可愛いは正義なんて言ってみたいものですね。

アラフォー女の筆者としては、もう可愛いは正義だなんて言葉は口が裂けても言えません(笑)

そもそも「可愛いは正義」だなんて堂々と言ったら、女子からは批判を浴びそうなものですが…

むしろそのいさぎよさで好かれたりもするのかな?

だいたいこの言葉って、どこから生まれたんだろう?って思ったら、『苺ましまろ』というマンガのキャッチコピーなんだそう。

どちらかといえば成人男性向けのマンガのようなので、

男性目線で言えば確かに、可愛いは正義くらいの感覚が、可愛い女性をチヤホヤする男性心理にぴったりはまるのかも。

可愛いは正義…実感できるエピソード26選

そして、可愛いは正義という言葉が正当化されるようになって、

これまで自分の可愛さをひけらかさなかった女子たちも、可愛いは正義なんだと自覚し始めているみたい?

先ほども言ったように、筆者はもうアラフォーなので、「可愛いは正義なんだ」と思えるのが羨ましくもありますね。

筆者も若いころは、多少可愛いと言われたりもしていました。

でも若いころの筆者は、それをあまりいいとは思っていなくて…そんなことからも性格が可愛くありませんでした。

今思えば、せっかくそこそこ可愛く生んでもらったんだから、可愛さを正義として活用するくらいのほうが良かったかな~なんて思ったり。

でも、本当に可愛いは正義なの?

そんな疑問があるので今回は、可愛いは正義!と実感している女子たちのエピソードを集めてみました。

子どもが懐く

可愛い人には“子供が懐く”!?

これを実感している人って結構多いみたいです。

例えば…保育園の実習に美人な子と二人で行ったら、子供たちの態度が明らかに違かった!という声や、

4,5人の女性が集まったパーティーに子連れの人がいて、みんなでその子供と遊んでいても

やっぱり、子供が自分から近づいていくのは美人の元!という声がありました。

どうやら子供にも、美人や可愛い人を判別する能力がすでに備わっているようです。

これについても、心理学や脳科学など多方面で研究されているようで、生後3ヶ月で美人を見分けられるという実験結果もあるそうですよ!
この謎は完全に解明されているわけではないようですが、子孫を残す為や生存するための、動物的本能のようなものらしいです。

人は、感覚情報の中では視覚が7割を占めているんだそう。

特に経験や知識が乏しく、他に判別する要素が無い子供は、美人な人や可愛い人の、その見た目がほぼ全てなんでしょうね。

子供なら、「こっちのお姉さんに悪いな」とかも考えられないでしょうから、とっても正直ってことですよね。

もちろん、可愛いは正義の可愛いの意味するところは見た目だけじゃないはずですが…子供の場合は完全に見た目で判断しているようです。

先生や上司に贔屓される

可愛いと“先生や上司に贔屓される”っていうのもあるみたいですね。

筆者も確かに…どちらかといえばそうだったような気がします。

小学生のころ、担任の先生に可愛がられていた記憶があります。

その人は女性だったのですが、数年後、筆者が大人になってからお会いした時に先生の気持ちを伺ったところ…「贔屓ってしちゃう」って言ってました。

正直者ですよね。

ただ、顔が可愛いとかそういう意味じゃなくて、人なつっこく懐いてくる子とか、明るくて性格の良い子とかには、生活態度が悪い子と比べたら甘くなっちゃうってことでした。

「先生は可愛い子に贔屓してる」って声も沢山ありましたけど、先生側の「顔が可愛いってだけで贔屓なんてしない」って意見も多数。

実際は受け取り方の違いだったりもするみたいだし、実際に可愛いってことだけで贔屓する先生もいるようですね。

また、会社では上司による贔屓の事例も多数。

これも筆者も実感するところですかね。

以前勤めていた会社は美人揃いでした。

明らかに顔で選んでるよね?と思わざるを得ないほど。

まぁその中に入れてもらえた筆者もそう見られていたのかもしれませんけど…

面接に真っ赤なミニスカートを履いてきちゃうような子が入社したりしてたので、

社会人としての最低限のマナーから教えなきゃいけない現場の身にもなってくれって感じでしたけどね~。

そんな美人揃いの中でも、より美人はチヤホヤされるもので、仕事が成立しているかどうかなんて関係ないところもありました。

もちろんそういった上司ばかりじゃないものの、人格者であることを求められる先生よりも、

一般人である会社の上司とかのほうが、可愛い子への贔屓が顕著に表れるのかもしれませんね。

特に男性上司から見た、若くて可愛い女性スタッフは、上司ではなく男になってしまう存在なのかもしれません。

可愛がられた方が仕事がやりやすいことは言うまでもないし…。

そんなところが会社でも、可愛いは正義となるのかもしれませんね。

失敗を許してもらえる

可愛い子は“失敗を許してもらえる”ところも、正義と言えるみたいですね。

これが正義って言われちゃうと、女性からの反感は免れそうにないですが…ただの甘やかしですよね。

こういったことは、特に仕事で多いみたいですね。

可愛いとバイト先で、多少トロくても「おっとり」で許されてるとか、多少のミスは笑って許されるとか…そういった声は山ほど出てきます。

可愛い子なら「しょうがないな~次は気をつけようね」ってなっちゃうんでしょうね。

それに、「じゃあ手取り足取り教えてあげようか?」っていらぬ下心も刺激されるのかもしれません。

筆者も上司の立場だったことがありましたけど…むしろ逆でしたね。

可愛い女性社員やイケメンの男性社員には超厳しくしてました。

今思えば嫉妬だったのかなぁっても思いますけど。

顔が良いだけで中身が無くても、のし上がってる人とかを毛嫌いしていたので…顔で評価する人の気持ちが全く理解出来ません。

でも、実際顔によって評価されている人がいるのは事実なので…やっぱり正義なの?

まぁ正義かどうかは別として、可愛いと得なんでしょうね。

電車で席を譲られる

可愛いと“電車で席を譲られる”ということも!?

この場合、わざわざ立って譲られるということではなく、目の前の席が空いた時に、同じく横に立っている男性が、譲ってくれる確率が高いということのようです。

単純にレディファーストのできる紳士的な人だからじゃなくて?って思っちゃいますが…

周囲から見た印象と、可愛い人本人の認識で「ほら、やっぱりね」ってなるのかも。

周囲の嫉妬心と、本人の思い上がりじゃないの?っても思うけど、それを正義と思えるところが、可愛い人は得なのかもしれませんね。

「可愛いから得しちゃった♪」って何でも捉えられたら、毎日幸せですもんね!

なんだか、筆者の個人的な僻み感情が出てきちゃいました(笑)

転校するとチヤホヤされる

可愛い子は“転校するとチヤホヤされる”んだそう。

確かに転校生が来たときって、何かと話題になるし、その子が可愛ければ他のクラスにも噂が広まっていったりもしますよね。

そもそも“転校生”という存在がチヤホヤされる存在な気もしますけど、それが可愛ければさらに話題になるのかな?

そういう意味では、転入したての本人としては、掴みはOK♪ってなるのかもしれませんね。

実は筆者も、中学生の時に転校経験があるのですが…自分自身にはあまり良い記憶がありません。

でもどうやら、超モテてたらしいんです。

自分でいうのもなんですが。

数年後に、姉がバイト先で一緒だった子が筆者と同級生で、その子が言ってたらしいんです。

でもその割に、自転車のタイヤに数十個の画鋲が刺さっていたりと、モテようがモテまいが、嫌な思いしかありません。

しいていうなら、モテてたから嫉妬によるイジメ?だったんだろうと自分に言い聞かせるくらいかな。

転校してチヤホヤされるのが、可愛いは正義の理由…う~ん。人によるのかなぁ。

筆者は性格に難ありですからね(笑)

お客さんからよく話しかけれる

“お客さんからよく話しかけられる”ことでも、可愛いは正義を実感するみたいです。

仕事中によく話しかけられるなんて、むしろ面倒くさいですけど…ね。

でもやっぱり可愛い子は、お客さんからよく話しかけられてはいたかも。

筆者は昔、結婚式場で働いていたのですが、お料理を運ぶサービススタッフが可愛いと、確かに良く話しかけられていたし、毎回4~5枚の名刺を渡されるって言っていました。

特に新郎側の友人や会社関係のテーブルを可愛い子が担当していると、盛り上がっているんですよね。

そういった特性からも、新郎側の友人席や会社関係者の席には、若くて可愛い子を担当にさせたり、女性側の席には男性をつけたり…みたいな小細工もしてました。

でも実際は、男性の友人席は飲んでばかりで料理の皿は空かないし、絡まれるしで大変。

なので、必ずしも得とは限らないんですよね。

基本お客さんとどうこうなることって無いですし。

でもまぁ、面倒くさくても罵声を浴びせられるよりはいいのかな?相手もニコニコ笑顔で接してくれたりもしますしね!

そういった意味では、可愛いと得なのかもしれません。

でも何より、可愛いは正義って思えるのは、本人の優越感なのかな。

お客さんからラブレターをもらう

“お客さんからラブレターをもらう”のも可愛いは正義と実感できることのよう。

これは特にサービス業の人に多いということのようで、先ほどお話した名刺をもらう女の子と同じようなことですよね。

可愛いは正義だっていうのはつまり、モテるってことなんですね!

可愛いとモテる!お客さんから突然ラブレターを貰うほどに!!と、優越件に浸れるところが「ほらね♪」ってなるのかもしれません。

実は筆者もこの経験があるんですが、「いやいや私のこと何も知りませんよね?」って思っちゃったし、

「そもそもニコニコ感じのいい対応してるのは仕事だからなんですけど」って…思っちゃいました。

こういう所がイケなかったのかな~。

「でしょ~♡やっぱり可愛いでしょ♪」くらいに、可愛いを正義として振りかざせば良かったのかしら(笑)

きっと、可愛いは正義!なんて思える人って、中身も可愛げがあるんでしょうね。

店員さんの対応が親切

可愛いは正義と実感するのは店員さんの対応にも現れるようです。

可愛いと“店員さんの対応が親切”なんだそうですよ!

そうなんですかね?筆者もずーっとサービス業してましたけど…可愛さで態度は変えません。

むしろお金を出してくれる人とそうでない人でなら、多少態度は変わるかも。

でも実際に、コスメカウンターでの店員の態度が、美人とそうじゃない人とでは明らかに違う!って声もありました。

つまり、男性だけじゃなくて女性店員さんも、容姿で態度を変えたりしてるってことなんです。

真意はよくわからないけど…やっぱり可愛いと得ってことなんですかね。

お店でサービスされる

可愛いと、店員さんの対応が親切なだけにとどまらず、“お店でサービスされる”こともあるようです。

確かにこういうことがあれば、「可愛いってやっぱり得♪」って思っちゃいそうですね。

JKブランドみたいに、可愛いブランドとでも言ってもらった方がまだ納得感がある気がします。

何を着ても似合う

また可愛いは正義と実感するのは“何を着ても似合う”っていうところにも。

これは確かにそうですよね!

可愛いと何を着ても似合っちゃう。

モデルさんが着ている洋服を一般人が着るとなんか違うってなっちゃうのと同じですよね。

可愛い子が着るとより可愛いし、オシャレにも見えちゃう!可愛い顔っていうのは、コーディネートのひとつのアイテムのようなものですもんね。

正義かどうかは別として、可愛いは得であるのは間違いないですよね!

どんな髪型も似合う


そして、何を着ても似合うのと同じで、“どんな髪型も似合う”っていうのも可愛いは正義だと言えるところ。

やっぱり、可愛い子はどんな髪型しても似合っちゃいますもんね!

筆者も、ヘアスタイルを考える時ってよく画像検索をするんですけど…純粋に髪型だけ見てるっていうよりは、顔+髪型で選んでいるかもしれません。

やっぱり可愛い子は、何気ない髪型も可愛く見えるし憧れちゃいます。