今の時代の昔の時代を比べてみると様々なものの変化があるといえます。

例えば、代表的なものを挙げるとすれば、スマートフォンなどが例として挙げられますよね。

スマートフォンが生まれたことによって、まるでパソコンを持ち運ぶことができているようになり、出先でも様々なことが行えるようになりました。

例えば、インターネットはもちろんですが動画を閲覧したり、高度な撮影を行ったり、投資を行ったりと、非常に利便性が高くなっているといえます。

しかし、スマートフォンは便利な生活を生み出してくれていると同時に、深刻な問題なども生み出すようになっていると見ることもできます。

例えば、スマートフォン依存症などもその一つであり、スマートフォンがないと安心できないと感じているような若者も増えていると考えられます。

また、コミュニケーションなどをうまく取れないと感じている人なども増えており、利便性だけではなく、様々な問題も指摘されていることが事実です。

そのほかにも、ゲーム依存症も該当しており、スマートフォンによるゲームアプリに依存してしまったり、それが病気の域にまで達している人が出ていることも指摘されています。

そこで、今回はゲーム依存症をテーマにして、ゲーム依存症の特徴ややめるためにはどうすればいいのかということをご紹介していきたいと思います。

もしもあなたがゲームが大好きであったり、身近にいる人がゲーム依存症になりかけているのであれば、ゲーム離れするにはどうすればいいのか考えるきっかけにしてみてください。

▼【関連記事】ゲームをだらだらしちゃう人はこちらを先にチェック!
ゲームだらだらしちゃう時の対策は?この10個の決め事でメリハリを! →

ゲーム依存症になるとどんなことに影響があるの?

これまでにゲームを経験したことがないという人はあまりないと思います。

今の時代ではテレビゲームを利用することも出来ますしスマートフォンでアプリを介してゲームを利用したりすることもよくあると思います。

短時間で手軽に遊んだりすることができる上に、最近のゲームは非常にやり込めるような内容になっているので、長い時間ゲームに没頭したりすることもあるはずです。

しかしながらゲームに依存しすぎてしまうと最終的にゲーム依存症という病気になってしまう可能性が生まれます。

ゲーム依存症になってしまうと様々な問題が発生してしまうだけでもなく時には取り返しがつかない出来事が生まれてしまう可能性も十分考えられます。

ではゲーム依存症とはどのような病気ありどのような問題が起きるのかということをこの機会に考えてみましょう。

深刻な社会問題

今やゲーム依存症は深刻な社会問題の一つとして考えられています。

ゲーム依存症とはどんな症状なのかと言うと、普段の生活が破綻するほどの持続的かつ反復的なゲームへののめり込みを意味しています。

もっと簡単な言葉でお伝えするとすれば、四六時中ゲームをしないと気が済まないような精神状態なってしまうことを意味してます。

あなたの周りにもう少しでも暇があればゲームをしたりして、ゲームをしていないと落ち着かないような様子の人はいませんか?

もしもそのような状態になってるのであれば、ゲーム依存症の一歩手前まで症状が進んでいる可能性が考えられます。

ただゲームが好きなだけじゃないのと思う方もいるかもしれませんが、依存症のレベルまで来てしまうと、時には考えられない行動に移る可能性も考えられます。

そのレベルまで症状が進んでしまうと他人に対して迷惑をかけてしまう可能性も十分生まれてしまったら危険な依存症の一つとして考えられているのです。

ゲーム依存症になることで起きる悪影響

ゲーム依存症になってしまうと場合によっては取り返しがつかないことが起きる可能性があるとお伝えしました。

しかしながらゲーム依存症になった経験がない方からしてみると、どのような影響が起こるのかよくわからないと感じている方も多いと思います。

そこでまずはゲーム依存症になってしまった場合に起きる可能性のある悪影響をいくつかご紹介していきたいと思います。

一般的な病気と比べるとゲーム依存症は深刻な病気ではないと捉えている方もいるかもしれませんが、それは誤解です。

ゲーム依存症は注意しておかないと、殺人までつながってしまう可能性もある深刻な病気です。

それを踏まえたうえで、どのような悪影響が起きる可能性があるのか、チェックしていきましょう。

1、攻撃的になる


まずはじめにご紹介するゲーム依存症になることで起きる悪影響の一つとして「攻撃的になる」ということが挙げられます。

なぜゲーム依存症になってしまうと攻撃的になってしまうのかと言うと、ゲームを行う中で、思うようにいかないことが起きる可能性があるからです。

ゲームを行っていれば自分の思った通りにいかないような出来事が起きたりすることがありますが、その時に強い精神的なストレスを感じるようになります。

その強いストレスを感じた時に感情の起伏が激しくなり結果的にイライラして気持ちが募ってくるようになります。

そうなってしまうと、イライラした気持ちを解消したい欲求が募り、自然と発言や行動などが暴力的になってしまいがちになります。

なので、ゲーム依存症になってしまうと小さなことに対してイライラしてしまうようになり結果的に暴力的になってしまうということになります。

実際にゲーム依存症になってしまった人が些細なことで暴力的なトラブルを起こしたりしたケースなどはよく散見されています。

ゲーム依存症になってしまうと攻撃的になってしまうという悪影響が起きると言えるので、注意が必要です。

2、視力が悪くなる

次にご紹介するゲーム依存症になることで起きる悪影響の一つとして「視力が悪くなる」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、携帯ゲーム機などを長時間利用することによって視力が低下してしまうということです。

ゲームなどを利用するときにはスマートフォンを介してアプリを利用したり携帯ゲーム機などを利用したりすることが多いと思います。

それ以外にもテレビゲームだとはテレビに接続してテレビに直接ゲームをプレイしたりするようになると思いますが、結局どちらも画面を見るということに変わりはありません。

液晶画面を見ていると自然と無意識のうちに画面に近づいてしまうという特徴があり、面白くなればなるほど画面に顔が近づくようになります。

その結果、次第に視力が低下していき最終的に目が見えないから画面に近づくようになります。

そうなってしまいますと自然と視力低下のサイクルの中に身を寄せてしまうことになり、最終的に視力低下を招いてしまうという結果につながります。

ゲーム依存症になると視力が低下してしまうという悪影響が発生するといえます。

3、精神病になりやすい


次にご紹介するゲーム依存症になることで起きる悪影響の一つとして「精神病になりやすい」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言わとそもそもゲーム依存症という症状自体がひとつの精神障害として考えられています。

ゲーム依存症になってしまうとゲームを中断したりするなどのゲームコントロールが効かなくなってしまい、日常生活よりもゲームを優先するようになります。

またゲームを遮断することによって強いストレスを感じたりマイナスな感情誘発でしまいますので、その延長線上に様々な問題行動をとってしまうようになります。

つまり、ゲーム依存症になってしまうと精神病が発症してしまい様々な悪影響を及ぼすようになるということになります。

これまでご紹介してきた悪影響などが誘発される可能性もありますので、ゲーム依存症は深刻な病気のひとつであるといえます。

4、社交能力の低下

次にご紹介するゲーム依存症になることで起きる悪影響の一つとして「社交能力の低下」ということが挙げられます。

なぜゲーム依存症になってしまうと社交能力が低下してしまうのかと言うと、そもそもゲーム依存症になると直接的な人との関わりがなくなってしまうからです。

どういうことかと言いますと、ゲーム依存症になってしまうとゲームばかり没頭してしまうようになるので人と会ったり会話をしたりすることが少なくなります。

もちろんオンラインゲームなどに関しては間接的に人と関わったりすることもあると思いますが、それでもやはり直接的ではないので社交能力は低下してしまいます。

そうなると現実的な世界で人と話をしたりすることやコミュニケーションを取ったりすることが少なくなるので社交能力が自然と低下してしまいます。

そして対人関係において様々な悩みなどを抱えがちになってしまい、現実的な世界の出来事が嫌になってゲームの世界にさらに没頭してしまう可能性も十分考えられます。

なのでゲーム依存症になってしまうと人との関わりの低下により社交能力が低下してしまう可能性があると考えることができます。

5、睡眠障害

次にご紹介するゲーム依存症になることで起きる悪影響の一つとして「睡眠障害」ということが挙げられます。

なぜゲーム依存症になってしまうと睡眠障害になるのかと言うと、ゲーム依存症になってしまうと睡眠よりもゲームを優先してしまうようになるからです。

実際にゲームに没頭した経験がある方ならばわかると思いますが、ゲームに没頭してしまうと少しでも時間を捻出してゲームをしたいという欲求に駆られてしまいます。

そうなってしまうと最も優先的に捻出される時間としては睡眠時間の制限が考えられます。

睡眠時間を制限することによって少しでもゲームをする時間を増やしてゲームをプレイしたりする人が圧倒的に多く存在しています。

しかしながら睡眠時間を減らすということは、睡眠障害を招いてしまう可能性もあり不眠症になったりそれに伴って精神的な疾患の発症にもつながります。

ゲーム依存症になってしまうと睡眠障害を引き起こしてしまう可能性があると考えることができます。

6、インターネットでの不正アクセストラブル

次にご紹介するゲーム依存症になることで起きる悪影響の一つとして「インターネットでの不正アクセストラブル」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと他人のアカウントに不正にアクセスしてそれがもとでトラブルを生み出してしまうということです。

どういうことかと言いますと、スマートフォンを介したゲームアプリなどに関しては自分のアカウントを作ってそのアカウントでゲームをプレイすることが多くあります。

しかしながらゲームをプレイしていくうちに少しでもゲームを有利に進めたいという感情に駆られて、様々なことに手を出してしまいたくなる精神状態になる場合があります。

その結果他人のアカウントに不正にアクセスして、他人のアイテムを奪ったりそのアイテムを転売したりしてお金を稼いだりする人が続出しています。

そして稼いだお金を使って自分のゲームのプレイの資金にしたりしている人などが数多く存在しています。

しかし、これは犯罪であり絶対にやってはいけないことだといえます。

それでもゲームに没頭しゲーム依存症になってしまうと正常な判断が効かなくなってしまいこのような行動を行ってしまいがちになることが危険性の一つとして考えられます。

なのでゲーム依存症になってしまうと正常な判断ができず不正アクセストラブルを起こす可能性があるといえます。

7、集中力が落ちる

次にご紹介するゲーム依存症になることで起きる悪影響の一つとして「集中力が落ちる」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、スマートフォンの画面をテレビの画面などを見ていると集中力が低下するということです。

なぜかと言いますと、ゲームをプレイしてると視覚だけではなく聴覚や触覚などの様々な感覚を使用するようになります。

これらを使用するとその環境に順応して新たな情報やコンテンツという刺激を求めるようになるのですが、これが集中力の低下を招いてしまう原因になります。

なぜかというと、様々なことに注意しなくてはいけないので、一つのことが浅くなってしまい、じっくり物事を理解するという深い集中力が失われてしまうのです。

その結果集中力だけではなく自分自身の理解力も浅くなってしまうので様々な問題が引き起こされる可能性があるということにつながります。

8、課金など金銭面でのトラブル

次にご紹介するゲーム依存症になることで起きる悪影響の一つとして「課金など金銭面でのトラブル」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、ゲームの中には課金して様々なアイテムをゲットしたりするような仕様になっているものも多く存在しています。

そのようなゲームに関しては様々な魅力的なアイテムなどが定期的に出されているので、ゲーム依存症の人からしてみるとどうしてもそれが欲しくなってしまいがちになります。

その結果、どのような手を使ってでもそのアイテムを手に入れたいという考え方になりやすく、様々な方法でお金を捻出しようとするようになります。

ゲーム依存症になってしまうと本来はやってはいけないような方法でお金を捻出したりするような人も生まれてしまいます。

その結果お金にまつわるトラブルが生じてしまいやすいと考えることができるので、ゲーム依存症は課金などの金銭面でのトラブルを誘発する可能性があると言えるのです。