渡辺直美さんが原因かどうかはわかりませんが、最近ポッチャリという単語がにわかにブームになってきています。

そのせいか、そんなに太っていないのに、「私、ポッチャリだから」と豪語する女性がなぜか結構多くいらっしゃいます。

おそらく、一昔前のポッチャリはブスのような感じのイメージが強かったのですが、最近は、ポッチャリはどちらかと言うと可愛いのイメージが強くなったようです。

つまり、ポッチャリでなくても、ポッチャリと主張してくる人が増えたのです。

ただ、主に体格を気にするのは、女性の方で男性の場合は、ポッチャリだろうがガリだろうがそんなに関係ありません。

ただ、デブはどうしても気になってしまうようです。

そう考えると、ポッチャリとデブの違いって?という疑問が生まれてくると思います。

そう、実はこの違いがいまだにはっきりしていないのです。

また、ポッチャリと標準の違いもはっきりしていないのです。

そのためか男女問わず、人それぞれでポッチャリとデブの見解が違うのです。

いくら自分からポッチャリと主張していても、見る人によってはデブだったり、標準だったりするのです。

つまり、相手が認めなくても、自分が主張すればそれが正解だし、相手がそう言っているならと納得してしまえば、それも正解になるのです。

ある意味、混同していて厄介ですね。

そこで、今回こちらの記事では、ポッチャリとデブの境界線について説明し、ポッチャリとデブに関する情報をいろいろと集めましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、ポッチャリとデブの見極めをしましょう。

一昔前のことを考えると、ポッチャリとデブがこんなにも話題になるなんて誰が想像したかと言う感じです。

それだけ、体格などを気にする人が増えてきていることなのかもしれません。

また、見せ方の工夫を教えて頂いているような感じします。

一昔前はデブ=ブスだったので、当然ポッチャリもそのような感じに見られていました。

なぜここまで変わったのかと言いますと、インターネットの発達やスマートフォンの発達などにより、誰でも情報発信できてしまう環境になったからです。

そのため、渡辺直美さんのようにポッチャリでも美しく可愛く見せるようにしたインスタグラムなどがあるので、ポッチャリの定義も変化していったのかもしれません。

一昔前なら自ら、自分はポッチャリなどと主張するようなことはありませんでしたよ。

時代と共に定義もいろいろと変化していっているようです。

ぽっちゃりとデブの意味上の違いって何?


では、そのポッチャリとデブの違いはと言うと、はっきり言うとないのです。

男女問わずその人それぞれで見解が違うのです。

なぜなら、人それぞれで体格が違うので、見る人によって見解が違うのです。

例えば、体重100キロの人が80キロの人を見れば痩せている人に見えるので、ポッチャリでもデブでもありませんよね。

逆に体重40キロの人が体重80キロの人を見るとポッチャリやデブに見えてしまう可能性もあるのです。

このように人それぞれで見解が違うので、絶対的な定義を出すことができない状況でいるのです。

また、いくら体重があっても自分はポッチャリでもデブでもないと主張する人もいらっしゃるので、外側からポッチャリやデブと言っても本人が違うとなると、いじめにつながってしまう危険性もあるのです。

つまり、あまりこちらの判断で相手に指摘するのは良くないのです。

最近、何かとポッチャリと大食いで売り出している日本テレビの水ト麻美アナウンサーですが、大食いの人や少し顔が似ている人を見たときに、水ト麻美アナウンサーみたいだねと言っても、相手によってはネガティブにとらえてしまう危険性もあるのです。

このように外側から判断だけではいけないのです。

まして、絶対的な定義をしてしまうと、人によっては追い込まれてしまう危険性も高いのです。

つまり、実は絶対的な定義にすることができない現象なのかもしれません。

そのため、今でも場所やタイミング、人によって何がポッチャリでデブなのかわからずに使っている人もいらっしゃるのです。

ただ、言われている人の統計を取ると大体の共通項などが出てくるので、それで判断する人もいらっしゃいますが、判断しても相手に言わないこともあるのです。

意味上の違いとしてはデブはただ太っている人、この場合、お相撲さんやデブタレは除外されます。

なぜなら、この場合は目的をもって太っているからです。

デブは何の目的もなく太っている方のことを言います。

つまりは、私生活がだらしなくて太ってしまう人などはデブに分類される可能性が高いのです。

では、逆にポッチャリはと言うと、もともとそのような体格やデブの1歩手前など、実はこちらの方が意味で表すのが難しいのです。

また、お相撲さんやデブタレはポッチャリに分類されないのです。

何を持ってポッチャリなのかはわかりませんが、単純に渡辺直美さんや水ト麻美さんのような方をポッチャリと思うといいのかもしれません。

ただ、芸能界の場合、一般社会と比べてがりがりが多いので、普通の体格をしている人でも太っているように見えてしまうのです。

つまり、テレビや雑誌の映りだけで判断はできないのです。

実は結構難しい問題だと思った方がいいのかもしれません。

自分で主張すれば、そうなるし、相手に指摘されて納得してしまったらそうなってしまうし、テレビや雑誌の映り方によってはそうなってしまうのです。

はっきりいって判断はできません。

傷つかずに行くにはどうしたらよいのかと言いますと、まずは、相手の主張に否定しないこと、そして、こちらで判断したことをそのまま伝えることのないようにしましょう。

相手が何を考えているのかなど、こちらではわからないことなのです。

いくら世間で水ト麻美アナウンサーが可愛いと言われていても、人によっては一緒にされたくないと思っている人は結構いらっしゃると思います。

そのような人に、水ト麻美アナウンサーに似ているね。

と言われてもうれしいはずはありません。

故に、自分で判断したことをそのまま伝えるのは防ぎましょう。

会話などからうまく聞き出すようにしましょう。

そうすれば、相手にどう指摘すればよいのかわかりますよ。

ぽっちゃりと呼ばれる男女共通の11個の特徴

ぽっちゃりと呼ばれてしまう人には特徴があります。

しかも、男性、女性に関係なく共通のです。

おそらくほとんどの方が知りたいと考えていると思います。

そこでここからはポッチャリの特徴をお教えします。

要はポッチャリには絶対的な定義がない分、この特徴を持って相手がポッチャリかどうか確かめないといけないのです。

そのためにしっかり特徴をマスターしていくことが大切です。

大きくピックアップして12個の特徴がございますので、まずはあなたにとって身近なものなどから覚えていくことをおススメします。

もしくは、読んでいてビビット来たものなどから覚えていくのもありかと思います。

いきなりすべてをマスターしようとしても難しいだけで、結局覚えられなかったと言うことであきらめてしまうパターンに陥りますよ。

そうならないためにも、まずは慌てずに1つ1つ丁寧に覚えていきましょう。

そうすることで、あなたもぽっちゃりの特徴がわかりますよ。

ぽっちゃりの特徴がわかったてもメリットってあるのと思われていらっしゃる方は多くいらっしゃると思います。

メリットはいっぱいありますよ。

その分、デメリットもありますが、それは仕方がありません。

なぜなら、幸と不幸は表裏一体と言われています。

つまり、メリットの数だけ、デメリットが存在するのは、自然の摂理なのです。

ただ、少なくとも、ポッチャリの特徴を知るとポッチャリになりたい人もなりたくない人にとってもいい情報になるのです。

ぜひ、特徴を覚えましょう。

あなたのためでも、相手のためでもありますよ。

そのためにしっかり覚えましょうね。

1.色白

まずポッチャリの方を想像してみてください。

ほとんどの方は肌が焼けている人ではなく、色白の人を思い浮かべたのではないでしょうか。

そうなんです。

ポッチャリは色白なのです。

なぜ、色白なのかと言いますと、色白の方が太って見えてしまうからです。

色白で細い体だったら、体調大丈夫というような感じになってしまいます。

つまり、色白の人は他の人に比べてポッチャリに見えてしまうのです。

故に、ポッチャリが多い地域には、北海道などを思い浮かべる人が多いと思います。

まあ、雪がすごい地域なので、色白の印象は強いと思いますが、ポッチャリに関しては食がいいものしかないからと思われていらっしゃる方が多いと思います。

しかし、そんなんではありません。

色白故にポッチャリが多い印象があるのです。

何も北海道の人がみんな色白と言うわけではありませんので、全員がポッチャリと言うわけでもありません。

しかし、すでにほとんどの人のイメージでそうなってしまっているのです。

つまり、色白だけど、昔より体重が増えていると言う方は気を付けましょう。

もしかしたら、他人からポッチャリに見られているかもしれませんよ。

色白は肌がきれいに見えてしまうので、余計に太さが目立ってしまうのです。

気を付けましょう。

2.柔らかい


デブな人は重いとか、なんだか重りを持っているような感じがしますが、ポッチャリの場合、柔らかい印象があるので、持ち上げることができるのではないかと思ってしまうのです。

つまり、ポッチャリの場合は、デブのような感じに見られていないのです。

そのため、最近デブなのかどうか微妙な方が、ポッチャリとして売り出している人もいらっしゃるのです。

最近で言えば、タレントの渡辺直美さん、女子アナウンサーの水ト麻美さんなどがその類といっても過言ではありません。

そのために、最近は太ってもポッチャリだからと言い切る人も多いのです。

まあ、デブかポッチャリかと言うものは、人それぞれで判断基準が違うのです。

要は見た目と肌質で柔らかいのどうかがポッチャリかデブの認識になるのです。

ポッチャリを目指すのではあれば、ただ肉をつければいいのではありません。

ただ肉をつけるよりもしっかり柔らかいお肉をつけないといけないのです。

つまりは、よく皆さんが食べている霜降り牛みたいな感じのお肉です。

ぜひ、いい肉の付け方をしましょう。

そうすることで、デブではなく、ポッチャリになることができますよ。

あとは、肉をつけたうえで、色白だとポッチャリになったも当然と思っても大丈夫ですよ。

3.太っているのに可愛い

まさにこれが今のポッチャリの特徴とも言えます。

なぜなら、それがポッチャリなのです。

昔、ポッチャリと言う言葉がなかった時代には、ただのデブという感じに見られて、周囲からさげすまされてきた可能性も高いのです。

しかも、デブと言うだけで運動ができない。

デブと言うだけで、勉強ができないといった感じに見られてきた時代があったのです。

しかし、今はそんな時代ではありません。

デブでもしっかりポッチャリとして生きていくことができるのです。

最も大きな影響はインスタグラムのようなアプリでポッチャリでもかわいいと言う感じに見せることができるのです。

また、日本テレビの女子アナウンサーの水ト麻美さんのような感じに、女子アナうんさーのイメージを払拭した感じに、とにかく食べる食べるの連続で、まさにポッチャリだけどかわいいの代名詞と言っても過言ではありません。

数年前まで、太っている人がかわいいと呼ばれる時代が来るなんて誰が想像したでしょうか。

それぐらい、太っている人が生きるのが大変な時代があったのです。

もしかしたらこれから先、今バカにされているものが崇高なものになる可能性がありますよ。

ぜひ、今のうちにもしかしたらの可能性があるものを見つけておきましょう。

4.オシャレ

デブでもやたらオシャレな方が多くいらっしゃいませんか?そう、まさにこのような方がオシャレなのですが、ポッチャリでもあるのです。

つまり、デブとポッチャリの境目は、オシャレかオシャレじゃないかが基準になるのです。

そのため、最近はインストグラムや雑誌などで、ポッチャリの方をオシャレに見せるような感じになっていますが、まさに技術に発展が人間の考えをも変えてしまったと言う事実の表れとも言えますね。

もしかしたら今後も何かしらの技術が発達することで人間の考え方に変化が現れるかもしれませんね。

すでにその傾向はありますが、まだまだそれに気づくのは難しいみたいです。

しかし、ここまで太っている人をモデルなみにオシャレに見せることができるのもすごいですね。

ある意味、今なら太ることを気にして食を抜いていた方も多くいらっしゃるかもしれませんが、今ならそんなことをしなくてもいいのです。

むしろ、肉をつけた方が可愛く、カッコよく見えてしまう可能性だったある世の中になってしまったのです。

ぜひ、ここは大いに周囲を気にせずにいっぱい食べましょう。

そうすることも恥ずかしくなくなってしまった世の中なのです。

ある意味、ポッチャリが今までマイナスに見られていたことをプラスに変えてしまいましたね。

5.清潔感がある

またしてもデブとポッチャリの境界線ともいえる基準にはなるのですが、それが清潔感があるかどうかです。

つまり、ポッチャリは太っているけど清潔感があるからみんなにかわいいなどと言う感じに見られてしまうのです。

つまり、デブは昔と変わらずデブと言うことです。

なぜかと言いますと、デブと言うだけで汚い印象を持たれてしまうのです。

一昔前は、デブは汚いという印象がなぜか多くの人に広まっていました。

そのために、デブを蚊帳の外に追い出したりしていました。

しかし、今ではそんなことがなく、デブだからと言って汚いという感じに見たりすることはなくなりました。

むしろ、しっかり見て、ポッチャリかデブかを判断しているのです。

つまり、しっかり清潔感があれば問題ないのです。

これはポッチャリな人でなくても当てはまります。

要は清潔感のある人のところには人が集まります。

故にデブでもポッチャリと判断されてしまうのは清潔感があるからです。

太っていなくても、清潔感がない人は一昔前のデブと同じような感じに見られてしまう危険性がありますよ。

故に清潔感を保つようにしましょう。

この際、断捨離に走ってしまうのもありですよ。

もうきらめかないものは捨ててしまいましょう。

6.笑顔が絶えない

笑う門には福来るといいますが、この言葉本当です。

なぜかと言いますと、笑顔が素敵な方には人がよってくるからです。

人がよってくると言うのは、新しい情報をゲットできるのです。

つまり、太っていても絶えず笑顔でいる人は、人がよってくるのです。

このような人をポッチャリと呼ぶのです。

まあ、笑うことになれていない人からすると、笑顔を見るとへらへらしているように見えてしまうらしいのですが、それはその集団だけです。

わざわざその集団に属する必要もないですよね。

つまり、笑顔でいることはすごく重要なのです。

鼻で笑っていると言われていますが、それも笑いになれていない証拠です。

笑うことに悪意はありません。

特に日本の場合、笑顔が少ない国なので、そのように笑う人を見ると、マイナスに思ってしまう方も少なからずいらっしゃるのです。

しかし、そんなの気にする必要はありません。

いつでも笑顔で行きましょう。

特に太っている人は笑顔ができるだけで一気にマイナスオーラを吹き飛ばすことができますよ。

そのためにも、常に笑顔になれる練習をしておきましょう。

何をすればいいのかと言いますと、お笑い番組などを見て笑うようにしましょう。

そのうち自然に笑うことができますよ。

7.友達が多い

これまでの説明からポッチャリの人のところには人がよってくることがわかったと思います。

そのため太っている人でも、友達が多い人はポッチャリの集団に属していると言えるのです。

友達が多いからなんだと言うこともありますが、いない人よりはいいと思います。

それだけよってくる人が多いという証拠でもあります。

また、人がよってくると言うことは、なんだかの魅力があると言うことでもあるのです。

なぜなら、何もなければ人はよって来ません。

つまり、人を引き付ける何かがあるのです。

それがポッチャリだからということもあるのです。

一昔前だったら、太っている人はデブと言われて集団から外されてしまうこともありましたが、今はそんなことをしていたら、逆にしている人が蚊帳の外に回されてしまいます。

そんなことしても意味がありませんね。

ポッチャリはもしかしたら、イケメンや美女よりも人を引き寄せる力があるのかもしれませんね。

太っていてもポッチャリだったら友達を多く呼べる可能性がありますよ。

ぜひ、魅力あるポッチャリになりましょう。

8.匂いがしないまたはいい匂い

デブだとどうしても体臭を気にしてしまう人がいらっしゃいますが、実はポッチャリはこの体臭がないのです。

もしくは、いいにおいを発しているのです。

ただ、においと言ってもこれは実は外から見ている側のとらえ方にもよるのです。

それはと言うと、デブだからということで、体臭が臭いと勝手に思い込んでしまっているので、体臭を気にしてしまうのです。

つまり、太っている人でも相手に体臭を気にさせてしまわなければいいのです。

そのため、最近は匂いの強い香水などをつけている人もいらっしゃいます。

まあ、とにかく変なにおいさえしなければ問題ないのです。

体臭もある意味、イメージから来ていることなので、イメージさえさせなければ何も問題はありません。

なぜか日本人は鼻が敏感なのです。

そのため、ものすごく匂いを気にします。

しかし、その匂いを気にしてしまうと、余計に強烈なものと言った感じのイメージがついて、強烈に感じてしまうのです。

要はイメージが余計に左右してしまうのです。

そのためにはまずはイメージを持たせないことです。

いいにおいを発するか、匂いを発しないようにしましょう。

9.人が良い

太っている人でも、人の良さでデブかポッチャリかの判断が分かれます。

それは、どちらかと言うと、人の良い人はポッチャリで、人の悪い人はデブと認定されてしまう可能性が高いのです。

なぜなら、ポッチャリはある意味、尊敬のようなまなざしの意味が入った感じの言語ではありますが、デブは完全に侮辱用語になっているからです。

つまり、体格や体重の量ではなく、人の良さでデブかポッチャリかに分かれてしまうのです。

そのため、太っている人でも見た目で判断されないと言うことです。

まあ、見る人によって人の良さで相手のイメージを決めつけてしまう人は多いので、人が悪いとどうしても侮辱してしまう場合もあるのです。

たまにあるのが自分より少し、体重があったり、横に大きい人で、少しばかり悪口を言っただけでデブと侮辱されてしまうこともあるのです。

つまり、人の良さがデブかポッチャリかを分けてしまうのです。

そう考えると、太っている人でも、人の良さを磨くことでデブに分類される危険性が多少はなくなると言うことです。

まあ、どちらにしろ人を侮辱するのは良くありません。

相手が人が悪く見えてしまうのは、それはあなたがそう見ているからです。

つまり、自分がそう決めているのです。

10.食べるところが見ていて気持ちいい

日本テレビの女子アナウンサーの水ト麻美さんの食べ方を見て、誰も嫌な気持ちになることはありませんよね。

そう、つまり、食べ方がきれいな人は太っていてもデブではなく、ポッチャリとして見られることが多いのです。

一昔前に、大食いなどの企画があった時は、太っている人で大食いの人の食べ方が汚くても、大食いや早食いがあまりいいものに見えないこともありました。

しかし、最近はそんなこともなくなりました。

まず、大食いの部分は、ギャル曽根さんの登場で、汚く食べるイメージがなくなりました。

そして、その後に登場した水ト麻美アナウンサーの影響で、今では太っていてもきれいに食べる人をものすごくいいような感じで見ますね。

つまり、太っていても食べ方がきれいな場合は、デブではなくポッチャリとして周囲から見られるのです。

また、よく勘違いされているのが、デブはいっぱい食べると言うイメージです。

実際、デブな人でもそんなに大食いはいません。

大食いかどうかは体の体格は関係ないのです。

それはあくまであなたが抱いているイメージなのです。

このようにポッチャリに方は食べる姿がきれいで、見ていて気持ちがいいのです。

ある意味、デブにイメージを払拭したと言ってもいいと思います。

何よりもポッチャリの人がきれいに食べていると、気持ちいい感じになるだけでなく、食べているものもおいしく見えてしまうのです。

まさにポッチャリマジックですね。

11.100キロの大台に乗っていない

これは数字的に見た場合ですが、やはり体重が3桁に言っていないことがデブと言われないようにするためには必要です。

なぜなら、普通の人は2桁の体重です。

つまり、3桁の体重は別世界ともいえる光景なのです。

動きもどのようになっているのか、目に見えるものが本当に自分と同じ大きさに見えているのかなど、実は2桁の人には想像できないことが多いのです。

100キロに乗っているとどちらかと言うと、お相撲さんのイメージが強いので、それで相撲などをしていないとなると、100キロまでいく理由が2桁の人にはわからないのです。

そのために、100キロの人をポッチャリとしてではなく、デブとして見てしまう人は多くいらっしゃるのです。

まあ、何かない限りは100キロに行くことはまずないと思いますので、ぜひ、気を付けて100キロに行かないようにしましょう。

別世界を体験してみたいと思う方は100キロを目指してみてもいいかもしれませんが…。

ぽっちゃりと呼ばれる人の男女の差とは!?

ポッチャリと呼ばれる人の男女の差はと言いますと、実は女性の方が圧倒的に多いのです。

男性でポッチャリと呼ばれたことがあるのは、一昔前にちょっとだけブレイクしたゴルフ選手ぐらいです。

当時はポッチャリ王子と呼ばれていました。

思い当たるのはその人ぐらいなので、おそらく男性であまりポッチャリ呼ばれている人は少ないと思います。

女性の場合は、渡辺直美さんを筆頭に、日本テレビの女子アナウンサーの水ト麻美さんなど、結構多くいらっしゃいます。

まあ、男性の場合、生きている限り、自然と太ってくるので仕方がないのですが、果たしてどうなりますでしょうか。

今後ももしかしたら人間だけでなく、いろいろなものにポッチャリが出てくるかもしれませんね。

デブと呼ばれる男女の特徴

それではポッチャリはまだいいけど絶対になりたくないと思い込んでいるデブに関する情報をまとめましたので、ご紹介します。

まず、デブと呼ばれる人は体の色がまだらです。

そのため見ていて汚い印象を抱いてしまうのです。

肌をきれいにすることが太っていてもデブという感じに見られない秘訣ですよ。

また、ポッチャリの人は柔らかい印象がありましたが、デブの方はとにかく固い印象があるのです。

ある意味、ゲゲゲの鬼太郎に出てくるぬりかべみたいな感じなのです。

そのため、性格も固く見えてしまう危険性もあるのです。

さらに言えば、昔、痩せていた時の面影が全くない顔
になっているとデブに見えてしまいます。

人間は昔の姿に合わせてみてしまうのです。

あとは、服がダサいことです。

服がダサいことで、余計に太って見えてしまうのと、情けなく見えてしまうらしいです。

そして、極めつけは清潔感がない人です。

やはり清潔感は大切です。

清潔感のない人には人もお金も寄ってきませんよ。

また、暗い印象のある人はそれだけでマイナスなのに、さらに太っているとデブにみなされてしまう危険性が大ですので、明るく行きましょう。

明るく行くことで、友達が多くなりますよ。

少ないことでデブと見られてしまう危険性もあるのです。

あとは、においが臭いことです。

臭いだけで余計にマイナスなイメージを相手に持たせてしまう危険性があるので、変な臭いを出すのは辞めましょう。

そして、性格が悪いと否応なしにデブに分類されます。

性格には気を付けましょう。

また、食べ方が汚いとポッチャリではなくデブに見られます。

そして、さきほども説明しましたが、100キロの大台に乗っているとデブに見られてしまいますので、100キロに乗らないようにしましょう。

デブと呼ばれる人の男女の差とは!?

デブと呼ばれている人は、男女で考えると男性の方が多いです。

おそらくお相撲さんのイメージが強いのです。

そのために、男性の人がデブと言われてしまう可能性が高いのです。

太っていても自分らしくいられる時代到来中!

いかがでしたでしょうか。

太っていても自分らしく生きられる時代になったのです。

ある意味、相手の個性を認め合う時代になったのだと言えます。

つまり、相手の個性を認めることができない人はこれから生きていくのが大変な時代になったも言えます。