唐突ですが皆さんは擦れの経験はありますか?

失恋は何度経験しても辛いものです。

もしかしたら自分を責めて、辛い思いをしている真っ只中という人もいるかもしれません。

ですが、たとえその失恋の原因が自分だったとしても決して落ち込まないでください。

もし、自分にも悪いところがあったとしても、次に活かせば良いのです。

そこまで辛い経験をしたのであれば、「次こそはそのような失敗をしない!」と強く思えるのです。

ですので、そのような経験をしたのは悪いことではありません。

だけど、傷ついた心をそのままにしておくのは良くありません。

どのように、失恋で傷ついた心を癒すていけばいいのでしょうか?

また、失恋で心が傷つく理由についても見てみましょう。

そうすることで、どのように考えを書いたらいいのかということも見えてくるかもしれません。

確かに、その答えを見いだすのは皆さん自身です。

そのヒント差し上げることができたらいいなと思っております。

あなたの失恋、なんとかしたい

やはり、失恋で傷ついている人を見るのは非常に胸の痛いことです。

今、失恋の真っ只中で苦しい思いをしているのであれば、その心が少しでも楽になればいいなと思っております。

先ほども申したように、実際に自分の心と折り合いをつけるのは自分自身しかいません。

ですので、こちらからできるアクションというのは限られています。

まずは失恋で傷ついてしまう原因を見ていき、どのように癒していったらいいのかを一緒に見て行きませんか?

やはり失恋は多くの人が経験しているので、その失恋の傷心を癒す方法もいろいろな経験談があります。

その経験談を見て、自分だけじゃないんだと安心するのも悪くはありません。

では、失恋で心が傷ついてしまう原因を一つ一つ見ていきましょう。

失恋で心が傷ついてしまう理由とは

失恋して嬉しい人は基本的にあまりありません。

そのようなケースがあるとしたら、どちらかと言うと「もう別れたい」と思っていて、わざと嫌われるように振る舞った時だけです。

本気で好きで、ずっと関係を続けていきたいと思っていたのであれば、失恋はとても大きな心の痛手になります。

やはり、自分が大切に思っていた人がいきなり去ってしまうというのはたいていの人は大きな喪失感を味わいます。

その失恋が辛いと思ってしまう原因は主に5つあるものですが、その5つについて掘り下げてみていきましょう。

相手に捨てられたという感情

失恋をすると、相手に捨てられたと思って悲しく思いますよね。

この「捨てられる」という言葉の雰囲気もまた嫌なものです。

失恋した男性の話を聞くと、「逆に捨ててやったんだ!」と言うようなこともある位です。

それほどに、この感情は嫌なものなのですよね。

なかなかそう思う気持ちがあってもすぐに克服できるものではありません。

ですので、はじめはそう思って気分が沈んでしまうのは仕方のないことだと思います。

少々趣が違いますが、著者は母の連れてきた男性とどうしてもソリが合わなくて、本当にその人が苦手でした。

ですが、どういうわけかその男性は私に執着してきたのです。

でも、私はどれだけ執着されてもその人が好きなれませんでした。

母に頼み込んで、私を無理にでも引き合わせてどうにか自分を認めさせようとしたようですが、私のかたくなな態度に、とうとう彼は諦めました。

やはり、彼にも、自分のことがむしろ嫌いな状態なのに一緒にいても無意味だということを悟ったようです。

あなたを好きではない男性と無理矢理一緒にいるよりかは、この状態の方がむしろ良かったのではないかと思えるようになる日は必ず来ます。

大切な人を失ったという喪失感

やはり、その彼や彼女が大切な人だったら、その人を失った喪失感は非常に大きなものです。

思い入れがあればあるほど、その喪失感は大きくなって当然です。

ですので、喪失感から抜け出せないことを責めないでください。

初めはとても辛いかもしれませんが、だんだんと時が経ってくる日にしたがって落ち着いてくることがあります。

どのような形で失恋したかによりますが、音信不通なので徐々にフェードアウトされたような状態だと、

初めのショックはそこまで大きくないけれどその喪失感が続く傾向にあるようですが、

はっきりとふられた時は、初めの喪失感は非常に大きくてもそこからだんだんと立ち直ってくることができるようです。

もし、フェードアウトをされてその喪失感からなかなか抜け出せないのであれば、

ケースによっては直接会ってはっきりともうこの関係は終わったのだということを再認識すると言うのも必要になってくるかもしれません。

(ただそれはできる場合できない場合があります。連絡先を変えられたらもう連絡の取りようがないですね。)

恋に破れたという悲しみ

やはり、思い入れのある恋愛であればあるほどに、それに敗れた悲しみは大きいものです。

しばらくは、何をしても楽しくないと思うくらいに強い悲しみを抱くかと思います。

そんな時に次の恋愛の事についてなんて考えられませんよね。

泣きたい時は思いっきり泣いてもいいと思います。

やはり、思い入れのある恋愛の後に、そのような深い悲しみがやってくるのはある意味当然です。

ただ、この恋に破れた悲しみも、だんだんと時間にが経つに従って落ち着いてくることがあります。

失恋した人はその当初は、「彼氏(彼女)なんていらない!」というようなことを言っていたりもしますが、半年ぐらい経つと新しい恋人ができているという話もよくある話です。

悲しみも時間薬ですので、時間が経てば落ち着くと信じて心の中の嵐が過ぎ去るのを待ちましょう。

大事な局面に失敗したという自己否定

失恋において、どのようなシチュエーションにおいてそうなってしまったのかはその精神状態に大きく影響してきます。

例えば、大事な局面で、自分の発した一言言って失恋が確定してしまったということになると、

「なんてこと言ってしまったんだろう!」と思い、自己否定をしてしまうケースもあります。

喧嘩においても、売り言葉に買い言葉というのがあり、本心ではないことをついつい口走ってしまうことがあります。

だけどその一方で、怒った時にに出る言葉こそが本音というような見方もあります。

ですので、その売り言葉に買い言葉で言ってしまった言葉の方を真に受けられて、それが失恋のきっかけになる状態だとしたら、その自己否定感が半端ありません。

以前、少し聞いたことがありますが、売り言葉に買い言葉的に行ってしまって

そこで別れを選択することになってしまったということであれば、謝ればよりが戻る可能性もあるそうです。

それは何故かと言うと、「もう別れる!」と勢いで行ってしまったけれど、その後で後悔してしまうということもあるのです。

ですので、もし「この前はごめん。売り言葉に買い言葉で『別れたい』と言ったけれど、もう一度やり直したい。」と謝ったら、本当によりが戻る可能性もあると言うのです。

だけど、その喧嘩して勢いで別れたのではなく、ゆっくりとその「別れたい」気持ちが進行していた場合は、そのよりを戻すのは大変難しい作業になるそうです。

売り言葉に買い言葉的な感じだったら、よりを戻す方向性で考えてみるのも悪くないかもしれません。

それでダメだったらまた考えたら良いのではないでしょうか?

あの人にもう会えないという絶望感

フェードアウトされたりで連絡先を絶たれてしまうと、あの人にもう会えないと寂しい気持ちになります。

やはり好きな人に会えないと言うとその絶望感ハンパない感じです。

確かに、好きな人に会えなくなってしまうのは悲しいものですが、無理に一緒にいられるのも嬉しくないですし微妙ですよね。

できれば、お互いに好きな状態でよりを戻せたらそれが1番いいけれど、離れてしまった心はどうすることもできません。

確かに、もう会えないという絶望感があるとなかなか前向きませんよね。

失恋としてはそのような感情にさいなまれても仕方がないです。

ですが、徐々に前を向けるようになっていたらいいなと思いますよね。

失恋を引きずってしまうのはよくないです

失恋をしたショックは一言では言え表せないものがあります。

確かに、何をする気にもなれませんし、落ち込んでしまいますよね。

ですが、できるだけ失恋を引きずるのは良くないので、なるべく早く立ち直れるばそれに越した事はありません。

失恋のショックで落ち込んでいる状態というのはあまり良い精神状態ではありません。

そうは言われても、悲しみを押さえて無理矢理明るく振る舞っても後からその悲しみがさらに襲ってくるという事はよくあることです。

ですので、当初は思いっきり泣くのも良いです。

人にぶつけるのではなければ、クッションでもいいので怒りをぶつけてみるのも良いです。

そのようにして徐々に心が元気になっていけば1番なのですが、人間の心はそう簡単ではないっていうのがありますよね。

では、失恋を引きずってしまうことによって考えられる事は一体どのような感じのことなのでしょうか?

心の傷が癒されない

くよくよしてしまう人であると少し難しいかもしれませんが、失恋のことをずっと考えていると、癒されるはずの心の傷もずっと癒されません。

失恋をしたのはあなたが悪いわけではありません。

仮に、浮気にあったり、あなたに原因があることでふられたとしても、今度はそのような過ちをしないように改めれば良いのです。

どんな理由で失恋したにせよ、自分を責めてしまうのは良くありません。

反省はしても後悔はしないでください。

多くの人がそれを経験しています。

確かに最短距離でうまくいければ1番良いのかもしれませんが、色々と失敗してしまうのが人間です。

中には、特にこちらもないのに失恋してしまうということもあります。

それは相手の心もあってこそなので、あなたに問題がなくても相手の心が離れてしまう事はあるのです。

ですので、その場合はくよくよと反省するのではなく、その人と相性が悪かっただけだと思って次に進めるような気持ちに切り替えていければいいですね。

仕事やプライベートにも影響を与える

やはり、精神的に落ち込んでいる状態というのは、普段の生活においても少なからず出てきます。

仕事やプライベートにおいても、仕事がなかなかうまくいかないっていうことがあったり、

プライベートもアクティブに動けていたのに引きこもりがちになるということもなきにしもあらずです。

仕事においては、なるべく支障が出ないような努力も必要です。

逆説的にそのような努力をすることによって、仕事中は嫌なことを忘れられるということもあり得ます。

プライベートに関しては、悲しい時は思いっきり泣いてもいいと思います。

心行くまで泣いたら、もしかしたら外に出て行く元気も出てくるかもしれません。

何も楽しくなくなってしまう

失恋でもそうですが、例えば仕事が辛すぎるようなことがあっても、何もかもが楽しくなくなってしまうことはよくあることです。

子育て中においても、育児ノイローゼで何もかもが楽しくなくなるという事はよく知られています。

多くの人が何か精神的に辛いことがあると、面白いと思って見ていたテレビも楽しくなくなってしまうことはよくあることなのです。

それは、それほどに精神的ダメージを受けているのです。

よく恋をすると「綺麗になれるように頑張る!」とか「仕事頑張れる!」ということがありますよね。

それほどに嬉しいことがあると、(このような言い方も変ですが少々自分に無理をしている状態です。

ですので、失恋によってその張り合いをなくしてしまうことにおいて、その頑張りがきかなくなるということで何をしても楽しくなくなってくるように感じられるようです。

ついには、鬱病に・・・

確かに失恋において、そのような精神的なショックというのはあるものです。

ただ、その時期があまりに長すぎると鬱病に発展することがあります。

うつ病などの精神的な病気になりやすい人は、とても真面目で、自分を追い込みやすい人です。

ですので、くよくよとしやすいのであれば、そうならないように注意をしましょう。

確かに、すぐに辛い思いがなくなるという事は難しいかもしれません。

だけど、徐々に立ち直ろうと言う前向きな気持ちさえあれば、徐々に気持ちも落ち着いてくるのではないでしょうか?

うつ病などの精神疾患は、完治までの時間が長く、一度いちどその病気にかかると、

就労しては病気が悪化して辞め就労しては病気が悪化して辞めということを繰り返すような感じになることもあるようです。

ですので、うつ病にならないような自分の精神状態のメンテ方法を知っておきたいですね。

失恋から立ち直る方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

失恋から立ち直る方法1:思い切り泣く

失恋したらこれ!と言う方法としては、やはり思い切り泣くことです。

涙は心の汗といいますよね。泣くことによってスッキリします。

1人になったときは心おきなく泣きましょう。

そうはいっても、なかなか泣くのが難しい人もいますよね。

そんな時は、泣けるようなドラマや映画を見るといいですよ。

状況によっては自分と重ねあわせて、思いっきり泣けるかもしれません。

泣いてストレスを解消する

失恋というのは、喪失体験ですので精神的な負荷はかなりのものです。

そのかなりの精神負荷を軽くするためには、涙を流すのは1番理にかなった解消法なんだそうです。

ですので、失恋のストレスを解消するには泣くのが1番です。

先ほども言ったように、ドラマを見るのもいいですし、自然と涙が出るのであれば、それを我慢しようとせず、心行くまで泣きましょう。

女性の方が平均寿命が長いっていますよね。

それはいったいなぜだと思いますか?

それは、女性はあまり感情ため込まないからだそうです。

ですので、女性は、泣いてストレスを解消するという事は比較的得意なのではないでしょうか?

男性もそうするのが難しいかもしれませんが、誰も見てないと言うことであれば安心して涙を流すこともできるかもしれません。

実践者の体験談

やはり、失恋というと多くの人が経験することです。

ですので、失恋することで、悲しい気持ちを解消するために実践したことというのもたくさんブログにあります。

その人も女性ですが、やはり自然と涙が出てくる時はその感情に任せたようです。

その女性が失恋の立ち直り方として大切な事は、その悲しい気持ちを否定せずに受け止めることだということを言っていました。

強がっていると、ついついその悲しい気持ちを見て見ぬふりして置き去りにしてしまうものですが、受け止めることが意外と失恋から立ち直ることへの早道なのかもしれません。

そして、その方のオススメとしては、泣く時はお風呂場なのだそうです。

イメージ的に、悲しい気持ちは涙と一緒にお風呂で洗い流すと言うようなイメージが持てるのだとか。

失恋から立ち直る方法2:本を読む

失恋から立ち直る方法として、思い切り泣くと言うものがありましたが、人によっては悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しいのだと思う人もいます。

泣けば泣くほど気分が沈んでしまうという人もいるのですね。

もし、思いっきり泣くと言うことでスッキリできずだんだんと悲しくなってくるということであれば、

その悲しい気持ちを吹き飛ばすような楽しい体験をする方が有意義なのかもしれません。

それは人によって感じ方もそれぞれですし、失恋から立ち直るプロセスも人それぞれですので、

何がベストなのかは皆さんでないとわからないところがあります。

では、本を読むと言うとどのような本が良いのでしょうか?

悲しい本でなく、思い切り楽しい本を読もう

もし本を読むとき、悲しい気持ちにどっぷりと沈みこんで本読みたいということでなければ、思い切り楽しい本を読むようにしましょう。

現実をしっかりと受け止め、悲しい気持ちを受け止めると言うのも一理ありますが、時にそのような楽しいことに目を向けると言うのも悪くはありません。

そうすることで、気分が変わって明るくなるということもあります。

もしそうであれば、そのような気分転換の方が合っていると言うことです。

ですので、思い切り楽しい本を読みましょう。

楽しい本といっても人それぞれですよね。

いろいろなギャグ書いてあるような本が面白い人もいるかもしれません。

また、旅行雑誌とか、きれいなインテリアの雑誌などが楽しい人もいるかもしれませんよね。

好みは人それぞれですので、「それが楽しい!」と思えるような素敵な本をぜひとも自分で探してみてください。

実践者の体験談

失恋の時に面白い本を読むということで、面白い本といっても人それぞれに好みがあるということをお話しましたが、

実際に失恋時に読書をする事で気分転換をする経験をした方は、なんと歴史の本を読んだのだそうです。

一見、歴史と失恋は何の関係性もないように見えます。

もしかしたら、何も関係のない本を読むことで気分を変えようと思ったのかなとちょっと思いましたが、この実践者の方は歴史と恋愛は非常に関係性があると言うのです。

今私たちは非常に豊かな生活をしていますが、その豊かさを手に入れるために戦ってきたという歴史があるのです。

大勢の人の死によって私たちの今の生活があるという話は非常に納得できました。

そのような壮大な歴史の本を読むに従って、だんだんと失恋がとてもちっぽけなものに見えてきたと言うのです。

このような失恋の立ち直り方もあるのですね。

失恋から立ち直る方法3:貰ったものを処分する

失恋して傷ついているときに、その思い出の品々があると失恋のことを思い出して辛くなることもあるかもしれません。

ですので、もしもらったものがあるのであれば、早急に処分する必要があります。

できれば、本当に一目散に処分した方が良いです!

例えば、ゴミの収集が第2月曜と第4月曜と言うような回収があると、例えゴミに捨てるとしてもその回収に来るまではずっと持っておかなくてはいけません。

見えないところに置いておくのもありかもしれませんが、やはり早く手放したほうがすっきりはします。

ですので、基本的にまだ使えると言うものであればフリマやオークションに、ゴミにしかなり得ないと言うことであれば、

何でも買い取ることをうたい文句にしているりかサイクルショップがあれば、そちらにもっていくのが確実です。

好きな人の痕跡を消してしまおう

失恋して辛い思いしているときに大切なこと、それは好きだった人の痕跡は見たり存在するだけでも辛い気持ちになってしまいますので、そこで痕跡をとことん消してしまいましょう。

もし、同棲してたり半同棲と言うことであれば、歯ブラシなどもあるかもしれません。

ですが、そのような小物際も容赦なく処分してしまってください!

大切な事は痕跡はとことん消すことです。

整理整頓すると心が非常にさっぱりしますよね。

片付けが大変苦手な著者でも、重い腰を上げて整理整頓すると、そのすっきりとした感じがうれしく感じます。

失恋をして精神状態が停滞しているような時でも、このような整理整頓して、彼の痕跡を消しつつお部屋をすっきりさせると、

もしかしたら失恋によって曇っているような心が晴れ晴れとするかもしれませんよ。

リサイクルショップに引き取ってもらうのもOK!

ゴミの回収を待つというのも、ものによっては非常に時間がかかることがありますので、リサイクルショップで引き取ってもらうことも視野に入れてみましょう。

買い取ってもらえそうなものがあったら、フリマアプリや、オークションアプリなどを使ってもいいかもしれません。

最近は、リサイクルショップも大変便利になってきました。

もし、持ち運びが非常に多いほどにたくさんあるのであれば、買い取りに来てもらうこともできます。

また、その待つまでの間が嫌だと言うことであれば、フリマアプリやオークションアプリでさっさと他の人に引き渡してしまうのも良いでしょう。

自分にとっては、思い出がたくさんで辛いものであっても、他の人はそのような思い出を共有していないのもありますし、

その商品自体が喉から手が出るほどに欲しい人だっているのです。

著者も最近になって、フリマアプリに登録し始めましたが、中にはトイレットペーパーの芯をまとめて出品している人までいます。

ですので、何が売れるかわかりません。

しっかりと売ってはいけないもの確認した上で、フリマアプリに挑戦してみるのもいいのではないでしょうか?

実践者の体験談

やはり失恋をして、リサイクルショップに持っていったとか、その不用品を送った経験をされた方は多いようです。

なんとブランディアというブランド品を扱うサービスをしている業者が、失恋ボックスなるもの始めたようです。

指定の段ボール箱に彼との思い出の品々を詰め込んで送ると、途上国の妊婦さんや、女性の方を守る支援活動をしているNGO団体に、100円が寄付されると言うのです。

失恋ボックスと言うので、その失恋を癒すような方法についても色々とあります。

内容物からして非常に充実しているのです。

まず、失恋ボックスの本体は箱のところに大きなハートがあります。

まず、そのハートをぶっ壊して箱を開けます。

その中には、レッツ失恋ガイドブックなるものがありますので、未練を上手に断ち切る方法が乗っているガイドブックがあります。
一読の価値ありです。

中にはティッシュも付いています。

整理をしたときに涙が出てきたらこのティッシュを使うのだそうです。

さらにはストレス発散のプチプチハートなるものもありますが所謂プチプチです。

全部つぶしてもオッケーなのだそうで、イライラしたらプチプチを潰しましょう。

その他にも、失恋の取扱説明書もあります。

後は送り状でヤマトの運輸着払い便伝票があるので、これを失恋ボックスで貼り付けて送ればオッケーです。

その用品を処分してすっきりし、さらには困った人に寄付ができるということで、自分の失恋も無駄ではなかったと前向きになれるのだそうです。

失恋から立ち直る方法4:旅行に行く

簡単に気分を変える方法としては、住む場所を変えたりいる場所を変えることなんだそうです。

確かに、そのような環境カラッと変えることで気分を一新させることができます。

とはいっても、社会人として勤めていたり、実家からと言うことであれば引っ越しもそこまで容易にはできない人がいてもおかしくはありません。

そんな時は、思い切って旅行に行ってみるのはいかがでしょうか?

ついついうじうじとしてしまうのは、失恋したときの環境と同じ環境にいるからです。

ですので、その環境ガラッと変えれば気分がぐっと変わること間違いなしです。

お金を惜しまず、行きたかった場所に行こう

もちろん予算もあるので一概には言えませんし、自己破産をしてでも行けとは言えません。

ですが、できるだけお金を惜しまず、行きたかった場所に行くようにするのが最適です。

やはり、行きたかったところに行くのは実際に行ってみると心が躍るものがありますよね。

ですので、普段の海外旅行だとなかなか行けないようなところに気分転換で行ってみるのも良いのではないでしょうか?

できれば、仕事の都合などにもよるにもよるので一概には言えないけれど、長ければ長いほど良いかもしれません。

仕事を休んでもOK!

そのためには、迷惑をかけない程度に仕事休むのはもちろんオッケーです。

繁盛期だと難しいかもしれませんが、比較的落ち着いている時期などを選べば大丈夫でしょう。

会社の人が、仕事を休むことで迷惑がるのは、仕事に支障が出るからです。

ですので、支障が出ないような工夫をすれば、そこまで顰蹙を買うことありません。

もし旅行だということを正直に言っているのであれば、お土産を買っていけばより確実に悪い感情を抱かれなくなることでしょう。

実践者の体験談

この方は、在職中ではなく結婚するために既に退職をしている状態でした。

結婚直前まで行ったんだけど、その彼氏が実は婚姻歴があり子供がいる事をカミングアウトされたのです。

そこで、その女性はそれを初めて知るわけですが、何かのたびに元奥さんに嫉妬したり子供の存在について気になる事が出る可能性が高いということで、辛くても別れを選択したのだそうです。

その時に、彼女は旅行することで気分転換をしました。

この人が行ったのはヨーロッパ旅行に一人旅を計画して実行されたそうです。

12日間で、個人手配をしてもらった後は自由に決めたそうです。

とても、良い気分転換になったようです。

ですのでやはり失恋したら環境を変えのは理にかなっているのですね。

失恋から立ち直る方法5:友達に話を聞いてもらう

恋をしたときに、すぐに旅行に行くことも難しいということであれば、傷ついて辛い最中でしたら友達に話を聞いてもらうのはありです。

もし、そのような友達はなかなかいないと言うことであったり、友達がいるけどそんな話をしにくいと言うことであれば、有料のカウンセリングを使っても良いでしょう。

とにかく大切なのは自分の気持ちを吐き出せる場所があるということです。

聞いてほしいことは全部ぶちまけよう

もちろん相手が迷惑がっていないということが前提ですが、聞いてほしいことを全部ぶちまけてすっきりとしましょう。

できれば、同じ立場の方や失恋経験者であったり、聞き上手な人がオススメです。

やはり似たような立場にないと、例えば話を聞いてくれる友達が新婚で幸せな状態だと、その幸せオーラを感じて逆に落ち込んでしまうことがあります。

また、具体的なアドバイスをしようとする人だと、失恋をして辛い最中だと逆に辛い思いをすることがあります。

最もなアドバイスだったと後になって分かるところはありますが、辛い最中では本当に話を聞けない状態になりますので、

うんうんと話を聞いてくれる人に聞いてもらったほうがいいです。

実践者の体験談

やはり、上記のヨーロッパ旅行に行った彼女も、友達に話を聞いてもらう事はしたようです。

やはりその人も、最もだと思う意見を言ってくれた友達に関して、当時の自分を素直に受け止められなかったと言っています。

ですので、失恋をして辛い話を聞いてもらう時にありがたかったのは、何も言わずに自分の話を「うんうん」と聞いてくれる友人だったといいます。

そのような話を聞いてくれそうなお友達がいたら聞いてもらうことも良いでしょう。

もしなかなかそのような話を友達しにくいのであれば、

できればお金を払ってそのような話をただただ聞いてくれるところに電話するということであったり、メールで相談するサービスを利用した方が良いです。

一般の人が出入りする掲示板だと、厳しい意見を書き込まれることもあって追い打ちをかけられてしまうことがあります。

失恋はすぐ忘れよう!次のステップのために!

それはすぐに忘れるのが理想です。

だけど、そんなにすぐに忘れられない人もいるかもしれません。

すぐに忘れられないことに関して自分を責めるのはやめましょう。

ただ、失恋による傷心を癒す方法は色々とあります。

自分に合う方法を試していきましょう。

そして、失恋は次のステップに絶対に生きてきます。

ですので、ひとしきり悲しんだら新しい出会いを求めて前向きに進んでいきましょう!