結婚する前は、どんなことでも2人で乗り越えられる!なんて、思っていても夫婦は案外楽じゃないと言うことに最近気づいてきていませんか?

ちょっぴり心が疲れたときに、「旦那に分かってもらえない大変なこと」を理解してもらえるだけで、心が楽になる場合もあります。

こちらの記事では、そんな旦那の理解がなくなかなか自分の気持ちもわかってもらえない主婦の人に読んでもらいたい記事になります。

「旦那や家族は大事だけれど、旦那にもう少し理解してほしい」と思う気持ちがあったり、「もっと私のことを理解してくれたら楽なのにな…。」なんて思うことを代弁して記事にしていきたいと思います。

主婦はお気楽でいいよね~なんて思ってませんか?

世間からは「主婦はお気楽で良いよね。」「働かなくていいなんて超楽じゃん!」なんて偏見をもたれるのも、辛い気持ちになってしまいます。

主婦には主婦なりの努力や苦労が耐えないものなのです。

外には外に働きに行く大変さはありますが、家の中を守る仕事や主婦の仕事と言うのは、なかなか表に出てくる事はありませんが大変なところもたくさんあるのです。

主婦の気持ちは主婦になった人しか理解してもらえないところもあります。

しかし、主婦は何もしていないなんて思われるのはちょっぴり侵害に感じてしまいますよね。

主婦だって、こんなにがんばっているなんて心の中で思っていても、なかなか評価されることもありません。

今回は、そんな主婦に理解されない大変さや息抜きの方法などについてお伝えしていきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

主婦が旦那に分かってもらえない大変なこと10個って!?

こちらでは、主婦が旦那にわかってもらいたいけど分かってもらえない大変なことについてご紹介していきます。

もし、あなたが主婦なら「あるある話」があるかもしれません。

ご自分のご家庭と照らし合わし、主婦が旦那に分かってもらえない大変なことを共有していきましょう。

誰よりも朝が早く夜が遅い


主婦は、誰よりも朝が早く、誰よりも夜が遅い仕事になります。

朝、誰よりも早く起きて旦那や子供たちのご飯やお弁当をこしらえます。

また子供たちや旦那を送り届けてから、洗濯物干したり部屋を掃除機できれいにしたり、トイレ掃除を行ったり、玄関掃除を行ったり…。

などと案外大変なところがあります。

また、夕方になると家族たちの晩御飯やお風呂の用意、またさらに夜を過ぎると子供たちが幼い場合、寝かしつけなければなりません。

さらに、子供たちがきちんと寝てから、翌朝の洗濯準備などをしてから寝る主婦も多いのではないでしょうか?

このように、主婦は誰よりも朝が早く夜が遅いことを理解していない家族の方も多いのではないでしょうか。

献立を被らないようにする

毎日の献立はかぶらないように作らなければなりません。

そのため、昨日の残り物が朝に出てくることで、家庭内からブーイングが起こってしまうこともあります。

さらに、カレーを大量に作った日など3日以上彼が続いてしまうことで、家族に怒られてしまうこともあります。

時々、夕食ぐらい誰かが作ってくれたらいいのに…。

なんて思うこともありますが、家族に任せてしまうことで栄養が偏ったご飯になったり食材になることも考えられます。

家族の体のことを思い献立をかぶらないようにまた栄養の面でも考えながらお料理を作っていることを理解してもらいたいところです。

お金の管理


お金の管理は、なかなか大変なところがあります。

また、お金の管理は頭を使うだけでなく、計算するたびに胸が痛くなることもあります。

普段なら給料日が楽しみに思えることでも、給料日が近づくと支払いに追われる家のことを考えるだけで、胸がいっぱいになってしまいます。

このように、お金の管理に関して非常に頭を使うところもありやりくりしていてもなかなか思うようにお金が使えないところもあります。

家族や旦那のためにお金の管理をきちんとしていることを忘れないでほしいものです。

自分では自由にお金を使えない

旦那にお小遣いはあっても、自分にお小遣いがない主婦も多いのではないでしょうか?自分には自由に使えるお金がないため、かなりストレスが溜まっている事でしょう。

また旦那も若く、手取りがまだまだ少ないご家庭であれば、やりくりが本当に大変になってきます。

旦那のお給料を削るのは申し訳ないと思う主婦も多く、旦那の苦労を削らずやりくりをがんばっていこうとしているご家庭も多いと感じます。

節約

特に、節約しなければならない気持ちが強い人の場合、節約しすぎることで心が狭くなってしまったように感じてしまう人も多いのではないでしょうか?

特に、節約しなければならないことでご近所付き合いが悪くなったり、友達とランチに行く金や時間ももったいなく感じてしまう主婦も多いのではないでしょうか。

節約しすぎてしまうことで周りの友達からも「付き合いが悪い」なんて思われてしまうことがありそうです。

ご近所付き合い

特に、ご近所付き合いが苦手な人にとっては、そこに住んでいる以上ご近所付き合いが必ず必要になってきます。

一方外に出てご近所さんと顔合わせれば、会釈や挨拶をしなければなりません。

また話し好きなご近所さんであれば、あれこれとあなたのご家庭の話を聞き出してくることもあります。

そんな時、当たり障りのない話をしておくことでその場をしのぐことができますが、あれこれ根掘り葉掘り聞いてくるようなご近所さんであれば、しぶしぶ話に付き合わなければならない…。

なんて思うこともあるようです。

このように、主婦になることでご近所付き合いもほどほどにしなければならない時もあるのです。

家事をしていると時間が足りない

家事をしていることで、自分の時間が全く足りない…。

なんて事はよくある話です。

「主婦だから、自分の時間なんていくらでもあるでしょ?」なんて簡単に言う人もいますが、案外そうでもありません。

家事をしているとあっという間に時間が過ぎてしまい結局、一日中家事に追われて終わる日もよくあるのです。

主婦だからといって、時間があるわけではありません。

家にいるからといって楽をしているわけでもありません。

家にいて家族のために家事をこなしているからこそ時間が足りないのです。

主婦の手際が悪いと言う方もいますが、実際に主婦の仕事をしてみることでよくわかることもあるのです。

基本孤独

主婦は、基本孤独になります。

孤独が好きな人は問題ありませんが、孤独が寂しいと感じたり、辛いと感じる人にとっては主婦は苦痛の何者でもありません。

外に出て働きたい気持ちがあっても、家事をこなさなければならないと言う使命感に追われ、1人もくもく家事をこなしている人も少なくないようです。

家族が気持ちよく暮らしていくことができるためにも、孤独に負けず家事をがんばっていきたいと考えている人も多いのです。

さらに、家事をしている間は孤独を感じることもありません。

自分のペースでやりくりできるところもあり、楽なところもあります。

誰にも評価をされない

しかし、家事をいくらがんばってもどれだけ頑張っても誰にも評価されないのはやはり悲しい気持ちになってしまいます。

しかし、「母の日」の時など旦那や子供たちが自分のために普段している家事を手伝ってくれる時など、非常に嬉しい気持ちになりますよね。

また、旦那から「いつもありがとう」なんて言葉をかけられるだけで、今後家事もしっかりがんばっていこうと前向きな気持ちになることもあるのです。

普段から誰にも評価されない事は、ある意味孤独との戦いになります。

時には、旦那さんからも労って欲しいと感じてしまいますよね。

毎日の家事にはお給料が出ない

当然のことですが、毎日の家庭にお給料が発生することはありません。

そのため、自分が自由に使えるお金もなく、無償で働く印象になる場合もあります。

さらに、毎日の家事は「愛情」なんて思うところもあり、「毎日の家事でお給料が出るようであれば、当然やる気も変わるのに…。」なんて思うこともありそうです。

このように、毎日家事に追われるものお給料が発生しない状況に、「家族のために無償の愛で頑張る、乗り切る」などと言う気持ちになりながら、毎日を過ごしているのかもしれません。

体力を使う

家事は、案外体力を使う仕事になります。

布団を干す日など案外重たい布団を持ち上げ、上げ下げする姿は肉体労働者のような姿になります。

さらに、二階から布団を下したり上げたりする作業は、まさに肉体労働と変わらない仕事内容になることも考えられます。

このように、家事をすることで案外体力を使いヘトヘトになって疲れてしまうこともあります。

「主婦は気楽で良いよね…。」なんて言う人にも、1日主婦の仕事と代わってもらいたいものです。

自分の時間がない

特に主婦の場合、自分の時間がなく毎日を過ごしている人も多いのではないでしょうか?
自分の時間がないことで家にいる間はずっと家事に追われ、小さいお子様がいる場合育児に追われることになります。

そのため、なかなか自分の時間を取ることができず、自分の時間がないことにストレスが溜まってる人も多いのではないでしょうか?

特に、お風呂に入る時間以外は自分の時間が取れない…。

と言う人も多くお風呂に入ってる時に、子供たちが入ってくることでさらに疲れが増してしまうことも多いのです。

「子供たちのお風呂くらい、旦那が入れてよ〜!」なんて思う主婦も多いのではないでしょうか?しかし、子供たちからのリクエストで「今日はママとお風呂に入りたい!」なんて言われれば、仕方がないと思うのも主婦なのかもしれません。

気軽に遊びに行けない

家事や育児に追われるだけでなく自由に使えるお金もないことから、気軽に遊びに行くことができません。

また、気軽に遊びに行くことでお金や時間をとられてしまい、家のことがおろそかになってしまうのでは、外に働きに行っている旦那に対して申し訳ない気持ちになってしまうことがあります。

このようなことから主婦は気軽に外に遊びに行けないだけでなく、家事や育児などに追われて、なかなか自分の時間を取ることができないのが現実です。

家事の合間に少しだけ!主婦におすすめの息抜き方法!

それではここからは、家事の合間に少しだけ息抜きができる方法をご紹介していきます。

息を抜きすぎてどっぷりはまってしまわないよう気をつけなければなりません。

また、家事の合間に息抜きすることで、気持ちもリフレッシュすることができます。

これまで、何かと家事を頑張ってきた女性にとっては、何とか息を抜きたいところですね。

しかし、なかなか落ち着いて息抜きできる時もなく、忙しく動いている主婦の方も多いのではないでしょうか?

こちらでは、そんな忙しい主婦にもオススメな息抜き方法やリラックス方法いくつかご紹介してきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

SNS

SNSは、実際に友達と会うことがなくても近況報告をし合うことができます。

そのため、気になる友達の情報や自分が発信したいことをSNSに載せるだけで、たくさんの人とつながることができます。

また、SNSを通してたくさんの人と知り合うことができますので、「最近しゃべれる友達がいないな…。」なんて思う人はこれを機にSNSを始め、様々な人と楽しいコミニケーションをとってみてはいかがでしょうか?

また最近ではInstagramなど素敵な写真を見るだけでもリラックスできたり、ストレス発散になることもあります。

これを機に、Instagramを始めて、楽しい画像や映像、動画などを楽しんでみるのもいいかもしれません。

読書

最近では、本を実際に購入しなくても電子書籍と言う手があります。

また、アマゾンのKindle版などには無料で読める書籍などもあるため、非常におすすめです。

また気になる本があればKindle版を使い電子書籍をお試しで読むことができます。

あなたの気になる電子書籍を見つけたら、これを機に読書にはまるのもいいですね。

また、読んだところでストップしておくことで、どこから読んでどこまで読んだのかが一目でわかります。

また、本がすべてスマートフォンで見ることができますので、お部屋が本で散乱してしまう…。

なんてことも避けることができます。

これを機に、電子書籍を試してみてはいかがでしょうか?

自分でネイル

ちょっぴり時間が空いたときなど、自分でメールをしてみてはいかがでしょうか?

最近ではブログなどに時間、簡単、自作ネイルなどがアップされているもの見ることがあります。

主婦の場合、家事をこなしながらですので、当然間にマニキュアが乾く時間が遅ければ遅いほど家事に支障が出てしまいます。

自分でネイルを施すことによりネイルサロンに行かなくても可愛いネイルを楽しめるだけでなく、自分で施したネイルにはどこか愛着が湧いてくることもありますよね。

このように、自分でネイルを施すことにより、愛着が湧く可愛いネイルになるだけでなく、好きな時間に自分でネイルを行うことで女性らしさを取り戻すことができるかもしれません。