お金ってとっても大切ですよね♪

旅行にお買い物など使うことは簡単に使ってしまいますが、いざ貯めるとなると...

そんな金を上手に貯めることができたら素敵ですよね。

今回はお金を貯める19個の方法を分かりやすくご紹介します。

この方法をマスターしてしまえばいつの間にかお金は貯まっていますよ。

お金を貯める意識改革

当たり前なのですが、まずはお金を貯めようと思うことが必要です。

しかしこれが案外できていなかったりするんです。

貯めようと思わなければ貯まるお金も貯まりませんよ。

ではどのようにしてお金を貯めることを意識したら良いのでしょうか?

1.目標金額を設定しよう!

お金を貯めると言った漠然とした意識では「まぁいっか」とせっかく貯めたお金をすぐに使ってしまいます。

欲しいという物欲や衝動に負けてしまうんです。

この衝動に負けないようにするためには具体的に実際貯めようと思う金額を決めることです。

具体的な目標金額が分かっていれば計画的に貯めることもできます。

毎月貯める金額は1万円からでも1,000円からでも良いんです。

その毎月貯めると決めた金額が分かれば最終目標金額に達するのがいつになるのか計算できます。

そうすると、目標達成まで長すぎるや結構早く達成できそう、などと計画を考察することができます。

この考察で毎月貯めると決めた設定金額の変更も可能ですね。

ただ、ここで注意してほしいのは決して無理して貯めようとは思わないで下さい。

他の生活に支障が出てしまうような設定金額では続けることが困難となって貯めることじたいをやめてしまいます。

そんなことになってしまっては本末転倒です。

普段の生活に無理のない範囲で毎月の設定金額をきめましょう。

この方法を実践したらわかると思いますが、意外と簡単にできるなとびっくりしますよ。

お仕事の給料が入った時に最終目標のための口座を別で用意してそこへ最初に入れるなど別で貯めるようにして下さい。

この方法を実践した際に間違った方法をしてしまって最終目標金額に達しなかった人は多くいます。

具体的な例を挙げながら説明しますね。

結構な人がおちいりやすい間違った方法は毎月の設定した金額以上のお金を最終目標が貯めてあるところへ入れてしまうことです。

例えば毎月1万円貯めていこうと決めたとしますよね。

貯めていく内に中には今月は結構お金が余ったから余った分を最終目標を設定したところへ入れようと入れてしまうことなんです!

一見すると余ったお金なんだから最終目標に早く近づくから良い方法と思われがちですが、実は絶対にしてはいけない間違った方法なんです!

今迄の自分を思い返してみて下さい。

最終目標まで貯められなかった時この方法をしていませんでしたか?

なぜ、この余った分を入れてしまう方法がダメなのか分かりますか?

毎月決められた金額を入れることで最終目標金額を達成するまでどのぐらいかかるのか計画的に設定を最初にしましたよね。

その考察を重ねた計画を崩してしまうんです。

せっかく計画的に貯めることができていたのに余分なことをしてしまって計画性が無い貯め方になってしまったんですよ。

計画性が無くなったら、なぜダメなのかというと、この前の月に余分に余ったお金を入れたから少しぐらいなら最終目標として貯めていた所から使っても良いよね。

などといった感じで来月入れるから今月は入れなくて良いよねなど計画性が無くなって貯まるお金も貯まらなくなってしまい最終的には今まで貯めたお金も全て浪費してしまいます。

では、あまり使わなくなったりして余ってしまったお金は貯めないで使った方が良いのでしょうか?

使いたければ使っても良いですが、もしもの出費のために別で貯めることをおすすめします。

別でいざという時貯金など自由に出し入れしても良い貯めるところを別で作るんです!

ここに貯めたお金は自由に出し入れして大丈夫って安心感もできますよ。

最初に決めた計画を崩さないことを意識して貯めていればいつの間にか目標金額まで貯めることができますよ。

必要なことはたくさん貯めようとすることでは無くて決めた目標を計画的に実行することだったんです!

2.お金を貯めてしたいことを考えよう!

お金を貯めようと思った時には必ず理由がありますよね。

ただ、お金貯めようと思ってお金を貯めることを目標としてしまうとお金を貯めることの終わりが無いので目標を見失って貯めることをやめてしまいます。

達成感が無いので惰性になってしまうんです。

こうならないように、お金をなぜ貯めようと思ったのかを今一度よく考えてなぜそう思ったのか具体的に考えることです。

そうすることで貯めようと思った本当の理由が分かります。

貯めた、貯まった後にその貯めたお金ですることを目標にして頑張ることができます。

例えば、旅行へ行くでも良いですし、カバンが欲しいやスキルアップのための資金など具体的なビジョンを見つけることがお金を貯める方法です。

3.お金を使わない意識を持とう

お金を貯める方法として当たり前ですがお金をたくさん稼ぐ方法がありますよね。

たくさんお金を稼ぐことができれば今と同じ今と同じ生活をしていたら稼ぎが増えた分は全て貯めることができますよね。

しかし、中々稼ぐお金の量を増やすことはできませんよね。

そこで、稼ぐお金の金額を増やすのではなくお金が減っていくのを減らす方法を実践して下さい。

誰でも簡単にできる方法で、収入が変化しないのであれば支出を減らすことができれば支出が減った分は貯めることができるお金になります。

お金を使わなくすることでお金は貯まっていきます。

でも中々お金を使わなくするのは難しいですよね。

お金を使わなくするには取捨選択をして今の自分には本当に必要な物なのかということを意識するようにします。

お金を使わないようにすると考えてしまうと何だか貧乏臭くなってやる気が出ませんし

周りの目も気になってケチって思われてない?貧乏って思われてない?って心がやんでくる場合もあります。

かえってみえを張ろうと思って余分な物を買ってしまうことすらあります。

お金を使わなくするためにはお金を使わないようにすることを意識するのではなく、本当に自分に必要なものなのか必要でないものなのかを選択することだったんです。

あなたにもありませんか?あとでなんでこんな物を買ってしまったんだろうってこと...

これが、無駄な浪費なんです。

お金を使わないでおこうと意識してしまうと見栄やその場の衝動などに負けて今だけと買ってしまうんですね。

そうならないためにもお金を使わないのではなく今の自分に必要なのか必要でないのかを取捨選択することがお金を貯める正しい方法だったんです!

今まで意識していたことを少しだけ変えてみて下さい。

いつの間にかあなたの手元にはお金が貯まっていますよ。

4.定期預金に変更しよう

お金を貯めると決めた時に計画を立てることが重要なのが分かったと思います。

計画が決まったら普通預金に貯めるのはもったいないです。

計画ができているので定期預金をつくって毎月の決めた金額を定期預金で貯めて下さい。

普通預金よりも目標金額を達成した時の利率が高く少しだけお得に貯めることができます。

せっかく計画を立てることができたので定期預金を使わない手はないです。

5.家計簿をつけよう

お金を貯めるのには家計簿をつける方法はとても良い方法です。

家計簿をつけることによって自分がどれだけ使っていたか把握することができます。

1月に必要なお金の目安も分かって毎月の出費も比較することができます。

比較することによって今月は使いすぎたや今月はあんまりお金を使わなかったけど、なんでだろう?

ってお金を使わなかった理由や方法が意外なところにあったんだと見つけることができたりもします。

でも家計簿をつけるのは大変なんじゃないの?って思いますよね。

最近ではスマートフォンのアプリや簡単につけることのできる家計簿なんかもありますので自分に合った家計簿の付け方がきっと見つかるはずです。

家計簿をつければ毎月の基準が分かって計画的にお金を貯めることができるのでぜひ活用したい方法です。

6.お金を下ろす日を決めよう

最近では給料の手渡しは少なくなってきていて振り込みなどが多くなっています。

振り込まれた給料から貯めると決めた金額を貯める口座へ移して残りの給料から今月の分として

家計簿などで分かった使う金額を決まった日に1回だけと決めて下ろします。

その金額しか今月は使わない(使えない)と決めて生活すると案外いけちゃうんです。

決まった金額内でおさめようと計画的にお金を使うことができるんです。

それまでは足りないから下ろそうとその都度下ろしていると今月はいつの間にか使いすぎていた...ピンチってなります。

決まった日に決まった金額を下すことでその金額の範囲内でやりくりしようと計画性ができてお金を貯めることができます。

買い物上手になろう!

買い物上手になることもお金を貯めるにはとっても良いことです。

買い物上手とは一体どういうことだと思いますか?

先に記載した取捨選択も買い物上手の心得です。

本当に必要なものを選択することで不必要なものを無駄に買うことをしなくなります。

無駄遣いが無くなるんですね。

他にはわざわざ買わなくても済んでしまう物もあります。

買わない方法を選ぶことも買い物上手ですね。

買うものの価格や品質を見極めることも買い物上手です。

値段を選ぶことだけが買い物上手では無いんですよ。

本当の買い物上手を目指しましょう!

7.1番安いお店を探す

欲しいものの一番安いお店を探すことは買い物上手への第一歩です。

一番安いお店を探すのにはお金はかかりません。

たくさんのお店をまわる労力はかかりますがそれと同時に色々なものを見ることで物の良し悪などの品質や物の価格などの価値が分かるようになります。

一番安いお店を探す作業がいつの間にかより品質が良いものを見ることができる目利きの腕を上げることができているんです。

だた、安いものを探すだけでは似たような商品の廉価版を購入しているだけで費用対効果が低い商品を買ってしまっているのかもしれませんよ。

品質が低いという理由があっての安い商品を買ってしまってはすぐに壊れてしまったりして高品質の商品を買った方がかえって安い場合もあります。

購入しようとしているものが本当に品質と価格のバランスが取れているのか、同品質の商品で1番安い商品はどれなのかと見極められるようになることが重要です。

価格のみに着目をしてしまうと思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあるので注意して下さい。

価格だけではなく品質も一緒に考えて下さい。

安物買いの銭失いにならないようにしましょう!

8.無駄な買い物は我慢

無駄な買い物は我慢する事ですが、我慢というと少し苦痛に思えますよね。

苦痛と思ってしまうと長続きしません。

では、我慢ではなくどのように思ったらよいのでしょうか?

その買い物は自分にとって無駄なものなのか必要な物なのか見極めることを意識して下さい。

本当は欲しいんだけど無駄だから我慢我慢では嫌になってきますよね。

そうではなく本当は欲しいと思ったのならば、そこでもう一度よく考えてなぜ欲しいと思ったのかを考えることです。

もう一度よく考えて本当に欲しいものならば無駄なものでは無いですよね。

なんとなく欲しいや誰々が持っているから私も欲しいっていうあいまいな理由などは無駄な買い物ですよね。

自分自身が明確な欲しい理由があるのか何となく欲しい、衝動的に欲しい(可愛いから欲しい)など欲しくなった理由を考えて今本当に必要なのかを見極めることです。

我慢とは思わないで必要なものか無駄なものなのかの見極めと思って見極め上手になりましょう!

見極め術を繰り返していると自分が何となく欲しくなるものや衝動的に買ってしまいそうになるものが把握できてきます。

そうなると買い物時間も短縮できるようになって時間もお金も節約できるんです!

9.ついついコンビニに行かない

コンビニはとっても便利でどこに行ってもありますよね。

でも、コンビニは便利な反面スーパーなどに比べてしまうと価格的に少し高くなっています。

便利をお金で買っているんですね。

コンビニで買い物をするもののほとんどはスーパーやホームセンターなどで買うことができます。

少し面倒かもしれませんがその面倒な分、安く買うことができます。

どこに行ってもあるのでとっても便利で重宝しますが、スーパーなどが開いている時間であればコンビニを利用するのは控えてスーパーなどを利用するようにしましょう!

スーパーを利用することで思わぬ特売品や欲しかった商品に巡り合うかもしれませんよ!

とりあえずコンビニに寄るなどのついついコンビニから、とりあえずスーパーなどに寄るように行動パターンを変えてみましょう。

10.カフェはおうちで

買い物の途中やお仕事の合間のカフェタイム。

お洒落なカフェでの一時は日々の疲れを癒してくれる素敵な場所ですよね。

でも、多様していませんか?

カフェで過ごす時間はとっても大切な時間ですが家などでのカフェタイムと比べてしまうと価格的には大きな差があります。

この価格の大きな差がコーヒーなどの品質であったりその場の空間演出に対する対価なんですね。

確かにあの特別な空間で飲むコーヒーは格別ですよね。

お洒落な内装や可愛い内装、レトロで重厚な雰囲気などそれぞれに特色があって日々の疲れを癒してくれますよね。

でも、毎日は行く必要は無いですよね。

たまに行くからこそあの空間の素晴らしさが身も心も癒してくれるんです。

頻繁にカフェに行っていると慣れてしまって感動が無くなってきて癒せれることが無くなってきてしまいます。

ただ、コーヒーを飲みに行っているだけになってしまうんです。

ここまでくれば分かりますよね。

だったら高いお金を払って飲まなくても家などでコーヒーを飲んだらいいんですよね。

お洒落なカフェの10分の1又はそれ以下の値段で飲む事ができますよ。

最近では種類も豊富でコーヒー以外にも紅茶やたくさんの飲み物を選ぶ事ができます。

たまにカフェに行くからこそ癒されるんです!

カフェとお家のバランスをしっかりととって身も心も整えてお金も貯まる本当の活用方法を知って下さい。

このバランスが取れるようになればストレスフリーの毎日と共に浮いたお金も手に入れることができます。

11.本は図書館で

本を読むことはとってもステキで大切な事ですよね。

自分自身の知識にもなりますし、お洒落の参考にもなります。

他にも本の魅力はたくさんありますよね。

でも欲しい本を全て購入していてはお金も本を置く場所もたくさん必要になりますよね。

購入しなくても図書館を利用する方法がありますよ。

雑誌なども図書館には置いてあるので捨ててしまうような雑誌は図書館で読むのも良い方法ですよ。

図書館で読んだり借りたりすることで本を置くスペースを無駄に使うことが無くお部屋を広く使うこともできますよね。

図書館を利用することで本を買わなくて済むのでお金もかかりません。

図書館には無い本で読みたい本があればその本だけを購入すればお金もスペースも節約できるんです!

図書館で読んだ本や借りた本の中で自分で買ってでも欲しいと思った本は自分には有意義な本です。

図書館を利用することでコレが私にとっての本当に必要な本なんだと見極めができます。

本を買う時にも本屋さんで買うのも良いですがネット購入や電子書籍もおすすめです。

実際の紙の本よりも安く購入することができることが多いです。

中には90%OFFなんて電子書籍までありますよ。

図書館を利用することで様々な利得があったんです。

図書館を利用しない手はないと思いませんか?

賢く図書館を利用してお金とスペースを節約しましょう!

12.映画はレンタルで

映画を見る事は教養や流行りを抑えるには最適な手段ですよね。

しかし、わざわざ映画館で観なくてもしばらくしたらレンタルで見ることができますよね。

映画館で観るよりもレンタルで観た方がお金は節約できますよね。

しかも、映画館のように時間指定なども無く家などで好きな時間、好きな格好で好きなように見ることができますよね。

自由に誰に遠慮することなく観れるんですよ。

レンタルで観ることによってお金が安く済むだけではなく自由も手に入れられるんです。

しかし、映画館でもみたくなりますよね。

なんでなんでしょうか?

そこで理由を考えて下さい。

なぜ、その映画を映画館で観たいのかを...

明確な理由があって納得ができれば映画館で観る価値はあります。

ただ、観たいからや漠然とした理由で有れば少し待ってレンタルで観ても良いですよ。

例えば、デートで映画館を訪れてみる場合。

この場合は映画を観る目的以外にも相手との距離を縮める目的など複数の利得のある目的があるので映画館で映画を観た方が良いですね。

ただ、この場合、映画館ではなくてレンタル映画を家で2人で観る方法もまた良い方法ですよね。

しかし、家で2人きりでレンタル映画を観るまでになるには結構親密になっていないといけませんよね。

今の状況をよく理解して考えて映画館で観るべきなのかレンタルでも良いのかを見極めることが必要です。

お金の節約も大事ですが今の自分にはどっちなのかを考えることです。

見極めができるようになればお金以外にも自由な時間など色々なものを手にすることができますよ。

13.高額なものはオークションで

欲しいものの中で高額なものはオークションを利用する方法があります。

オークションを利用した方法はとっても良い節約方法ですが諸刃の剣でもあります。

諸刃の剣ってどういうことって思いますよね。

オークションは確かに安く手に入れることもできますが、

欲しい商品に複数の人が競り合ってしまうと負けるものかと通常購入するよりもかえって高額で買うことになってしまうことがあります。

これが諸刃の剣ということです。

感情に任せてオークションをしてしまうと逆に高くついてしまいます。

欲しい商品があってオークションで見つけた場合には通常購入したらこのぐらいの値段でと把握することが必要です。

把握できればオークションに参加した際の上限の価格を決めることができます。

ここで注意するのはオークションで落札する商品の多くは送料がかかることです。

商品代金以外のお金も計算して計画的にオークションに参加することが絶対に必要です。

一時の感情などで入札はしないで冷静に計画的にオークションに参加して安く手に入れましょう。

14.欲しいものは一旦考え直して

欲しいものがあっても衝動的に買い物はしないで下さい。

最初のファーストインスピレーションは確かに大事ですが、衝動買いをして後悔した経験がある人は特に衝動買いは注意して下さい。

本当にその商品は欲しいのか、欲しい理由は何なのか考えることです。

考えてどうしても欲しいものならば買った後も後悔することはほとんど無いので購入しても良いです。

考えても明確な理由が無い場合はなどは一度買わずに見送りましょう。

見送った後にも欲しければもう一度なぜ欲しいのか考えて下さい。

答えが見つかるはずです。

光熱費を節約!


光熱費の節約は毎月あることなので少しの節約でも年間にすると中々ばかにならないお金になります。

光熱費の節約にはいまの光熱費を把握することが必要です。

今現在どのぐらいの使用量でどのぐらいの料金が掛かっているのかを知れば減らす所が見えてきます。

無駄に支払っていたお金を見直しましょう。

15.電気代

電気代は毎月定期的に掛かる費用ですよね。

少しの節約をするだけで毎月節約した分を貯めることができます。

一月毎では少ない金額でも年間にすると結構な金額になりますよ。

例えば契約を一度見直すことです。

一つA(アンペア)を少なくするだけでも年間にするとそこそこな金額になります。

他には電気をこまめに消すことをよく聞きますが、電球の種類によってはスイッチのONの時に一番電力を使うものもあるので消してもすぐに点ける場合は点けっぱなしの方が安い場合もあります。

電球の種類(蛍光灯や白熱電球、LEDなど)を見極めて電球に合った方法で正しく節約しましょう。

パソコンも多くの人が使用していると思います。

パソコンもデスクトップやノートパソコンにタブレットと色々な種類がありますよね。

パソコンも種類によってこまめに電源を落とす(シャットダウン)するよりもスリープを賢く使った方が節約となる場合があります。

デスクトップパソコンの場合は2時間程度を目安に、2時間以内に電源をもう一度入れる場合はスリープを活用して

2時間以上電源を付けない場合はシャットダウンと賢く利用することで電気代を節約することができます。

せっかくついている機能を有効に活用して賢く節約しましょう。

簡単な電気代節約術は節電タップを使用する方法もあります。

コンセント毎にスイッチが付いているタイプならば使用するとき以外は不必要な待機電力を節約できます。

節約グッズも上手に活用して節電を心掛けましょう。

16.水道代

水道代も毎月かかる費用なので少しでも節約をすることで年間の節約額はそこそこな金額になります。

基本的には水を流しっぱなしにしないことを意識するだけで水道代は結構節約することができます。

例えば、歯磨きをする時に水を流しっぱなしにしないで使用したらすぐに水を止めることを意識することです。

他には食器を洗う際にも先に汚れや残飯などをスクレーパーなどでとってから洗うように意識したら少ない水で洗うことができます。

食器洗浄機を使用することも結構水を節約することができますので食器洗浄機を活用するのも良いですよ!

家事も簡単になって水道代も節約できるとってもお得な方法ですよ。

17.ガス代

ガス代も毎月かかる費用なのでできるだけ節約しましょう!

ガスコンロを使用する時間を短縮することを意識すると簡単にガス代を節約することができます。

例えば、電子レンジを上手に活用して下処理や下準備に電子レンジを使うことでガスコンロを使う時間を短縮することができます。

契約を見直して今よりお得なプランが無いか確認することも有効な節約方法です。

モノを売って稼ごう!


モノを売れば必然的にお金を貯めることができます。

しかし、モノなら何でも良いわけでは無いですよね。

大切なモノや自分には必要なモノを売ってしまうとまた欲しくなってしまったり、必要になってしまって、かえって高くつくなんてことも...

そうならないように大切なモノや必要なモノは売らないようにしましょう。

では何を売るのかというと自分には必要ないモノを売りましょう!

今ではオークションやリサイクルショップなど売る方法は沢山あります。

自分ではゴミと思っていたモノが思いもよらない高額なモノだったなんて掘り出し物もあるかもしれませんよ。

自分では必要ないモノを売るわけですので必然的に不必要なモノが無くなって片付いていきます。

必要ないモノを売るだけでお金も稼げてスペースも確保できちゃうんです。

断捨離も良いのですが捨ててしまうその前に一度オークションやリサイクルショップへ持っていくことで思わぬ収入を得ることができますよ。

18.モノを減らすと物欲もなくなる相乗効果が

モノを売ったりして減らすことで物欲が無くなってきます。

これは自分にとって必要なモノなのか、そうでないのかを選別できるようになるからです。

モノを減らすとお部屋も片付いて奇麗になります。

掃除もやりやすくなって時間も掛からなくなります。

モノを減らすだけで本当に必要なモノが分かって時間もお金も節約できるんです!

19.ブランド物

ブランド物は素敵ですよね。

持っているだけでウキウキしますよね。

しかし、そのブランド物は本当にあなたに必要なモノですか?

まわりの人がみんな持っているから持っているだけでは無いですか?

雑誌に載っていたから?流行っているから?そんな理由で持っているだけでは無いですか?

あなたの意志で本当に欲しくて買ったブランド物ならば有効活用できますが、あまり気に入っていないけど...

「流行りはおさえとかないと、流行にのらないと」って買っていませんか?

その無駄遣いを止めることができれば、あなたにとって本当に必要なモノが分かりますしブランド物のように高額な商品を買わなくなりますのでかなりの金額を節約できます。

ブランド物というネームバリューに騙されないで自分が欲しいと思ったモノを選べるようになりましょう!

明日から早速節約節約!

今からでも簡単にはじめられる方法ばかりなので自分で出来そうかなと思ったことからはじめて下さい。

注意することとして決して無理をしてはいけません。

無理をしては節約を楽しむことができません。

節約を楽しめなければ続けることができません。

更には無理して節約をしてしまうと貧乏臭くなってしまったりして心が病んできてしまいます。

まわりの人からもケチなどと思われてしまいます。

楽しんで節約をすることで周りから買い物上手やそんな方法があったの?って羨望の眼差しをえることができますよ。

まずは節約を楽しむことからはじめましょう!