あなたは「自分は努力ができない人」と思い込んでいるなら、今が自分を変える『ベストタイミング』です。

自分の姿を客観的に観ることができたことは、今までの「努力ができない」自分から「努力する人」へと『脱皮』するタイミングが今なのです。

人は、今まで歩んできた人生の中で直面した物事に、何かの影響で成功できないと自信を失うことがあります。

自信を失うと、自分の可能性を自ら『摘んで』しまい、「努力できない人」に陥ることがあります。

自分の姿を振り返ることができたタイミングを逃さないことで、「努力できる」自分を『掴む』ことができます。

努力とは、人生の上り坂を『登り続ける』ことです。

上り坂を登り続けることで、『頂上』と言われる目的に到達できます。

長い人生を歩み続ける中では、人のバイオリズムと同じく、上り坂と下り坂に遭遇します。

上り坂を登る人は、「努力する人」です。

一方、上り坂を登らない人は、「努力ができない人」です。

上り坂を登らない人は、人生を下り続けますので、自分の可能性が萎んでいくばかりです。

上り坂を登り続ける人の人生は、将来に向けて大きな拡がりをもって発展していきます。

「努力ができない人」と「努力する人」との違いは、人生の上り坂を『登る』気構えを持っているか、持っていないかで決まります。

自分の人生をステージアップさせたいと考えている人は、人生の上り坂を『登り』続けます。

また、努力することを特別の事のように考え過ぎると、努力をすることに、尻込みしてしまいます。

努力することを特別の事と考えずに、日常生活の『一コマ』と捉えて特別視しないことで、取り組み易くなります。

自分の人生をヨリ良くしたいと考えている人にとっては、努力をすることが特別な事ではなく自然な振る舞いとして出来ます。

人生には上り坂と下り坂が繰り返されて時間の流れとともに進んでいきます。

努力する人は、上り坂を登り続けることで、『頂上』と言われる目的を達成することができます。

1つの目的を達成した先には、次の新たな目的が見えてきます。

努力する人は、目的という『峠』を何度も繰り返し乗り越えて、人生をステージアップさせることが出来る人です。

努力ができない?目的を達成したいのに諦める?

「努力ができない人」と「努力する人」との大きな違いは、失敗経験を自分のチカラ不足として捉えるか、または教訓として捉えることができるかで分かれます。

失敗したことで自分のチカラ不足を責め続ける人は、自分の心を痛めて自信喪失に陥ることがあります。

自分の可能性を信じることの出来ない人は、チカラ不足に拘り続けて歩みを止めてしまい、努力できない人に陥り、目的を達成したいのに諦めてしまいます。

一方、自分の将来に向けた可能性を信じることが出来る人は、努力を惜しみません。

失敗しても自分を責めずに、教訓として捉えます。

失敗を『糧』として活かし、将来に向けて歩み続けます。

失敗を恐れずにポジティブ思考で努力する人は、目的を達成するまで諦めずに根気強く取り組み続けます。

将来に向けた人生の可能性を拡げたいと考えている人は、努力することを、辛いとは思わずに、『階段を上るように』ポジティブ思考で歩み続けます。

しかし、自分の可能性を信じることができない人は、成功体験が少ないため、努力することの大切さを実感できません。

自分なりに一生懸命取り組んだにも拘らず報われない経験をすると、努力することに虚しさを感じてしまいます。

自分の気持ちを努力することに『向かわせる』ためには、小さな成功体験を積み重ねることが必要です。

些細な成功体験を積み重ねることで、成功することで感得できる満足感の素晴らしさに魅かれるようになります。

成功することの素晴らしさを実感できることで、努力する人へと変貌していきます。

努力をする人としない人では差がある?


「努力ができない人」と「努力する人」との差が生じる要因として、人生観の違いがあります。

怠惰な日々の生活を送っていて、ハッキリとした人生観を持たない人は、将来に向けた目標が無いため、努力することの必要性を見つけることが出来ません。

怠惰な惰性に流される日々を送る人は、人生観を描くことはありません。

一方、将来に向けた人生観をシッカリと持っている人は、目標を達成するための人生計画を立てて、実現に向けて努力を惜しみません。

日々の生活を大切に考えることの出来る人は、人生観をハッキリと描くことができます。

人生観の有無は、努力をする人としない人との『差』を生み出します。

考え方

「努力ができない人」と「努力する人」との違いが生じる要因の一つに、「努力」への考え方の違いが挙げられます。

「努力」のコトバの持つイメージをプラス思考で受け止めることの出来る人は、 努力することで、目標を達成しようとします。

一方、幼少期や子供時代に親から「努力しなさい!」と叱咤されてきた体験のある人は「努力」のコトバにネガティブなイメージを抱いており、「努力ができない人」になっています。

「努力」というコトバが持つイメージは、受け取る人の人生体験の違いで大きく左右されます。

人生を将来に向けて大きく発展させたいと考える人は、努力は目標に到達するための最適な手段と考えます。

努力することに抵抗感を抱かずに、「当たり前のこと」と考える人は、日常生活の中で自然な振舞いとして努力する姿を見せます。

しかし、努力することは、「辛いこと」と考える人は、努力が必要な立場に直面すると、逃げ道を探すことに奔走します。

感じ方

「努力」というコトバを耳にしたとき、自信を持つ人と自信をもたない人とでは、感じ方に違いが生じます。

自信を抱いて日々の生活を送っている人にとっては、努力は人生を発展させるために必要なこととして受けとめます。

しかし、自信を持てない人は、努力は自分には『無理!』と感じてしまい、努力を必要とする場面から逃げ出します。

努力をすることが自分の人生にとって大きくプラスになることを実感として、感じ取れるようになるためには、小さな成功体験を積み重ねることが必要です。

小さな成功体験は、心に自信を芽生えさせてくれます。

芽生えた自信は、様々な経験の積み重ねと共に膨らんで、「努力する人」に変貌するための『呼び水』となります。

努力をしない人の7個の特徴!すぐに諦めてしまっていませんか?

努力をしない人は、安易な道に逃げ込みながら、惰性に流される日々を送っています。

安易で『ラクな逃げ道』を一度味わうと、『甘い蜜』のような誘惑を忘れられずに繰り返します。

努力をしない人は、『ラクな逃げ道』に逃げ込んでしまい『甘い蜜』の誘惑に勝つことが出来ません。

努力をしない人は、すぐに諦めてしまう無気力な日々を送ることになります。

1.すぐに諦める


人は、自分の可能性を信じることが出来なければ、「自分にはムリだ!」と考えて、すぐに諦めてしまいます。

しかし、自分の可能性を信じて、前向きに取り組むことが出来る人は、「自分にはデキル!」と考え、諦めることをせずに努力を惜しみません。

日々の生活でモチベーションを高く維持できる人は、すぐに諦めることをせずに、前向きに取り組み続けることが出来ます。

自分自身の可能性に期待を抱くことのできる人は、すぐに諦めることはしません。

しかし、自分の可能性を見出すことが出来ずに、ネガティブな心境に陥っている人は、すぐに諦めてしまい、努力をしない人になっていきます。

継続する力がない

努力をしても直ぐには結果が出ずに、結果が出るまでに時間が掛かることがあります。

日々の生活の中で、努力することが習慣になっている人は、結果が直ぐに出なくとも諦めずに継続していきます。

しかし、努力することが生活に根付いていない人は、早い段階で結果が出なければ、努力することを諦めてしまい、努力を継続する力がありません。

「継続は力なり」という諺があるとおり、人生を大切に考えている人は、努力することを途中で諦めずに継続することを実践します。

しかし、人生を大切に考えることなく日々の生活を安易な惰性で過ごしている人は、継続する力が湧いてきません。

継続する力が湧いてこない人は、努力をしない人と言えます。

自分には無理だと思っている

自分に自信を持てない人は常に、「自分には無理だ」と思っています。

幼少期に親から厳しい躾を受けて、褒められた体験の少ない人は、自分に自信をもつことが出来ません。

また、子供時代の学校生活の体験の中で、自分の目標を達成できた成功体験をもたない人は、目の前の物事に直面すると、「自分には無理だ」と思ってしまいます。

しかし、周りの人から褒められ、成功体験をもつ人には自信が根付いていて、自分の持つ可能性を信じることが出来ます。

自分の可能性を信じている人は、努力することで人生が拓けることを実感している人です。

2.ネガティブ思考

ネガティブ思考の人は、物事を否定的に考える傾向がありますので、乗り越えなければならない立場に直面しても、自信が持てずに逃げ道を探してしまいます。

ネガティブ思考の人は、物事に取り組んだ経験が少ないため、ポジティブ思考に変わるキッカケを掴むことが出来ません。

ネガティブ思考であっても、物事に立ち向かう経験を繰り返すことで、ポジティブ思考に変わることが出来ます。

自信を持つためには、自らの行動経験を積み重ねることが必要です。

自信は、自ら掴むものです。

人から与えられるものではありません。

3.飽き性

飽き性の人は、自分自身の価値観を持っていないため、周りの人が興味を抱いているものに合わせるように流されて、関心が移っていく傾向があります。

自分の人生の可能性を拡げたいという積極性のない人は、価値観や信念を持っていません。

このため、周りの人の考えに影響されて流されやすく易く、『風になびく木の葉』のように、落ち着きが無く、飽き性になってしまいます。

自分の人生を今以上に良くしたいというプラス思考が無ければ、努力をする気力が湧いてきません。

一方、自分の人生の可能性を拡げ、将来に向けてステージアップさせたいと考えている人は、価値観をシッカリともっています。

自分の価値観をシッカリと持っている人は、物事に真摯に取り組むための努力を積極的に出来ますので、飽き性になることはありません。

4.面倒くさがり

日々の生活が無気力な心理状態に陥っている人は、何事にも面倒くさがりになります。

無気力に陥っているため、自分の将来の目標を抱くこともせずに、無目的な惰性に流された日々を送ることになります。

惰性に流された生活を送るため、努力とは無縁なネガティブ思考に包まれてしまいます。

面倒くさがりの状態から抜け出すためには、自分の将来に向けた人生を、ヨリ良くするための目標を思い描くことが大切です。

始めは些細なことから目標にして、達成感を味わう日々を繰り返しながら次第に目標のレベルを上げることで、面倒くさがりから抜け出すことができます。

面倒くさがりを払拭することで、努力の大切さを実感できるようになります。

楽な方に考えようとする

人は誰でも、楽な方に考えようとする傾向があります。

物事を楽な方に考える癖がつくと、日々の生活が無気力になり、何事も面倒になってしまいます。

楽な方に考えようとする癖がつくと、日々の生活の中で達成感を味わう機会が減ってしまい、努力をしない人になってしまいます。

自分の将来に向けた人生の可能性を拡げたい意欲があるなら、楽な方に考えようとする安易な気持ちを払拭することが必要です。

楽な方に考えようとする生活から抜け出すことで、努力する人になっていきます。

5.目標、目的がない

「目標、目的がない」と考える人は、『後ろ向きの人生観』に陥っていることを物語っています。

将来に向けた人生を、ヨリ良くしようと前向きに考えることで、達成すべき目標や目的が観えてきます。

人生をステージアップさせることを考えることで、今の自分に足りないものが観えてきます。

自分に足りないものが観えることで、今『やるべき事』が湧いてきます。

今の自分が備えなければならないことが、目標、目的になってきます。

目標や目的がハッキリすることで、達成に向けた努力をするための積極性が芽生えてきます。

馬の目の前にニンジンをぶら下げるように、自分の目の前に目標や目的をぶら下げることで、努力する人になることが出来ます。

努力をする目的が見つからない

あなたが日々の生活を安易な惰性に流されて送っているなら、努力をする目的が見つかることはありません。

無気力な人生を過ごしていると、自分の可能性が次第に『萎んで』いきます。

自分の可能性が萎んでいくに伴い、努力をする目的が見つからなくなります。

しかし、自分の可能性を拡げる考えをもつことで、努力をする目的が目の前に在ることに気づき始めます。

あなたが将来、相性の合う伴侶と家庭を持ちたいと考えているなら、自分自身を研鑽し、人間性を成長させることが目的となります。

また、あなたが家庭を持っているなら、大切な家族のために幸せな日々の生活を守るために、努力をすることが目的となります。

自分自身の事に留まらず、身近な人の存在に想いを巡らせることで、努力をする目的が見つかります。