生きるためには働いてお金を稼がなければいけないということは、子供でも知っている事実だといえます。

実際に、世の中の多くの人が生きるために仕事を行っていますが、働きたくないと思った経験はだれしも一度くらいはあるはずです。

自分が本当に好きなことを仕事にできているのであれば、働きたくないと思うことはないかもしれませんが、そうではないのであれば、仕事がつらいと思うのも無理はありません。

できるならば、働かないで過ごしたいと思うのは当然であり、当たり前の考え方です。

しかし、現実的に働かないままになってしまうと収入がなくなり、生活ができなくなってしまうのは目に見えています。

しかしながら、世の中には働かないで生きている人も多く存在しており、場合によっては働いている人よりも裕福な生活を送っている人もいます。

そこで、今回は働かないで生きるをテーマにして、働かないで生きる方法についてご紹介していきたいと思います。

できり限り働きたくない、早めにリタイアして悠々自適な生活を送りたいと思っている人は、働かないで生きる方法をこの機にチェックしてみましょう。

働きたくないと思う人は増えている?

世の中に存在する人の中には働きたくないと思っている人は一定数存在しているはずです。

もちろんその反対に仕事が大好きで、ずっと働きたいと思っている人もいるはずですが、すべての人がそうであるとは限りません。

できるならば仕事はしたくないし、仕事をする時間があるならば自分の好きなことを行いたいと思っている人は多いはずです。

もしも今働いている社会人の方であれば、自分の身の回りの人を観察してみてください。

自分も含めて心の底から今の仕事が楽しくて仕方がないと思っている人の割合の方が届きに少ないはずです。

その逆に仕事が大変、めんどくさい、いやだと思っている人のほうが多いはずですよね。

つまり、働きたくないと思っている人は割合としては多く存在しており、その人口も増加してると考えることができます。

実際に働いていない人はどれくらいいる?


働きたくないと思っている人が一定数存在するとお伝えしましたが、具体的にどれぐらいの人が働いていないのかご存知ですか?

日本の人口に対して働いていない人の割合は約2.7%だといわれています。

もちろん、単純に仕事が嫌だ、働きたくないと思っている人もいれば、病気や怪我などによってやむなく仕事をすることができない人も存在しています。

しかしながら、仕事をしたくないと思っている人もこの数字には含まれているので、あえて働いていない人が一定数存在しているのが確かだといえます。

働きたくないと思う人が多い?それでも働いている人は?

細かいことを考えずにもし自分の考えそのままに行動できるとするならば、今すぐ仕事を辞めるという人は圧倒的に多いはずです。

しかしながら現実的にそれは不可能だといえます。

なぜならば、仕事を辞めるということは、言い換えてみれば収入源を断ち切ってしまうということになります。

副業などをしているのであれば話は別ですが、会社員として仕事に従事している人は副業が禁止されている人も多いため、会社員の収入しかない人も多いはずです。

そのような場合、仕事を辞めるということは収入源がなくなってしまうということになるので、場合によっては生活ができなくなる可能性があります。

ある程度貯金があるのであれば話は別ですが、もし貯金があったとしてもいずれ貯金が底をついてしまうのは目に見えています。

つまり、働かない生活を送りたいと思っても、それができないのが現実だということです。

働かないで生きるためには、それなりに貯金が必要ですし、それ以外の収入源を確保することも必要です。

ある程度の環境を整えておかないと、安定した生活を送ることはできないため、仕事を辞めることができない人が多いといえます。

もちろん、それ以外にも仕事を続けないといけない理由は考えてみればいくつも存在しています。

そこで、ここからは働きたくないと思っていても、あえて働いている人の理由についてまとめてご紹介していきたいと思います。

生きるために働いている

働きたくないと思っているにもかかわらず、働いている理由として「生きるために働いている」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、人生を労働と思っている人が多いということです。

人生は非常に長いですが、その大部分の時間を仕事に費やすのが一般的な人生の流れです。

もちろん人によって人生は異なりますので、働くということが必ずしも人生において必要ないと思っている人もいます。

しかしながら大部分の方は働きながら収入を得て、そのサイクルの中で生きているため、これが当たり前だと思っている人も多いのです。

なので、嫌だと思っていたとしても、働くということが人生であり、生きるということが労働と直結していると考えている人も多いです。

なので、生きるために働いていると考えている人も多く、働きたくないと思っていても働いている理由だといえます。

お金のために働いている


次にご紹介する働きたくないと思っているにもかかわらず、働いている理由として「お金のために働いている」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、はたらく見返りとしてお金を得るために労働を続けているということです。

働きたくないと思っている人の割合は非常に多いと思いますが、実際にそれを行動に移して仕事を辞めている人はあまりいません。

その理由としてはやはり収入源を確保するために仕事を続けているということが一番の理由だと言えます。

仕事を辞めても生活していけるレベルの蓄えや収入があるのであれば、当然嫌な仕事を無理して続ける必要性はありません。

しかし、蓄えが収入がないのであれば、たとえ嫌な仕事でも続けないと生活していくためのお金を確保することができません。

お金がなくなってしまうと生活を送ることが出来なくなってしまいますし、様々な面で支障が生まれてくるようになります。

例えば、生きていくためには食べなければいけませんが、食料を購入するのにもお金が必要です。

また、家を借りているのであれば、家に住むだけでもお金がかかりますし、それ以外にも支払いがあれば定期的にお金を支払っていかないといけません。

そうしないと、いずれ当たり前の生活ができなくなってしまい、自分の好きなことでさえ楽しむことができなくなってしまいます。

なので、働きたくないと思っていても、お金のために働かないといけないと思っている人は多いといえます。

家族のために働いている

次にご紹介する働きたくないと思っているにもかかわらず、働いている理由として「家族のために働いている」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、ある程度の年齢になると結婚をして家族を養うことも多くなります。

家族ができるということはとても幸せな反面、大変なこともあります。

例えば、家族ができるということは当然家族を養っていくための収入を得なければいけません。

また、子供ができた場合は当然出費なども増えるようになりますので、その分お金が必要になります。

なので、お金を稼がなければいけませんので、簡単に仕事をやめたりすることはできなくなってしまうということです。

どんなに辛いことや嫌なことがあって仕事を辞めたいと思ったとしても、仕事を辞めると家族を路頭に迷わせてしまうことになる可能性もあります。

だからこそ、働きたくないと思ったとしても家族のために働かないといけないと思い、仕事を続けている人は多いといえます。

趣味のために働いている

次にご紹介する働きたくないと思っているにもかかわらず、働いている理由として「趣味のために働いている」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、自分の趣味を楽しむために仕事を続けているという人もいるということです。

自分が没頭できるような趣味を持っている人は分かると思いますが、趣味を楽しむということは場合によってはお金がかかるということにもなります。

お金がかからない趣味も当然ありますが、趣味を突き詰めていくにつれてそれに伴った出費などが増えていくことはよくあることです。

例えば、釣りが好きだったとして、釣りを楽しむためには釣り竿も必要ですし、それ以外に備品なども定期的に購入していかないといけません。

また、楽しむためには移動する車も必要ですし、ガソリン代などもかかってきます。

そう考えると、趣味を突き詰めていくとある程度のお金が求められるようになります。

しかし、仕事が嫌だからといって仕事辞めてしまうと収入源がなくなってしまうので、いずれ自分の趣味を満喫することができなくなってしまうのは明白です。

なので、自分の趣味を楽しむために仕事を嫌でも続けているという人は非常に多く存在しているということです。

将来のために働いている

次にご紹介する働きたくないと思っているにもかかわらず、働いている理由として「将来のために働いている」ということが挙げられます。

長い人生を生きていく上で大切なのは、将来のことを考えたり未来の自分を想像しながら今を生きるということです。

たとえ今がつらかったとしても、将来楽をするために今あえて辛い道を選択しているという人も中には多く存在しています。

それは仕事に関しても同様であり、今は非常に辛く厳しい仕事を行っていたとしても、将来の自分のためにあえて今この仕事を行っているという人は多いです。

なので、将来のために今あえて働き続けているということも、嫌でも働く理由の一つであるといえます。

「働かない」で生きる7個の方法!運が良ければ勝ち組になれる?

ここまでは働きたいと思っているにもかかわらず働いている理由についてまとめてご紹介していきました。

世の中の人が多くが嫌でも働き続けている理由を理解いただけたところで、ここからは働かないで生きるための方法についてご紹介していきたいと思います。

働きたくないと思っている人の割合は非常に多いですが、実際にそれを行動に移している人は少ないとお伝えしました。

では、どうすれば働かないで生きていくことができるのか、疑問に感じる人も少なくないはずです。

この理由を知り、自分自身がこの状況を作り上げることができれば、働かないで生きていくことは十分可能だといえます。

将来働かないで悠々自適な生活を送りたいと思っているのであれば、これからご紹介する方法を実現するためにどうすれば良いのか自分自身で考えてみてください。

1.年金で生きる

まずはじめにご紹介する働かないで生きるための方法として「年金で生きる」ということが挙げられます。

社会人として働いていれば、年金を納めなければいけないといえますが、年金を収めることによって老後に安定した生活を送ることができるようになります。

人によっては年金を支払いたくないと思っている人もいるかもしれませんが、年金を支払っておくことによって仕事を退職した後に安定した生活を送れるようになります。

もちろん人によって金額などはある程度変わりますが、平均としてまず国民年金の金額は55.464円と言われています。

そして厚生年金の平均は147.927円なので、合算すると203.391円ももらえる計算となります。

夫婦でとなると金額は変わりますが、これくらいの金額があれば問題なく生活を送ることが十分できるはずです。

なので、若いうちからしっかりと年金を払っておくことによって、安定した老後の生活を確保することができます。

これも働かないで生きるための方法だと言えます。

2.宝くじが当たる

次にご紹介する働かないで生きるための方法として「宝くじが当たる」ということが挙げられます。

これはどちらかといえば非現実的な方法に当たるかもしれませんが、もし宝くじで当選することができれば働かないで生きるための方法として考えられます。

例えば例を挙げてジャンボ宝くじについてご紹介していきますと、ジャンボ宝くじで一等を獲得した場合、7億円の金額を得ることができます。

可能性としては限りなく低いかもしれませんが、もしも7億円の金額を得ることができるとするならばこれから先一生働かないでも良いぐらいの金額だといえます。

例えば、もし20歳で宝くじで7億円を獲得できたとするならば、もし100歳まで生きたとしても一年で125万円は好きに使ってもよい計算となります。

それほど贅沢ができるというわけではありませんが、それでも自分の時間を有意義に使えると思うと非常に自由な生活ができるはずです。

もちろん上手なお金の使い方をすることができれば、それ以上に裕福な暮らしを送ることも十分可能だと言えます。

なので、働かないで生きるための方法として宝くじで当選するということも、一つの方法として考えられます。

3.株をする

次にご紹介する働かないで生きるための方法として「株をする」ということが挙げられます。

ご存知の方も多いと思いますが、株とは株式といい、株式会社が資金を集めるために発行する証明書のことを意味してます。

この証明書である株を購入することによって会社は事業を行うための資金を確保することができ、その見返りに配当金などを得ることができます。

そして、この株は価格が変動するものなので、安い時に購入して高い時に売却することによってその差額を得ることができるようになります。

人によってはこの価格差を利用して大きくお金を儲けている人もたくさんいます。

実際に、株だけで生活を送っているという人もおり、儲けることができる金額は非常に大きな金額も可能です。

大きな金額を稼ぐことができれば元手も増えますし、元手が増えればそれに比例して大きな投資なども可能になるので、さらに得られる金額が増えるようになります。

上手くいけば仕事をせずに、裕福な生活をずっと送り続けることができるとも言えます。

それなりに知識も必要ですが、働かないで生きるための方法として考えることもできます。

常に儲けるには時間がかかる

株で儲けるためには配当金を得たり、株の売却によって差額を得ることが一般的だとお伝えしました。

安い時に買う高い時に売るということは非常に単純であり、簡単そうに聞こえることもあると思います。

しかしながら、口で説明するのと実際に行うの取ればやはり大きく違いますし、儲けるためにはある程度の時間がかかることも覚悟しておかなければいけません。

なぜならば、価格が変動するということは当然高くなる時もありますが安くなる時もあると言えます。

逆の方向に価格が動いた場合、投資した金額よりも少なくなる場合もありますし、それが続けば最終的に投資した金額がなくなることもあります。

また、そこから値上がりするまでに時間がかかることもありますし、そもそも株を行うにはそれなりに知識も必要です。

今後自分が投資する会社の株価が上がるかどうかということをしっかりと理論立てて予測しなければいけません。

これができないまま投資をしてしまうと、いずれ失敗を重ねてしまい、お金がなくなってしまうということも明白です。

なので、儲けるためにはそれなりに元手も必要ですし、それ以上に株に関する知識を身につけておかなければいけないということになります。

そのためには短期間ではなくそれなりにまとまった時間の勉強が必要になると言えるので、簡単に儲けられる方法ではないということは必ず知っておかなければいけません。

4.パチンコで稼ぐ

次にご紹介する働かないで生きるための方法として「パチンコで稼ぐ」ということが挙げられます。

パチンコも上手くいけばそれなりにまとまった金額を稼ぐことが可能な手段となります。

もちろん大前提として負けてしまう可能性もあるので、負けてしまった場合はお金を稼ぐどころかマイナスになってしまうことも十分考えられます。

しかしながら、パチンコ行なっている人の中には勝ち続けている人もおり、パチンコに勝つことによって労働をせずにまとまった大きな金額を稼ぐことができます。

例えば、大きく勝つことができれば数時間で10万円以上の金額を稼ぐことも十分可能です。

本来であれば、数時間では数千円の金額を稼ぐのが労働収入ですが、それに対して10万円が考えられない金額ですよね。

もちろん、負けてしまうと意味がありませんが、これが継続的に勝ち続けられるとするならば想像以上に裕福な暮らしをすることができるはずです。

ビジネスとしてパチンコが成り立っているというのは言い換えてみれば負けてしまう人が多いため、ビジネスとして成り立っているとも言えます。

しかし、勝ち続けることができれば、働かなくても生きていけるともいえるので、一つの方法として考えられます。

5.アフィリエイトをする

次にご紹介する働かないで生きるための方法として「アフィリエイトをする」ということが挙げられます。

誰しもが一度くらいは聞いたことがある言葉だと思いますが、アフィリエイトをすることによってもまとまった金額を稼ぐことが可能です。

そもそもアフィリエイトとはどのようなものなのかと言うと、アフィリエイトとは成果報酬型の広告のことを意味しています。

例えば、ある商品の広告を載せてその商品を広告から購入することによってそれに見合った金額をもらうことができるということです。

良くなる方法として、自分自身でブログなどを解説してそのブログの中に商品を紹介して商品を購入するリンクを貼り付けるという方法があります。

自分自身のブログ経由でその商品を購入してもらうことができれば、その商品に対する報酬を得られ、これが大きくなるとまとまった金額がもらえるということになります。

ひとつひとつの単価としてはびっくりするほど大きな金額ではないかもしれませんが、これが何十年何百人となるとどうでしょうか。

相当大きな金額を稼ぐことも可能であり、人によっては何もせずとも収入が100万円以上超えているような人もザラに存在しています。

そこまでのレベルに行き着くことができれば、仕事をしないで毎月大きな金額を稼ぐことができるので働かなくても生活することができます。

なのでアフィリエイトをするということは働かないで生きるための方法として十分通用します。

アクセス数を稼ぐことができれば働かずして生きることが可能

アフィリエイトを成功させることによって非常に大きな金額を稼ぐことができるとお伝えしました。

しかしながら、アフィリエイトでお金を稼ごうと思っているのであればそれなりに継続して努力が必要であるということを忘れてはいけません。

なぜならば、アフィリエイトを成功させることができれば良いですが、成功させている人は全体の数パーセント程度しか存在していないからです。

例えば、自分自身でブログを開設して何らかの商品を紹介してアフィリエイトのリンクを貼り付けたとします。

しかし、世の中には非常にたくさんの人がブログを開設してアフィリエイトのリンクを貼り付けているため、自分のサイトに到達することができないことも多いです。

特に、作ったばかりのブログなどはまだ検索エンジン自体が認識していないことも多く、そもそも検索しても表示されないことがほとんどだからです。

そこから徐々に記事を増やしたり、人から見てもらえるような工夫を行って初めて人が閲覧してくれるようになります。

もちろん、閲覧してくれた人が必ず商品を購入してくれるわけではないので、さらにそこから多くの閲覧者を増やすための努力が求められます。

人によっては数ヶ月以上かかって初めて収入を得ることができたという人もいるため、アフィリエイトで稼ぐためには相当な努力と時間が必要だということになります。

成功させることができればあとは簡単なメンテナンスだけで稼ぎ続けることができますが、そこまで到達するためには非常に長い道のりが必要ということを理解してください。

いかにしてアクセス数を増やすことができるかが、アフィリエイトを成功させるための秘訣なので、継続した努力ができる人はチャレンジすることをお勧めします。

6.結婚をする

次にご紹介する働かないで生きるための方法として「結婚をする」ということが挙げられます。

これも非常に単純な方法だといえますが、結婚することによって働かないで生きていくことは可能だといえます。

特に女性に関しては結婚した後は専業主婦として生活することも可能なので、専業主婦になれば仕事をせずに毎日ゆったりとくらすことができます。

また、最近は男性の方でも主夫を行っている家庭などはありますので、女性が稼ぎ、男性が家事をすることも可能です。

嫌な仕事をするよりも、自分にできることをするなどの役割分担をしっかりと行うことができれば、ストレスもなく豊かな生活を送ることは十分可能です。

なので、結婚をするということも働かないで生きるための方法として考えられます。

7.趣味でお金を稼ぐ

次にご紹介する働かないで生きるための方法として「趣味でお金を稼ぐ」ということが挙げられます。

今の時代は様々なサービスの普及によって自分の趣味だけでお金を稼ぐということも十分可能になっています。

例えば具体例を一つお伝えするとすれば、ハンドメイドで何かの作品を作ることが好きな人がいたとします。

その作品が優れた作品なのであれば、自分でブログを開設して紹介したり、Youtubeで紹介するなどすれば購入したいと思う人を見つけることができます。

また、それ以外にも自分の趣味を活用してお金に変えることができるアプリなどもありますので、登録することによって自分のファンを作り上げることも可能です。

そこから自分の作品を販売すると、見返りとして収入を得ることができますので、うまくいけばそれだけで生活をすることができます。

なので、趣味でお金を稼ぐということも働かないで生きるための方法だといえます。

働かない人が増えている原因とは?

ここまでは働かないで生きるための方法についてまとめてご紹介していきました。

ある程度働かないで生きるための方法を理解いただけたところで、ここからは働かない人が増えている原因についてご紹介していきたいと思います。

働きたくないと思っている人は割合として非常に多いとお伝えしましたが、それに伴って働かない人が増えているのも事実です。

では、なぜ仕事をすることが嫌になってしまったのか、なぜ働きたくないと思っているのかという理由をご紹介しますので、自分に該当するものがあるかチェックしてみましょう。

職場の人間関係で辞めてしまった

働かない人が増えている原因の一つとして「職場の人間関係で辞めてしまった」ということが挙げられます。

社会人として仕事をした経験がある方ならばわかると思いますが、どんな仕事でも同じ目的に向かって仕事をする仲間が存在します。

いわゆる上司や同僚、部下などが挙げられますが、仕事をするということは、必ずそれに伴った人間関係が生まれるということになります。

もちろん、自分と馬が合う人や考え方が似ている人は仲良くなれると思いますが、その反対にどうしても仲良くなれないような人がいるのも事実です。

もし仮に自分よりも目上の立場の人間が馬が合わない存在だった場合、様々な面で大きなストレスを抱えてしまうことになります。

人間関係における問題をうまく対処することができる人なのであれば問題はありませんが、ストレスや人間関係をうまく対処することができない人は徐々に辛くなります。

そしてやがてそれが原因でその職場を退職することになったという人も珍しくはないので、働かない人が増えている原因の一つに人間関係が関与しているといえます。

もしも人間関係が理由でいつも職場が長続きしないのであれば、自分の考え方やストレスの対処方法をまずは身につけることをお勧めします。

いつまでたってもこの問題を放置してしまうと、どこの職場に行っても嫌な人がいれば仕事を辞めなければいけなくなってしまうので、辞め癖がついてしまうことになります。

そうなると自分に対しても自信が持てなくなってしまうので、必ず自分自身の問題点を振り返って克服することを意識してみてください。

単純に働きたくない

次にご紹介する働かない人が増えている原因の一つとして「単純に働きたくない」ということが挙げられます。

明確な理由がないように感じるかもしれませんが、実はこのような考え方で仕事をしていない人も非常に多く存在しています。

仕事をするということがストレスを感じることにもなりますし、肉体的にも精神的にも疲れてしまうことだと言えます。

なので、本当に自分がその仕事のことを好きでなければ、ちょっとした気持ちの変化がきっかけで仕事を辞めてしまうことなどもよくある話です。

働きたくないと思っている人は、そもそも自分自身の仕事が好きでないと思っている人も非常に多いです。

だからこそちょっとした理由で仕事を辞めてしまったり、大きなストレスを抱えてしまったりすることにもつながります。

なので、明確に大きな理由がなかったとしても単純に働きたくないと思い仕事を辞めてしまっている人は非常に多いといえます。

「働かない」で生きるのは難しい?

今回は働かないで生きるための方法についてご紹介していきました。

働かないで生きるための方法はいくつもありますが、それらを現実的に確保することは非常に険しい道のりであると言えます。

働かないで生きるための方法を確立するよりも、仕事を与えてもらいその仕事をただ全うしていく方がはるかに楽な道のりである可能性もあります。

将来的に自分が働きたくないとどうしても思うのであれば、早い段階でそれ以外の方法を確立するために努力をし続けることが求められます。

しかしながら、その努力を継続的に行うのが難しいのであれば、働かないで生きていくというのは非常に難しいことでもあります。

いずれにしても自分自身が継続的に取り組みそれを成功させることができるのかどうかということをよく考えた上で、ひとつひとつの道のりを選択していくようにしてみてください。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718