結婚は人生の大きな決断の一つです。

それによって人生が大きく変わることだってあるでしょう。

そのため、人は必ず幸せになろうと思い結婚を決める事でしょう。

結婚する時から『この結婚は失敗するだろう』なんて思って結婚する人はおそらく居ないでしょう。

しかしながら、人の気持ちは変わるものです。

どんなに好きで結婚下としても、月日が流れて行けばその気持ちが冷めて行く事でしょう。

気持ちが冷めていくだけならまだしも、段々と相手の事が嫌になり一緒に過ごす事が出来ない程、嫌悪の気持ちが高まる事だってあるでしょう。

今では、離婚する事は昔に比べあまり珍しい事では無くなりました。

人生は一度しかありません。

もしイヤイヤ一緒に過ごして居るのであれば、きっぱり別れて新しい人生を歩む事をおすすめします。

耐え忍ぶ人生より、自分の好きな事をしている人生の方が絶対に後悔の無い最後を迎える事が出来るからです。

しかし、離婚する際是非考えて欲しい事があります。

それは子供の存在です。

あなたがどんなに嫌いな相手であっても、子供にとって親であるという事実に変わりはありません。

そのため、その気持ちを尊重する事を忘れずに居てください。

バツイチ子持ちの再婚成功のための秘訣21選

離婚をした当初は、結婚なんてもうコリゴリと思う方も多い事でしょう。

しかし、時間が経つにつれその気持ちに変化が起こる事があるかもしれません。

これからの人生に向け、新たなパートナーが欲しいいと感じる事だってあるでしょう。

離婚は決して悪い事をしたわけではありません。

自分の人生です。

自分の思うように生きれば良いのです。

そのため、どんな年齢であり、どんな理由で離婚をしたにしろ再婚したいと思う事は誰にでも平等に許された権利です。

しかし、ここで忘れては行けないポイントがあります。

それは子供が居る場合です。

もし、あなたにお子さんが居る場合再婚を決める際には必ず子供の事を考えて決断する必要があります。

人生はあなたのものですが、それと同時に子供を育てるという任務もあなたのものだからです。

大事な家族である子供に祝福される程、素晴らしい再婚はありません。

是非新たな家族を迎える際は、自分の気持ちと同じ様に子供の気持ちも忘れずに考えて上げてください。

そうは言っても、離婚も初めてであれば再婚だって初めてと言う方も多く居る事でしょう。

そこで今回は、子連れ再婚を成功させるコツを伝授させて頂きます。

良い人に出会うまで

まずは、新たな異性に出会う前のお話。

婚活で言えば、最初の段階です。

離婚をして、すぐに気持ちを切り替える事が出来る人も居ればそうでない人も居る事でしょう。

そんな時、どんな風に考え行動すれば良いのかをご紹介させて頂きます。

1.クヨクヨしない

離婚は、結婚に比べ何倍も労力を使うと言われています。

確かに、お互い前向きな気持ちで行う結婚とは違い、嫌いになったもの同士が話し合いをすると言う事はそれだけ相手との会話にも棘がでるものです。

お金の話し合いなど、シビアな話も多く心もすっかり疲れてしまう事もあるでしょう。

そのため、どんなに円満離婚と周りには明るくふるまって居たとしても夜になれば落ち込み暗い気持ちになる事があるかもしれません。

離婚自体は、後悔していなくとも将来を考え不安な気持ちでいっぱいになってしまう事だってあるかもしれません。

そんな時、ついついクヨクヨと悩み出してしまう時だってあるかもしれません。

しかし、いくら悩んだ所で現実は何も変わりません。

悩む事で、心が元気になるのであれば必要かもしれませんが、おそらくは堂々巡りになってしまうだけでしょう。

そんな姿を見ているお子さんは不安な気持ちになってしまいます。

から元気だってなんだって良いのです。

自分の決めた道を信じ、前向きに行動して行きましょう。

人には言霊があると言われています。

前向きな事を口に出しているだけで、心が前向きになる事だってあるでしょう。

過ぎた事をいつまでも考えるのを止め、前向きに活動して行きましょう。

2.バツイチ子持ちを気にしすぎない

今では昔に比べ、離婚歴のあるいわゆる『バツ付き』と呼ばれる方が大勢います。

『バツイチ』なんて言われ方をする事もあり、軽く伝える事が出来るでしょう。

しかしながら、お子さんが居る場合はバツイチと言う言い方よりも『片親』と言われる事の方が多いでしょう。

片親に対する世間の目はまだまだ冷たい場合があります。

何か子供が問題を起こせば、『あそこのうちは片親だから』と影口を言う人が居るかもしれません。

しかし、片親だって両親が揃っている家庭と何ら変わりは無いのです。

確かに、片親の場合は仕事で忙しい時家を開けがちになり子供をしっかりと見てあげる事が出来ない時があるかもしれません。

二人で見るより一人で見る方が、目が行き届かない事があるでしょう。

しかし、だからと言って片親だからダメだと言う事にはなりません。

両親が居たとしても、そこに何の愛情も無ければ意味は無いのです。

世間には多くの人がいます。

時に、心無い言葉で傷つけられる事があるかもしれません。

しかし、自分自身が間違った事をしていないと思えるのであれば、そんな言葉を気にする必要なんて微塵もありません。

一人の親として、自分の子供を精一杯・出来る限りの時間で支えてあげることが出来ればそれで良いのです。

3.バツイチ子持ちを隠さない

ついつい言い訳をするかのように、バツイチ子持ちを隠してしまう方がいます。

しかし、一度ついた嘘は後からなかなか撤回する事が出来ません。

例え、バツイチ子持ちであったとしても他の人からどうこう言われる筋合いはありません。

そのため、事実は事実として最初に打ち明けてしまいましょう。

今後、あなたが再婚を考えて居るのであればどこでいい人に巡り合う事が出来るか分かりません。

そのため、事実を公表しておく事はとても大切な事です。

自分に興味を持ってくれる相手が現れたとしても、バツイチ子持ちの事実を知らずにいるのであれば

それは本当のあなたを見ている事にはならないからです。

いい出会いを探すのであれば、こちらの状況をしっかりと理解してくれる方でなければ意味がありません。

特に子供が居る場合は、親になる為の気持ちも必要でしょう。

そのため、事実はしっかりと伝える事が素敵な再婚をする為の近道となります。

4.離婚の原因は改善する

離婚をする際、相手の借金やDV・暴力・浮気など分かりやすい理由が無い場合大抵お互いに理由が考えられます。

ついつい相手ばかりが悪いような気持ちになってしまいますが、自分自身にも悪い点が必ずあるのです。

そのため、再婚を考えるのであればそのポイントをしかっかりと改善しておきましょう。

自分の行動を反省せず、すぐに再婚相手を探したとしてもその再婚が上手く行く事は少ないでしょう。

同じ事を繰り返し、バツを増やすだけになってしまうかもしれません。

恋愛は勉強と同じです。

予習・復習をいかにしっかり出来たかが、今後の大きな課題となるのです。

離婚した事実に目を向ける事は辛いかもしれませんが、そこをしっかりと見つめる事が出来るかどうかが重要なのです。

5.病まない

離婚をした方の中には、自分の意思とは違い相手から切り出されてしまった方も居る事でしょう。

そんな方は、なかなか離婚の事実を受け止める事が出来ず暗い気持ちになってしまう事だってあるかもしれません。

そんな生活が続けば、心のバランスを崩してしまう事も珍しい事ではありません。

幸せになろうと思い決めた結婚が、自分の意思に反して終わってしまった事は悲しい事かもしれません。

特にお子さんが居る場合は、今後の人生を考え不安でいっぱいになってしまうのも分かります。

しかし、だからと言ってそのまま病んでしまっては人生が勿体無いとは思いませんか?

もし、自分の意思とは関係なく離婚してしまったのであれば相手が後悔するくらい幸せな人生を歩む様に努力して行きましょう。

人は、いくつになっても人生をやり直す事が出来ます。

自分が笑顔で暮らす事が出来る日々を探して行きましょう。

6.元気に生活する

離婚をすると、精神的に落ち込む時があるかもしれません。

しかし、その時期を辛い気持ちで過ごしてしまうと、離婚を引きずる事になってしまうでしょう。

過去は過去です。

失敗を振り返り、反省する事は大切ですが、それを前向きに捉える事が出来るかかどうかでその後の人生は大きく変わって行く事になるでしょう。

人生は一度しかありません。

暗く過ごすより、前向きに明るく・元気にすごした方がずっと素晴らしい人勢を生きる事が出来るでしょう。

自分の人生を決める事が出来るのは自分だけです。

過去に囚われる事無く前向きに生きていきましょう。

7.結婚生活経験者ゆえの理解力を持つ

離婚をした人の中には、結婚生活全てを忘れようとしてしまう人もいます。

確かに、結果としては残念な終わりだったかもしれません。

忘れたい程辛い出来事だったのかもしれません。

しかし、それも馬えて全てが人生の糧となるのです。

例え、忘れたいような経験も人生を形成する上では無くてはならない出来事になる事でしょう。

それらを全て経験したからこそ今のあなたが存在しているのです。

自分自身の人生を否定するのではなく、前向きに捉えるようにしましょう。

せっかく結婚生活の経験があるのであれば、それを理解力という形に変え次の結婚生活に役立てて見てはいかがでしょうか。

8.経済的に安定させる