紹介します!

どうしても復縁したい!どうしたらいいの?

一度は別れたけれど、やっぱりまだ好きな気持ちを忘れることができないから、どうしても復縁したい!そう考える人は少なくないでしょう。

とくに一方的にフラれてしまった人や、相手の心変わりでフラれてしまった人の場合は、元カレや元カノに対する未練も強いことが多いです。

また、お互いに喧嘩別れをした場合でも、時間が経って冷静になってから、「何であんな風に別れてしまったんだろう・・」と別れたことを後悔する人もいます。

復縁は、別れて時間が経ってからでも、まだお互いに未練や好きな気持ちがあれば、よりを戻すことは可能です。

その一方で、別れた後でどちらかが「別れて清々した」「さっさと次の恋人を探そう」と考えている場合には、復縁の可能性は低いでしょう。

別れた後だから相手の気持ちは分からないけれど、自分はどうしても復縁したい!そう考えている人がとるべき方法や、復縁のきっかけ作りをご紹介していきます。

別れた理由によっては復縁できるかも

復縁は、別れた理由によってはしやすいこともあります。

例えば勢いで喧嘩別れをした場合には、お互いに冷静になってから勢いで別れたことを後悔することがあるでしょう。

その場合にはどちらかが先に折れるなり、謝罪をするなりして、寄りを戻すことが可能でしょう。

また、一時的な気の迷いで浮気をしてしまい、それが原因で別れてしまった場合でも、浮気をした方が心から謝罪をする。

その後は徹底して自分の気持ちを相手に伝え、時間をかけてでも復縁したいと相手に訴える。

そうすることで、相手に情があれば復縁することも不可能ではないでしょう。

お互い別の人を好きになってしまった、一生許せないような裏切りを受けたなど。

二度と関係が修復不可能な場合でもない限りは、復縁したい人が必死に努力することで、相手と復縁できる可能性はあります。

▼【関連記事】復縁したい女子はこちらの記事を先にチェック!
復縁したい女子がやるべき、外堀から埋めて元カレをゲットする方法

復縁のきっかけ作りの方法8個教えます

別れてしまった相手によっては、どんなに努力をしたところで復縁できないこともあるでしょう。

けれども、最初から諦めてしまうよりは、僅かな希望にかけて一生懸命に復縁に努めた方がまだ希望はあります。

とはいえ、復縁するためには、まずは別れた相手ともう一度会うきっかけを作らなければなりません。

そのきっかけを利用して、もう一度自分の気持ちをきちんと相手に伝えて、復縁して欲しいと告白する必要があるでしょう。

復縁の意志を伝えるためにも、まずはきっかけ作りをしっかりと行っていきましょう。

どのような復縁のきっかけ作りがあるのかを、以下にご紹介していきます。

タイミングを見て連絡してみる


別れた直後では、まだお互いに気持ちが冷静になっていないため、連絡を控えた方がいいでしょう。

相手も自分に未練があるのであれば、別れて早々に別の人と付き合うことはありません。

そのため、しばらく時間を置いて、自分の気持ちが冷静になってから、タイミングを見て相手に連絡してみましょう。

付き合っていた時には、相手のスケジュールはある程度把握していたでしょうから、相手が忙しいだろう時期の連絡は避けます。

繁忙期でなく、相手の気持ちにそれなりに余裕がありそうなタイミングで、「久しぶり」とこちらから連絡をしてみましょう。

もしもまだ脈があるのなら、相手はこちらの連絡先を拒否したり削除したりすることはないでしょうから、少し間があっても返信をくれるでしょう。

返信の内容が例えそっけなかったとしても、返信があったという時点でまだ望みは少なからずありますので、そこから近況報告も兼ねつつ、相手と会って話ができないかと誘ってみましょう。

その際には、「話したいことがある」などと、相手に警戒させないように、できるだけ気さくに誘うようにしましょう。

あまり堅苦しい誘い方になってしまうと、相手は気構えてしまいます。

「ちょっと会うくらいなら・・」と相手に思わせるような、重くならない程度の誘い方をしましょう。

別れてすぐには連絡しない

別れてからすぐの頃は、お互いにまだ気持ちが冷静になれていません。

そのため、寄りを戻したいという気持ちが強すぎて、それがメールや電話などで顕著に表れてしまうことがあります。

例えばLINEで「もう自分のことは嫌いになったの?」や「あの時のデートまだ覚えているよ」など、未練がましい内容をしつこく何度も送ってしまったり、相手の都合も考えずに四六時中電話をかけてしまったりすることがあります。

本人は寄りを戻したいという気持ちから必死になってしまっていて、とても冷静に相手の気持ちを考えることができません。

相手からすれば、別れてすぐにそんな未練がましい内容を何度もしつこく送ってこられて、迷惑以外のなにものでもないでしょう。

もし相手にもまだこちらへの気持ちが残っていても、自分勝手な行動のせいで相手に嫌われてしまうこともあります。

そのため、別れてすぐには連絡せずに、自分がしっかりと気持ちを落ち着かせて、冷静な行動がとれるようになってから相手に連絡をするようにしましょう。

長文では送らない

自分が復縁したい気持ちがあると、いざ相手に会って気持ちを伝えるよりも先に、どうにかして自分の気持ちを伝えたいと思ってしまいがちです。

するとそれがメールやLINEに出てしまって、気付けばとんでもなく長文になってしまうことがあるでしょう。

2人が付き合っていた頃の思い出話や、別れたことへの後悔、寄りを戻したい気持ちを長々とつづられたら、どんな相手でも情熱的に感じるどころか、「未練がましいし重たい」と感じて気持ちが引いてしまうでしょう。

それよりは、「久しぶり!元気?」など、短く単なる挨拶のような内容を送り、返事がきたところでさりげなく会えるかどうか聞くなり、約束を取り付けたりするなりした方が、相手も気軽に誘いを受けやすく、また気構えてしまうこともないでしょう。

復縁できるかどうかは、こちらの行動や心がけによって大きく変わります。

少しでも復縁の可能性を上げるためにも、連絡をするタイミングやメールやLINEの長さには十分気をつけましょう。

食事に誘ってみる

タイミングを見計らって2人で会うことを提案する時には、食事を口実にすると誘いやすくなるでしょう。

何もせずにただ会うというだけでは、気まずい沈黙が流れたり、話が途切れたりして場の雰囲気が微妙なものになってしまうことがあります。

しかし食事であれば、話が途切れた時には食事をすれば間を繋ぐことができます。

それに、ものを食べることによって気分を上げることもできます。

別れた後の再会でもさして気まずくなく、楽しい時間を過ごせることでしょう。

別れた後で最初に再会する時には、ディナーよりもランチの方が気軽で相手にも下心を感じさせないためおすすめです。

ただしお互いに予定が合わずにディナーになってしまう時には、あまり高級過ぎたり、オシャレ過ぎたりしないお店を選びしましょう。

また、食事に誘う時には、付き合っていた頃によく食べに行っていたお店は避けた方がいいでしょう。

何度も会っていて、復縁の可能性があるのであれば、よく行っていたお店へ行くことで2人の気持ちがより盛り上がることはあります。

しかし、まだ復縁を匂わせていない内からよく行っていたお店へ誘うと、相手には未練がましく思わせてしまったり、相手が「この店は嫌だなぁ」と気乗りしなかったりすることもあります。

しばらくたった頃に

連絡をするのも、食事に誘うのも、別れてからしばらく経ってからにしましょう。

別れてすぐに相手に連絡をして食事に誘うと、相手は「別れたばかりなのに何を言っているんだ」とこちらの誘いを断る可能性が高いです。

また、別れたということをこちらがきちんと理解していないと思われてしまうこともあります。

例えすぐに復縁したい気持ちがあっても、我慢してしばらく時間を置きましょう。

最低でも3ヶ月程度は期間を空けて、それから改めて連絡をとってみます。

もしその時に着信を拒否されていたり、すでに相手に新しい恋人がいたりすれば、そこまでの縁だったと納得して潔く諦めましょう。

もしまだ連絡が通じていて、相手に新しい恋人ができていなければ、脈があれば誘いに応じてくれる可能性もありますので、そこで久しぶりに食事に誘ってみましょう。

別れてからしばらく期間が空いているのなら、自分も相手もある程度冷静に物事を考えることができます。

久しぶりの食事を楽しみながら、自分の悪かったところや反省しているところがあれば、それを相手に伝えるのもいいでしょう。

一度友人に戻る


復縁をしたくても、連絡をとる度に「寄りを戻したい」と言ったり、そうした雰囲気を匂わせたりしていると、次第に相手は鬱陶しく感じたり、嫌に思えたりしてしまうかもしれません。

それではせっかく復縁のチャンスがあっても、自らダメにしてしまうことになります。

しばらくは復縁が叶いそうにないと思ったら、いっそのこと一度友人に戻るという方法もあります。

友人であれば、恋人同士の頃のように、ぴったりとくっついてイチャイチャすることはできませんが、近い距離で気さくに楽しく過ごしたり、遊んだりすることができるでしょう。

もちろん友達に戻ったなら、相手が合コンに行ったり、いい雰囲気の異性ができたりしても、それで相手を責めたり止めたりすることはできません。

一度友人に戻ったら、友人以上の一線を越えることはできませんが、それでも相手の近くで仲良く過ごすことはできます。

我慢の末に復縁が叶うこともあるでしょう。

周りに協力してもらう

別れた相手と復縁をしたくても、自分だけではどうにもできないこともあるでしょう。

例えば復縁したい相手に連絡を拒否されてしまっている場合、自分からでは連絡の取りようがないため、友達や周りの人に協力を仰ぐことになるでしょう。

また、自分だけでは素直に相手に連絡をとったり、食事に誘ったりすることができない人も、周りに協力してもらうことで、何とか相手と顔を合わせる機会を作ることができるでしょう。

周りに協力してもらうためには、自分と相手の共通の友達に手伝ってもらうのが、一番都合がいいでしょう。

共通の友達がいなければ、別れた相手の友達にお願いするなどして、顔を合わせる機会を作れるようにしてもらいましょう。

お互いに素直になれなくても、間に友達や他の人を挟むことで話がしやすくなることもありますので、自分だけでは積極的に連絡を取れないという人は、周りに頼んで協力してもらいましょう。

誕生日にお祝いLINEをしてみる

復縁をしたくても、なかなかそのきっかけが掴めないという人は、相手の誕生日のような特別な行事を利用して連絡をとるようにしましょう。

誕生日であれば、お祝いの連絡をしても違和感はありません。

「別れてはいるけれど、まだ仲良くしたいと思っている」という暗黙の意思表示にもなります。

また、誕生日以外でも、相手にとって特別な日があれば、その日にLINEをしてみるのもいいでしょう。

ただし付き合っていた時の2人の記念日に連絡をするのはNGです。

一度は関係が終わっているのに、付き合っていた時の記念日を持ち出して連絡をするのは、いかにも未練がましく引かれてしまうことがあります。

相談事を持ちかける

別れてからある程度の時間が経てば、連絡が取り合えるようになる相手もいます。

一度連絡が取れるようになれば、付き合っていた時ほどではなくても、何かの機会にお互いに気軽に連絡が取り合えるようになります。

友達のようなその関係を利用して、相手に相談事を持ちかけることもできるでしょう。

相談事の内容は、どんなものでも構いません。

その時本当に自分が悩んでいることがあればそれでもいいですし、復縁の口実になるような内容を自分で考えて、相手に相談事として持ちかけるのもいいでしょう。

もし、相手がまだ自分に対して気持ちがあるのかどうかを探りたければ、思い切って「告白をされた」という内容を作りあげて、それで相手の反応を伺うこともできます。

相手があからさまに動揺した様子であれば、まだ自分に対する未練がいくらかあることが分かります。

まったく気にした様子がなくその恋を勧めてくるのであれば、強がりかもしくは本気でもう気持ちを切り替えてしまっているのでしょう。

嘘の恋愛相手を作り上げて相談事を持ちかける場合には、ある程度のリスクもあります。

しかしそのリスクを覚悟の上で相手の反応を確かめたいのなら、思い切って他の異性から関係を迫られていると相談してみましょう。

多少であれ、相手の反応の変化を見ることができるでしょう。

借りていたものを返す

別れた時には、相手から借りていたものがそのままになっていることはよくあります。

借りっぱなしのものがあるのなら、それを返すことを口実にして、相手との復縁のきっかけを作ることもできるでしょう。

借りていたものを返す場合には、3ヶ月以上は間が空かないようにした方がいいでしょう。

半年経ってからでは、相手がすでに別の相手へと気持ちを切り替えてしまっている可能性もあります。

「今更要らないからそっちで処分してくれ」と言われてしまうこともあります。

そのため、お互いの気持ちがある程度冷静になったところで、借りていたものを返すという口実を作って、一度相手に会って話をしてみましょう。

もし別れの原因が喧嘩なら、会った時に改めて謝罪をすれば、相手の反応によってはそのまま復縁が可能かもしれません。

そうでなくても、お互いに冷静になったところで、一度別れたことについて言及してみることで、関係を思い直すことがあるかもしれません。

SNSに食いつきそうな内容を更新する

相手がまだ自分に対して未練があるかどうかを探りたければ、SNSに相手が食いつきそうな内容を更新してみるという方法もあります。

例えば異性を含めた遊びの写真を投稿したり、別れてから自分がいかに後悔しているかということを、淡々と今の心境を投稿したりすることで、相手からひょっとしたら何かしらのアプローチがあるかもしれません。

そもそも、別れた後でも相手のSNSのアカウントを削除やブロックしていなければ、その時点ではまだ相手に対して何らかの未練の感情を持っている可能性があります。

そのため相手の気持ちを揺さぶるような内容を投稿することで、相手から何かしらの連絡を期待できるかもしれません。

ただし、あまりしつこくSNSに投稿し過ぎても、自分の方がかなり未練があると相手に知らせることになるため、それで相手が調子に乗ったり、引いたりすることもありますのでやり過ぎは禁物です。

復縁するにはどうしたらいい?

別れた相手と復縁したいと思ったら、どうすればいいのでしょうか?

何よりもまずは、2人が別れてしまった原因についてしっかりと考えて反省することが大切です。

別れた理由をちゃんと振り返り、自分が反省すべき点はしっかりと反省しなければ、例え復縁できたとしても、また同じような理由で別れてしまうことになるでしょう。

別れた相手としばらく連絡を断っている間に、反省すべき点をきちんと改善させて、次に会う時には成長した自分の姿を見せることができれば、復縁できる可能性は高まるでしょう。

復縁するための大前提として、別れた原因について考えて反省した後は、どのように自分が行動することで復縁の可能性が生まれるのでしょうか?

以下に具体的なポイントを挙げていきます。

冷静になる

復縁したいと思ったら、別れた相手と再会した時には常に冷静でいるように努めましょう。

復縁したい気持ちが強いと、ついつい感情的になってしまって、相手に縋りついたり、自分の気持ちを理解してもらおうとしたりして、みっともなく騒ぎ立ててしまうことがあります。

しかしそれでは、ますます相手の気持ちは自分から遠ざかってしまいますので、常に冷静な気持ちを失わないように意識しましょう。

取り乱すことなく、落ち着いて自分が復縁したい気持ちを相手に伝えることができれば、相手の気持ちが復縁の方向へと揺らぐかもしれません。

しかし冷静さを失ってしまえば、復縁のチャンスはどんどん遠ざかってしまうでしょう。

一度チャンスを失ってしまうと、その後で改めて復縁のチャンスが巡ってくる可能性は極めて低くなってしまいます。

そのため、チャンスを逃すことなく冷静に自分の気持ちを伝えましょう。

未練を見せすぎない

復縁したいという気持ちが強いと、ついつい相手に対して未練を見せすぎてしまうことがあります。

例えば久しぶりに再会して、会話の端々で付き合っていた頃の話を持ち出したり、「あの頃はああだったね」などと相手と当時の気持ちを共有しようとしたり。

やたらと付き合っていた頃のことばかりを思い出させるような発言をしていると、相手には未練がましく思われてしまうでしょう。

また、付き合っていた当時におそろいで買ったものや、プレゼントしてもらったものなどを、別れた後も大切に身に付けていると、それで「まだ自分のことが好きなのか・・」と相手の心を良い意味で揺さぶることもあります。

ですが、あまり身に付けすぎていても、未練がましさを相手に感じさせてしまうこともあります。

相手の性格によっては、未練は見せすぎない方がいいでしょう。

自分磨きをする

復縁を望むなら、付き合っていた頃とは違う自分の姿を相手に見せた方がより効果的です。

例えば付き合っていた頃にはぽっちゃり体型だった人が、別れた後には痩せて綺麗になっていたら、別れた相手は少なからずその変化に驚き、何かを感じることでしょう。

もし相手が元々ぽっちゃり好きだった場合には、痩せてしまうと逆効果になることもあります。

ですが、大抵の場合には健康的なスタイルで綺麗に変わった姿になることで、相手に好感や別れたことへの後悔を抱かせることができるでしょう。

相手によっては、もう一度自分に惚れ直して向こうからアプローチをしてくることもあります。

もしアプローチしてこなくても、自分から「あなたのためにこんなに変わったのだから」と押しつけがましく復縁を迫るのは止めましょう。

自分磨きはしても、それはあくまでも相手に無言の内に見せつけるものですので、自分からアピールし過ぎてしまうと相手はかえって引いてしまいます。

【自分磨きをするなら、こちらの記事もチェック!】

焦らない

復縁によっては、時間がかかるものもあります。

とくに、元々一度別れた相手とは復縁をしない主義の人の場合は、その人をその気にさせるのにはそれなりの時間がかかってしまうでしょう。

相手の性格によって、「まだ好きだ」とハッキリ伝えた方がいい場合もあれば、一旦は気さくな友達関係に戻ってしまった方がいい場合もあります。

まずは自分の気持ちが冷静になるまでは時間と距離を置き、気持ちが落ち着いてきたらその上で復縁する方法についてしっかりと考えましょう。

焦ってしまえばそれだけ復縁のチャンスは逃してしまいますので、慎重に行動しましょう。

よくある別れる理由とは!?

カップルの数だけ別れの理由があります。

よくあるような理由で別れるカップルもいれば、劇的でドラマの世界のような展開の末に、別れてしまうカップルもいるでしょう。

2人の出会いや、付き合っていた当時の思い出がそれぞれにあるように、別れの理由もさまざまです。

その中でも、一般的によくある別れの理由について以下にまとめました。

浮気

浮気が別れの理由になることは多いです。

好きな人が、自分以外の異性と関係を持つというのは、恋人にとっては酷い裏切り行為です。

例えそれが、お互いの気持ちがマンネリ化した末の行為であっても、また酔っぱらった勢いでの行為であっても、恋人を裏切ったという事実には変わりありません。

「自分を裏切って傷つけた」ということを許せない人は多く、たった一度の浮気、または度重なる浮気が原因となって別れてしまうカップルは珍しくありません。

価値観の違い

人はそれぞれに個性を持っていますので、当たり前に価値観も違っています。

その価値観の違いに理解を示し、相手のことを受け入れられるのなら、価値観の違いを超えて好き合う者同士がカップルになることはあります。

しかしその価値観の違いは、カップルが喧嘩をした時や、お互いへの信頼度が下がるようなことがあった場合には、普段よりも強く感じられてしまうことが多いです。

そのため、きっかけは別にあっても、そこから互いの価値観の違いを強く認識してしまい、「やっぱり自分たちは合わないのかもしれない」と考えるカップルは少なくないでしょう。

その価値観の違いを常に感じるようになったら、それが別れの兆しとなることはよくあります。

【価値観の違いを乗り越える方法は、こちらの記事もチェック!】

将来性の違い

カップルで将来性の違いがあると、付き合っている時には楽しくても、そこから結婚まではなかなか進めなくなってしまいます。

そしていずれはどちらかが、または両方が結婚したいと考えているのなら、将来性の違いによって「この人との結婚は無理だな」と結論が出てしまい、関係が終わってしまうこともあります。

例えば彼女の方が直ぐにでも結婚したいと考えているのに対し、彼氏が「結婚するならもっといろいろなことがきちんと整ってからだ」と慎重に考えているのなら、結婚の時期でたびたび喧嘩になり、それがきっかけで別れてしまうこともあるでしょう。

また、彼氏の収入が頼りなく、将来性がなさそうだと判断した結果、彼女が彼氏を振って別の男性のところへと行ってしまうこともあるでしょう。

将来性の違いは、価値観の違いと同様に、カップルで違いが大きければ別れの原因となってしまいやすいです。

遠距離恋愛

遠距離恋愛をしていると、ただでさえ普通のカップルのように、頻繁にデートをしたり、顔を合わせたりすることができません。

マメに連絡を取り合ってはいても、普段相手が何をしているのかまでは分からないため、よほど強く相手を信用していなければ、浮気の心配や気持ちの擦れ違いの不安など、不安要素が絶えないでしょう。

遠距離恋愛は、適度にお互いの時間を保った上で付き合いたいと考えている人にはピッタリですが、いつも一緒にいたいと考えている人にとってはとても辛い道です。

いつも会えないことや、何をしているのか分からない不安な気持ちに耐えられない人は、遠距離恋愛に限界を感じて、恋人と別れてしまうことがあるでしょう。

他に好きな人ができた

恋人ができると、普通は恋人以外の異性には目が向かなくなるものです。

しかし元々気持ちが浮つきやすい人は、恋人がいても平気で他の異性へと気持ちが動いてしまうことがあります。

また、普段は恋人一筋でも、喧嘩をしている時や、恋人と気持ちの擦れ違いを感じている時には、心に隙間が空いてしまっています。

そこに他の異性が積極的に入り込んでくると、つい気持ちが揺らいでしまうこともあるでしょう。

そして、次第に恋人よりも他の異性の方が好きになってしまい、結局はそれが理由になって別れてしまうこともあります。

飽きた

人によっては、恋愛に飽きっぽい人もいます。

好きになって付き合い始めた当初は熱く燃えていても、相手との関係が少し落ち着いてくると、相手に対して魅力をあまり感じなくなってしまいます。

この手のタイプの人は、常に新鮮な刺激を求めています。

恋愛でもスリルやドキドキを重要視しますので、ある程度相手との関係が落ち着いてしまうと、途端にマンネリ化してしまって、恋人の魅力が褪せて見えることもあるでしょう。

そこから浮気心がつい騒いでしまうという人もいますので、一時の遊びに夢中になるタイプの人は、落ち着いて1人の恋人と長く付き合うことは難しいかもしれませんね。

同じことは繰り返さないようにするのが復縁成功の秘訣

一度別れてしまった相手と復縁をしたいと望むのなら、別れた当時の自分とは決別することが大切です。

例えば自分の束縛癖が原因で別れてしまったなら、せっかく復縁しても束縛癖が変わっていなければ、相手はすぐにまた嫌になってしまうでしょう。

しかし、別れている間にきちんと自分の束縛癖を反省して、復縁後にはその癖を出さないように努力すれば、今度は長く相手といい関係を築けるかもしれません。

相手と復縁したいのなら、自分でそれを可能にするだけの努力をして、その上で誠実に相手に自分の気持ちを伝えましょう。

別れた時とは同じことを繰り返さないように注意し、相手を今まで以上に思いやることが復縁成功の秘訣です。