幼なじみというのは、いつでも近くにいる存在で、異性だったとしてもなかなか異性と認識していないこともあると思います。

しかし、一回意識してしまうと、今までの行動や関係が途端に恥ずかしくなってしまうなんてことも。

発展しやすいようでなかなか難しいというのが、幼なじみとの恋愛かもしれません。

異性の幼なじみがいないという人は、「もしいたら…」なんて妄想してしまったことのある人も結構いたりするのではないでしょうか?

友達や先輩後輩などのように、幼なじみも思わずドキッとしてしまう関係性だったりするのかもしれません。

今回は、そんな幼なじみとの恋愛において、よくある憧れのシチュエーションをご紹介していきます。

きっと好きな人が幼なじみだったら、こんなシチュエーションしてみたい!と思ってしまうシチュエーションがあるはずです。

また、最後には幼なじみとの恋愛におけるメリットもまとめていきます。

ぜひ最後まで読んで、幼なじみが好きという人は励みに、そんな幼なじみいないという人は、きゅんきゅんしてください。

幼なじみの定義とは?

まず、当たり前のように使われている「幼なじみ」という関係性ですが、しっかりした定義を聞かれた際、答えられるでしょうか?

幼なじみというのは、幼い頃に親しくしていた友人のことを指す広い意味の言葉のようです。

ただ、一般的には幼なじみというと、家が近所だったり家族ぐるみで仲良しだったり、常に小さい頃から一緒だったなんてイメージがあると思います。

また、「幼なじみ」と聞くと、なんとなく異性を思い浮かべてしまうかもしれませんが、幼なじみは男性に対しても女性に対しても、性別や異性などに関係なく使われる言葉です。

なので、本来は幼なじみの女の子や、幼なじみの男の子という言葉が適切なのかもしれません。

しかし、多くの人が「幼なじみ」と聞くと、異性を連想してしまっているのではないでしょうか。

幼なじみとの恋愛でよくある憧れシチュエーション9選

ここからは、幼なじみとの恋愛でよく出てくる憧れのシチュエーションをまとめていきます。

友達や先輩後輩よりは近い存在だけど、家族なわけではない微妙な距離感や関係性だからこそのドキドキなどってありますよね。

幼なじみだからできるシチュエーションなどもあるはずです。

少女マンガなどでもよく出てくるシチュエーションもいくつもあるでしょう。

きっと色々な場面を思い出したり、想像して羨ましく感じてしまうこともあるかもしれません。

いつも学校まで一緒に登校


幼なじみの最大の強みというのが、昔からの誰にも入り込めない領域の仲だったり、家が近所で一緒に登校するのが当然だったりするところだったりしませんか?

どちらかの家まで毎日迎えに行ったり、時には部屋にまでいって起こしたりする少女マンガよくありますよね。

そんなシチュエーションに憧れている女性も多いのではないでしょうか。

学校に行ってしまえば、お互いの友達やグループがあり一緒にいることはなかったとしても、それまでの登校は二人で当たり前にするなんて、特別感や優越感でしかないと思います。

また、それが好きな人とくれば、嬉しくて恥ずかしくて、ずっと登校時間が続けばいいのに。

なんて考えてしまう人もいるかもしれませんね。

家が隣同士でベランダ越しに話す

家が隣同士で部屋も隣同士なんてこと、少女マンガではよく見るシチュエーションだと思います。

夜などにお互いのその日あったことや悩み、なんでもない話などをベランダ越しに話すシチュエーションは、多くの女性が憧れたことのあるシチュエーションですよね。

また、話だけでは足りなかったりすると、そのままベランダから飛び移ってくるなど、妄想はどんどん広がってしまうでしょう。

ただの同級生ではなかなか叶えることのできない二人きりの時間も、幼なじみだからこそだと思います。

しかし、このシチュエーションって現実にはなかなか難しかったりしますよね。

まずお家同士が隣でないといけません。

一軒家でないと難しいでしょう。

そして、部屋が隣同士で窓も対になるようになければベランダ越しや窓を開けた状態で、会話をすることはできないと思います。

そうした現実ではなかなか難しいからこそ、憧れのシチュエーションだと考える人も多いのかもしれません。

家に帰ったら幼馴染が自分の家族とご飯を食べている

多くの人が考える幼なじみというのは、家が近かったり家族同士がとても仲良かったりするイメージなのではないでしょうか。

そのため、自分がいないのにも関わらず、自宅で家族と仲良くご飯を食べているところに帰ってきたいなんて想像をしてしまう人もいるんだとか。

自分が居なくてもご飯が食べられる関係というのは、よっぽど仲が良かったり家族同士の絆がなくては難しいと思います。

自分の家族と自分の好きな人の仲が良いというのは、誰だって嬉しいですよね。

それは相手が幼なじみであろうと変わらないはずです。

また、逆に自分が幼なじみの家族と仲が良かったりするのも、特別感があったり気を許されているような気がしていいのかもしれません。

自分がいなくても、幼なじみが自分の家族と仲良くご飯を食べているのを見て、嬉しいと思いながら、怒ったり何か文句を言ったりするのも仲の良さが出ていいなぁと、そこまで想像して憧れてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。

いつも一緒にいて友達にからかわれる


幼なじみというのは、昔から当たり前のようにいるので、学校などの家以外の場所でも一緒にいたりすることが多かったりもするでしょう。

異性で一緒にいると、なぜか必ず茶化したりからかってきたりする人いますよね。

異性の幼なじみというのは、その対象になることが多いものだと思います。

男の子であれば、「できてる」なんて言葉を使われたり、勝手に付き合っていることにされたりするのは定番かもしれません。

女の子同士の会話でも、「幼なじみのことが好きなの?」なんて話になったりするでしょう。

それが原因でなんとなくお互い気まずくなってしまったり、距離ができてしまうこともあると思います。

しかし、何かあったときなどにはそばにいてくれたり、からかわれて意識してしまったりするのも、そんな幼なじみがいなかったり幼なじみとそんな関係ではない人には、憧れてしまうシチュエーションなのでしょう。

かくれんぼで同じところに隠れる

幼稚園や小学生の頃など、かくれんぼをして遊んだりもしたと思います。

そんなときに、自然と同じところに隠れたり、一緒に隠れる場所を探すなんてシチュエーション、誰もが憧れてしまうのではないでしょうか。

また、中学生になってから、久しぶりにかくれんぼをしようという話になり、少し距離ができてしまった幼なじみと隠れる場所で鉢合わせしてしまって、気まずいながらも久しぶりに喋れたなんてシチュエーションも、憧れてしまうシチュエーションかもしれません。

こういった場面も、少女マンガには多く見られるシーンだったりしますよね。

そして、このシチュエーションは、これまでのシチュエーションの中では比較的経験したことのある人もいると思います。

小学校のときなどは、大人数でかくれんぼをする機会や一緒に何人かで遊ぶ機会も多かったりするはずです。

なので、自然と誰かと一緒に隠れたりする機会も増えるでしょう。

そんな中で幼なじみと一緒になることももちろんあると思います。

好きな人の記憶って、他の記憶よりも深く根付いたり残るんです。

そのため、「そういえば私にもそんな経験あったなぁ」なんて考えてしまう人もいるかもしれません。

失恋した時に「俺にしなよ」と言ってくれた

幼なじみを小さい頃から好きだったとは限らないと思います。

あなたに別に好きな人がいて、その相手に告白をしたり、その相手に恋人ができてしまったなどで、失恋をしてしまうこともあるでしょう。

そんなときに、いつもふざけてばかりの幼なじみが真剣な顔で「俺にしなよ」なんて言ってきたら、どうしたって意識してしまうはずです。

幼なじみとは他の友人などとは違い、小さい頃から一緒にいたり距離がとても近く、なんでも相談できる相手であることが多いですよね。

そして、どんな姿でも見せられる相手でもあると思います。

そんな全て知っている幼なじみから、ほぼ告白のような言葉を言われたら、それまで意識していなかったとしても、絶対に意識してしまうといえるのではないでしょうか。

そうした幼なじみ側から好かれているというシチュエーションに憧れる人も多いんだそうです。

たしかに、幼なじみがどう思っているか分からない行動よりも、自分のことを好きだと思ってくれている状況に憧れてしまう人も多いはずです。

迷子になったとき探してくれた

一緒に出かけたときや、学校の行事などで普段は行かないような場所に行ったとき、うっかり迷子になったりはぐれてしまうこともあるかもしれません。

そんなときに、幼なじみが探し出してくれたりするシチュエーション、思わず憧れてしまいますよね。

このシチュエーションって、幼なじみがあなたが迷子になったことを知らなくてはいけません。

また、幼なじみが探せる状況であり、みんなが探してくれている中で、幼なじみが一番に探し出してくれることが必要になってくることを考えると、なかなk現実的ではないような気がしてしまいませんか?
だからこそ、多くの人が憧れるとも言えるのかもしれませんが、できることなら実際に探し出してほしいと思う人もいるのでは?

中には実際に実現した人もいるかもしれません。

幼なじみって昔から一緒にいて、お互いの性格もよく分かっているものだと思います。

そのため、迷子になりやすいことやどんなところを通りやすいのかなど、周りの友人たちよりもよく知っている一面もあるでしょう。

そうすると、自然と周りの友人たちよりも探す場所や意識などが相手にいきやすくなるかもしれません。

その結果、幼なじみが探し出してくれるなんて憧れのシチュエーションが実現したりもしやすいようです。

とはいえ、一番は迷子になってしまったりせずに、楽しく過ごせるということだと思います。

いじめられた時に守ってくれた

いじめられているときや、絡まれているときに守ってくれたり助けてくれたりするシチュエーションに憧れてしまう人も多いかもしれません。

誰かにいじめられたりすると、誰も仲間がいないと思ってしまったり、周りの人が全員敵に見えてしまったりすると思います。

そんなとき、幼なじみが反論して守ってくれたりすると、それまで意識してなかったとしても、急にきゅんとしてしまったりしますよね。

また、絡まれてしまったりすると、怖くて怖くて仕方ないと思います。

そんなタイミングで幼なじみが助けに入ってくれたら、正義のヒーローに見えてしまったりするはずです。

ピンチのときやみんなが敵だと思っているときに味方になってくれたら、思わず好きになってしまうでしょう。

小さい頃にずっと一緒にいようと約束した

小さいときっておさななじみ同士、よく分からないながらに結婚の約束をしたり、一生一緒にいようなんて二人だけの約束をしたりしたことがあるかもしれません。

こんなドキドキしてしまうシチュエーション、好きにならずにはいられないのではないでしょうか。

幼なじみで家族同士の仲が良かったりすると、何かある度に一緒に手を繋いで写真を撮られるタイミングも多かったりすると思います。

また、将来結婚してねなんて冗談を言われたりしていたりする人もいるかもしれません。

そうすると、小さい頃はそれをどこか当たり前のように感じて、「ずっと一緒にいよう」や「僕が一生守るから。」なんて約束をしてくれたりするのでしょう。

異性の幼なじみがいなくては出来ないことですし、お互いに好意がなければ出来ない約束だったりもしますよね。

幼なじみに恋するメリット!

幼なじみとのドキドキしてしまう憧れのシチュエーションには、とても多くのものがあると分かっていただけたでしょうか?

分かっていたものもあれば、思いつかなかったり、言われてみれば憧れるかも!なんて思うものもあったと思います。

幼なじみというのは、それ以外の関係とは少し違った関係性なので、なんともいえない特別感などがあったりもしますよね。

そんな様々なドキドキシチュエーションのある幼なじみとの恋愛ですが、実は幼なじみに恋をするメリットって、それだけではなかったりするんです。

ここからはそんな幼なじみと恋愛をするメリットについてご紹介していきます。

きっとこれを読んだら、幼なじみと恋がしたい!と思ってしまうはずです。

どんな悩みでも話せる

幼なじみというのは、昔から知っている相手なので、何も気兼ねなく話をすることができるというのが、一番のメリットなのかもしれません。

通常であれば、何か悩みがあったときに異性の友人に悩みを相談するのって、なかなか難しかったり、自分がどう思われてしまうのか怖かったりしますよね。

幼なじみの場合、そういった部分を一番相談できる相手だともいえるでしょう。

そのため、好きな相手が幼なじみだったり、幼なじみと恋愛をすることは、どんな些細な悩みでも、普通ならなかなか話せない悩みを話せるという大きなメリットがあるんです。

お互いのことをよく知っている

恋愛において難しい問題となってくるのが、相手のことがなかなか分からないということだったりしませんか?

幼なじみにおいては、相手のことを知ったり、逆に自分のことを知ってもらうといった手順は必要なかったりしますよね。

むしろ昔から知っている相手なので、他の誰よりもあなたのことを知っているはずです。

そして、幼なじみのことも誰よりも分かる自信があるのではないでしょうか。

このことは、恋愛をする上でとても大事なことだったりしますよね。

人はそれぞれ考えていることが違うので、その度に喧嘩をしたり仲直りしたりを繰り返すと思います。

中には後悔したり、取り返しのつかないことを言ったり行動をとってしまったりするかもしれません。

そういったことも幼なじみであれば、とても少ないといえるでしょう。

何でもお見通し

昔から知っている幼なじみには、何かを隠すことってなかなか出来なかったりしますよね。

心配をかけないようにしているのに、何かに悩んでいたりすると、隠そうとしたとしてもすぐにバレてしまったり、嘘をついてもそれが嘘だとすぐにバレてしまったりすると思います。

人には悩んだときや嘘をつくときなどに色々な癖があったりします。

それが普通の人には分からないような些細な変化だったとしても、幼なじみにはすぐ分かってしまうなんてこともあるでしょう。

そして、それは逆も然りです。

幼なじみが隠そうとしていることや辛いときなどに、いち早く気がついてあげることができるので、お互いに負担になったり隠し事を一人で抱えることが少なくなるというのも、幼なじみの恋愛のメリットなのかもしれません。

何を考えているか分かる

ずっと一緒にいると、その相手がどう考えるのかなんとなく分かったりすると思います。

そのため、何も言わなくても分かってくれるというメリットがあるんだそうです。

普通は言わないと分かってもらえなかったり、言ってもなかなか理解してもらえなかったりすることもありますよね。

しかし、昔からの仲であれば何も言わなくても分かってもらえることも多いかもしれません。

そうしたことも、幼なじみとの恋愛だからこそといえるのではないでしょうか。

何も言わずに分かってくれるというのは、自分のことを分かってくれていると感じて、嬉しくなってしまうと思います。

気を使わない

幼なじみというのは、良くも悪くも気を使わないというポイントがあります。

なんでも言い合える相手であり、一番近くの存在なので、どんな姿でも見せられてしまうというのは、良いことばかりではないのかもしれません。

しかし、長く付き合っていくとなると、いつまでも緊張していたり気を使っていたりすると、疲れてしまったりするでしょう。

その点、幼なじみであれば気を使うこともないので、疲れてしまったりなかなか上手く伝えることができず、悶々としてしまうことも少ないはずです。

また、気を使わないというのは、ありのままの自分でいることができるので、負担になってしまったりすることもないので、付き合いが安定しやすいというメリットもあるんだとか。

一緒にいて楽

気を使わないというのは、負担になってしまったり、肩に力が入ってしまって頑張りすぎてしまったりすることがないともいえると思います。

一緒にいる時間が疲れてしまうものであれば、長い付き合いになればなるほど、あなたの負担や一緒にいる時間が苦痛になってしまったりするかもしれません。

そうなると、長く付き合っていくのは難しいといえますよね。

その分、幼なじみは一緒にいることが当たり前だったり、落ち着く相手であるといえると思います。

なので、長く一緒にいたりしても、負担に思ったりすることなく、長い付き合いをすることが可能なんだそうです。

祝福される

幼なじみとの恋愛において嬉しいことは、周りから祝福されるのが多いことかもしれません。

昔から一緒にいるので、幼なじみであることを知っている人も多いはずです。

また、幼なじみというのは、周囲の人たちも「この二人はいつか付き合うだろう」と思っていたりするんだとか。

そのため、いざ付き合うと報告すると、「やっと付き合ったのか。」と言われたり、「付き合うと思ってた。」と言われることもあるようです。

祝福される数でいうと、圧倒的に幼なじみが多いのではないかとも思います。

共通の友達が多い

昔から一緒にいるので、自然と共通の友達も増えていくでしょう。

なので、報告をすればあっという間に広がったり、たくさんの友達に祝福されると思います。

そして、昔から同じ輪の中で生活をしたり遊んだりしていると、共通の友人や同級生なども共通していくはずです。

そうすると、共通の友達から祝福されたり茶化されたりすることも多いでしょう。

やっぱり祝福されることが多ければ、その分嬉しくなりますし、改めて付き合って良かったと思うかもしれませんね

親同士も知り合い

お付き合いとなると、大きな障害となり得るのが親への報告だったりするのではないでしょうか。

そんな厄介なポイントも幼なじみであれば問題なしです。

家族ぐるみで仲が良かったりするので、大喜びして迎えてくれる人も多いんだとか。

また、付き合っている報告をしなくとも、幼なじみであればしょっちゅう家を行き来していても不審に思われたり、何かを疑われたりすることは少ないはずです。

そういった点も幼なじみとの恋愛では、良いポイントといえるのかもしれません。

親は関係ないとはいえ、やっぱり祝福してもらえたり認めてもらえるほうがお付き合いはしやすいですよね。

浮気など悪いことができない

幼なじみだと浮気がしにくいなんてメリットもあったりします。

それはなぜでしょう?
昔から一緒にいる幼なじみで付き合ったとなれば、その話は途端に広まるはずです。

そして、付き合っていることを周りの人たちが知っていると、いつどこで誰が見ているか分かりませんよね。

そうなると、なかなか浮気も簡単ではありません。

また、浮気というのは近場でされることも多いので、共通の友達や行動範囲が一緒だと、浮気をする機会もなかったりするでしょう。

それに、幼なじみで家族や共通の友達とも深い仲だったりすると、浮気などが原因で別れたと知られたら、多くの信頼を失ったりしかねません。

そういった点から、機会があっても浮気などの軽々しい行動を出来なかったりするんだと思います。

喧嘩が少ない

付き合っていくと、喧嘩や言い合いをすることもあるでしょう。

しかし、そういった点からも幼なじみとの恋愛にはメリットがあるといえます。

幼なじみは昔から知った仲のため、喧嘩になるようなことも少なかったりするんです。

喧嘩というのは、自分の伝えたいことが伝わらなかったり、相手との意思疎通が出来なかったりすることで起こることも多いのではないでしょうか。

幼なじみであれば、こういった意思の疎通やお互いの性格もよく知っていますよね。

なので、喧嘩のきっかけも自然と減っていくんです。

また、もし喧嘩をしてしまったとしても、機嫌の治し方や仲直りの仕方などを分かっているともいえるので、喧嘩が大きくならずに済んだりもすると思います。

自然体で付き合える

誰だって好きな人には可愛く思われたいですよね。

そのため、付き合ってもなかなか気が抜けなかったり、緊張してしまうかもしれません。

その点、相手が幼なじみであれば、恋心に気がついた時点で全てをさらけ出してしまっていることが多いと思います。

そう感じると、緊張してしまったり変に良く見せたいと思うことなく、自然体でありのままのあなたでいられるのではないでしょうか。

幼なじみには、そんなメリットもあるんです。

恋人としてのギャップにドキドキできる

幼なじみも恋人も近い存在には違いありません。

しかし、お互いの気持ちや関係性には大きな違いがありますよね。

幼なじみよりも恋人のほうがドキドキすることや、相手の一番の存在になれるといえます。

幼なじみのままでは友人の延長だったとしても、恋人になればお互いがお互いのことを異性として感じ、好意をもっているということなので、似たようでこの二つは大きく違うといえるでしょう。

幼なじみとの恋愛を発展させるにはどうしたらいいの?

最後に幼なじみとの関係を恋愛いに発展させていくための方法をまとめていきます。

近くの存在であるはずの幼なじみですが、そこから恋人への発展は通常の友人関係よりも難しかったりするようです。

友達であれば、ある程度の距離感があるので、アピールしていけば意識してもらいやすかったりするかもしれません。

しかし、その点幼なじみとなると、何をどんな風にアピールしたとしても、幼なじみだからと思われてしまったりもするんです。

そこで、幼なじみとの恋愛を発展させるためのいくつかのアドバイスをしていきます。

異性として見てもらう

幼なじみにとって、一番に必要となってくるのが、異性として認識してもらうことだと思います。

どんなに近い存在になれたとしても、異性として見てもらえなければ幼なじみ
抜け出すことはできないでしょう。

そのために、まずは異性として見てもらうことが大事になってきます。

恥じらいを見せる

一番簡単に異性として見てもらうためには、恥ずかしそうにしてみることがいいと思います。

恥ずかしそうにするというのは、見せたくない部分があったり良く見せたいと思っているからこそでしょう。

幼なじみとしか考えてなければ、恥じらうことってなかなかなかったりしますよね。

そのため、思わず顔が近づいたときや手などが触れたときに、恥じらってみましょう。

はじめは茶化されるかもしれませんが、だんだんと男性も意識してきてしまうかもしれません。

いつもと違う一面を見せる

なんでも知っているはずの幼なじみのそれまで知らなかった一面を知ると、関係性が急に発展することもあります。

幼なじみにこんな一面があったんだと思うと、魅力的に見えたりすることもあるでしょう。

また、その一面が女性らしいものであれば、さらに意識させられる可能性が高くなるかもしれません。

他の異性の影をちらつかせる

幼なじみへの気持ちに気がついていないという場合は、あなたが他の異性と仲良くしたり、アタックされていたりするのを目の当たりにした途端、取られたくないと感じて、あなたへの思いに気がつくきっかけになったりもします。

とはいえ、逆に応援されてしまう可能性もゼロではないので、様子を見ながらしていく必要があるでしょう。

二人きりでデートする

いつも何人かで遊ぶことが多かったら、一度二人だけでデートらしいことをしてみるといいかもしれません。

はじめはなんでと言われたりするかもしれませんが、デートスポットに行ってみたり、いつもと違った女性らしい格好をしたあなたに対して、異性とての感情に気がつくなんてこともあると思います。

気持ちを伝える

関係を進展させるために一番効果的なのは、ストレートに気持ちを伝えてしまうことでしょう。

しかし、気持ちを伝えることで逆に気まずくなってしまったり、それまでの関係性
崩れてしまう危険性もあるので、ある程度大丈夫だと思ったときにすることがおすすめです。

親に話してみる

幼なじみの場合、親も知っているというのは大きなメリットになります。

思い切って親に話してみることで、思わぬアドバイスをもらえたり、協力をしてもらえたりするかもしれません。

一人でアタックするよりも、誰かが協力してくれるほうが恋愛に発展しやすいのではないでしょうか。

干渉しすぎない

幼なじみは近い存在ですが、逆に近すぎる存在だともいえます。

なので、少し距離をとってみるとよかったりするんです。

それまですごく近くにいたのに、最近干渉してこないなと思われたら、その気持ちが恋愛いへと発展していくのもそんなに長くはないかもしれません。

他の異性とは扱いが違うことを分からせる

幼なじみと他の男性では違うということをアピールすると、あるとき突然それが恋愛感情に変わったり、特別感から気になってしまったりするようです。

そして、この行動では幼なじみだから扱いが違うわけではないと分かってもらう必要もあるので、そういったことを意識すると効果が出やすいでしょう。

幼なじみとの恋愛って憧れる♡

今回は幼なじみとの恋愛についてまとめてきました。

幼なじみというのは、どんなときも特別で近い存在だからこそ、なかなか恋愛に発展しにくかったりもするかもしれません。

しかし、ドキドキすることや憧れてしまうシチュエーションもひときわ多いことも分かったのではないでしょうか。

もし幼なじみがいたら、こんな恋愛憧れてしまいますよね。