デートの時だからこそ失敗したくないですよね。

でも、緊張しすぎてうまくいかないなんてこともよくあります。

では、デートでの失敗例とはどのようなものなのでしょうか?一つ一つ見ていきましょう。

デートって緊張しすぎて空回りしてしまうことありますよね…

デートでイメージダウンしてしまった時も、決してイメージダウンをさせることを狙っているわけではないケースが多いでしょう。

例えば、別れたいけどうまく切り出すことができないケースであれば、わざとイメージダウンをさせるようなことをすることもあるにはあります。

だけど大抵の場合は、うまくいきたいと願っていてそれが空回りしてしまうこともあるのではないかと思われます。

もし、緊張してしまってうまくいかないことが多いのでしたら、何々をしてはいけないと思うような感じではなく、何々をしようとプラスに思うようにすることが大事なのだそうです。

何々してはいけない、「何々」のほうに意識が向いてしまい、失敗したくないところで失敗してしまうことがあると言われているからなのだそうです。

ただ、イメージダウンしてしまうようなことを知っておき、それとは逆のことを念じればうまくいくかもしれませんね。

では、イメージダウンしてしまう程度の行動について見ていきましょう。

イメージダウンしてしまうデートでの行動って!?

では、これをやるとイメージダウンしてしまうようなデート方法えとでの行動について見ていきましょう。

遅刻してくる


やはり、特に日本人は時間に関して厳しいところがあります。

ですので、遅刻をしてくることでイメージダウンしてしまうことはよくあることです。

もちろんやむを得ない事情で遅刻してしまうと言うこともあるかもしれません。

例えば、出かける前にお腹が痛くなることもあるでしょう。

最近は携帯電話も普及していますので、そのような場合でもすぐに連絡がつくようになっています。

ですので、遅れそうな時は必ず連絡するようにしましょう。

事情が分かればたとえ同じ時間待たされたとしても気持ちは違ってくるところがあります。

ですので、仮に遅れそうな事情がある場合は事前に連絡をすることが大切です。

でもそれがなくただ遅刻をしてくると言うことになると、非常にルーズな印象を抱かれてネガティブなイメージをもたれるようになります。

ですので、時間を厳守するようにしましょう。

歩くスピードを合わせない

緊張のあまりに、歩くペースが早すぎる事はありませんか?

そのような場合は、共感性がないように見られるところがありますので、ちゃんと横に彼氏がいるか確認をしっかりとしましょう。

もし遅れてついてくると言うことであれば、ひょっとしたら歩くペースが早いのかもしれません。

確かに、自分勝手なペースでずっと続き進み続けるのは良くないのかもしれないけれど、気がついた時点で「ごめん。」と謝って歩くペースを合わせたらそこまで悪い心情が抱かれないと思います。

ですので、仮に自分の歩くペースが早かったと気づいた時点でもうだめだと思う必要はありません。

きちんと反省をして、相手のペースに合わせるようにしたら、相手の方もそこまで悪い気はしないでしょう。

食べ方が汚い


食事と言うと、人間の生活に根ざしていますので食べ方が汚いとなると相性が合わないと言われています。

食べ方で嫌だと思ったら、今後恋人としてとか夫婦として生活していくのに合わないと思って間違いないです。

大抵の場合は、食べ方が嫌だと感じるようになると、共に過ごすのは苦痛になってくるケースが多いです。

ボロボロこぼす

このポロポロこぼす原因ですが、たいがいは箸をうまく使えていないことが原因です。

最近は動画などでもありますので、箸の正しい使い方を学ぶようにしましょう。

その上で、小皿があるのでしたらこちらを使うなどの対処すると良いでしょう。

小皿がないところで手皿を使うと言うこともあるようですが、それはあまり上品ではないとされているのでやめておきましょう。

ではどうしたら良いのかと言うと、紙ナプキン、おしぼり、ティッシュ等で対処するというのも良いのだそうです。

もし、このように食べ方に自信がないと言うことであれば、マナー教室に行くというのも手です。

くちゃくちゃ食べる

基本的に口を開けてくちゃくちゃ食べると言うのはあまり上品とは言い難い行為です。

これが嫌だと言う人が多いですね。

そのようにくちゃくちゃ食べてしまっている場合、ひょっとしたら口呼吸をしている事はありませんか?
もし、鼻呼吸がうまくいかないと言うことであれば、耳鼻科などで適切な治療を受けましょう。

そして、基本的に食べる時は口を閉じて食べるということを重視するようにしましょう。

そして話す時も、基本的に手で口を隠して話すことが大切です。

具体的なお手本としては、大食で非常に有名なギャル曽根さんがいますよね。

このギャル曽根さんのやり方がすごく食べ方が綺麗で上品だと言われています。

ですので、食べる際に彼女の真似をしてみると良いでしょう。

店員にキレる

店員さんに失礼な態度とられて怒ってしまうということもあるかもしれません。

ですが、ささいなミス等で切れることがあると、その人に対して恐怖心を抱くようになります。

ですので、なるべく店員さんにも丁寧な態度で接するようにしましょう。

なぜそのようなところで幻滅をされてしまうのかと言うと、店員さんは基本的にお客さんに対して反論ができにくい立場です。

ですので、そこで少し上下関係ができてしまうところがあるのです。

海外だと、店員であっても客であっても対等であることが多いのですが、日本はお客様神様と言うような精神が奨励されていることから、そのようになってしまうところがあります。

ですので、反論ができない立場の人に強く出ると言うと、モラハラ気質を疑われることがあります。

ですので、今は自分に優しくても、将来結婚して立場が対等になるか少々立場が弱くなったときに強く出るようになってしまうのではと疑われてしまうところがあるのです。

ですので、そのように基本的にお客さんに反論ができにくい立場の店員の方であっても、丁寧に対応することで良い印象を抱いてもらうことができます。

行く場所が決まっていなくてテンパる

こちらは、デート初心者の方であるがよくあることかもしれません。

基本的に行くところはしっかりとリサーチしましょう。

これは事前に対処できることなので、ぜひともがんばってください。

とは言っても、案外そのように行き先が決まっていなくなんとなく行ってみるのも楽しくていいかもしれませんね。

とにかく、しっかりとリサーチをした上で、それでもうまくいかなかったら、行く場所が決まっていない状態であえてぶらぶらするなどで対処して、テンパることがないようにしましょう。

やはり、焦りというのは人を不安にさせます。

ですので、その焦りで人を不安にさせないようにするということも大切です。

全然笑わない

緊張してしまうと、なかなか笑いも不自然になってしまうかもしれません。

ですが、極力デートですので楽しそうにすることも重要です。

そんなに爆笑する必要はありません。

にっこりと微笑むだけでもだいぶ違います。

話の内容にもよりますので笑ってばかりいられないかもしれないですが、もし楽しそうな話題と言う時はにっこりと微笑んだり楽しそうに笑顔を向けることも重要です。

やはり、人間は言葉だけではなく、表情などから色々と感情読み取るところがあります。

ですので、楽しいという感情を読み取ってもらうためにも、楽しそうにするということも重要です。

楽しくなさそう

緊張してなかなか笑顔が出ないこともあるかもしれないですが、そうしないとなんだか楽しくなさそうに見えるということもあります。

とはいっても、なかなか幼少の時から心では楽しんでいるのであまり楽しくなさそうにする人も少なからずいるかもしれません。

なかなか感情が表に出ない人もいるでしょう。

いろいろと調べてみると、すごく内面では楽しいと思っているのに、反応が薄く周りの人から「楽しい?」と聞かれることもあるという人もいました。

そのような人は、あえてオーバーリアクションを心がけけているのだそうです。

そうすると、やっと他の人の普通に楽しそうにする様子に近づくと言うのです。

このように、感情がうまくいってない人もいるようですね。

もし皆さんもそのようなタイプで、周囲から「楽しい?」と聞かれるようであればもしかしたら表情が乏しいタイプなのかもしれません。

そのような時は、オーバーリアクションをするぐらいのつもりで反応すると良いでしょう。

スマホばかりいじっている

スマホばかりをいじっていると、楽しくなさそうに見えてしまうところがあります。

ですので、出先では着信があったり、急ぎのメールが来るような時のみにして、基本的にスマホが取り出せない位の気持ちでいることが重要です。

後は地図を調べるとか、ナビにする時に活用するのみとし、そのデータに必要がないことには一切スマホを使わないようにしましょう。

あとよくありがちなのが、Instagramをやっている方は何かにつけ写真を撮ったり投稿したりいうのがあるのかもしれません。

同じようにInstagramが好きな人と私であれば、お互いに同じことをやって盛り上がれるのかもしれないけれど、相手の方がそのようなものを基本的に興味を示していない時はできるだけ差し控えたほうが良いでしょう。

スマホはいつでも出れますが、このようにデートの時間と言うのはその時にしか取れないものです。

ですので恋人と会う時間を精一杯楽しむという気持ちを持ち、スマホは封印しましょう。

デートがグダって不機嫌になる

やはり、デートは常にうまくいくとは限りません。

ときにはグダってしまうこともあるかもしれないです。

ですが、そのようなことがあっても不機嫌になる態度はいただけません。

もしそのような状態になってしまったときに、うまくいかないことを楽しむ位の気持ちでいることが大切です。

やはり、デートは楽しんでこそです。

ですので、仮に少々失敗したからといって腹を立てることなく、むしろそれを楽しんだりする位の気持ちでいたほうがずっと前向きでしょう。

奢ってもらえて当たり前の態度

最近は色々と男女平等になってきているので、割り勘にする人もいるかもしれませんが、まだまだ男性が奢るような場面もあることでしょう。

ですが、女性の方にも基本的に財布を出す素振りぐらいはして欲しいものです。

ですので、デートの時に財布を一切持ってこないのは論外です。

そして財布を持ってきていても、せめておごってもらったときに「ありがとう。」と本当に感謝するような言葉をかけてほしいと思います。

そのようなちょっとした感謝の気持ちだけで男は報われます。

一方的にずっと喋り続けている

こちらは特に女性にありがちですが、緊張してずっとしゃべり続けてしまう事はありませんか?

なんだか会話が途切れると良くないような気がして脅迫されたようにして話してしまうこともあるかもしれません。

確かに、沈黙があるといけないと思いつつしゃべるとそのようになってしまうかもしれませんが、やはり一方的にずっとしゃべり続けているのも好ましい状況ではないのは確かです。

理想は、会話のキャッチボールができているかどうかと言うところにあります。

ただ、こちらは無口な人と喋り続ける人と言う組み合わせになっていたとしたら、それはそちらの方が心地が良いのかもしれません。

ただ、そのように話し続けるような状態になってしまったときにでも、質問をしたりして、相手の方も答えられるようにすることで、会話のキャッチボールにしていくことができます。

ですので、分かりしゃべり続けてしまうのであれば、時折質問して答えてもらうようにすると良いでしょう。

そして、基本的に沈黙っていうのは全くない状態にする必要ありません。

時々は沈黙があっても大丈夫ですので、強迫観念のように色々と話し続ける必要もないのです。

自慢話

話しすぎてしまうとついつい自慢話をしてしまうこともあるかもしれません。

確かに、人によっては自慢したいこともあるのかもしれませんが、それを聞かされる側が嫌な気持ちになります。

それはどんな年代でも同じ内容ですね。

うちの娘も、父親の職業について長々と自慢する同級生の話をうんざりして聞いたと言っています。

このように、自慢話は楽しい気持ちにはならないのです。

そして、さらにはその自慢話の後に相手を貶めるようなことを言うと嫌われてしまいます。

ですので、明らかな自慢話には気をつけましょう。

そして思いがけず、うっかり自慢するような感じになってしまうこともあるかもしれません。

そのようなこともありますので話す内容については、あらかじめ考えておく必要があります。

もし、そのような会話術に自信がないのであれば、いろいろな掲示板などを参考にし、他の人がどのように感じるのかというのを参考にしていくと良いでしょう。

そしてその中からふさわしい話題をピックアップするようにすることで会話が上手くなってきます。

悪口

また、悪口も嫌がられる話題の1つです。

ですので、デート中に人の悪口は基本的にやめておきましょう。

話を振られて愚痴を言う程度でしたら問題ありませんが、悪口ばかりをどんどんと話すとだんだんと嫌な気持ちになってくるものです。

ですので、悪口はほどほどにしましょう。

むしろ、デートの時は悪口の話は無いようにする位が望ましいです。

やはり、そのような話ばかりをしていると、自分のいないところで自分のことを色々と言われているのではないかと不審に思われるところがあります。

そうすると、心を開くことができなくなり、信頼することもできなくなります。

ですので、悪口はやめておくのが1番良い方法です。

お酒を飲み過ぎて吐く

こちらはお酒好きの方にはよくあるのかもしれないですが、吐くまで飲みすぎるのはよくありません。

こちらは男女関係なく、飲めるお酒の量を正しく把握することも大切です。

そこまでお酒を飲みすぎると、自己管理がうまくできない人と言うイメージがついてもあります。

確かにストレスでついつい飲み過ぎてしまうこともあるのかもしれませんし、ときには体調があまりよくなく、普段大丈夫だった量で具合が悪くなってしまうこともあるのかもしれません。

ですが、基本的にそのような失敗をしないようにすることがスマートな大人です。

確かに、吐く姿が好きな人はいませんが、嘔吐恐怖症な人も一定数います。

そのような人はそれを見ることで強い恐怖心を抱くことがあると言われています。

ですので、それが理由で振られてしまうという可能性もあります。

ですので、デートの時は飲み過ぎないようにしましょう。

酔いは結構後になってくるものです。

ですので、初めに急ピッチで飲みすぎないように気をつけ、食事をしながら少しずつ飲むことも大切です。

帰りたがっているのに終電まで帰らせない

帰りたがっているのは明らかなのに、終電まで帰らせないような強引なやり方も嫌がられる要因の1つです。

やはり、学生であればまだしも、社会人であればまた朝に会社に出勤していかなければいけません。

そんな時に、ペースを崩すほどに無理につき合わせるとだんだんとその人のことを負担に感じるようになってしまうものです。

ですので、必ずその人の負担のない時間帯にデートが収まるようにしてあげることも大切です。

そうすることで、また会うのを楽しみにしてくれるようになります。

そのように帰りたがっているのに帰らせないようなことがあるとことがだんだんと負担になっていき、距離が開いていく可能性が高いです。

デートが終わっても「ありがとう」もない

もちろん、デートは対等な立場で楽しむと言うことから、一方的にしてもらってばかりであったり、してばかりというわけではないとは思われますが、やはりデートが終わった後に「ありがとう」と言う一言があるだけでもだいぶ違います。

このお礼の意味は「楽しい時間を一緒に過ごせた」と言う意味合いのありがとうですので、本心からこの感謝の気持ちを伝える事も非常に重要です。

このような一言があるかないかと言うだけでだいぶ心情が違うところがあります。

ですので、デートが終わったら楽しい時間を一緒に過ごせた感謝の気持ちを相手の方に伝えるようにしましょう。

これは言っちゃだめ!デートでの発言5選!

言葉は基本的に口に出したらもう止めることができません。

確かに、政界でも失言があったら発言を撤回してお詫びをすると言うような場面もあります。

ですが映像も残りますし、この大臣は後に発言を撤回したけれど、このような発言をしたと言う記録はずっと残ります。

もちろんわれわれは一般人ですので映像も残りませんし、このような記録が残ると言うわけではありません。

ですが言われた相手がずっと記憶として残るところがあるでしょう。

ですので、言ってはダメな発言をしっかりと頭に刻み、このような発言がないように気を付けていきましょう。

「ここ元彼と来たことある!」

確かに、来たことがあるということが地元にずっと住んでいるとあるかもしれません。

ですが、基本的に元カレの話は出さないようにしましょう。

男が繊細ですので、仮に男が軽く「ここ、元彼と来たことあるの?」と聞いても、回答は濁しておきましょう。

話を振っておきながら傷つく男もいるのです。

それは少々めんどくさいところがありますが、基本的に聞かれてもいないのに元カレの情報は出さないようにしましょう。

後は、彼が調べて選んだところだとしたら、来たことがあるという発言はできるだけ慎んだほうがいいかもしれません。

ただ例外としては、小さい頃に家族と来ていてだいぶ仕様が変わったと言うことであれば話何のネタとしてはアリかもしれません。

以前家族でディズニーランドに行きましたが、昔は著者の妻も幼少期に東京付近に住んでおり、ディズニーランドにはよく行ったのだそうです。

その時に子供の時にいったことがあるアトラクションを案内してくれました。

妻は幼少期に来た時は人形がすごく不気味だったと言っていましたが、二人の子どもと来た時は既に新しく人形がリニューアルされて可愛くなっていた事を話をしてくれました。

こういうことであれば、むしろ話のネタになりますので、小さい頃に行ったけれど大分様子が変わっているという時であれば例外かもしれませんね。

「そういう服着るんだね。意外!」

確かに着ている服について触れることもあるかもしれません。

ですが基本的に、似合っているという事のみを言うようにしましょう。

似合わないよとかはあまり言わない方が良いでしょう。

上記のような言葉だけでは、なんだか貶されているように感じられてしまうかもしれないけれど、この後に「似合ってるよ。

今後もこのような服を着てみたら?」と言うと感じ方は大分違うかもしれません。

ただ、1番安全な方法としては、「そういう服を着るんだね。意外!」と言うところは排除し、「似合ってるね。」と言ってあげるだけいいのかもしれませんね。

「もう何もすることないから帰る?」

デートにおいて、何もすることがないというのは禁句です。

確かに、やることがなくなってしまったなんてケースもあるかもしれません。

でも、デートは一緒に過ごすことに意義がありますので、何かをすることを目的にだけでも寂しいものです。

それに「帰る?」と聞くのは良くありません。

むしろ、デートで何をするか考えるのも楽しみの1つです。

ですので、決してこのような発言をしないようにしましょう。

「食べるの遅いね」

食べるのがゆっくりな人は、咀嚼の回数が多いなどの特徴があります。

ですので、そちらの方が健康にも良いですし、食事を楽しんでいると言う意味では非常に良いことです。

それに対し食べるのが早い人もいますよね。

夫婦はどちらも食べるのが早いタイプですので、非常にペースは合います。

食べるのが遅いのは決して悪いことではありません。

その時に食べるのが遅いことを指摘するのは良くありません。

基本的に食べるのを楽しんでゆっくりと食事を楽しんでいると考えた方が良いです。

むしろ、この時間に色々と会話をして親睦を深めていきましょう。

「この料理美味しくないなあ」

確かに、色々と外食をしていれば時に外れのところをひいてしまうこともあります。

ですが、食事がおいしくないことを具体的に指摘するのは良くありません。

このように感じるのは自由ですが、それをわざわざ話したり指摘をする必要がないのです。

もし、次の食事の時にここにはないところが良いと言う程度であれば良いです。

美味しくないことを指摘するのは、あまり良いことでは無いのでやめておきましょう。

特にその恋人がチョイスしたところだと、ますますそのような文句を言うのは良くないのでそれを頭に留めておきましょう。

好印象を持たれるデートのポイント教えます!

では、デートの時にどのようにしたら好印象持ってもらえるのでしょうか?

その方法について見ていきましょう。

清潔感を大事にする

基本的に男女問わず清潔感を大切にしましょう。

まず、どんなに人柄が良くても、匂いが嫌だと言うことになると嫌な印象に抱かれてしまいます。

人はいいのになぜか人が寄り付かない人にはそのようなケースが多いです。

ですので、ワキガがないか等の確認はもちろんのこと、口臭や汗の匂いなどにも気をつけましょう。

ただ、それを気にするがあまりに逆に洗剤をたくさん入れすぎたり香水をつけすぎることで、逆に臭いと感じられることがあります。

ですので、気をつけるのは良いのですが、意識しすぎて、そのような香水や洗剤を使いすぎないように気をつけましょう。

そして、服についてもシワや汚れについて気をつけていくことも大切です。

後は頭についてもフケが落ちていないかなど確認をするようにしましょう。

やはり清潔感は非常に問われるところがあります。

ですので、まず気をつけるべき点は清潔感であることを覚えておきましょう。

喋りすぎない

ついつい話過ぎてしまう人は、極力相手の人にも質問するようにしましょう。

そして、相手の会話も引き出すのです。

逆に、喋るのが苦手な人も聞き上手になり話を聞き引き出すことで、良い印象を抱いてもらうことができます。

ですので、沈黙を恐れる必要は全くないです。

ですので、相手の話を聞き出すということを重点的にすると、程良い会話ができるのではないかと思われます。

ですので、しゃべりすぎてしまう方は喋りすぎに気をつけ、無口な人もなるべく話をしたり相手の話を引き出すようにしましょう。

楽しそうにする

やはりデートを楽しむ場です。

ですので楽しくなさそうと言うと、あまりデートもしたくなくなります。

ですので、楽しそうにする事はある程度努力しましょう。

先ほども触れたように、楽しいのにもかかわらず表情に出にくい人もいるのかもしれませんね。

そのような人であれば、オーバーリアクションを心がけるようにすると良いでしょう。

少々不気味に思われてしまいそうと思うところもあるかもしれませんが、家にお一人の時、鏡の前で楽しそうにする練習をすることにより、それがうまくいくこともあります。

苦手な人は笑顔の練習や会話の練習なども一人でしている人も多いようです。

テーブルマナーを身に着けておく

食事も、やはりマナーがあってこそ楽しめるものです。

ですので、テーブルマナーを身に付けておくようにしましょう。

テーブルマナーはいろいろな場面で使われますので、覚えておいて損はありません。

TPOに合わせた服装を着ていく

やはり、身だしなみと言う言葉もあるように、その場でふさわしい格好するということも大切です。

デートだと冠婚葬祭の家の厳しさがありませんが、やはりある程度合った服装することが大切です。

例えばアウトドアに行くにもかかわらず、ワンピースで来るのはふさわしくありませんね。

このようにTPOに合わせた服装も非常に重要です。

待ち合わせ時間には遅れない

また、待ち合わせの時間に遅れないように気を配ることも忘れないようにしましょう。

ただどうしても事情により遅れてしまうと言う事は誰しもあります。

余裕を持って出たけれど渋滞したなんてこともありますよね。

そんな時は、遅れそうな時点で早めに連絡をし、誠心誠意謝罪することで相手の方も連絡なしに同じ時間待たされると言うシチュエーションであっても、心情は全く違います。

ですので、極力時間に遅れないようにし、間に合いそうにない時は連絡して安心させてあげましょう。

お礼の連絡を必ずする

やはり、デートのお礼の連絡をすると非常に丁寧な印象抱かれイメージが持たれます。

ですので、デートが終わった後、きちんとお礼の連絡をするようにしましょう。

細かいところまで相手はチェックしている!発言や行動には気を付けよう!

意外と、見ていないようで皆細かいところチェックしています。

ですので、デートの際の発言や行動にしっかりと注意をしましょう。