携帯電話やスマホの普及により今どきの中高校生たちは生まれながらにして、

それらの機種が身近にあるのが当たり前の時代となりました。

そして、携帯電話やスマホにはメールやLINEという便利で簡単な意思伝達手段が備わっています。

これを利用すれば手軽に素早く正確に、相手に自分の意思を伝えられます。

本当に、こんな便利なものが世の中に出ているのですから、

従来までの意思伝達手段の主役だった手紙が廃れていくのもやむを得ないのかもわかりません。

しかし、依然として手紙を使用する機会がなくなることはありません。

それは、やはり手紙を書いて相手に郵送する際の書式や決まり事が今の時代になっても欠かすことのできない、重要な役割を持っているからでしょう。

タイトルにもありますように手紙における書式の代表例、

「前略」や「拝啓」「敬具」など、現代っ子が使ったこともない書き方を紹介していきたいと思います。

PCやスマホの普及でメールが主流になった現代

今は2017年。平成になってもう29年目です。

昭和の末期あたりに誕生したPCや携帯電話は、この30年余りの時間で超飛躍的な発展を遂げました。

PCやスマホさえあれば、ビジネスでも日常生活でも、ほとんどが事足る時代となっています。

相手に自分の要件や意思を伝える「手紙」という手段も格段に様変わりしました。

メールを使えばあっという間に相手に自分の要件を伝えらえますし、料金的にも切手を貼ったりする手紙に比べてはるかにお得です。

これでは、ほとんどの人が手紙をあまり利用しなくなるのも無理はありません。

しかし、ビジネス社会や一般家庭の冠婚葬祭に関しては、相変わらず手紙の役割は生き残っています。

特に日本古来より引き継がれた手紙の書き方については少しも退化していないのです。

手紙を書く機会が激減!

確かにPCやスマホの浸透により、手紙を書く機会は大幅に減ってきました。

スマホのボタン一つをクリックするだけで簡単に要件を送れます。

手紙のようにいちいち封筒と便せんと切手を用意する必要もありません。

ポストまで持っていく必要もありません。

手間も費用も大幅に削減されているのですから、万人が使うのも当たり前なのです。

ところが、格式を重んじなければならない場面での使用に関しては、手紙の書き方が求められます。

例えば、結婚式の招待状。

会社の創立記念日のパーティの案内状。

暑中見舞いや寒中見舞いのハガキ、などなど。

社会の中には正しい書き方に則った手紙の書式が必要とされている場面は無数に存在しているのです。

書き方を知らない・分からない人も多いはず

今の時代、果たしてどれくらいの人がきちんと正しく手紙を書く作法を理解しているでしょうか?

学校に行っていた時に教えられたかもしれない、という事は何となく覚えていても、

その後、手紙を書く機会などなかったために、すっかり忘れている人の方が多いのではないでしょうか?

手紙を用いる大きな要件は「お礼」「お詫び」「挨拶」「案内」などといった事案になります。

これらは人間生活上の正式なマナーであり、欠くことのできない常識となるからです。

手紙の書き方というのは、ある程度経験すれば別にどうってこともないことなのですが、

初めて、それも大事な人の元へ書くとなれば、かなりの緊張感を伴う事にもなるでしょう。

やはり、いざという時のために、最低限必要な書き方のルールは知っておいた方がよさそうですね。

覚えておくべし!使い方

やはり社会人となったなら、手紙の書き方はマスターしておくべきでしょう。

会社でのお得意先との慶弔事は重要な仕事の一環となります。

その時にルールに則った書き方もできていない手紙をお客様のところに送ってしまったりしたなら、とんだ恥さらしになってしまうでしょう。

会社のメンツ、丸つぶれになる恐れもあるでしょうね。

では、これから社会人が最低限、知っておいてほしい手紙を書く際のルールを見ていきたいと思います。

「前略」の使い方

それではまず「前略の使い方」からみていきましょう。

手紙の書き出しに使う頭文字

前略は手紙を書きだす一番最初に書く頭文字であり、

これを使えば、面倒な最初の書き出しの定型的な挨拶分や時効の挨拶などを省く効果があります。

そもそも手紙というものは、友人や親しい間柄の人に書く場合は、それほどルールに縛られる必要はないでしょう。

「前略」もそのような間柄の人に用いるべき頭文字なのです。

しかし、目上の人や特に敬意を払うべき人に書く頭文字としては使用してはいけません。

そこが、日本語のややこしいところであり、難しいところなのでしょうね。

前略は英語で例えたら「Dear frend~」といった意味合いの頭文字という意味合いだと思ってもらえたらいいでしょう。

季節の挨拶文を省略して本題を書き始める時に使う

「前略」は、季節の挨拶文を省略した頭文字です。

季節の挨拶分というのは、例えば

「新緑の候、皆さま方に至ってはいかがお過ごしでしょうか」や「新春の候、貴社ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」

といった、ちょっと格式ばった、古いイメージを与える書き出しの決まり文句のことです。

「拝啓」や「謹啓」で書き始めたならば、そのあとに必ずこれらの挨拶文言を続けなければなりません。

何故?という疑問はこの際、置いときましょう。

それが日本語であり暗黙の了解ということになっていますので。

とにかく、前略で始めたらいきなり本文から書きだしてOK,と解釈しておきましょう。

「拝啓」の使い方

では、次に「拝啓」の使い方です。

ビジネスの場でも親戚・縁者に出す場合でも、最も使用頻度の高い頭未字がこの「拝啓」でしょう。

本題の前に季節の挨拶文を入れる時に使う

先程もチラッとご紹介致しましたように「拝啓」を使用する場合は必ずそのあとに季節を表す挨拶言葉を続けます。

季節を表すのですから、当然ながら暑い時期時は暑さを象徴するような言葉を、寒い時期には寒さを表現するような言葉を用いなければなりません。

よく使われる言い方を紹介してみますと、

冬ならば、「厳寒の候」「新春の候」など。

春ならば「桜が咲きだし~」「陽春の候」など。

五月にならば、「薫風の候」「風さわやかな頃」。

真夏の頃には「猛暑の候」「盛夏の候」など。

秋になれば「紅葉の候」「霜降の候」など。

日本語には実にバリエーション豊かな四季を表す言葉があるというのを実感することができますね。

拝啓と使ったならば、必ずこれらの季節を表す挨拶文言から開始します。

理屈ではなく常識として用いるようにしましょう。

『謹んで申し上げます』という意味

「拝啓」という頭文字の意味は「謹んで申し上げます」という意味合いになります。

つまり相手に対して敬意を払い、尊敬と感謝の念を両方込めた意味合い、ということになるでしょう。

「従来通り、懇意にお願いいたします」といった具合で、今後も良好で仲の良い関係を築き続けたい関係でありたい相手に使用する言葉ですね。

勿論、相手を持ち上げている意味合いもありますから、常に丁重で丁寧な文章の手紙の内容になっていなければなりません。

決して友達言葉のような慇懃無礼な言葉遣いをされないようにお願いいたしますね。

「謹啓」の使い方

ではしばしば目につくこともある「謹啓」とはどういった使い方になるのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

最初に書く挨拶の言葉で「拝啓」よりも敬意が高い

謹啓も頭語です。

意味合いは「拝啓」と同様で、相手の方に対しての敬意や敬いの気持ちを表現しています。

では、拝啓との違いは何?と聞かれましたならば。

謹啓の方がより敬う気持ちが強い時に用いる、という感じになるでしょうか。

拝啓がお得意様の比較的、年齢の近い方に用いるとするならば、謹啓はそれより目上の人に対して用いる言葉です。

またはより重要度の高い人に用いる言葉ともいえるでしょう。

謹啓で手紙の書き出しを行ったなら、本文を含め、文章全体を統率の取れた同じ語調で閉めなければなりません。

そこが日本語の難しいところでもあり、奥行きを感じさせる部分でもあると言えるでしょうね。

「敬白」や「謹言」でしめる

手紙の決まり事として、頭文字を使った場合は対になる「結語」という終わりを表す言葉を使用しなければなりません。

例えば、「拝啓」で始まったら「敬具」で。

「前略」で始まったら「草々」で。

「謹啓」の場合は「「敬白」か「謹言」を用いなければなりません。

このルールが守られていない手紙を送ることは、正式なマナーに反しており、

相手に対する礼を逸した行為、となってこちら側の非礼を詫びなければならない事態になり得る可能性を秘めます。

それだけ「謹啓」には重い責任と格式が備わっているのです。

「手紙一つぐらいでたかが大げさな」なんていう発想しか出ないのであれば、あなたはビジネスマンとしてアマチュアクラスという事になりますね。

大切なお得意様をもてなし敬う気持ちを持っていない証拠と思われてしまいます。

そういった方はもう一度、一からビジネスマナーを勉強しなおしてくださいね。

「草々」の使い方

「草々」は「前略」で始めた文章の時のみ、使えます。

このルールをしっかり頭に入れておきましょう。