生きるためには働いてお金を稼がなければいけないということは、子供でも知っている事実だといえます。

実際に、世の中の多くの人が生きるために仕事を行っていますが、働きたくないと思った経験はだれしも一度くらいはあるはずです。

自分が本当に好きなことを仕事にできているのであれば、働きたくないと思うことはないかもしれませんが、そうではないのであれば、仕事がつらいと思うのも無理はありません。

できるならば、働かないで過ごしたいと思うのは当然であり、当たり前の考え方です。

しかし、現実的に働かないままになってしまうと収入がなくなり、生活ができなくなってしまうのは目に見えています。

しかしながら、世の中には働かないで生きている人も多く存在しており、場合によっては働いている人よりも裕福な生活を送っている人もいます。

そこで、今回は働かないで生きるをテーマにして、働かないで生きる方法についてご紹介していきたいと思います。

できり限り働きたくない、早めにリタイアして悠々自適な生活を送りたいと思っている人は、働かないで生きる方法をこの機にチェックしてみましょう。

働きたくないと思う人は増えている?

世の中に存在する人の中には働きたくないと思っている人は一定数存在しているはずです。

もちろんその反対に仕事が大好きで、ずっと働きたいと思っている人もいるはずですが、すべての人がそうであるとは限りません。

できるならば仕事はしたくないし、仕事をする時間があるならば自分の好きなことを行いたいと思っている人は多いはずです。

もしも今働いている社会人の方であれば、自分の身の回りの人を観察してみてください。

自分も含めて心の底から今の仕事が楽しくて仕方がないと思っている人の割合の方が届きに少ないはずです。

その逆に仕事が大変、めんどくさい、いやだと思っている人のほうが多いはずですよね。

つまり、働きたくないと思っている人は割合としては多く存在しており、その人口も増加してると考えることができます。

実際に働いていない人はどれくらいいる?


働きたくないと思っている人が一定数存在するとお伝えしましたが、具体的にどれぐらいの人が働いていないのかご存知ですか?

日本の人口に対して働いていない人の割合は約2.7%だといわれています。

もちろん、単純に仕事が嫌だ、働きたくないと思っている人もいれば、病気や怪我などによってやむなく仕事をすることができない人も存在しています。

しかしながら、仕事をしたくないと思っている人もこの数字には含まれているので、あえて働いていない人が一定数存在しているのが確かだといえます。

働きたくないと思う人が多い?それでも働いている人は?

細かいことを考えずにもし自分の考えそのままに行動できるとするならば、今すぐ仕事を辞めるという人は圧倒的に多いはずです。

しかしながら現実的にそれは不可能だといえます。

なぜならば、仕事を辞めるということは、言い換えてみれば収入源を断ち切ってしまうということになります。

副業などをしているのであれば話は別ですが、会社員として仕事に従事している人は副業が禁止されている人も多いため、会社員の収入しかない人も多いはずです。

そのような場合、仕事を辞めるということは収入源がなくなってしまうということになるので、場合によっては生活ができなくなる可能性があります。

ある程度貯金があるのであれば話は別ですが、もし貯金があったとしてもいずれ貯金が底をついてしまうのは目に見えています。

つまり、働かない生活を送りたいと思っても、それができないのが現実だということです。

働かないで生きるためには、それなりに貯金が必要ですし、それ以外の収入源を確保することも必要です。

ある程度の環境を整えておかないと、安定した生活を送ることはできないため、仕事を辞めることができない人が多いといえます。

もちろん、それ以外にも仕事を続けないといけない理由は考えてみればいくつも存在しています。

そこで、ここからは働きたくないと思っていても、あえて働いている人の理由についてまとめてご紹介していきたいと思います。

生きるために働いている

働きたくないと思っているにもかかわらず、働いている理由として「生きるために働いている」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、人生を労働と思っている人が多いということです。

人生は非常に長いですが、その大部分の時間を仕事に費やすのが一般的な人生の流れです。

もちろん人によって人生は異なりますので、働くということが必ずしも人生において必要ないと思っている人もいます。

しかしながら大部分の方は働きながら収入を得て、そのサイクルの中で生きているため、これが当たり前だと思っている人も多いのです。

なので、嫌だと思っていたとしても、働くということが人生であり、生きるということが労働と直結していると考えている人も多いです。

なので、生きるために働いていると考えている人も多く、働きたくないと思っていても働いている理由だといえます。

お金のために働いている


次にご紹介する働きたくないと思っているにもかかわらず、働いている理由として「お金のために働いている」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、はたらく見返りとしてお金を得るために労働を続けているということです。

働きたくないと思っている人の割合は非常に多いと思いますが、実際にそれを行動に移して仕事を辞めている人はあまりいません。

その理由としてはやはり収入源を確保するために仕事を続けているということが一番の理由だと言えます。

仕事を辞めても生活していけるレベルの蓄えや収入があるのであれば、当然嫌な仕事を無理して続ける必要性はありません。

しかし、蓄えが収入がないのであれば、たとえ嫌な仕事でも続けないと生活していくためのお金を確保することができません。

お金がなくなってしまうと生活を送ることが出来なくなってしまいますし、様々な面で支障が生まれてくるようになります。

例えば、生きていくためには食べなければいけませんが、食料を購入するのにもお金が必要です。

また、家を借りているのであれば、家に住むだけでもお金がかかりますし、それ以外にも支払いがあれば定期的にお金を支払っていかないといけません。

そうしないと、いずれ当たり前の生活ができなくなってしまい、自分の好きなことでさえ楽しむことができなくなってしまいます。

なので、働きたくないと思っていても、お金のために働かないといけないと思っている人は多いといえます。

家族のために働いている

次にご紹介する働きたくないと思っているにもかかわらず、働いている理由として「家族のために働いている」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、ある程度の年齢になると結婚をして家族を養うことも多くなります。

家族ができるということはとても幸せな反面、大変なこともあります。

例えば、家族ができるということは当然家族を養っていくための収入を得なければいけません。

また、子供ができた場合は当然出費なども増えるようになりますので、その分お金が必要になります。

なので、お金を稼がなければいけませんので、簡単に仕事をやめたりすることはできなくなってしまうということです。

どんなに辛いことや嫌なことがあって仕事を辞めたいと思ったとしても、仕事を辞めると家族を路頭に迷わせてしまうことになる可能性もあります。

だからこそ、働きたくないと思ったとしても家族のために働かないといけないと思い、仕事を続けている人は多いといえます。

趣味のために働いている

次にご紹介する働きたくないと思っているにもかかわらず、働いている理由として「趣味のために働いている」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、自分の趣味を楽しむために仕事を続けているという人もいるということです。

自分が没頭できるような趣味を持っている人は分かると思いますが、趣味を楽しむということは場合によってはお金がかかるということにもなります。

お金がかからない趣味も当然ありますが、趣味を突き詰めていくにつれてそれに伴った出費などが増えていくことはよくあることです。

例えば、釣りが好きだったとして、釣りを楽しむためには釣り竿も必要ですし、それ以外に備品なども定期的に購入していかないといけません。

また、楽しむためには移動する車も必要ですし、ガソリン代などもかかってきます。

そう考えると、趣味を突き詰めていくとある程度のお金が求められるようになります。

しかし、仕事が嫌だからといって仕事辞めてしまうと収入源がなくなってしまうので、いずれ自分の趣味を満喫することができなくなってしまうのは明白です。

なので、自分の趣味を楽しむために仕事を嫌でも続けているという人は非常に多く存在しているということです。

将来のために働いている

次にご紹介する働きたくないと思っているにもかかわらず、働いている理由として「将来のために働いている」ということが挙げられます。

長い人生を生きていく上で大切なのは、将来のことを考えたり未来の自分を想像しながら今を生きるということです。

たとえ今がつらかったとしても、将来楽をするために今あえて辛い道を選択しているという人も中には多く存在しています。

それは仕事に関しても同様であり、今は非常に辛く厳しい仕事を行っていたとしても、将来の自分のためにあえて今この仕事を行っているという人は多いです。

なので、将来のために今あえて働き続けているということも、嫌でも働く理由の一つであるといえます。

「働かない」で生きる7個の方法!運が良ければ勝ち組になれる?

ここまでは働きたいと思っているにもかかわらず働いている理由についてまとめてご紹介していきました。

世の中の人が多くが嫌でも働き続けている理由を理解いただけたところで、ここからは働かないで生きるための方法についてご紹介していきたいと思います。

働きたくないと思っている人の割合は非常に多いですが、実際にそれを行動に移している人は少ないとお伝えしました。

では、どうすれば働かないで生きていくことができるのか、疑問に感じる人も少なくないはずです。

この理由を知り、自分自身がこの状況を作り上げることができれば、働かないで生きていくことは十分可能だといえます。

将来働かないで悠々自適な生活を送りたいと思っているのであれば、これからご紹介する方法を実現するためにどうすれば良いのか自分自身で考えてみてください。

1.年金で生きる

まずはじめにご紹介する働かないで生きるための方法として「年金で生きる」ということが挙げられます。

社会人として働いていれば、年金を納めなければいけないといえますが、年金を収めることによって老後に安定した生活を送ることができるようになります。

人によっては年金を支払いたくないと思っている人もいるかもしれませんが、年金を支払っておくことによって仕事を退職した後に安定した生活を送れるようになります。

もちろん人によって金額などはある程度変わりますが、平均としてまず国民年金の金額は55.464円と言われています。

そして厚生年金の平均は147.927円なので、合算すると203.391円ももらえる計算となります。

夫婦でとなると金額は変わりますが、これくらいの金額があれば問題なく生活を送ることが十分できるはずです。

なので、若いうちからしっかりと年金を払っておくことによって、安定した老後の生活を確保することができます。

これも働かないで生きるための方法だと言えます。

2.宝くじが当たる

次にご紹介する働かないで生きるための方法として「宝くじが当たる」ということが挙げられます。

これはどちらかといえば非現実的な方法に当たるかもしれませんが、もし宝くじで当選することができれば働かないで生きるための方法として考えられます。

例えば例を挙げてジャンボ宝くじについてご紹介していきますと、ジャンボ宝くじで一等を獲得した場合、7億円の金額を得ることができます。

可能性としては限りなく低いかもしれませんが、もしも7億円の金額を得ることができるとするならばこれから先一生働かないでも良いぐらいの金額だといえます。

例えば、もし20歳で宝くじで7億円を獲得できたとするならば、もし100歳まで生きたとしても一年で125万円は好きに使ってもよい計算となります。

それほど贅沢ができるというわけではありませんが、それでも自分の時間を有意義に使えると思うと非常に自由な生活ができるはずです。

もちろん上手なお金の使い方をすることができれば、それ以上に裕福な暮らしを送ることも十分可能だと言えます。

なので、働かないで生きるための方法として宝くじで当選するということも、一つの方法として考えられます。