仕事をする上で必要となるモチベーション。

どんなに仕事ができる人でも、モチベーションが低い人は仕事への意欲を感じることができず、評価も上がらないでしょう。

ただ仕事をこなしている人になってしまうのです。

同じ仕事でもモチベーションを上げるだけで効率が上がり、毎日意欲的に楽しく過ごすことができます。

しかしわかっていてもモチベーションを保つのは難しいものですよね。

では、どのようなことをすれば仕事のモチベーションを上げることができるのでしょうか。

今回はその方法を15個紹介していきます。

なかなか仕事のモチベーションが上がらなくて困っているという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

仕事のモチベーションを上げる方法15個!

まずモチベーションって何?というところから紹介しておきましょう。

モチベーションとは、人が行動を起こす時の原因や動機を意味します。

つまりは行動の原動力となるものといえます。

意欲、やる気、刺激、これらの全てを総称してモチベーションといいます。

仕事のモチベーションを上げるということは、「仕事への意欲ややる気を起こす原動力を見つけること」になるわけです。

ここからその方法をお伝えしていきます。

1.給料を何に使うか考える

働いていて一ヶ月で一番嬉しい日は、やはり給料日ですよね。

この日がなければモチベーションを上げて仕事をすることなんてできません。

辛くても疲れても頑張った成果をお金という形でもらえるのは、やりがいややる気に繋がります。

ただ給料日前後は良いのですが、給料日が過ぎてしまうとしばらくモチベーションが上がらなくなってしまうこともあるでしょう。

そんな時は、次の給料について考えてみましょう。

紙とペンを用意して、自分の給料の手取りを書き出します。

その中から家賃・光熱費・食費・貯蓄などの必要経費を差し引きます。

そして残ったお金で何をしようかと考えるのです。

・美味しい物を食べる
・欲しかった物を買う
・友達と旅行に行く

そんな計画を立ててみましょう。

そうすると次の給料日まで、また仕事を頑張ろう!という意欲がわき、モチベーションを上げて仕事ができるのです。

もしボーナスのある会社に勤めているのであれば、年に2回のボーナスの使い道を考えるのも良いですね。

ボーナスがあるというだけで、仕事のモチベーションがグッと上がります。

仕事とお金は切り離せないもの。

仕事をしているからには、お金を楽しんで使う方法を考えてモチベーションを上げていきましょう。

2.乗り越えたらお休み!と考える

ほとんどの企業は週休2日のところが多いかと思います。

仕事を365日していては、仕事だけの毎日になりモチベーションが上がるどころか、モチベーションも効率も全て下がってしまうことでしょう。

毎日忙しく、残業も続いているとモチベーションは下がります。

また今日も仕事か。

また明日も仕事か・・。

と気が遠くなることもありますよね。

しかし頑張って乗り越えれば、休日がきます。

週5日頑張れば、2日間は仕事から解放されて生活できる日があるのです。

今日は大変だけど、あと〇日頑張って乗り越えれば休みがある!と休みの日に思いを馳せてみてください。

きちんと仕事を終わらせないと休日出勤になってしまうかと思えば、どうにかして仕事を完了させようとモチベーションを上げて業務に取り組むことができるはずです。

また通常のお休み以外にも、自分のモチベーションを上げるために上手に有給休暇などを取得して仕事とプライベートを切り分けて楽しみを作るようにしてみてください。

3.休みの日の予定を考える

乗り越えたらお休み!と考えることでモチベーションは上がりますが、その休みの予定を具体的に考えておくことで、休みの日に向けてさらにモチベーションを高めることができます。

・一日中ゴロゴロと寝て疲れをとる
・朝まで飲み会
・美味しいものを食べる
・次の大型連休は海外旅行に行く

その休みの予定が楽しみであれば楽しみであるほど、休みの日がくるのが待ち遠しくなります。

逆に何も予定がなく休みの日に楽しみがないと、働いていることにも休みがくることにも特別何も感じなくなってしまいます。

大きな予定でなく、小さな予定でも構いません。

自分の楽しみを休みの日の予定に入れておくだけで良いのです。

休みの日に楽しみを作り、毎日の仕事を意欲的に取り組めるように考えてみてください。

4.こうなりたい!という先輩を見つける

仕事で目標を持つことは大切です。

仕事を成功させよう。

給料を上げよう。

昇進しよう。

そうやって目標を決めて、そのために仕事をすれば頑張る気力がわいてきます。

しかしもっと具体的に目標を目で見て感じることは、さらに自分のモチベーションを上げることができます。
それが実在している先輩です。

自分が仕事をしている職場に、尊敬できる先輩はいますか?

尊敬する先輩がいるという人は、その尊敬している先輩になれるように自分を高めていきましょう。

どのようなところを尊敬しているのか。

どうしてその人のようになりたいのか。

それを具体的に考えて、自分の具体的な目標にするのです。

尊敬する先輩がいないという人は、意識して探してみてください。

身近にいない場合には、違う部署でも違う会社でも良いです。

会ったことのない人でも良いです。

とにかく自分がこうなりたい!と思える理想の人を見つけるのです。

具体的にこうなりたい!という人物がいることで、その人を見て刺激をもらうことができて、意欲がわいてきます。

ただ言葉で目標を掲げているよりも、より具体的であり実在しているからこそ、モチベーションを保つことができるのです。

あなたの憧れの人を見つけてみましょう

5.負けたくない!という相手を見つける

負けたくない!という相手=ライバルを見つけることは仕事のモチベーションを上げるために必要なことです。

例えばマラソンをしているのを想像してみてください。

1人で目標タイムを設定して走るのと、ライバルと一緒に競いながら走るのでは、どちらが速く走れると思いますか?

これはもちろんライバルと競いながら走る方が速く良いタイムを出すことができますよね。

仕事も同じです。

1人で目標に向かって仕事をするだけよりも、負けたくない!という相手と競いながら仕事をした方がやる気がわいてくるのです。

時には負けて悔しいこともあります。

それが次の頑張る活力になるのです。

勝った時には、抜かされないようにと甘んじずに努力を続けることもできるでしょう。

ライバルと切磋琢磨しながら仕事をすることは、お互いにとってプラスとなります。

同期でも同僚でも先輩でも良いので、あなたが負けたくない!と思えるライバルを探してみてください。

6.仕事の楽しみを見つける

仕事の楽しさは自然と見つかるものではありません。

あなた自身が見つけようと思わないとなかなか見つからないかもしれません。

今の仕事に楽しみはありますか?

毎日の仕事に追われて楽しみがないという人は、楽しみを見つけましょう。

仕事での楽しみ

・成績や成果を表にする

・毎日小さな目標を達成させる

・先輩や上司に褒めてもらう

仕事外での楽しみ

・ランチの時間に美味しいところへ行く

・職場で目の保養となる美男美女を探す

・金曜日は飲みに行く

このような楽しみを作るだけで、朝から仕事でげんなり・・なんてことも少なくなるはずです。

よし、今日もこれがあるから頑張ろう!と思えるような楽しみを仕事の中で見つけてみてください。

7.甘いものを食べる

疲れている時やイライラした時。

ちょっとだけブレイクをして甘いものを食べてみましょう。

糖分をとることで、疲れやイライラをなくすことができます。

そしてモチベーションを上げて仕事を再開することができます。

忙しくてブレイクの時間なんてない!という人は、チョコレートを一粒食べるだけでも違います。

小分けになっているチョコレートを職場のデスクに入れておき、モチベーションが下がってきたら回復薬のように口にしてみてください。

8.理解者をつくる

あなたの仕事を理解し、認めてくれる人はいますか?

孤独に仕事を進めていると、モチベーションが下がった時や立ち止まった時、悩んだ時に、前へ進むことが困難になります。

仕事を頑張る原動力を与えてくれる理解者を探して作りましょう。

同僚

まずは同僚です。

同僚の良いところは、仕事内容や仕事環境が同じなので、共感したり理解を得やすいというところです。

仕事の苦労話をすればすぐにわかってくれるでしょう。

上司の愚痴も通じやすいです。

同じことで悩んだり、努力をしているからこそ良い理解者になってくれるはずです。

ただ同僚はライバルでもあります。

あまり信用しすぎてしまうと、あなたが軽く口にしたことが広まってしまうこともあるので注意してください。

友達

仕事は違くても、同じように何か仕事をしている友達であれば、あなたの理解者になってくれるでしょう。

友達の良いところは、やはり気兼ねなく素直な気持ちを話せることです。

会社が違うからこそ言えることもあります。

あなたが日頃抱えている言えない気持ちを友達なら理解してくれるでしょう。

恋人


絶対的なあなたの味方である恋人は、必ずあなたの理解者になってくれるはずです。

そして何よりも恋人は仕事を頑張る意欲を与えてくれる存在です。

仕事で何かあっても、恋人がいるというだけで仕事へのモチベーションは自然と上がるのです。

ただし恋人だけを絶対的な理解者にしておくと、恋人とケンカした時や万が一お別れしてしまった時に、

仕事へのモチベーションがまったく上がらずに、そのままダメになってしまうこともあります。

寄りかかりすぎないように気をつけてください。

家族

家族がいるということは、帰るべき場所があり、守るべきものがあるということです。

これは仕事の原動力となります。

家族は何を言わずとも理解者です。

あなたの頑張りを誰よりも知って感謝してくれているでしょう。

9.恋人や家族の笑顔を思い出す

仕事をしていてモチベーションが上がらなくなってきた時には、恋人や家族の笑顔を思い出してみてください。

仕事は誰かのためにしているわけではないですが、あなたが仕事をしないと困る人だっていますよね。

あなたが仕事を頑張っているからこそ恋人と楽しい時間を過ごせます。

家族が笑って安心して暮らせます。

その大切な人の笑顔を絶やさないようにするためにも、仕事を意欲的にすることは大切です。

携帯の写真を見返して、恋人や家族の笑顔を眺め、モチベーションを上げていきましょう。

10.変化を取り入れる

毎日仕事をしていると、同じことの繰り返しに飽き飽きしてしまうこともあります。

同じ電車に乗って、同じ会社に着いて、同じ仕事をする。

そこには新鮮さもなく、マンネリしてしまうのです。

そこで自分で少しの変化を取り入れてみましょう。

ほんの少しのことでもワクワクした新鮮な気持ちになり、モチベーションを上げることができるのです。

新しい筆記具を買う


仕事で使用している筆記具を新しくしてみましょう。

例えばいつも使っているボールペン。

特にこだわりがなく安く手に入れた物を使用しているかもしれません。

これを文具屋で1本3000円ほどする少し高級なボールペンに変えてみるのです。

いつもと同じように書類に記載するだけなのに、なんだかするだけなの背筋がピンとなります。

そして記載するという作業が楽しく感じることができるのです。

他にも便利な筆記具や目新しい筆記具を調達して、自分の仕事環境に取り入れてみてください。

小さいことですが、モチベーションが上がります。

観葉植物を置く

あなたの仕事している環境には何がありますか?

ペン立て、パソコン、山積みの資料・・。

毎日こんな景色の中で仕事をしていると見るだけでも疲れてしまいます。

そこで目の見える場所に観葉植物を置いてみてください。

観葉植物はそこまで手をかける必要はありませんが、少しのお手入れが必要です。

そして目に見える成長や花が咲くことはないですが、日々少しずつ大きくなります。

それがあなたの癒しになり、少しの変化を与えてくれるのです。

数日に1回は朝お水をあげてください。

少し高さがでてきたな。

新しい葉がでてきたな。

可愛い観葉植物を職場で育ててみましょう。

スーツを一新する


新社会人はパリッとした新しいスーツを着ています。

この新しいスーツは、人にやる気を与えてくれるパワーがありますよね。

スーツが新しく綺麗であるほど、仕事へのモチベーションを上がります。

それがだんだん着古してシワや汚れがでたり、サイズが合わなくなってくると、スーツを着た時のやる気パワーもなくなってくるのです。

スーツは高い買い物ですが、できれば年度の変わり目には新しく一新させると良いでしょう。

4月になり、新社会人が入社します。

あなたは特に異動もなければ同じ毎日でしょう。

それでもスーツを一新させると気持ち新たに頑張るやる気が出てくるものです。

今はセットでお買い得なスーツも多いので、いつまでも同じスーツを着るようなことはせずに買い替えてみるのもおすすめです。

新しい服やカバンを着る

スーツを一新させるのと同じように、新しい服やカバンを身につけるのもモチベーションを上げる方法です。

それこそ下着を新しくするだけでも気持ちが変わるでしょう。

要は気持ちの持っていき方です。

気分を上げる変化を取り入れると、同じ仕事をしていても違う気分で取り組むことができるようになるのです。

人と会話する

あなたが会社で会話をする人は誰ですか?

隣の席の同僚、直属の上司、相談できる先輩。

いつも同じ人と同じような会話をしているのではないでしょうか。

もし会社の中に会話したことのない人がいれば、積極的に会話をしてみましょう。

いつも書類は届けてもらっているのであれば、自分で他部署に届けてみてください。

いつもお茶を入れてもらっているのであれば、自分で入れてみてください。

いつも社員食堂を利用していないのであれば、社員食堂でランチをしてみてください。

自分の行動を少し変えるだけで、今まで会話したことなかった人とも会話職するきっかけを作ることができます。

色んな人と新しい出会いをすることでモチベーションが上がり、楽しみも増えていきます。

11.デスクの上の物は少なめに

さぁ、仕事をしよう!とデスクに向かった時。

デスクの上に物が散乱していて、どこに何があるにかわからない状態になっていませんか?

これでは仕事をする意欲が朝から下がってしまいますね。

デスクの上には物をあまり置かずに整理整頓してスッキリさせましょう。

そうすることで仕事への意欲はもちろん、効率も上がります。

・今日中にするべき仕事
・今週中に終わらせるべき仕事
・今月中に終わらせるべき仕事

仕事の優先順位がわかるように整理をしておけば、今日はこれをクリアさせようと明確に自分で仕事量を把握して取り掛かることができます。

12.上手に息抜きする

仕事が終わらないからと食事も休憩もとらずに一日中仕事をしていませんか?これでは逆に仕事のモチベーションも効率も下げてしまいます。

仕事が早い人は息抜きが上手にできている人です。

「ここまでしごとをしたら一度息抜きをしよう」と区切りをつけて仕事をしているので、一度息抜きすることで自分をリセットさせてモチベーションを再度高めているのです。

仕事をたくさん抱えていると息抜きの時間が無駄に思えてしまいますが、息抜きは必要な時間です。

メリハリをつけて仕事ができるように心掛けてみてください。

13.しばらく休暇を取る

あまりにも仕事に行き詰まってしまい、モチベーションが上がらない時には、思い切って長期休暇を取得しましょう。

長期休暇を取ることにはいくつかのメリットがあります。

・長期休暇を取るために、仕事を片付ける意欲がわいてくる
・長期休暇で気持ちをリセットできる
・自分や仕事について見つめ直すことができる
・もう一度頑張ってみようと思える余裕がうまれる

なかなか長い休みの申請はしにくいという人も多いかもしれませんが、モチベーションが下がったまま仕事を続けていくのであれば、

休みをとってリフレッシュしてモチベーションを上げてくれた方が職場の人も助かります。

上司に相談してみてください。

14.自分がやりたい仕事に変える

やりたい仕事をやれていると人と、本当はやりたくない仕事をやっている人。

モチベーションに差が出てくるのは当たり前ですね。

「本当はこんなことがしたいわけじゃないのに・・」と、どこかで嫌々仕事をしている自分がいるのでしょう。

もしこんな気持ちを持ち続けているのであれば、いっそのこと自分がやりたい仕事に変えてみましょう。

同じ会社で異動の希望を出すのか、転職をすることになるのか。

難しい選択です。

転職したところで本当にやりたい仕事ができるという保証もありません。

それでも何も動かないよりは良いでしょう。

悔いのないように好きなころをやってみましょう。

15.自信をつける

モチベーションが低い人は、自分に自信がない人が多いです。

自分に自信のある人は、どんな仕事をしていても自分を信じて生き生きと動いているので、上手く自分をコントロールしてモチベーションを上げることができているのです。

まずは自分に自信をつけてみましょう。

自信をつけるためには、自分や他人が認めてくれるくらい努力することです。

努力することで、褒められて認められて成果が出て、自信へと繋がるのです。

今目の前にある仕事を真面目にコツコツと努力してこなしていくことで、必ず自信がついてきます。

卑屈になって諦めず、 自信をつけて進みましょう。

仕事のモチベーションが上がらない…

仕事のモチベーションを上げる方法を紹介してきましたが、自分自身の仕事のモチベーションを把握できていない場合もあります。

今自分のモチベーションはどれくらいのものかを知り、その上でモチベーションも上げる対処をする必要がありますよね。

そこでここからは自分の仕事へのモチベーションが下がっている時に感じることについてを紹介していきます。

このような感情を持った時には、モチベーションgは下がっている時と思い、すぐに対処するよう心掛けてみてください。

やる気が起きない

まずは一番わかりやすい感情として、やる気が起きないということです。

朝仕事をしよう!と頭では思うのですが、それが行動に伴わないのです。

パソコンに向かってもなかなか作業をする気持ちにならずに、ついどうでも良い資料を眺めたり、ネットをしたりと違うことをしてしまいます。

どこかで現実逃避をしてしまうのです。

やる気が起きないということは、仕事に対する意欲や原動力がなく、モチベーションがとても低い位置にあるということです。

すぐに仕事に取り掛かる意欲がわかない時にはモチベーションが上がらない時ですので、対処法を考えましょう。

会社に行きたくない

朝起きて「会社に行きたい!」「会社が楽しみ!」という人は少ないかもしれませんが・・それでも「よし、今日も頑張るか!」と気合いを入れて家を出る人は多いでしょう。

しかしこれが頑張るという思いが起きず、行きたくなくて仕方ないのです。

小学生が学校に行きたくないと感じると、本当にお腹や頭が痛くなり、それをお母さんに訴えたりすることがあります。

これは大人になっても同じなのです。

会社に行きたくないと感じると、急に頭痛や腹痛の症状が現れます。

家を出ても電車に乗っても会社に着いても症状は治らずに体が重いままです。

そして仕事が終わり帰る時になると、やっと調子が良くなります。

休みの日も体調は良いまま。

そして仕事の日の朝になるとまた頭痛や腹痛が起こり、会社に行きたくないと感じるのです。

登校拒否ならぬ、通勤拒否です。

通勤拒否症状が出た時は、モチベーションが下がっているどころか、仕事に対してマイナスな気持ちしか持つことができていないということです。

すぐにモチベーションを上げる対処をしないと、このままでは体調を崩して会社に行けなくなってしまうので気をつけましょう。

仕事が捗らない

しっかり仕事をしているはずなのに、仕事が捗らないことがあります。

これはやっている「つもり」になっているのではないでしょうか。

自分の中ではやっているつもりなのですが、実際は仕事への意欲が低いので効率が悪く作業が捗っていないのです。

お昼を過ぎたら一度自分の作業効率を見直してみましょう。

午前中で全然仕事が進まなかったという場合は、一度気を引き締めてモチベーションを上げて定時までに自分の仕事を終わらせるように気合いを入れてください。

何もかもめんどくさい

何もかもめんどくさい・・そう思っている時は、仕事だけではなく、人生そのものが上手くいっていない時期なのかもしれません。

全ての生きがいをなくしてしまい、何を目的に生活をしていくべきなのかを見失っているのでしょう。

頑張りすぎる人は五月病の症状が出やすいと言われることがあります。

五月病とは、四月に新しく新入した社会人や異動して新しい環境に移った社会人が、

1か月経過した時に新しい環境への疲れやストレス、不安や焦りから気持ちが落ち込み、うつ状態になる症状です。

この五月病になると、何もかもがめんどくさいと感じ、全てのやる気が奪われ、そのまま会社へ行けなくなってしまうこともあります。

真面目な人ほどこの五月病になりやすいのです。

何もかもめんどくさいと感じてしまうのは、この五月病に似た症状ともいえるでしょう。

頑張って張りつめていた糸が急に切れてしまい、全てがストレスのように感じてしまうのです。

こうなった時には無理にモチベーションを上げても、また同じようなことになってしまいます。

無理はしすぎず、上手く肩の力を抜いて、息抜きをして、休息をとりながら、再びやる気や意欲を取り戻すようにしてください。

モチベーションが上がらないと起こってしまう危険なこと

モチベーションが上がらなくても、なんとか仕事をしているのなら良いのでは?と思う人もいるでしょう。

でも常にモチベーションが下がっている人には、あなた自身に良くないことが起きてしまうんです。

どうしてモチベーションを上げることが必要なのか。

モチベーションを上がらないとどのようなことが起きてしまうのか。

ここからモチベーションが上がらないと起こってしまう危険なことを三つ紹介します。

モチベーションを上げるためにも、まずはその上げるべき理由を知っておいてください。

他己評価が下がる

モチベーションが下がっている時、それはあなた自身だけではなく周囲の人にも伝わります。

・この人仕事する気があるのかな?
・疲れているのか調子が悪いのかな?
・この人に仕事を任せて大丈夫かな?

周囲の人は心配すると同時に、あなたに仕事を任せることに不安を感じます。

つまりは周囲からの信頼を失うことになるのです。

信頼を失えば、任される仕事も減ります。

そうするとあなたのモチベーションは更に下がっていくことでしょう。

これでは悪循環です。

仕事が捗らずに成長もできない

モチベーションが下がっている時は、仕事の効率がとても悪いです。

さきほども紹介したように、現実逃避をしてしまい、なかなか仕事に意欲的に取り組むことができなくなっているのです。

またやる気もないために、吸収する力も伸びる力もなくなっています。

向上心もないため、自分自身が成長することもありません。

例えば新しい環境にきたばかりの新入社員はモチベーションが高いために、その成長の伸びも大きいです。

それが年月がたつと成長することが減ってしまいます。

何かを吸収しようとする力が働かなくなるのです。

モチベーションを上げて仕事をすることは、仕事の効率と自分の成長を上げることにも繋がります。

モチベーションを上げて何でも吸収する意欲を持って仕事ができると良いですね。

自信をなくし仕事もプライベートも悪循環

モチベーションが下がり、他己評価が下がり成長もできずに周囲と差がついてしまうことで、自身をどんどんなくしてしまいます。

「どうせ自分なんて・・」そんな気持ちだけが残り、仕事だけでなくプライベートでも上手くいかずに、全てが悪循環になっていきます。

モチベーションが上がらない→他己評価が下がる→自己評価も下がる→全て上手くいかない→さらにモチベーションが上がらなくなる
こんなループにはまってしまうと大変です。

どこかでこの悪い流れをとめて、良い循環に戻せるようにしていくべきなのです。

モチベーションを上げて仕事を頑張ろう!

仕事のモチベーションを上げるためにしたいことを紹介しました。

モチベーションを上げてこそ、仕事は本領発揮して輝いてできるものです。

モチベーションが上がらずに嫌々仕事をしてしまうと、あなた自身も周囲の人も仕事をただこなすだけのつまらないものになってしまうでしょう。

自分の気持ちを上手くコントロールしてモチベーションを上げて仕事を頑張ることができるように、今回紹介した方法をぜひ取り入れてみてください!