普段の会話の中で「女子力」という言葉が普通に使われるようになりましたが「女子力って結局何なの?」と思っている人も実は少なくないのではないでしょうか?

「これをすれば女子力アップ!」と思っている行動も実は勘違い女子力かもしれません。

女子力ってどんな行動や考え方に当てはまる言葉なのか?

徹底検証していきます。

本当に女子力が高い人ってどんな人か知ってる?

会話の中で自然と使われている女子力という言葉ですが、その定義はとっても曖昧なものです。

中には男性向かって「女子力が高い」という何だか矛盾しているような会話を聞く事も少なくありませんよね。

皆が納得する「女子力」とはどんな行動や考え方に当てはまるのでしょうか?

あなたがやってるそれって女子力?

「◯◯をすれば女子力アップ」という謳い文句は数あれど、それは大多数の人が賛同するのでしょうか?

あなたが女子力アップのために行っている事も、もしかしたら周りの人からすると「何か違うんじゃない?」という勘違い女子力になっていませんか?

女子力が高いとモテるの?

そもそも女子力とはどこで発揮される力なのでしょうか?

女性だけに感じられる魅力を表す言葉なので、やはりこの女子力が高いと男性からモテる要素が強いという事になるでしょう。

「女子力=モテ力」という考え方も一理あるのではないでしょうか?

女子力の高い人は結婚したい女性になれる

男性は恋愛に刺激、結婚に安定を求める傾向が強いです。

その為、恋愛関係になりたいのはスタイルの良い女性や容姿の美しい女性ですが、結婚して夫婦になりたいのは家庭的であったり女性としての人間性が高い女子力の強い女性を求めるのです。

ジャンルを問わずモテる

女子力はある意味、人間力でもあります。

恋愛関係において容姿やテンションだけで勝負をするとなると自分と同じジャンルの男性だけにモテます。

ですが、女子力を磨く事は人間的な魅力を高める事に繋がるので、自分とは全く違うジャンルの男性にも好まれやすいと言えます。

また、容姿的な魅力よりも内面的な魅力で選んで貰う事になるので、長く濃密な恋愛関係になりやすいとも言えますね。

容姿<女子力

女性は「容姿の整った人が最もモテる」と思いがちですが、案外そうではありません。

容姿の整った人は確かに大勢の人からモテますがそれはあくまで広く浅くです。

女子力の高い中身のしっかりとした女性の方がしっかりと心から愛される事でしょう。

実は間違ってる!?勘違い女子力6選

自分がこれをすれば女子力が上がると思って行動している事でも、周りの人からすると勘違いな行動になっている事は少なくありません。

そんな実は間違っている勘違い女子力をご紹介します。

当てはまる行動がある人はご注意下さい。

SNSの更新を頻繁にする


SNSを頻繁に更新する事が女子力に繋がっていると思っている人も少なくありませんが、大多数の人はSNS=女子力とは考えていないようです。

ある程度の年齢になってくると逆に「子どもっぽい」「リア充アピール」「キラキラ女子」など全く違う印象を作っている事も少なくないようです。

手作り料理を載せる

手作り料理の写真をSNSにアップすると「家庭的な女性=女子力」と考える人が多いです。

しかし、SNSにアップするのなら色どりや盛り付け、食器、はたまた撮影する際の光源なども考慮しなければ逆効果になってしまう事もあります。

いくら実物が美味しくても写真で味や香りは伝わらないので、見た目に美味しそうに見えない写真をアップした所で女子力の高い人だというイメージは生まれないでしょう。

加工しまくった自撮りを載せる

一番可愛く撮れた写真を更に加工してオシャレにした自撮りをSNSにアップする事で自分の容姿的な可愛さをアピールする事はできるかもしれません。

しかし、それは女子力ではありません。

寧ろ「加工してまで自撮りを見て欲しい?」と自己顕示欲の強さが現れて見栄っ張りな女性だと思われてしまう事も少なくありません。

また、スタンプや加工で自分のコンプレックスを隠した写真をアップするのも「そこまでして自分を見て欲しいの?」と思われてしまう事が多いので注意が必要です。

キラキラ女子感がすごい

オシャレなスポットでインスタ映えする写真をSNSにアップするのは良いですが、それは女子力とはまた違ったものだという認識が必要です。

どちらかと言えばミーハーで流行り物が大好きなキラキラ女子という印象を持たれやすいでしょう。

20代などの若い内は良いかもしれませんが、ある程度の年齢になってくると「まだそんな子供っぽい事してるの?」と思われてしまうかもしれません。

人の投稿に絶対コメントをつける

SNS上で他人が新しい投稿をしていると必ずコメントを付けて「マメな自分」を演出していると勘違いしている女性は意外と少なくあにのではないでしょうか?

しかし、自分の思いとは裏腹に「この人いつもSNSばかりしているのかな?」と暇な人だと思われている場合もあります。

ゴテゴテのネイルをしている

自分の容姿を磨く事は女子力に含まれますが、ゴテゴテに持ったネイルをしていると清楚でナチュラルな印象を持つ女子力とは違い、ギャルっぽさや子供っぽさが主張されてしまいます。

女子力をネイルでアピールするなら、あまりゴテゴテにし過ぎる事なくナチュラルでシンプルな仕上がりを目指す方が良いでしょう。

ネイルがはげていたり根本が伸びている

せっかくネイルをしていても、ネイルが剥げてしまっていたり爪が伸びてしまっていて根本の地爪が目立ってしまっていると逆に「自分自身の手入れが出来ていない人だな」と思われてしまいます。

ケアの行き届いていないネイルは不潔や不衛生、だらしないイメージを与えてしまうので、しっかりと定期的なケアを出来ないのならばネイルはしない方が良いかもしれません。

自称サバサバ女をアピール


人間関係や考え方などを男性寄りの思考に寄せて、自称サバサバ女をアピールするのは女子力とは最も遠い行動だと思っても良いでしょう。

実際、自分自身の事をサバサバ女と主張する人程、中身は執着室で女性らしさにコンプレックスを感じている事も少なくありません。

サバサバした考え方自体は悪い事ではありませんが、それをアピールする必要は無いという事です。

サバサバ女をアピールしている時点でサバサバしていない

人間関係に執着せず、来るもの拒まず去るもの追わずなのがサバサバ女の特徴です。

女子特有の粘着質な人間関係を持たない事をカッコイイと思い、女子力アピールの一環として主張する人が居ます。

1人でもしっかりと自立して行動できるという点ではサバサバ女は悪くないと思います。

しかし、自分自身で自分はサバサバしているとアピールしている時点で周りからの評価やイメージを気にするタイプであるのが見て取れます。

サバサバ女である事自体は悪くないですが、自称サバサバ女は大抵粘着質でサバサバしていない事が多いですね。

率先して料理を取り分けようとする

女子力の起源とも言われている飲み会や合コンでの料理の取り分けですが、現在では逆に「女子力アピール」としてガッツいているイメージを持たれてしまいがちです。

姉御肌や世話好きの人が自然に取り分けをしているのとは違い、女子力をアピールしようとして率先して取り分けをする姿は「男性に良く見られたい」という願望が透けて見えてしまうのです。

ひと昔前のモテ行動

ひと昔前は、合コンの席などで料理を取り分ける女性が「女の子らしい」「家庭的」と人気が高く女子力というワードが生まれるきっかけともなったアクションでした。

しかし、今ではそれが有名になり過ぎて合コンの席などで率先して料理の取り分けを行うと女子力アピールである事が簡単に見透かされてしまいます。

世話好きアピール

自分は尽くしたいタイプで常に誰かの世話を焼いていたいというアピールは、女子力ではなく「都合の良い女」という認識になってしまいます。

細やかな気配りが出来る事と世話好きである事は似ているようで全く違うので注意しましょう。

特に、男性に対して女子力アピールと思って何かと世話を焼いていると「この人は頼めば何でもしてくれる」と気付けば上手く利用されてしまっているというケースも少なくありません。

有難迷惑と思われている事も

世話好きというのは相手の意思に関係なく自分の欲望で相手に干渉しているという部分が大いにあります。

中にはそんな世話焼きを断る事が出来ず有難迷惑と感じている人もいるかもしれません。

いくら好意でも相手の望まない好意はただの迷惑でしかないという事を認識しましょう。

露出の多いファッション

容姿を磨くという意味での女子力アピールとして、ファッションに気を使うのは良いですが、露出の多いファッションを選んでばかりいうと女子力のイメージとはかけ離れて遊び人や軽い女などのイメージが強くなってしまいます。

露出の多いファッションにも魅力はありますが、時と場合を考えて露出の度合いを調整するのが良いでしょう。

だらしないファッションも悪印象

ファッションで言えば、襟元の伸びた服やシミやシワのついた服を着ている人もだらしなく不衛生なイメージで悪印象を与えてしまうと言えます。

自分の洋服を管理できていないという点で不摂生なイメージや家事が苦手なのかな?というイメージも持たれやすいと言えるでしょう。

女子力が低い女性の特徴は?

曖昧な定義で使われているからこそ勘違いしやすい「女子力」ですが、そんな女子力を勘違いしてしまっている女子力の低い人には実は共通点が存在するのです。

女子力が低い女性は実はこんな特徴を持っている人が少なくありません。

コンビニ食ばかり食べている

自炊をせずにコンビニ食ばかり食べている人は、カロリー計算などによる体重管理が出来ていなかったり、脂質の多い物などを食べすぎる事によって肌荒れを引き起こしやすい事から、容姿に対する女子力が低くなりがちです。

勿論、たまに食べる分には構いませんがにコンビニ食ばかりになってしまうのは控えた方が良いでしょう。

サラダなどに偏り過ぎている場合も

コンビニ食ばかりになってしまっている自覚がある人の中には、カロリーなどを気にしてサラダなどを選んで手に取る人も少なくないでしょう。

しかし、カロリーばかり気にしてサラダだけの食事などになってしまうとたんぱく質や炭水化物が足りずに結局体に対して良い影響を受けません。

コンビニ食だけで女性として美しくあるための栄養をバランスよく摂取するのは難しいと言えるでしょう。

下品

品の無い女性からは女子力は感じられませんし、男性目線から見ても異性としての魅力が半減してしまいます。

品の良さとは日頃の立ち振る舞いの中に自然と出て来るものなので身について居ない人は常に意識し続ける必要があります。

特に下品な内容の会話などをしてしまう人は、何も考えずにその場のノリだけで会話をしている事が多いので、会話の最中にも一息置いて自分の会話内容を意識する必要がありますね.

仕草がガサツ

フとした時の仕草がガサツだと、どんな女子力アクションも無駄になってしまいます。

コップを置く時の仕草や、座った時の仕草など無意識の場面でも美しい動作をできる人こそが女子力の高さを感じさせます。

大雑把だったりガサツだったりする人は、1つ1つの動作に丁寧さを意識するようにした方が良いでしょう。

何かする度に音が立つ

仕草がガサツな人の最も大きな特徴は、何かする度に音が立つという事です。

ドアの開け閉めやコップを置くだけの仕草でも乱暴でガサツにしてしまう事からガチャンと大きな音を立ててしまいます。

自分では無意識なので聞こえていませんが、周りの人は気付いているし不快んい感じている人も少なくないでしょう。

洋服がいつも同じ

外見的な女子力の中にはファッションも含まれます。

やはりオシャレだったりTPOの気を配っている女性の方が女子力が高いと言えるでしょう。

インナーを変えているからといって、毎日同じ洋服を着ていたりするとあまり女子力は感じられません。

また、同じ形、色ばかり着ている人も時には違うテイストを取り入れたりする方が良いかもしれませんね。

肌が汚い

美意識と女子力は直結しています。

肌が汚いのは体質も関係してくるものの大部分はスキンケアや生活習慣が関係してくると言えます。

ニキビや吹き出物だらけの肌や毛穴の開き切った肌は、美しさと共に若さも半減させます。

食生活、生活習慣、スキンケアなど健康的な生活や美意識に欠ける事が見た目に現れてしまうのです。

鞄の中がぐちゃぐちゃ

生理整頓の出来ない人は、私生活においてもズボラだったりガサツだったりする傾向にあり女子力の低い人に多い特徴の1つです。

その整理整頓の出来なさが一目で分かってしまうのが鞄の中なのです。

完全な自分自身のプライベートスペースだからこそ、普段の自分が現れてしまうという訳ですね。

鞄の中がぐちゃぐちゃになっている人は、高い確率で整理整頓の苦手な女子力の低い人である事が多いでしょう。

女子力が高い人の特徴とは

これまでは勘違い女子力や女子力の低い人の特徴を解説してきました。

それならば曖昧な定義の中で使われがちな女子力において、女子力の高い人というのはどういった特徴を持つ女性なのでしょうか?

女子力が高い人の特徴をご紹介していきます。

清潔感がある

ハイセンスや派手、華やかではなくとも清潔感のある女性に女子力を感じる人は少なくありません。

清潔感というのは様々な部分に表れます。

綺麗に整えられた爪や、皺の無いシャツ、艶やかな髪や綺麗な肌にも清潔感を感じられる事でしょう。

自分に対して丁寧に手をかけている事の分かる指標こそが清潔感であるとも言えるのです。

清潔感のある女性は美意識が強く自己管理のしっかりとできている女性が多いので女子力が高いのでしょう。

常にアイロンがけされたシャツを着ている

シャツなどを着る際には、しっかりとアイロンがけされていたり皺や毛玉のついた服をそのまま着ないなど、身だしなみの面でも清潔感とキチンと感を意識している人は女子力が高い人という印象を与えやすいものです。

料理上手

料理上手な人は家庭的な印象が強く、女子力が高いと言えます。

ただし、それは家事を通して準備、調理、片付けまでしっかりと行える人をここでは料理上手と表します。

見た目に派手なイタリアンやフレンチの料理などを作れなくとも、色どりや盛り付けに拘る事が無くても、健康的で美味しい料理をしっかりと作る事ができる。

そして、片付けながら調理を勧めていくなど計画性を持って「料理」というアクションを起こす事ができる人こそが料理上手であると言えます。

勿論、オシャレな料理や見栄えの良い料理を作れる事に越したことはありません。

ですが、作り終わったキッチンが戦場のように散らかってしまっていては、女子力の高い料理上手さんとは言えません。

ある物で料理を作れる

女子力の高さは家事力の高さであるとも言えます。

珍しいく凝った料理を作れる事よりも、冷蔵庫の中にある有り合わせのもので美味しい料理を作れる人の方が女子力が高く感じるのはそのためなのです。

ソーイングセットを持ち歩いている

細やかな気遣いができるという点で、ちょっとしたほつれやボタンが取れてしまった際に、直ぐに手直しや応急処置が出来るようにソーイングセットを持ち歩いている女性は比較的女子力の高い女性である事が多いです。

これは小さなほつれやボタンが取れてしまった時に、そのままにしていては見た目的にも美しくないから直ぐに応急処置をするという美意識の高さでもあると言えます。

更に、男性目線からするとサッとソーイングセットを取り出して、ほつれやボタンを直している姿を見ると家庭的な女性というイメージが湧く点でも女子力を感じさせる事でしょう。

バンドエイドなどを持っている事も多い

気が利くという意味では、小さな怪我をした際にバンドエイドを持ち歩いているなどの応急手当グッズを持っている人も少なくありません。

普段から「もしも」に備えているしっかりとした一面や、他人が怪我をした際にすぐに手を差し伸べる事のできる優しさが女子力として評価される部分もあるようです。

毎月雑誌を買っている

女子力の高い人に共通するのは、意識が高いという点です。

常に自分を良くしていく為の情報を欲していて、毎月雑誌を買って様々な情報を得ている人も多い事でしょう。

ファッションに限らず、ヘアスタイル、趣味の内容、健康やエクササイズについての物など様々なジャンルの雑誌を定期購読しているという人も実は少なくないのです。

流行に敏感

雑誌を毎月買う事での最も大きなメリットは流行に敏感になるという事です。

全ての流行を自分に取り入れる訳ではありませんが、会話をしている中で「知っている」という事は会話を弾ませ話上手になる為にも必要な事です。

流行を敏感にキャッチする事でどんな人との会話でも上手にこなせる事も女子力の高い人の特徴であると言えるでしょう。

いい匂いがする

人は視覚聴覚触覚の他に嗅覚でも人を判断します。

特に嗅覚はイメージを作る上で最も重要視される感覚で、自分の不快な臭いを持つ人はどれだけ容姿や性格が良くても好きになれないものです。

女子力の高い人は、大衆に好まれるようないい匂いを纏っている事で人に好かれ、好印象を持たれやすくしています。

香水よりも石鹸などの香り

女子力を高めようと香水を付けるのも有りですが、香水は人によって好みが分かれてしまいます。

女子力が高く良い匂いがする人というのは、大抵石鹸の香りやシャンプーの香りなど生活に身近にあり尚且つ殆どの人に好まれるような爽やかなフレグランスを身に纏っている事が多いですね。

メイク上手

美意識の高い女子力高めな人は、自分を一番綺麗に見せる術を良く学んでいる為メイクが上手な人も多いですね。

ただしメイク全てに精通しているというよりも「自分を綺麗に見せる」という事に特化している為、同じように人にメイクをしてあげられるという事とは異なってきます。

TPOに合わせてメイクを変える

しっかりとTPOを考えて、その時々のベストなメイクを取り入れる事が出来る事も女子力の高い人の特徴です。

プライベートでは濃いめのメイクをしていても仕事ではオフィス向けの上品なメイクをしているなど、しっかりと時と場合を考えてメイクをしています。

TPOに合わせてメイクをする事で、仕事とプライベートのイメージが変わってギャップがある事も女子力の高い人の魅力の1つですね。

いつでも笑顔

女子力の高い人は、周りへの気配りがキチンと出来る人が多い為いつでも笑顔でいる印象が強いです。

自分が笑顔でいる事で周りも良い気持ちにしてくれるので人好きされやすいのも特徴の1つですね。

目がしっかり笑っている

笑顔が上手な女子力の高い人というのは一様に、目がしっかりと笑っています。

笑顔で口元を隠した際でも、笑顔に見えるのです。

マスクをして笑顔を浮かべた際でも笑顔に見えるのは、しっかりと目が笑っているからなのです。

言葉遣いが綺麗

品性が無いと女子力があるとは言えません。

丁寧な言葉遣いや人を不快にさせないアクセントなど、会話の中やメールの文中等でも言葉遣いや言葉選びが綺麗な事も女子力の高い人によく見られる共通点であると言えます。

特に会話の語尾に「~ですね」など言葉のニュアンスを柔らかく女性らしくしていると、より女子力の高さを感じるようです。

笑声

女子力の高い人は言葉遣いが綺麗な事と同時に、声に華やかさや笑顔を感じさせる笑声を持っている人が多いと言えます。

さらにしっかりと抑揚をつけて、音でも感情を伝える術に長けているのです。

ハンカチとティッシュを持ち歩いている

エチケットの一環として、小さい頃からハンカチとティッシュを持ち歩くように言われて来た人が殆どでしょう。

しかし、大人になるにつれてあまり持ち歩かなくなる人も少なくありません。

ふとした場面で必要を感じた時に、スッとハンカチやティッシュを出せる事で品の良さや女性らしさ、清潔感を感じさせます。

自分磨きを怠らない

女子力の高い人は、自己成長を大切にしている人が少なくありません。

そのため、様々な面で自分磨きを怠らないのです。

容姿は勿論、資格取得や趣味など自分を磨きより人間性を高める事を好む人も多いですね。

脱毛に通っている

どれだけ綺麗に着飾っていても、無駄毛があると全てが台無しになってしまいますよね。

女子力の高い人は比較的、脱毛に通っている人が多いのはそのためです。

自分で処理をするよりも肌への負担を減らしながら脱毛をしたり、自分ではお手入れしにくい所までしっかりと処理して貰うために脱毛に通っているようです。

爪が綺麗

女性の美しさは指先に表れるといわれる事もあり、女子力の高い人は爪が綺麗にお手入れされています。

過度なネイルなどをしている訳ではなく、形を綺麗に整えていたり爪を磨いていたりしっかりとハンドクリームで保湿されていたりと、指先が綺麗である事も女子力の高い人の共通点と言えます。

健康管理ができている

女子力の高い人はしっかりと健康管理が出来ている事で見た目にもイキイキとしたハリのある容姿や内面をキープしています。

また、健康管理をしっかりと行う事で美容やスタイル維持にも役立ち健康的な生活をしている人というのは性格も明るくなりやすい傾向にあり人好きされます。

ヨガに通っている

美容と健康に良いという事から人気のヨガは女子力の高い女性にもとても人気があります。

ただのエクササイズでなくしなやかで美しい体を作ってくれるヨガは女性としての美しさまでも引き出してくれるのです。

美意識の高い女子力高めの人はヨガに通っている人が多いのはこのメリットが大きいからと言えるでしょう。

ジムに通っている

健康管理のためにジムに通っている人も近頃では多くなってきましたね。

駅前などに格安で利用できるフィットネスジムなどが多数できた事から、仕事帰りなどに習慣的にジムで体を動かし健康的に体を鍛えているという人も少なくありません。

美意識が高く自分磨きが好きな女子力高めの人はジム通いをしている人が多いのです。

規則正しい生活を送っている

女子力の高い人というのは自己管理がしっかりと出来ている人が多いです。

そのため、自分の中でしっかりと規則正しい生活リズムを作り出してそれを守った生活を送っている方が多いと言えるでしょう。

キチンと自分を律して規則正しい生活を送っているからこそ美意識も高く、品性もある女子力の高い女性になれるのです。

女子力の高い人が習慣にしている事

女子力は一朝一夕で身につくものではありません。

毎日の習慣から自然と身につくものの方が大きいのです。

そんな女子力をアップさせるために、女子力の高い人が習慣にしている事をご紹介していきましょう。

運動

スタイル維持や健康管理のために習慣の中に運動を取り入れている人は少なくありません。

趣味として運動をしている場合や、毎日数分のエクササイズを日々の習慣として取り入れている人もいる事でしょう。

健康的なダイエットにも繋がりますし、まずは出勤退勤時に一駅分だけ歩くなど簡単な運動から取り入れてみるのがおすすめですよ。

毎日しっかりと鏡を見る

鏡をしっかりと見る人は、人に見られているという意識の高い人です。

自分の仕草や振舞いが人に見られていると意識するだけで女性らしく美しい仕草や振舞いになっていくものなのです。

毎日家を出る前に様々な角度から自分を鏡で見つめて「人に見られている」という意識を高めましょう。

笑顔の練習

女子力の高い人は笑顔が素敵な事が多いですよね。

素敵な笑顔は日々の練習から作る事ができるのです。

自分がどんな笑顔をしているのか鏡でチェックする事で、笑顔の質を上げていきましょう。

なるべく誘いを断らない

女子力の高い人に共通するのが遊びや飲み会の誘いをあまり断らないという事です。

どんな場所に人との繋がりができるか分かりません。

その場にいく事で新しい出会いや、発見があるかもしれないとポジティブに捉える事ができるのです。

「寝たいから」などの理由で誘いを断っている内は女子力はなかなか身に付かないものです。

実は素朴なのが男子に受ける女子力なのです!

女子力というのは、過度に女の子らしくする訳ではなく人として当たり前の事を丁寧に出来ていればそれで良いのです。

女子力にこだわって女の子らしさを極めるよりも、素朴で人として魅力的な一面をアピールする方が「女子力が高い」というイメージを強く持ってもらえる事でしょう。