ラブラブなカップルを見てうらやましい気持ちになっていませんか?

あなたの大好きな相手とラブラブな時間を過ごしたいと思いますよね。

今回は、そんなラブラブなカップルに焦点を当てて、リサーチしてきます。

ラブラブなカップルは絶対にしないことについてご紹介していきます。

ラブラブなカップルがやっている事は多くの記事に書かれています。

しかし、ラブラブなカップルが「絶対にしないこと」を理解しておくことで、さらにこれまで以上にラブラブなカップルになることができるでしょう。

ラブラブカップルって羨ましい!

ラブラブなカップルって、人目もはばからず2人だけの世界のめり込んでいたり、ラブラブになることで2人の信頼感や愛情、絆が深くありますよね。

そんなラブラブなカップルになることで、相手を疑ったりあなたが不安に感じたりする事はありません。

ラブラブなカップルの特徴を知るだけで、あなた自身もラブラブなカップルの仲間入りを果たすことができそうです。

ラブラブなカップルになることで、お付き合いすることが楽しく感じるだけでなく、また相手に対してドキドキする気持ちが蘇ってくることがあります。

ラブラブカップルが絶対にしないことがある?

ラブラブなカップルは絶対にしないことってあるのか気になりますよね。

しかし、ラブラブの仲が良いカップルは無意識で気をつけていることがあるのです。

仲が良くなる事はもちろんのこと、いつまでもラブラブな仲でいるために、あれこれと試行錯誤を重ねているかもしれません。

しかし、2人がラブラブでいられることに幸せな気持ちになるだけでなく、付き合う期間が長くてもお互いにラブラブでいられることでその先の未来の姿を想像することができるようになります。

仲の良いカップルこそ「絶対にしないことがある」と言うことがますます気になりますよね。

ラブラブカップルはそのまま結婚もある

もちろん、ラブラブなカップルはラブラブならそのまま結婚することも考えられます。

仲が良いことに加え、将来のことを想像することができるようになりますので、当然「結婚」と言う考えや気持ちに向かいやすいところもあります。

ラブラブだと言う事は、お互いに考え方や感じ方方向性も似てくることからお互いの将来を考えやすいところもありますよね。

それに、ラブラブなカップルはそのまま結婚する方向に向いやすく、また価値観が似てくることもあります。

もし、将来を考えてお付き合いをしたいと思うのであれば、ラブラブなカップルで過ごすことと、ちょっぴり先を見据えたことを考えておかなければなりません。

ラブラブカップルになる秘訣とは?

さて、ラブラブカップルになる秘訣をさらに知りたくありませんか?

ラブラブカップルになる秘訣を知ることで、より2人の心の距離が縮まり、互いに信頼感が生まれてくることでしょう。

また、ラブラブなカップルになることでお互いの絆や安心感につながるところもあります。

大好きな相手だからこそ、いつまでもラブラブで過ごしていきたいですよね。

また、ラブラブになる秘訣を知ることでダイス大好きな相手と楽しい時間を共有することができるのです。

ラブラブなカップルになるために、努力するのではなく相手のことを思いやり続けることも大切です。

どれだけ一緒にいるのか

ラブラブなカップルでいるための秘訣には、どれだけ一緒にいるのか?と言うことも必要になってきます。

つまり、どれだけ長い月日を過ごしてきているのかがポイントになります。

どれだけの時間一緒に過ごしているのかがポイントになるだけでなく、長い期間お付き合いすることにより相手の良いところや悪いところが見えてきますよね。

仲の良いカップルは、「知らない間に何にも付き合うようになっていた」「気がついたら何年かお付き合いするようになっていた」なんて、カップルも多いのではないでしょうか?

それだけ、マンネリ化してしまうのではなく、長く一緒に居てもラブラブに過ごしているのが特徴です。

何か隠しごとをしているかどうか

あなたに対して、何か隠し事をしている相手なら、信頼する事すら出来ないのではないでしょうか?

何か隠し事をされるだけで相手のことを信用することができなくなり、疑ってしまう事で互いに素直になる事が難しくなってしまいます。

何か隠し事をされている場合は、相手に対して不信感を感じてしまうだけでなく相手を信じることができなくなってしまいます。

また、何か隠し事がバレたときに相手に対して信頼することすらできません。

お互いに信頼関係を築きたいと考えているのであれば、何か隠し事をしているのかどうかが大きなポイントになります。

また、ラブラブなカップルには必ず何か隠し事をしていてはお互いに仲良くすることができません。

何か隠し事をしているかどうか知っておく必要がありそうです。

プライベートなどの両立ができているか

プライベートとリアの両立がきちんとできているか確認しておきましょう。

プライベートに偏りすぎていたり仕事に勝てるすぎてしまう場合、バランスが悪くなりお互いに仲も良くなくなってしまうことでしょう。

また、ラブラブすぎてもマンネリ化の元になってしまうこともあります。

プライベートとお仕事学業などのバランスがうまく取れているからこそどこかに偏ったり、バランスが崩れてしまうこともありません。

何かを一生懸命頑張ること言う事ですが、何かに偏りすぎてしまうのは良くありません。

バランスをきちんと考えプライベートとの両立ができているのか?把握しておく必要があります。

ラブラブカップルが絶対にしない16個のこと

それではここからが本題の「ラブラブなカップルが出たりしないこと」についていくつかご紹介していきます。

ラブラブなカップルは、仲が良いだけでなく、お互いが不快に感じることやお互いに踏み入らない領域があります。

ラブラブが絶対にしない項目を犯してしまうことで、今後2人の関係にヒビが入ってしまうこともあります。

お互いが仲の良い環境を保ち、いつまでもラブラブで過ごしていたいのであれば、「ラブラブカップルが絶対にしないこと」を参考に、2人の間でも共有しておくといいかもしれません。

さらに、2人の仲が深まり、ラブラブで楽しい毎日を過ごすことができるでしょう。

1.感情的な喧嘩


特に、感情的になり喧嘩をしてしまうのは良くありません。

感情的になってしまうことで、思ってもみないことが口走ってしまうこともあります。

また、これまでのもやもやが一気に吹き出してしまい相手にぶつけてしまうことで、相手を傷つけることも…。

感情的な喧嘩はお互いの気持ちを暗くさせるだけでなく、感情的になってしまうことで、強い口調になり相手を傷つけてしまうことばかりを考えてしまいます。

恋に相手を傷つけるのではなく自分が感情的になることで相手を傷つけてしまうことにつながります。

また、自分の気持ちを理解してくれないと思い込んでしまうところもあり、冷静になっていられないところがあります。

喧嘩をするとしても冷静に話し合いができる

冷静になることができないことで、思ってもみないことを口走ってしまったり、感情に任せて話す言葉に対し良い結果が得られることもありません。

喧嘩をしてしまうとどうしても冷静に話し合いができないカップルなら、お互いに信頼関係や絆が深まることもありません。

たとえ喧嘩をしたとしても冷静に話し合いができる状況のカップルがあれば、いつまでもラブラブで仲の良いカップルなのではないでしょうか?

もし、喧嘩をしてしまう時に感情的になりやすいのであれば、感情的にならないよう自分の心を沈めるトレーニングを行わなければなりません。

もし、自分の感情がコントロールできないようであれば、心を落ち着かせる練習も必要だと言えるでしょう。

2.浮気

浮気をしてしまう人は、どれだけ好きな相手と仲良くしたいと思っていても、仲良くすることが難しいといえるでしょう。

浮気をしてしまうことで、相手の信頼を損なうだけでなく、相手はあなたに対して不信感を抱き続けることでしょう。

また、浮気されたショックは計り知れないものになり、あなたのことを信じていれば、なおさら浮気したことが許せない気持ちになってしまいます。

そんなカップルは、いつまでもラブラブで過ごすことができません。

浮気がばれた瞬間、どれだけ大切に思っていて相手でもあなたから離れていってしまうことでしょう。

異性の友達はいても彼氏・彼女に一途!

たとえ異性の友達がいたとしても、彼氏や彼女に対して一途な姿勢を見せることで、相手を安心させることができます。

異性の友達がいるだけでも心配になる彼氏や彼女もいます。

彼氏や彼女が異性の友達に対して嫌な気持ちにならないようあなたの配慮が大切になってきます。

あなたの配慮がきちんとできていないことで相手を誤解させてしまったり、相手を傷つけてしまうことがあります。

異性の友達がいることが悪いことではありません。

しかし、誤解を与えるような関係性や付き合い方であれば、彼氏や彼女に対して、いい気持ちを与えているとは言えないでしょう。

彼氏や彼女に対して1つの姿勢を見せるだけでなく、異性の友達は友達として割り切っていることをきちんと伝え、信頼してもらうことに注力しましょう。

3.自分中心の考え方

自分中心の考え方や、わがままな人は、やはり相手のことを考えることができず、ラブラブでいることを難しい状況になります。

どうしても自分中心に考えてしまうことから相手の気持ちや相手の立場を考えることが難しくなってしまい、ついには自分の考えや自分の気持ちを優先してしまうところがあります。

そんなことを続けていては、相手からも信頼される事はありません。

不信感が募るだけではなく、あなたに対して気持ちが冷めていくところもあるでしょう。

相手のことを思う気持ちがあるのであれば、きちんと相手の立場になり相手の考え方や性格、価値観などを尊重してあげるようにしてください。

それらができていないことで、相手を傷つけまた相手を振り回してしまうことにもつながります。

相手の気持ちを考えていない

そもそも、自己中心的な人は自分のことしか考えていませんので、相手の事は考えられないところがあるでしょう。

さらに、相手の気持ちを考えられない事は、相手のことがどれだけ好きでいても、そのあなたが相手を好きな気持ちを伝えることができません。

相手を好きな気持ちは、また相手のことを考える気持ちにつながります。

相手の立場や考えより、自分を優先してしまうのであれば、あなたとお付き合いをしている相手はあなたからの愛情を感じ取ることができないでしょう。

このように、相手の気持ちを考えていない行動や行為は、相手を傷つけてしまうだけでなくお互いの信頼や関係に深い傷を残してしまうことでしょう。

4.相手を疑う


相手を疑う事は、お互いに傷つけ合う結果を招いてしまいます。

たとえ、あなたの元カレや元カノが浮気をしていた過去があっても、今あなたとお付き合いしている相手が浮気しているとは限りません。

あなたのお付き合いしている彼氏や彼女が浮気をしていないにもかかわらず相手を疑ってしまうことで、相手を傷つけてしまうことにつながります。

相手のことを疑うのではなく、あなたが相手のことを思う気持ちがあるからこそ相手を疑う事はしてはいけないのです。

信じる気持ちがあるからこそお互いに信頼感が生まれ、強い絆で結ばれまた愛情が深まるものなのです。

相手を疑ってしまうことで、誰も得をする事はありません。

信頼関係がない

信頼関係がなくなってしまうことで、お互いを信じられなくなってしまい、また疑われた相手を傷つけてしまうことでしょう。

相手が浮気をしていないにもかかわらず、浮気を疑われたことで、「恋人から信頼されていない。」などと感じてしまい深い悲しみやショックを受けてしまうことでしょう。

あなたが相手を疑えば疑うほど、相手は傷つきあなたから離れていく結果を招いてしまうことになります。

あなたの独占欲が強かったり束縛する気持ちが強いことが原因で相手から信頼関係がなくなってしまうこともありますが、過去の恋人と、今お付き合いしている相手を重ねてみる事はやめておきましょう。

5.乱暴な言葉遣い

乱暴な言葉遣いの人の場合、相手を傷つけてしまうことになります。

そのため、2人の関係性は深くなることもありません。

乱暴な言葉遣いをしてしまうことで相手を誤解させてしまうこともあります。

あなたが思ってなかった言葉だったとしても、乱暴な言葉遣いをしてしまうことで、相手に誤解を招いてしまい、結果2人の関係が悪くなってしまうこともあります。

乱暴な言葉遣いをするのではなく、きちんとした言葉遣いであなたの気持ちや相手の気持ちを考えて話をするようにしてくださいね。

あなたの態度1つが、相手の心を左右することにつながります。

たとえ、育ってきた環境で乱暴な言葉が染み付いていたとしても、大好きな相手を傷つけないためにも改善していかなければならないところなのかもしれません。

6.相手が嫌がること平気でする

相手が嫌がることを平気でしてしまう事は、相手を傷つけてしまうことにつながります。

相手が嫌がっているにもかかわらず平気でしてしまう事は、相手のことを思っていないことと同じことになります。

特に、相手が何度もあなたに対して「○○はしないで!」などと言っていることにもかかわらず、何度もあなたは繰り返してしまうことで、相手からの信頼や信用を失ってしまうことになります。

相手が嫌がることを平気でしてしまう行為は、相手を傷つけることを覚えておきましょう。

もし、どうしてもやりたいことなのであれば、きちんと相手に理解をしてもらわなければなりません。

相手を納得させないにもかかわらず、相手が嫌がることを平気でしてしまう事は、やはり相手を傷つける行為につながります。

7.依存する

相手に依存してしまうことで、相手から「重たい」などと思われてしまうことがあります。

自立しすぎていることもちょっぴり問題はありますが、依存することで、相手が思うには負担に感じてしまうことがほとんどでしょう。

特に、恋人の場合依存されることでストーカーのような行為を働いたり、依存することで相手以外のことが見えなくなり相手に集中してしまうこともあります。

相手に集中してしまうことで、相手のことを束縛してしまうこともあります。

相手を束縛してしまうことでお互いに自由な関係ではいられなくなってしまいます。

相手に依存しすぎる事はあなた自身の心も苦しめてしまいます。

相手大分大ほど相手が逃げていくことを覚えておきましょう。

8.記念日を忘れる

お互いの大切な記念日を忘れてしまう事で、お付き合いをしている相手に対して愛情が薄れているように感じられることがあります。

また、記念日を忘れてしまう事はお互いの大切な日を忘れてしまうことになります。

そのため、どれだけ忙しくても記念日を忘れないことが大切です。

記念日を忘れてしまうことで、相手をがっかりさせてしまうだけでなく愛を感じられない関係になってしまうことで、信頼関係もすれてしまいます。

また、記念日を忘れられることで、相手から愛情を感じられなくなってしまうこともあります。

9.隠し事

相手に対して隠し事をしてしまうことで、嘘をつくことになります。

嘘をつくとその嘘をかばうためにまたさらに嘘を重ねてしまいます。

嘘を重ねる姿に、相手も感づいてくることでしょう。

また、隠し事をしてしまうことで、罪悪感を感じてしまう隠し事もありそうです。

相手を傷つけそうな隠し事があれば、なおさら罪悪感を感じてしまいますよね。

相手にやましいことがある隠し事なら、きっと相手が傷つくだけではなく、2人の交際が終わってしまうこともあります。

できるだけ隠し事をするのではなく、相手に素直になることも大切です。

また、隠し事を作ってしまうだけでお互いに傷つき別れが近くなってしまうことがあります。

できるだけ隠し事はしないよう健全な生活を続けていきましょう。

10.相手をけなす

相手をけなすようなことをしてしまう事で、相手を不快な思いにさせるだけでなく毛穴されてるように感じることがあります。

あなたの大好きな相手をけなしてしまうことで、相手を傷つけるだけでなくあなたがけなした相手とお付き合いをしている事になります。

あなたが、相手に対してレベルが低いような内容でけなしてしまう場合、そのレベルの低い相手とお付き合いしていることになります。

相手のことをレベルが低いとけなすのであれば、そのレベルの低い相手とお付き合いをしているあなたのレベルも高いとは言えないでしょう。

相手をけなすのではなく何か伝えたいことがあるのであれば、冷静になり感情的にならずに相手にわかりやすく伝えることが大切です。

11.「ありがとう」を言わない

感謝の気持ちがない人は、相手のことを大切にできない人になります。

特に「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない人は、相手のことを大切にすることができるだけでなく相手から大切にされない人になります。

また、「ありがとう」ないことでどれだけ相手に感謝の気持ちがあっても、その気持ちが相手に伝わることもありません。

もし、ささいなことにでも気づくことができず感謝の気持ちを伝えられることができなければ、相手はあなたに対し冷たい感情を抱いてしまうことでしょう。

このように、「ありがとう」と感謝の気持ちをきちんと伝えることができなければ、誰も幸せにすることができず、誰からも愛される事はありません。

12.やってもらって当たり前

ありがとう言えない人や、人に対して感謝をする気持ちがない人は、「やってもらって当たり前」なんて考えてるところもあります。

そんな気持ちで相手と接することで、相手は不快な気持ちになることでしょう。

やってもらうのが当たり前になる事で、小さな幸せに気付く事が出来なかったり、相手へ感謝の気持ちを忘れてしまうことで相手を見下したり、相手を対等に見ることができなくなってしまいます。

当然、そんな相手とはラブラブでいる事はむずかしくなり、果てには相手に愛想をつかされてしまいます。

やってもらって当たり前の気持ちは、誰に対しても気持ちのいいものではありません。

相手の気持ちを考えて、行動していくように心がけましょう。

13.デートは毎回どちらかの家

デートが毎回どちらかの家になってしまう事で、楽しめる事があれば別ですが、たまには、楽しく外でデートをしたいものです。

毎回同じデートコースや、デート内容になってしまう事で、新鮮さもなくなります。

ましてや、デートで外出せずお金もかからないデートなら、なおさら相手はあなたからの愛情を感じられないかもしれません。

相手の気持ちを考え、お互いに刺激を与えられる関係なら、当然ラブラブでいることができるでしょう。

デートが毎回どちらかの家になってしまう事で、よりお互いの気持ちがマンネリ化しやすくなってしまいます。

マンネリ化してしまう

マンネリ化してしまう事で、互いに「当たり前」だと感じてしまう事も多く、刺激が無くなります。

刺激がなくなってしまう事で、お互いの存在が新鮮に感じられなくなってしまいます。

マンネリ化してしまうと、互いにいる事が当たり前になってしまったり、当たり前にやっている事がルーティーンのようになり、変化を嫌うようになる事も…このように、変化する事の無い関係になる事で、面白みや刺激も無くなります。

そんな関係が続いてしまう事で、マンネリ化したり、互いにありがたみを感じられない関係になってしまう事もあります。

ラブラブなカップルで居るためには、マンネリ化は一番避けたいところになります。

14.相手任せ

相手任せになってしまう事で、お互いに特別感を感じられなくなってしまいます。

相手任せになってしまう事で、二人の意見ではなく、相手の意見になってしまう事も…。

相手任せになる事は無責任な姿に見えたり、時にはどうでもいいような姿に見えてしまう事もあります。

相手任せにしてしまう事が多い事で、あなたに対する気持ちが薄れてしまう事もあります。

相手任せにばかりしてしまうのではなく、あなたも2人の事に関して積極的に対応していく事で、より互いに心を通わせる事が増えるだけではなく、相手任せではなく2人の事は2人で考えていきたいスタンスを見せる事で、よりお互いの距離が身近に感じる事でしょう。

めんどくさがり屋

めんどくさがり屋は、相手から嫌われてしまう事を覚えておきましょう。

いくら相手に対して好きな気持ちがあったとしても、めんどくさい気持ちになってしまう事で、嫌われてしまう事があります。

さらに、めんどくさがり屋は、相手任せにしてしまうだけでなく、相手に決めてもらう事で喧嘩にならないと感じている事もあります。

しかし、毎回デートコースを相手に任せてしまう事で、相手はあなたに対して「たまには、デートコースを考えて喜ばせて欲しい!」なんて感じてしまう事も…。

相手にばかり任せてしまう事は、時として相手に不快な思いをさせてしまう事を覚えておきましょう。

15.連絡を返すのを忘れる

相手に対して連絡を返すのを忘れてしまうことは、どれだけ忙しくてもやってはいけません。

連絡を忘れるのではなく、遅らせる事は大丈夫です。

特に、仕事が立て込んでいるときはなかなか返信することができません。

しかし、連絡を返すことを忘れてしまっていては、相手はあなたから自分の存在を忘れられたことだと勘違いしてしまいます。

連絡を遅れてでも返すことが大切です。

連絡を返すことをしばらく忘れていたにもかかわらず、放置してしまうことで、相手から「自分の存在を忘れさられている…。」なんて思わせてしまうことがあります。

そんなすれ違いが続いてしまうことで、分かりに至るケースも少なくないようです。

連絡の返すの忘れるのではなく、遅れてでも返信するよう心がけていきましょう。

マメではない

特に、マメではない人にとっては連絡を忘れてしまうことが多いのではないでしょうか?

相手への連絡を忘れてしまうことで、すれ違いになってしまったり、マメではない性格から相手に誤解を与えてしまうこともあります。

このように、あなた自身の性格が本来真実でないことから相手を傷つけてしまったり、相手を誤解させてしまう事でよりラブラブでいられる確率が低くなってしまいます。

もし、相手のことを大切に思う気持ちがあるのなら、少しはまめに連絡をすることで相手を安心させることもできます。

あなたの考え方や立ち振る舞い、行動1つで相手とラブラブになることも可能なのではないでしょうか?

16.悪いことをしても謝らない

特に、悪いことをしても謝らない姿は相手に嫌な印象を与えてしまいます。

また、傲慢の印象やわがままな印象に見えてしまうこともあります。

あなたのプライドが高く、なかなか自分の非を認めることができない人や、自分が悪いと分かっていても相手に謝ることができなければ、相手を悲しい思いにさせてしまうこともあります。

相手が深く傷ついた時こそほど、きちんと謝罪をしなければなりません。

相手の気持ちや立場を考え、きちんと謝る姿勢は、誠実な姿に見るだけでなく、お互いが仲良くお付き合いを続けていくためには必要な行為になります。

もし、あなたが悪いことをしても謝らない性格であれば、相手とラブラブな気持ちでお付き合いを続けていく事は難しいと言えるでしょう。

ラブラブカップルが絶対にしないことを学ぼう

いかがでしたか?

ラブラブなカップルが出たいにしないことを学ぶことで、あなたたち2人の付き合い方に影響与えるかもしれません。

これまで、ラブラブカップルが絶対にしないことのこの国、たくさん当てはまってしまう場合、喧嘩が多いカップルになってしまっていたり、すれ違いが多いカップルになってしまうことも考えられます。

もし、あなたが相手のことを大切に思う気持ちがあるのであれば、これを機にラブラブカップルが絶対にしないことを心がけ、改善していくよう努めていかなければなりません。

このように、ラブラブなカップルが絶対にしないことを知っておくことで、今後2人の付き合いに影響を与えることもありそうです。

2人がいつまでもラブラブな時間を過ごすことができるよう、お互いに歩み寄りや距離感を保つだけでなく、互いに感じる嫌な気持ちを排除していくよう心がけていきましょう。

いつまでも、仲良しカップルでいられる事を願っています!

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718