「別れた彼氏のことが忘れられない…。」

「忘れた彼女と復縁したい…。」

なんて、復縁を望んでいませんか?

こちらの記事にたどり着いたと言う事は、別れた彼氏や彼女と復縁したい気持ちになっていますよね。

こちらでは、そんな「引き寄せの法則」を使って別れた恋人との復縁を成功させたい人に読んでいただきたい記事になります。

「引き寄せの法則」をご存知でしょうか?引き寄せの法則にはいろいろ決まりがあります。

まずは、復縁になりたい気持ちが強すぎることで、「自分にはダメだ」「自分にはできない…。」などと言うことやと思ってしまうこと自体、引き寄せの法則とは違った方向に進んでいってしまいます。

まずは自分の気持ちを整理しつつ、引き寄せの法則で復縁を成功させるようにしていきましょう。

引き寄せの法則で復縁が成功するって知ってましたか!?

「引き寄せの法則」で、復縁が成功する確率が上がることを知っていますか?

これまで、自分を否定してきた人や、マイナス思考の人には引き寄せの法則が効かないことがありました。

もし、本気であなたが引き寄せの法則を使い復縁したい気持ちがあるなら、今日からでもマイナス思考やマイナスな言葉を使う事はやめておきましょう。

嘘でもいいので、まずはプラス思考やポジティブな発言を心がけていくようにしてください。

大好きな人と別れた後はどうしても悲しい気持ちになり、また暗い気持ちになってしまいます。

しかし、そんな気持ちに負けることなく気持ちを整理し、ポジティブな方向へ進んでいきましょう。

▼【関連記事】引き寄せの法則についてはこちらを先にチェック!
引き寄せの法則って何?これを実践して得られる2個のメリットを紹介 →

引き寄せの法則で復縁を成功させる8個の方法

それではここからは、引き寄せの法則により復縁させるための方法をいくつかご紹介していきます。

まだまだ「本当に引き寄せの法則何かで、別れた恋人とよりを戻すことができるのか?」なんて疑っていてはいけません。

まずは、あなたが心の底から信じきることが大切です。

あなたの心の中で少しでも迷いや不安があるのであれば、引き寄せの法則で復縁させることが難しくなってしまいます。

まずは、「引き寄せの法則」の力を信じ、あなたが幸せになるための選択を取り入れ考えていきましょう。

さらに、引き寄せの法則で復縁を成功させるためには以下のようなことが必要になってきます。

一つ一つ丁寧に読み進め、今のあなたに取り入れていきましょう。

気持ちの整理をする

まずは、あなた自身の気持ちを整理してください。

気持ちの整理ができてない家から「引き寄せの法則」を使うことができません。

つまり、気持ちがあいまいだったり、まだまだ悲しい気持ちに浸っていたり、「どうせ自分なんて…。」なんて思っていては、どれだけ引き寄せの法則を取り入れたとしても、効果が現れることもかなり確率が低いと言えるでしょう。

また、きちんと気持ちの整理をしておくことで、勇気を出して前に進むことができるのです。

1番やってはいけない事は、気持ちの整理ができないまま、つまり曖昧な気持ちのまま復縁を望んでしまうことです。

これまで、一緒にいた時間が楽しかったことを思い出し、好きでいることができる自信はないけれど一緒にいたい気持ちがある…。

など、好きな気持ちもないにもかかわらず、情だけでつながるのはよくありません。

きちんと気持ちの整理をして、相手が本当に必要なのか?考えながら行動していきましょう。

傷ついた心を癒す

さらに、別れの時の傷ついた心を癒す必要があります。

傷ついた心を癒すことでより気持ちも整理することができ、前に進んでいくことができます。

このように、傷ついた心がまだ傷も言えていないうちから、行動を起こしてしまうことで、余計に悲しい気持ちになり、傷ついた気持ちを乗り越えることができないなんて考えてしまうこともあります。

このように、まずはしっかりと自分の傷ついた心を癒し、今自分がどこに向かっているのか?

これからどのようにしたいのか?など、きちんと答えを出しておかなければなりません。

後は、それに向かってまっすぐに突き進んでいくだけです。

過去にこだわりすぎない

特に、過去にこだわってしまうことで、なかなか前に進めないことがあります。

過去にこだわるのではなく、未来をどうしていきたいのか?

また、未来にはどのような自分が待っているのか?

など、明確で鮮明に想像しておきましょう。

きちんと将来の姿を思い描いておくことで、自然と過去にこだわりすぎない心を持てるようになります。

時々振り返る事はあるけれど、以前の自分のようにどっぷりと悲しい気持ちに浸ってしまうこともありません。

過去にこだわりすぎることで、別れた原因を許すことができなかったり、いつまでも相手を憎んでしまうことにつながります。

過去にこだわりすぎるのではなく、過去を受け入れ未来につなげていく方法を考えていきましょう。

負の気持ちを捨てる


別れた直後や、まだ別れて間もない間は悲しい気持ちに浸ってしまいます。

また、付き合っていた人のことを好きな気持ちが強い分だけ、負の気持ちを抱えてしまうことにもつながります。

特に、別れの原因となったことが忘れられなかったり、相手が浮気をして別れたのであれば、相手の浮気を許せなかったところもあるようです。

しかし、浮気をするような相手を許してしまったところで、また同じ繰り返しになってしまいます。

あなたが反省すべき点は改善し、負の気持ちを捨てるようにしてください。

心に負の気持ちを抱えたまま突き進んでいっても、解決になるところがかえって自分の気持ちと向き合わなければならない時がやってきます。

時間が経てば経つほど相手を許す気になることもありますが、負の感情を持ち込んでしまうことにより、良いものも悪いものに変えてしまうことがあります。

小さな幸せに気付く

小さな幸せに気づくことで、幸せな気持ちがいっぱいになります。

逆に、小さな幸せに気づくことができなければ、まだまだ負の感情に侵されている事でしょう。

負の感情があることで、目の前にある小さな幸せに気づくことができなかったり、本当は幸せな自分に気づくこともできません。

このように、小さな幸せに気づくことができれば、今のあなたは幸せな気持ちで満たされている事でしょう。

しかし、小さな幸せに気づくことができなければ、何らかのことが原因で小さな幸せを見落としてしまっている可能性があるといえます。

このように、普段から小さな幸せに気づけるような優しい心でいることって、引き寄せの法則を取り入れるときにはとても重要になってきます。

未来を明確に想像する

明るい未来を明確に想像するようにしてください。

暗い未来ばかりを想像していても明るい未来を引き寄せることができません。

また、暗い未来ばかりを想像していると、自然と発言も暗くなってしまいます。

このように、あなたの未来が素敵で明るいものになるために、できるだけ細かいところまで映像として明確に想像しましょう。

あなたの未来を暗くするのも、明るくするのもあなたの想像次第でまたあなたの心次第と言えるでしょう。

これから先、あなたにとって素敵で素晴らしい明るい未来が待っているのであれば、それらを全て明確に想像してみるようにしてください。

例えば、テレビを見ているような映像でわかりやすく想像するといいですね。

これらのことを繰り返していくうちに、自然と明るい未来を創造することができるようになります。

声に出して言う

特に、声に出して素敵な未来を想像してみてください。

できるだけ具体的に詳細に声に出して言ってみましょう。

例えば「私は29歳で結婚して、幸せな家庭を築きます。

そんな結婚相手は一度別れた彼だったのですが、2人がお互いになくてはならない存在だということに気づきました。

お互いの存在が大きかったことにも気づき、よりを戻すことに至りました。

また、前回お付き合いをしていた頃よりも心の絆が深くなり、結婚に至ることができました。

結婚してすぐに2人の間に子供が生まれ、今では家族4人で幸せに暮らしています。

これ以上ない幸せについつい笑がこぼれてしまいます。

これからも家族の幸せな日常が続くと思うと、これ以上の幸せはありません。」

などと、かなり鮮明にかつ具体的に想像し、声に出して引き寄せの法則を取り入れていきましょう。

自分の長所をノートに書きだす


これまで、自分のことが好きになれなかったりいつでも「自分はだめな人間だ…。」なんて思っている人は、そんな事は一切考えないようにしてください。

まずは、自分の長所をきちんとノートに書き出してみてください。

箇条書きで構いません。

文章にする必要もありません。

とにかく、思い当たるところをできるだけ多くノートに書き出す事をしてください。

頭で考えて、手に鉛筆を持ちノートにあなたの長所を書き留めていくだけで、その文字をあなたの目はきちんと見ています。

その文字を目で見て頭で感じることで、自分の長所より脳に刻み込んでいきます。

自分の長所を知るだけでも、次へのステップアップにつながります。

ここはぜひ、恥ずかしい気持ちを捨てて、自分の良いところをたくさん書き出してみましょう。

復縁したい感じを出し過ぎない

特に、復縁したい気持ちがあっても、「復縁したい感じ」を出しすぎないようにしてください。

復縁したい気持ちが強ければ強いほど、相手への執着も強くなってしまいます。

相手への執着が強くなればなるほど、あなたが思い描く未来が遠のいてしまうことがあります。

引き寄せの法則は、強く念じれば通じるものでもありません。

いかにポジティブな考えやプラス思考なところで効力を発揮するかを考えなければなりません。

いつまでも巻かれた気持ちが冷めやらぬまま、相手との復縁を望んでも良い結果を得られる事はありません。

復縁したい気持ちより、未来の2人がどうなっていたいのか?を最優先に考える必要があると言えるでしょう。

何が起こってもいい方向に考える

2人に何が起こっても、良い方向に考えるようにしてください。

もともと別れてしまったカップルなので、復縁できる確率の方がかなり低いといるでしょう。

しかし、それらを全て受け入れられることができなければ、他人のせいにしてしまったり、自分の責任ではないと思い込んでしまうところがあります。

特に、これまで周りの人の声や他人のせいにしてきた人は、何か悪いことが起きたときには誰かのせいにしてきたところはありませんでしたか?

そんな様子も「宇宙の法則」では通用することはありません。

これまで自分が行ってきた事は、いずれ自分に返ってくることがあります。

何が起こっても良い方向に考えられる考え方こそ最強なのかもしれません。

引き寄せの法則で注意することは?

さてここからは、引き寄せの法則で注意しなければならないことについていくつかお伝えしていきます。

「引き寄せの法則で、注意することなんてあるの?」なんて思われる方も多いかもしれません。

しかし、扱いを間違えてしまうことで、成就するはずの願望が成就しないまま終わってしまうことが考えられます。

あなたの気持ちを無駄にしないためにも、またあなたの幸せな未来の為にもきちんと正しい引き寄せの法則を実践し、心得ていくことが大切です。

少しでも、道を踏み外したり自分の利益ばかり考えているようであれば、あなたにもたらされる未来は明るいものではないかもしれません。

引き寄せの法則を正しく行い、あなたの心もポジティブに考え方を変えていかなければならないのかもしれません。

頼りすぎない

相手に頼りすぎていたり依存しすぎることで、うまくいかないことがあります。

例えば別れたにもかかわらず「相手が戻ってきますように、相手が戻ってきますように!」と、何度も唱えていたり、「私には彼しかいないから彼じゃないとダメだ!」などと相手に対して依存しすぎていたり頼りすぎてしまったり、また引き寄せの法則に頼りすぎる場合もあります。

このような場合、根本的な悩みや不安があなたの心は解決したわけではありません。

そのような状態でなかなか引き寄せの法則を成功させることが難しいと言えるでしょう。

つまり、頼りすぎてしまうことであなたが思っていない方向の悩みを引き寄せてしまうことが考えられます。

例えば、「相手が自分の元に戻ってほしい」と言う気持ちが強い場合、あなたも相手も戻ったところで何も変わりません。

以前のままの2人が戻るわけですから当然うまくいくはずがありません。

このように、ただお願い事すれば叶うと言う問題ではありません。

あなた自身が自分の出した答えや心に曇りがあったり、不安が残ったままではその不安ごと引き寄せられてしまう結果につながります。

きちんとクリアな状態にしてから引き寄せの法則を行うようにしてください。

別れたことを後悔しない

別れたことを後悔しているようであれば、なかなか前に進むことができません。

また、別れたことを後悔するのではなく、「別れてしまったことで相手に対する気持ちを気付くことができた」など、肯定的に考えられる思考回路も大切です。

別れたことで、相手の存在がどれだけ大きかったのか?に気づくことだけではなく、その後に別れたことを後悔するのではなく、「もう一度相手から好きになってもらえる自分になろう!」などと前向きな姿勢が大切です。

過去と未来を上手く使い分ける

別れたことを後悔している間は、まだまだ過去と未来を女子使い分けていることができません。

また、心の整理ができていないことも考えられますので、過去と未来をお腹使い分けることが大切です。

先程の話のように、別れてしまったことを一旦受け止め、今後あなた自身がどのように変化や成長していきたいのか考えることが大切です。

別れたときの気持ちばかりに立ち戻り悲しい気持ちでいたり、その気持ちから離れないのであれば、いつまでも別れたことを後悔するばかりになってしまいます。

まずは、別れてしまった事実や現実を受け止め、今後自分自身がどのように行動していくかを考えていきましょう。

彼から離れる時間をしっかり作る

彼や彼女から離れる時間をしっかり作ることで、落ち着いて考えることができます。

心のどこかで「まだ寄りを戻すことができる」なんて、別れたときの気持ちからなんだ気持ちに変化がない場合、いつまでたっても気持ちを変えることができません。

彼から離れる時間を作ることで、1人になり気持ちを考え整理することができるのです。

復縁がゴールではない

引き寄せの法則を使い、復縁することがゴールになっていませんか?復縁が最終の目的では無いことを覚えておきましょう。

復縁はあくまでも目標になります。

最終的なゴール地点はあなた自身が決めることです。

もし、将来的に結婚を考えていないのであれば復縁する必要もありません。

あなたが次に行う事は、別れた前の恋人思うことより、未来に出会う旦那様のことを考えなければなりません。

復縁がゴールになってしまうことで、あなたが想像していた素敵な未来が手に入らなくなることもあります。

福音をゴールにしてしまうのではなく、あくまでも通過点だということを忘れないようにしておきましょう。

復縁できない人の特徴とは

それではここからは、復縁できない人の特徴についてご紹介していきます。

もし、あなたが復縁したい気持ちがあってもなかなか復縁できない状況に置かれることが多いのであれば、復縁できない人の特徴を身に付けてしまっているのかもしれません。

これまでの自分の行動や考えを改め、以下の項目に当てはまるところがないか確認していきましょう。

もし、以下の項目に当てはまるところがあれば、一つ一つ丁寧に改善していくことをおすすめします。

自立できていない

そもそも、自立ができていない人は復縁することができない人に多い傾向があります。

つまり相手に頼り切ったり、依存してしまうことで相手が完全にあなたから気持ちを冷めてしまうことにつながります。

自分の気持ちのままに相手を振り回したり、相手が自分の思うように動いてくれないことから、相手に対してわがままになっていたり、さらに、相手がいなくては生きていけない…。

なんていう感情になるのもオススメできません。

今すぐ復縁したがる

別れてもすぐに復縁したがる人は、復縁が遠ざかってしまう人になります。

今すぐ復縁したがる人は、自分の感情や気持ちをコントロールすることができるだけでなく、相手の気持ちを考えられないところも復縁できない原因になっているようです。

もし、相手ときちんとよりを戻したいのであれば、あなたの気持ちばかりに行動してしまうのではなく相手のことを「待てる」ことも大切です。

別れているのに束縛に似た行動をする

別れたにもかかわらず、まだまだ付き合っている気持ちでいる人の場合、復縁することができなくなってしまいます。

別れているのに束縛に似た行動してしまうと言う事は、まだまだ別れた気持ちになっていないことになります。

相手はあなたと完全に終わったと思っていても、あなたから束縛に似た行動されることで、あなたのことを「ストーカー」などと怖い印象に思えてしまうこともあります。

相手の立場になり、考えることで独りよがりな行動を減らすこともできるのです。

連絡を頻繁にしてしまう

特に別れてからも、別れた相手に対し頻繁に連絡してしまう事は避けるようにしてください。

相手もあなたと別れて1人の時間を過ごしたいのかもしれません。

あなたから頻繁に連絡が来ることで、よりあなたのことを遠ざけたい気持ちになってしまいます。

相手の気持ちを考え、別れた後に頻繁に連絡するのはやめておきましょう。

相手が何しているかばかり考えている

別れた相手が何をしているのか気になってしまったり、他の異性と遊んでいないか?など気になりすぎたり考えすぎたりしてしまうことで、連絡したり束縛した行動とってしまう場合があります。

しかし、2人は別れた関係だということを改めて思い出してください。

相手はなぜあなたと別れたのか?あなたがこのような行動をとってしまうこと自体が、別れた原因なのかもしれません。

つまり、「相手の気持ちを考えることができない」ことが、別れた後にもこのようなことをさせているのかもしれません。

SNSをチェックしすぎている

別れた後も別れた相手のSNSをチェックしすぎることで、相手の様子を気にしているところが伺えます。

特に復縁したいのであれば、あなた自身も別れた相手とは距離を取る必要があります。

また、相手の行動や様子が気になるうちはなかなかあなた自身が幸せになれることもありません。

相手のことばかりを気にするのではなく、今後あなた自身がどのような人になっていきたいのか?

また、どのような人がふさわしいのか?

を前向きに考えていく必要があるのです。

別れた理由を相手のせいにしている

別れた原因や別れた理由を相手のせいにしてしまっている間は、復縁することができません。

たとえ、相手に原因があり別れたとしても、100%相手が悪いわけでもありません。

浮気をされた場合、浮気をされる隙を作ってしまったところがあったのかもしれません。

また、最近彼氏がめんどくさく感じてしまい距離を置いていたことが原因で、相手が寂しくなり他の女性に走ってしまったことも考えられます。

相手の事ばかりを責めるのではなく自分にも反省すべき点はなかったのか?考えるようにしなければ前に進めることもできません。

復縁ばかりを願っている

特に復縁ばかりを願い、復縁依存症になっていることもあります。

復縁を願うことばかりに集中し、「なぜ復縁しなければならないのか?」なんて肝心な根本を理解していないケースもあります。

ただ、復縁すれば今の悲しい気持ちがなくなると思う気持ちが強いことから、復縁ばかりを願っているのであれば、復縁することすら間違いなのかもしれません。

このように、自分の気持ちが楽になる方を選んでいたり、むやみに復縁ばかりを願っている考え方は、そもそも復縁できる考え方ではありません。

相手のことを思い、受け止める気持ちがあってこそ自然と復縁することができるのかもしれません。

過去に執着しすぎている

これまで、別れに至った原因や別れたことを憎み許せない気持ちが強いことから、過去に執着しすぎているところもあります。

また、別れた相手のことを好きな気持ちが強いことから過去に執着しすぎている場合もあります。

このように、人を憎んでいたり恨んでいたり怒っていたりする気持ちは、非常に強いエネルギーにはなりますがプラスにはなりません。

まずは、あなた自身が過去に執着しすぎていることを手放さなければなりません。

過去に執着しすぎていることを手放せるようになって、初めて一人歩きしていけることができるのかもしれません。

復縁しにくい別れ方・復縁しやすい別れ方ってあるの?

それではここからは、復縁しにくい別れ方や復縁しやすい別れ方についてご紹介していきます。

別れ方によって、復縁できるかできないかが分かれてしまいます。

たとえ、復縁しにくい別れ方だったとしても復縁するカップルはたくさんいます。

しかし、復縁した後も2人が幸せかは不明です。

復縁したい気持ちが強いことから、復縁ばかりに気持ちがいってしまい、肝心の2人の幸せについて考えることができなければ、悲しい結果になって終わってしまいます。

まずは、復縁しにくい別れ方や復縁しやすい別れ方を考え、2人の原点に戻ることが大切です。

復縁しにくい別れ方

こちらでは、復縁しにくい別れ方をご紹介していきます。

また、復縁してもうまくいきにくいパターンになっています。

復縁しにくい別れ方でも、心を入れ替えることで幸せになることができるかもしれません。

以下のことを参考に、復縁しにくい別れ方を見ていきましょう。

別れる時にすがりついた

別れるときに、相手にすがりついてしまった人の場合、復縁しにくい別れ方をしてしまいました。

特に、相手に依存する気持ちが強すぎて、行ってしまった行為には強烈に相手の気持ちを引かせてしまいます。

そのため、当時相手によりを戻す気があったとしても、あなたが別れるときにすがりついてしまったことで、別れに立ってしまったことも考えられます。

ストーカー行為をした

別れた相手に対してストーカー行為を行ってしまった場合、復縁することは難しいでしょう。

ストーカー行為を相手はどのように感じているのでしょうか?あなたに対して「恐怖心」しかありません。

前のように愛する気持ちにはなれないのです。

ストーカー行為をしてしまったことで、相手に恐怖心を植え付け、あなた自身で好きな気持ちを取り払ってしまったのです。

浮気をした

浮気をしてしまった人の場合、相手の信頼感を全て損なった行為になってしまいます。

浮気をして別れてしまったのであれば、相手もこの先ずっとあなたのことを許すことができません。

あなたは軽い気持ちで浮気をしてしまったのかもしれませんが、相手にとっては心や気持ちを踏みにじられた気持ちでいっぱいになっています。

浮気をしても誰も得する事はありません。

これを機に、次にお付き合いする相手に対して浮気はしないよう心得ておきましょう。

DVをしていた

相手に対して暴力行為を行ってしまった人の場合、ストーカーとよく似て相手に「恐怖心」を植え付けてしまいます。

そのため、あなたのことが好きでもまたいずれ暴力を振る割れるかと思うと恐ろしいと思うところがあるようです。

暴力で支配する事は、相手を本当に支配することができません。

相手のことを思いやり優しい心があるからこそ本気で相手もあなたに気持ちを返してくれるのです。

体の暴力や心の暴力はいつまでも心に残る恐怖心と傷ついた気持ちだけが取り残されます。

DVは犯罪になります。

これらをきちんと理解できていなければ誰も幸せにすることができません。

相手を一方的に責めた

別れるときに相手を一方的に攻めてしまった場合、相手はあなたとの復縁が難しいと思っているでしょう。

あなたは相手のことを説得させようと思い伝えた言葉でも、相手が攻められたと感じれば、押さえつけられたような気持ちになります。

あなたの言動や振る舞いは正しかったのか見直す必要がありそうです。

復縁しやすい別れ方

ここからは、復縁しやすい別れ方についてご紹介していきます。

お互い好きで別れた

お互いに好きで別れてしまった場合、復縁しやすいと言えるでしょう。

また時間が経てば自然と2人のよりが戻る可能性もありますのでじたばた動くより、そっと待つ方が自然な流れでよりを戻すことができそうです。

しっかり話し合って別れた

お互いに、しっかりと話し合って別れた場合、よりを戻すまでに時間がかかるかもしれませんが、また話し合いよりを戻すことができる可能性があると言えるでしょう。

小さな喧嘩が原因だった

ささいなことが原因で喧嘩になり別れに至った場合、お互いが許しあい謝ることですぐに復縁することができそうです。

お互いに成長するための別れ

お互いの将来や未来のことを考え、またお互いに成長するための別れだった場合、少し時間をおいてまた会うことがあれば復縁できる可能性も広がります。

引き寄せの法則で復縁することは可能!

いかがでしたか?

引き寄せの法則をきちんと理解していることで、復縁することが可能になります。

これまで、復縁しやすい別れ方や復縁しにくい別れ方なども含め、どれだけ復縁できる可能性があるのか?

ばかりに気持ちを寄せるのではなく復縁することで、お互いに幸せになることができるのか?を中心に復縁することを考えていきましょう。