誰しも理想の恋愛ってありますよね。

特に学生事態に読んだ恋愛漫画のシチュエーションには憧れて脳内で想像したものです。

大人になればこんな恋愛が出来るんだろうか、こんなドキドキした体験が本当に出来るんだろうかと。

実際大人になってみればどうだったかは…まぁそれは個人差もあるので置いといて

今でも恋愛漫画でドキドキやキュンキュンする気持ちを感じたくて

ついつい買ってしまう女性の皆さん少なくないのではないのではないでしょうか?

私もついつい恋愛漫画は読みたくなりついつい手にしてしまい、読んでしまうのです。

恋愛漫画のおすすめ18選を紹介!

そんな数多くある恋愛漫画。

ついつい読みたくなっても何を読んでいいか分からないですよね?

いざ本屋へと向かってもありすぎてどの漫画読んでいいのか分からず、

自分に合った漫画が分からず漫画コーナーを小一時間ほどウロウロしてしまう事もありますよね。

結局迷いに迷って買わずに帰ったこともあります。

そこで私の個人的なオススメ恋愛漫画18選をここでご紹介します!

少しでも気になるなと思って頂けたら手に取って表紙だけでも見て、パラパラパラとぜひとも見てみてください。

学園もの

恋愛漫画と言えば王道の学園もの!

実際の恋愛でも学生時代の恋愛は何時まで経っても忘れられない恋愛ですよね。

ふと思い出すのって、学生時代に好きだったクラスメートの事とか先輩の顔とかをついつい思い出すんですよ。

大事な大事な思い出が学生時代にはいっぱい詰まってるんです!

だからこそ社会人になろうとも学園ものの恋愛漫画は読んでいてドキドキしたり泣いたりするんです。

社会人は私もこんな青春を送りたかったな…、学生は今の自分をヒロインに当てはめて読んでドキドキするんですよね!

大人でも漫画の中なら学生時代に戻れるのでヒロインになった気分で読めるというのもまたいいものです。

そして最近多いのが先生と生徒の禁断もの。

現実ではありえない設定だからこそより夢中になりドキドキするというのもありますよね。

ギャグ系から切ない系まで様々なジャンルのある学園もの。

気になるものがあるといいのですが。

1.ニセコイ


アニメからゲームにまでなった大ヒット漫画の一つですね。

タイトルだけでもだけしも聞いたことあるのではないでしょうか。

大ヒット作になるだけあって絵がとにかくアニメ的な絵で可愛いです。

ストーリーは、10年前、一条楽は桐崎千棘と出会い短い間だったが幼いながらにも愛情が芽生えた。

そして別れの時、千棘は「ザクシャ イン ラブ」の言葉と一緒に楽に錠を渡し、大きくなって再会したらこの『鍵』で中の物を取り出したら結婚しようと約束する。

錠は開かず10年過ぎ高校生になった楽は転校生の千棘と出会い親のいいつけで恋人同士に。

2人の「ニセコイ」がはじまる所から物語がスタートする。

再開が最悪な所からスタートすることもあり、ヒロインはかなりのツンツンっぷりを見せてくれます。

そのツンツンっぷり中で時折見せてくれるデレがたまらなく可愛さを感じさせます。

可愛く個性的なキャラクターが多くラブコメ要素が多いのですが、2人の距離は少しずつ近づいていくというもどかしさがいいです。

2.僕等がいた

映画にもなった原作の漫画です。

映画は、生田斗真さんと吉高由里子さんの2人で、全編と後編に分かれています。

とにかく表紙の絵が綺麗で、表紙から私は惹き込まれていきました。

ストーリーは、釧路市の高校に入学したばかりの高橋七美。

新しい環境に新しい友達もでき順調な高校生活がスタートしたようだったが、中学では殆どの女子に好かれていたという矢野元晴と出会う事になる。

第一印象派は最悪、だが一緒に過ごすうち、惹かれていく。

しかし矢野は暗い過去を引きずっていた。

高校で出会い、大人になるまでの2人を描いた作品。

ハッキリ言って設定はありきたりな作品ではありますが、アラサーという大人にになってから読むと2人の真っすぐな一途さや純粋さ、

もう気持ち何か無いだろうなんてひねくれた気持ちを持ちがちなそんな気持ちを全て洗い流してくれるような、思い出させてくれるようなそんなストーリーです。

3.僕らはみんな河合荘

アニメにもなっている漫画ですね。

絵がとにかく可愛いです!

ストーリーは、宇佐和成は親の転勤で食事付きの下宿「河合荘」で一人暮らしをすること。

そこには憧れの先輩である女子高生の河合律も居り充実した高校生活を過ごしたかった。

だが河合は無愛想で本に夢中で心を開かない上に河合荘の住人は強烈な個性の持ち主ばかり。

ルームメイトはマゾヒストの城崎、美人で男運のないOL錦野麻弓、一見華やかだけど実は腹黒女子大生の渡辺彩花の個性的な住人に振り回され続ける。

だが宇佐の「人との距離をつかむのがうまい」性格が人々同士のコミュニケーションが広がっていく。

下宿先での超個性的な同居人と先輩に振り回されながらもそれでも、人同士の距離を繋いでいく宇佐。

あまりにもな個性的な同居人たちの良いキャラやノリには思わず笑ってしまうラブコメディーです。

ラブコメですが、恋愛はとてもゆっくり進展していくように丁寧に描かれていて良いです。

4.俺物語!!


こちらも映画化されている原作漫画の一つです。

映画では、鈴木亮平さんと永野芽衣さん、坂口健太郎さんが実写化されています。

原作に負けずと笑える作品になってますので是非気になる方は見てみてください。

漫画の方は表紙からしてインパクト大!ラブコメディーの代表と言ってもいいほどのラブコメです。

ラブコメが好きな方で読んでいない方は絶対に読んでいただきたいです!

ストーリーは、常人離れした身体能力に行動力と仁義と正義感に溢れすぎた純情で不器用な高校一年生の剛田猛男です。

同性からは慕われるほど男らしいのですが、如何せん見た目ががたいが良すぎるほど厳つく優しく面倒見のいい正確に反した厳つい顔で異性には好かれることが無い。

そのことは当人も自覚している。

そして剛田が好きになった女の子は全て幼馴染のイケメンでクールな親友である砂川誠を好きになることも自覚していた。

ある時剛田は、痴漢にあっていた女子高生の大和凛子を助け、凛子に一目惚れをする。

後日わざわざお礼にやってきた凛子にまた砂川を好きになったと勘違いした剛田は、凛子と砂川の恋を応援する。

ストーリーは、ラブコメにありがちなのですがとにかく真っ直ぐな剛田の気持ちと言動。

見た目や周りの反応など気にしない凛子の素直で純粋な気持ちと天然な可愛さ。

それをクールに見守りながらも応援する砂川。

この3人のやり取りが本当に面白くて笑えて、ホッと出来て恋愛っていいなと思わせてもらえました。

剛田の言動の一つ一つが、見た目だけが全てじゃない。

イケメンじゃない、男前じゃない。

本当の男前とは何かも教えてもらえました。

そしてやっぱり、真っ直ぐすぎる剛田と凛子に振り回される砂川とのやり取りは今思い出しても笑えます。

笑える恋愛漫画が読みたいときにオススメです!

5.四月は君の嘘

asi→さん(@asa._.man)がシェアした投稿

最近映画化された原作漫画ですね。

最近は漫画原作が多いですよね。

映画では、山崎賢人さんと広瀬すずさんで実写化されています。

柔らかい雰囲気の映画に仕上がってますのでそちらもチェックしてみてください。

原作のストーリーは、子供の頃から必死に母親とピアノの練習をしていたが、母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった元・天才少年ピアニストの有馬公生。

何も無くただただ毎日を過ごす公生の世界は何時もモノトーンのようだったが、友人の付き添いでデート仕方なく参加する。

そこで出会ったのが性格最低、暴力上等、しかし才能豊かなヴァイオリニスト宮園かをり。

その日から公生の日常は色付き始めるも…。

ただのラブストリーだけではなく漫画ながらに音楽の楽しさが伝わってくるように私は感じ、読み進めるのがとても楽しく感じました。

モノトーンな漫画がドンドン音楽で彩られていくようなリズムが乗せられていくような漫画にも関わらず感じさせてくれます。

落ち込んだ公生をいつでも明るい笑顔と言葉で励ますかをりの言葉で音楽に引き込む姿は見ていてこちらまで元気になれるような前向きさを感じさせられました。

そして最後まで読むと、タイトルの「嘘」の意味が分かります。

それにまた純粋さを感じずにはいられません。

6.orange

これも映画化された漫画の一つです。

映画では、山崎賢人さんと土屋太鳳さんで実写化されています。

漫画のストーリは、高校二年の始業式の日に菜穂に自分自身から届いた未来からの手紙。

その手紙には成瀬翔が東京から転向してくると書かれ、その翔に対する未来の自分の後悔が何枚もの手紙にして綴られていた。

菜穂は手紙を読みその手紙通り「後悔しない未来」を作ろうと奮闘するが、なかなか上手くいかず…親友をも巻き込んで翔との未来を変えようと全員で奮闘する。

切ない思いと未来への希望が詰まった王道ラブストーリー。

過去の後悔を一つ一つ一生懸命消していくうちに自分も成長し、勇気のなかった菜穂がどんどん勇気を持っていく。

誰かのためにと動くことで誰よりも自分が成長していく姿が見れます。

そして恋愛もそうですが、恋愛だけでなく友情もしっかりと描かれているので友達同士の友情も見所です。

パラレルワールドが存在するラブストーリー。

最後の最後までどうなるか分からないのでドキドキしながら読んでみてください。

7.徒然チルドレン

ストーリーは、思春期の10組以上の少年少女の日常で繰り広げられる恋愛を四コマ漫画で描いた学園ラブコメディ。

四コマの中で10組以上の男女が片思い中だったり告白してすぐに恋人になったり、なかなか恋人になれなかったりと様々な恋愛模様が同時に進行していく。

キャラクターも様々で、共感できるような普通の主人公から、そういう子居る居ると分かる子、現実離れしたような個性的過ぎるような子まで様々な子が登場します。

一つの学園で繰り広げられる恋愛を覗き見しているような感覚にさえなるほど。

学生らしい面白さや照れくささが四コマに思いっきり詰めこまれた漫画です!

学生時代に戻りたい方にはぜひ読んでいただきたい漫画です。

8.君に届け

アニメ、映画化された人気の漫画なので知らない方も少ないんじゃないかという恋愛漫画ですね。

映画では、多田未華子さんと三浦春馬さんが実写化してくださっています。

ストーリーは、陰気な見た目の為周りからは一方的に怖がられたり謝られたりしてしまう黒沼爽子。

そんな爽子に誰とも関係なく接してくれるのが風早翔太。

そん風早に徐々に引かれる爽子。

風早との出会いと惹かれる気持ちを切っ掛けにして、周りとの接し方や爽子の高校生活が変わっていく気がした。

そんな純愛ラブストーリー。

とにかく爽やか王子様な風早くんには、毎度胸キュンしてしまいます、そして、爽子の自分に自信が無い姿、自分が悪いと思ってしまう性格人は共感しかなく。

それでも風早くんに出合う事で勇気が出なかったことにさえにも必死に向き合い真っすぐに人にも何に対しても頑張っていく姿が読んでいて勇気をも貰えます。

その姿をきちんと見ていてくれる風早くんの言葉にキュンキュンすること間違いなしです!

9.オオカミ少女と黒王子

またしてもこちらの漫画も映画になりましたね。

実写化されるとキャラが違うと言われがちですが、個人的には実写化された物も一度は見ていただきたいなと思います。

因みに映画では、山崎賢人さんと二階堂ふみさんで実写化されています。

漫画のストーリーは、高校で篠原エリカは、ボッチ生活をおくりたくないが為に友達相手に話を合わせ彼氏との恋愛話を語って居たが本当は彼氏どころか恋愛経験すらなかった。

嘘も限界になってきた時にたまたま街で見かけたイケメンを彼氏としてその場を無理やりしのぐも、その彼は同じ学校に通う超イケメンと噂の佐田恭也だった。

佐田に頼み込み彼氏のフリをしてもらうことを承諾してもらうが、佐田は優しげな見た目とは正反対の腹黒ドS男子だった。

行動を共にする内に佐田にエリカは惹かれるようになり。

最近流行りのドS系の王子様のラブコメです。

腹立ちながらもムカつきながらも納得いかないながらも、友達にバラされたくないが為だけに、屈辱的な言動をしちゃうエリカに最初は楽しそうなのが明らかな佐田。

しかし、エリカと居る間は自然と笑え、毒舌の中にも自然と垣間見える優しい言葉がキュンキュンします!

少しずつお互いに惹かれあっているにもかかわらず素直になれないじれったさや嫉妬がまたキュンキュンさせられます。

笑いとキュンキュンを楽しみたい方、ドSが好きな方にはオススメです。

社会人向け


やはり青春を振り返る学園ものでときめくのもドキドキするのもいいですけれど、

やはり自分が入り込める同じ立場のヒロインがドキドキするような恋愛をしている漫画が読みたいですよね。

物語の中に入ってヒロインになっりきって、ドキドキしちゃいたい気持ちは学生の頃も社会人になっても変わらないですよね。

そしてちょっと違うのが、社会人向けはリアリティがあるからこそドキドキも増すんですね。

ただただ甘いだけじゃなかったりする、笑えるけどドキッとしたり、切なかったり、そんな様々なストーリーだからこそ逆にいいんです!

そんな社会人向けのおススメ漫画もご紹介いたします。

10.モテキ

ドラマ化から映画化にまでなった原作漫画です。

完全なラフコメディー!

ですが、いざ読んでみると男性の本能がダダ漏れしたような内容。

もしかしたら好き嫌いは分かれてしまうかもしれません。

ストーリーは、藤本幸世29歳で彼女なしの恋に臆病な草食系男子。

そんな藤本に人生初の「モテ期」がやってきます!過去すれ違った女性やロックフェスで盛り上がりかけた美人、

温泉旅行に行ったのに友達以上になれなかった女性、ラブホまでいっただけの女性、様々なかこの女性と再会に奮闘する。

表紙の森本が個人的に綺麗な絵なので凄い期待して読むとあまりにも本能垂れ流しに一瞬戸惑いましたが、リアルな男性の気持ちが分かりやすく描かれています。

女の子に振り回されてしまう男性てこういう考え方をしているんだと、納得してしまうような。

途中で応援してしまいたくなるような、そんな気持ちにさせられます。

そして、完全なラブコメなだけあって読んでいてやはり笑えますから笑いたいなって時にもオススメです。

11.高台家の人々

映画にもなった漫画ですね。

実写版は、綾瀬はるかさんと斎藤工さんが演じています。

思いっきり振り切った演技を見せてくれています。

私はこちらから先に見たのですが、笑えますので是非チェックしてみてください。

ストーリーは、30歳になったばかりの人と話すのが苦手な平野絵里は地味なOL。

趣味は常に妄想。

ある日イケメン社員の高台光正が転勤してくる。

端麗な容姿から女子社員に人気な光正だが、そんな光正が気になったのは絵里である。

実は光正は、人の心が読めるテレパスであり、悪口ではなく常に妄想される絵里のちょっと可笑しなメルヘンチックな空想に惹かれ、二人は交際することに。

だが、テレパスという高台家の能力に絵里は悩む事にもなる。

常に人の裏の声が見えてしまうのは本当に怖いなと改めて思いました。

人間、空想だけや無で生きている人は居らず心の中で何かしら文句の一つは思っているのだろうと思うので、

分かっていながらも実際に聞こえてしまうと人と接するのが怖くなってきますよね。

そんな事を考えさせられるんですが、絵里の妄想にはとにかく笑わされますし出てくるキャラクターには愛着すらわいてしまいます。

12.逃げるは恥だが役に立つ

恋ダンスでも有名になった同タイトルの連続ドラマで一気に有名になった原作漫画ですね。

知らない方は居ないと思いますが、ドラマは新垣結衣さんと星野源さんが実写化して話題になりましたね。

役としてもピッタリだったと私は思っていますが皆さんはいかがだったのでしょうか。

ストーリーは、精神学の大学院を出ていながらも就職難から派遣社員として働く森山みくり。

若さと使いやすさで派遣切りされ無職になるが父が家事代行サービスを利用していた元部下の津崎平匡がタイミングよく変えようとしていた家事代行の仕事を週一で取ってくる。

少し変わった性格から気難しく他人に必要以上に構われることを嫌う津崎だが、みくりの精神学を取り入れた適度な距離感が気に入り週一の仕事を続けるも

みくりの両親が田舎暮らしを開始するといういきなりの提案にどうしても付いて行きたくないみくりは

津崎に「家政婦として結婚してください」と持ちかけ、それに互いに利害を感じた二人は2人は「雇用主と従業員」という関係の契約結婚という道を選ぶ。

ラブストーリーですが、今までのラブストーリーとは一味違った内容です。

まずみくりも津崎も論理的と言うか理屈的というか、なんにしても理由と利害が必要で感情だけで動けない人間なのです。

ですから、好きだから付き合ってとか、キスしたからキスしちゃったとかがなかなか無いんですよね。

気持ちよりも先に頭で考えちゃうタイプなんです。

でもだからこそ早く伝わって!と応援したくなる。

恋人同士に見えるように努力をしたり、どうしていいか分からず中学生のようにあたふたしたり。

そんな2人の純粋な恋愛だからこそ読んでいて応援したくなる漫画なのです。

13.東京タラレバ娘

漫画が話題になってつい最近連続ドラマになった漫画ですね。

少しキャストがイメージと違ったかなと私自身は思ってしまいました。

あれでは売れ残らない、綺麗すぎる…と。

後原作は33歳設定ですが、ドラマは30歳設定。

女子の3歳差はかなり大きいんですよ!

そんなキャストは、吉高由里子さん、榮倉奈々さん、大島優子さんの3人とも30歳になってないというのも原作ファンには不満があったかもしれませんね。

ですが、バッチリやりきってくれました。

ストーリーはまだ年齢的に大丈夫だと「あの時こうしてれば」「あの人にしてたら」と女ばかりで集まってはタラレバばかり言っていたら、気づいたときにはこんな歳になってしまった。

思い描いていた自分はこんなにイケていないはずじゃないのに気づいたらアラサ―だった倫子。

6年後の東京オリンピックまでにはどうにかしたいと思うけれど…。

行き遅れたリアルなアラサー女子の本音が読んでて苦しくなるほど詰まってますが、あれが本音です。

リアルです。

そしてリアルだからこそ面白くてついつい読み進めてしまい、リアルだからこそ共感できる部分も多いのです。

だからこそ主人公の3人のうち一人に入り込み、ついつい応援したくなり一緒に泣いたり喜んだりするのです。

私は、ついつい香に共感してしまいました。

そんなリアルな女の恋愛を読むなら間違いなくこの漫画です!

14.ヲタクに恋は難しい

pixivでウェブ連載されていたものがコミック化された物ですので、今でもpixivコミックアプリで少しですが読めますので気になる方はそちらもチェックしてみしてください。

基本的には一話完結もので出来ています。

ストーリーは、アニメオタク桃瀬成海は、社内でヲタクを隠していたものの幼馴染でゲームオタクの二藤宏嵩と職場で再会する。

飲んだ帰り道、恋人として付き合うことになってからヲタクであることを社内で完全に隠す必要が無くなり。

何気ない日常の何気ない恋愛なんですが、何が違うかか。

ヲタク同士の恋というだけ。

ただそれだけなんですが、元気づける言動にもヲタク要素が入るのでクスッと笑えるのですがそれでも二藤の優しさに胸キュンする場面は少なくありません。

タイトルの「ヲタクに恋は難しい」とありますが難しいのか?と思うくらいに仲良くラブラブです。

胸キュンも溢れてます。

ただ、この話は作者の実際の妄想が行き過ぎた結果で出来た話だそうです。

だからこその上手くいく胸キュンの隠し方も上手いのかもしれませんね。

15.それでも僕は君が好き

表紙の絵がとても繊細で綺麗です。

表紙買いしてしまう方も多いのではないかなと思うほどです。

勿論物語もその拍子を裏切らない繊細な内容です!

ストーリーは、法律事務所で働く芹澤は、職場からの帰りに道交通事故にあい、その時彼のもとに駆け寄ってきた見覚えのある誰女性。
目覚めた芹澤は、その女性がが誰かを思い出す為、過去の恋愛を振り返るも。

台湾の小説を元に書かれた漫画だそうですが、とにかく繊細でで切ないストーリー。

誰しもが思い当たるような節がある事に触れていて誰しもが入り込める。

ちょっとしたことで人はすれ違い、ちょっとしたことで人は勘違いをし、ちょっとしたことで人は大きな傷を相手に与えてしまう。

誰もが一度は経験したことあるような忘れられない恋愛ってありますよね、読み進めていると自然と思い出してきます。

切ないラブストーリーを読みたい方にはこの漫画をオススメします。

15.不器用な匠ちゃん

表紙は毎回綺麗な水彩チックな可愛らしい女の子の表情豊かな絵で、その表情豊かさに惹かれます。

ストーリーは、手先は器用だけど女子としては男性には不器用過ぎる歯科技工士の藍川。

手先が得意なので歯医で銀歯や入れ歯を作るのは大の得意です。

趣味の買い物途中で同じものを買おうと手が触れた事で出会い…。

王道中の王道の出会い方から始まるラブストーリー。

今時なかなか感じられない程の純粋な気持ちを感じられるくらい男性に不器用な藍川の反応が、私たちに忘れていた気持ちを思い出させてくれます。

純粋すぎる行動と特殊な趣味はちょっとした笑いも呼び寄せてくれ、そんな所もまたこの漫画の魅力なので、ぜひ気になる方は手に取ってみてください。

16.喰う寝るふたり住むふたり

ドラマ化もされた漫画ですね。

ドラマでは、小西真奈美さんと金子ノブアキさんが実写化してくれています。

ストーリーは、町田りつ子と野々山修一は交際10年同棲生活8年目。

恋人以上夫婦未満の三十路直前の恋人同士。

そんな2人の日常に起こるちょっとした出来事を描いている。

2人のほのぼの同性生活を男女両方の視点から描いたザッピングストーリーで出来上がっています。

結婚もしていない長い恋愛生活と同棲生活中の2人だからこその些細なすれ違いや、

男女の考え方の違いをどちらもの視点から描いているので女性が読んでも男性が読んでも共感できる作品。

胸キュンやドキドキを通り越してそれでも一緒に居たいと思うようなそんな相手を思い出すような作品です。

是非、同棲中の恋人同士や同棲を考えているような恋人同士に読んでいただきたい漫画です!

17.海月と私

こちらもまた表紙が綺麗。

風景を上手く切り取った表紙が素晴らしい表紙。

ストーリーは、駅も浜も温泉も遠い所にあるへんぴな場所にある宿の「とびうお荘」。

なのにも関わらず寡黙な主人が振る舞う絶品な料理し美人な従業員の心地良い接客があるおかげでリピーターも絶えない。

そんな小さな宿の物語。

不思議な空気を纏った女性を仲居として雇う所から物語は始まるのですが、雇う所から既に宿主である旦那さんは振り回される事になります。

雇う気も無かったのに気づけば雇っており、どこまでもいつまでも不思議なふわっとした空気を纏った彼女に流され続けます。

ですが、個人的にはその中には旦那さんの優しさがきっと詰まっているんだろうなと感じました。

そして宿に訪れる客達がこの物語を進めていく鍵を握っているのでただラブストーリーを楽しむだけでなくそちらも楽しめる作品になってます。

18.煩悩寺

コミカルな表紙が印象的な作品。

可愛いその表紙とタイトルとのギャップに惹かれます。

ストーリーは、彼と別れたばかりのOL小沢は、飲んだ帰りにトイレを借りに訪問した部屋は物凄い部屋だった。

住人の小山田くんは普通の青年だが「煩悩の限りを尽くす」という兄から送られてくる物で溢れる部屋は、統一感もセンスなければ意図も分からない部屋。

自分の何もない部屋とは違うその部屋の何かを気に入って部屋で癒される小沢は暇があるとその部屋『煩悩寺』に通うようになる。

表紙通りにコミカルな内容な中に、小沢の言動が常に可愛いを凝縮したようなキュンとドキドキを詰め込んだような女の子です。

男ならドキドキしないわけがないと言ってもいい程、最初から最後まで可愛い女の子です。

ありとあらゆる物で埋まった部屋で癒され、入り浸るようになるのですが

二人の距離感が少しずつ近づいていく感じが丁寧に描かれているのでその展開にはついつい読み行ってしまいます。

ちょっとだけ現実離れしたこんなのあったらいいなと言う物語を読みたい方にオススメします。

まとめ

こうして色々んな恋愛漫画を改めて振り返ってきましたが、恋愛漫画はどの世代にも必ず好かれる漫画だという事が分かりました。

スポーツ漫画だろうとSFモノだろうと恋愛要素って必ず少しでも入ってくる物なんですよね、無くてもきたいしちゃったりするんですよね読み手が勝手に。

もしかして好きなんじゃないだろうか?とか、もしかして二人は気があるのではないだろうかと。

そういう設定があるだけで、考えるだけでワクワクドキドキするもんなんですよね。

そして、恋愛漫画を読むときにリアリティーのないくらいに上手くいく恋愛漫画を読んでドキドキしてこんな恋愛したいなと思ったり、

自分に重なる主人公に共感して応援して一緒に落ち込んだり喜んだりして

普段のストレスや理想をそこで吐き出せるのではないでしょうか。

女性なら、理想的なシチュエーションに言われてみたい言葉。

王子様のような主人公、ドS王子、優しい王子、クール男子。

男性も理想的な出会い方に言われてみたい言葉、されたい仕草。

何歳になっても理想が詰まっているのが恋愛漫画なんじゃないでしょうか。

だからこそみんなついつい読んでしまうんでしょうね。

これからもこんな恋愛したいって気持ちが無くならない限りずっと、恋愛漫画を読みたい気持ちが無くなる事も無いんだろうなとも思います。

これからも、ドキドキしたり胸キュンしたりしながら新しい恋愛漫画を見つけていきたいですね!