あなたは自分で「自己肯定感が低い」と感じることがありますか?

自己肯定感が低い人は、恋愛する時にも苦労が耐えません。

自己肯定感が高い人に比べ、自己肯定感の低い人は恋愛でもうまくいかなくなってしまうことが多い傾向にあります。

なぜ、自己肯定感が低いと恋愛がうまくいかなくなってしまうのでしょうか?

こちらの記事では、そんな自己肯定感の低い人の恋愛パターンについていくつかご紹介していきます。

自己肯定感が低いことで、これまで苦労をしてきたと感じる人はこれを機に思い悩む苦しい日々から解放されてみませんか?

自己肯定感が低い人は恋愛で苦労することが多い?

そもそも自己肯定感が低いことで、恋愛で苦労してしまうことがありますよね。

自己肯定感が低いことによりなかなか自分に自信を持てないことがあります。

自己肯定感が低いのもその人の個性と言ってしまえばそれまでなのですが、自己肯定感が低いことで、落ち込みやすくなったり、恋愛で苦労することが多くなることで、遠回りしてしまうことも考えられます。

自己肯定感が高い人は、自信満々に見え何でもそつなくこなしていくイメージになりますが、自己肯定感が低いことで、一方踏み出すのにも時間がかかってしまったり不安な気持ちになることがあります。

さて、自己肯定感が低いとどうなってしまうのか少しずつ見ていきましょう。

自己肯定感が低いとどうなってしまう?

自己肯定感が低いことで、自分に自信がないことが挙げられます。

自己肯定感が低いことで、様々なことに自信がなくなるだけでなく、当然恋愛でも自信がなくなり苦労してしまうことでしょう。

また、自己肯定感が低いことで、自分を否定してしまいなかなか前に進むことができなくなり、挙句の果てには自分を責めてしまうことにもつながります。

このように、自己肯定感が低いことでネガティブな考えになってしまったり、恋愛に対して自信がなくなってしまうことで、思うように動けなくなってしまうところがあります。

ぜひ参考に自己肯定感が低いことで損をしないよう、心がけていきましょう。

自分はいらない存在と考えてしまう

自己肯定感が低いことで、「自分はいらない存在」なんて考えてしまうことがあります。

自分が必要ない存在だと自分で認めてしまうことで、自分に自信がなくなります。

また、自分が必要ない存在だと思えてしまうことで、何事にもやる気が起こらず、さらに自分は何をやってもダメだと感じてしまうことがあります。

自分自身にマイナスの暗示をかけてしまうことで、できることもできないことになってしまいます。

まずは、自己肯定感が低いポジションから自己肯定感が高まる方向へと気持ちを切り替えていかなければなりません。

うまく気持ちが切り替えられることで、より今の自分より自信を持てることができるでしょう。

日々が辛いと考えるようになる

毎日が辛いと考えてしまう人の多くは、自己肯定感が低い原因があります。

自己肯定感が低いことで、毎日が辛いと感じるようになるだけでなく、その辛い気持ちが悪循環になってしまいます。

特に、自己肯定感が低い人は何をやってもダメだと自分に暗示をかけているところがありますので、本当にうまくいくことでもダメにしてしまう可能性が高いと言えるでしょう。

さらに毎日うまくいかない日々が続いてしまうことで、「やはり自分は何をやってもダメだ…。」なんて思ってしまうことにつながります。

自己肯定感が低いだけで、日々が辛いと感じるようになれば、普通に生活していても楽しいことが少ないように感じてしまいますよね。

生きていて意味があるのか?と考えることも

自己肯定感が低いことで、自分が必要ない存在だと考えてしまうだけでなく毎日が辛いと思えるようになってしまい、しまいには自分が生きていて意味があるのかなどと考えてしまうことがあります。

生きていて意味があるのかと考えてしまうことで、生活している日々が苦しく感じられたり、悲しい気持ちや不安な気持ちでいっぱいになることでしょう。

また、自分を否定して生きていることに対して慣れてしまっているため、嫌なことが起こっても「またいつものパターンだ…。」なんて感じてしまうことでしょう。

このように、自己肯定感が低い人は、自分自身の存在や価値観が理解できておらず、自分の良いところがまだまだわかっていない傾向にあります。

また、「自分にはいいところなんてない」なんて思う人も多く、そんな気持ちから、なかなか良いところを見つけにくいこともあります。

自己肯定感が低い人の恋愛パターン7個!自分に自信がなくなっている?

さてここからは、自己肯定感が低い人の恋愛パターンについていくつかご紹介していきます。

自己肯定感が低いことで自分に自信がなくなっているだけでなく、自分のことをポジティブに捉えられることができませんのでなかなか前に進めることもできません。

自己肯定感が低いことで、生きていることが辛くなるだけでなく、当然恋愛に対してもネガティブな意見や発言が多くなってしまいます。

さて、そんな自己肯定感が低い人の恋愛パターンについて自分に自信がなくなってしまう原因を一つ一つ考えていきましょう。

また、一つ一つ原因考えていくことで、解決する糸口が見つかるかもしれません。

1.常に不安になる


自己肯定感が低いことで、常に不安になってしまうことがあります。

これまで、自己肯定感に陥るまでに辛い経験や悲しい経験、またトラウマなどが考えられます。

過去に嫌な経験をしてきたことから常に傷つくことを恐れ、先回りして悲しい未来を想像してしまいます。

そんなことを繰り返してるうちに、自然と常に不安な気持ちを抱くようになり、一つ一つに対して自分に自信が持てなくなってしまいます。

このように、常に毎日不安な気持ちになることで、自分を追い詰めてしまい、恋愛でも日常生活でもうまく自分を生かすことができない傾向にあります。

こんな自分で大丈夫だろうか?という不安

常に不安な気持ちがあることから、常に「こんな自分で本当に大丈夫だろうか?」と言う不安がつきまといます。

ただでさえ不安な気持ちに陥りやすいにもかかわらず、恋愛してしまうことで、「うまくいくはずがない…。」などと思い込んでしまうところがあります。

また、不安な気持ちが邪魔をして、何事に対してもポジティブに考えることができず、結果悪いことばかりを考えてしまう思考回路になってしまっていることがあります。

こんな不安に陥るときは、「こんな自分でも何とかやって来れたのだから、今回の恋愛でも何とかできるかもしれない。」と淡い期待を持つことも大切です。

好きな人がいるのではないか?と考えることも

好きな人ができても、その好きな人に対して「好きな人がいるのではないか?」などと考えることもあり、なかなか動くことができない状況に陥ってしまうこともあります。

本人に、好きな人がいるのかどうか確認していないにもかかわらず、あなたが好きな相手に対して勝手に好きな人がいると思い込んでいたり、彼女がいると思い込んでいたりはたまた結婚していると思い込んでいるケースもあります。

このように、あなたが好きな人に対しても恋愛に対して消極的になってしまう気持ちから常に最悪なパターンを考えてしまう癖がついてしまっているのです。

2.常にネガティブに考える

何事にも常にネガティブに考えてしまう思考回路が出来上がってしまっているために、良い事でも悪い方向に捉えてしまうことがあります。

例えば、周りの人から褒められれば、「そんなこと言って、私のことをおだてて裏で悪口を言っているんじゃないの?」なんて思っていたり、好きな人とお付き合いすることができても、「こんなことまぐれだから、そのうち私の本性を知り、相手は離れていくだろう…。」なんて勝手にネガティブな未来を予想したり想像したりしてしまう癖もあります。

このように、常にネガティブに考える思考は、癖になっているところもあり、なかなか考え方を変えようとしても素敵な未来や希望のある未来を考えるのではなく、絶望的な未来や不安や悲しみなどのマイナスな方向に考えやすくなってしまっていると言えるでしょう。

連絡がこないだけで「危ない目にあっているのでは?」と過剰に考える

例えば相手から連絡が来ないだけで、「相手が今危険な目にさらされている…。」などと過剰に考えすぎてしまうところがあります。

さらには、「事故に遭っているのではないか?」「事件に巻き込まれているのではないか?」などと、ネガティブな妄想が膨らみ、結果、相手がただ仕事が忙しいだけだった…。

なんて、簡単な理由だったりすることもあります。

このように、自己肯定感が低いことで、相手から連絡が来ないだけで何やら不安になってしまい、あれこれとよからぬ妄想を繰り返し、勝手に不安になってしまっていることが考えられます。

嫌いになっていると思われている

相手から連絡が来ないことで、相手から嫌われていると思ってしまうところがあります。

特に、自己肯定感が低いことで、もともとネガティブな考え方が身に付いているため、少しでも相手から連絡が遅れたり、相手から連絡がない状況に対して自分が嫌われていると思い込んでしまうところがあります。

また、自分が嫌われていないにもかかわらず、勝手に相手から嫌われていると思い込むところもあり消極的になるところがあります。

常に、自己肯定感の低い人は最悪の未来を予想していますので、これ以上傷つきたくない気持ちから、いつも最悪の状況を考える癖がついてしまっています。

3.自分を出せない

素の自分を出せないことで、息苦しさを感じるところもあります。

しかし、その自分を見せることで、嫌われるのではないかと勘違いしているところもあります。

また、素直な自分を見せることで相手に引かれると思うところもあり、常に不安や悩みが尽きません。

特に自己肯定感の低い人の場合、ひとりでいることが気楽に感じることもあります。

誰か人と関わることで、気を使ったり、相手から自分がどのように見られているのか気になる人も少なくないようです。

また、自分を出せない気持ちから人と関わることが煩わしいと感じてしまうこともあり、案外リラックスしているときには何も考えたくないと思っていることもありそうです。

本音を言えないことが多い

自己肯定感の低い人は、自分の意見を言うことで相手から否定されることを気にします。

また、相手から否定されることで自分は人よりはみ出した意見を持っていると感じてしまったり、人に否定されることが怖いと感じていることもあります。

本音を言うことができればとても楽なのにと思う反面、本音を言ってしまうことで、周りの人とトラブルになりたくない気持ちが強いところもあります。

このように、本音を言えないことが多いだけでなく、本音を言ってしまうことで相手から否定や嫌われたり、傷つけたりしないか常に心配や不安になっているところがあります。

常に相手を気にしてしまう

常に相手のことを気にしてしまう癖がついています。

相手から自分がどう思われているのか、どのように感じられているのかばかりが気になってしまい、なかなか自分の本音を出すことができないのです。

また、常に相手を気にしてしまうことから、相手の顔色を伺いながら話す話になってしまったり、当たり障りのない無難な話し方を選んでみたり、人と同調することで自分をまぎらわそうと考えていたり、とにかく相手から霞んで見えるような行動を選び、遂行していきます。

常に相手の視線や考え方などを気にしていますので、できるだけ相手から否定されないような意見や行動とっていきたいと考えているところがあります。

4.相応しくないと感じる


自分が好きな相手にふさわしくないと勝手に想像してしまうところもあります。

当然自分に自信がありませんので、相手にされることもないと考えてしまうところがあります。

相手にふさわしくないと感じてしまうことで、何も始まっていないにもかかわらず自分が否定された気持ちになりそのままフェードアウトしてしまうこともあります。

まずは、相手と接触を取り相手が本当にあなたに対してふさわしくないと感じているのか確かめる必要があります。

しかし、決定的な結果が出てしまうのを怖がるところもあり、ふさわしくないとただ自分の中で感じているだけでいいと思い過ごしているところもあります。

自信がない

自分に自信がないことで、相手から相手にされないと感じてしまうところがあります。

相手から自分はふさわしくないと思われることで、自分自身を否定されたと勝手に思い込むところがあります。

また、相手に勇気を出して何かお願いしたときにタイミングが合わず断られてしまったことなどが原因で自分に自信がなくなってしまっていることもあります。

自分勝手な解釈で、自分を追い込んでしまうことにより、自分に自信がなくなってしまうなんて、非常にもったいないですよね。

しかし、自己肯定感の低い人は、自分に自信がないことが当たり前に過ごしてきていますので、自分に自信がないことが基準に物事を考え突き進んでいきます。

5.コミュニケーションがとれない

そもそも、周りの人とうまくコミニケーションが取れないことが原因となっていることもあります。

コミニケーションがうまく取れないことで、勝手に周りから嫌われていると感じてしまっているところもあります。

しかし、コミニケーションが取れないのも周りの人はあなたの個性と感じているところもあり、悪いところだと思う人も少ないのではないでしょうか。

コミニケーションが取れないことで、勝手に落ち込み悲しい気持ちになるのではなく、積極的に周りと関わるようにしてコミニケーション能力を磨いていかなければ、誰でもコミニケーション能力が高い人になることができません。

このように、コミニケーションが取れないことで、悲しい気持ちになり、また恋愛に対してもネガティブな思考に陥ってしまうことでしょう。

会話が続かない

好きな人との会話が続かないことから、自分のコミニケーション能力の低さにがっかりしてしまうことでしょう。

また、会話が続かないことで、自分と話をしていても楽しくないと思われていると感じていたり、相手に何を話していいかわからなかったなどと反省していることも考えられます。

しかし、会話が続かないことにより沈黙する時間が多かったり、そんな姿を見て「あの人は、私と一緒にいてもきっとつまらないと考えているだろう…。」なんて思っているところがあるようです。

しかし、相手はそこまで考えてもおらず、ただおとなしい人と思われているだけのことだったりするケースもあります。

6.将来が不安になる

自己肯定感が低い人は、自分の将来について不安になることもあります。

「このまま一生結婚できないのじゃないか…?」などと勝手な妄想をして不安になることもあります。

さらに、「今後恋人や結婚する相手が見つからなければ、1人で孤独死するだろう。」などと勝手に将来を不安にさせて暗い未来を想像してしまっている事でしょう。

しかし、未来が不安になったところで誰も未来の姿を知る人はいません。

ポジティブな人や自己肯定感の高い人ですら未来に良いイメージを抱くことができても結果、どうなるかわかりません。

しかし、問題が起こることばかりを考えて過ごしていても楽しい日々とは言えません。

将来が不安になってしまうことで、何事にも自信が持てずまた大きく勝負に出ることもありません。

7.今を楽しめない

今を楽しむことができない人は、将来を楽しむこともできません。

今が楽しいからこそ、将来も楽しく思えるところがあるのです。

1ヵ月後の未来の自分が楽しく過ごすイメージをすることで、明日明後日の自分の考え方や価値観、自己肯定感などを高める努力をしていかなければなりません。

大好きな人とも一緒にいる空間を楽しむことができなければ、その先にその人と一緒に楽しむこともできません。

今を楽しめないことで損をしていることに気がつかなければなりません。

相手はあなたと一緒にいることを楽しいと思っていても、あなたが不安で暗い顔をしていたり、きっとこの恋もうまくいかない…。

なんて暗示をかけていれば、当然のことその思い通りにことが突き進んでしまうこともあります。

デートをしている時でも?

たとえ大好きな人とデートをしている時でも、常に今が不安な状況にあるため、なかなか楽しむことができません。

そんな状況を見て、相手もあなたといることが不安に感じてしまいます。

不安な気持ちや緊張は相手に伝わりやすく、また楽しい時間を奪ってしまうことになります。

恋人やカップルになる人は「一緒にいて楽しい」一緒にいて心地よく感じる」「一緒にいて癒される」などと感じることで、その人とずっと一緒にいたい気持ちになります。

しかし、デートをしている時でさえ楽しめないような自己肯定感の低さは、2人にとって良いものと言えるものではありません。

自己肯定感を高めるには?恋愛でも上手くいくにはどうすればいい?

さて、ここからは自己肯定感を高めるためにはどうすれば良いのでしょうか?

自己肯定感を高めるためにあなたがしなければならない事と、恋愛でもうまくいくポイントについていくつかご紹介していきます。

これまで、自己肯定感が低いことで、恋愛でも生活でもうまく生かすことができなければ、自己肯定感の低さに足を引っ張られてしまいます。

しかし、自己肯定感を高めることで、自分に自信がつき恋愛でもうまく活かせる努力をしてみたり、相手との時間を楽しむことができるのです。

これまで、自己肯定感の低さに縛られてきた人は、これを機に自己肯定感を高める努力をしていきましょう。

ネガティブ思考をなくす

まずは、ネガティブな思考をなくすようにしてください。

ネガティブな考えが、全てを悪くしています。

また、ネガティブな考えは人間の本来持つ本能的な部分になります。

ネガティブな考えがあるからこそ、次に失敗しないよう心がけていたり、ネガティブな気持ちや考えがあるからこそ次は自分のことをきちんと守れるようにプログラムされているのです。

しかし、そんなネガティブな思考や感情が強すぎることで、良い事でも悪い事に捉えてしまったり、悪い出来事ではなくても悪い出来事だと捉えてしまうことにより、暗い気持ちになってしまいます。

また、嫌な気持ちが続いてしまうことで当然自分に自信がなくなってしまいます。

自分に自信がなくなることでネガティブな思考が悪循環してしまいます。

どこかでネガティブな感情を断ち切ることが大切です。

また、ネガティブな思考を繰り返してしまうことにより、悲しい結果になることを忘れてはいけません。

口に出さない

ネガティブな思考を手っ取り早く改善するためには、まずはネガティブな発言を口に出さないことが大切です。

たとえ心の中で思っていたとしても口に出さないよう気をつけておきましょう。

また、ネガティブな気持ちを口に出してしまうことで、自分自身のネガティブな部分にさらに暗示をかけてしまうことにつながります。

また、ネガティブな考えや悩みになってきたと感じたら、すぐに思考を断つようにしてください。

ネガティブな考えを繰り返してしまうことにより、ネガティブな考えが染み付いてしまいます。

悩む時間は1番不安になりまた1番無駄な時間となります。

悩んだり不安になる時間があるのであれば、積極的に動き行動していくことで不安や悩みを解消することができます。

失敗をしても引きずらない

失敗したら引きずってしまうことが原因でネガティブな考えになってしまっていたり、失敗を引きずってしまう気持ちが自己肯定感の低さにつながっていることがあります。

失敗することが怖いだけでなく失敗した後に周りから馬鹿にされたり非難されたりすることが怖いと考えています。

しかし、失敗をしたと言う事は成功に1つ近づくことになります。

失敗する事は恥ずかしいことではありません。

失敗すらできな人が恥ずかしいのです。

失敗していないと言う事は何にも挑戦していないと言うことになります。

失敗できる人だからこそ成功できるチャンスを掴むこともできるのです。

失敗を恐れず、また失敗をしても引きずらないことが大切です。

また、天才と言われる人も何千回も失敗したうちのたった1つが成功すれば、「それは成功である」と言う人思います。

成功した出来事が1つだけだったとしてもその裏にたくさんの失敗があることを覚えておきましょう。

褒められたら素直に受け止める

褒められたことに対して素直に受け止めることができなければ、周りに対して不審な気持ちが強いと言えるでしょう。

また、これまで自己肯定感が低いことが原因でなかなか褒められたことに対しても素直に受け止めることができなかった人も多いのではないでしょうか?

これを機に、褒められたら素直に受け止めることを心がけていきましょう。

さらに、髪型を変えたときに「髪型変えた?前の髪型よりかわいいじゃん。」なんて友達に褒められた時、心の中で「本当はそんなこと思っていないでしょ…?」なんて思っていても、それを口に出してはいけません。

あなたが謙遜したつもりで言った言葉でも相手はマイナスに捉えてしまいます。

また、あなたの髪型を褒められたときには「本当?ありがとう。」などと、嬉しい気持ちを素直に受け止め相手に伝えることが大切です。

相手に対して感謝の気持ちを伝えることで、あなたが相手から褒められたことに対して素直に受け止めたと感じるのです。

いつまでも否定的な言葉で返事をしていたり、否定的な言葉で返してしまっていては、相手もあなたに対して褒めることがなくなってしまいます。

また、褒めることであなたがネガティブになってしまわないか気を使われるところもあります。

相手がいいと言ってくれたことに対して素直に喜んだり、受け入れたりすることで、よりあなたと一緒にいて楽しいと思えるようになるのです。

「どういたしまして」と言えるような人になる

さらに、相手から褒められたときには必ず漢字よく返事をすることが大切です。

「どういたしまして。」などと言えるような人になることで、よりあなたとのやりとりが楽しくなるだけでなくあなたのコミニケーション能力も備わってきます。

相手から「ありがとう」と褒められた時にでも一言あなたから「どういたしまして。」と伝えるだけでも、相手はあなたに対して温かい気持ちになります。

また、あなたがポジティブな言葉で返すことにより、相手もあなたとの会話が楽しく思えるようになります。

これまで否定的な言葉や否定するようなことばかりを言ってきた人にとっては、非常に難しく感じてしまうところもあります。

しかし、単純に考えて褒められたことを素直に返事するだけで、コミニケーションややりとりができるということを覚えておいてくださいね。

夢や目標を持つ

夢や目標を持つことで、明るい未来を創造していきましょう。

明るい未来を創造していくことで、ポジティブな思考が自然と備わってくることにつながります。

これからやってみたいことややりたいこと、今後自分磨きにもつながることがあります。

これまで何事に対してもやる気がなかったり夢や希望を持つことができない状況が多いのであれば、これを機に夢や目標を持ち、それに向かい努力し続けることが大切です。

さらに、夢や目標を持つことでその明るい夢に向かいがんばり続けることができます。

また、がんばり続ける気持ちを持ち続けることが大切です。

夢を追いかけていれば時々モチベーションが下がってしまうこともあります。

しかし、モチベーションが下がった時こそあきらめるのではなく、どのように継続していくのかを考えていかなければなりません。

自己肯定感を高くもって恋愛でも成功しよう!

いかがでしたか?

自己肯定感を高く持つことで、恋愛でも成功することができるのです。

また、自己肯定感が高くなることで生活しやすい状況になったり、あれこれ悩みや不安が無駄に出てくると言うこともありません。

自己肯定感を高く持つことで、恋愛でも成功することができるだけでなく、あなた自身の自信につながることもあります。

あなた自身がもっと今より自信が持てるようになることで、自己肯定感も高く持つことができるのです。

小さな成功をたくさん積み重ね、自己肯定感を高く持つことで、より魅力的な人に生まれ変わっていきましょう。

また、自己肯定感が低かったあなたが自己肯定感を高く持つことで、さらにたくさんの人に必要とされる存在になることでしょう。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718