大人になることによって新しい楽しみのひとつとしてお酒を楽しむという選択肢が生まれるようになります。

お酒を飲むことによって日々のストレスを癒すことができますし、嫌なことを忘れることができるようになります。

浴びるようにお酒を飲んでしまうことはあまりおすすめはできませんが、お酒は適度な量であれば健康にも良いという効果が証明されています。

なので、上手にお酒と向き合うことで自分自身の健康だけではなく、ストレスなどもコントロールできるようになるので、非常に良い楽しみであるといえます。

一般的にはお酒は複数人で飲んだりすることが多いですが、最近ではいわゆるお一人様のように一人飲みを楽しんだりしている方も多く存在しています。

しかし中にはお一人様に挑戦したいと思っているのに、なかなか行動できないと感じている方も多いと思います。

何事も初めて挑戦する時は色々考えてしまうものであり、一人でお酒を飲むということもそれと同様です。

どういう風に楽しむばいいかも分からないし、どのようなお店が入りやすいお店のとかということも全く判別がつかない状態だと言えます。

そこで今回はお一人様でも楽しむことができるお酒の楽しみ方や、入りやすいお店の確認方法などについて詳しくご紹介していきたいと思います。

これを機に、あなたもお一人様デビューしてみませんか?

お酒が大好きな方や、時間に縛られずにお酒を楽しく飲みたいと思っている方は、参考にしてみてください。

一人飲みをしたことはありますか?

あなたはこれまでに一人でお酒を飲んだ経験がありますか?

よく考えてみるとなかなかこのような経験をしたことというのはあまりないと思います。

もちろん自宅であれば一人でお酒を飲んだりした経験があるという方は多いと思いますが、自宅外での経験を問われるとない方のほうが圧倒的に多いはずです。

しかし、最近ではお一人様と呼ばれる、一人で行うことなどがひとつの流行を築いているといえます。

例えば、お酒だけではなく、最近では焼き肉やカラオケなどもその傾向にありますので、お一人様専用のお店などもできるくらいに注目されています。

一般的には複数人で楽しみ様なものも、最近では一人で楽しみたいと思う人が増えており、消費者のニーズをくみ取っているといえます。

しかし、人によっては一人飲みとはどういうものなのか、よくわかっていない方も多いと思います。

そこで、まずは一人飲みとはどのようなことなのか、詳しくご紹介していきますので、一人飲みの意味を把握してみましょう。

▼【関連記事】ひとり飲みのメリットって?こちらの記事を先にチェック!
ひとり飲みの22個のメリット。あなたも一人飲みデビューしませんか?

一人飲みとは?

一人飲みとはどのような意味合いなのかというと、先ほどのお伝えしたように一人でお酒を飲むことを意味しています。

しかし、多くの方が勘違いしている点がありますので事前に正しい意味をご紹介しますと、ただ一人でお酒を飲んでいることが一人飲みというわけではありません。

例えば、自宅で一人でお酒を飲んでいるということが一人飲みというわけではないということです。

一見すると矛盾しているように感じるかもしれませんが、ここで重要なのが飲んでいる場所が大きく関わっているということです。

家で一人で飲んでいることを一人飲みというわけではなく、家以外の場所であるお店で飲んでいるかということが重要だということです。

つまり、家以外のどこかのお店で一人でお酒を楽しんでいることが一人飲みだということです。

先ほどもご紹介したように家で一人で飲んだ経験がある人は多いと思いますが、お店で一人で飲んでいる人はあまり多くは存在していませんよね。

どうしてもお酒はたくさんの人と一緒に飲んだりすることが多く、一人でお酒を味わったりするということは少ないからです。

しかし、少なくてもその需要は以前から存在しており、一人で飲める場所があればいいなと思っている人はとても多く存在していました。

そして、最近では一人飲みにハマる人が続出しており、たくさんの人が一人飲みについて関心を寄せるようになっています。

一人飲み初心者でも楽しめる5選!こんな楽しみ方がある?

一人でお酒を飲むことが、今たくさんの方に注目されているということをご紹介していきました。

お酒が好きな方や、あまり他人と過ごしたくないという方、自分の時間を楽しみたいと思う方など、一人飲みが好きな方には様々な理由が存在しています。

そして、これから一人飲みについてチャレンジしたいという方や、関心を寄せている方などはとても多いはずです。

そこで、ここからは一人飲みをする上での楽しみ方についてご紹介していきたいと思います。

一人飲みが気になっているけど、どうやって楽しめばいいのかわからない方はとても多いはずです。

また、一人飲みは本当に楽しいのだろうか?と感じている方も同様に数多く存在しているはずです。

これからご紹介する一人飲みの楽しみ方を理解すれば、きっと一人飲みにチャレンジしたくなること間違いなしなので、一人飲みに関心を寄せている方はチェックしてみましょう。

1.毎週違うお店に行ってみる


まずはじめにご紹介する一人飲みの楽しみ方のひとつとして「毎週違うお店に行ってみる」ということが挙げられます。

お酒が好きな方であれば誰しもがひとつくらいはお気に入りのお店があるはずですよね。

一人でお酒を楽しむようになれば自然と様々なお店に足を運ぶようになりますが、それと同時に様々なお店を楽しめるようにもなります。

毎回行くお店を変えることによって、さまざまなお店を経験できるだけではなく、そのお店ならではの良さなどを体験することができるようになります。

そうすることによって、さまざまな刺激を楽しめるだけではなく、毎回違う雰囲気を楽しめるようにもなります。

いつも同じお店に足を運ぶことも楽しいことですが、毎回違うお店に足を運ぶことでしか得られないメリットなどもたくさんあります。

一人でお酒を飲むことを始めればこのような楽しみを見出すことができるようにもなりますので、一人でお酒を楽しむ上での大きなメリットだといえます。

様々なお店を行ったりしてお気に入りを見つける

毎週違うお店に足を運ぶことによって、様々なお店を経験して自分のお気に入りのお店を探すことができるようになります。

人によってお店の好みなどが分かれると思いますが、たくさんのお店に足を運ぶことによって必ず自分のお気に入りのお店を見つけることができるようになります。

飲みに行く場所に困ったりすることもなくなりますし、はずれがないお店を見つければ、楽しい時間を得られるようにもなります。

また、なじみのお店になればお店のスタッフさんと仲良くなれる可能性もありますし、さまざまな良いことがあります。

一人でお酒を飲みにいかなければ、なかなか自分なりのお気に入りのお店を見つけることも難しいので、やはり一人飲みだからこその大きなメリットでもあります。

お気に入りの場所は友人を誘って!

自分のお気に入りのお店を見つけることができれば、さらに嬉しいのがそのお店に友達を誘って来店することができるようになります。

一人で飲むのも楽しいことですが、やはり友達と一緒にワイワイ騒ぎながらお酒を飲んだりすることも一つの楽しみだと言えます。

お気に入りのお店を見つけておけば、友達を誘う時にも困ることはありませんし、はずれの経験をさせてしまうこともありません。

また、様々なお店に足を運ぶことによってお店自体に詳しくなれば、友達にどんどんお店を紹介してあげたりすることもできるようになります。

美味しいお店をたくさん知っていれば自然と周りの人が頼りにしてくれるようになりますし、それがひとつの話題のきっかけにも繋がるようになります。

これまで話をしたことがないような人とも話をすることができるようになるかもしれませんし、異性と話をするきっかけになる可能性もあります。

極端な話かもしれませんがそれが恋愛に発展するきっかけにつながる可能性もあるので、付加的なメリットも非常に大きなものが存在すると言えます。

一人でお酒を飲むことによってこのような想像がつかないようなメリットを生み出す可能性もあるので、非常に素晴らしいことだと言えます。

2.カウンター席に座り話す


次にご紹介する一人飲みの楽しみ方のひとつとして「カウンター席に座り話す」ということが挙げられます。

一人でお酒を飲むのも楽しいですが、やはり誰かと会話をしながら飲みお酒も非常に魅力的だと言えます。

勘違いされやすいですが、一人でお酒を飲む=一人でずっと黙ってお酒を飲むというわけではありません。

どういうことかと言いますと、お酒が飲めるお店の中にはカウンター席が用意されてるお店も数多く存在しています。

複数人で来店する場合はテーブルを案内されますが、一人でお酒飲む場合はカウンター席に誘導されることもありますよね。

しかし、あえてカウンター席に座ることによって思わぬ出会いのチャンスを得ることができるようになります。

なぜならば、カウンター席に座ることによって様々な人と会話をするきっかけを得ることができるようになるからです。

なるべくカウンター席に座り隣の人と会話をする

カウンター席に座ることによってお店の雰囲気によってはお酒を作ってくれるお店の人と話をすることができるようになります。

特にバーなどに関してはこのような傾向が強く、一人でふらっとお店に来店してもカウンター席で店員さんが話かけてくれることも多いです。

そうすることによってお店の店員さんと仲良くなり、お店に一人で来店してもお店の人と楽しく会話をすることができるようになります。

また、カウンター席には自分だけではなくその他にも一人でお店に来店しているような人が座っていることも多いです。

そのような時には隣の人と話をするきっかけも当然ながらありますので、隣の人と会話をして仲良くなったりすることができるようになる可能性もあります。

気を遣ってくれる店員さんがいれば、一人で来店した人同士を結びつけて話をするきっかけを作ってくれる場合もあります。

いずれにしても様々な形で人と話をするきっかけを提供してくれるようになるので、一人で来店しても寂しい思いをすることはありません。

なので、バーなどでカウンター席が用意されてるお店があれば足を運んで見ると思わぬ形で一つの出会いを得ることができる可能性もあります。

場合によってはそこで男女の出会いがあったりする可能性もあるので、出会いを求めて一人でバーに足を運んで見るのもおすすめだと言えます。

一人飲みをしている人は結構多い!

カウンター席のあるお店に飲みに行ったことがない方は、あまりイメージがないかもしれませんが一人でお酒を飲んでいる人は意外と多く存在します。

なので、一人でお酒を飲みに行っても浮いた存在になってしまうということはあまりありません。

同じように一人で足を運んでいる人も多く存在しているため、同じような境遇の人と仲良くなったりすることなどは珍しいことではないということです。

友達がいなくて寂しいと思っている人や、出会いのきっかけがなくて恋愛に飢えている人なのは積極的に足を運んで見ることによって思わぬ出会いを見つけることができます。

また、そのような場所で出会ったりすることによって自分とは年齢や考え方が違うような人間と話をするきっかけが生まれるよりもなります。

することによって自分には存在していないような価値観を与えてくれるような人がいるかもしれませんし、非常に様々な刺激を受けることができるようにはなります。

それがきっかけで友人に発展したり、趣味を楽しんだりするような仲間を見つけたりすることは珍しいことではありません。

年齢や立場が違うからこそ、感じられるような刺激というものは存在しているので、一人飲みをしている人は自分だけではないということをぜひ覚えておいてください。

3.飲みたいものや食べたい物を頼む!

次にご紹介する一人飲みの楽しみ方のひとつとして「飲みたいものや食べたい物を頼む!」ということが挙げられます。

複数人でお酒を飲みに行ったりする時に我慢してしまいがちなのが注文する料理についてです。

本当は食べたいのに周りの人のことを気遣って注文しなかったりするようなことなどはありませんか?

例えば周りの人があまりお酒を飲まないので、お酒を飲む量を少しセーブしたり、注文したい料理をみんなで食べられるようなものにしていたりすることが多いです。

しかしながら一人でお酒を飲みに行くことによってこのような気遣いをすることは必要ありませんよね。

自分が飲みたいものや自分が食べたいと思ったものを気遣わずに注文したりすることは、一人でお酒を飲む上での大きな楽しみにもなります。

一週間に1回くらいは自分が食べたいと思ったものや、飲みたいと思ったものを自由に楽しめる時間を作ることで、幸せな時間を過ごすことができるようになるはずです。

これこそが一人飲みの大きな楽しみ方の一つであるといえます。

日頃の自分にご褒美を!

時には我慢することも重要ですが、それと同時に時には自分の感情のままに楽しんだりすることも大切だと言えます。

特に日本はストレスが多い社会でもありますので、どのようにして自分のストレスを発散するのかということがとても重要視されています。

ストレスを溜め込みすぎてしまうと仕事もプライベートも楽しいものではなくなってしまいますよね。

自分なりの息抜きの方法を見つけたり、楽しむ方法を見つけるということは快適な人生を過ごす上でも非常に大切なことです。

一人でお酒を飲み、自分の食べたいものが飲みたいものを楽しむということは非常に大きなストレス発散方法にもつながります。

そうすることで普段の時間とのメリハリをつけたり、ストレスをため込まないようにすることができます。

たくさんの人間とお酒を楽しんだりすることも良いですが、たまには周りに気を使わない時間を作るのも一つの楽しみ方だと言えます。

4.グルメ情報のサイトにコメントを書く!

次にご紹介する一人飲みの楽しみ方のひとつとして「グルメ情報のサイトにコメントを書く!」ということが挙げられます。

今ではインターネットの発達によって様々な利便性の高いサービスが存在しています。

その中の一つにグルメ情報などを記載しているサイトがありますが、これらの存在も一人飲みの楽しみ方のひとつとして考えることができます。

グルメ情報などを記載しているサイトにはそのお店に対するレビューを書くことができるスペースが存在しています。

お店を探す上でこれらのコメントが非常に重要視されており、実際の利用者がコメントを書くので、非常に信憑性が高い存在として考えられています。

一人でお酒を飲みに行く上で、これらのコメントなどを行うことも少し違った楽しみ方のひとつであると言えます。

一人飲みをしてコメントをしている人が多い

複数の人間で足を運んだ時にそのお店のレビューを書いたりする人も多いですが、その反対に一人でお酒を飲んだ時の感想をコメントしている人もとても多いです。

これらのサイトにコメントを残すことによってそのコメントを参考にしてそのお店に足を運ぶかどうか決めている方などは多く存在しています。

場合によっては自分のコメントを参考にしたと評価してくれる場合なども多くありますので、コメントを書くことが誰かの役に立つ可能性もあります。

様々なお店に足を運ぶことによって様々なコメントを行うことができ、よりたくさんの人のためにつながる可能性も十分考えられます。

実際にコメントした経験を持っている方にしかわからないかもしれませんが、様々なお店にコメントを残すことが一つの楽しみと考えている人も多いです。

一人で様々なお店に足を運ぶことによってこのような少し違った楽しみ方をすることもできるので、ぜひ足を運んだ際にはコメントも残すようにトライしてみてください。

5.気軽に梯子をすることも!

次にご紹介する一人飲みの楽しみ方のひとつとして「気軽に梯子をする」ということが挙げられます。

複数の人間でお酒を飲みに行った場合、お店を梯子したりすることができない可能性もありますよね。

例えばお酒が弱い人間がいたり、様々な事情があって家に帰らないといけないような人も時にはいます。

そのような場合には無理に次のお店に誘ったりすることもできませんが、一人でお酒を楽しむのであれば、気を使わなくてもよいはずです。

特にお酒が強くてお酒が大好きな人に関してはひとつのお店では満足できないようなこともよくあります。

そのような場合には一人でお酒を楽しむ方が周りに気を使わないで済むので、自分の気の済むのにお酒を楽しむことができるようになります。

これも一人でお酒を飲む上での楽しみ方であり、一人でお酒を飲むからこそ得ることができる大きなメリットだと言えます。

一人飲みの入りやすいお店の選び方とは?

ここまでは一人でお酒を飲む楽しみ方についてご紹介していきました。

ある程度一人飲みについての楽しみ方を理解いただけたところで、ここからは一人飲みのしやすいお店の選び方についてご紹介していきます。

一人でお酒を飲むことに対して慣れている方ならば話は別ですが、まだ一人でお酒を楽しむということを経験したことがない人は最初は不安な気持ちがあると思います。

特にどのようなお店が一人でお酒を飲むのに適しているのかというお店の選び方が非常に大きな悩みの場合も多いです。

しかし、一人でお酒を飲むのに適しているお店はちょっとしたコツを理解しておけばそこまで選ぶのは難しくありません。

しっかりとポイントを押さえておけば、一人でお酒を飲みやすいお店を見つけることが簡単なので、ぜひこの機会にお店選ぶのポイントを押さえておきましょう。

Barなどの落ち着いたお店は入りやすい

まずはじめにご紹介する一人飲みの入りやすいお店の選び方として「Barなどの落ち着いたお店」ということが挙げられます。

一人でお酒を飲む場所としてやはり非常におすすめなのがBarです。

Barは基本的に一人でお酒を飲むのに適している場所であり、一人でお酒を飲みに足を運んでいる人も非常に多く存在しています。

なぜかというと居酒屋などと比べてBarなどは比較的ゆったりとしている空間である場合が多いです。

ある程度落ち着いた空間ということはどちらかといえばただはしゃいだりするよりもゆっくりと相手の話をすることができるような場所である場合が多いからです。

また、わいわいがやがやしているお店と比べると、多少落ち着いてるお店の方が一人でお酒を飲むことをしやすい雰囲気があります。

なので結果的にBarなどの落ち着いた雰囲気を持っているお店は入りやすく、なおかつ一人でお酒を飲みやすい場所だと言えます。

規模が小さく人も少ないBarではマスターと話して盛り上がることも

Barに関しては、全てのお店がそうではありませんが大体のお店が規模が小さかったりすることも多いです。

特に個人で経営しているお店などに関しては比較的小規模なものが多いので、あまりガヤガヤしてるような雰囲気ではない場合が多いです。

一人でお酒を飲むお店を選ぶのに規模が小さいお店を選ぶのは非常に適しており、非常に大きなメリットを得ることができます。

例えば規模が小さいお店に関しては当然相手との距離感が狭まりやすいので、相手と話をすることができやすい空間だと言えます。

規模が大きいお店だと、相手との距離感も遠くなりやすいので会話をすることが難しい場合が多いです。

しかし規模が小さいと自然と周りの人との会話の中に入り込むことができるので、知らない人と話をすることもしやすくなります。

また規模が小さいお店に関してはお店の店員さんやお店のマスターと話をすることができる場合もあります。

常連さんになればなるほど相手と話をするきっかけを生まれやすくなりますので、意外なところで人脈を掲載することもできるようになります。

なので比較的規模が小さいBarなどは一人酒に適しているねらい目のお店だといえます。

一人飲み歓迎のお店に入る!

次にご紹介する一人飲みの入りやすいお店の選び方として「一人飲み歓迎のお店に入る!」ということが挙げられます。

どういうことかと言いますと、そのお店の看板や、そのお店のインターネットサイトなどを覗いた時に一人で飲むことを歓迎してるお店などがいくつか存在しています。

そのようなお店に関しては一人でお酒を飲む人を歓迎しているということになるので、一人酒を楽しむひとつの目印になり得るということになります。

一人でお酒を飲むことを楽しんでる方が非常に多く存在していますが、やはり誰もがある程度そのお店の空間など意識してお店を選んでいます。

一人でお酒を飲むことを歓迎してるお店に関しては、一人酒もしやすいお店なので、自然と一人でお酒を飲むことを楽しめる空間づくりを徹底している場合が多いです。

なので一人飲み歓迎を掲げているお店があれば、そのようなお店に狙いを定めることによってはずれのないお店選ぶができるようになります。

同じ目的の人が多いので周りを気にしなくて良い

一人飲み歓迎を掲げているお店に関しては一人でお酒を楽しむ人が多く来店する場合が多いです。

やはり誰しもがある程度周りの視線を気にしていたりすることも多いので、一人でお酒を飲みに来ることを歓迎している場所の方が一人飲みは多く集まります。

その結果一人でお酒を飲んでいる人が多いので、もしも自分が一人でお酒を飲みに行ったとしても浮いた存在になることはありません。

むしろ周りの人もそのような人が多かったりするので、他のお店と比べて居心地がよく感じたりすることもよくあります。

また時には一人でお酒を飲みに来ている人と話をしたりして仲良くなったりすることもありますので、別の楽しみ方を見出すこともできるようになります。

なので事前にそのお店が一人飲みが可能かどうか、お店自体がそれを歓迎しているのかどうかということをしっかりとチェックすることが重要だと言えます。

事前にネットで調べる!

次にご紹介する一人飲みの入りやすいお店の選び方として「事前にネットで調べる!」ということが挙げられます。

今の時代はそのお店の名前を検索すればそのお店の雰囲気などがすぐにわかるようになっています。

また、そのお店にどのような人が集まるのかということもある程度想像をすることができるようになります。

つまり、事前にインターネットでそのお店について調べておくことによって、はずれのお店を引く可能性を大きく減らすことができるようになります。

お店の外観だけをチェックしていても、お店の内装が想像と違ったりすることなどがよくありますよね。

なので、予めお店について調べてチェックしておく事によって自分のイメージとギャップを生み出すことがないようにすることができます。

そうすることによって一人でお酒を飲むのに適している空間がどうかということはあらかじめリサーチすることができるので、重要なお店の選び方の一つとして考えられます。

一人飲みをする人の心理とは?

ここまでは一人飲みするのに入りやすいお店の選び方をご紹介していきましたが、ここからは一人飲みをする人の心理についてご紹介します。

人によっては一人でお酒を楽しんだりすることの心理が全くわからないと感じてる人もいるはずです。

しかしながら一人でお酒を飲むことによって得ることができるメリットはたくさんありますし、一人飲みをしたい心理はある程度共通していることが多いです。

では、なぜ一人でお酒を飲むのか、なぜあえて一人でお酒を飲むことを選択するのかという心理をチェックしてみましょう。

仕事に疲れて一杯飲みたい

一人飲みをする人の心理としては、「仕事に疲れてお酒をとりあえず一杯飲みたい」と思っている人が多いからだと言えます。

どういうことかと言いますと、お酒が好きな人ならばじっくり飲まなくてもいっぱいくらいひっかけたいと思うようなことはよくあると思います。

しかしながら、誰かと一緒にお酒を飲むと一杯では終わらないということもありますし、そもそも週末じゃないので誘いにくいということもあるはずです。

そのような時にはとりあえず少しだけお酒を飲みたいので一人でお酒を飲みに行くというような心理が働く場合があるということです。

一人で行動することによって周りに無理に付き合ってもらう必要性もありませんし、自分が満足するラインでお酒を飲むことをやめることもできます。

しかしながら誰かと一緒にお酒を飲みに行くと歯止めがきかなくなったりする可能性もあるので、一人でお酒を飲むのが非常に都合が良い場合があるということです。

このような診療持っている人は一人でお酒を飲みに行ったりすることも多くなりますので、一人飲みをする人の心理だと言えます。

忙しいから手軽く飲みたい

一人飲みをする人の心理として、「忙しいから手軽く飲みたい」と思っている人も多いといえます。

人によっては時間に追われて、まとまった時間を捻出することができないという人も多く存在しています。

なかなか自分の周りの人間と時間を合わせて飲みに行くことができない人も多いので、どうしても誰かと一緒にお酒を楽しむこと自体ができないケースもあります。

しかしそのような時には一人でお酒を飲むことで手軽にお酒を楽しむことができるようになります。

無理に誰かに時間を合わせる必要性もないので、忙しい方でも上手な時間の使い方ができるようになりますよね。

なので、時間に追われる忙しい日々を過ごしている方には、忙しいから手軽く飲みたいという心理が働く場合もあるということです。

一人飲みをして楽しい時間を過ごしてみよう!

今回は一人飲みをテーマにして、一人飲みの楽しみ方やお店の選び方、一人飲みをする人の心理についてご紹介しました。

一人でお酒を飲むということは想像以上に楽しい時間になり得る可能性を持っています。

また自分が想像していないようなさまざまなメリットを得る可能性もありますので、非常に素晴らしいことだと言えます。

もしもお酒が好きで、もっと自由にお酒の時間と向き合いたいと思っているのであれば、これを機に一人でお酒を飲むことにチャレンジしてみませんか?

自分自身の行動力も上がりますし、思わぬところで人脈を形成できる可能性があるかもしれませんよ。