再婚に成功する人と失敗する人には違いがあります。

同性から見ると「どうしてこの人が2度も結婚できたのだろう」と疑問に思うような人であっても、異性から見ると魅力的なことは少なくありません。

そのような魅力を備えた「再婚に成功する人」の特徴を探っていきます。

再婚できる人は何が違う?

配偶者に先立たれてしまった場合の再婚は別として、離婚後の再婚の可否は人によって事情が大きく異なるようです。

その違いは一体何なのかを考えていきましょう。

再婚をすることは難しい?

アメリカの離婚事情は広く知れたところですが、日本でも離婚をすることが珍しいものでなくなってきました。

そして、当然ながら再婚も特別なものではなくなっています。

バツイチ同士の婚活パーティが開かれるほどですから、市場の需要は全く問題ありません。

とはいえ「離婚するからには何らかの事情がある」という意識を持たれるのは間違いなく、ここがネックになるかどうかで難易度は変化します。

相手がこちらをどの様に思うのかが問題

再婚に向けて出会いを求めていく中では「相手がどう思うのか」が一番の問題です。

これは離婚の理由によります。

自分では配偶者に非があったと思って話していても、異性から見ると「それは、あなたも悪いでしょう」と思える理由は数多くあります。

たとえば「妻が全く家事をしなくて、一緒にいる意味がわからなくなった」という理由であっても、その程度次第です。

さすがに専業主婦が家事も育児も放棄してパチンコにあけくれ、児童相談所介入レベルだったら同情されるでしょう。

しかし、妻は一通りの家事と育児をワンオペでこなしていたのに、休日すら何もしない夫の要求が高すぎるのでは話が違います。

「夫の稼ぎが少なすぎた」などの理由も同様に、本当はどちらに非があったのかを相手はよく観察してきます。

取り繕ったエピソードでは乗り切れません。

不倫であればイメージも悪い

今回の議題を進めていく中では「自分の不倫が原因で離婚を言い渡された人」に有用な話は少ないです。

「イメージも悪い」と記載はしましたが、不倫は「若気の至り」で済まされるものではありません。

手厳しい言い方をするには理由があります。

不倫と浮気は別物だからです。

一般的な言葉の使い方として、浮気はまだ恋人同士の段階ですが、不倫は婚姻関係を結んでいる者が配偶者以外の異性と肉体関係を持つことを指します。

そして、配偶者以外の異性と肉体関係を持つことは民法第770条の不貞にあたります。

つまり不倫は、婚姻という法律上正式な関係があるにも関わらず、貞操義務に違反したということになります。

自由恋愛が許される恋人の段階で浮気をするのとは次元が違うわけです。

「本当に好きな人と出会ってしまった」のであれば婚姻関係を解消することが先であり、その手順を踏まずに不貞行為に及ぶなんて法律を軽視しすぎています。

この信頼性の無さは大打撃。

慰謝料や財産分与の観点から見ても再婚へのステップは相当厳しいはずです。

子供がいるかどうかでも変わる

正直な話、子供がいるとハードルは高いです。

親権を持っているのであれば、自分だけでなく子供との相性も再婚相手に求めなければならず、選択肢が狭くなります。

親権を持っていない場合でも、養育費の支払いや、今後の遺産相続等の問題もあって難儀です。

相手からすればリスクでしかないため、避けられる可能性は高いでしょう。

再婚できないわけではありませんが、子供のいないライバルと比べれば勝率は低いです。

離婚をしてすぐに再婚はアリ?

まず法律の話からしますが、男性は翌日にでも再婚可能、女性は離婚から100日を経過してから再婚が可能です。

あるいは、100日以内であっても懐胎(妊娠)していないことを示す医師の診断書を婚姻届に添付すれば再婚できます。

ここまでは法律の話。

現実問題としては「ナシ」です。

離婚から半年未満で再婚すれば周囲に不倫を疑われますし、円満に離婚したはずでも、その疑いによって元配偶者とのトラブルになりかねません。

再婚に向けた活動は翌日からでもOKですが、実際に籍を入れるのは期間をあけた方が良いでしょう。

再婚に成功する9個の特徴!大事なのは相手との信頼感

再婚も、大まかな手順としては初婚までのステップと変わりません。

出会ってから恋愛をして、お互いをよく知り、納得して婚姻届を提出するという流れです。

だからこそ大変なんですね。

初婚とステップが変わらないのに、離婚歴があることで、出会いを恋愛に結び付けるまでのレベルが上がっています。

簡単な話、瓜二つの人間がいて、どちらかが未婚でどちらかが離婚歴ありだったら前者が選ばれるでしょう、ということです。

「離婚歴ありの人と結婚したい!」という人にはまず巡りあえません。

そこで重要になるのが、相手にどれだけ信頼感を持ってもらえるかです。

男女限らず重要ですから、これを念頭に読み進めましょう。

1.離婚した理由を反省している

円満離婚なんて言葉もありますが、関係が円満なら離婚しないだろうと考えるのが当たり前です。

「確実になんかあったでしょ?」と思われますし、どれだけ取り繕っても何かあったに決まっています。

お相手は自らも同じ理由で別れることになるのではないかと危惧するでしょう。

ですから、その何かを今の自分がどう考えているのか、尋ねられること必至です。

不倫などであれば絶対にしないようにする

不倫できる程度にはモテるということですから、お付き合い程度の相手なら困ることはないといえます。

とはいえ、一度不倫した人の「絶対もうしないから」ほど信用できないものもありません。

不倫相手ですら「今度はこっちが不倫される番」になるリスクを抱えるため結婚まで進むのは困難を極めます。

不倫は反省してどうのこうのというレベルではないので、絶対にもうしないことは大前提。

口で言っても信用されないものと心得ましょう。

ただし、長期間にわたる別居生活の末に恋人ができたという場合は、事実上、婚姻関係が破綻していたものとみなされて不倫が問われないこともあります。

この場合は再婚もしやすいでしょう。

相手のせいにばかりしていない

いかなる理由で離婚したにせよ、婚活のお相手は直接的な原因だけでなく、そこに至るまでの過程も知りたがります。

次の台詞を例にしてみましょう。

「妻が職場の男と不倫してたんだ。僕は毎日できるだけ早く帰ってきて、その日あったことを報告していたし、子供ともよく遊んで、家事だって手伝ったさ。土日だって子供をつれて公園や遊園地にも行った。それなのに不倫されていたなんて、信じられないよ」

どうでしょうか。

結論から言いますと「不倫されたなんてかわいそう!」と思ってくれる人は、まずいません。

では読み解いていきます。

まず生活サイクルの中に、妻を女として見ている状況が1つも出てきません。

ワンアウトです。

次に、妻が職場の男と不倫したということは共働きです。

なのに「家事を手伝った」と言っていますし、子供の世話ではなく「遊んだ」と言っています。

ツーアウトです。

そして、その日にあったことの報告ですが、一方的に愚痴っていただけならスリーアウトです。

自分が不倫した側ならもちろん、された側だとしても不倫されてしまうに至る仮定を推測されてしまいます。

自分は悪くないと思いたいのは分かりますが、見る人から見れば地雷案件です。

しっかり反省して自分の落ち度は認めましょう。

変わろうと前向きに努力している

相手のせいばかりにせず、自分の非を認めることができれば、そこから変わっていくことはできます。

ただ明るくなんだかわからない自分磨きをするのではなく、反省すべきポイントに対して的確な努力を重ねましょう。

それを前向きに行っている姿を見れば「この人は同じ過ちを繰り返す人間ではないだろう」と思ってもらえるはずです。

2.婚活パーティーに参加している


婚活パーティは未婚の方が有利だと思って参加を渋る人もいると思いますが、離婚歴がある人にも意味のある場所です。

初対面の相手がバツイチであっても、その事実自体は問題ではないと考える人は多くいます。

ネガティブにならずに、積極的に行動している

婚活パーティに参加できるほど、前の結婚のことがふっ切れているのだと判断できるため、印象はそれほど悪くありません。

離婚の事実自体は気にされないことが多いため、離婚に至った理由をどれだけ腹を割って話せるかが鍵になってきます。

将来のパートナーを探しているわけですから、隠し事は最初からしない方が良いでしょう。

パーティーに行くことで様々な人との出会うこともできる

確率論だけで言っても大人数に出会える婚活パーティの方が再婚の確率は高いです。

また、婚活パーティがおすすめなのは初対面の人が集うというところにもあります。

知人は離婚に至るの過程や前の配偶者のことをよく知っているはずです。

その中で「良い人を紹介してくれ」と言いまくっても大した効果は得られません。

紹介する方も、前の配偶者とも知り合いであれば気兼ねをするし、離婚した理由にも思い当たる節があれば「大事な友人を紹介するのはちょっとなぁ」と躊躇するかもしれないからです。

前情報を自分の言葉で伝えられる初対面の人の方が、勝負のし甲斐があります。

3.婚活サイトに登録している

婚活パーティだけでなく、実際に出会う前にメッセージのやりとりができる婚活サイトもおすすめです。

最近の婚活サイトはブログなども併設しているため、相手の人となりを事前に知ることができますし、結婚相手に求める条件などもチェックできます。

出会ってから関係が進展した後になって条件の不一致に気づくよりは、時間を無駄にせず行動することができるでしょう。

常に新しい人との出会いを大切にしている

婚活サイトの便利なところは、新しい人との出会いを同時並行で進められる点にあります。

交際を開始してから同時並行というのはNGですが、メッセージのやりとりや食事をさまざまな人と行ったからといって浮気になるわけではありません。

婚活サイトなら何人もの異性と仲良くしていても、それが視認されるわけではなく、知り合い同士の噂話が広がるリスクも低いです。

自由度は高めといえます。

4.ポジティブ思考で生活をする


離婚した当初くらいはネガティブになるのも仕方がないですが、長期間ズルズル引きずっているのはいただけません。

再婚に向けた活動を開始するなら、生活全般をポジティブに切り替えましょう。

それが姿勢や目の動向の開き具合にも出てくるので、ポジティブな方が魅力的に見えます。

離婚をしても凹まない

ポジティブすぎる必要はありませんが、離婚なんて今時、絶望するような事柄でもありません。

よくある話ですから、それほど凹まなくても良いでしょう。

過去のことは過去のこととして反省はしつつ、現在や将来のことを考えている人の方が魅力的です。

再婚することができるという思いがある

「どうせ私(俺)なんて」という思いは顔や姿勢に出るため、「再婚できて当たり前だ。なんせ魅力的だから」くらいに自分自身へハッタリをかましておくことをおすすめします。

そうすると、本当に魅力的に見せようという気になってくるもので、身だしなみに気を遣ったり、自信にあふれた言葉づかいになっていきます。

5.交流関係を広める

再婚に向けては、交流を深めるよりも広げることが先決です。

婚活パーティなどでもそうですが、出会った人自体が恋愛や結婚相手の対象にならずとも、その人が持っている人脈の中に相性の良い人がいるかもしれないと考えましょう。

そうすれば、とりあえず誰とでも友達になろうという気持ちが湧いてくるはずです。

実際に、出会い系アプリで知り合った異性と、友人として意気投合し、合コンを開く人もいます。

引きこもらずに友人と出かける

出会いのある外出以外は全部無駄、というわけでもありません。

出会いに直接つながらなくても、友人とあちこちに出かけましょう。

デートスポットの選択肢も広がっていきますし、話題にできることも増えてくるため、初対面の人とのコミュニケーションがしやすくなっていきます。

一般的な勉強は引きこもって進めることにも意味があるものが多いですが、異性との会話に限っては実体験を伴うエピソードを持っている方が有利。

お洒落なレストランなどを調べあげても、実際に行ってみるとボロが出やすいです。

多くの異性と会話をするようにする

出会いに数えるかは別としても、出かけた先で異性と会話をするようにしましょう。

結婚生活においては配偶者が異性との会話のほとんどを占めるため、他の異性との会話の抽斗が少なくなっていることが多いです。

他の異性との会話を積極的に行うことで、多くの異性と盛り上がりやすい話題を見つけやすくなるでしょう。

また、離婚理由によっては異性全般へ抵抗感が生じているケースもあるため、これを緩和することにも役立ちます。

6.時間をかけて再婚をする

再婚したい人は、心に余裕がある様を見せるのがベストですから、時間をかけても構わないという姿勢で挑みましょう。

言い方は悪いですが、一度失敗しているのですから、再婚する相手をよく見極めるという意味でもじっくり時間をかけることをおすすめします。

絶対に焦らない

焦っている人はすぐにわかります。

相手の反応もろくに見ず、自己アピールに徹するため印象が良くありません。

「良い人がいれば再婚したいな」くらいの気持ちでいる方が、自然体で話せるため相手も警戒せずに話をすることができます。

すぐに付き合い再婚はNG!

前の結婚を、付き合ってから3年以内にした人は再婚の勢いをしばしストップしてみてください。

異性に恋心を抱くと、恋愛ホルモンと呼ばれるフェニルエチルアミン(PEA)が脳内で分泌されると言われています。

そして、これは好きな人を追いかけているときに出やすく、幸せな気持ちを呼び起こすホルモンも分泌させやすくなります。

しかし、このPEAは幸せにしてくれるのと同時に判断力を鈍らせるほか、同じ異性に対して分泌されるのは、もって3年なのだそうです。

つまり、PEAが分泌されている間は鈍った判断力で結婚を決めやすい上に、3年が経てば恋心も冷めてしまって関係がギクシャクする恐れがあるということです。

この現象が前回の結婚から離婚までとピッタリ当てはまる人は、自分の判断力を疑いましょう。

冷静になると結婚するほどの相手ではない、ということはよくあります。

過去と同じような失敗をしない

結婚相手にあれこれと条件をつけている人ほど過去と同じ失敗をしやすいです。

たとえば、「家事ができる人」を絶対条件にしている人がいたとしましょう。

この条件にさえひっかかれば誰でも許容できるはずなのに、全く違う理由で別れたりします。

これは、自分では「家事ができる人を好きなのだと思い込んでいるだけ」であることが多いからです。

そもそも、家事ができるということは、家事をするだけの時間を確保できているという意味でもあります。

時間を確保できるということは、自分がとりかかる物事の優先度をつけて的確に処理できる、ということにもつながるわけです。

これらを掘り下げないまま「家事ができる」ことだけに目が向いていると、「今は家事ができるだけの暇人」をつかまえてしまいかねません。

その人が物事の処理能力の遅い人間であれば、ちょっと忙しくなっただけで家事を放棄する恐れがあります。

あるいは、たしかに家事はできるけれど、その他がノロいこともあります。

そして、ノロいことを責めてしまい、仲違いをしてしまうのですが、相手からすれば家事はこなしているので文句を言われる筋合いはないはずです。

本当に家事ができる人が好きなのか、物事の処理が全般的に早い人が好きなのかは、よく考えてみないと自分でもよくわかっていないということがあるため要注意。

見かけ上の条件の合致ばかりを追い求めず「自分が本当に求めている相手の本質」を考えてみましょう。

7.相手のことを第一に考える

「婚活!」と意気込むと自己アピール過多になる人がたくさんいますが、再婚しやすい人は総じて聞き上手です。

相手に好印象を与えるためには、相手の好みや考え方を知ることが重要ですから、聞き上手が再婚しやすいというのは理に適っています。

お互いの気持ちを理解することが大事

まず聞き上手になっておくと、相手も話を聞いてくれるようになります。

結婚に向けては、お互いの気持ちを理解することが大事であるため、まずは相手を受け入れる体勢から入りましょう。

また、相手を知った上で「これは合わないな」と思うことも多いですから、自己アピールよりも受け入れ態勢から入る方が時間も無駄にしません。

8.自分磨きを怠らない

効果的な自分磨きは、離婚に至った理由に関わるものから始めることでしょう。

一方に家事をワンオペでやらせていたことがきっかけなら、相手に再びそれを求めるより自分が出来るようになった方が相手選びの幅も広がりますし、気遣いが不足していたなら幅広い価値観を持つために様々な人との交流をはかるべきです。

やりたいと思ったことに挑戦する

再婚のことばかりが頭の中にあると魅力的な人間に見せることは難しくなります。

何かやりたいことに挑戦し、内面から滲み出るような輝きを持ちましょう。

目標があり、それに向かって前進している人は素敵な雰囲気を持っているものです。

そして、挑戦する先で出会う人々との出会いが、異性との出会いに繋がることもあります。

趣味でも勉強でも構わないので、暇つぶしから始めるくらいの気持ちで探してみてはどうでしょうか。

外見にも気をつかっている

自分磨きで忘れてはいけないのが外見です。

ファッションセンスなどは趣味によるところが大きいため何とも言えませんが、清潔感は必須。

また、幅広い異性とのチャンスを狙うなら、あまり突飛な格好をしない方がいいです。

自分の体型を一番綺麗に見せられるシルエットを選び、髪や肌、男性はヒゲなどを整えて清潔感を示すことが大切です。

ブランド物に関しては一長一短あります。

ブランド物は縫製が美しく、魅力的に見せてくれる一方で、金遣いが荒いという印象を与えてしまうリスクを抱えています。

超好景気の世の中ならまだしも、今の所そこまでの好景気ではないため、金に群がる有象無象を呼び寄せやすいです。

そういった人は金が目的であるため、さも相性が合うような振る舞いをしてきますから、最初は無難な格好で相手の人間性を見極めたほうが良さそうです。

9.フットワークが軽い

婚活パーティ、アプリ、自分磨きなどなど、何にでも共通して必要なのはフットワークの軽さです。

時間をかけて婚活をするとはいっても、行動を遅くする必要はありません。

興味の向くままあちこちに出かけ、人と出会い、相手選びは慎重に行うことが大切です。

誘われたら行くようにする

フットワークを軽くするために最も手っ取り早い方法は、誘われたらとりあえず全部了承して出かけていくことです。

とくにNoという癖がついている人ほど、嫌でもYesと言いましょう。

いちいち考えずに反射的にYesといえばいいのですから楽ですし「あのとき断らなければ…」という、やらぬ後悔をしなくて済みます。

その場では「今日はこなければよかったな」と思うこともあるでしょうけれど、その先にある人脈を開拓できたかもしれない、と思えば損をした気持ちにはならないはずです。

どこに出会いがあるかわからない

世の中の出会いのエピソードを見ていると、奇跡としか言いようのない出会いによって結婚まで至った人たちが数多くいることがわかります。

たまたま飲みに出かけた店でかつての同級生に出会って意気投合したり、友人の結婚式で軽く挨拶した程度の人と思わぬ再開をしたりなど、偶然の出会いはどこに転がっているかわかりません。

こうした出会いは家の中にいても訪れないため、とにかく外に出て行くことが大切です。

守備範囲は広めにしておきましょう。

飲み会や食事会など出会い目的の場だけでなく、ライブやイベント、美術館や博物館など、頭をよぎった場の全てに出かけるようにすれば何もない毎日より出会いの確率は高くなります。

意外とバツイチが人気な理由とは?!

バツイチ人気も高まってきています。

イメージだけだと「包容力がありそう」なども人気の理由の1つですが、これはその人の個性に寄るところも大きいため何ともいえません。

包容力があったら離婚にはなっていないだろう、という感覚もあります。

それ以外の部分で人気なのは、離婚という結果がもたらすであろう変化についての部分です。

一度失敗した経験があるので謙虚

初婚同士だと、理想の結婚像を押し付け合ってしまう夫婦も結構います。

しかし、夫婦といえども他人同士だったわけですから、互いの理想が完全に一致していることの方が少ないです。

こうしたぶつかり合いを経験した結果の離婚であれば、離れてみてからの反省期間で謙虚さの重要性を理解していることでしょう。

相手が苦手なことは自分がやればいい、なんでも理想通りにはいかないという現実を知っているかどうかは、未婚の人よりも期待できる部分です。

この部分をメリットだと理解してもらうためには、出会いからお付き合いの各段階で時間をかけ、よく話をするようにしましょう。

ガツガツしていない

結婚していた期間にはよるものの、平均的に離婚経験があれば年齢が上がっているはずです。

若い頃のように異性に対するガツガツさも減り、異性としてだけでなく将来のパートナーという視点で相手を見れるようにもなっているでしょう。

男女を超えた付き合いに発展しやすいはずです。

また、仕事などもある程度ポジションが落ち着いてくる年齢とも被っているため、プライベートに向き合う時間も確保しやすくなっています。

再婚に向けての時間で自分に向き合うこともできますから、異性に対して嫌悪感を与える振る舞いも自重できている人がバツイチには多いです。

真逆の人も稀にいる

離婚に対して反省がこれっぽっちもない人は、異性との遊びにガツガツし、一生独りで楽しいところだけを頂いて生きていくぞという謎の決意をしてしまうことも稀にあります。

こうした人は再婚相手としては論外です。

生涯の愛を誓ったはずの人と別れてしまったことを反省している人であれば、自然とガツガツさはおさまっているはずなので、再婚できる人とできない人の分岐点ともいえるでしょう。

異性に対する幻想がない

世の中には「女は体毛が生えない」と思っているトンデモ男や「男はみんな力持ち」と思っているトンデモ女がいるそうです。

あとは、好きな人の前では絶対にオナラをしないだとか、鼻をほじらないだとか…そんなのは付き合っている内は頑張れても、一緒に暮らしたら無理でしょう。

一度結婚したことがある人は、これらの幻想を嫌でも破壊されているはずなので、わけのわからないクレームをつけることがありません。

また、「女性は料理ができるはず」「男性は出世に向けて頑張る」などといった、男女差別の意識も一度結婚していればなくなっています。

男女よりも個性の違いがあることを重々知っているはずだからです。

これは、やたらと気負ってしまいがちな相手にとってはメリットです。

最初は恋愛の相手として気を遣うことは多くても、家族としての安心感が得やすいと思ってもらえるでしょう。

結婚式までの段取りを任せられる

双方が初婚だと結婚式までの苦労で一悶着起こすケースも少なくありません。

初めてのことばかりな上に段取りも多く、お金の問題もあるため揉めやすいのです。

その点、結婚したことがある人は既に経験済みですから、どんなことがトラブルになりやすいかがよくわかっています。

そして、再婚の場合はあまり大きな結婚式を開きたくないという気持ちもあるでしょうから、その希望が合致する相手とはスムーズに話し合いができるでしょう。

再婚をして幸せになろう!

再婚するにしても独身を貫くにしても、幸せになれるかどうかは正直なところ、己の努力次第です。

一度結婚したなら分かっているはずですが「相手が幸せにしてくれる」なんて期待をしてはいけません。

相手に見返りを求めてしまう、心から大切に思うことができない内は再婚すべきではありません。

自分の現状を見極め、反省するところは反省し、再婚することで双方に幸せが生まれると思えたときこそ、時期が来たということです。

再婚して幸せになりたいのであれば、幸せにしてあげたい相手に出会うことが重要です。

相手のために見返りを求めずに尽くし、お互いを支え合える関係になれるかどうかで再婚の可否を判断しましょう。