気になる女性が自分のことをどう思っているのか、男性ならば誰もが気になりますよね。

女性は意中の男性と話す時には、発言や表情、仕草などで相手への好意が表れやすいものです。

そのため、気になる女性と接している時には、女性をよく観察すれば、女性がどの程度自分に好意があるのかを判断することができるでしょう。

会話中の発言や表情で分かる、女性の好きサインをご紹介します!

女性から告白するのはとても勇気がいること

女性は男性よりも、恋愛にシャイな人が多いです。

好きな人に話しかけるのも勇気が要りますし、好きな人の前では振舞いや仕草も大人しくなって、積極的に「好きアピール」ができなくなってしまいます。

好きな人とまともに接することができないくらいですので、女性から男性に告白するのはとても勇気が要るでしょう。

積極性のある女性であれば、目当ての男性に自分からアプローチを仕掛けていくこともできますが、自分の好きな女性がシャイなタイプの場合には、例え両想いでも女性から告白してきてくれることはほぼないでしょう。

そのため、シャイな女性の場合には、告白は男性からしていかなければならないでしょう。

男性に好きだと気付いてもらいたい女心

シャイな女性は、自分から意中の男性に告白することはできません。

けれども、自分が男性を好きだという気持ちには気付いてもらいたいという女心があります。

だからこそ、好きな人にはつい視線を向けることが多かったり、話している時に恥ずかしそうに振舞ったりします。

その一方で、恥ずかしさや気まずさから、自分の気持ちには気付いて欲しくはないという女性もいます。

特に好きな男性にすでに恋人がいたり、親しい友人関係を壊したくなかったりした時には、自分の気持ちを気付かれないようにしようとするでしょう。

けれども隠そうとすればするほど、好きな感情は表情や言動に表れてしまうことが多いです。

女心を上手く理解してあげられる男性であれば、そんな女性の気持ちを汲み取って、上手にアプローチをするなり、距離を置くなりできるでしょう。

けれどもそうでない男性の場合は、下手に女心を刺激してしまって、関係が悪くなってしまうこともありますので、相性や性格によってはトラブルになってしまうこともあります。

出来れば男性から告白をされたいと望んでいる

大半の女性は、男性の方から告白されたいと望んでいます。

自分から意中の男性にアプローチをするのは恥ずかしいですし、自分から告白をしてもしフラれてしまったら、と思ったら怖くて勇気を出すこともできません。

けれども、好きな人が他の女性と恋仲になってしまう方が嫌ですので、それとなく自分が好きだというアピールだけはしているという女性は多いです。

そんな女性の行動は、男性からすればあざとく感じられるかもしれませんが、それが自分も好きな女性であれば、何ともいじらしく感じられるものです。

もしも自分の目当ての女性からそれとなくアプローチを受けているのなら、それは女性からの「告白待ち」なのかもしれません。

好きアピール=告白待ちです

男性からの告白待ちをしている女性は、大抵意中の男性へと、自分の気持ちが伝わるように好きアピールをしています。

他の男性に対してよりも、話しかける頻度が多かったり、やけに笑顔で接してきたり、もの言いたげな視線を向けてきたりと、それとなく自分が相手のことを好きだと思っているのが分かるようなアピールをしてきます。

どんなに鈍い男性でも、自分に対する態度と他の男性に対する態度とが明らかに違っていれば、自分に少なからず好意を抱いていることに気付くでしょう。

女性からの好意に気付いた時に、自分も相手のことを少なからず思っているのなら、こちらからアプローチをすることで関係を進展させられるでしょう。

しかし、もしもアプローチしてきた相手に対して自分が好意を持っていないのなら、さりげなく距離を置くことで、相手に対してその期がないことを伝えましょう。

▼【関連記事】女性の脈あり行動も同時にチェック!
女性の脈あり行動24選一挙まとめ! →

女性の好きサイン5個!

女性から意中の男性へ向けて出される好きサインには、どのようなものがあるのでしょうか?

男性が気付けないようなささいなサインもあれば、あからさまに相手に伝わるような大胆なサインもあります。

女性のタイプによってどんなサインが出されるかは違いますので、女性の言動や発言、仕草などを注意深く観察することで、ある程度自分に好意があるのかないのかを探ることができるでしょう。

とはいえ、中には小悪魔のような女性もおり、特別な好意をもっていないのに、男性に思わせぶりなサインを出すこともありますので注意が必要です。

思わせぶりな女性に引っかかってしまうと、女性の出すサインに翻弄されて、うっかりその気になってしまうことがあるでしょう。

本気で女性が自分だけにアプローチしているのかどうかを、しっかりと見極めましょう。

女性が出す好きサインの一般的なものを以下に挙げていきます。

LINEだけではなく電話をしたがる


簡単なやり取りであれば、わざわざ電話で連絡するよりも、LINEで一言だけ送ればそれで済みます。

相手が自分にとってたいして興味のない相手や、ごく普通の知人や友人の関係であれば、用事がある時にはラインで連絡を取ろうとするでしょう。

しかし、異性として意識している相手や気がある相手の場合には、LINEのやり取りでは味気なく感じてしまったり、物足りなく感じてしまったりするでしょう。

一言だけLINEを送り合うのではなく、できれば直接声を聞いて話がしたいという気持ちがありますので、その場合は女性の方から電話をかけてくることがあります。

LINEで言えば済む話を、わざわざ電話で連絡してくる女性の場合、相手が自分に気があるか、もしくは普段から電話での連絡を好むかのどちらかです。

どっちかを見極めるには、普段から女性がどういう連絡手段を取っているかを確かめるのが効果的です。

他の人に対しても、LINEではなく電話をしている場合には、特別な意図はないでしょう。

しかしもしも、普段はLINE連絡なのに、自分に対してだけは電話で連絡を取ろうとしているのなら、それは相手からの好きサインかもしれません。

暇な日を聞いてくる

電話で連絡をしてきた時に、こちらの暇な日を聞いてくることがあれば、そこには何かしらの意図が隠されているのかもしれません。

少なくともどうでもいい相手には、わざわざ休日の確認をとることはしないでしょう。

こちらの暇な日を聞いてくるということは、暇な日に何かしらのアプローチをしてくる可能性があるということです。

例えば「映画のチケットが余っているから一緒に行かないか」や、「1人では入り辛いお店に付き合って欲しい」など、予定を一緒にしたい意図がある場合には暇な日を聞いてくることが多いでしょう。

普段から親しい友人関係の場合には、そこまで恋愛の意図はないかもしれません。

しかし他の人よりも少なからず好意を持っているからこそ、そうやって暇な日を聞いてくることがあります。

あのお店美味しいらしいよ、など誘ってほしいアピールをしてくる

もしも女性の方から、「あのお店美味しいらしいよ」や「あの映画すっごく面白いんだって」などの発言があれば、それはもしかしたら女性からの誘って欲しいアピールかもしれません。

実際に女性がすでに食事や映画を経験済みの場合には、「あそこ良かったから行ってみてよ」とシンプルにおすすめをしているだけの可能性があります。

けれどもそうではなく、女性がまだ行ったことのない場所で、かつそこを推すような発言をする場合には、ひょっとしたら男性の方から「じゃあ一緒に行く?」と誘ってもらえるのを待っているのかもしれません。

もし誘ってみて相手の反応が良ければ、それは脈アリのサインかもしれません。

一緒に2人でどこかへ行くということが、少なからず男女の仲を意識させることは相手も分かっているはずですので、その上で誘いに乗るのなら、相手も満更ではないでしょう。

特別扱いをする


特別な感情を抱く相手のことは、誰でも特別扱いをしてしまうものです。

本心が無自覚でも特別な扱いをしてしまうことはよくあります。

例えば会社でお茶を配る時に、他の男性には「どうぞ」と一言だけ言ってお茶をデスクに置くのに対し、意中の男性の時には「はい、どうぞ」や「お疲れ様です」など、優しい労いの言葉と共に笑顔でお茶を置くことがあります。

また、例えば仕事で伝言がある時に、他の男性には第三者からの伝言を頼むことが多いのに対し、意中の相手にはいつも自分から直接伝言を伝えて、ついでに仲良くおしゃべりを楽しんだりすることもあります。

女性は好きな男性に対しては、他の男性と接する時よりもどこか特別扱いをすることが多いです。

それが例え素っ気ないという意味の特別扱いだったとしても、他の男性たちとは違う態度を取っていることで、その男性だけが女性にとっては特別な存在であるというサインには変わりないでしょう。

他の男性に対してよりも優しい

女性によっては八方美人な性格をしている人もいます。

その手の女性は誰に対しても平等に優しいため、誰のことを特別に思っているのか一見分かりづらいこともあります。

しかし、よく観察していれば、皆に優しい中でもさらに特別に優しく接している男性がいることがあります。

他の人とは笑顔で最低限しか会話をしないのに、特定の男性とは時間が許す限りいつまでもおしゃべりに興じていたり、他の男性が怪我をした時には「お大事にしてくださいね」の一言で済ますところを、意中の男性に対しては詳しく症状を聞いたり、おすすめの病院を紹介したりと、特別に親身になることがあります。

不特定多数の男性に対する時よりも、特別に優しい態度を取っている男性がいれば、少なからずその男性は女性にとって大切な存在なのでしょう。

「◯◯君だけに」というニュアンスの言葉が多い

意中の相手に対して、少々大胆に好きサインを出す女性の場合、何かにつけて好きな男性には「◯◯君だけに特別だよ」という言い方をすることがあります。

例えば仕事で皆が残業をしている中で、「お疲れ様」という労いの言葉と共に、飲み物の差し入れを女性がしてくれたとします。

その際に、「◯◯君だけだから、他の人には内緒ね?」と囁いてくることがあれば、それは女性にとってその男性が少なからず特別な存在であるということでしょう。

もし女性の仕事を手伝ってあげて、そのお礼にということであれば、そこには恋愛としての意図はないかもしれません。

けれどもこちらが手助けしたわけでも何でもない時に、女性から「◯◯君だけだよ」と特別扱いをされることがあれば、ひょっとしたらそれは女性からの好きサインなのかもしれません。

しかし注意して欲しいのは、小悪魔タイプの女性は、比較的どんな男性にもそうした特別な言い方をすることがあるということです。

小悪魔タイプの女性は、できるだけたくさんの男性から好かれたい、気に入られたいという気持ちを持っています。

そのため、男性を誤解させたり、その気にさせたりする発言を意図的にすることがありますので、小悪魔タイプの女性には要注意が必要です。

自分だけが特別なのか、そうでないのかを見極めたければ、その女性が他の男性に対しても同じような言動をしているかを注意深く観察しましょう。

もし他の人にもしているのなら小悪魔タイプですし、そうでないのなら何か恋愛としての意図があって特別扱いをされているのかもしれません。

質問が多い

女性は意中の人や、自分が個人的に気になっている人に対しては自然と質問が多くなります。

どこに住んでいるのか、や、休日にはどんなことをしているのかなど、とくにプライベートに関することを積極的に質問してくることがよくあります。

例えば初対面の時には、何か自分と話が合うことはないかと探るために、相手の趣味や特技などを質問して、自分と共通点を探すことはあるでしょう。

けれどもある程度お互いの自己紹介を終えた後からも、休日の過ごし方や好きな映画など、具体的なことをやたらと聞いてくることが多ければ、少なくともその女性はこちらに対して一定以上の興味を持っているということでしょう。

女性によっては詮索好きの人もいますので、特別な好意はなくてもあれこれと質問をしてくる人もいます。

しかしそういう人は誰に対しても同じようにたくさん質問しますので、自分だけなのかそうでないのかの区別は付けやすいでしょう。

好きな事や物を聞いてくる

女性は気がある相手に対して、好きな事や物を聞くことが多いです。

好きな食べ物や映画、本やブランドから身に付けているファッションに至るまで、とにかく相手のことをよく知ろうとします。

そしてもし、自分が好きだと言ったブランド物を、数日後に質問してきた女性が身に付けているのなら、それは「私もあなたと同じものが好きなの」という好きアピールの可能性があります。

もちろんたまたま女性もいいと思ったものを買った場合もありますが、女性がそれとなく身に付けているブランド物をアピールしてきたり、「あなたとお揃いよ」と発言したりすることがあれば、かなりの確率で女性から好意を抱かれていると考えてもいいでしょう。

女性は好きな相手の好みを把握することで、その人とお揃いのものを持とうとしたり、何かの折にプレゼントしたりすることがよくあります。

だからこそ、好きな相手に対するリサーチは欠かさないでしょう。

自分が知らない相手のことを知りたがっている

男性でも女性でも、好きな相手のことはとにかく何でも知りたいと考えます。

自分が知らない好きな相手のことを、事細かに知ることで、少しでも相手に近づけたような気がして嬉しくなるからです。

もしくは、相手の好きな事や物を通して、相手と親しくなりたいという気持ちを持っているからかもしれません。

どちらにせよ、人が人を好きになった時に、相手のことをよく知りたいと思うのはごく自然の感情ですし、それによって相手にあれこれと質問をするのも普通のことでしょう。

距離が近い

積極性のある女性の場合、好きな男性には自然と距離が近くなります。

例えば目当ての男性と、複数人の女性とが同時に会話をしている時に、さりげなく好きな男性の隣をキープしようとする女性は多いです。

男性の直ぐ横で、できるだけ一対一の会話ができるようにと努める女性もいれば、シャイな女性の場合には、あえて男性から一番離れた場所で話を聞いていることもあります。

シャイな女性からの好意には、男性は気付きにくいものですが、よく観察していれば距離は遠いのにやたらと熱心に視線を向けてきたり、目が合うと恥ずかしそうに下を向いたりすることがありますので、そうした仕草から特別扱いされていることに気付くこともできるでしょう。

男性経験の少ない女性は、あえて好きな男性から離れようとすることがありますが、それなりの恋愛経験を積んでいる女性であれば、自分の好意に気付いてもらおうとして、男性と近い距離にいようとすることが多いです。

そして、男性と近いところで笑顔で会話をすることで、自分を好意的に思ってもらおうとアピールするでしょう。

ボディタッチが多い

積極性のある女性は、好きな男性に対してやたらとボディタッチをしかけます。

軽口を叩き合っている時に、さりげなく相手の肩をポンと叩いたり、肘で相手の身体をつついたりします。

それらは会話の流れで行うと自然に思えますが、そもそも女性は「自分が親しくなりたい」と思っている男性以外には、そうそう気軽にボディタッチをすることはありません。

そのため、恋愛感情の有無に関わらず、女性からボディタッチをされているという時点で、その女性からは少なからず好意を抱かれていると考えてもいいでしょう。

その上で、もし自分だけにやけにボディタッチをしてくるのなら、それは恋愛感情である可能性が高いです。

とはいえ、ボディタッチをしてくるからといって、それですぐに相手を恋愛の対象として意識するのはちょっと待ちましょう。

女性の中には小悪魔なタイプもいますので、すべての男性にちやほやされたいと考えている女性の場合は、特別に好意を抱いていない相手にも平気でボディタッチをしてくることがあります。

女性からのボディタッチが恋愛感情の表れなのかそうでないのかは、自分と他人との態度の差で冷静に判断しましょう。

頻繁に目が合う

女性でも男性でも、好きな人にはつい視線を向けてしまうものです。

女性も好きな男性のことは、気付けばつい目で追ってしまうことが多いです。

そのため、頻繁に目が合う女性がいたとして、その女性がもしも目が合った時に慌てて逸らしたり、恥ずかしそうにしたりすれば、それは脈アリのサインの可能性があるでしょう。

ただし目が合うことに関しては、しばしば勘違いもありますので、早とちりしないように気を付けましょう。

例えばあなたに好きな人がいれば、きっとあなたは普段から好きな女性のことを目で追ってしまっているでしょう。

あなたが女性を見ているから、それに気づいて女性もこちらを見ることによって、頻繁に目が合っているのかもしれません。

その場合女性がもし慌てて目を逸らしても、それは単なる気まずさからの可能性があります。

自分から視線を向けていたのに、それを「向こうがこっちを見てくる」と勘違いしないようにしましょう。

また、例えば意中の女性が、恋愛感情を抜きにして何かこちらに言いたいことがある時や、こちらのことで気になっていることがある時にも、頻繁に視線を向けてくることがあります。

つまりこっちを見てくる仕草には、恋愛感情以外にもさまざまな理由が考えられますので、目が合ったからといって直ぐに恋愛感情へと繋げるのは控えましょう。

出来れば目が合うことを望んでいる場合も

女性がやけに熱心に視線を向けてくる場合には、出来れば目が合うことを望んでいるかもしれません。

積極的な女性は、頻繁に視線を合わせることによって相手に自分の好意を気付いてもらおうとすることがあります。

自分が男性を見つめることで、暗黙の内に「あなたに気があります」とアピールしているのです。

そのため、こちらも相手に対して満更でもなければ、視線を合わせてあげることで女性は喜び、積極的に話しかけてくるようになるでしょう。

一方で自分にその気がない場合には、相手に勘違いをさせないためにも、視線に気づいても見つめ返さないようにしましょう。

熱心に視線を向けてくる女性の中には、目が合うとそれで関係が上手くいくと先走って、周りに自分たちのことを言い触らす可能性もあります。

その気がなければしっかりと自衛をして、要らぬ噂や誤解を避けましょう。

勘違いに要注意な女性の言動

男性にも軽い人がいるように、女性にも軽いタイプがいます。

恋愛に軽いタイプ、つまり小悪魔系の女性の場合には、男性を勘違いさせることを分かっていながらも、あえて相手に勘違いをさせるような言動を繰り返すことがよくあります。

例えば男性からプレゼントをもらったら、本気で相手を好きなわけでもないのに「ありがとう!◯◯くん大好き~」と言ったり、自分の家に簡単に泊めてあげながらも、男性がその気になったら「友達だから信用して泊めてあげたのに・・!」と被害者ぶったりして男性の気持ちを翻弄します。

恋愛経験がそれなりに豊富な女性の場合は、ほとんどが自覚した上で小悪魔のように振舞います。

一方で、恋愛経験があまりに少なく、男友達が多い女性の場合には、天然で男性を小悪魔的に翻弄することもあります。

そんな勘違いに要注意な女性に言動について以下に挙げていきます。

頻繁にLINEが来る

女性は男性以上におしゃべりで、寂しがりの生き物です。

一人きりでいる時には、寂しくなってつい誰でもいいからLINEを送ったり電話をしたりして、自分の寂しさを紛らわせようとすることがあります。

もしくは、やることがなくて暇になってしまった時に、単なる暇つぶしとして誰かに連絡をすることもあります。

それは男性でも女性でも、どちらでもいい場合が多いため、たまたま連絡を返してくれた男性と、何度もLINEやメールのやりとりをすることはよくあるでしょう。

男性からすれば、「どうして自分にわざわざ連絡を・・?」や「こんなに頻繁にLINEがくるなんて、もしかして自分に気があるのでは?」などと勘違いをしてしまっても仕方がないでしょう。

けれども女性は本当に単なる暇つぶしで連絡をしてくるだけのことがありますので、一度冷静になって、その女性が普段からそういうタイプなのかを共通の友人などに確認しましょう。

そこで「あの子はいつもそんな感じだよ」と言われれば、残念ながら女性からの脈はないでしょう。

目を見つめてくる

女性は比較的、男性よりも相手の目を見つめて話すことが得意です。

とくに嘘をつく時や誤魔化す時などには、男性は目をそらしてしまうことが多いですが、女性はそういう時ほど真っ直ぐに相手の目を見つめて堂々と嘘をつきます。

もちろん女性の全員がそうではありませんが、目を見ることに抵抗がない女性の場合は、他意はなくても相手の目を見つめて話すことはよくあります。

女性の場合、本気で好きな相手に対しては、意外と真っ直ぐに目を見つめることはできないことが多いです。

自分の好意に気付いてもらいたいと思っていても、いざ目が合うと恥ずかしくなって逸らしてしまうことが多いですし、好きな男性と話をしている時にも、直接目を見つめながら話すことができない人は多いです。

一方で何とも思っていない男性に対して、目を合わせることには抵抗がなかったり、平気だったりすることがよくあります。

そのためじっと見つめられたからといって、イコール好きというわけではないことを頭に入れておきましょう。

そうすれば勘違いを防ぐことができます。

目が合うと微笑む

女性と目が合った時に相手から微笑まれると、つい「自分に気があるのでは!?」と思ってしまう男性は多いです。

しかし、大抵の女性は目が合った気まずさを誤魔化すためや、単に挨拶として微笑んでいることが多く、そこには他意はありません。

女性は本気で好きな男性と目が合った時には、恥ずかしくて慌てて逸らしたり、下を向いたりすることが多いため、目が合って微笑むような余裕はとてもないでしょう。

目が合った時に微笑む女性の場合、相手のことを恋愛対象として見ていないからこそ微笑むことが出来るか、もしくは自分が男性からモテたいと思っているから愛想よく微笑んでいることがあります。

小悪魔タイプの女性は、目が合った男性に微笑みかけることで相手をその気にさせて楽しむこともありますので、うっかり翻弄されないように気を付けましょう。

甘えてくる

甘え上手な女性は、恋愛感情に関係なく男性に甘えるのがとても上手です。

適度に自分が楽をするために、男性に甘えて助けてもらうことも少なくはないでしょう。

例えば力仕事の場合、男性が気付かなければわざと「よいしょ、う~ん」などの掛け声を出して、自分が力仕事をしているとアピールをします。

するとそれに気づいた大抵の男性は、女性を助けようと手を貸すでしょう。

また、仕事内容が難しい時には、「あの、◯◯さん、忙しいところ申し訳ないんですが、助けてもらえませんか・・?」と控えめに男性にお願いをすることで、男性に断りにくい状況を作って助けてもらおうとします。

男性を利用するのが上手な女性の場合、男性の服の裾を控えめに掴んだり、上目遣いをしたりと、女の武器をこれでもかと活用しますので、男性も「自分を頼っている」とその気になって張り切る人は多いでしょう。

女性は楽ができて、男性も自尊心が満たされるのならばそれで良いですが、男性によってはそこから女性が自分に気があると勘違いをしてしまうこともあります。

そうなると女性にいいように利用されてしまうか、「そんなつもりはない」とフラれてショックを受けてしまうことになりますので、先走って勘違いをしないように気をつけましょう。

【脈アリだと勘違いしやすい態度は、こちらの記事もチェック!】

女性の好きサインを見逃すな!

女性の好きサインは、分かりやすい時もあれば複雑な時もあります。

目が合って恥ずかしそうにしたからといって、「あの子は自分に気がある」と思っていると、実は小悪魔タイプの女性に翻弄されていただけだった、なんてこともよくあります。

女性の好きサインを見逃さないようにするためには、自分にサインを送ってきた女性がどんなタイプなのかをよく見極めることが大切です。

もし好きサインを送ってきても、簡単にその気になるのではなく、女性が他の男性にも同じことをしているのか、それとも自分だけなのかを冷静に判断しましょう。

もし誰にでもやっているのなら、自分のこともその気にさせようとしているだけだと気持ちを落ち着かせることができます。

しかし、もし自分だけに好きサインを送っているのなら、様子を見ながらこちららもアプローチをしかけていってもいいかもしれません。

ひょっとしたらそのまま上手くいけるかもしれませんよ。