仕事の人間関係って、仕事の悩みのほぼ全てと言っても過言ではありませんよね。

もちろん、成績があがらない事とか、売り上げが伸び悩んでる事とか…そういった悩みもあるものの、一番わずらわしく、簡単に解決出来ないのが仕事の人間関係です。

成績や売り上げのことなら改善するために頑張ろうとも出来るけど、人間関係はいつまでたってもスッキリすることってないんですよね。

「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」とは、心理学者アルフレッド・アドラーの言葉です。

アドラー心理学を主体としたTVドラマも制作されたりしたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

仕事においても、まさにこの言葉の通りだと思いませんか?
例えば売り上げの伸び悩みだって、その先にはお客様がいます。

営業成績だってそう。

そもそも仕事は、その先にお客様がいて成り立つものです。

誰かが必要とするものを売る。

それが仕事です。

つまり、仕事の悩みもすべて、人間関係の悩みとも言えるんですよね。

️仕事の人間関係で悩んだら12個のことを試してみよう

ただ、一般的に仕事の人間関係の悩みと言えば…職場の人間関係の悩みでしょう。

筆者も、今は個人で働いていますが、会社勤め時代の悩みと言ったら人間関係でした。

同僚や部下、上司との関係。

人間関係の悩みは、どこにいっても尽きることはありません。

筆者は、転職も相当数繰り返してきていますが、転職のキッカケが人間関係であることも多々ありました。

もちろん理由はそれだけじゃないですが、今個人で働いているのだって、独立という野望があったというよりは…人間関係がめんどくさいからというのも理由のひとつなんです。

どちらかといえば人と協調出来ない性格なので、会社に属していたとしても一匹狼タイプ。

それは学生時代からで、グループに属しているのはあまり好きではなく、ひとり行動が多いほうでした。

なので、よくサバサバしていると言われます。

…そんな一匹狼タイプの私でも、職場では人間関係に悩むんです。

ですので、強調しよう、和を大切にしようとするタイプの人の悩みは、相当なものでしょうね。

周囲と上手く付き合っていこうとする人ほど、人間関係で悩み、悩まされることが多いはずです。

この様に仕事の人間関係で悩み始めると、取り組むべき仕事や、本来悩むべき営業成績などを考えることに集中できず、思うように仕事が手につかなくなってしまったりするんですよね。

余計なことで悩み、余計なことに気を使い、余計なことでパワーを奪われてしまう。

それが仕事の人間関係です。

でも、仕事と人間関係は切っても切れないもの。

切り離して考えることは出来ません。

なんとか攻略するしかないんですよね。

そんなわけで今回は、仕事の人間関係に悩まされている皆さんのために…
“仕事の人間関係で悩んだら試してみたい事”を12個集めてみました。

考え方を変えたり、向き合い方を変えてみたら、少し楽になれるかもしれませんよ!

1.何も考えない


仕事の人間関係で悩んだら、一番は“何も考えない”ことです。

何も考えないということは、“無になる”ということかなと思います。

ただ、何も考えず無になるっていうのは、実は一番難しい方法かもしれませんね。

きっとみんな、そうできれば楽になれるのは分かっていても出来ない。

だから悩むし苦しいのですから。

でも出来るのだとしたら…何も考えず無になれるように、なってみたいと思いませんか?
無になるには練習と慣れが必要となりますが、誰にでも出来るようになると言います。

お坊さんの座禅や、瞑想のようなイメージですね。

ですので、ちょっと試すというよりは、日々の習慣として取り入れていくのがいいでしょう。

ここではひとつ、TVでも紹介されたという無になる方法をご紹介しておきます。

「目を閉じて流れる川をイメージします。

そこに落ち葉が落ちて流れていきます。

その落ち葉に、今考えていることを乗せて流していく。

思い浮かぶことを、無くなるまでどんどん流していく」という方法です。

寝る前に行うとよく眠れるようになったり、ストレスが軽減されたりするそうですよ。

無になる感覚を習得し、慣れてくれば仕事中にも、わずらわしい人間関係の悩みをスーっと流すことが出来るようになると思います。

無になる方法は沢山紹介されていますので、自分で出来そうな方法を試してみてくださいね!

でも、無になるなんて、何も考えないようにするなんてやっぱり無理。

どうしても考えちゃうし悩む、悩むから考える。

この無限のループから抜け出せない!
という場合は、脳の仕組みを理解すれば、抜け出せるキッカケが掴めるかもしれません。

簡単に言うと、嫌なことじゃなくて、楽しいことを考えるようにするということなのですが…
人の脳には感情を司る右脳と、論理を司る左脳がありますよね?
脳による感情処理の仕組みがどうなっているかというと、右脳で感じた感情を、左脳で処理するんだそうです。

仕事の人間関係で言えば、「あの人嫌だ」と思ったら、左脳が嫌いな理由を考えるということになります。

嫌だ無理だっていう感情を処理するために、左脳が働くんですね。

なので、仕事の人間関係に悩み始めたら、そればっかりが頭の中を占拠することになってしまいます。

だから、楽しいことや他のことを考えて、負の無限ループを止めるんです。

何も考えないよりも、他のことを考えるほうがきっと簡単ですよね!
また、自分を褒めたり、笑顔を作ったりすることでも、脳に働きかけることが出来るそう。

これなら、仕事中にも簡単にリセット出来るのではないでしょうか?

2.一人でも気にしない

“一人でも気にしない”というのも、仕事の人間関係の悩みから解放されるひとつの方法です。

先ほどもお話した通り、周囲との良好な関係を保とうと協調性を大切にする人ほど、仕事の人間関係に振り回されてしまうと思います。

協調性を大切にすることは、とても大事なことではありますし、きっととても優しい人柄の人なんですよね。

でも一方で、「嫌われたくない」という思い、「仲間外れになりたくない」という思いが強すぎたりしていませんか?一人になることが怖くて、たとえ嫌な思いをしていても、仕事の人間関係を保とうとしているのでは?

人の欲求のひとつに、親和欲求というものがあります。

親和欲求とは、簡単に言うと“人と親しくなりたい”という欲求です。

他者と一緒にいることで、安心感や満足感が得られるため、それを求めようとするのです。

この親和欲求が強い人は、「人に良く見られたい」「人に好かれたい」という気持ちが強く、嫌なことがあったとしても、怒ったりすることを控えてしまうんですよね。

仕事の人間関係で悩んている人は、もしかしたらこの親和欲求が強いのかもしれません。

もちろん、仕事は集団行動です。

親和するということはとても大事なこと。

でもだからと言って、あまりに仕事の人間関係に依存してしまうのは、別の部分で弊害を生みますよね。

親和欲求の強い人は特に、一人になることを怖れない。

一人でも気にしない。

ことを意識してみましょう。

みんなとランチのタイミングが合わなければ、無理に合わせる必要はありません。

みんなの意見と違うなら、自分の意見を言いましょう。

みんなと別の行動がとれるようになるだけでも、仕事の人間関係の多くの悩みから解放されるはずです。

3.無理に付き合わない


先ほどもお話した通り、仕事の人間関係に悩んでいるのなら“無理に付き合わない”ことも解決策。

悩んでいることの多くは、“無理”なのに合わせて付き合っていることのはずです。

協調性をもとうという気持ちが過剰に働き過ぎて、「嫌われたくない」と思ってしまうと、本当は無理なのに付き合ってしまうんです。

これもやはり、一人でも気にしないようになれば、解決できるはずですよね?

最初にもお話した通り、筆者は一人でも気にしないタイプです。

学生時代からそうだったとお話しましたが、中学生のころはまだ、親和欲求のほうが強かったです。

中学生くらいの時って特に、グループ行動が多いですよね?
筆者は中学3年生の時に、親の仕事に伴い転校をしました。

そこで最初は、クラスの一番目立ったグループに属していましたが、ある時仲間外れにされたんですよね。

中学生くらいのときって、こういうイジメってよくありますよね。

まさにそういった感じでした。

もちろん最初はショックでした。

でも、もともとの気の強い性格が幸いしてか、「こっちから願い下げだ!」くらいに思ったんですよね。

そして、「一人でいいや」って思ったんです。

そしたら気持ちが楽になって、さらに同じように一人でいられるサバサバしたタイプの友達が出来たんです。

この経験から、無理に人に付き合ったり、嫌なのに無理に人間関係を維持しようとすることは辞めました。

これは、仕事の人間関係も同じだと思いました。

仕事の人間関係っていうのは、学生時代の人間関係の延長のようなものです。

無理に付き合うことを辞めるだけでも、かなりの悩みは無くなるはずです。

もちろん、無理に付き合うのを辞めることで、一人になるかもしれないし、嫌われるかもしれない。

そんな新たな悩みが生まれるかもしれません。

でも、ここでまたアドラー心理学を引用すると「嫌われる勇気」を持ちましょうってことなんです。

4.断る勇気を持つ

そして嫌われる勇気は、“断る勇気を持つ”ことにも繋がります。

無理な付き合いを断れないのも、無理な仕事を押し付けられても断れないのも…嫌われる勇気がないからですよね。

嫌われるのが怖い。

一人になるのが怖い。

という気持ちがある以上、嫌なことを断ることも出来ません。

そしてそれは、仕事の人間関係で悩むという状況を生み出すんです。

もちろん仕事なので、「仕事の評価に影響するかもしれない」という怖さもあるでしょう。

でも、それを気にするばかりに自分の感情を押し殺していたら、悩みから解放されることはありません。

そしてその悩みはストレスとなり、心の病気、身体の不調を引き起こすかもしれないんです。

もし、心身が壊れてしまったら、無理に付き合ってきたのも、断らなかったのも、全て意味が無くなってしまいますよね?仕事は身体が資本なんですから。

いつも断れずに、それが悩みとなっているのなら、まず、理不尽な要求をひとつ断ってみましょう。

最初は怖いと思うので、ひとつ断ったら次は受け入れる。

その次はまた断ってみる。

という風に段階を踏んでみてください。

何度か断ってみると、案外、断りたいようなこと自体が少なくなっていくはずです。

断らない人っていうのは、誘いやすく頼みやすい。

ある意味都合のいい人なんです。

そういう人には、嫌なことがどんどん舞い込んできてしまうものです。

仕事の人間関係で悩んでいるのなら、“断る勇気”を身につけましょう!

5.仕事だと割り切って我慢

これまでご紹介してきた方法は筆者もお勧めなのですが、リスクを伴うのも事実ですよね。

一人でも気にしないようにすれば、「あの人いつも一人で何考えてるかわからない」と思われるかもしれません。

無理に付き合わないようにすれば、「人付き合いが悪いよね」と言われるかもしれません。

断る勇気をもてば、「融通の利かないやつだ」と思われるかもしれません。

仕事の人間関係に気を使っては悩み、気にしないようにしては別の問題が生まれる。

これらをリスクと捉えるかどうかの問題ではあるのですが…
これまで嫌われたくないと思って、仕事の人間関係を維持してきた人にとっては、とても勇気のいることになるでしょう。

筆者の場合は、人にどう思われようと「我が道をいったほうが楽」だったのでそうしたのですが、そのぶん人とぶつかることも多かったのは事実。

無理な人付き合いはしないけど、よりめんどくさい関わり方はしてきたってことです。

筆者の場合は嫌われる勇気がありすぎて、逆に反発を生んだ結果です。

それが、辛いとか苦しいとかはなかったのですが、めんどくさいというひとつの悩みにはなっていました。

このように今の悩みから解放された結果、別の悩みが生まれることを怖れる気持ちがあるのなら、“仕事だと割り切って我慢”することです。

ある意味、最初にお話した“何も考えない”ことと近い方法ですよね。

人間関係によって生まれる感情を、仕事として処理するということです。

人間関係は人間関係でも、「これは仕事なんだ」と理解するということですよね。

きっと仕事なら、多少嫌でも辛いことでも「仕事だからやらなきゃ」と思うはずです。

嫌な人と話すことも、今日の仕事のタスクのひとつとして捉えてみる。

これも仕事の人間関係の悩みから解放される、ひとつの賢い方法となるでしょう。

6.嫌なところはどこか考える

またこの際だから、“嫌なところはどこか”をとことん考えてみるのもいいでしょう。

仕事の人間関係で悩んでいる時というのは、そればかりが頭の中を占拠してしまい、とてつもなく大きな悩み事と感じられるものです。

嫌な人間関係を思っては、嫌なことばかりがどんどん浮かんできてしまいます。

脳がそういう仕組みになっているのだから、仕方ありません。

でも、冷静になって考えてみたら、嫌なこととして挙げられていた事例の中には、許せることもあるかもしれません。

また、他の人なら気にならないことが、嫌な人のこととなると、全部が嫌に思えているのかもしれません。

一人でも気にしないようにしたり、無理に付き合わないようにして避けたり、気にしないようにするのもひとつの方法ですが、とことん向き合ってみるのもまたひとつ。

しっかり向き合った方が、根本的な解決が出来るかもしれません。

ノートに書くと分かりやすい


この場合は、頭の中で考えるよりは、ノートに書きだしてみるのがお勧めです。

頭の中では、嫌な人の嫌なところばかりが思いついてしまいます。

それは全て嫌なこととして関連付けられて思い浮かんだことなので、全てdが嫌だと思ってしまうんです。

ノートに書きだすと分かりやすく、思い出されるひとつひとつを、冷静に考えることができるはずです。

まずは、何が嫌なのか、思いつくままに書き出してみましょう。

嫌なことをノートの上に全部出し切ったら、そのひとつひとつが何故嫌なのかを考えて、さらに書き出してみるのです。

そこには、相手の問題だけじゃなく、自分の問題も見えてくるはずです。

人間関係の悩みと言うのは、相手の存在や行動によってもたらされる、自分の中の感情によるものですよね。

例えば、上司との人間関係に悩んでいたとしたら…
仕事を押し付けてくるところが嫌。

気に入っている部下とそうじゃない部下で扱いが違う所が嫌。

威圧的な態度で怒りっぽいところが嫌。

などがあるでしょうか。

仕事を押し付けてくるところは…人にやらせてくるところや、こっちの状況も考えずに押し付けてくるから嫌なんですよね?その時の自分は、受け入れる余裕がなくいっぱいいっぱい。

いっぱいいっぱいな上に仕事を振られるので、イライラしちゃうんですよね。

この状況の場合、上司がその立場を利用して仕事を押し付けている場合と、上司の立場だからこそ、仕事を振っている場合があると思うんです。

それによって、大きく違いますよね?
ここでの問題は、自分に余裕がないこと。

それを分かってもらえない事。

そして、それを断れずに受け入れてしまった自分にイライラしているのではないでしょうか。

上司の思いがどちらだとしても、問題は断れない自分。

状況を訴えられない自分にもありますよね?
人間関係に波風を立てないようにするあまり、円滑な意思の疎通が図れていないのかもしれません。

お互いに言葉が足りないと、勘違いが生まれることもあるんです。

もしかしたら上司は、あなたに期待して仕事を振っているのかもしれません。

それでも、本当の意味で人間関係が築けていないと、期待されていることに気付けず、上司を嫌いになってしまうんです。

また、お気に入りの部下とそうじゃない部下で扱いが違う場合…確かに上司としての人間性にも問題がありますが、自分の心の動きっていうのは、気にいられている人への嫉妬だったりしませんか?本当は自分も好かれたいし気にいられたいという気持ちがあるのではないでしょうか。

筆者だったら、人によって態度が違う上司なんて、気に入ってもらえなくても構わないって思っちゃいますけどね。

他人からの評価も見る

例に挙げた上司のように、上司の人間性に問題がある場合もあれば、そうではない場合もあると思います。

上司じゃなくても、同僚でも部下でも、自分の評価と他人の評価では違う場合もありますよね?

悩んでいる人間関係の嫌なところを書き出して、よく自分と向き合ったうえで、その人の他人からの評価も見るようにしてみましょう。

もしかしたら、自分の思いこみや勘違いで、その人を嫌っているのかも。

他人の評価を見ることで、悩んでいたことの解決の糸口が見つかるかもしれませんよ!

7.改善を求める

仕事の人間関係で悩んでいる場合、先ほどもお話した通り、断れない自分、訴えられない自分にも問題があるのかもしれませんよね?
悩んでいるばかり、一方的に押し付けられるばかりで、自分は何も行動を起こしていないとしたら…状況が変わるはずもありません。

嫌なことがあるなら、“改善を求める”のも悩みから解放されるための手段です。

もしかしたら、これだけで悩みは解決するかもしれません。

改善を求めるというのは、自分の気持ちや考えを述べることでもありますよね。

これまで何も言わずにただ我慢していたのだとしたら、相手はあなたの気持ちや状況に、気づいていないだけの可能性もあります。

仕事を押し付けるのも、実はあなたなら出来ると思っているからだったり、余裕があるように見えていたり。

人によって接する態度が違うように見える人も、気にかけなければならない部下と、ひとりでもちゃんとやってくれる部下とで、気のまわし方が違うだけなのかもしれません。

仕事の人間関係で悩んでいる場合、ほとんどの人が自分の気持ちを押し殺していると思います。

そのため、相手に気持ちは伝わっていないのです。

察して欲しい…そんな気持ちもあるとは思いますが、相手も人間です。

みんなそう完璧じゃないんです。

仕事なら特に、余計な気を使うのは仕事に差し支えます。

しっかり言葉で意思の疎通をしたほうが、お互いに気持ちよく、仕事もスムーズに進めていけるはずです。

ただ、これまで自分の気持ちを発信することなく、ひとりで悩んでいた場合、改善を要求するなんてハードルが高いですよね?
ちょっと勇気がもてない場合は、遠回しに伝えるといいかもしれません。

また、近い人に相談して、角が立たないよう伝えてもらうのもひとつの方法です。

でも本当は、直接はっきり言う方が、尾を引くことがありません。

その時は気まずいかもしれませんが、実際は、相手も直接言われた方が伝わるし、嫌な思いをしないはずです。

遠回しに言われたり、誰かを通して言われたりすることのほうが、嫌~な空気を生むものです。

言う勇気をもって、伝えてみましょう!
それで相手が変わらなかったとしても、気持ちを伝えたことだけでも案外スッキリするはずです。

8.仕事仲間と意見交換


仕事の人間関係での悩みは、“仕事仲間と意見交換”をすることも、ひとつの解決策です。

ひとりで抱え込んでしまっていると、悩みで頭がいっぱいになってしまって、周りが見えない状態にもなってしまいますよね。

相手に直接話すこともそうですが、仕事仲間に相談したり、意見交換したりすることで、あっさり解決する悩みもあるかもしれません。

横暴な上司に悩んでいるのなら、周囲の仲間も同じように悩んでいるかもしれません。

また、意見交換することで、他人からの客観的な意見も聞けますよね。

自分が見えていなかった側面が見えてくることで、自分の思い込みに気づくこともあるでしょう。

それに、考え方や捉え方の変換も出来るかもしれませんね。

人間関係を良好に保ちたい。

その気持ちで自分の意見を発信してこなかった人は…実はただ波風を立てないようにしていただけで、人間関係は築けていないのかもしれません。

上手く付き合っているように見えても、それは表面上そう見えるだけで、意思の疎通は出来ていないということもありますよね。

仕事仲間との意見交換は、実のある人間関係を築く上でも、悩みを共有する上でも、とても有意義なことです。

ひとりで抱え込まず、仲間に話してみましょう。

9.他者からアドバイスをもらう

“他者からアドバイスをもらう”のも、仕事の人間関係に悩んだら試してみるべきです。

これは、仕事仲間ではなくても、友人や親などでもいいんです。

ただ、アドバイスをもらうという観点でいうと、出来れば社会経験豊富な人のほうがいいですね。

もちろん、親も社会経験豊富な人のひとりでしょう。

仕事での人間関係の築き方も、沢山経験して試行錯誤してきているはずです。

下っ端経験も、上の立場も経験してきている人は、いろいろな観点から、仕事の人間関係についてアドバイスをくれるはずですよ。

仕事の人間関係で悩んでしまっている場合、自分では解決できないからその悩みから抜け出せないでいるんです。

他者からのアドバイスは、解決の糸口を見つけてくれるはずです。

10.相談窓口に相談する

仕事の人間関係に悩んでいて、周囲に相談できるような人が思い当たらない場合は、“相談窓口に相談する”のもひとつの方法です。

今は、仕事での悩みから、心の病気へと発展していくことを深刻に捉えられるようになっています。

その為、働く人の為のさまざまなサポート体制が整ってきています。

大きな会社であれば、社内にカウンセラーを配置しているところもあるでしょう。

ただ、秘密厳守とはいえ社内の窓口は利用しづらいとも思います。

そんな時は、厚生労働省が運営する「こころの耳」というサイトを覗いてみてください。

相談窓口以外にも、電話相談やメール相談も出来るようになっています。

ストレスチェックなんかも出来るようになっているので、自分の状態を知ることも出来ますよ!

11.人間関係セミナーを受ける


仕事の人間関係に悩んでいて、なんとか攻略したい!そんな気持ちがあるのなら“人間関係セミナーを受ける”のもいいかもしれません。

これも客観的な意見が聞けるのと同時に、目からうろこの人間関係構築術を教えてくれるかもしれません。

人間関係やコミュニケーションのセミナーは、沢山開催されています。

それだけ、みんな人間関係に悩みを抱えているということでもありますよね。

仕事の悩みのほとんどは人間関係だし、人間関係さえ上手く行けば、仕事を攻略したも同然です。

人間関係にもコミュニケーションにも、コツがあるんですよね。

筆者はセミナーには参加したことはありませんが、セミナーではそういった術を教えてくれるでしょう。

セミナーに参加して、教わったことをやってみる。

ゲームを攻略するくらいの感覚で、楽しみながら、いろいろ試してみるといいかもしれません。

12.心療内科を受診する

抱えている、仕事の人間関係の悩みに対して、セミナーに行ったり、いろいろと行動を起こすような気力もない…そんな状態じゃないという場合は、“心療内科を受診する”のも大切です。

先ほどお話した、相談窓口を利用してみるのでもいいでしょう。

仕事の人間関係は、仕事のストレスの大きな要因となっています。

人間関係がストレスとなり、それが心の病気へとなっていく可能性もあるんです。

悩みが深刻な状態なら、すでに心が壊れてしまっているかもしれません。

病気なら、病院へかかることが必要ですよね?また、お休みも必要ですよね?

病気かどうかもわからないのに、悩み事くらいで病院に行ってもいいものか…と思う人もいるかもしれませんが、病気かどうかはお医者さんが判断するものです。

自分が病気かどうかわからなくても、行っていいんです。

とりあえず心療内科に行ってみて、話を聞いてもらいましょう。

専門家ですので、お休みが必要かどうか、治療が必要かどうかを判断してくれます。

また、気持ちが楽になるよう、考え方の変換をアドバイスしてくれることもあると思います。

心の専門家ですから、外科医が患部の仕組みを理解して治療するように、心の仕組みを理解し、心の動きを見ながら診察してくれます。

️仕事も人間関係も好調に!

今回は“仕事の人間関係で悩んだらやりたい12のこと”をまとめてみました。

試してみたい事、やれそうなことは見つかりましたか?
積極的に行動してみるもよし、上手にかわすのもよし。

あなたにあった方法を模索してみてください。

最終的には、仕事を辞める&転職するというのも、仕事の人間関係の悩みから解放される方法ですよね。

でも、もちろん転職先にも人間関係は待っています。

転職するにしても、人間関係の構築法をいろいろ試しておいたほうが、今後の為かもしれません。

仕事も人間関係も好調に!頑張っていきましょう♪