唐突ですが皆さんは擦れの経験はありますか?

失恋は何度経験しても辛いものです。

もしかしたら自分を責めて、辛い思いをしている真っ只中という人もいるかもしれません。

ですが、たとえその失恋の原因が自分だったとしても決して落ち込まないでください。

もし、自分にも悪いところがあったとしても、次に活かせば良いのです。

そこまで辛い経験をしたのであれば、「次こそはそのような失敗をしない!」と強く思えるのです。

ですので、そのような経験をしたのは悪いことではありません。

だけど、傷ついた心をそのままにしておくのは良くありません。

どのように、失恋で傷ついた心を癒すていけばいいのでしょうか?

また、失恋で心が傷つく理由についても見てみましょう。

そうすることで、どのように考えを書いたらいいのかということも見えてくるかもしれません。

確かに、その答えを見いだすのは皆さん自身です。

そのヒント差し上げることができたらいいなと思っております。

あなたの失恋、なんとかしたい

やはり、失恋で傷ついている人を見るのは非常に胸の痛いことです。

今、失恋の真っ只中で苦しい思いをしているのであれば、その心が少しでも楽になればいいなと思っております。

先ほども申したように、実際に自分の心と折り合いをつけるのは自分自身しかいません。

ですので、こちらからできるアクションというのは限られています。

まずは失恋で傷ついてしまう原因を見ていき、どのように癒していったらいいのかを一緒に見て行きませんか?

やはり失恋は多くの人が経験しているので、その失恋の傷心を癒す方法もいろいろな経験談があります。

その経験談を見て、自分だけじゃないんだと安心するのも悪くはありません。

では、失恋で心が傷ついてしまう原因を一つ一つ見ていきましょう。

失恋で心が傷ついてしまう理由とは

失恋して嬉しい人は基本的にあまりありません。

そのようなケースがあるとしたら、どちらかと言うと「もう別れたい」と思っていて、わざと嫌われるように振る舞った時だけです。

本気で好きで、ずっと関係を続けていきたいと思っていたのであれば、失恋はとても大きな心の痛手になります。

やはり、自分が大切に思っていた人がいきなり去ってしまうというのはたいていの人は大きな喪失感を味わいます。

その失恋が辛いと思ってしまう原因は主に5つあるものですが、その5つについて掘り下げてみていきましょう。

相手に捨てられたという感情

失恋をすると、相手に捨てられたと思って悲しく思いますよね。

この「捨てられる」という言葉の雰囲気もまた嫌なものです。

失恋した男性の話を聞くと、「逆に捨ててやったんだ!」と言うようなこともある位です。

それほどに、この感情は嫌なものなのですよね。

なかなかそう思う気持ちがあってもすぐに克服できるものではありません。

ですので、はじめはそう思って気分が沈んでしまうのは仕方のないことだと思います。

少々趣が違いますが、著者は母の連れてきた男性とどうしてもソリが合わなくて、本当にその人が苦手でした。

ですが、どういうわけかその男性は私に執着してきたのです。

でも、私はどれだけ執着されてもその人が好きなれませんでした。

母に頼み込んで、私を無理にでも引き合わせてどうにか自分を認めさせようとしたようですが、私のかたくなな態度に、とうとう彼は諦めました。

やはり、彼にも、自分のことがむしろ嫌いな状態なのに一緒にいても無意味だということを悟ったようです。

あなたを好きではない男性と無理矢理一緒にいるよりかは、この状態の方がむしろ良かったのではないかと思えるようになる日は必ず来ます。

大切な人を失ったという喪失感

やはり、その彼や彼女が大切な人だったら、その人を失った喪失感は非常に大きなものです。

思い入れがあればあるほど、その喪失感は大きくなって当然です。

ですので、喪失感から抜け出せないことを責めないでください。

初めはとても辛いかもしれませんが、だんだんと時が経ってくる日にしたがって落ち着いてくることがあります。

どのような形で失恋したかによりますが、音信不通なので徐々にフェードアウトされたような状態だと、

初めのショックはそこまで大きくないけれどその喪失感が続く傾向にあるようですが、

はっきりとふられた時は、初めの喪失感は非常に大きくてもそこからだんだんと立ち直ってくることができるようです。

もし、フェードアウトをされてその喪失感からなかなか抜け出せないのであれば、

ケースによっては直接会ってはっきりともうこの関係は終わったのだということを再認識すると言うのも必要になってくるかもしれません。

(ただそれはできる場合できない場合があります。連絡先を変えられたらもう連絡の取りようがないですね。)

恋に破れたという悲しみ

やはり、思い入れのある恋愛であればあるほどに、それに敗れた悲しみは大きいものです。

しばらくは、何をしても楽しくないと思うくらいに強い悲しみを抱くかと思います。

そんな時に次の恋愛の事についてなんて考えられませんよね。

泣きたい時は思いっきり泣いてもいいと思います。

やはり、思い入れのある恋愛の後に、そのような深い悲しみがやってくるのはある意味当然です。

ただ、この恋に破れた悲しみも、だんだんと時間にが経つに従って落ち着いてくることがあります。

失恋した人はその当初は、「彼氏(彼女)なんていらない!」というようなことを言っていたりもしますが、半年ぐらい経つと新しい恋人ができているという話もよくある話です。

悲しみも時間薬ですので、時間が経てば落ち着くと信じて心の中の嵐が過ぎ去るのを待ちましょう。

大事な局面に失敗したという自己否定

失恋において、どのようなシチュエーションにおいてそうなってしまったのかはその精神状態に大きく影響してきます。

例えば、大事な局面で、自分の発した一言言って失恋が確定してしまったということになると、

「なんてこと言ってしまったんだろう!」と思い、自己否定をしてしまうケースもあります。

喧嘩においても、売り言葉に買い言葉というのがあり、本心ではないことをついつい口走ってしまうことがあります。

だけどその一方で、怒った時にに出る言葉こそが本音というような見方もあります。

ですので、その売り言葉に買い言葉で言ってしまった言葉の方を真に受けられて、それが失恋のきっかけになる状態だとしたら、その自己否定感が半端ありません。

以前、少し聞いたことがありますが、売り言葉に買い言葉的に行ってしまって

そこで別れを選択することになってしまったということであれば、謝ればよりが戻る可能性もあるそうです。

それは何故かと言うと、「もう別れる!」と勢いで行ってしまったけれど、その後で後悔してしまうということもあるのです。

ですので、もし「この前はごめん。売り言葉に買い言葉で『別れたい』と言ったけれど、もう一度やり直したい。」と謝ったら、本当によりが戻る可能性もあると言うのです。

だけど、その喧嘩して勢いで別れたのではなく、ゆっくりとその「別れたい」気持ちが進行していた場合は、そのよりを戻すのは大変難しい作業になるそうです。

売り言葉に買い言葉的な感じだったら、よりを戻す方向性で考えてみるのも悪くないかもしれません。

それでダメだったらまた考えたら良いのではないでしょうか?

あの人にもう会えないという絶望感

フェードアウトされたりで連絡先を絶たれてしまうと、あの人にもう会えないと寂しい気持ちになります。

やはり好きな人に会えないと言うとその絶望感ハンパない感じです。

確かに、好きな人に会えなくなってしまうのは悲しいものですが、無理に一緒にいられるのも嬉しくないですし微妙ですよね。

できれば、お互いに好きな状態でよりを戻せたらそれが1番いいけれど、離れてしまった心はどうすることもできません。

確かに、もう会えないという絶望感があるとなかなか前向きませんよね。

失恋としてはそのような感情にさいなまれても仕方がないです。

ですが、徐々に前を向けるようになっていたらいいなと思いますよね。

失恋を引きずってしまうのはよくないです

失恋をしたショックは一言では言え表せないものがあります。

確かに、何をする気にもなれませんし、落ち込んでしまいますよね。

ですが、できるだけ失恋を引きずるのは良くないので、なるべく早く立ち直れるばそれに越した事はありません。

失恋のショックで落ち込んでいる状態というのはあまり良い精神状態ではありません。

そうは言われても、悲しみを押さえて無理矢理明るく振る舞っても後からその悲しみがさらに襲ってくるという事はよくあることです。

ですので、当初は思いっきり泣くのも良いです。

人にぶつけるのではなければ、クッションでもいいので怒りをぶつけてみるのも良いです。

そのようにして徐々に心が元気になっていけば1番なのですが、人間の心はそう簡単ではないっていうのがありますよね。

では、失恋を引きずってしまうことによって考えられる事は一体どのような感じのことなのでしょうか?

心の傷が癒されない

くよくよしてしまう人であると少し難しいかもしれませんが、失恋のことをずっと考えていると、癒されるはずの心の傷もずっと癒されません。

失恋をしたのはあなたが悪いわけではありません。

仮に、浮気にあったり、あなたに原因があることでふられたとしても、今度はそのような過ちをしないように改めれば良いのです。

どんな理由で失恋したにせよ、自分を責めてしまうのは良くありません。

反省はしても後悔はしないでください。

多くの人がそれを経験しています。

確かに最短距離でうまくいければ1番良いのかもしれませんが、色々と失敗してしまうのが人間です。

中には、特にこちらもないのに失恋してしまうということもあります。

それは相手の心もあってこそなので、あなたに問題がなくても相手の心が離れてしまう事はあるのです。

ですので、その場合はくよくよと反省するのではなく、その人と相性が悪かっただけだと思って次に進めるような気持ちに切り替えていければいいですね。

仕事やプライベートにも影響を与える

やはり、精神的に落ち込んでいる状態というのは、普段の生活においても少なからず出てきます。

仕事やプライベートにおいても、仕事がなかなかうまくいかないっていうことがあったり、

プライベートもアクティブに動けていたのに引きこもりがちになるということもなきにしもあらずです。

仕事においては、なるべく支障が出ないような努力も必要です。

逆説的にそのような努力をすることによって、仕事中は嫌なことを忘れられるということもあり得ます。

プライベートに関しては、悲しい時は思いっきり泣いてもいいと思います。

心行くまで泣いたら、もしかしたら外に出て行く元気も出てくるかもしれません。

何も楽しくなくなってしまう

失恋でもそうですが、例えば仕事が辛すぎるようなことがあっても、何もかもが楽しくなくなってしまうことはよくあることです。

子育て中においても、育児ノイローゼで何もかもが楽しくなくなるという事はよく知られています。

多くの人が何か精神的に辛いことがあると、面白いと思って見ていたテレビも楽しくなくなってしまうことはよくあることなのです。

それは、それほどに精神的ダメージを受けているのです。

よく恋をすると「綺麗になれるように頑張る!」とか「仕事頑張れる!」ということがありますよね。

それほどに嬉しいことがあると、(このような言い方も変ですが少々自分に無理をしている状態です。

ですので、失恋によってその張り合いをなくしてしまうことにおいて、その頑張りがきかなくなるということで何をしても楽しくなくなってくるように感じられるようです。

ついには、鬱病に・・・

確かに失恋において、そのような精神的なショックというのはあるものです。

ただ、その時期があまりに長すぎると鬱病に発展することがあります。

うつ病などの精神的な病気になりやすい人は、とても真面目で、自分を追い込みやすい人です。

ですので、くよくよとしやすいのであれば、そうならないように注意をしましょう。

確かに、すぐに辛い思いがなくなるという事は難しいかもしれません。

だけど、徐々に立ち直ろうと言う前向きな気持ちさえあれば、徐々に気持ちも落ち着いてくるのではないでしょうか?