恋をする事はいいことです。

それをすることによって、人生が華やかになり明るくなる事でしょう。

多くの人が今までの自分以上の力を発揮できるなんて事もあるかもしれません。

それだけ恋愛は人にパワーを与えてくれるのです。

だからこそ、積極的に恋をしていきましょう。

恋をすることは素晴らしい事です。

そうすることによって、人生がより豊かになる事でしょう。

けれど、その反面楽しいことだけが残る起こるわけではありません。

時には辛く悲しいことだってあるはずです。

いくらじぶんがその人の事を好きだとしても、その恋が上手く行くかどうかは分からないのです。

恋は一人でもする事が出来ます。

けれど、恋愛となると一人では出来ません。

必ず相手が必要となります。

その為、自分以外の人の気持ちが関わってくるのです。

だからこそ、思いもよらないタイミングで彼氏の心が冷めてしまうなんて事もあるかもしれません。

どんなに自分がその人の事を好きだと思っていたとしても相手の心が冷めてしまえばそこでおしまいです。

冷めた心を取り戻す事はそう簡単な事ではないでしょう。

簡単に冷めてしまう前に、相手の心の変化に気がつくことも必要です。

つい恋に夢中になっていると、周りが見えなくなってしまいます。

相手の心の変化にも気がつく事が出来なくなってしまうかもしれません。

だからこそ、相手が自分の事をどう思っているのかを冷静に判断する力を持つことも重要ではないでしょうか。

彼氏があなたに飽きている?

恋の始まりはいつの時代も楽しいものです。

ワクワクやドキドキが止まらないものでしょう。

けれど、気持ちを持ち続ける事が出来る人はそう多くは居ません。

残念ながら、どんなに惹かれあった二人でも気持ちが冷めてしまう事もあるのです。

だからこそ、自分の気持ちだけで交際を続ける事は出来ないでしょう。

もしかしたら既に相手はあなたに飽きてしまっているかも知れないのですから。

自分がどんなに相手の事を好きだったとしても、相手の気持ちが離れてしまえばそこで関係はおしまいになってしまいます。

相手の心が離れているとしても、その変化に気がつく事が出来る人はそう多いものではないでしょう。

自分ばかりが夢中になっていると冷静な判断が出来なくなってしまうのです。

だからこそ、冷静な判断が出来るように、自分の中での基準を決めておく事が大切です。

彼氏と付き合っている期間はどれくらい?関係はある?

彼氏があなたに飽きてしまう理由の一つとして、期間が挙げられます。

交際期間が長ければ長いほど気持ちが冷めやすくなってしまうというものなのです。

けれど、それはあくまでも統計的な考え方であり自分に起こるとは思って居ないものです。

付き合いが長くなればなるほど、今までのようなドキドキ感はないかもしれません。

けれど、その反面落ち着く関係を作る事が出来るようになるものです。

ですが、それは互いに相手の事を大切に思っているからこそそのような関係を作る事が出来るのでしょう。

交際期間が長いからと言って、全ての人がそのように感じる事が出来るわけではありません。

場合によっては、相手に飽きてしまう事もある事でしょう。

若い人が好きだと思っている人は、年齢を重ねたあなたに対して飽きてしまう事だってあるかもしれないのです。

交際期間が長いからといってダメだということではありません。

それだけうまくいっているという事なのでしょう。

けれど、その反面飽きやすい現実があると言う事も忘れては行かないポイントの一つだと言えるでしょう。

一緒に住んでいると飽きられる可能性がある?

男性は女性に夢を抱いているものです。

たとえ交際して居たとしても、常に綺麗で美しくして居て欲しいと思っている事も多いでしょう。

けれどそれはなかなか難しい話です。

例え外では常に完璧に過ごす事が出来ているような人であったとしても、家に帰れば気が抜けてのんびりしてしまうなんて事もあるかも知らないのです。

だからこそ、同棲をすると飽きられてしまい、別れる確率が高くなると言う事があります。

女性からすれば、常に美しい姿でいる事などそう出来るものではありません。

家にいる時くらい、気を休めたいと思うでしょう。

時にはダラダラした姿で過ごしてしまうなんて事もあるはずです。

ですが、同棲をしてしまうとその姿を常に見る事になります。

起きたてのボロボロの姿を見続けてしまうと、相手に対するドキドキ感を全く感じないようになってしまうものなのです。

だからこそ、結果的に飽きてしまうのでしょう。

結婚したら、良くも悪くも法的に縛りがあります。

だからこそ、そう簡単に別れる事など出来ないはずです。

けれど、交際している間はもっと簡単に別れる事が出来ます。

だからこそ、思わず飽きたという簡単な理由で別れを決断する事も出来てしまうのかもしれません。

彼氏が相手にしてくれない?12個の危険ワード&行動!

どんなに仲のいい二人だとしても、相手がいきなり飽きてしまうと言うことはあります。

それは、誰にでも起こりうる可能性があります。

自分は大丈夫などと思って居たとしても、そんな保証はどこにも無いのです。

だからこそ、その危険な香りに気をつけなければなりません。

そこでここからは、どんな行動が危険なのかについてご紹介させて頂きます。

今まで深く考えていなかった相手の行動を改めて見直すことによって、早めに相手の心が冷めてしまう危険に気がつく事ができる事でしょう。

是非取り返しのつかない事になる前に、その危険性に目を向けて見ましょう。

何か事が起きてから後悔しても、どうにもならない事が多々あります。

後から後悔する事のないように自分に出来る事はやってみる事をお勧め致します。

1.構ってくれない


構ってくれないと言うことは、それだけあなたに対する興味が無くなってしまったと言う事なのです。

それは、2人にとって大きな問題です。

好きの反対は嫌いではありません。

興味がなくなる事です。

喧嘩をしたりしているうちは、ある意味ではまだ関係を修復する事も出来るでしょう。

それすらもしなくなり、空気のような存在になってしまえば、別れる日も遠くはありません。

付き合った当初から、あまり構ってこない人なのであれば、きっとその人の性格なのでしょう。

だから腰あまり深く機にする必要はありません。

けれど、そうではなく、だんだんと構われる時間が少なくなってきた時には注意が必要です。

相手から興味がなくなっているかどうかは付き合いが長ければ長いほどその変化に気がつくものです。

『あれ?』と感じた時には、そのままにせず相手の気持ちを繋ぎ止めるように行動を意識してみてはいかがでしょうか。

他のことをしている

一緒にいるさい、彼氏が何をしているのかは大切なポイントです。

あなたのことをきちんと見て話をしている場合には心配は要りません。

けれど、携帯を見ていたりして全くこちらを見ないと言う人も居ます。

その場合は、あなたに興味が無くなっているという事もあるでしょう。

どんなに好きな相手でも、月日が経てば自然と心は離れて行くものです。

それは、恋愛として嫌いになったと言う事では無く、気持ちが落ち着いたと言う事なのでしょう。

それだけ信頼関係を作ることが出来ていると言う事でもあります。

けれど、そうではなく単純に興味が無くなっている場合もあります。

結婚をし、年齢を重ねれば相手の事に興味がなくなる事もあるでしょう。

それも夫婦の形です。

けれど、まだ交際期間なのであれば相手の変化を意識しておくことは大切なのではないでしょうか。

2.1人の時間が多い


付き合った当初は、特に用が無くても常に一緒に居たいと思うものです。

だからこそ、暇さえあればデートをする事も珍しくありません。

仕事が忙しい人などは半同棲や同棲などと言う形を取る場合もある事でしょう。

けれど、それがだんだんとなくなる傾向にあると危険な場合もあります。

最近、1人の時間が多いなと感じる人は彼の行動を振り返って見ましょう。

どちらかが忙しい場合などはそうなったとしても不思議ではないでしょう。

けれど、互いに時間があるのにも関わらず会わなくなっているのは危険です。

まさに冷めている証拠です。

あえてお互いに冷めているかどうかを認識しなかったとしても、自然と心が離れている場合には、自分で意識する前に自然と行動に出ているものなのです。

だからこそ、その行動の裏にある真理を考えてみて下さい。

趣味や好きなことをする時間が多くなっている

互いに違う趣味があり、それぞれが楽しむことを優先しているのであればそれはそれで良いでしょう。

それもまた一つの交際の形です。

ですが、その時間が余りにも増えてしまっては、2人の時間が無くなってしまいます。

そうなってしまっては話は変わってくるでしょう。

一日の時間は限られています。

だからこそ、自分の趣味にばかり時間をかけていると言うことはそれだけ恋人にかける時間が無いと言う事です。

にも関わらず、どんどんとその時間を増やして行くと言うことは、会えなくなっても良いと言うことです。

それは心が冷めたと疑われたとしても仕方がないのかもしれません。

3.一緒にいてもお互いが違うことをする

夫婦の場合には、一緒にいる時間は生活です。

だからこそ、なんでもかんでも一緒にする事は不可能です。

例え同じ空間に居たとしても、それぞれが違ったことをすることもあるでしょう。

けれど、交際をしている時代からそうなってしまっては、死ぬまで一緒に添い遂げる事など出来ないのではないでしょうか。

勿論若いうちから別々に行動をする事が好きな2人も居ます。

だからこそ、一緒に居ても同じ事をしない2人もいる事は居ます。

けれど、相手に関心がなくなって居たり片方だけが好きな事をしているようであれば、状況は変わってくるはずです。

相手が一人で色々な事をしている場合には既にあなたに興味が無いと言う事なのかもしれません

自立と無関心は朝違います。

自立をしたと思って居ても実際には単なる心変わりと言うこともあるでしょう。

4.暇が多い


暇かどうかはその人の考えたか次第です。

同じ環境にある二人でも、暇だと感じる人と居れば充実していると思う事が出来る人も居ます。

どちらも間違っているわけではなく捉え方の違いです。

恋人と一緒にいる場合、それだけで幸せだと感じる事が出来るはずです。

何もして居なくとも、そこに一緒にいるだけで良いと思えるのです。

けれど、時にはその時間を暇だと感じてしまう人も居ます。

そんな人は、既に彼女に飽きているのかもしれません。

飽きている人と一緒に居ても、楽しくはありません。

むしろうんざりしてしまうことあるはずです。

だからこそ、暇だと感じている時点で既に相手の事を好きでは無くなっていると言う事なのでしょう。

人の気持ちはんん

「暇だ」と言われたら要注意!

一緒に居るのにも関わらず、相手が暇だと感じているという事はよほどあなたに興味が無いという事なのでしょう。

更に言えば、それを言われあなたが嫌な思いをしたとしても関係ないという心理を持っているのかもしれません。

本来なら、一緒に居る人に対して不快になるような発言はしないはずです。

にも関わらず相手の気持ちを無視して言いたい事を言っているという事は、それだけその人の事を何とも思っていないという事の証なのではないでしょうか。

相手が暇だと言いだしたら、どうしたら楽しくなるのかという事では無く根本的な問題を考えるべきです。

もしかしたら、あなたに対して興味が無いからこそ暇になっているのかもしれません。

5.すぐに帰る

本来デートは楽しいもののはずです。

例えどこにも出かけなかったとしても、一緒に居るだけで楽しいと感じる事が出来るでしょう。

時間があっという間に過ぎてしまうからこそ、もっと長く一緒に居たい。

帰る事がさみしいと思うはずなのです。

にも拘わらず、早く帰ってしまう場合にはその場にいる楽しさを感じる事が出来なくなっているのかもしれません。

付き合いが長くなると、分かれるきっかけも無くなります。

本当はもう気持ちが覚めてしまっているのにも関わらずあえてわかれる事が面倒だからこそ、ただ惰性で一緒にいるのです。

その場合、一緒に居ても楽しくないので結果すぐに帰宅してしまうのです。

世の中には、本当は好きでは無くても交際を続ける事が出来る人が沢山います。

それは世間的にみて彼女が居た方が良いという自分の評価の為のものもあれば、他に新たな出会いが無いからこそつなぎで付き合っているという場合もあるかもしれません。

自分がまだ彼を好きだという気持ちがあると、それでもいいから一緒に居たいと思ってしまうかもしれません。

けれど、それは寂しい事のはずです。

世の中には他にも素敵な人が沢山います。

だからこそ、彼に固執する必要はないという事に気が付く事も必要です。