恋愛に疲れたと感じたら…。

そんな時こそ、恋愛に疲れた原因とハッピーな恋愛をするための方法について詳しくご紹介していきます。

恋愛に疲れたと感じたら、恋愛の事から気持ちや頭を遠ざけたくなりますよね。

しかし、そんな時こそしっかりと原因を調べておくことで、次のハッピーな声につながる場合もあります。

あなたが恋愛に疲れ果ててしまった時こそ、明るい恋愛の兆しが見えることもあります。

失望ばかりで希望を捨てずに、ハッピーな恋愛をするための方法を取り入れていきましょう。

素敵な恋愛をすることで、過去の恋愛を塗り替えることができます。

ハッピーな未来に向けて、今から種まきをしてみてはいかがでしょう?

もう恋愛したくない!そう思ったこと一度はありますよね

恋愛に疲れ果ててしまった時「もう、恋愛なんかしたくない!」なんて、一度は思った事がありませんか?

大好きな人にフラれたり、これまでずっと付き合ってきた彼氏から突然別れを切り出されたり、恋があなたの思いもよらぬ方向に進んでしまったとき、恋愛から距離をおきたい気持ちになってしまいます。

恋愛がうまくいっているときは、もっとハッピーな恋愛をしたいと前向きになりますが、恋愛から距離をおきたい気持ちになることで、なかなか前に進むことができなかったり前向きな気持ちになれないことがありますよね。

そんな時は、どのようなことが原因で恋愛に疲れ果ててしまうのでしょうか?

恋愛に疲れる瞬間あるある9個の原因

ここからは、そんな「恋愛に疲れる瞬間」について、あるある話を紹介していきます。

恋愛に疲れる原因を知ることで、あなたが同じような恋愛を繰り返さないための方法が見つかるかもしれません。

また、恋愛から距離をおきたい気持ちになった原因を知ることで、同じ失敗を繰り返さないことと、次に恋愛したい気持ちになったときの教訓として生かすことができるでしょう。

恋愛に疲れる瞬間の気持ちを思い出すときには、ちょっぴり苦い思い出を思い返すことになりそうですが、きちんと原因を知ることで、そんな苦い思い出も笑い話に変えることができそうです。

相手の束縛がひどい


相手の束縛がひどい恋愛をしてきた人の場合、相手の気持ちが「重たい」と思ったり、相手がストーカーのようになってしまったこともあるようです。

あなた自身が浮気をしたり、何かやましいことがあるわけでもないにもかかわらず、浮気を疑われてしまうようであれば、悲しい気持ちを通り過ぎて呆れてしまいますよね。

また、相手の束縛がひどくちょっと携帯に出られない時間があると、着信が10件以上で埋まっていたり、メールで「なんで、連絡返してくれないの?」などと何軒も続いて入ってきている場合、身の毛もよだつようなトラウマになりそうです。

気持ちがすれ違っている

もともと好きな相手であっても、ちょっとしたことが重なり気持ちがすれ違ってしまっていることが原因の場合もあります。

気持ちがすれ違ってしまうことで、相手のことがわからなくなってしまうこともあります。

すれ違う前と気持ちがすれ違ってしまった後では相手に対する気持ちや感情も180度変わることがあります。

付き合い当初はあんなに好きだったのに…。

なんていうこともありそうです。

気持ちがすれ違っていることで苦い思い出となり、恋愛から距離をおきたい気持ちになってしまうこともありますよね。

早い段階ですれ違いを処理できれば良いのですが、お互い忙しく時間を取り合ない場合、気持ちがすれ違ってしまいそのまま恋愛が終わってしまう…。

なんてこともあります。

相手の事を気にしすぎてしまう

相手に嫌われたくない気持ちが強いことから、相手のことを気にしすぎてしまうことが原因で疲れてしまうことがあります。

相手のことを気にしているだけならまだしも、相手に対して気にしていることを伝えたり、何度も同じことを繰り返し言っているのであれば、当然相手から距離を置かれてしまいます。

自分の気持ちをコントロールすることと、もっと自分に自信を持つことが大切です。

相手のことを信じつつ、そんな自分を好きになってくれた相手に感謝できることができれば、もっと、あなたの恋愛がうまくいったのかもしれません。

追う恋愛をしている

恋愛は、常に追っていたいと考えている人の場合、相手の中身をきちんと見ずに恋に落ちてしまっているのかもしれません。

大好きな相手を追いかける事はとても楽しいことですが、楽しいことばかりではありません。

相手が常に浮気をしていないか疑っていたり、相手からパタリと連絡が来ないこともあります。

かといって、追われる恋愛をするのはつまらないと思っているので、常に自分が相手を追いかけるパターンの恋愛ばかりを繰り返してしまいます。

それが楽しい人であれば問題ありませんが、それが苦痛になってくると、なかなか気持ちが前向きになることもありません。

連絡がこない


大好きな相手から連絡が来なくなった時、「今頃何してるのかな?「「私以外の女の人いるのかな?」などなど、よからぬ妄想ばかりが頭を駆け巡り、気持ちが落ち込んでしまっていることが考えられます。

連絡が来ないことで、相手からの連絡を待ち続け、疲れ果ててしまっていることもあります。

また、連絡が来ないことでしつこく連絡してみたり、また逆に相手から連絡が来るまで絶対に連絡しない!などと言う変な意地を張っている場合もあります。

このように、自分が常に追いかけてる恋愛をしたい人は、恋の駆け引きも下手なのかもしれません。

相手のことが好きすぎる

相手のことが好きすぎるために、相手から「重たい」と思われていることがありそうです。

こういったタイプは、相手を束縛したい気持ちや自分のものと言う意識が強いため、お付き合いしている人があなた以外の異性と話をしているだけでもやきもちを焼いてしまいます。

そんな態度に、相手も嫌気がさしてきている事でしょう。

相手のことが好きすぎるあまりに周りのことが見えなくなってしまったり、周りの状況がわからなくなってしまっている場合、かなり危険信号かもしれません。

いちど、自分の行動や気持ちを振り返り、きちんとコントロールできる強さを持ちましょう。

喧嘩ばかり

相手の事は好きだけれど、喧嘩ばかりが続くことで疲れ果ててしまうことがあります。

特に、「喧嘩するほど仲が良い」と言う言葉がありますが、「喧嘩するほど疲れてしまう」と言うような有様では、恋愛をいくらやっても「楽しい!」なんて思うこともできません。

やはり喧嘩もほどほどに、できるだけ平和にお付き合いをしていきたいですよね。

喧嘩ばかりなら、体力も使い好きかどうかもわからなくなってしまいます。

どれだけ好きだった相手でも、喧嘩が重なることにより相手の良いところや好きなところがわからなくなってしまい、分かりに至ると言うケースも少なくないようです。

相手が子供過ぎる

お付き合いする前は気がつかなかったところですが、お付き合いをしてみて初めて「相手が子供すぎる」ということに気づいてしまった事はありませんか?

相手が子供すぎる人の場合、ささいなことでもイライラしてしまいそうです。

また、「こんなことも分からないの?」といちいちイライラしてしまうため、喧嘩が絶えないことも考えられます。

また、相手が子供すぎることで相手を叱ったり、注意することが母親のように見えてしまうこともあり、恋愛が疲れてしまう原因になるようです。

本当は、起こりたくない自分がいるのにどうしても怒らなければならない状況になってしまい、「本来はこんなはずじゃないのに…。」なんて悲しい気持ちになっていることもあります。

相手に合わせすぎる

相手のことが好きで、相手に合わせすぎていたり、もともと人に合わせるのが好きな人であれば、心が疲れてしまうこともよくある話です。

特に、恋愛に関して相手に合わせすぎることで、相手に嫌われたくない気持ちが強いことから、あなたの心を削って相手に合わせてしまっていることが考えられます。

さらに、相手に合わせすぎることで自分を押し殺しストレスになってることもあります。

相手に合わせすぎる事は、相手色に染まるとする気持ちから自分とは違う感覚や、無理をした行動をしてしまうこともあり、結果的に「自分らしくない」と思うようになるのかもしれません。

素の自分が出せない

素の自分が出せないことで、苦しい気持ちになっていることが考えられます。

特に、自然体でいることができない相手に対して、非常にストレスを感じていたり、自分自身に偽って相手に合わせている自分にも悲しい気持ちになってしまいます。

「もっと素の自分を出せたらいいのに…。」なんて思うこともあり、そのジレンマがストレスとなり、もっと自由になりたい気持ちやのびのびした気持ちになりたいことから、恋愛に疲れ果ててしまったのかもしれません。

好きな洋服が着れない

相手の好みに合わせようとしすぎて、相手が好きなブランドや、好きなスタイルのファッションをしていたり、あなたらしくない洋服を着ていることで、自分を押し殺してしまっていることがあります。

もっと、好きな洋服を着たいと思う気持ちがストレスとなり、これ以上相手と付き合っていくことが苦痛に感じていることも原因になります。

素直な自分を出せない事は、自分の気持ちや心に対しても不自然になりますので当然のこと負荷がかかったりストレスになります。

特に若い女性の場合大好きな洋服を来たりおしゃれを楽しむことでストレス発散している人も多いため、自分の好きな洋服が着れないことでストレスになってる人は、当然の事多いのではないでしょうか?

予定を相手中心に組んでいる

常に相手に合わせすぎる性格から、相手の予定を中心に全て組んでいるのであれば、当然自分の自由はありません。

また、遊ぶ約束をしていたにもかかわらず相手からドタキャンされたなんていうこともザラにありそうです。

1ヵ月の予定も相手の予定に合わせたり、相手が「今から会いたい」と言えばすぐに休みを取り相手に合わせたり…。

なんてことをしていれば、当然心も体も疲れ果ててしまいます。

相手の予定に合わせるのもほどほどに、「ちょっと位嫌われてもいいや」ぐらいの覚悟で、自分の心や体も大切にしたいところです。

完璧主義すぎる

相手のスペックが高かったり、相手が完璧な人であれば、それに似合うように合わせていたり、またあなた自身が相手に対して完璧を求める人であれば、当然恋愛に疲れてしまうのも時間の問題です。

完璧主義すぎる人は、相手に対して完璧を求めるだけでなく自分に対して完璧を求めますので、いつも神経がピリピリしています。

また、完璧主義すぎるところは、相手を追い詰めてしまう原因になります。

また相手を追い詰めていることで、あなた自身も追い詰めてしまいます。

つまり、相手の首をしめているつもりが自分の首をしめてしまっていることにつながるということです。

相手に対してあれこれ注文をつけたり、完璧にしてほしい気持ちが強いことで相手を責めたりしている事は、あなたの大切な相手の心が離れてしまっていることに気づけない場合もあります。

あなたが本当に大切なものは何なのか?よく考えなければなりません。

言いたいことを言えない

相手に合わせすぎるに続き、言いたいことを言えないことも、恋愛に疲れる原因になります。

恋愛に疲れると言う事は、心が疲れていると言うことになります。

つまり、言いたいことを言えないストレスや、待つ気持ち、忍耐などが必要になります。

言いたいことが言えればどんなに楽なのか…。

なんて考える事はよくありませんか?言いたいことが言えるばかりがいいとも限りません。

言わなくてよかったと思うこともありますので、言いたいことを言えるばかりが幸せとも限りません。

しかし、言いたいことを全く言えない状況は、ただの苦痛でしかありません。

言いたいことを言えないような相手とお付き合いしていること自体、あなたのストレスになってることも考えられます。

ハッピーな恋愛をする14個の方法

それではここからは、ハッピーな恋愛をするための方法についていくつかご紹介していきます。

ハッピーな恋愛をするために、これまで上げてきた原因を一つ一つ考えながらクリアしていくようにしていきましょう。

さらに、ハッピーな恋愛をするための方法を取り入れていくことで、これまでよりさらに良い恋愛をすることができます。

ハッピーな恋愛をすることで、恋愛に対して前向きな気持ちになり、恋愛が楽しくなることでしょう。

ハッピーな恋愛をする事はあなた自身のプラスになり、また前向きな気持ちにさせてくれます。

相手に依存し過ぎない

まずは、相手に依存しすぎないことが大切です。

相手に依存しすぎることで、相手から「重たい」と思われるだけでなく、すれ違いが起きたり、また相手があなたに対して不信感を持つようになるかもしれません。

相手に依存しすぎることより、あなた自身がしっかり自分に自信を持ち、強くなることで解決することも多いのです。

相手に依存しすぎてしまう人は、心が良かったり自分に自信がない人が多いのです。

相手に依存しすぎることで、相手なしでは生きていけない人生にならないよう気をつけなければなりません。

大好きな人ができれば、運命だ!なんて思うこともありますが、現実はそれほど甘くはありません。

いくら運命の相手だと思っていても、相手に依存してしまえばたちまち、相手からの愛情は消え去ってしまいます。

一人の時間を大切にする

依存しすぎることがないように、1人の時間も大切にするようにしましょう。

1人の時間を大切にすることで、自分磨きをしたり、1人の時間がより特別なものになります。

相手と会えない時間を寂しいと思うのではなく、相手と会えない間にも自分が成長していきたいと言う気持ちにシフトチェンジしていきましょう。

1人の時間を大切にして、自分の趣味に没頭したり、自分磨きをするためにお料理教室に通うなんていう考えもいいですね。

また、自分の趣味仲間やお友達との時間を大切にしたり、自分と向き合う時間を大切にすることもいいですね。

1人の時間を大切にすると言う事は、自分と向き合いまた自分を大切にしている時間につながるのかもしれません。

束縛しない

相手を束縛しすぎることで、相手から心の距離を置かれてしまうことがあります。

また、束縛してしまう原因としては、あなた自身に自信がなかったり、過去に浮気をされたことからトラウマとなっていることもあります。

相手を束縛してしまいたい気持ちもわかりますが、相手に束縛したところで結果は真逆の方向に向かってしまいます。

相手のことを信じて絆があるからこそ束縛をしない気持ちになったり、愛の大きさが束縛しない気持ちにつながることもあります。

束縛してしまう事は、心のどこかで相手を信じていなかったり、どこかで相手を疑っていることが原因になりそうです。

相手に見返りを求めるのはやめる

「自分がこれだけやってあげたのだから、相手からはこれぐらい解してもらえるだろう…。」なんて相手に対して見返りを求めていませんか?これは、彼氏彼女にだけではなく他の人にやって言うことも考えられます。

相手に見返りを求めてしまう事は、相手に対して下心がばれていることも考えられます。

また、相手はあなたに対して「こんなことを、願っていないのに…。」などと相手がして欲しいこととずれている場合もあります。

相手に見返りを求めるのはやめて、まずはあなたが自己満足で相手にしていることなのか、相手が本当にして欲しいことなのかの見極めも大切です。

自然体を大切にする

無理をしない、自分らしく、自然体という言葉を意識して行動していきましょう。

自分に負荷をかけた行動や、自分を押し殺した行動はストレスにつながります。

あなた自身の個性が光るようなそんな行動を大切にしていってください。

相手に合わせすぎて「本当はこんな自分じゃない」と、心のどこかで思っているのであれば、それはおそらく本当の自分ではありません。

そんな付き合い方をしていれば、いずれ心も体も疲れ果ててしまいます。

まずはあなた自身が自然体を大切にする温和な気持ちを持って、リラックスして進んでいきましょう。

無理しない

無理をしてしまうことで、自分を押し殺し自分らしくない生活を送ることになります。

相手に嫌われたくない気持ちが強いため、相手に合わせすぎたり、本来の自分では無い姿を相手に振る舞っているのであれば、それは偽りの自分です。

あなた自身に負荷をかけたり無理をしてお付き合いを続けているのなら、いずれあなたのその気持ちが爆発してしまいます。

相手は、なぜあなたが爆発したのかにすら気づくことができません。

もっと、自分のことを大切に無理をしないことを心がけていきましょう。

無理をしたところで誰も得することはありません。

相手を喜ばせてあげたいのなら、無理をしない自分でいる相手と一緒にいられることで、あなたの幸せな気持ちが相手に伝わり、相手もその気持ちが1番嬉しいのではないでしょうか?

甘えたい時は甘える

甘えたい時にも、意地を張って甘えられない人っていますよね。

甘えたいときは、しっかり甘えて下さいね。

「相手に甘えるなんて、絶対にできない!」なんて思っていては、プライドの高い人だと思われてしまい、ときには冷たい人だと思われることもあります。

人は、1人では生きていけません。

誰かに支えられたり誰かに甘えたり誰かに迷惑をかけたりして生きているものなのです。

ときには甘えることで、相手も甘えられたことで嬉しい気持ちになることもあります。

特に、男性の場合甘えられることで、「頼られている。」と思う人もいるのです。

ときには甘えてみてもいいのではないでしょうか?

素直に気持ちを伝える

素直な気持ちが伝えられない人は、プライドが高かったり、自然体の自分を見せるのが恥ずかしいと思っているのかもしれません。

そのため、素直に自分の気持ちを伝えられないことからすれ違いになってしまうこともあります。

あなたが素直になることで、誰も損することはありません。

むしろ、弱い姿のあなたや素直な気持ちを伝えてくれるあなたの姿の方に魅力を感じることもあります。

普段あなたが何を考えているのか分からないと思われているのであれば、なおさら素直な気持ちを伝えてくれたことで、相手が喜ぶこともあります。

これまで、自分の気持ちを明らかにしてこなかったのであれば、ときには素直に自分の気持ちを伝えてみるのもいいですよ。

衝動的に行動するのをやめる

思い立ったらすぐ行動!と言うのも素敵なのですが、衝動的に行動するのはやめておきましょう。

相手のことを勝手に疑ったり、勝手な妄想でイライラしていたり、感情的になり、衝動的な行動してしまうことが1番怖いことです。

衝動的に行動するのは、感情が高ぶっていたり、自分本来の姿でない場合も多いため失敗するケースがほとんどです。

衝動的に行動するのはやめて、気持ちのコントロールや冷静になり落ち着いて行動することが大切です。

少し疑問に思ったことでもすぐに相手に問いただすのではなく、少し時間をとって自分でも相手がなぜそのような行動に出たのか?などと考えるのもいいですね。

少し時間をおいて相手に質問するようにすると、自分も冷静になり受け答えすることができるのでおすすめです。

愛される女になる

追う女より、追われる女になりましょう。

愛される女になることで、余計な心配をしたり相手を束縛することも少なくなります。

中には「それって、常に追う恋愛をしたい人にとっては、不幸なんじゃない?」なんて思われがちですが、愛される女になることで余裕が生まれます。

また余裕が生まれることで、落ち着いた行動や感情をコントロールすることができることもあります。

愛される女になる事は、女性にとっては幸せな形なのではないでしょうか?しかし、最もバランスの良い形は、やはり自分も愛し相手からも愛される形になります。

まずは自分が愛される女になり、また相手を愛せる女になるのが理想的です。

相手のプライドを傷つけない

何でもかんでも言いたいことを言うのではなく、相手のプライドを傷つけないことがポイントです。

ときには甘えることも大切だと言う話をしましたが、相手が奢ってくれると言っているにもかかわらず、それを断ることで、相手のプライドを傷つけてしまうことがあります。

男性は女性に甘えられることで、嬉しい気持ちになったり、もっと相手を喜ばせたい気持ちになります。

あなたが良かれと思って断っていたことや、甘えたくない気持ちから可愛くない態度をとっていたのかもしれません。

これを機に、相手のプライドを傷つけないような可愛く甘えられる女性を目指してみてもいいですね。

相手の事を信用する

相手のことをきちんと信用することで、2人の絆も深まります。

また、相手のことを信用すると、あなたの気持ちが楽になることもありますよ。

あなたが相手を信じられない間は、相手を疑ったり相手を束縛したりする原因になります。

相手に何も非がないのに責め立ててしまったり、2人の関係が悪化してしまうなんてこともあります。

相手のことを信用することは難しいことではありません。

あなたの気持ちを落ち着け、心を開き、相手を信じてみるのも悪くないことですよ。

スキンシップを大切にする

相手との、スキンシップを大切にしましょう。

スキンシップを大切にすることで、愛が深まるばかりではなく、お互いの心の距離感も縮まることでしょう。

これまでマンネリ化やそばにいてくれることが当たり前になってしまった関係でも、スキンシップを大切にすることで、相手の信頼やあなたが相手に思う気持ちも深いものになるかもしれません。

これを機に、スキンシップを大切にして心の距離を縮めるようにしてみましょう。

相手を尊敬する

相手を尊敬する事はとても大切なことです。

相手を尊敬することで、これまであなたが相手に対して傲慢だった部分や、相手の気持ちを考えられなかった部分が見えてくるかもしれません。

相手を尊敬し相手の立場になって物事を考えてみたり、相手の目線になり様々なことを考えることで、2人がより良い方向に向かうきっかけになることもあります。

相手を尊敬するとともに、きちんと相手の立場に断ち切って考える事は2人がお付き合いしていく上で非常に大切なことだと言えるでしょう。

自立する

相手に依存しすぎることで、相手がいなくなった途端に1人で歩けなくなってしまうことがあります。

しかし、あなた自身がきちんと自立していることで、相手に依存しきることもなく、お互いに程良い距離感を保てることができます。

相手に依存しすぎることで相手が全てになってしまわないよう気をつけなければなりません。

相手があなたの全てになってしまうことであなたも苦しくなり、また相手もあなたの気持ちが重たいと感じてしまいます。

さらに、相手の行動一つ一つが気になり束縛する原因にもなってしまいます。

あなたが自立すると言う事は、冷たくなることではありません。

自立することで、あなた自身を守ることにもなります。

また自立することはあなたの弱さをカバーし、感情のコントロールや衝動的な行動をすることもなくなるでしょう。

会いすぎない

大好きな人に会いたい気持ちはわかりますが、会いすぎてしまうと依存してしまう傾向も強くなります。

お互いに結婚が決まっていたり将来を見据えた関係であれば、会っていても問題はありません。

しかしまだ将来の約束ができない段階から会いすぎることで、相手に依存しすぎて苦しい思いをしなければなりません。

程良い距離感やほどよく合うことでお互いの気持ちをコントロールすることができます。

自分のためにも会いたい気持ちを抑え、会いすぎないことをお勧めします。

恋愛に疲れたなら少し休憩を…

いかがでしたか?

「恋愛に疲れたなぁ…。」と思うときは少し休憩を取るようにしてください。

恋愛ばかりが全てではありません。

確かに、恋愛があることで仕事に勉強に、様々なことを頑張る気持ちになり前向きになることもあります。

しかし、恋愛がうまくいかないことで急激に落ち込んでしまったり、疲れてしまう気持ちも現れてしまいます。

常に、恋人や好きな人がいなければダメだと言う性格も悪くはありませんが、自分自身が疲れ果ててしまいます。

相手のためにと言う気持ちもほどほどに、自分自身を大切にしてあげてくださいね。

自分自身を大切にすることができて初めて、相手から愛される女性になるのかもしれません。