人生の分岐点と言うのは人によって違うものです。

社会に出る時に分岐点を迎える人も居れば、結婚によって人生が変わる人も居ます。

早い人だと、小学生のころの転校がその時という事もあるでしょう。

どんな時が転機となるのか。

それは人によって違うものです。

その中には浪人という経験が人生にとって大きな転機になる場合の人も居ます。

浪人をする事は悪い事ではありません。

そうする事によって、得られる未来もあります。

ですが同時にそれをきっかけに様々な事が崩れてしまう場合もあります。

どうなっていくかは人によって全く違うのです。

どんな気持ちで浪人を決めるのか。

それこそが大切なポイントなのでしょう。

そこで今回は浪人をするかどうか迷っている人とって、考えるべきポイントをご紹介させていただきます。

何をどう考えて決断すればいいのか。

その時にきちんと考える事によって見えてくるものがあるはずです。

志望校に落ちてしまった…どうする?

人生には何が起こるか分かりません。

だからこそ、当たり前にかなうと思っていた未来が突如としてなくなってしまう場合もあるのです。

その一つが受験の失敗です。

もともと無謀だとわかっていてもなお受験を決めた人の場合には、試験に落ちてしまったとしてもそこまで大きな打撃はないのかもしれません。

しかし、誰もが受かると思っていた学校に落ちてしまったとき。

人は大きなショックを受ける事でしょう。

どうして落ちてしまったのか。

そのことを考え落ち込むはずです。

志望校に落ちてしまえば当然ながら学校んい行く事は出来ません。

他にも受験している学校があれば、そちらに行く事も出来ますが、他にどこも受けていない場合にはどうする事も出来ません。

また受かっていたとしても行きたいかどうかは別の話です。

その時に、浪人をするかどうかの決断をしなければならないのです。

浪人をすれば、自分の志望校に行く事が出来るかもしれません。

ですが、そこには何の保障もないのです。

いくら時間をかけたとしてもいけないものはいけないのです。

そうなってしまうと、浪人をしたその時間が無駄のようになってしまう場合もあります。

だからこそ、どうするべきなのかをしっかりと考える必要があります。

浪人するか迷っている人が考えたい7個のこと


浪人をするかどうかは、今後の人生を決めるうえで重要なポイントです。

だからこそ、安易に決めてはいけません。

多くの場合、浪人をするかどうかの壁にぶち当たるのは10代の方が殆どです。

この時期位は、大人と子供の間に立っているような時期です。

見た目はすっかり大人でも、どこか考えが甘く考えが甘い場合が多々あります。

だからこそ、自分ではしっかり考えて決めているつもりでも、考えが足りない場合が多々あります。

その為、後から後悔する事となってしまう場合もあります。

浪人をするかどうかの決断の場合、一度決めてしまうとそれをなかった事にする事は出来ません。

時間を戻す事は出来ないので「浪人をした」という事実は一生消える事が無いのです。

勿論それが悪い事と言うわけではありません。

けれどそれによって、浪人をしていない人とは違った道を歩む事になる場合もあるのです。

だからこそ、実際にどうなるのかを冷静に判断する気持ちを持つ事は大切です。

自分の将来設計について

誰もが皆、将来について考える事はあるでしょう。

それが具体的な事かどうかは分かりません。

ですが、いつかはこうなりたい。

こんな日々を過ごしたいという漠然とした願いであれば、誰しもが持っている気持ちなのです。

それらを人生設計と呼びます。

人生設計をするうえで、浪人をするかどうかは大きなポイントとなります。

浪人をするという事は、単純に社会に出る年齢が変わります。

それは一見デメリットのように感じる人も居るでしょう。

けれど、浪人をする事によってよりいい大学に行く事が出来る場合もあります。

学歴だけが全てでは無いとはいえ、それがある事によって出来る事も変わってくるはずです。

もしなりたい職業があるのであれば大学が限られてしまうという事もあるでしょう。

だからこそ、浪人をした方が良いケースもあるのです。

しかし、だからと言って浪人をしたすべての人が希望する大学に行く事が出来るわけではもありません。

可能性が広がるだけで、結果的に合格する事が出来ない事もあるでしょう。

だからこそ、メリット・デメリットを両方考えどちらに重きを置くかによって決断は変わります。

浪人をすれば、全てがうまく行くわけではありません。

けれど、浪人をしなければ夢をあきらめる事になる場合もあります。

どちらを選ぶかは、まさに自分次第です。

だからこそ、他人のアドバイスに耳を傾ける事も必要ではありますが、まずは自分が何に重点を置くかをしっかりと考える事が大切です。

どんな大人になりたいのか


どんな大人になりたいか。

それは人によって違います。

世間一般でいう立派な食ぎょおうに就く事がすべての人の幸せになるかどうかは分かりません。

自分にとって一番幸せな形はなんなのか。

それを考える事が大切なのです。

どんな大人になりたいかを具体的に考える事は、意外とない事なのかもしれません。

子供の頃にはいろいろな夢を持っていた人も、大きくなるにしたがって現実を見るようになり結果的に無難な道を選ぶ事になる場合もあります。

どんな道を選んだとしても、自分が後悔しないのであればそれでいいのです。

他人に何を言われようと、自分が自分を認めてあげる事が出来ればそれが一番幸せな人生です。

だからこそ、浪人をするかどうかも自分で決める事が大切です。

周りから反対される事もあるでしょう。

色々な事を言われる事によって自信を失ってしまう場合もあるかもしれません。

ですが、人生の主役は誰でもなく自分自身です。

だからこそ、自分が良いと思う道を信じて進んでいくべくです。

浪人は本当に必要か

志望校に落ちる事はとてもショッキングな出来事です。

人は、手に入らなかった時こそそのものに執着するものです。

だからこそ、受験に失敗してしまうとよけに志望校への未練が募り絶対にそこに行きたいと思うかもしれません。

夢を持って行動する事は大切な事です。

だからこそ、自分が行きたい学校があるのであれば浪人をしてでも目指すというのもいいでしょう。

それもまた一つの生き方です。

ですが、この時にどこかで冷静になりそれが本当に必要な事なのかどうかを考える事が大切です。

受験に失敗すると、ついムキになってしまいどうにかしてその学校に行きたいと思ってしまいます。

だからこそ、良く考えもせずに浪人を決めてしまう事もあるのです。

けれど、浪人をしたからと言って必ずしもその学校に行く事が出来るわけではありません。

何年浪人をしたとしても、いけないものはいけないのです。

その場合、時間だけが過ぎてしまいます。

そん時間はとてつもなくかけがえのないものなのです。

浪人を長く続けていると、次第に勉強への威力がなくなってしまう場合もあります。

そのせいで、結果的にどこの大学にもいかずフラフラとニートになてしまう事だってあるのです。

本当にしたい事があり、どうしてもその学校に行きたいという気持ちがあるのであれば浪人をする事も良いでしょう。

けれど、ただムキになっているだけなのであればそれをした所でいい結果を得る事が出来るわけでは無いのです。

何かを得るどころか失う可能性だってあるという事を忘れてはいけません。

自分の意思かどうか

人によっては、親などの近い人から行くべき大学を指示されている事もあるでしょう。

家業を継ぐためや世間体など、様々な理由があります。

いずれにしても、そこには自分の意思よりも周りの意思が強く入れられています。

その為、浪人をするかどうかの決断の際にもつい周りから様々な意見がでてくる事でしょう。

受験を失敗する事は確かに残念な事です。

どうにかしてその失敗を取り返したいという気持ちを持つ事もあるでしょう。

けれどそれはあくまでも自分で決めるべき事です。

他人が決めるべき事ではありません。

常に周りの意見に合わせてきた人からすると、対して不満も感じる事無く周りの意見を受け入れてしまうものなのかもしれません。

けれど、結局その人生は自分自身のものです。

周りの人の意見に合わせて決断をしたとしても、最終的に責任を持たなければいけないのは自分自身なのです。

だからこそ、自分で考えて決断する事は大切です。

浪人をする事によって希望の大学に行く事が出来れば問題ありません。

そうする事にっよって周りの人は喜んでくれるかもしれません。

けれど、物事には必ずリスクが付き物です。

どんなに努力をしたとしても失敗するリスクがあります。

その事を忘れずに頭の中に入れておいてください。

そのうえで、自分は本当はどうしたいのか。

そん事をしっかりと考える事が大切です。

やり抜く覚悟があるのか

浪人をするという事は、少なくとも1年間は勉強漬けの日々を送るという事です。

それは想像以上に辛いものがあります。

学校に通っているときは、勉強を授業で受ける事も出来れば友人と話をする事も出来ます。

部活をしたりバイトをする事もあったでしょう。

勉強はあくまでもいろいろある中の一つだったのです。

けれど、浪人をするという事は全ての時間を勉強に使うという事です。

だからこそ、息抜きの時間を持つ事も難しくなります。

前のように気軽に遊びに行く事も出来なくなってしまうでしょう。

自分に甘くすれば、日々遊んで過ごす事も出来るでしょう。

けれど、それをしてしまうと、受験にまた失敗する可能性が高くなります。

結果1年を無駄にして終わってしまうのです。

その為、明るい将来を手にしたいのであれば必死に勉強するしかないのです。

浪人生活は、通常の学生生活に比べるととてつもなく大変です。

その為、途中で挫折してしまう人も少なくありません。

途中で投げ出すくらいなら、わざわざ浪人生という道を選ぶ必要などないのかもしれません。

本当に最後までやり抜く力があるのかどうか。

その気持ちを今一度考える事が重要です。

人と自分を比べるのは辞める

人間はどうしても他人と比べてしまう生き物です。

その為、実際にはそこまで差がないものも相手の方が優れているように見えてしまうのです。

だからこそ、もし本命の大学への受験に失敗し滑り止めの学校に行く事にになってしまった場合、つい自分はとてつもなく負け組の人生を歩んでいるのではないかと言う気持ちになってしまう事があります。

現状がみじめになり、どうにかして挽回をしたおと思う事もあるでしょう。

けれど、それを気にしているのは自分だけかもしれません。

どんな大学に行き、どんな内容を勉強したのか。

それは社会に出ればあまり違いが出ません。

勿論専門的な事を学ぶ大学なのであればその差も出るでしょう。

日本の中でも指折りの大学に行く事が出来るのであれば、人生も多少変わる事もあるでしょう。

けれど、それ以外の場合には本人が思っているほどの大きな違いはないはずです。

だからこそ、そこを意識するだけ無駄です。

他人と比べたくなる気持ちも分かります。

けれど、それをしたところで何もいい事はありません。

自分の人生を生きるのは自分自身です。

だからこそ、周りに何を言われようと自分が良いと思えばそれでいいのです。

それだけ強気に物事を考える事が出来るようになれば、落ち着いて後悔のない決断をする事が出来るのではないでしょうか。

周囲への感謝を忘れないようにする

浪人をするという事は、それだけお金がかかります。

アルバイトなどもなかなか出来にくくなるので、両親など周りの人に金銭的な負担をかける事になります。

また、浪人をするという事は将来どうなるか全く分からなくなるという事です。

浪人をする事によって、志望校に行く事が出来るのであれそうれも良いでしょう。

ですが、出来ない場合もあります。

まさにどちらに転ぶかによって、天と地ほどの差が出るのです。

その結果が分からない決断を見守る方は、心労が絶えません。

そんな様々な負担を周りに与えるのが浪人というものなのです。

だからこそ、周りにいる人への感謝の気持ちを忘れないようにしてください。

浪人をする事は悪い事ではありません。

自分の人生に悔いを残さないようにするべきだと自分が思うのであれば是非やってみましょう。

ですが、その決断を支えてくれる人が居る事を忘れてはいけません。

辛い状況が続くと、自分一人で頑張っているような錯覚をしてしまう事があります。

だからこそ、周りの人のありがたさをきちんと考えておきましょう。