女性はある程度の年齢になると、周りから何かと結婚の話題を振られるようになります。

家族や親族、友人や会社の人たちといった、女性を取り巻くあらゆる人たちから結婚の話をされるため、まるで結婚をしなければならないかのように感じ、「結婚しなければ」と焦ってしまう人もいるでしょう。

けれども晩婚化が進む近年では、独身のままで生涯を過ごす女性も少なくはありません。

一昔前とは違い、今では結婚だけが女性の幸せではありませんので、独身なりの人生の楽しみ方というのもあるでしょう。

そんな未婚女性が人生を楽しむ方法や、独身でいることのメリットをご紹介します!

独身は楽しい!?

いい歳をしても一人身でいると、まるで寂しい人生を送っているかのように人から言われることがあります。

男性であればまだそこまで言われることはありませんが、女性の場合には「結婚できない=人生の負け組」とまで言われてしまうこともあります。

女性は結婚することで幸せになれると言われていた時代であれば、そんなふうに言われてしまっても仕方がないでしょう。

しかし現代では晩婚化が進み、また男女どちらも生涯を独身で過ごす人が増えています。

そのためこれまでの価値観を現代でも当てはめようとする人の考えは、すでに古いものでしょう。

現代では女性も男性と同じく、独身の人生を存分に謳歌しています。

結婚することでも幸せになれますが、独身であっても十分に幸せな人生を送ることはできますので、女性によっては結婚するより、生涯独身の人生を選択する人も増えています。

▼【関連記事】あなたはどう?独身女性によくある特徴はこちらの記事を先にチェック!
独身女性によくある特徴8選と、おすすめのライフプラン

未婚女性が人生を楽しむ8個の方法

未婚女性は既婚女性に比べると、時間もお金も比較的自由に使えます。

もちろん月々の必要な支払いはありますし、一人暮らしの場合には生活費はすべて自分で払わなければなりません。

しかし、その負担以上に好きなように時間を使うことができますし、無駄遣いをしなければある程度の貯金も可能でしょう。

せっかく自由気ままな一人身の生活ですので、存分に自分のためだけに時間もお金も使って人生を充実させましょう!

未婚女性がどんなふうに過ごすことで、大いに人生を充実させられるのでしょうか?

人生を楽しむ方法を以下にご紹介していきます。

独身の女友達を作る


自分と同じように独身の女友達がいると、時間を合わせて一緒に遊びに出かけたり、旅行に行ったりすることができます。

夫も子どももいなければ、お互いにある程度自由に時間を作ることができますので、その分時間やお金の制限に縛られることなく一緒に楽しく過ごすことができるでしょう。

どちらかが結婚していると、夫や子どもの世話をしたり家事をしたりと忙しく、なかなかプライベートの時間を作ることができないため、友達と一緒に遊びに出かけることができなくなってしまいます。

もちろん結婚していても、たまには自分の時間を作ることはできるでしょうが、家庭があるとそちらが気になってしまって、なかなか集中して友達との時間を楽しめないという人は多いです。

また、どんなに友人仲が良くても、未婚と既婚とでは生活環境が大きく違います。

そのため世間話でも価値観がずれてしまうことが多かったり、互いを羨んだりして友人との関係が悪くなってしまうこともありますので、できるだけ自分と同じ環境の友人を作るようにしましょう。

独身同士であれば、お互いにそこまで気を遣うこともなく、楽しく過ごせることが多いため、友人づき合いで人生を充実させることもできるでしょう。

自分磨きをする


自分磨きには時間もお金もかかります。

ストレッチやランニングなど、ジムに通わずに自分で筋トレをすればスタイルの維持ができますが、それには毎日筋トレの時間を確保しなければなりません。

また、ネイルや美容室、ファッションなどを磨くのならば、どんなに節約してもある程度の出費は覚悟しなければなりません。

それらの自分磨きにかける時間やお金は、結婚していると夫や周りの人から見た時に、「無駄使い」と思われてしまうこともあります。

理解ある夫であれば結婚してからも自分磨きができますが、生活に余裕がなければなかなか満足に自分磨きをすることはできないでしょう。

一方で独身の立場なら、自分で稼いだお金はすべて自分のために使うことができます。

どれだけジムに通っても洋服を買っても、誰にも気兼ねする必要はありませんし、自分で思う存分に自分磨きを楽しむことができるでしょう。

岩盤浴

岩盤浴は、エステに通えない人でもお手軽にできる自分磨きです。

岩盤浴をするためには必ず銭湯やスパなどに行かなければなりませんが、エステで何十万円と費用を支払うよりは、たったワンコインほどで自分磨きをすることができます。

岩盤浴では最初にお金さえ支払ってしまえば、一日中利用するのも、また銭湯や温泉と兼用するのも自由です。

好きなだけ時間を使って体の疲れをリフレッシュさせたり、デトックスさせたりできますので、心身共にすっきりして気持ちよくなりたい人にはおすすめです。

最近では大半の銭湯に岩盤浴のコーナーがついていますので、気軽に家の近くで岩盤浴を楽しむことができます。

料理教室

料理とは、何も花嫁修業をするためだけに必要なものではありません。

結婚する、しないに関わらず、ある程度料理が作れるようになっておけば、料理をすること自体が楽しいと思えるようになりますし、また毎回自炊で美味しいご飯を食べられるようになります。

独身であれば時間もお金も自由に使えますので、仕事帰りや休日に料理教室に通って料理の腕を磨くのもいいでしょう。

料理ができるようになっておけば、ふとした時にその知識や技術が役に立つかもしれません。

また、今は結婚する気がなくても、今後もし結婚することになった場合に、最初から料理ができると安心して毎日の献立を考えることができるでしょう。

自分の楽しみのためや、今後の万一の保険のためにも料理教室に通っておくといいかもしれませんね。

行きつけのBARを見つける

結婚すると間違いなく自由にできなくなることの一つに、BARやクラブで飲み歩くことが挙げられます。

既婚者の場合は、自分の家庭がありますので毎晩のようにふらふらと飲み歩くことはできません。

また、時々飲みに行くことは許してもらえても、不倫などの要らぬ疑いをかけられてしまうかもしれません。

子どもがいたり義両親と同居したりしている場合には、まずBARに飲みに行くなんてことは簡単には許してもらえないでしょう。

しかし独身であれば、誰にも気兼ねすることなく好きにあちこちに飲みに行けます。

おしゃれをしてBARに一人で飲みに行き、店で出会った男性といい雰囲気になったっていいでしょうし、年上のおじさまに一杯奢ってもらったっていいでしょう。

また、行きつけのBARを見つけておくと、そこで疲れた時にはマスターに愚痴を零しながらのんびりとした時間を過ごすこともできます。

お酒は適度に飲むことで、日頃のストレスを発散させることができますので、お酒が好きな人はいくつか行きつけのBARを見つけておくといいでしょう。

飲み友達を作る

BARは大抵、どこもおしゃれな雰囲気のつくりになっています。

一人酒が好きな人は、カウンターでゆっくりとお酒を楽しむのもいいですが、せっかく行きつけのお店を見つけたなら、そこで飲み友達を作るといいでしょう。

お酒を飲んで適度に酔っぱらっている状態の時には、人は思考が柔らかくなりやすいため、初対面の人ともお酒を通して仲良くなりやすいです。

絡み酒や暴れるような人は論外ですが、楽しくおしゃべりができる相手であれば、お店で仲良くなって飲み友達の関係になっておくと、寂しい時には一人酒をすることなく、付き合ってくれる友達を確保できるでしょう。

趣味に没頭する

何かしらの趣味がある人は、独身の内に没頭しておいた方がいいでしょう。

一人身の時には好きな時に気兼ねなくできていたことも、結婚すると一気にそれができなくなってしまうことは多いです。

例えば独身の頃には毎週のように遊びに出かけることも、買い物をすることも自由です。

プラモデルや絵の創作をして、一日中時間を使っても誰も咎める人はいませんし、欲しいものがあれば誰に相談するでもなく好きに購入もできるでしょう。

けれどもそれらの自由は、結婚すると家計や家事などに制限されてしまいますし、また最悪の場合まったく趣味が楽しめなくなってしまうこともあります。

いざ結婚してから、あまりの時間とお金のなさに嘆く人も少なくはないでしょう。

自由に時間もお金も使える時にはなかなか実感できないかもしれませんが、一人身だからこそ趣味に没頭するという自由を味わえています。

それを頭に入れて、今の内に好きなだけ趣味に没頭しておきましょう。

【新たな趣味を探したいなら、こちらの記事もチェック!】

ドキドキする恋愛をする

結婚をしない内は、誰と恋愛をするのも自由です。

一晩だけの甘い時間を楽しむのも、特定の恋人を作ってドキドキする恋愛を楽しむも、一人身の時だけの特権です。

世の中には浮気や不倫といった不貞の話もよく聞きますが、それらはどんなに自分を正当化しようとも、自分の不貞によってパートナーの心を傷つけているということには変わりありません。

しかし一人身なら、自分が誰と恋愛を楽しんでも、それによって傷つけてしまう相手はいませんので、罪悪感もなく、また加害者になることもなく思う存分に恋愛を楽しむことができます。

結婚してしまうと恋愛のドキドキはなくなり、家族としての安心感を得られるようになりますが、そうなると独身時代のようなドキドキは味わえなくなってしまいますので、一人身の時にはたくさん恋愛をして充実した時間を過ごしましょう。

合コンに行く

結婚してからでは合コンに行くことはできませんので、独身の内に合コンも楽しんでおくといいでしょう。

合コンとはいっても、参加したら必ず相手と恋愛関係にならなければならないということはありません。

めぼしい相手がいなければ、その場は食事と会話だけ楽しんでもいいですし、付き合うまではいかなくても、浅く広い関係の男友達を作ることもできるでしょう。

また、もし「これだ!」と思える相手がいれば、その時には恋愛のドキドキを楽しめばいいですし、気軽に恋愛相手を選べるのも独身女性の特権でしょう。

特定の相手さえいなければ、何度合コンに参加してもいいですし、合コン相手を変えることで毎回新鮮な気持ちで出会いを楽しむことができます。

仕事に打ち込む

女性の中には、仕事を自分の生きがいにしている人もいます。

仕事が楽しくて、働いている時間は充実感を得られるという人もいるでしょう。

そういう女性の場合は、独身であれば何も邪魔するものはありませんので、好きなだけ仕事に打ち込むことができます。

積極的に働いて、時には残業もして、会社でも男性顔負けに昇進していくことも可能です。

結婚しているとどうしても家事や育児があるため、ある程度のところで仕事を切り上げなければなりませんし、家庭環境によっては今の仕事を辞めざるを得ないこともあるでしょう。

正社員としてバリバリに働くことで充実感を得ていた女性の場合、結婚してパートになったり、または専業主婦になったりすることで、充実感や生きがいがなくなってしまい、精神的に落ち込んでしまうことがあります。

結婚したことをきっかけにして、自分の生きがいを仕事から家庭へと切り替えることができる人は問題ありません。

ですが、働くことでしか充実感を得られないという女性にとっては、それがなくなることでかなりのストレスになってしまうこともあるでしょう。

旅行をする

旅行は時間もお金もかかりますので、どちらも自由に気兼ねなく使える独身の頃に存分に楽しんでおきましょう。

一人身なら、いつどんなタイミングでどこに旅行に行くこともできますし、思い切って数か月間海外にホームステイに行くことだってできます。

自分だけのために楽しんであちこちに出かけられるのは独身時代だけですので、今の内にたくさん旅行を楽しんでおきましょう。

結婚してからも旅行に行くことはできますが、自分の好きなタイミングではなかなか行けませんし、家庭があるためそう長く家を空けることもできません。

子どもがいれば誰かに預けることも考える必要があります。

一家庭の妻として、世間への体裁からもあまり長々と自分だけ旅行を楽しむことはできないでしょう。

一人身の今だからこそ、思い立ったが吉日で好きな場所へ旅行を楽しみましょう。

自分の部屋のインテリアを楽しむ

結婚すると、家の中のインテリアはそう頻繁に変えて楽しむことはできません。

また、自分一人だけが住んでいるわけではないため、自分の好きなようにレイアウトすることはできないでしょう。

可愛らしいインテリアにしたくても、夫がそれを嫌がったら諦めるしかありません。

それに、夫の立場の方が強ければ、反対に夫の好きなインテリアで固められてしまい、自分で好きに室内の模様替えを楽しむこともできないでしょう。

一方で一人身であれば、誰に気を遣うこともなく、部屋のすみずみまで自分の好きにインテリアを飾ることができます。

少女趣味なピンク色の部屋でも、シンプルなモノトーンでも、好きなアイドルのポスターやアニメのフィギュアでも思うままに部屋に飾ることができます。

自分の住んでいるところを、自分の好きなようにインテリアするというのは当たり前のように思えますが、実際に結婚すると案外自由が利かなくなってしまうことも多いため、独身の内に好きなだけインテリアを楽しむといいでしょう。

独身でいるメリットとは

女性によっては、独身でいることをネガティブに捉えてしまっている人もいるでしょう。

周りの女友達がどんどん結婚していくために「自分も結婚しないと・・」と焦りを感じたり、本心では結婚したいと思っていなくても、周りが「結婚しろ」とうるさいから結婚は「しなければいけないもの」だと考えてしまっていたりする女性も世の中には少なくありません。

また、周りに「女の幸せは結婚がすべて」や「結婚しないと負け犬の人生」などと言われる機会が多い女性も、それを鵜呑みにして「結婚しなければ幸せな人生を送れない」と思い込んでしまっている人もいるでしょう。

一昔前の時代ではそうだったかもしれませんが、少なくとも現代ではそれらの価値観や考え方はまったく気にする必要のないものです。

人によってさまざまな結婚への考え方がありますし、どんなふうに人生を生きようがその人の自由であり、他人によって縛られるものではありません。

もしも焦って適当な人と結婚してしまったら、それこそ後になってから、結婚したことを後悔する羽目になるかもしれません。

そんな生き方は、自分自身のためにはなりませんし、独身でいることは、ある意味既婚者よりもたくさんのメリットがあります。

それらのメリットを知れば、今までよりも独身に対する考え方がポジティブになれるかもしれません。

以下に独身でいることのメリットをご紹介していきます。

ストレスフリー

未婚だろうが既婚だろうが、誰でもストレスを感じることはあるでしょう。

仕事や人間関係などの悩みは誰にでも共通するストレスの原因です。

しかし独身女性の場合には、そうした自分自身に直接関係するストレスしか感じることはありません。

ストレスを感じた時には、旅行に出かけたり買い物をしたりして気分転換することも可能でしょう。

しかし結婚すると、そこにさらに夫婦や家族問題といったストレスが加わります。

夫と揉めれば夫婦仲でストレスを感じますし、子どもができれば子育てでストレスを感じることもあるでしょう。

また、義両親との関係で悩むという女性も多いです。

結婚したら独身時代以上に幸せを増やすこともできますが、それだけ多くのストレスも抱えることになります。

それに比べれば、独身でいる内はストレスも少なくて済むというものでしょう。

お金が自由に使える

結婚すると必然的に、これまでよりもお金が自由に使えなくなります。

結婚して家庭を持つと、家族生活が最優先になりますので、独身の頃のように自分のためだけに好きなだけお金を使うことはできません。

夫の収入だけで暮らしていけるとしても、妻が自分のためにあれこれとお金を好きに使っていては体裁が悪いですし、それが原因で義両親からお小言を言われることもあるでしょう。

また、もし家計が苦しければ、夫婦で稼いだお金はすべて生活費に消えてしまいます。

それに比べれば、独身でいるといつでも自分のためだけにお金を自由に使うことができますので、欲しい時に欲しいものが手に入って、お金を使う充実感や快感を存分に味わうことができるでしょう。

好きにできる

一人身でいると、私生活が驚くほど自由です。

例えば家の中で動くのが面倒くさい時には、自分の手が届く範囲にテレビのリモコンやティッシュなどを全部揃えておき、そこで日がな一日ダラダラと過ごすこともできます。

また、仕事から帰って疲れた時には、洗い物や着替えなどすべてそのまま放置してベッドに飛び込んで寝てしまうこともできるでしょう。

部屋の中が散らかっていようが食べたものを出しっぱなしにしようが誰に怒られることはありませんし、またその日の気分で急に遊びに出かけることもできます。

夜遅くまでふらふらと飲み歩くこともできますし、同性や異性に関係なく好きな時に好きなだけ友達と遊ぶことも、旅行を楽しむこともできるでしょう。

自分の私生活のすべてを、思うままに過ごせるのが独身の何よりの魅力でしょう。

結婚するとこれまでのように自分の好きに生活することはできなくなります。

夫の世話をしたり子どもを育てたりと、自分以外のことに時間やお金を使うことが増えて、ストレスが溜まることも多いでしょう。

独身でいると、自分以外の誰かのために自分の時間やお金を割く必要がありませんので、いつでも自分を最優先にすることができます。

時間に縛られない

独身でいると、自分のためだけに時間を使えますので、時間に縛られるということがありません。

もちろん仕事をしていれば、毎日仕事である程度時間の縛りはあります。

しかしそれも、自分で決めて働いていることですので、自分の自由な時間の中からやりくりをして仕事をしています。

仕事以外の時間はいつ何をしようがすべて自分の自由ですので、こんなにストレスフリーなことはないでしょう。

一方で結婚していると、毎日何時に帰って何時には食事を作り終えて入浴して・・と、一日の時間の使い方が自然と決められてしまいます。

元々時間に縛られて生活することに抵抗がある人にとっては、結婚生活は幸せな反面、時間の自由が利かずに辛いこともあるでしょう。

しかし独身の内はそんなことは考える必要もなく、好きに過ごすことができます。

恋愛ができる

結婚は恋愛の終着点です。

結婚すればそこからはまた新たな人生が始まりますが、恋愛においては結婚してしまうと二度とできなくなってしまうでしょう。

時々結婚していても、他の異性と不倫関係に走る人はいますが、そもそもそれは許されざる行為です。

普通は結婚すると、他の異性との恋愛は一切許されなくなりますので、恋愛のドキドキを楽しんでいた女性にとっては、結婚後の生活を味気なく感じてしまうことがあるかもしれません。

しかし独身でいれば、誰と恋愛をしようが自由です。

短期間で付き合って別れてを繰り返しても自分の自由ですし、一晩だけのお遊びも、焼けるような恋も、自分の衝動のままに楽しむことができます。

出会いの場にも行ける

結婚してからでは、合コンやナンパ待ちの場など、出会いの場に行くことはできなくなります。

例え友達に強引に頼まれて、人数合わせで参加させられたとしても、夫や義両親が知れば当然不満に思うことでしょう。

結婚したからには、一人の夫の貞淑な妻としてあることを求められますので、そうした出会いの場へ行くことは許されなくなります。

一方独身の立場であれば、どれだけでも出会いの場へ行くことができます。

未婚であればナンパ待ちをしていようが合コンに参加しようが自由ですし、一夜の情熱からその後のお付き合いまで、誰に気兼ねすることもなく楽しむことができます。

自己投資ができる

独身の間は自分で稼いだお金はすべて自分のためだけに自由に使うことができます。

そのためやろうと思ったら、いくらでも自己投資をすることができます。

エステや岩盤浴に通って肌やスタイルの維持に努めるのもいいですし、洋服や靴などを買ってファッションを磨いてもいいでしょう。

また、内面を磨くために自己啓発の勉強を始めてもいいですし、料理教室や茶道に通って技術や品格を高めるのもいいでしょう。

磨こうと思えば、自分の可能性はいくらでも磨くことができます。

やる気と時間、それにお金があればいくらでも自己投資は可能ですので、自由にお金が使える内は自分のためだけに投資するのもいいでしょう。

結婚すると時間もお金もこれまで通りにはいかなくなりますので、独身の時に存分に自己投資に励めば、恋愛を楽しむ時にも一段と魅力的な自分を異性にアピールすることができるでしょう。

好きな場所に住める

結婚すると、夫の仕事の都合であちこちに転勤したり、引っ越したりすることがあります。

けれども独身の場合には、いつでも自分の好きな場所へと引っ越しができますし、好きなところに住むこともできるでしょう。

例えば交通の便を考えて都心に引っ越すのもいいですし、地元でのんびりと一人暮らしができる場所を探すのもいいでしょう。

もし仕事によって住む土地が制限されることがなければ、それこそ海外で生活することも可能です。

お金やさまざまな都合がつけば、いつでも好きな場所へと引っ越して暮らせるのも独身のメリットでしょう。

未婚女性が結婚すると変わってしまうこととは?!

独身でいる時には当たり前にしていたことが、結婚してからできなくなると、独身時代が懐かしくなることはよくあります。

独身の頃は、時間もお金もすべて自分の自由になりましたし、いつどこで何をしようが誰に気兼ねする必要もありません。

それらは現在独身でいる女性にとっては、ごく当たり前のことであり、特別に今の自分の生活を振り返ることなどないでしょう。

しかし、結婚してからは独身時代との違いをまじまじと実感して、場合によっては「独身に頃は良かったなぁ」と独身時代に戻りたいと思うこともあるでしょう。

未婚と既婚とではそれだけ大きな変化があります。

未婚女性が結婚すると変わってしまうこととは、具体的にどんなことなのでしょうか?以下に挙げていきます。

お金が自由に使えない

独身時代では、自分で稼いだお金はすべて自分のために使うことが普通です。

しかし結婚してからは、自分で稼いだお金も家庭のために使うのが基本になりますので、自分で稼いだからといって好きなだけ使うことができなくなってしまいます。

例え夫の稼ぎだけで家計を支えられる場合にも、将来子どもを育てるための貯金に回したり、何かあった時のために貯蓄をしたりと、将来を見据えた計画的なお金の使い方をしなければならなくなります。

そのため衝動的に自分のためにお金を自由に使えなくなってしまいます。

家事が二人分、家族が増えたらもっとたくさん

独身時代に一人暮らしをしていた人は、結婚してからの家事にも最初は自信があるかもしれません。

しかし自分一人だけの家事をしていた頃とは違い、結婚したら夫や子どもの分まで家事が増えます。

家族分の食器を洗ったり洗濯をしたり、掃除も家中をやらなければならないため、一人暮らしの頃の何倍もの家事の量になり、かかってくる負担も増えます。

さらに子だくさんになれば、一日中家事をして過ごすことも大いにありますので、独身時代よりも重労働になるのは確実でしょう。

好きに遊べなくなる

結婚すると、独身時代のように好きに遊んだり、飲み歩いたりできなくなります。

夫婦になったり、家庭をもったりすることは、それだけ責任が増え、背負うものも増えます。

そのため一人身の頃のように、無計画に遊び歩いたり飲みに出かけたりすることはできなくなってしまい、自分が好きに過ごす時間すらも減ってしまうでしょう。

未婚女性のみなさん!人生を楽しもう♪

未婚には未婚の楽しみ方があります。

結婚すればこれまでの人生とは違う、まったく新しい幸せな人生を生涯のパートナーと築いていくことができますが、結婚すれば独身時代の頃とは生活環境がまったく変わってしまいます。

自分のためだけに時間やお金を使うことができなくなりますし、自分以外の世話を焼くことでストレスが溜まることもあるでしょう。

今独身の人も、いずれはパートナーと巡り会い、結婚するかもしれません。

そうなればこれまでの自分の生活はできなくなってしまいますので、未婚の内に自分だけの人生を十分に満喫して楽しみましょう!