男性は下品な女性が大嫌い!

顔やスタイルがどんなに良くても、品のない女性はアウトです!

男性から敬遠されないような品を短期間で身につけるにはどうすればいいの?

その方法をお教えいたします!

「この人下品だな…」そんなこと思われたらモテません!

会話の最中やちょっとした振る舞いの中に、人間の品格というものを垣間見ることができます。

男女のコミュニケーション時は特に、相手の品の良さ、悪さが目立つというものです。

男性は女性に対してある程度標準的な品の良さというものを備えておいてもらいたいという願望があります。

ですから、その基準に満たない女性に対して「この人下品だな。。」と思う傾向にあります。

そう思われてしまうと恋愛対象としては避けられると思います。

品のない女性はモテないのです。

男性に下品だと思われてしまう女子の16個の行動って!?

「この人下品だな、、、」と男性に思わせる女子の行動というのがいくつかあります。

もし自分にも思い当たるものがあれば気をつけたほうがよいでしょう。

笑い声がでかい

男も女も笑い方というのは非常にその人の品格が顕著に表れます。

笑い方一つで非常に不快で品のない印象を与えてしまうものです。

女性の場合は声の大きさというものも品に関係があり、声が大きいほど下品な印象を与えます。

女性は基本、高い声ですから、その音量が大きいと不快に聞こえます。

また、大口をあけて口の中を見せるというのも女性にとってはNGな笑い方と言えるでしょう。

できるなら口をおさえるなどして控え目な笑い方をしてもらいたいものです。

女性の笑顔というのはとても大切ですが、それに伴って出てくる笑い声によって全てが台無しになってしまうことはよくあることです。

誰にでもため口

例えば会社の同僚数人と集まる機会があるとします。

そこに気になっている彼女もいて、皆との会話を聞いている時、誰に対してもため口で話しているのを見るとちょっと幻滅してしまいます。

自分より年上の人が混じっているとすれば単純に失礼ですし、誰にでもため口というと非常になれなれしく感じます。

もし自分の彼女が見知り合いのいろんな男性になれなれしくため口を聞くような人間だったらかなり心配だと思います。

特に男性と話す時には女性はある程度の距離感をちゃんと保ちながら、丁寧な言葉で会話してもらいたいものです。

誰にでもため口というのはNGです。

しかし最近の若い人たちは男女問わず敬語を使う概念がなくなってきているような感じがします。

会社の上司に対しても下手をするとため口のような感じで話している会社もあるようです。

フレンドリーな会社であろうとしているのかもしれませんが、それはちょっと違うのではないかと思います。

地べたに座る

近年、路上でも堂々と地べたに座る若者が非常に多くなっているというニュースを頻繁に目にするようになりました。

単純に品がない行動であると言えます。

特に女性がそのようなことをするのはちょっと考えものです。

そもそも日本人は地べたに座るという文化はありません。

もちろんそういった文化を持つ国もあります。

地べたに大勢で座って食事をする光景などを海外の取材などで見ることもあるからです。

しかし、日本人が地べたにベタっと座って雑談しているのなどを見ると非常に不快で下品に映ります。

そんな女性を彼女にしたいと思う男性は正直なところ、ほとんどいないのではないでしょうか。

日本の各都市の街並みを見ると世界の都市と比べてみても断トツに清潔でゴミ一つ落ちていないと称賛されることが多いですが、同時に地べたに座ってたむろするような人間も世界と比べて少ないというのがあると思います。

ですから日本も街中で地べたに座る人を見ると非常に不快で不潔な印象を受けます。

ポイ捨てをする

これは女性に限らず、人間としてのマナーの欠如です。

タバコやゴミのポイ捨てを平気でやっている人を時折見かけますが、本当にその人の品性を疑ってしまいます。

普通の人であればポイ捨てを躊躇したり、心が痛むものだと思いますが、何も考えずポイ捨てできる人は心がない人なのでしょう。

女性がポイ捨てを平気でするなど論外だと思います。

そんな女性を見たら百年の恋も覚めてしまうでしょう。

こういった行為は人が見ているからやめておこうとか、見ていないからやっても構わないだろうとか、そういったレベルのものではありません。

こうした行為をどう考えるかでその人の品格が問われるということです。

犯罪でなければ何をしてもいいというような考えを持っている人も実際います。

ポイ捨てをしようがマナー違反をしようがお構いなしというわけですが、これは自分の生き方を問われていると常に考えるべきです。

こんな品のない行為を隠れてやっていると、ふとした時に品のなさを人に晒してしまうことになるでしょう。

口の中に食べ物が入ったまま喋る

食事の時はその人の品の良さが一番分かる瞬間でもあります。

箸やスプーン、フォークの持ち方や座り方など、食べる時の最低限のマナーというものがあります。

ひざを立てて食事をしてみたり、肘をついていたりNGとされる行動はいくつかありますが、その中の一つとして食べている口の中を相手に見せるという行為があります。

要は口の中に食べ物が入ったまま喋ることは下品だということです。

女性はたくさん話がしたいものだから、思わず食べ物がまだ口の中に残っている状態で話し始めるのでしょうが、男性としたらそんなものを見せられると冷めてしまいます。

お金の話ばかりしてくる

やたらとお金の話をしてくる女性がいますが、非常に不快です。

誰もがお金が好きだということは間違いないですし、それを否定するのではありませんが、人との会話にあまりにもお金の話ばかりでてくると会話の内容が下世話なものへとなってしまいます。

特に女性にはあまりお金の話をして欲しくないというのは多くの男性が思うところだと思います。

男性は普段仕事や私生活で常にお金のことで頭が一杯ですから、せめて女性と会話している時くらいそれを忘れたいと考えている人もいると思います。

悲しいことですが恋愛も金と無関係とは言えません。

若い男女なら金なんて関係ないという時期もあるでしょう。

しかし、社会人の恋愛となると、ちゃんとした職についているのか、お金は持っている人なのか?そういうことを必ず女性はチェックしています。

みすぼらしい男性に女性は興味を持ちません。

極端な話、容姿がそんなに優れていなくとも、お金を持っていたら多くの女性は興味を持ってくれます。

お金の話ばかりしてくる女性をうっとうしいなと思いつつも、女性とは皆
そうなんだと冷静に見ておくべきです。

年収を聞いてくる

男性にとって非常にデリケートな質問です。

年収はいくらですか?などと開けっぴろげに聞いてくる女性には、良い印象は持てないと思います。

男性にとって社会人としてお金を稼ぐ力というのは、イコール男としての魅力、能力だと考える人は多いです。

ほとんどの男性は自分の稼ぎに満足していないと思いますから、いくら自分が稼いでいるかを聞かれるのは嫌なものなのです。

一部の高給取りを除けばそういった質問をされた時には、自分の気にしている部分にいきなり突っ込んでこられた気持ちになって腹を立てる男性も多くいると思います。

ですから女性から男性の給料、年収を聞くというのはタブーだと考えたほうがよいでしょう。

プライベートにズカズカ入ってくる


男女の関係というのは押したり引いたりという駆け引きのことをよく言われますが、近づきすぎるのはよくありません。

ある程度の距離を保っているというのが良好な関係を築くために必要なのです。

ですからプライベートにズカズカ入ってくるような女性はとても品のない人に見えます。

自分のことを知りたいからそのような行為に及んでいるのかもしれませんが、こういった近づき方をされると、男性は一気に冷めてしまいます。

お互いに知られたくないことはあるでしょうし、知らないでおくほうが良いこともあるのです。

ある程度見えないところがあるほうが人というのは魅力があるものです。

ですから常に一定の距離を置いて付き合って欲しいのです。

知り合って間もないころ、お互いに引かれ合っている時は、お互いのことをもっと知りたいという気持ちになるのは分かります。

しかし、それも度が過ぎると、もしこの子と付き合ったらすごく束縛されて息苦しくなりそうだなと思わせてしまう可能性があります。

これ以上は入らないという線引きをちゃんとしておくべきです。

歩きタバコをする


これが言語道断でアウトです。

昨今、タバコについては社会全体の厳しい目が向けられています。

全体の喫煙率も昔と比べて大幅に減ってきているこの状況で歩きタバコをするなど考えられません。

男性でもアウトです。

今は多くの地域で路上喫煙の条例があり、見つかったら罰金を払わされます。

今は受動喫煙に対しても非常に皆が敏感になっています。

昔なら間違いなくあった商業スペースでの喫煙コーナーなども軒並み撤去され、喫煙者にとって肩身の狭い時代になっています。

タバコを吸う吸わないはその人自身の判断ですから、吸いたい人を止めることはできませんが、しっかりとマナーを守ることは絶対に大切なことです。

歩きタバコをする女性は、男性にそっぽを向かれる前にやめたほうがいいと思います。

電車の中でメイクをしている

今の若い女性というのは昔の女性よりも全てがオープンで人の目をあまり気にせず、自分のやりたいようにやるというスタンスの人が増えてきたように思います。

女性の社会進出の増加と共に強い女性が多くなってきていることや、セクハラや女性軽視に対して世間の目というのも昔と比べて格段に厳しくなっているのも理由であると思います。

女性が生きやすい社会になることは非常に好ましいことであります。

しかし、そのことと品のない女性が増えることは別だと思います。

例えば電車の中で人目もはばからず堂々とメイクをするというのは品がある行為だとは思えません。

化粧というのは女性の見た目を大きく変えるものであり、その過程を公に公開すべきではないです。

電車でメイクをしている女性を快く思う男性などいないと思います。

ゲップをする

女性という自覚がなくなっている人も時折見かけます。

人前でゲップをするなど女性として考えられません。

おならをするのと同等かそれ以下の行為であると思います。

こういった行為を人前で平気でする人がいますが、デリカシーに欠けているとしか言いようがありません。

ゲップを目の前でされた女性と付き合いたい、そしてキスがしたいと思うでしょうか?そんな男性はいないと思います。

もう少し女性としての恥じらいや所作というものを憶えてもらいたいと思います。

日本人というのは「恥の文化」と言われます。

人に見られて恥ずかしいなと思うことはやらない、これは日本人としての美学の基本です。

そういった意識がある人なら人前でゲップなどするはずもありません。

洋服で手を拭く

こういった動作一つにその人の品の悪さが見て取ることができます。

男性は横着な人間が多いので、外出時にハンカチ等をつい持ち忘れてしまう人は多いと思います。

しかし、男性でもハンカチの一枚くらいもっていないというのはいかがなものかと思います。

女性となるとなおさらで、ハンカチも持たない女性というのは、あまり女性ということを意識していない人なのではないでしょうか。

それで、お手洗いに行った後平気でその手を洋服で拭いたりしています。

いくら自分が無頓着な男性であったとしても、女性がそんなことをしているのを見るのは嫌なものです。

ちょっとくらい気づかれないと思って服で拭いているのを、ちゃんと男性は観察しているのです。

女性ぽくなくサバサバしている性格の女性を好む男性はあくさんいます。

しかし、ずぼらな人間になって欲しいとは誰も思っていません。

マナーやエチケットを守らないというのは、性格がどうこう以前の問題です。

爪を噛む

子供の時ならともかく、いい歳をした大人が下品と思わざるを得ない癖が治らない人が結構いるものです。

一つの例として爪を噛むというものがあります。

これは非常に下品な印象を与えてしまう癖だと思います。

まず衛生的に汚いです。

爪の中というのはたくさんの雑菌、ばい菌が宿っている場所です。

それを口へともっていくのですから汚いです。

そして、爪を噛んでいると落ち着きがない印象を与えます。

なにかいつも不安でおびえていてそわそわしているような印象があります。

ともかくいい大人がしていたらみっともないので辞めるべきです。

爪にかかわらず手や指を舐めてみたり、その匂いをいちいち嗅いでみたりする癖をもっている人が結構います。

見る側は非常に不潔でいやな印象を持ちます。

下ネタばかり話す

同性の友達が集まれば自然と恋の話であったり、下ネタで盛り上がることもあるでしょう。

しかし、異性の友達、知り合いとのやりとりでは下ネタの扱いには注意しなければいけません。

特に女性が何の恥じらいもなく男性と下ネタトークをするのはあまりよろしくないと思います。

下ネタ話が始まると堰を切ったように下ネタ話ばかりする女性がいますが、これは下品で軽い女性だという印象を与えることになるでしょう。

男性が女性に対して下ネタを言うというのは、非常に気を使って話すべきことです。

一つ間違うとセクハラになりかねませんから、よほど気心の知れた関係でないと難しいのではないでしょうか。

少し下ネタの内容になっただけで嫌悪感を示されるというのも悲しいので、少し恥じらいながらも下ネタに付き合ってくれるくらいが丁度いいと思います。

音を立てて食べる

食事の時に一番品の良さが分かるということは前述しましたが、食事の時に音を立てて食べるというのは下品の代表格です。

日本人はそばやうどん、ラーメンなどの麺文化がありますので、どうしても音を立ててすする癖がついている人が多いように思います。

ですからパスタなどを食べる時にも、まるでラーメンでも食べているかのように音を出す人がいますが、これは非常に下品で不快な行為です。

食事の際は全般的に静かに音を立てず食べることが基本です。

くちゃくちゃと食べる人も多いですが、こういったクチャラーと呼ばれる人々も下品の代表格と言えるでしょう。

脚を開いて座る

最近は恥じらいも何もない女性が増えているような気がします。

電車などに乗っていても大きく脚を開いて座っている人も多く、品が良い態度とは言えません。

特にスカートなどをはいている時に脚を開いて座っていると男性としては否が応でも気になってしまいます。

自分の彼女がいつも脚を開いて座っているとしたら嫌だと思います。

何か軽い、男性を誘っているとも取られかねません。

やはり女性はちゃんと脚を揃えて座るというのが基本であると思います。

脚を開いて座っていることで自分が損をしていることに気がつくべきです。

脚を開いて座っていて好意的に思うのは下品な男だけです。

露出が多い服を着ていて下着が見えている

最近は「見せ下着」と言われる、見えてもいい下着をつけている女性も多く、夏場などは肌の露出と共に下着の露出も多くなっています。

いくらファッションとはいえ、下着が見えているのはどこか不埒な印象を与えてしまいます。

そういった下着などを露出した状態で電車などに乗ると痴漢などを誘発することもあると思います。

男性にウケると思ってわざと露出を多くしているとしたら考えを改めたほうがよいと思います。

男性の多くはあまり露出の多い女性を好みません。

見えていないほうが逆によかったりします。

隠すべきところは隠していて欲しいのです。

下品な女性の特徴11選!

男性にこの子は下品だなぁと思われたらアウトです。

軽く扱われてしまいますし、彼女の対象とは見てくれなくなると思います。

そうはならないようにするため、下品な女性の特徴をご紹介いたします。

この特徴を知っておけば、自分がそうならないように心掛けることで下品な女性化を避けることができると思います。

人の噂や評価が気になる

自分の生き方のスタイルやポリシーをちゃんと持つことができていない人は、他人の噂や評価ばかり気にするようになります。

少しでも他人からよく思われたいということが先行してしまうので生き方が下品なものになっていきます。

本当はそんなことを思っていないのに、よく思われたい、嫌われたくないということをまず考えてしまうのです。

ですから行動や言っていることがころころ変わります。

非常に落ち着きのない印象を与え、薄っぺらな生き方をしているように思えます。

礼儀知らず

品がない、下品ということを感じる根底の理由として礼儀知らずというものがあります。

一般の日本人として最低限知っておくべき礼儀というものはいくつか考えられますが、そういった最低限の礼儀も知らないとなると、品がない人間だと思われても仕方ありません。

礼儀の問題というのは親のしつけというものが非常に大きく影響します。

小さいころからちゃんと礼儀作法を教え込まれてきた女性というのは、基本ベースがしっかりしていますから大事な礼儀を欠くということはありません。

反対に基本的な礼儀作法を学んでいない女性は、気をつけていてもどこかでボロがでてきてしまうものなのです。

礼儀作法なんて知らなくても、容姿やスタイルが良かったら男性は勝手についてくると思っている女性は間違いに気づくべきです。

自分の品性を落としてなびいてくる異性というのもまた、品がない男しか集まってこないということです。

言葉遣いが悪い

話す内容や言葉遣いによって品性というものは如実に表れてくるものです。

言葉遣いのなっていない人との会話は、はいっきり言って不快ですし、腹が立って話の内容が頭の中に入ってこなくなります。

女性で言葉遣いが悪いと非常に目立ちますし、品のない女性だなと思われても仕方ないでしょう。

話す人やシチュエーションなどによって言葉遣いというのは使い分けないといけません。

それなのに、いつも友達と喋っているような口調で目上の人などにも話す女性を見ると幻滅してしまいます。

言葉遣いというのは気遣いでもあります。

相手に不快にならないような言葉を選んで話す、そして相手に分かりやすい言葉で話すことは自分のことを考えてばかりいてはできないことです。

目立つのがかっこいいと思っている

日本人の美徳、日本人女性の美徳というのは、控え目で奥ゆかしいといった印象がありましたが、今の日本ではそのような美徳を持った若い女性は希少種のようになってきた感があります。

皆が自分を主張して、とにかく他の人よりも目立つことがよいこと、かっこいいこと思っている女性が増えています。

しかし、目立てばいいとする考え、生き方は果たして品のある生き方と言えるのでしょうか?

答えはノーだと思います。

なぜ目立ちたいのか?大勢の人間からチヤホヤされることは気分がいいし、自分が人の上に立ったかのような優越感に浸れるのではないかと思います。

しかし、そんなことをすることがかっこいいでしょうか?一瞬何かで目立って注目を浴びるのも束の間、すぐに誰もあなたに見向きもしなくなっているでしょう。

本当に魅力がないといずれ人は去っていきます。

言い訳ばかりする

人間というのは全てを完璧にできて、全てが始めからうまくいくなんて人はいません。

誰でも間違うことはあるし、間違えた時には間違いを認めて検証し改善することで次に同じ失敗をしないよう心掛けていくものです。

しかし、自分の非を認めずに言い訳ばかりしている人もいます。

それではなかなか人間としても成長ができないし、みっともないです。

間違えた時には堂々と認めて、周囲の人々に謝罪をするということが筋が一本通った生き方というものです。

言い訳ばかりしている人は品がないと言わざるを得ません。

ずるい女性はこういった時だけ、女性を武器にして言い訳したりしてきます。

女性だから仕方がないとか、男性は女性の気持ちが分かっていないだとかこれ見よがしに言うのです。

これは非常に下品な振る舞いであると思います。

大雑把

何事にも所作というものがあります。

食事の時や家の中での所作、外での人との関わり合いの中の所作などいろいろありますが、全てにおいて大切なことは物事を丁寧に行うということです。

丁寧に生きることで気品というものがでてくるのです。

そんな丁寧さの真逆ががさつで大雑把だということです。

女性にも大雑把な人は意外と多く、そういう人からはなかなか品が感じられません。

適当にやってしまうので全てが中途半端で煩雑なものとなります。

こういう行動から生まれるのはあまりパッとしない結果と下品な印象だけなのです。

何事においても丁寧な振る舞いをする女性というのは見ているだけでもおしとやかで魅力的に映ります。

ちょっとした気持ちの持ち方だけなのですが、印象はまるで違うものになってきます。

字が汚い

字はその人の心を映し出す鏡であるとはよく言ったもので、心が乱れていると字も乱れてきます。

上手に字が書けるというのは能力的なこともありますから仕方ないですが、大切なことはやはりここでも丁寧に書けているかということになります。

心をこめて書いた字は気持ちがいいです。

字の汚い女性を見ると少しがっかりします。

反対に字が凄く美しい人は、心も美しいのではないかと思って興味がでてきます。

最近はスマホやパソコン等の発達で、手紙を書いたり、紙に文字を書くという機会も格段に減っていると思います。

それが影響しているのかは断定できませんが、字が書けない人が非常に多いと思います。

自分の心を反映するのが字ですから、字が汚いというのは恥ずべきことだと思わなければいけません。

相手によって態度を変える

八方美人な女性が一番下品かもしれません。

どんなに美人でも誰にでも愛想を振りまいて、こっちではこう言い、あっちでは全然違うことを平気で言っている、こんな女性は結構いると思います。

意外と容姿も良く、皆からチヤホヤされるタイプの女性に八方美人は多いです。

こういう人たちは、自分は皆から好かれるのは当たり前くらいに考えているので、思ってもいないことでもすらすら口からでてきて、とにかく自分の好感度を上げようとします。

いくら美人でも、相手によって態度をコロコロと変えて自分をいいように繕うのは品があるとは思えません。

たとえ一部の人間からは好かれなくても自分の意見をちゃんと言うことができる人になって欲しいものです。

人の気持ちを考えられない

利己主義、自己中、こういった性格の人には品がありません。

とにかく自分の利しか考えていないような人です。

自分のことしか眼中にないので、人の気持ちを考えることができません。

自分がいい思いするためには他人の気持ちなど考えている暇はないと考える女性もいるのかもしれませんが、その考え方が下品であるということなのです。

人の気持ちを考えられない、考えない人はいつか必ず、人の助けが欲しい時に誰も手を差し伸べてはくれない時がくるでしょう。

清潔感がない

女性には身だしなみや服装、振る舞い方など全てに清潔感を保っていてほしいと思います。

どうも見た目がだるそうで清潔感に欠ける女性がいます。

また、服装などの趣味の悪さから、汚れた印象を醸し出している女性もいますが、彼女たちは非常に損をしていると思います。

別に高くていい服を着る必要があるわけではありません。

見る人に清潔感を与えるゆなシンプルでスッキリとした雰囲気が欲しいのです。

それがない女性は自分を変えていく必要があると思います。

物持ちが悪い

物を大切にするというのも上品な生き方の一つといえるでしょう。

上品な人というのは買い物が上手で、数は少ないけれど何年かに一度すごくいいものを買うのです。

いいものだから長持ちしますし、物を大切にしようという気持ちにもなります。

反対に下品な人というのは中途半端に安いものばかり買って、すぐにそれをダメにしてしまって使えなくなります。

安物買いの銭失いというわけです。

一つでも当てはまったら注意!今すぐ改善しよう!

さて、ここまで下品な女性と呼ばれる人々の行動や、特徴についてご紹介してきました。

これを読んでいて自分に当てはまるものがあってドキッとした女性もいるのではないでしょうか?

一つでも当てはまるということは注意が必要です。

無意識のうちにやっていることで相手に下品な印象を与えてしまうことは多々あります。

そういった失敗をしないように常日頃から自分の言動について責任を持つことが大切です。

これはあなたの意識の持ち方一つで改善することはできます。

明日からあなたも気品のある女性へと変わっていきましょう!