お見合いの時までに、どのような服装で見合い相手と会えばいいのか悩んでいませんか?

お見合いで大切なのは、「第一印象」になります。

第一印象が良ければ、当然お見合いをした後に話がとんとん拍子に発展することがありますよね。

今回は、そんなお見合い相手に好印象を与えるような服装に迷ったら、知っておきたいいくつかのポイントをご紹介します。

好印象に見えるための服選びや、男性からウケの良い服装まで広範囲にわたり、お見合いの服装で受けの良いものをご紹介していきます。

こちらの記事を読むことで、あなたの印象がさらに良いものになるでしょう。

どうしてもお見合いを成功させたい!どうしたら好印象を持たれる?

お見合いを成功させたい気持ちが強ければ強いほど、「相手にとって良い印象を与えなければならない」と言う事がプレッシャーになっていませんか?

こちらでは、そんな「どうしてもお見合いを成功させたい人が、どのようにすれば好印象を持たれるようになるのか?」について、見た目の第一印象を決める「服装」に注目しました。

服装の印象が良ければ、自然とあなたの印象も良くなり、相手から好印象に思われることがありそうです。

さて、普段の服装とは違いお見合いで好印象を持たれるためには、どのような服装にするのが良いのでしょうか?

お見合いで好印象を与える9個の服装のポイントを教えちゃいます!

こちらでは、お見合いで好印象を与える服装のポイントについていくつかご紹介します。

お見合いに行くまでに、以下の服装を意識するだけでも、男性から好感度の高い印象を与えることができます。

これまで、あなたの印象とは全く違う服装になってしまうことも考えられます。

しかし、男性からのウケの良さや、好印象に見える服装などに注目し、まとめてありますので、参考にすることで、よりお見合いの成功率を高めることができるのです。

お見合いで好印象を与えることができれば、その後の話が順調に進んでいくことも考えられます。

少しでも可能性のある方法を取り入れていくことで、お見合いでの成功率も高くなるのではないでしょうか?

淡い花柄で可愛らしく


まずは、女性らしい淡い花柄で可愛らしくまとめられる服装を心がけていきましょう。

特に個性の強い女性の場合、ビビットカラーやインパクトの強い原色などの色を選びがちですが、インパクトが強くなりすぎることで、男性から不評になってしまうことも考えられます。

さらにインパクトの強いファッションは、きつい印象を与えてしまいます。

お見合いに訪れる男性の多くは「素敵な花嫁」を探しに来ています。

お互いに幸せな結婚生活を求めているのであれば、少しでも自分の理想に近い女性を選びたいと思うのが本音です。

淡い花柄で可愛らしい服装に身を包んだ女性は、清楚で純粋な優しいイメージに見えることでしょう。

清潔感を大切に

清潔感を大切にすることで、好印象になります。

しかし、言い方を変えれば「清潔感を大切にするだけで」好印象になるのです。

例えば、ここで言う「清潔感」とは、あなた自身の清潔感はもちろんのこと、服装も清潔でなければ美しく見えることがありません。

また、美人や可愛い顔立ちであっても清潔感のない服装をしているだけで、印象が悪くなってしまいます。

あなたも好きな男性が清潔感のない格好をしていれば、かっこよくない印象に見えてしまうことがありませんか?

清潔感を大切にすることは、服装選びより大切なポイントになります。

相手に「清潔感」を与えることで、よりあなたの印象が良くなることでしょう。

シワ・シミがないか

特に、服装にシワやシミなどがないか確認しておきましょう。

白いシャツにシワやシミなどがあるだけで、清潔感がなくなってしまいます。

また冬などに着るセーターなど、毛玉がたくさん付いているような服装では、清潔感のある服装などとも言えません。

このように、あなたが身にまとう服装は「清潔感のある」服装でなければ相手に好印象を与えることができません。

また、男性は案外そんな細かいところまで見ている人もいるのです。

あなたがきちんと「良い奥様」になれるのかどうか?

あなたの見た目やしぐさなどあらゆるところからあなたのことをジャッジしている可能性があります。

できるだけ、悪い点を改善し少しでも相手に不安を持たせないことが大切です。

スカートは必須


スカートを履くことで、一気に女性らしくなります。

また、パンツスタイルより好印象に見えることもあり、また華やかな印象に見せることもできます。

女性であれば、可愛らしくスカートを履くことで、相手に好印象を与えることができます。

特に、お見合いなどの初対面の男性に会うような場面では、スカートをきちんと履きこなすことで、よりあなたの印象が良いものになりあなたの魅力を最大限に引き出すことができるかもしれません。

もし、これまでパンツスタイルばかりで、スカートをあまり履いたことのない女性であれば、これを機に、一度スカートに挑戦してみるのもいいですね。

フレアスカート

歩くたびにふわふわと揺れるフレアスカートは、柔らかで優しい印象に見えることでしょう。

また、淡いピンク色やベージュ、春にはパステルカラーのイエローなど、爽やかな印象を与えることができます。

また、夏の暑い日にはやはりパステルカラーのブルーなどで涼しげな印象と爽やかな印象を相手に与えることができます。

このように、フレアスカートを履くことでイライラと揺れるスカートに、女性らしさを感じパンツスタイルの服装の時より、女性らしく柔らかな印象に見えることでしょう。

さらに、フレアスカートはお手入れしやすくシワになりにくいのも特徴です。

めんどくさがり屋さんや、お手入れしやすい服装選びたい場合、フレアスカートはおすすめです。

プリーツスカート

プリーツスカートの場合、清楚な印象になり好感度の高いタイプのスカートになります。

知的な印象や、清潔感もあり組み合わせによってはかなり落ち着きのある印象に見える場合があります。

特に、お見合いの場合膝下丈のスカートがおすすめです。

短すぎるスカート丈を選んでしまうことにより、若々しい印象にすることができますが、落ち着きある雰囲気に見せることが難しくなります。

やはり、お見合いに来る男性は「落ち着きのある」「清楚な」印象の女性に対して好感を持ちやすい傾向があります。

家庭に入ると言うことを想像したときに、派手な印象や落ち着きのない女性を選んでしまうことで自分が苦労することを避けたいと感じてしまうところにあるようです。

もし、あなたがお見合い相手に「好印象」「知的」「落ち着きのある」印象を与えたいのであれば、プリーツスカートの膝下丈が上品に見え、落ち着きもありおすすめです。

シフォン素材

特に、スカートでもシフォン素材のスカートは柔らかく清潔感のある印象になります。

そのため、素材選びにもこだわる方がいいですね。

素材にこだわることで、服の印象もガラッと変わる場合があります。

特に、第一印象も大切にしたいのであればシフォン素材が男性からのウケもよくオススメです。

シフォン素材の服装は、よくドレスや発表会などのよそ行きファッションに使われていることの多い素材になります。

また、パーティー用ドレスやカクテルドレスなど華やかな印象与えることもあり、スカートを選ぶ際にシフォン素材を中心に選ぶようにしてみてはいかがでしょうか?

レース生地で女性らしさを忘れずに

特に、女性らしさを相手に印象付けたい場合、「レース生地」は好印象与えるだけでなく清潔感や清楚な印象を与えることもできます。

女性らしさを考えたときに、花柄やレースの取り入れられた服装にするだけで、かなり好感度の高い印象も与えることができます。

もし、あなたが少しでも好印象に見える服装や、女性らしさを取り入れたいと考えているのであれば、「花柄」や「レース生地」などがあしらわれた服装を選ぶようにするだけで、華やかになり女性らしさもさらにアップすることでしょう。

ワンピースは王道

ワンピースは王道ですが、やはりウケの良い服装になります。

硬すぎず、抜け過ぎず、女性らしくまとめることができます。

また、花柄のワンピースやシフォン素材のワンピースを選ぶだけで女性らしさや高級感が増し、初めて会う男性にも好印象を持たれることが多いようです。

このように、ワンピースを見にまとうことで相手に好印象を与えるだけでなく、すっきりとしたまとまったイメージに見えることもあります。

特に、上下で違うデザインの服装を着こなす時にも、組み合わせを間違えてしまうことでちぐはぐな印象に見えてしまうこともあります。

しかし、ワンピースなら統一感もありまとめやすく、おしゃれに見えることもあります。

もし、服装に迷うようであればワンピースも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

透け感のあるブラウスで少し色気を

知的な印象や、透明感のある印象に仕上げたい場合、ブラウスなどで少し色気を出してみるのもいいですね。

色気を出す出し方にも様々な方法がありますが、「露出」だけはやめておきましょう。

清潔感のある印象にならないばかりでなく、品がない服装に見えてしまうこともあります。

お見合いや、結婚相手を探す男性にとって致命的と言えるでしょう。

また、透明感のある服装を着こなすことができるだけで、爽やかな清潔感のある印象になります。

特に、透け感を出すためにレースや服装の一部にシースルーなどが取り入れられたデザインの服装を組み合わせてみてもいいですね。

1分に透け感を作ることで、知的でも少し色っぽい印象になり、またその色っぽい印象がおしゃれで好印象に見えることもあります。

白やピンクでまとめる

特に、「清潔感」にこだわるのであれば白色やピンク色などでまとめることをおすすめします。

白色は爽やかな印象になり、「純粋」「無垢」「清潔感のある」と言うキーワードがよく似合います。

特に女性の場合、初対面から自己主張をしてしまうような服装で会うことにより、相手に対して個性的な印象与えたり気の強そうな印象を与えてしまうことが考えられます。

特に男性は、自分にとって癒しになるような存在の女性や、優しい女性、母性のある女性などに惹かれる傾向があります。

ピンク色は女性らしく、また可愛らしい印象に見せることもできます。

このように色の効果をきちんと理解し、その時により使い分けて着こなすことがポイントです。

アクセサリーは控えめに

最近では、大振りのアクセサリーが主流になってきていますが、できるだけアクセサリーは控えめにすることがおすすめです。

さりげなく耳元で光るようなイヤリングやピアス、またネックレスも胸元で控えめに輝くような小さなものがおすすめです。

とても素敵なファッションをコーディネートしていても、アクセサリーが主張しすぎることで全体のバランスが崩れてしまうこともあります。

できるだけ、服装の印象を壊さないような小ぶりのアクセサリーを身につけることで、清潔感のある、また清楚な控えめな印象に見えることでしょう。

アクセサリーを控えめにするだけで、好感度のある服装に見せることができます。

カバンは小さめで

アクセサリー同様、カバンも小さいものを持ち歩くようにしてください。

確かに、女性の場合化粧品やスマートフォン、お見合いの日が生理だった場合さらに荷物がかさばります。

しかし、いくら上品に服装をまとめても、大きいカバンを持ち歩くことでどこかバランスの悪い服装に見えてしまいます。

お見合いに出かける場合、パーティーや普段とは違う大きな場所に出かける印象でアクセサリーやカバンや小物など身に付けるものを考えていきましょう。

また、派手な印象になりそうな小物やアクセサリーなどを身に付けてしまうことで、これまで女性らしく清楚な印象でまとめてきた服装も、一気に台無しになる可能性もあります。

最後の仕上げで失敗してしまわないよう、最後まで気を抜かずに服装を整えていきましょう。

これを着ていくのはNG!お見合いで好印象を持たれない服装とは

それではここからは、お見合いで好印象にもたれない服装をご紹介していきます。

こちらの項目は、マイナスポイントになりますのでいくらあなたが素敵なファッションを心がけていても、マイナスポイントが1つあるだけで、相手はそのマイナスポイントが気になってしまうこともあります。

お見合いを失敗させないためにも、以下のポイントに気をつけ、できるだけマイナスポイントを排除していくよう心がけておきましょう。

さらに、お見合いで好印象を持たれるために、自分の服装が見る人により良い印象を与えやすい服装なのか?をよく考え選び、取り入れていくようにしてください。

タイトスカート

タイトスカートの場合、体の線が露骨に見えてしまいます。

そのため、見る人によっては色っぽい印象と言うより、肉食系女子の印象に見えてしまうことがあります。

つまり、ガツガツしている雰囲気や、女性らしくない印象に見えてしまうことがあります。

自己主張の強い女性に見えてしまったり、きつい印象に見えることからお見合いでタイトスカートはいていく事はおすすめすることができません。

普段のファッションや、あなたの好きな服装として取り入れていく事は問題ありませんが、お見合いや将来のパートナーを決めるときには、「印象が良くなる」「結婚相手にふさわしい」服装とは言えません。

タイトスカートは、あくまでも自分の趣味の範囲として楽しむようにしてください。

アクセサリーをジャラジャラつける

大きいパーツのアクセサリーや、たくさんのアクセサリージャラジャラと身に付けてしまうことで、良い印象に見えることはありません。

たくさんのアクセサリーをジャラジャラと身に付けてしまうことで、何を主張したいのかわからない服装になってしまいます。

また、シンプルな服装こそ清潔感があり好印象に見える傾向があります。

しかし、たくさんのアクセサリー身に付けていたり、自己主張の強いアクセサリーを身につけてしまうことで、かえって悪い印象に見えてしまう場合もあります。

このように、きちんと服装に見合う控えめなアクセサリーを身につけることで、TPOのできた服になります。

その時々で空気の読めないものを取り入れてしまうことにより、あなたのファッションセンスが問われる場合もあります。

地味

「清潔感」「清楚な」「シンプルな」印象は非常に良い印象与えますが、地味すぎる印象になることで、かえって相手に対して「暗い」印象を与えてしまうことがあります。

基本的に「地味」である事は悪い人はいません。

しかし、華やかさがないことで暗いイメージを与えてしまう場合があります。

特に、男性の場合爽やかで明るい女性のことを「好印象」と感じるところもあり、地味で暗い印象の女性に対しては根暗なイメージや、場合によってはマニアックに見えてしまうこともあります。

このように、地味すぎるファッションは、お見合いにはあまり向いてないファッションと言えるでしょう。

そのため、お見合いで好印象な服装を考えたときに、地味な服装をおすすめすることができません。

全身ブラックでまとめる

特に、迷ったときには「黒い服装」と言う人には注意が必要です。

黒い服装には確かにかっこよさはありますが、女性らしさや華やかさを感じられるのが少ない傾向にあります。

そのため、全身ブラックでまとめてしまうことで冠婚葬祭と言うよりかは、お葬式のような暗い印象に見えてしまうこともあります。

全身ブラックでまとめるのではなく、その服装により時々女性らしさや爽やかさ、華やかさなど取り入れていくことで、お見合い相手にも素敵な印象与えることができるのです。

特に、黒色のファッションはしまった印象に見えたり、かっこいい印象に見える事は間違いありません。

しかし、あくまでも「お見合い」する場面になりますので、女性らしさや清潔感、華やかさを忘れないようにしていきましょう。

露出が多い

これまでにもお伝えしてきましたように露出度の高い服装はおすすめすることができません。

露出度が高くなってしまうことで相手に良い印象を与えられないケースもあります。

露出が多い服装をしてしまうことで、相手もあなたに対する目線のやり場に困ります。

さらに、露出が多いことで上品には程遠い服装になってしまっていることも考えられます。

男性が女性を選ぶポイントとして、清楚な印象を持った女性を選ぶ傾向にあります。

そのため、露出が多いことで体の関係をアピールしているように見えたり、軽い女性に思われてしまうこともあります。

できるだけ、露出をせず清潔感や清楚感のある女性らしい服装を心がけていきましょう。

ジーンズ

ジーンズは、もはや作業着になります。

カジュアルスタイルになりますので、綿のパンツやジーンズ以外のパンツスタイルがおすすめです。

確かに、最近のファッションではカジュアルダウンさせて、うまく抜け感を作るファッションスタイルもあります。

しかし、それらはお見合いの場でふさわしくありません。

お見合いの場にふさわしいファッションとは、カジュアルではない落ち着きのある、また華やかさや上品さが感じられる服装がおすすめです。

あまり軽いファッションや、カジュアルスタイルを取り入れてしまうことで、人によってはお見合いを軽視しているように見せてしまうこともあります。

ファッションは、あなたの心や主張を表す場合もあります。

その時々に合った服装を心がけるだけでなく、どのような場所に出かけるのかをきちんと考え、コーディネートしていくことが何より大切なのです。

お見合いが上手くいくコツって!?

さて、ここからはお見合いがうまくいくコツについていくつかご紹介していきます。

これまでは、ファッションを中心にいくつかコツやポイントをご紹介してきました。

ここからは、もう一方踏み込んだ話をしていきたいと思います。

服装だけが好印象に見えてもお見合い成功にはつながりません。

服装より、さらにあなたの中身を知りたいと思わせることも大切です。

あなたの仕草や振る舞い、発言など全てにおいてお見合いはあなたを宣伝するものになります。

相手から好印象を持たれるような素敵な振る舞いや印象を心がけていきましょう。

挨拶をしっかりする

まずは、マナーや礼儀は非常に大切です。

挨拶ができない女性は、論外と言えるでしょう。

挨拶をきちんと行うようにしてください。

また、挨拶をした後に自己紹介をすることも忘れないでくださいね。

自分を売り込む気持ちが強く、大きい声で挨拶していたり、緊張しすぎるせいで声が小さくなってしまわないよう声の音量などに気をつけなければなりません。

きちんとした挨拶をするだけでなく、マナーや礼儀もきちんとした女性を目指し、振る舞っていくことが大切です。

笑顔でいる

笑顔の女性は、爽やかで素敵な印象になります。

何を考えているのか分からないような無表情の女性より、すぐに感情が顔に表れてしまう女性より、ニコニコとかわいい笑顔で一緒にいてくれる女性は魅力的に見えることでしょう。

さらに、笑顔でいることで相手に気を遣わせることもありません。

むすっとしていたり、無表情になることで、相手に「今、怒らせてしまったかな?」「自分と一緒にいるのがつまらないのかな?」なんて思わせてしまうことにもつながります。

常に、お見合い男性といるときは笑顔を心がけるようにしてください。

相手の話をちゃんと聞く

相手の話をきちんと聞くことが大切です。

特に、女性の場合自分の話ばかりしてしまいがちな傾向にありますが、それは間違いです。

お見合いの場合、将来のパートナーを決める大切な場になります。

確かに、「私と言う人間を知ってもらいたい!」と言う気持ちになることがよくわかりますが、自分の話ばかりしているとかえって自己主張の強い女性と思われてしまいます。

まずは、話を振られるまで自分の話は封印しておきましょう。

また、相手の話をきちんと聞くことで、相手のことを知ることに注力してください。

相手もあなたと話をすることが心地よくなってくると、もっとあなたのことを知りたいと思うようになります。

そこで、相手から「君の事をもっと教えてほしい」と言われてから、自分の話をすることで、さらに好感度が高くなることでしょう。

リアクションをとる

相手の話などには、きちんとリアクションをとるようにしてください。

リアクションを取らなければ、相手もあなたが自分の話をきちんと聞いてくれているのか分からなくなってしまいます。

なんて答えていいのかわからない場合は、素直に「今の質問には、なんて答えていいのかわからなくてごめんなさい」など、可愛らしくあなたのその時の気持ちを伝えると、より好印象に見えます。

きちんと相手が話してくれた話に対しリアクションをとることで、相手にきちんと話を聞いているアピールにもつながります。

リアクションはこまめに取るよう心がけていきましょう。

悪いところばかりを見ない

どうしても、いい人と結婚したい気持ちが強いばかりに、相手の悪いとこばかり見てしまうことがあります。

相手の欠点やあら探しをしてしまうことで、相手に嫌な印象を与えてしまいます。

特に、初対面の場合悪いところばかりを見てしまうようであれば、相手もあなたのその姿が嫌な印象に見えてしまいます。

相手の悪いところばかりを見るのではなく、相手の良いところを探すようにしてください。

そうすることで、あなたの質問や発言も良い方向に変わってくることでしょう。

ネガティブな発言はしない

特に、ネガティブな発言には気をつけなければなりません。

初対面の人に対してネガティブな発言をすることが非常に失礼にあたることもあります。

あなたがどれだけ相手のことをいいと思っていても、ネガティブな発言をしてしまうことで相手を傷つけてしまうことも考えられるのです。

ネガティブな発言をしそうになったときには、心の中で「この発言はネガティブな発言ではないか?」などと、ブレーキをかけていくようにしてください。

ポジティブな発言をする女性は、誰にとっても好印象に見えることを忘れないでくださいね。

お見合いに向いている女性の特徴4個

それではここからは、お見合いに向いている女性の特徴についていくつかご紹介していきます。

あなたが、本当にお見合いに向いている女性なのか?考える物差しにしてみてはいかがでしょうか。

優柔不断

優柔不断な女性の場合、婚活パーティーや合コンなどに出かけることで、あれこれ迷ってしまうことがあります。

しかし、お見合いであれば一対1の席になりますので、1人の人しか見ることができません。

アリコに迷ったり、優柔不断な面が目立つ女性の場合、お見合いのように一対1で向かう席が向いていると言えるでしょう。

恋愛経験が浅い

恋愛経験が少ない女性の場合、どのような人を選んでいいのか基準がわからないことも考えられます。

そのため、お見合いスタイルをとることで、相手がどのような人でどのような仕事をしている人なのか?など詳しくわかる場合があります。

恋愛経験が少なくても、お見合いにすることでじっくりとその人を知ることもできます。

これまで、あまりお付き合いをしてこなかった女性にとってお見合いは環境が整っていると言えるでしょう。

内気

特に、内気な女性の場合たくさんの人の中で話をするより、一対1になることでその人のことをより詳しく知ることができます。

また、人見知りや内気な女性は器用に振る舞うこともできないことから、たくさんの人と接する場より、一対1での狭いふれあいの方が安心感もあり少しでも自分らしさを出すことができるのではないでしょうか?

悪い男にばっかり引っかかってしまう

これまで、悪い男にばかりかかってきてしまった女性の場合、悪い男に引っかかるような特徴があるのかもしれません。

まずは、その特徴を改善していくことに力を注いでいきましょう。

もし、悪い男に引っかからないようにしたいのであれば、お見合いと言う形をとることで、悪い男に引っかからなくなる可能性もあります。

お見合いは嘘をつくことができません。

そのため、相手がどのような人なのか?深く付き合うこともできます。

これまで、男運がないと思っていたり、悪い男にばかりかかってしまうようであれば、これを機にお見合いを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

お見合いは緊張するもの!第一印象が大切です

いかがでしたか?

お見合いはとても緊張するものになりますが、第一印象が非常に大切になってきます。

あなたの言葉より第一印象が深く相手の心に刻み込まれます。

まずは、見た目の良さを心がけるとともに、マナーやしぐさ、礼儀などあなたらしさをうまく表現できるよう、心がけていくことも大切です。