結婚は人生の大きな決断の一つです。

それによって人生が大きく変わることだってあるでしょう。

そのため、人は必ず幸せになろうと思い結婚を決める事でしょう。

結婚する時から『この結婚は失敗するだろう』なんて思って結婚する人はおそらく居ないでしょう。

しかしながら、人の気持ちは変わるものです。

どんなに好きで結婚下としても、月日が流れて行けばその気持ちが冷めて行く事でしょう。

気持ちが冷めていくだけならまだしも、段々と相手の事が嫌になり一緒に過ごす事が出来ない程、嫌悪の気持ちが高まる事だってあるでしょう。

今では、離婚する事は昔に比べあまり珍しい事では無くなりました。

人生は一度しかありません。

もしイヤイヤ一緒に過ごして居るのであれば、きっぱり別れて新しい人生を歩む事をおすすめします。

耐え忍ぶ人生より、自分の好きな事をしている人生の方が絶対に後悔の無い最後を迎える事が出来るからです。

しかし、離婚する際是非考えて欲しい事があります。

それは子供の存在です。

あなたがどんなに嫌いな相手であっても、子供にとって親であるという事実に変わりはありません。

そのため、その気持ちを尊重する事を忘れずに居てください。

バツイチ子持ちの再婚成功のための秘訣21選

離婚をした当初は、結婚なんてもうコリゴリと思う方も多い事でしょう。

しかし、時間が経つにつれその気持ちに変化が起こる事があるかもしれません。

これからの人生に向け、新たなパートナーが欲しいいと感じる事だってあるでしょう。

離婚は決して悪い事をしたわけではありません。

自分の人生です。

自分の思うように生きれば良いのです。

そのため、どんな年齢であり、どんな理由で離婚をしたにしろ再婚したいと思う事は誰にでも平等に許された権利です。

しかし、ここで忘れては行けないポイントがあります。

それは子供が居る場合です。

もし、あなたにお子さんが居る場合再婚を決める際には必ず子供の事を考えて決断する必要があります。

人生はあなたのものですが、それと同時に子供を育てるという任務もあなたのものだからです。

大事な家族である子供に祝福される程、素晴らしい再婚はありません。

是非新たな家族を迎える際は、自分の気持ちと同じ様に子供の気持ちも忘れずに考えて上げてください。

そうは言っても、離婚も初めてであれば再婚だって初めてと言う方も多く居る事でしょう。

そこで今回は、子連れ再婚を成功させるコツを伝授させて頂きます。

良い人に出会うまで

まずは、新たな異性に出会う前のお話。

婚活で言えば、最初の段階です。

離婚をして、すぐに気持ちを切り替える事が出来る人も居ればそうでない人も居る事でしょう。

そんな時、どんな風に考え行動すれば良いのかをご紹介させて頂きます。

1.クヨクヨしない

離婚は、結婚に比べ何倍も労力を使うと言われています。

確かに、お互い前向きな気持ちで行う結婚とは違い、嫌いになったもの同士が話し合いをすると言う事はそれだけ相手との会話にも棘がでるものです。

お金の話し合いなど、シビアな話も多く心もすっかり疲れてしまう事もあるでしょう。

そのため、どんなに円満離婚と周りには明るくふるまって居たとしても夜になれば落ち込み暗い気持ちになる事があるかもしれません。

離婚自体は、後悔していなくとも将来を考え不安な気持ちでいっぱいになってしまう事だってあるかもしれません。

そんな時、ついついクヨクヨと悩み出してしまう時だってあるかもしれません。

しかし、いくら悩んだ所で現実は何も変わりません。

悩む事で、心が元気になるのであれば必要かもしれませんが、おそらくは堂々巡りになってしまうだけでしょう。

そんな姿を見ているお子さんは不安な気持ちになってしまいます。

から元気だってなんだって良いのです。

自分の決めた道を信じ、前向きに行動して行きましょう。

人には言霊があると言われています。

前向きな事を口に出しているだけで、心が前向きになる事だってあるでしょう。

過ぎた事をいつまでも考えるのを止め、前向きに活動して行きましょう。

2.バツイチ子持ちを気にしすぎない

今では昔に比べ、離婚歴のあるいわゆる『バツ付き』と呼ばれる方が大勢います。

『バツイチ』なんて言われ方をする事もあり、軽く伝える事が出来るでしょう。

しかしながら、お子さんが居る場合はバツイチと言う言い方よりも『片親』と言われる事の方が多いでしょう。

片親に対する世間の目はまだまだ冷たい場合があります。

何か子供が問題を起こせば、『あそこのうちは片親だから』と影口を言う人が居るかもしれません。

しかし、片親だって両親が揃っている家庭と何ら変わりは無いのです。

確かに、片親の場合は仕事で忙しい時家を開けがちになり子供をしっかりと見てあげる事が出来ない時があるかもしれません。

二人で見るより一人で見る方が、目が行き届かない事があるでしょう。

しかし、だからと言って片親だからダメだと言う事にはなりません。

両親が居たとしても、そこに何の愛情も無ければ意味は無いのです。

世間には多くの人がいます。

時に、心無い言葉で傷つけられる事があるかもしれません。

しかし、自分自身が間違った事をしていないと思えるのであれば、そんな言葉を気にする必要なんて微塵もありません。

一人の親として、自分の子供を精一杯・出来る限りの時間で支えてあげることが出来ればそれで良いのです。

3.バツイチ子持ちを隠さない

ついつい言い訳をするかのように、バツイチ子持ちを隠してしまう方がいます。

しかし、一度ついた嘘は後からなかなか撤回する事が出来ません。

例え、バツイチ子持ちであったとしても他の人からどうこう言われる筋合いはありません。

そのため、事実は事実として最初に打ち明けてしまいましょう。

今後、あなたが再婚を考えて居るのであればどこでいい人に巡り合う事が出来るか分かりません。

そのため、事実を公表しておく事はとても大切な事です。

自分に興味を持ってくれる相手が現れたとしても、バツイチ子持ちの事実を知らずにいるのであれば

それは本当のあなたを見ている事にはならないからです。

いい出会いを探すのであれば、こちらの状況をしっかりと理解してくれる方でなければ意味がありません。

特に子供が居る場合は、親になる為の気持ちも必要でしょう。

そのため、事実はしっかりと伝える事が素敵な再婚をする為の近道となります。

4.離婚の原因は改善する

離婚をする際、相手の借金やDV・暴力・浮気など分かりやすい理由が無い場合大抵お互いに理由が考えられます。

ついつい相手ばかりが悪いような気持ちになってしまいますが、自分自身にも悪い点が必ずあるのです。

そのため、再婚を考えるのであればそのポイントをしかっかりと改善しておきましょう。

自分の行動を反省せず、すぐに再婚相手を探したとしてもその再婚が上手く行く事は少ないでしょう。

同じ事を繰り返し、バツを増やすだけになってしまうかもしれません。

恋愛は勉強と同じです。

予習・復習をいかにしっかり出来たかが、今後の大きな課題となるのです。

離婚した事実に目を向ける事は辛いかもしれませんが、そこをしっかりと見つめる事が出来るかどうかが重要なのです。

5.病まない

離婚をした方の中には、自分の意思とは違い相手から切り出されてしまった方も居る事でしょう。

そんな方は、なかなか離婚の事実を受け止める事が出来ず暗い気持ちになってしまう事だってあるかもしれません。

そんな生活が続けば、心のバランスを崩してしまう事も珍しい事ではありません。

幸せになろうと思い決めた結婚が、自分の意思に反して終わってしまった事は悲しい事かもしれません。

特にお子さんが居る場合は、今後の人生を考え不安でいっぱいになってしまうのも分かります。

しかし、だからと言ってそのまま病んでしまっては人生が勿体無いとは思いませんか?

もし、自分の意思とは関係なく離婚してしまったのであれば相手が後悔するくらい幸せな人生を歩む様に努力して行きましょう。

人は、いくつになっても人生をやり直す事が出来ます。

自分が笑顔で暮らす事が出来る日々を探して行きましょう。

6.元気に生活する

離婚をすると、精神的に落ち込む時があるかもしれません。

しかし、その時期を辛い気持ちで過ごしてしまうと、離婚を引きずる事になってしまうでしょう。

過去は過去です。

失敗を振り返り、反省する事は大切ですが、それを前向きに捉える事が出来るかかどうかでその後の人生は大きく変わって行く事になるでしょう。

人生は一度しかありません。

暗く過ごすより、前向きに明るく・元気にすごした方がずっと素晴らしい人勢を生きる事が出来るでしょう。

自分の人生を決める事が出来るのは自分だけです。

過去に囚われる事無く前向きに生きていきましょう。

7.結婚生活経験者ゆえの理解力を持つ

離婚をした人の中には、結婚生活全てを忘れようとしてしまう人もいます。

確かに、結果としては残念な終わりだったかもしれません。

忘れたい程辛い出来事だったのかもしれません。

しかし、それも馬えて全てが人生の糧となるのです。

例え、忘れたいような経験も人生を形成する上では無くてはならない出来事になる事でしょう。

それらを全て経験したからこそ今のあなたが存在しているのです。

自分自身の人生を否定するのではなく、前向きに捉えるようにしましょう。

せっかく結婚生活の経験があるのであれば、それを理解力という形に変え次の結婚生活に役立てて見てはいかがでしょうか。

8.経済的に安定させる

自分自身の生活が安定していないと、つい誰かに頼りたくなるものです。

元々依存度が高い人は居るので、人に依存する事が悪い事とは言い切れません。

それによって、二人の関係が上手く行く事もあるでしょう。

しかしながら、経済的な不安から再婚すると言う事はおすすめ出来ません。

子育てにはお金がかかります。

そのため、再婚する事によって経済的負担を軽減する事が出来るのであれば片親としての負担を軽減させる事が出来るかもしれません。

子供も、将来の夢を様々な選択肢の中から選ぶ事が出来るかもしれません。

しかしながら、そこに親子としての愛情が存在していなければ、本当にお金だけの関係になってしまうのです。

お金は確かに大切です。

『愛さえあればお金なんて要らない』と言うのは、綺麗ごとです。

しかしながら、お金があれば良いと言う問題でもありません。

家族として新たなスタートを切ろうと考えて居るのであればお互いがお互いを尊重し尊敬しあえる関係で無ければなりません。

自分自身に余裕が無いと、ついつい目先の利益に走りがちです。

そのため再婚も焦ってしまってまた失敗してしまうと言う事も無いとは言い切れません。

しかし、自分に余裕があれば相手をきちんと見極める事が出来るでしょう。

そのため、自分の足で立って生活する事はとても大切なポイントです。

9.育児を抱え込みすぎない

自分一人で子供を育てて居ると、物理的にどうしようも無い時があるでしょう。

どんなに子供の傍に居てあげたいと考えても、生活する為には仕事をしなければなりません。

その忙しい環境の中では、体は勿論心も疲れ果ててしまいます。

離婚を決めたのは自分なので、それでも多くの方が頑張ろうとします。

確かに、片親で育てていこうと決めたのは自分かもしれません。

しかし、だからと言って誰にも頼ってはいけないと言う事ではありません。

時には、自分の両親や公共の機関を利用して自分のホット出来る時間を確保する事もとても大切な時間です。

子供はとても可愛い存在です。

目に入れても痛くないと本気で感じる事が出来るでしょう。

しかしながら、それと同じくらい育児は体力を使います。

明るく楽しい時間を沢山共有する為には、時には嫌もまた休憩する事が大切なのです。

無理は続きません。

必ず後から、疲れがやってきます。

そうならない為には、小出しにして行く事が重要でしょう。

大事な子供を守る為にも、自分自身も甘やかしてあげることが時に重要です。

10.婚活をする

子持ちで再婚をしようと考えている方は、婚活を行う事をおすすめします。

と言うのも、婚活では、相手の希望条件をあらかじめ提示して出会いを探す事が出来ます。

そのため、『バツイチ』 『子持ち』という条件でも問題ないと言う方を初めから選んで出会う事が出来るのです。

再婚自体は余り問題になる事はありませんが、子供がいる場合『親』という存在になる事に責任を感じ前向きに考える事が出来ない方もいます。

せっかくいい出会いだと思っても子供がいる事で、疎遠になってしまう場合もあり、無駄な時間を使ってしまうかもしれません。

その点、婚活サイトであれば子供が居る事が最初から分かった状態で出会う事が出来るので、より効率的に婚活を行う事が出来ます。

大手のサイトを利用すれば、アドバードなどから的確な意見を貰う事も出来るので、一人で行う婚活が不安な方も楽しみながら活動する事が出来るでしょう。

11.視野を広く持つ

再婚に限らず、初婚の場合であっても焦って行動した所で何も良い事はありません。

かえって、焦って居るその行動が相手に負担となり、距離をおかれてしまう事だってあるのです。

出会いは自ら探す事はとても重要です。

だからと言って、目の前に居る人に狙いを定めて行動しろと言うものではありません。

視野を広く持ち、様々な出会いを楽しみながら生活するのです。

そうして行く中で、自分では全くタイプだと思って居なかった相手とでも楽しい時間を過ごす事が出来るかもしれないからです。

人の好みは変わるものです。

結婚・離婚を経験した事によって、自分のなかで譲る事が出来ない新たなポイントと言うものが出来ているかもしれません。

また、自分では気が付いていないだけで無意識に顏だけで相手を選んでしまって居る場合だって考えられるのです。

顏は重要なポイントかもしれませんが、再婚相手を選ぶポイントとしての基準として考えればとても低いのではないでしょうか。

視野を広く持つ事で、意外な接点を持つ事が出来る事もあります。

良い婚活をしたいのであれば、最初から条件に囚われるのでは無く、様々な人と出会い実際に交流していく中で相手を探す事をおすすめ致します。

12.いろんな考え方や価値観を知る

世界には様々な人が暮らしています。

その中には、話す言葉も違っていれば食の文化や歴史などまったく異なる生活をしている人々がいます。

例え、同じ国に暮らしていようとその差に変わりはありません。

育った環境に違いがあれば、それだけで考え方は大きく変わって行くのです。

そのため、自分自身の考えが全て正しいと言う気持ちは捨て去りましょう。

自分の意思を持つ事はとても大事ですが、それと同じように相手の気持ちや考え方・価値観などを理解する様にしましょう。

100%理解する事が出来なかったとしても、理解しようと行動するだけでも相手にとっては全く違った印象を得る事が出来ます。

結婚とは、他人同士が一緒に暮らす事を指します。

そのため、どうしても合わない部分と言うものは出てくる事でしょう。

そこをいかに話し合い分かり合う事が出来るかどうかが重要なポイントとなって居るのです。

13.相手の人とよく話し合う

これは、子連れ再婚をする為にはとても重要なポイントです。

お互いの考えている将来設計をすり合わせ、お互いに譲れない条件が無いかどうかを考える事が出来るからです。

どうしても再婚したいと言う方の中には、上辺だけの会話ですぐに相手を決めてしまう方がいます。

自分だけの人生なら、それもまたいいかもしれません。

しかし、子供が居る場合はそうはいきません。

親の再婚は、子供の人生においても大きな事件です。

それによって人生が大きく変わってしまう事だって十分に考えられるのです。

再婚をするには、本人同士ですが子供も家族として存在している事を忘れては行けません。

自分たちが再婚する事によって、子供にどんな影響が出るのか。

心配な面は無いかなどしっかりと考えてから決断する事で、失敗の無い再婚をする事が出来るでしょう。

14.相手の男性をよく見極める

これは、再婚に限らず結婚をする際はどのタイミングでもどんな年齢の方にも言える事です。

恋をsじている時、人はついつい夢中になるあまり良い所しか見えなくなる生き物です。

冷静になれば十分マイナスポイントの部分であっても前向きに考えてしまう事もあるでしょう。

しかし、人の気持ちはいつか冷めていきます。

その時に気が付いても遅い場合が多々あります。

自分の人生を変えるかもしれない需要な相手です。

そのため、結婚を決める前には、じっくりじっくり相手を見極め、問題が無いかどうかをしっかりと観察する事が重要です。

恋愛と結婚は別だと多くの人が言います。

恋愛は気持ちさえあればはじめる事が出来ます。

しかし、結婚は現実です。

生活して行かなければなりません。

素晴らしい結婚生活を行う為には結婚する際にいかに相手の事を見極める事が出来るかどうかにかかっています。

経済的な面

子連れで再婚を希望する場合、大きな理由の一つとして『経済的な安定』があります。

片親で生活していると、どうしても経済的に負担が大きくなってしまう場合があります。

親は我慢する事が出来ますが、子供の人生を考えるとより安定した生活を遅れる事にこした事はありません。

そのため、多くの方が再婚を希望しているのです。

しかし、再婚したからと言って100%生活が安定するとは言えません。

中には借金があり、自分の生活すらままならないと言う方だって居る事でしょう。

そのため、なかなか聞きにくい事ではありますが、結婚を決める前には相手の経済状況はしっかりと確認しておきましょう。

また、いくら稼ぎが良くても相手に使われる事が嫌だと感じる人もいます。

そういった人の場合、釣連れ子の学費などを出し渋る場合もあります。

そのため、そう言ったお金に関する考え方も事前にしっかり確認しておく事をおすすめ致します。

一緒にいて疲れないか

恋愛は、常にドキドキしてワクワクするものです。

感情的になり、喧嘩もすれば悲しくなったりもします。

それが恋愛の醍醐味であり、良さでもあります。

しかし、結婚は違います。

一時を共にするのではなく、一生をかけて同じ時間を過ごすのです。

そのため、結婚には刺激では無く安定が必要なのです。

そのため、結婚する相手には見た目がどうのこうのと言う事では無くとにかく一緒に居て疲れない人を選ぶ事をおすすめします。

一緒に居て疲れない人こそ、結婚相手としてはとても理想的な相手です。

中には、結婚後もドキドキして刺激を求めていきたいと思う人が居るかもしれません。

しかし、それはそもそも結婚に向いていない人の考え方です。

同じ時間を共有し、落ち着く関係を築く事が出来る人が結婚に向いている相手と言えるでしょう。

他人との子どもを愛せるか

子連れで再婚をすると言う事は、血のつながらない子供を自分の子供として本当に愛する事が出来るかどうかが大きなポイントとなります。

子育ては綺麗ごとではありません。

時々会うだけの関係であれば可愛がる事が出来るかもしれませんが、毎日毎日一緒に過ごす事に負担を感じる事だってあるでしょう。

自分の子供が生まれたら、その子の事が鬱陶しく感じてしまう事だってあります。

離婚が親の都合であるなら、再婚もまた親の都合です。

その都合に一番振り回されてしまうのは子供なのです。

そのためどんなに自分たちの気持ちが盛り上がって居ようと、子供を大事にする事が出来ない相手とは、再婚するべきではありません。

子供はいつか巣立っていきます。

その時になても再婚したいと思えるのであれば、子供の事を考えずに再婚する事も出来るでしょう。

しかし、まだ扶養を必要としているのであれば彼らの事を市場に考え行動してあげてください。

世間には、血が繋がって居なくとも素晴らしい家族関係を築く事が出来て居る方が大勢います。

子育てに不安を感じる方も少しづつ時間をかけて接する事で『親子』としての関係を築く事が出来るかもしれません。

相手の家族の反応

再婚すると言う事は、子供の親が出来家族が増えると言う事だけではありません。

相手の家族も全て自分の家族になると言う事なのです。

そのため、子連れでの再婚を相手の家族がどう思っているのかどうかもしっかりと確認する必要があるでしょう。

と言うのも、昔の人は今の人に比べ『離婚』と言うものに対して悪いイメージを抱きがちです。

それに加え、子供が居るという事実に難色を示す場合もあり、反対されてしまう可能性もあるからです。

せっかく出来た新しい家族に拒絶されてしまう事はとても悲しい事です。

子供が傷つく事にも繋がります。

そのため、自分たちの気持ちだけではなくそれぞれの相手の気持ちも大事にして過ごして行きましょう。

15.子どもが相手の人に懐きそうか

子連れで再婚する場合、子供と相手との相性はとても重要なポイントとなります。

そんなに当人同士が盛り上がり今すぐに結婚したいと希望したとしても、子供が懐いていなければ再婚はおすすめ出来ません。

離婚は、親の都合です。

そのため、子供の中にはその現実をいまだに受け入れる事が出来て居ないと言う子も多く居るかもしれません。

夫婦は、紙切れ一枚で他人になる事が出来ますが、親子はそんな簡単なものではありません。

そのため、その関係を邪険に扱っては行けません。

子供が新しい家族を受け入れえるには、大人が思っている以上に時間がかかるものです。

しかし、そこでいかに時間をかけてゆっくりと関係を築いて行く事が出来るかどうかでその後の家族の形は大きく変わって行く事でしょう。

焦りは禁物です。

子供にも考える時間を与えてあげましょう。

そしてゆっくりとお互いの心を開き距離を縮めていけば良いのです。

無理する必要はありません。

バツイチ子持ちでも再婚はできる?

一度失敗してしまうと、ついつい次も失敗してしまうのではないかと心配になってしまいます。

ましてや、子供が居る場合再婚のハードルが高い様に感じ、なかなか前向きに考える事が出来ない事もあるかもしれません。

しかし、子供が居るからこそ再婚しようと考える事だってあるでしょう。

再婚は、新しい家族を作る前向きな行動です。

それに対して、バツイチ子持ちだからダメだと言う事はありません。

自分たちが幸せになる道を前向きに探して行きましょう。

明るい気持ちで行動している人を見て嫌な気持ちになる人は居ません。

是非、楽しみながら行動してみてはいかがでしょうか。

バツイチ子持ちの再婚率

バツイチ子持ちの再婚率は、実は子供がいない場合よりも高い事が分かっています。

それは、子供にとっても、両親が揃って居る方が良いと考える方が多く居る為です。

自分の人生も勿論大切ですが、それ以上に大切なのは子供の存在です。

彼らの人生がより良いものになるように、再婚を考える方もいます。

再婚をする事で、経済的にも安定し子供にも将来の選択肢を沢山与えてあげる事が出来る様になるかもしれません。

しかし、それ以上に、沢山の人間から愛情を与えられると言う事は、子供の心を満たし気持ちを安定させる効果があるでしょう。

血の繋がりも勿論大切ですが、その子にとって『親』という存在はいかに愛情を持って育ててくれたかという事も重要です。

再婚相手を探す際は、自分との相性も大事ですが子供ときちんと親子関係を築く事が出来るかどうかと言うポイントをしっかりと抑える事を忘れない様にしましょう。

バツイチ子持ちは珍しくない!再婚はきっと上手くいく

いろいろとポイントを紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか。

余りにも沢山のポイントがあったので、その次点で尻込みてしまった方も居るかもしれません。

しかし、『子供と一緒に幸せになろう』という気持ちが根底にありさえすれば、さほど難しく無く実現する事が出来るのでは無いでしょうか。

通常の再婚に比べ、子連れ再婚の方が気にするポイントがいくつもあります。

そのため、悩む事も多いでしょう。

しかし、子供が居ると言う事は何もマイナスな事ではありません。

彼らが居るからこそ、えられる幸せもあり、それは他の何にも変える事が出来ない程の存在です。

また、彼らが居てくれるからこそ再婚しようと前向きな気持ちになれる事だってあるでしょう。

子連れで再婚する際は、是非難しい事ばかり考えるのではなく、これからの幸せを考え前向きに行動して行きましょう。