倦怠期とはよく言いますが、恋愛関係でうまく行かなくなっておかしくなってしまうことは良くありませんか。

そう、気づいたら別れることになっていたなんてことも普通になってきています。

では、なぜそうなのかと言いますと、別れたいと思い始めた時に男性はそのような気持ちをサインと言う感じに出しているのです。

しかし、女性はなかなかそのサインに気づかないのです。

なぜなら、男性と女性は似ているようで全く違う生き物だからです。

また、サインを出している側の男性も実は無意識にサインを出している可能性があります。

外面は内面から作られると言いますが、要は、そのように考えているだけで、潜在意識はそのような場面を引き寄せてしまうのです。

つまり、別れたいと思い始めた時から、自然と男性はその気持ちを表に出しているのです。

そこで、今回は彼女と別れたいと思っている男性が出すサインをご紹介します。

ぜひ、参考にしまして最悪の結末だけは避けるようにしましょう。

最近彼の態度がなんだか変。何かあったのかな?

彼の態度が変になってきたのは、本当に最近なのでしょうか?

そう、実は最近でない可能性が大きいのです。

ずいぶん前からこのような吉兆はあったのかもしれませんが、気づくことができなかったのです。

なぜなら、付き合っている時はどこか心の隙が生まれてしまうのです。

そのために、安心しきってしまっている状態なのです。

そのために、彼の態度の変化に気づくことができない場合があります。

逆に、不倫や浮気などに関しては敏感なのです。

なぜなら、自分を低くされてしまったような感じになってしまうからです。

しかし、彼の自分に対する変化にはなかなか気づきにくいのです。

いつものように接しているから彼もいつもの彼になってしまっているのです。

そう、自分が作った色眼鏡でしか、彼が見えていないのです。

何かあったのかなと考えても遅いケースがあります。

実はそれ彼女と別れたい時に男性がだすサインなんです

何度も彼に変化が現れるのは、まさに別れたいと言うサインでもあるのです。

男は外見ではなく、態度で物申すと言いますが、簡単に態度に表われます。

しかし、いつもので接してしまっていたために、態度の変化に気づくことができないのです。

また、女性の場合、態度を変えたり、考えを変えたりするのはお手の物なので、相手が態度を変えることに関してはそんなに慎重に思えないのです。

しかし、時間が経過するたびにちょっとづつわかってくるのがこのパターンなのです。

また、男性も男性で無意識に出しているので、相手に気づかれているかどうかをそんなに気にしていません。

いざ別れたいのであれば、いつしか決断はしますが、なかなか決断できないのが今の男性なのです。

つまり、お互いに見過ごしてしまっているような状況です。

彼女と別れたい男性が出す17個のサインとは

それではここからはお待ちかねの彼女と別れたいと思っている男性が出すサインをご紹介します。

大きくピックアップして17個ありますので、しっかり覚えましょう。

いきなりすべてを覚えるのは難しいので、まずは身近なものから覚えていきましょう。

もしくは読んでいてビビット来たものから覚えていくのもありですよ。

まあ、17個もあるの?と驚かれた方は多くいらっしゃるかもしれませんが、それは、ただ単に今まで知らなかっただけなのです。

なぜなら、そんなに意識が言っていないからです。

しかし、ここで覚えることでそのようなサインにも敏感になれば、最悪の結末は免れることができるかもしれません。

別れる別れないは本人同士で決められばいいだけなのです。

ただ、サインを覚えておくことで結果はどうであれお互いに悲しまなくて済みますよ。

1.連絡が少なくなった


付き合いはじめた当初は頻繁に連絡していたのに、最近は昔ほど連絡を取らなくなってしまったと言うことがあるかもしれません。

これは危険信号と言ってもいいでしょう。

要は、彼があなたに対して興味や関心がなくなってしまっていると言うことです。

そのために、連絡をしてこないのです。

好きであるのであればどんなとりとめのない話でもできれば楽しいのです。

むしろ、中身がなくても会話ができればいいのです。

そんな関係だから頻繁に連絡することがあったのに、それがなくなったと言うことは、言うまでもありません。

そう言うことなのです。

メールの数が減った、電話の数が減ったなど、とにかく連絡の数が減ったと言うのがまざまざであるのであればそれは間違いなくサインです。

2.理由をつけて会うのを拒ばむ

なぜか、様々な理由をつけて合うことを拒むことが増えてきたと言うのであれば、危険ですよ。

会うことに対して抵抗を持ってしまっているのかもしれません。

なぜなら、付き合っていれば、会うことほどワクワクすることはございません。

むしろ、会わないと気が済まないと言った感じになっているはずなのに、それがわけのわからない理由で拒否されると言うことはそういうことなのです。

お互いに好きであるのであれば、拒否する理由はありませんよね。

つまり、そのような関係になってしまったと言うことです。

よく仕事を理由に会うのを拒むことが多いのですが、最初は仕事だから仕方がないかと思ってしまうのです。

それが良くないと言えば良くないのです。

そこからエスカレートしていくこと危険性が高いのです。

早めに気づくようにしましょう。

ドタキャンが増えたら要注意

特にひどいと言えるのがドタキャンです。

今日突然、急な仕事が入ったとか、どうしても外せない用事があって等、いろいろと言い訳はあるのですが、彼女とのデートや食事などをドタキャンするって普通なら有りえないですよね。

つまり、ドタキャンは行きたくない、もしくは会いたくないのサインなのです。

ドタキャンはよろしくありませんが、同時に、それぐらいしてもいいという風に思ってしまっている可能性があるのです。

普通に考えてドタキャンしたら怒られるし、最悪の場合、別れる原因になってしまうかもしれないと言うことが考えられるからです。

それでもしてしまうのですから、言わなくてもわかりますよね。

好きならドタキャンなんてできないのです。

仕事で会えない?それほんと?

仕事を理由に会えなくなってしまうのは良くある話ですが、本当かどうかまではわかりませんよね。

なぜなら、実際に仕事をしているかどうかはわからないからです。

おそらくほとんどこの手のパターンの場合、電話やメールなどで、仕事だと言うことを知らせて断ってくると思います。

主に人間の場合、電話やメールなどでも仕事を理由にされると仕方がないと思ってしまうのです。

つまり、確認しようがないのです。

また、現代だと残業などが当然のようになってしまっているので、仕事が理由でキャンセルされることに関しても何も違和感を持たないのです。

故に、断るには本当か嘘かは別に、最適な理由になってしまっているのです。

最近よく仕事を理由に断りを受けると言った場合は、注意が必要かもしれませんよ。

3. 触れなくなった

交流が少なくなったと言えば、もう自ずと答えを言っているようなものですが、要は愛情がなくなれば一緒にいたいと思えないのです。

つまり、一緒の空間にいても触れなくなったりするのです。

スキンシップの数だけ愛情の表しともいわれるほどで、数が減ってきているということは、それだけ愛情が薄れてきているのです。

また、話の話題に彼女のことを出さなくなっていると言うことでも十分に別れたいのサインを出していると言えます。

昔は、話していれば彼女の話題に触れたのに、今ではめっきりという感じは危ないですよ。

意識しているのであれば必ず触れたくなるのです。

それがないということは、意識さえもしていないと言うことになってしまうのかもしれません。

ことが済んだらすぐ帰ることが増えたら要注意

結局、一緒にいる時間も短くなってしまったり、また、すぐに帰ってしまうような場合は、危険信号が灯っています。

なぜなら、愛情があるのであれば一緒にいればいいのです。

帰る必要がないのです。

しかし、帰ってしまう!しかも、ことがすんだらさっさと!これはもう、答えが見えていますね。

そう言うことなのです。

愛情がないだけでなく、一緒にいたいとさえ思っていないのです。

しかし、このサインに女性はなかなか気づきづらいのです。

なぜなら、仕事で疲れているのかな?人間関係で疲れているのかな?など、自分以外のことが原因になっていると考えているからです。

つまり、このケースのサインは最悪の結末を迎えてしまう危険性が非常に高いのです。

そうなってしまってはもともこうもありません。

すぐに帰ってしまうようであれば、何かしらあるはずなのです。

ぜひ、アンテナを敏感にしましょう。

4.よく携帯を見るようになった


一緒にいるときでさえも携帯電話を覗くことが多くなったと言う人は要注意です。

別れたいと思っている可能性は非常に高いのです。

なぜなら、自分が好きな人もそうですが、自分にとって大切な人の前で携帯電話を見る行為ははっきり言えば、失礼な行為にあたるのです。

それを平気でしてしまうのですから、気持ちはそのような感じになってしまっていると言うことです。

また、普段から携帯電話を見ることがそんなに多くないのに見るようになったということは、あなたから気をそらしたいと言うことです。

しかし、それでもなかなか女性はその辺りに気づくのが難しいようです。

携帯電話を見ていても、仕事などの関係ではないかと思ってしまうのです。

もしくは、浮気相手でもいるの?という感じに見てしまうらしいです。

5.話を聞かなくなった

最近、自分の話を聞いているのかどうかわかっていない!むしろ、聞いていないのではないかと思われるような感じだと、別れたいと言っているサインです。

なぜなら、男性は自分にとって害のある人の話を聞こうとしないのです。

つまり、話を聞かなくなるということは、あなたに興味がないのか、もしくは、あなたのことを嫌いになってしまっているのかのどちらかです。

まあ、人間の場合、自分にとって尊敬できない人や利益にならない人の話は聞かないようなシステムができていると言えます。

例えると、満員電車に乗ると人間は視野を狭くしてしまうのです。

しかし、逆に自然が良い場所に行くと視野が広がるのです。

話しを聞く聞かないも同じような感じになっているのです。

つまり、聞かなくなっていると言うことは危険なのです。

気をつけましょう。

他のことを考えて上の空になりがち

一緒にいて話を聞かなくなっているのは、興味や関心がないだけでなく、他のことを考えている可能性があります。

要は、あなたとデートしていてもあなたのことを考えているのではなく、他のことを考えていると言うことです。

つまり、わかりますよね。

そう言うことなのです。

あなたに関心や興味がないだけでなく、意識すら言っていないのです。

そのために、会話が弾まなかったり、一緒にいても楽しく感じなくなってしまうのです。

また、彼は常に上の空のような感じになっているので、早くこの場を終わらせたい!もしくは、自分は関係ないという感じになってしまっているのです。

まあ、このような状態なら早く気づいてどうにかしないと最悪の結末になってしまう危険性が高いのです。

上の空を見上げさせずに、こちらを見て頂けるように努力しましょう。

6.もし〜だったらどうする?というような仮定の話が多くなった

デートや話をしていて何かを提案した時などに、「もし~だったらどうする?」もしくは「でも~になる可能性もあるよね」など、仮定の話をするようだと危険信号を出している状態です。

特に内容がネガティブな場合はかなり危険な信号が灯っていると言えます。

なぜなら、おそらくそれは無意識に起こしてしまっている可能性が高いからです。

まあ、別れたいからそのようなネガティブな事柄などで仮定の話をして最悪なことを思い起こさせようとしているのです。

本当に好きであるのであれば、「もし~だったらどうする?」などと言いません。

これを仕事などに例えると、あるプロジェクトを遂行するときに反対派が同じようなことを口にされるのです。

つまり、反対していると言うことです。

恋人同士でそれが起きてしまうと言うことはそういうことなのです。

7.顔文字がなくなる

彼氏からのメール文章に顔文字や絵文字がなくなることがありますでしょうか?

最近のメール文が文字だけで内容が淡々としていたら、それは別れたいと言うサインなのかもしれません。

なぜなら、それだけ適当な文章で返事をしても良いと言うような意識になってしまっているのです。

つまり、興味も関心もないと言うことのあらわれになってしまっているのです。

だいたいメールをしていて楽しい時は絵文字や顔文字をしっかり使いこなしてするから楽しいのであって、それがないということはそんなメールを打ちたくないと言っているようなものなのです。

一昔前に男性は絵文字や顔文字を使いこなすために、必死でメールの作成方法などを学びましたが、今ではそんなことしなくても簡単に絵文字や顔文字を使いこなすことができるようになったので、逆に、送ってくる男性の気持ちが如実にわかってしまう状況になってしまいましたね。

メール文が文字だけで淡々としていたら要注意してくださいね。