女性の社会進出や男性の草食化により晩婚化が進んでいる中、40代以上の婚活市場が盛んになっている事をご存知ですか?

20代30代は恋愛や趣味、仕事に邁進していたものの40代になってやはりこの先をパートナーと共に生きていきたいと思い婚活を始める人も少なくないのです。

しかし40代での婚活はかなり難易度が高いというのも現実です。

そんな40代女性の婚活事情をご紹介します。

中年の婚活が盛んになっている

女性は30代40代、男性は40代50代と男女それぞれ中年世代の婚活が今とても盛んになっているのをご存知でしょうか?

ひと昔前は女性は30代までに結婚、男性は30代から結婚なんて言われていましたが、晩婚化は確実に進み婚活をスタートする時期が大分遅くなっているのです。

生涯未婚率も急上昇中

50年の生涯の中で一度も結婚をしない人の割合を表す生涯未婚率は年々上昇し、2018年では男性が23.4%、女性は14.1%となっています。

男女共に結婚を自らの意思でしないという選択をした人も居ますが、結果的に「出来なかった」という人も多く存在します。

女性の社会進出が原因?


近年女性の社会進出が謳われ、女性でも重役のポストに昇進できるようになり能力のある人が正当な評価を受ける事ができるようになりました。

しかしその反面、女性は結婚や出産が出世の足枷となる事も少なくありません。

結婚し出産するとどうしても育児が母親メインとなってしまいます。

その為に時短勤務などに変更すると社会復帰は出来ても出世の道は確実に経たれてしまいます。

その為、結婚を望まず仕事に励んでいる内に婚期を失ってしまうケースが少なくないのです。

男性の低賃金化

結婚願望のある30代女性が、恋人である男性の低収入によって結婚に踏み切る事ができずに婚期を逃すケースも多く聞かれます。

30代男性の平均年収は400万から450万程と言われています。

ただしこれはあくまで平均で職種によっては300万台も少なくないのが現状です。

夫婦共働きであれば問題無いものの、貯金額の低さや妊娠出産育児中の収入の不安から結婚に踏み出せずにずるずると40代を迎えてしまう人も少なくありません。

40代は人生のターニングポイント

女性の平均寿命が87.14歳となっている事から、40代を人生のターニングポイントと捉える人も少なくありません。

これまで、自分1人の力で生きてきたものの段々と老化を感じこの先1人で生きて行く事に不安を覚えて結婚願望が高まる人が少なくないようです。

40代女性がターゲットにすべき男性像は?

これからの生き方を大きく変える事になる40代女性の婚活では、どんな男性を理想として婚活をするのが望ましいのでしょうか?

40代独身女性がターゲットにすべき男性像は以下のような条件を持つ人がおすすめです。

子どもを望むなら資産のある人を

40代独身女性が結婚して子どもを望む場合、不妊治療が必要となるケースも少なくありません。

自然妊娠できたとしても、子どもをしっかりと育てあげるにはお金が必要です。

特に年齢を重ねてからの出産となると、子どもの就学中に定年を迎えてしまうような事もあるかもしれません。

子育てにはお金がかかるものですが、高齢での出産を望むなら更にしっかりと資産の準備が必要です。

結婚相手にもそれなりの資産を持っている人を選ぶべきでしょう。

子どもを望まないなら収入は妥協してOK

夫婦の間に子どもを望まないのであれば、相手の収入においては妥協し人柄を重視して婚活するのが良いでしょう。

子どもがおらず夫婦2人とも正社員で定職があれば、それほど高収入でなくとも余裕のある暮らしをできるでしょう。

妥協できる所はしっかりと妥協する事も大切です。

自分が移住しなくても良い場所に住める相手

40代まで勤めあげてきた会社を結婚のためとは言え、今から退職するのはとても勿体ない事です。

更に夫婦の間に子どもを望まないのであれば尚の事退職せずに務め続けるべきでしょう。

老後の年金受給額も国民年金と厚生年金では金額が大きく変わってきます。

このまま定年まで勤めあげた方が、豊かな老後を過ごせる事は間違いありません。

自分も相手も通勤できる場所に住める相手を選ぶべきと言えます。

特に年老いた両親の介護の有無や家を継ぐ事で田舎に帰る予定があるか?など結婚してからも仕事をし続けられるかどうかをしっかりと確認しましょう。

バツイチ男性も有りかも

40代女性が婚活をする場合、相手の男性も同年代もしくは年上になる場合が少なくありません。

40代以上で初婚である男性は何らかの問題を抱えている場合も多くあるのです。

しっかりと結婚しなかった理由を探るべきでしょう。

その一方40代以上の婚活市場には離婚歴のある男性も多く存在します。

離婚の理由にもよりますが、一度結婚に失敗している人は失敗から学んだ経験を持っています。

離婚歴のある男性の方が理想に左右されない堅実な結婚生活を送れるという声もあるのです。

ただし、前妻との間の子どもの有無・養育費の有無・離婚理由などはしっかりと把握するべきと言えます。

同居希望の場合はしっかりと条件を提示する

どうしても同居が結婚の条件となってくる場合には、定年退職後でも良いのか?など譲歩できるギリギリの条件をしっかりと提示し、それを承諾してくれる相手を選ぶべきです。

結婚に焦って、自分のライフプランを見失う事だけは避けた方が良いでしょう。

同じ趣味の人

婚活が上手くいったとして40代で結婚すると、後20年もすれば定年を迎える事になります。

夫婦2人で老後を過ごす事を考えると、同じ趣味を持っているなど定年退職した後の時間を楽しく心穏やかに過ごせる相手と結婚できる事が40代女性の婚活をする上で重要になってきます。

人間性を好きになれる人や、同じ趣味を持って時間を共有できる人など、ずっと一緒にいて苦にならない人を選びましょう。

同じタイミングで定年退職できる人ならベスト

会社によって定年退職の年齢は異なります。

夫婦共働きでお互い正社員であれば、なるべく近いタイミングで定年退職を迎えられる人だと老後の過ごし方を考えやすいと言えます。

自分が先に定年退職した場合、自由気ままな専業主婦を数年した後そんな生活に慣れた頃に夫が定年退職してくると1人で自由に過ごす時間が恋しくなってしまいますし、夫が先に定年退職してしまうと「自分ばかり働いている」という気持ちになってモチベーションが下がってしまう事も少なくありません。

夫婦が近いタイミングで定年退職を迎えた方が、スムーズに老後の過ごし方に切り替えていける事でしょう。

40代が婚活をする時に必要な10個の心得


これから婚活を始める事を考えている40代女性はどんな事に気を付けて婚活をするべきなのでしょうか?

40代女性が婚活をする時に必要な10個の心得をご紹介していきます。

1.自分の立ち位置を知る

40代女性はこれまで自分1人の力で生きて来たというプライドも高く、若くもない事から婚活男性からは敬遠されがちなのが現実です。

そんな40代女性が婚活を成功させる為には、まず自分の立ち位置を第三者目線から冷静に分析して受け入れる事が必要なのです。

自分の立場や状況から知ろう

40代女性の中には「今まで自分の意思で結婚しなかった」という人も少なくないでしょう。

しかし、それが他人の目からもそう見えているとは限りません。

40代で華やかなキャリアや役職も無い人が「結婚しなかったのは自分の意思からです」と言っても負け犬の遠吠えだと捉えられてしまう事は仕方の無い事です。

まずは自分の立場や状況から、自分が相手にどう判断されるのかを知る事が大切なのです。

2.自分の性格を把握する

年と取るごとに自分とはどういう人間なのかが分かって来るものですが、その反面「自分がこういう人間だ」と思い込んでいる部分も出て来るものなのです。

婚活をする上で自分の性格をしっかりと把握している人程、相性の良い人を見つけやすいと言われています。

固定観念に捉われず、まっさらな状態から改めて自分の性格を的確に把握してみましょう。

自分の長所、短所を考えてみよう

自分の性格を把握するなら、長所と短所を考えてみるのが効果的です。

些細な事でも構わないので長所も短所もなるべくたくさん挙げられるとより性格が把握しやすくなります。

そしてそれらの長所と短所を他人に判断して貰えればよりしっかりと自分の性格を知る事ができます。

3.どういう相手を理想としているかを考える

妥協し始めると人はどこまでも妥協できてしまうものですし、その先には大きな後悔しか残りません。

逆にどこまでも妥協しないでいると結婚は遠のくばかりでしょう。

自分がどんな相手を理想として婚活をするのかを明確にしておく事が妥協して後悔しない結婚をするのに一番必要な事なのです。

何に妥協できて、何に妥協できないのか?最低条件は明確にしておく必要があります。

自分の好みや条件を考える

婚活の最終目的はもちろん「結婚」です。

しかし「結婚する」という事だけに重きを置いてしまうと相手にどんな人を選ぶのか迷走してしまいがちです。

まずは理想で構わないので、自分の好みや結婚相手に求める条件を考えていきいましょう。

40代ともなると、子どもを持つのかどうかや老後のプランに親の介護、マイホームを持つかどうか、何歳まで働くのか?など今後のライフプランをしっかりと見据えた条件をあげていく必要があります。

4.相手の理想と現実を考える

自分の好みや相手に求める条件を挙げたら、次はその理想が現実的なのかどうか?どの条件が妥協できて、どの条件が妥協できないのかを明確にしていきましょう。

40代ともなると正直な所よりどりみどりとは言えません。

特に男性は結婚して子どもを持つ事を考えると最低ラインを30代におく場合も多いのです。

妥協できる所はしっかりと妥協して、絶対に譲れない部分だけはブレないようにしましょう。

理想の相手が現実的かどうかを考えよう

理想を追い求めすぎれば婚活は必ず失敗します。

理想の相手が現実的に存在して、そしてその相手が自分を選んでくれるのかどうか冷静に考えてみましょう。

自分自身の容姿、ステータス、資産など全て踏まえた上で自分の理想の相手が自分を選んでくれるのか?自分を選んでくれるのはどんな人なのか?という事をよく考えてみましょう。

5.自分に自信を持つ

40代ともなると婚活をしていても「もしかしたらこのまま結婚できないかも」と気弱になってしまう事も少なくありません。

しかし自分に自信の無い人を好む人はあまり居ません。

自分にしっかりと自信を持って、アピールしていく事が40代女性の婚活にはとても重要なのです。

自信を持てる強みを

40代になった自分だからこそ、20代30代の女性には無い強みもある事でしょう。

そんな強みをアピールポイントとして婚活できるかどうかが40代女性が婚活で成功する大きなポイントであると言えます。

自分の魅力を十分に理解している人程、婚活で良い出逢いを見つける事ができます。

6.必死になり過ぎないように注意する

婚活をする際に絶対にしてはいけない事の1つに「必死になり過ぎる」という事があります。

必死になって婚活すればする程、良い条件の男性は遠のいていき悪い条件の男性が寄ってくるようになってしまうのです。

その結果、相手を見誤って結婚してしまうと大きく後悔してしまう事でしょう。

必死になり過ぎると視野が狭くなり人を見る目が鈍ってしまいます。

ある程度余裕を持って、しっかりと相手の人となりを判断しながら婚活を進めましょう。

結婚したい欲を出しすぎるのは逆効果!

どんな年齢でも「結婚したい」と強くアピールされてしまうと男性は重く感じて逃げていってしまうものです。

もちろん最終的に結婚はしたいけれども、まずはあなたという人間を知りたいし自分の事を知って欲しいという軽い感じで相手との距離を縮めていく事が大切なのです。

7.妥協できるところを考える

結婚に妥協はつきものです。

自分の理想ばかりを掲げてしまうと、いくら積極的に婚活をした所で成果は得られないでしょう。

理想の中から少しでも妥協できるという項目についてはどんどん妥協していきましょう。

本当に譲れないポイント以外はしっかりと妥協する事で出会いの数を増やしていく事ができます。

強いこだわりを捨てる

40代ともなると相手に対する強いこだわりが出てくるものです。

そんな強いこだわりこそ一度冷静になって見つめ直してみましょう。

「私は○○な人と結婚したい」と思っている人程、それが固定観念のように思考にこびりついてしまっているだけで本当に必要なのは全く違うものであるという事も少なくありません。

思い込みは出会いを減らしてしまいます。

あなたがこだわっている理想は本当にあなたに必要な要素なのかを今一度見極めましょう。

【妥協するべきこと、しない方がいいことは、こちらの記事もチェック!】

8.自分の価値を上げる努力をする

婚活は選び、選ばれるものです。

選ぶ事も大切ですが、それ以上に選ばれる努力をする事も大切なのです。

選ばれるためには自分の価値をあげる事です。

自分に価値があると思われればそれだけ自分を選んでくれる人が多く現れます。

40代と思われない自分作りをしよう

自分が40代である事は変えられない事実ですが、見た目に若く見せる事は可能です。

人の第一印象は見た目が8割を占めると言われています。

容姿が若々しく美しい事はメリットになれどデメリットになる事はないのです。

ヘアメイクやファッション、体型のコントロールなどで40代に見えない自分作りに取り組みましょう。

9.気遣いができる女性になる

中には敢えて40代の女性を選んで婚活をしている男性も居る事でしょう。

そんな人達が女性に求めるものは若い女性が持たない気遣いや上品さ知性などです。

人生経験豊富な40代女性だから持つものを上手に活かす事で婚活を優位に進めましょう。

気配り上手を目指そう

気配りのできる女性は男性に好まれやすいと言えます。

人生経験豊富でたくさんの人を見て来たからこそできる40代女性の気配りをアピールしましょう。

しっかりと気配りの出来る女性なら「何故こんなに素敵な人が今まで結婚してこなかったんだろう?」と思って貰える事でしょう。

逆に気配りが出来ないと「こんな人だから今まで結婚出来なかったんだろうな」と思われてしまうので注意が必要です。

10.理想の自分になろう

40代とは言え人生はまだまだ長いです。

婚活をしながらも、理想の自分になるための努力は惜しまないようにしたいものです。

結婚する事だけに固執して婚活だけに力を注いでしまうより、婚活を程々にしつつ理想の自分になる為の努力をしてる方が男性の目から見ても魅力的に映る事でしょう。

そうする事で婚活以外の場で思いもよらない出会いが結婚に繋がるかもしれません。

なりたい自分を目指して輝こう

正直な所40代女性の婚活成功率は左程高くありません。

婚活をしながらも「もしかしたらこのまま結婚出来ないかもしれない」という事を頭の片隅において同時進行で自分の理想とする独身生活を充実させる努力も続けるべきです。

40代を婚活だけに捧げてしまうと、それこそ結婚できなかった時に大変な事になってしまいます。

常に自分の理想とする自分を目指して輝いていられる日々を送りましょう。

40代女性が自分の価値をあげる方法

婚活は選び、選ばれる場です。

自分がどれだけ好みの相手と出会えたとしても、相手も自分を選んでくれなければ意味がありません。

40代女性は特に婚活で自分を選んで貰うため、自分の価値をあげる努力が必要なのです。

スキンケアに力を入れる

肌の衰えは見た目の年齢を大幅に上げてしまいます。

同じ40代でも30代に見える人と50代に見える人では若々しく美しい人の方が魅力的に映る事でしょう。

40代のスキンケアはある程度のお金をしっかりとかけて、自分の肌質にあったアンチエイジングタイプのスキンケアラインで丁寧にお手入れをして下さい。

スタイルの維持

女性の40代は、美意識の差が見た目に大きく出て来るものです。

お腹が出て来たり姿勢の悪さから背筋が丸まってしまう人も少なくありません。

適度な運動やエクササイズで美しい姿勢やプロポーションを維持する努力をしましょう。

資格を持つ

自分磨きの一環として資格取得を目指すのもおすすめです。

何らかの理由で仕事を辞めざるを得なくなった場合でも資格を持っていると再就職の可能性が高まりますし、常に自分を高めて自立している女性は魅力的に映るものです。

さらに40代の結婚は老後の健康面での心配も出て来る事から看護師や栄養士、介護士の資格や知識を持っている人が好まれる傾向も見られます。

品性や知性を高める

40代女性に求められるものは20代30代の女性とは違い、大人の品性や知性であると言えます。

毎朝新聞を読んで世の中の動きに目を向けたり、マナー教室で大人の振舞いを磨くのも良いでしょう。

芸術や音楽など感性を刺激するものに積極的に触れ品性や知性を高めましょう。

包容力を持つ事も大事

40代まで独身として生きて来たからこそ、しっかりと自立して他人を見る目を養ってこれた事でしょう。

後は、包み込むような包容力を持つ事が大切です。

結婚に過度な理想を抱かず、相手の希望を聞いてあげられる包容力を持つ事で相手はあなたと居る事で癒しを感じ「この人となら夫婦でやっていけそう」と思う事でしょう。

40代女性の婚活スポットとは?

合コンや友達からの紹介もめっきりなくなってしまう40代女性はどんな場所で婚活をしているのでしょうか?20代30代とはまた違う40代女性の婚活スポットをご紹介していきます。

婚活パーティ

企業が主催する婚活パーティに参加して婚活をする女性が圧倒的に多いと言えます。

しかし40代女性ともなると参加できる婚活パーティも限られており、参加料もそれなりに支払う事になるでしょう。

それでも、用意された場所で司会進行のいる中の方が男性と対話しやすいという人も少なくありません。

結婚紹介所

有料の結婚紹介所に登録して、膨大なデータべースの中から自分の希望する相手とマッチングして貰いお見合いする40代女性も少なくありません。

ただし、入会費や会費に多額の金額がかかる上、お金をかけても確実にマッチングできる訳ではないのでイチかバチかのかけでもあります。

ただし40代女性はしっかりとキャリアを積んで資産を有している人も多いので、身元のしっかりとした人と出会いたいという堅実な人は結婚紹介所を利用するようです。

お見合い

やはり40代ともなると親や親せきも心配してしまうものです。

そのため、親や親せきが縁談を持って来てお見合いをするというパターンもあるようです。

身元がしっかりとしていますが、好みじゃなかったり理想の条件に当てはまらない相手を紹介される事も多くあまりうまく事が運ばないのが現実です。

趣味の場

アクティブな4代女性に最も多い婚活スポットが趣味の場です。

ジムや料理教室、スポーツ場など趣味の場で同じ趣味の人と知り合い恋愛に発展する事があうようです。

明快で自分からアプローチできるタイプの人に多く、最も理想の相手と出会いやすい場であると言えるでしょう。

職場

40代女性は会社でもある程度出世したり勤務年数が長く頼りにされる事も少なくありません。

職場で「頼れるお姉さん」というポジションで後輩達の世話をやいている中で、年下部下と恋愛関係になる事もよくある話です。

普段はしっかりしているけれども、プライベートでは少し頼りなかったり守ってあげたいと思える年上上司に恋してしまう年下部下は少なくありません。

行きつけのお店

40代独身女性ともなると、1人の時間の過ごし方も上手くなってきているものです。

行きつけのレストランやバーで1人の時間を楽しむ事もあるでしょう。

そういった場所でもたまたま隣あった人と仲良くなったり、マスターを巻き込んでお店の常連客達と親しくなる中で恋愛したいと思える相手が見つかる事もあるそうです。

40代女性の最近の婚活事情はどうなってる!?

20代30代の婚活事情はよくメディアでも取り上げられていますが、ナイーブな面も多い40代女性の婚活事情はあまり公にされていないですよね。

果たして現代の40代女性を取り巻く婚活事情はどうなっているのでしょうか?

年齢を気にする時代になっている!

少子高齢化や晩婚化など結婚に関して年齢を気にする時代に突入しています。

特にお見合いパーティなどでは「○歳以下限定」など年齢ですでにふるいをかける事も珍しくありません。

40代の未婚女性はかなりの色眼鏡を通して見られてしまうと思っておいた方が良いでしょう。

子供を産む年齢などを気にする

基本的に女性が35歳以上で妊娠出産する場合、高齢出産に分類されて妊娠や出産におけるリスクが高まると言われています。

晩婚化していても結婚したら子どもを設けたいと思っている人は少なくありません。

40代女性ともなると体外受精や顕微授精などの不妊治療が必要不可欠な上、産まれてくる子どものダウン症や障害を持つリスクも高まります。

子どもを設けたいと思っている男女の間で40代という年齢は大きなネックとなり得るものだと言えます。

何か裏がありそうと思われてしまう

40代で未婚である場合、今まで結婚しなかった、もしくは結婚できなかった理由が何かあるにではないか?人間性に何か原因があるのではないか?など浦がありそうだと思われてしまう事も珍しくありません。

離婚歴があるなど、一度でも結婚歴があれば話は別ですが40代で初婚の場合、それなりの理由があると考える人が圧倒的に多いのです。

40代までに結婚できない理由を探られる

実際40代の結婚歴が全くない女性の中には仕事に熱中していた為であったり、大恋愛をした上で別れてしまった、何らかの理由で結婚に踏みきれなかった、全く出逢いがなく結婚出来なかったなど様々な理由があります。

ポジティブな理由にせよネガティブな理由にせよ相手の男性はその理由を知りたがるものです。

自分が相手の男性と真摯に付き合ってみたいと思うのなら理由を下手に隠したり誤魔化したりせずに伝えてみた方が自分という人間を理解して貰えるかもしれません。

40代バツイチ女性はモテる

意外にも離婚歴のある40代女性は同年代や年上の男性からモテやすい傾向にあります。

一度結婚歴があるという事で、結婚の良い面も悪い面も知っているという事から同じバツイチ男性から信頼を寄せられやすいようです。

特に離婚経験がある事から、結婚に対して過度な期待や理想も持たない事も男性としては気負わずに付き合っていきやすいと感じられるようです。

連れ子の成人を待ってから結婚

40代バツイチ女性は、まだ義務教育中の子どもがいる事も少なくありません。

婚活をしていて良い関係になった相手とも子どもの成人を待ってから結婚をしようと同棲や純粋に恋愛を楽しむ人も少なくありません。

不妊男性から人気

自分自身の不妊で子どもを持てない男性は40代バツイチ女性を選んで婚活する事もあるようです。

2人の間に子どもを設ける事ができないが、子どものいる夫婦関係を望むという点で連れ子のいるバツイチ女性を選ぶ人がいるそうです。

バツイチ40代女性からしても再婚相
手との間に子どもができると連れ子との格差が起きないか不安になるものです。

そんな不安の無い相手なので願ったり叶ったりな面もあるようですね。

40代女性を利用しようとしている男性に注意を

中には結婚に焦っている40代女性を食い物にしようとしている男性もいるので、結婚に焦り過ぎず相手の人柄やバックボーンをしっかりと把握する事を忘れてはいけません。

特に容姿が良い人や、条件の良い相手程浮かれてしまわずに相手の事をよく調べましょう。

浮かれて結婚に踏み切ってしまい痛い目を見ていると言う人も少なくないようです。

資産目当て

20代30代をキャリアに費やした40代女性はそれなりの社会的地位を持ち、蓄えや資産をしっかりと持っている人も少なくありません。

そんな40代女性の資産目当てで結婚を目論む若い男性もいるのです。

介護要員としての結婚

40代女性に特に子どもを望まず、年老いた両親との同居を条件に結婚を求めてくるような人には特に注意しましょう。

両親のお介護要員として40代女性を妻として迎え入れようとする男性も中には存在します。

お金に困らないかもしれませんが、赤の他人の介護や愛の無い結婚生活はとても辛いものになりかねません。

40代女性もまだまだこれから

簡単ではないとはいえ、40代女性の婚活市場はとても賑わっているのが現状です。

結婚をゴールとせず自分を高めながら生涯のパートナー探しをしてみましょう。

40代女性の魅力を発揮できるかどうかは、自分次第なのです。