髪は女の命と言われていますが、ヘアケアで髪の質を維持していれば良いと言うわけではないのが女性のヘアスタイルです。

現代では、色々な女性のヘアカットがあることが分かっていますよね。

ロングヘアにすることもできますが、モダンでスタイリッシュなショートカットにすることもできます。

ミディアムヘアで色々な楽しみ方をすることも可能ですよね。

それぞれに良いところがあり、髪型の選び方にはアイデンティティのようなものが見えるはずです。

自分を変えたいときにはヘアスタイルを変えれば良いですし、自分を主張するためにも、髪型にはこだわるという女性も多いでしょう。

そんなヘアスタイルは色々変えることができるのが良い一方で、あまりにも種類が多くて決められないと考えてしまう人もいます。

美容に興味があって、ヘアスタイルを考えるのが好きだという人でもなければ、美容室に行く前に雑誌を見てどうすれば良いのかと途方に暮れる人も少なくはないでしょう。

ですが、そんなシチュエーションも、それぞれの髪型の長所や欠点を分かっていれば問題ありません。

また、髪型の選択のコツについて知っていれば、選ぶときに困ることはなくなるのではないでしょうか。

レディースの髪型を楽しみながら選ぶことができるよう、ここでは、たくさんの髪型の特徴についてご紹介します。

レディース髪型に迷ったら必見!オススメのヘアカタログ

女性にとっては髪は大事と言われていますが、もちろん、その髪型も重要なポイントの一つとなります。

そして、大切なのはその選び方でしょう。

女性の髪型は男性のそれと比べると、かなり種類が多くなってしまいます。

男性はロングヘアにすることが少ないですから、女性に比べると選択肢は少なく、自分に似合うものを見つけるのも難しくはありません。

ですが、女性の場合には選択肢がとにかくたくさんありますし、流行によって髪型が大きく変わるというところも見極めなければいけません。

自分の年齢や髪型の流行、そして、自分の顔立ちに合ったものと考えると、結局いつも同じ髪型になってしまうという人もいるかもしれませんね。

ですが、せっかくいろいろなヘアスタイルがあるのですから、自分に合っている素敵なものを見つけたいですよね。

ここでは、女性の魅力を何倍にもアップさせてくれるような髪型をいくつかご紹介します。

おすすめの髪型の中から、自分の輪郭や顔立ちに似合っていて、美人度を上げてくれそうなものを選んでみてくださいね。

レディース髪型を選ぶポイント


女性の髪型にはたくさんの種類がありますから、細かい髪型の違いから見て行くと、いつまでも自分に合ったものを見つけることはできませんよね。

また、中には奇抜過ぎて自分にはとても似合わないというものもあるのではないでしょうか。

もちろん、髪型を選ぶときには、自分の個性に合ったものを選ぶことが一番です。

ですが、一般的に、「これはアウト」「これは考えた方が良い」というポイントがあるのです。

ここでは、自分に似合う髪型を見つけるいくつかのポイントについて見てみることにしましょう。

自分に合う髪型を見つけるコツさえ分かってしまえば、大失敗してしまうということはなくなるはずですよ。

トップにボリュームを出す

レディースの髪型を選ぶポイントの一つ目は、トップにボリュームを出せるようにするということですね。

もちろん出しすぎでも流行おくれにはなってしまいますが、トップがペタッとしていると、それだけで何となく貧相な髪型に見えてしまうのです。

盛りすぎもおかしいですが、それなりに頭のてっぺんの部分にはボリュームを出せる方が、頭の形が出綺麗に見えてくれるでしょう。

これはもちろん、頭の形にも関係があります。

元々、丸い頭の形をしている人は、ボリューム派手すぎない方が良いはずです。

髪が薄く見えない程度のボリュームくらいでちょうど良く見えますよ。

ですが、頭のてっぺんの部分が平たくなっているような人の場合には、少しボリュームを出してあげた方が貧相にならなくて良いのではないでしょうか。

また、髪が薄く見えてしまうという危険性もなくなります。

髪をまとめたときにも綺麗に見えますから、トップ部分をふんわりさせやすいような髪型を選ぶと良いはずです。

自分のブローでも、きちんとボリュームが出るようなものを選べば、美容室から帰ってきてもその髪型を維持することができますね。

若すぎない

レディースの髪型を選ぶときには、若すぎないということも大切な要素の一つとなります。

極端なツインテールでもなければ髪型に年齢は関係ないと考える人もいるかもしれませんが、実は髪型にも年齢が出るのです。

例えば若い女性の間で流行っているゆるふわパーマなどは、かなり年齢を選ぶでしょう。

ある程度以上の年齢の女性がその髪型をしていると、若作りと言われてしまってもおかしくはないのです。

また、逆に、壮年の女性がするような髪型をしていると、若い女性でも老けていると言われてしまいますね。

自分の年齢にぴったりと合った髪型をするということは大事ですし、それによって、「痛くない美しさ」を狙うことができます。

アンチエイジングを考えて若すぎる髪型を選ぶのはやめた方が良いでしょう。

それよりは、自分の年齢相応の髪型を選んで、その中でも若く見えるようなかっとにしてもらう、美しく見えるようなアレンジを考えるなどの方が、自然な美しさを演出することができるはずですよ。

アレンジはほどほどに

レディースの髪型を考えるときには、アレンジはほどほどにということも考えなければいけません。

もちろん、若い女性がデートの時に華やかに髪をまとめるのなら良いかもしれませんが、普段の髪型で毎日アレンジをすると言うのは大変ですし、派手になりすぎてしまう問題もあります。

できれば、何もしない状態で美しくある方が、アレンジをできないときにも綺麗なままでいることができますよ。

ヘアアレンジを毎日のようにしていると、ヘアケアが面倒になってしまうという欠点もあります。

ヘアアレンジはほどほどに、自分に合ったものを見つけつつ、過度なアレンジがなくても綺麗なヘアスタイルを保つことができるような髪型にすると言う方が賢いのではないでしょうか。

最も、髪質が強く、毎日ヘアアレンジをしても苦ではないくらいに髪をアレンジすることが好きなのであれば、アレンジを前提にした髪型をしていても良いでしょう。

パーマで気品を出す

品の良い髪型をしたい時には、パーマをかけるというのも良いかもしれません。

自分の手で巻いても良いのですが、自分の手で巻くような髪型の場合には、きつく巻きすぎてしまうということもあるでしょう。

自分に似合う巻き方、上品に見える巻き方を見つけるのには時間がかかりますし、何より、毎日同じ出来上がりになるわけではありません。

最初からそれらの不安なく綺麗な髪型にするためには、パーマを使った方が良いかもしれません。

若い女性なら、その時によって雰囲気を変えることができるヘアアイロンも良いかもしれませんが、年齢相応の髪型をと考えるのであれば、パーマに頼ってみるのも良いかもしれませんね。

確実にセットは楽になりますし、

毛先に動きを出す

毛先に動きを出すというのも、レディースの髪型の中では大切なことの一つかもしれませんね。

女性の髪型であるのなら、軽やかな方が綺麗に見えるものです。

女性は髪が長い人が多いので、重そうな髪をしていると陰鬱として見えてしまいます。

どちらかと言うと動きがあって軽やかな方が、女性らしいフェミニンな雰囲気となるでしょう。

全体として空気を含ませて軽やかな印象にするのも悪くはありませんが、毛先を遊ばせることで、溌溂とした印象にすることもできます。

毛先を遊ばせる程度によっては子供っぽくなってしまう可能性もありますが、下限をうまく調整すれば、若々しい印象の髪型にすることもできるはずですよ。

カラーは明るめに

最近では、髪の毛を染めるのはそう珍しくもなくなりました。

レディースの髪型に悩んでいるのであれば、カラーを考えることも大切ですね。

もし、軽やかな印象の髪型にしたいのであれば、カラーは明るめにした方が良いでしょう。

と言っても、いきなり金髪にすると言うわけではありません。

ただ、黒髪よりは少し明るめの色にした方が、顔周りが明るくなるのです。

黒髪ももちろんきれいではありますが、手入れが大変であるという欠点もあります。

また、全体として重い印象になってしまうことも黒髪の欠点と言えるでしょう。

髪を染めてみたいと思っているときには、カラーは思い切って明るめにしてみると良いのではないでしょうか。

ブリーチなどまでする必要はありませんが、顔色が明るく見えるような色であれば、女性らしい雰囲気も十分に出してくれるでしょう。

必見!おすすめのレディース髪型!

女性の髪型には色々な種類がありますから、どれが本当に自分に合っているのかというのは決めるのが難しいですよね。

そもそもロングにしようかミディアムにしようか、思い切ってショートにしようかというところから決まっていない方もいるかもしれません。

それが決まっても、今度は細かい部分について決めなければいけないのは次第に面倒になって行ってしまうのではないでしょうか。

それならば、やはり、それぞれの髪型の良いところや欠点については知っておきたいですよね。

また、その髪型にしたときの全体の印象、セットの方法などを知っておくということも大切なのではないでしょうか。

ここでは、おすすめのレディースの髪型について見てみることにしましょう。

女性の魅力をアップしてくれるものばかりなので、どんな印象になるのか想像しながら見ると楽しいですよ。

ショートヘア


ショートヘアは女性にとっては勇気のいる髪型ですよね。

伸ばしていた髪を切るのには勇気が要りますし、本当に自分に似合うのかというのは、斬ってみてからでなければ分からないというところにも怖さがあります。

ですが、ショートヘアはセットをするのも楽ですし、意外と男性からも人気の高い髪型ですよ。

大人の女性だからこそ、ショートヘアで色気を出すこともできます。

人気のショートヘアのアレンジについて考えてみることにしましょう。

ナチュラルショートヘア

ナチュラルショートヘアは、前髪を流し、少し空気を含ませて自然な優しさを出したショートヘアのことです。

ショートヘアのセットはロングの場合と比べると楽ですが、上手にしなければ、髪が広がって変なボリュームが出てしまうか、もしくはぺたんこになってしまうという危険性があります。

ちょうど良いくらいに空気を含ませて、全体を軽く流してあげましょう。

そうすることで、大人の余裕の出たフェミニンなショートヘアにすることができます。

エレガントショート

エレガントショートは、その名の通り、エレガントな印象に見えるショートヘアのことです。

少し長めの前髪を流し、髪全体を跳ねさせることなく自然に流してあげてください。

過剰に巻いてしまったり、空気を含ませるのではなく、あくまでまっすぐな髪を流してあげるという印象です。

ナチュラルショートヘアよりも髪に含ませる空気感や巻きは少なくする印象ですね。

そうすることで、ショートヘアの元気なイメージを取り、エレガントさを出すことができるのです。

キュートショートヘア

キュートショートヘアは、その名の通り、可愛い印象のショートヘアのことです。

元々、ショートヘアは少し幼く見えるものですが、その通りに、可愛らしさを前面に出した髪にしても良いのかもしれません。

長めの前髪に、少しだけ髪型にウェーブをつけるなどして、表情を出してあげましょう。

併せてメイクもピンク系にするなどの工夫をすれば、ショートヘアの可愛らしさを前面に出すことができるはずです。

ボブヘア

モードな印象にすることができるボブヘアは大人女性には人気の髪型ですよね。

ただし、ボブヘアは一つ間違えると、おかっぱのように見えるという問題点も抱えています。

ただきり揃えるだけがボブと言うわけではありませんので、自分に合いそうな雰囲気のボブを見つけることが大切です。

また、ボブヘアをする場合には、メイクを工夫して全体の雰囲気を洗練されたものにするということも大切かもしれません。

柔らかボブ

柔らかボブは、女性らしい柔らかな印象を残すことができるボブヘアです。

ボブヘアと言うと、切りそろえた硬派な印象を覚える髪型かもしれませんが、柔らかく髪を巻いて空気を含ませることで、ふんわりした印象に変えることもできるのです。

カットの際に斜めにしてもらったり、髪を梳くことで柔らかなものにできるでしょう。

また、髪色を明るくすることで、全体的に抱く印象が変わるかもしれません。

黒髪のボブがスタイリッシュになりすぎるという方は、髪質と相談しつつも、軽めのヘアスタイルにして、少し明るめの茶色にしてみると良いでしょう。

軽やかマッシュボブ

ボブヘアは比較的重めの印象がある髪型ですが、軽やかマッシュボブなら、その心配はありません。

軽やかマッシュボブは、顔に沿わせるように髪を流し、毛先だけを遊ばせるヘアスタイルです。

全体にボリュームがないため、それほど重くも見えませんし、モードに見える髪型だと言えるでしょう。

黒髪ショートボブ

黒髪ショートボブは、黒髪の方におすすめのボブスタイルです。

黒髪でボブというのは、おかっぱに見える可能性があって嫌かもしれません。

ですが、上手に空気を含ませてあげれば、おかっぱに見えることもなくモードに見えますよ。

前髪を少し流してあげることでも、おかっぱの危険性を減らすことができるでしょう。

メイクも少し濃くした方が、全体の雰囲気を整えることができます。

Aラインのショートボブ

Aラインのショートボブは、Aラインになるように少し重めの前髪を作ったボブスタイルのことです。

Aラインを作るため、髪自体にそれほどボリュームや巻きは必要としません。

どちらかと言うとまっすぐに下ろしているので、スタンダードなボブにも見えるでしょう。

ただし、それだけではおかっぱに見えてしまう可能性もありますので、毛先だけは少し巻いてあげてくださいね。

巻く方向は内巻きにすればフェミニンになりますし、外ハネにすると元気な印象になります。

ランダムに巻くのも豪華で良いかもしれません。

ミディアム

ミディアムヘアは女性らしいフェミニンな印象にすることができるという点で、とても人気のある髪型ですね。

ただし、軽やかにしすぎると幼く見えてしまう心配性もあるほか、髪質によっては癖が出やすいという問題点を抱えていることもあります。

大人の女性が違和感なく似合うミディアムヘアについて詳しく見てみることにしましょう。

エフォートレス・大人ミディアム

エフォートレス・大人ミディアムはナチュラルなセットをした髪型のことを言います。

最近では髪を巻くことが当たり前のようになっていますが、そこまで完璧なセットをするのではなく、肩ひじを張らない自然さを出すというのがエフォートレスとなります。

そう言った髪型の中でもミディアムヘアで行うのがエフォートレス・大人ミディアムということになりますね。

エフォートレス・大人ミディアムにするときに気を付けなければいけないのは、寝ぐせをつけたまま外に出てきたと思われないような魅力を出すことです。

これは慣れるまで加減が難しいかもしれません。

また、寝癖を直すためにストレートにするのはやめるということも大切でしょう。

自然に空気を含んでいるように、美容室では少し軽めのヘアにしてもらった方が良いかもしれませんね。

外ハネミディ

外ハネミディはその名の通り、髪先を外ハネにしたミディアムヘアのスタイルのことです。

だからと言ってぴょんぴょん飛び跳ねるようなミディアムスタイルは幼すぎますが、緩めの外ハネは健康的な印象になって良いですよ。

フェミニンすぎることなく、溌溂とした女性像を作ることができるというのが外ハネミディの魅力です。

外ハネミディは前髪の作り方でかなり印象が変わりますから、大人っぽい印象にしたいのであれば長めの前髪を流し、モードな印象にしたいのなら短めのぱっつんにするのも良いかもしれません。

自分が目指す女性像に合った前髪、セットにすることで、魅力的な印象を作ることができる髪型です。

外ハネにするのでセットが楽だというところも長所の一つですね。

ウェービーミディアム

ウェービーミディアムはミディアムヘアの全体にウェーブをかけたゴージャスな髪型のことを言います。

ランダムに巻いて癖を作ることで、出来上がった髪型を見ているようではなく、ナチュラルなウェーブに見せることができるでしょう。

ただしウェービーミディアムは、かなり自然体でラフに見える髪型です。

全体的に巻いているので豪華に見えることは間違いありませんが、だからと言って、フォーマルな場にふさわしい髪と言うわけではありません。

仕事場にして行くには向かない髪型かもしれません。

ですが、大人の女性のラフな美しさを見せることができるヘアスタイルではあるので、ぜひ休日などに挑戦してみてください。

ミディアムボブなどでも巻き方に依ってはウェービーミディアムをすることができるので、アイロンを使って全体のボリュームを出しすぎないように巻いてみると良いでしょう。

もし、ボリュームがつきすぎておかしいと感じたのなら、耳から下だけを巻くなどの工夫をするとしっくりくるのではないでしょうか。

ロングヘア

女性らしいロングヘアはやはり、どの年代でも憧れてしまう髪型ですよね。

一方で、難しいのは、ロングヘアだと年齢が簡単に分かってしまうということです。

お肌のアンチエイジングに励んでいる女性はたくさんいますが、実は神にも年齢が表れやすいもので、ロングヘアをしているときには、相当気をつけなければみっともなくなってしまいます。

レディースの髪型としては人気が高いですが、アレンジ方法ももちろんのことですし、ケアという面でも難しい髪型だと言えるかもしれませんね。

ある程度の年齢の女性のショートヘアが増えてくるのは、そう言った理由からです。

年配の女性であれば白髪のケアをすることも大変ですね。

ただ、ロングヘアはやはり、女性らしい素敵な髪型だと言えます。

若い女子大生のような時期を過ぎてしまったからと言って諦めなければいけないわけではありません。

自分に似合っていて、年相応のレディースのロングヘアについて見てみることにしましょう。

ナチュラルウェーブロング

ナチュラルウェーブロングは、レディースの髪型としては自然で美しものだと言えるのではないでしょうか。

ナチュラルとある通りに、無理に人工的にウェーブをつけているわけでも巻いているわけでもなく、自然に任せた緩やかなウェーブを描いているのがナチュラルウェーブロングです。

もちろん、ナチュラルとはいっても、ウェーブを綺麗に描いているわけですから、無造作になっているわけではありません。

この自然で緩やかなウェーブは、作り込んでいない美しさを出すという点で、年相応の髪型になるものだと言えるでしょう。

難しいのは、作り込みすぎているように見えてはいけず、だからと言ってパーマの取れかかった髪型に見えても行けないウェーブの出し方です。

元々の髪質もありますが、パーマをかけてもらうというのが一番楽かもしれません。

ある程度は髪の癖も重さで押さえることができると思いますので、癖毛に悩んでいる人にもおすすめの髪型ですよ。

Aラインセミロング

上品な髪型を狙っているのであれば、Aラインセミロングというのも良いかもしれません。

Aラインセミロングはその名の通り、前から見たときの印象がAの方になっている髪型を言います。

つまり、前髪をきちんと作り、垂らした毛先が少し広がってボリュームを持っているような髪型と言えば良いのでしょうか。

ストレートに下ろすのではなく、髪先を少し巻いたり跳ねさせたりすることで、Aラインセミロングを作ることができます。

この髪型を年相応の落ち着きのあるものにするポイントは二つです。

一つ目は、まず、毛先をあまり元気よく巻いたり跳ねたりさせないことです。

毛先に癖を持って来ると、若すぎる印象になってしまうのです。

これを避けるためには、控えめなアレンジにした方が良いでしょう。

もう一つのポイントは、前髪です。

これをシースルーなどにすると、幼い印象になって年相応とは離れてしまいますね。

だからと言ってオン眉はモードすぎますし、ぱっつんの前髪も大人っぽい雰囲気とはかけ離れてしまいます。

ちょうど良い重さを7:3分けるようなイメージで、前髪に個性を持ってくるようなことはしない方が無難に上品な髪型を作ることができるはずですよ。

上品な内巻きロング

品のあるロングヘアと言えば内巻きのロングということもあるでしょう。

内巻きのロングヘアは年齢に関わらず、誰でも上品で綺麗見えるというところが良いですね。

奇抜ではありませんが、流行に左右されるわけではありません。

これは意外と大事で、流行に左右されるわけではないということは、見ている方も同じ感覚で内巻きのロングを見るということです。

つまり、上品さを狙って内巻きのロングにしておけば、会う人も狙った通りに内巻きのロングを上品だと思ってくれるということなのです。

もちろん、内巻きの程度に関しては上品なレベルに保たなければいけません。

年齢相応のカールの具合を考えて、上品で素敵に見えるようなセットをできると良いのではないでしょうか。

ゆるめカールの上品ロング

ゆるめカールの上品ロングというのも良いですね。

緩めのカールというところが大事で、若い女性がしているようなきつい巻き方をすると、「若作りをして失敗してしまった人」のようになってしまいます。

緩めのカールをきちんと作っておくことで、誰でも失敗のないロングヘアにすることができるはずですよ。

ただし、女子大生のような無造作の内向きロングヘアにするのは難しいかもしれません。

あまりに広がりのある髪型は若く見えてしまうので、適度に緩めの巻き方をすると良いのではないでしょうか。

また、お嬢様のように完璧なカールを作るというのも問題があります。

完璧なカールを作ると、「上品すぎる」状態になってしまうのです。

絶対に崩れなさそうな髪のカールを作るのではなく、あくまでナチュラルな内巻きのロングヘアのすることで、上品な年相応の髪型にすることができるはずです。

動きのあるウルフロング

動きのあるウルフロングは、チャレンジングな髪型ではありますが、大人の女性でからこそできる格好良い髪型でもありますね。

全体としては上品な髪型になってしまいがちですが、ウルフロングであれば、格好良いさばさばした女性を演出することもできます。

ただし、ウルフロングはきちんと動きをつけるということが大切です。

無造作でありながら、きちんと上品に見える範囲に動きを見せなければいけません。

空気の含ませ方などは髪の癖によって異なってきますので、担当してくれている美容師さんと相談してみると良いでしょう。

ウルフロングの場合には髪の質感を考えることも大切です。

柔らかな髪の場合にはふんわり、無造作すぎる状態になってしまいますので注意してくださいね。

また、髪色は黒よりも少し明るめの方が、全体の印象が女性らしいものになります。

だからと言って明るすぎる髪型にすると、若作りをしている印象がついてしまいやすい髪型なので、慎重に吟味して自分にぴったりのシルエットを探してみてください。

レディース髪型はこれで決まり!(まとめ)

いかがでしたか?自分の顔に合う髪型を見つけることはできましたでしょうか。

女性は髪型で顔の印象や自分の雰囲気を変えることができて良いですよね。

髪は女の命と言われることもあるほどですし、自分にぴったりのヘアスタイルにしていれば、女性としての魅力もたっぷりになりますよ。

上で紹介した髪型以外にも、女性の魅力を出す者はたくさんあります。

人気の髪型を参考にしつつも、自分に合うものを見つけてみてください。

どうしても自分では合うものを見つけられそうにはないのであれば、彼氏や家族に相談してみるというのも良いかもしれませんね。

また、美容師さんはその道のプロですから、良い髪型を提案してくれるかもしれません。

良い髪型が決まったときには、自分の髪のヘアケアをすることも忘れないようにしてくださいね。

どんな素敵な髪型も髪が綺麗でなければ魅力が半減になってしまいます。

自分に合った髪型で、かつ綺麗な神であるということが重要なのです。

それさえきちんと守っていれば、ヘアスタイルが自分の魅力をさらに押し上げてくれるものとなるのではないでしょうか。