片思いをした時まず一番に気になるのが、「この恋は実る可能性があるのか?ないのか?」ということではないでしょうか?

もし、その可能性を見極める方法があるのなら、みなさんも知りたいですよね…?

そこで今回は、“恋が実る可能性を見極める7個のポイント”と“脈ありサイン10個”をご紹介!

さらに、“片想いを実らせるテクニック”も教えちゃいます!

現在片思いをしている人は最後まで目を通してみて下さいね。

この恋に可能性はある?ない?見極め方が分からない!

「この恋に可能性はあるのか?それとも、ないのか?」それが分かれば、今後の出方も決めやすいですし、脈あり度合いによって効果的なアプローチの仕方も変わってくると思います。

しかし、「脈ありか脈なしかの見極め方が分からない…!」という人は少なくないはず。

「雰囲気は良い感じだけど、自分の勘違いだったら困る…」とか「仲は良い方だけど相手の好意は恋愛感情ではなく、友情かもしれない…」と悩んでいる人も多いでしょう。

今回はそんなお悩みを解消する為に、“恋が実る可能性を見極める7個のポイント”と“脈ありサイン10個”をご紹介していくので、片思いの相手がいる人は是非参考にしてみて下さいね!

恋が実る可能性を見極める7個のポイントって!?

それではいよいよ、“恋が実る可能性を見極める7個のポイント”をご紹介していきたいと思います。

次のポイントに多く当てはまる程、恋が実る可能性も高いということになるので、みなさんも片思いの相手にどれくらい当てはまるか、1つずつチェックしてみて下さいね!
それでは確認していきましょう。

相手から連絡がくるか


多分、好きな人にアプローチをする為にこちらから連絡をすることはあるでしょう。

もし、相手からも自分と同じくらいの頻度で連絡が来るとか、むしろ相手からの連絡の方が多いということであれば、相手はこちらに(恋愛感情とは限りませんが)少なからず好意を抱いているということになります。

連絡をしてくるということは、「この人と話したい」「もっと相手の事を知りたい」という気持ちの表れでもありますからね。

逆に、連絡をするのはいつも自分からとか、相手からは1度も連絡が来たことがないという状況だと、残念ながら可能性は低いと言えるかもしれません。

連絡がないということは、「特に話すことがない」「相手に興味がない」という気持ちがあると考えられるからです。

ただし、相手から連絡がないのは、単に相手がメールやLINEでのやり取りが苦手だったり、こちらを異性として意識しているからこそ連絡できないでいる可能性もあります。

やはり好きな人に連絡をするとなれば多少なりとも緊張しますし、「何を話せば良いのだろう…?」「緊張のあまり変なことを言って相手に嫌われたくない!」という思いもあるでしょうからね。

なので、相手からの連絡頻度だけで可能性のありなしを判断せず、他のポイントも合わせながら見極めていくのが確実でしょう。

連絡が続くか

例えば、こちらから連絡を送ったときに、(催促をしなくても)相手からの返事が必ずくるとか、どちらかが連絡をした際に、会話がある程度続く(本題以外の話題をするなど)ということであれば、相手もこちらにある程度好意を抱いていると考えられ、恋が実る可能性もあると言えます。

ただし、ごく稀に会話が盛り上がるとか、こちらが一方的にダラダラと話すというのはカウントされません。

これはあくまで、相手に「やり取りを続けたい」という意思が見られる場合に限ります。

例えば、相手が本題以外に何か話題を振ってきたり、一旦連絡が途絶えてもその後すぐに相手から連絡がくる様なら可能性は高いと言えるでしょう。

一方、(忙しい訳ではないはずなのに)毎回、相手が早々に切り上げたがるとか、忙しい期間を除いて1度連絡をしてから連絡が一定期間途絶えることが多いという場合は、可能性は低いかもしれません。

例えメールやLINEが苦手だったとしても、毎回の様に会話を切り上げたがるのは、ハッキリ言って拒否の表れだと思います。

この場合はしつこくすると逆効果なので、相手から連絡がくるまで待つのも手です。

一旦引くことで、「今まで連絡がきてたのに、どうしたのだろう…?」と相手に意識させることができるかもしれません。

二人で会ってくれるか


デートでなくても、ちょっとした食事やお茶でも良いのですが、とにかく二人切りで会う誘いに乗ってくれるということは、相手もそれなりにこちらに好意を抱いている証拠。

特に相手の方から頻繁に誘ってくれるなら、恋が実る可能性も十分にあると言えます。

ただ、友情としての好意でも二人切りで会うことはすると思うので、二人ですごしているときの相手の様子をよく観察して判断すべきでしょう。

逆に、こちらが誘った際に毎回の様に「忙しい」と断られたり、何かしらの理由をつけてはぐらかされる場合は、可能性は低いかもしれません。

「二人よりも大勢の方が楽しいよ」と言って複数人でなら会ってくれる場合は、こちらの好意に気付いていて期待をさせない為(=こちらの好意には応えられないから)の相手の気遣いという可能性も考えられます。

ただ大勢でも会ってくれる場合は、完全に拒否された訳ではないので、そこから頑張って振り向かせるということもできるかもしれません。

向こうから話しかけてくるか

これは連絡事項を伝える為とかではなく、相手がわざわざ会いに来て挨拶をしてきたり世間話をしてきたりする場合の話になります。

ただ、単に相手がお喋り好きだった場合は特別な好意がなくても話しかけてくることがあると思いますし、逆に相手が口下手だった場合は好意があっても(というか好きだからこそ)話しかけるのが難しいということもあるので、正直判断が難しいところではあるでしょう…。

こちらから話しかけたときに、相手からも色々話題を振ってきて会話が盛り上がることが多いとか、相手自身はあまり喋らないけどこちらの話を楽しそうに聞いてくれるなどの様子が見られる(話す事自体は嫌そうでない)場合は、相手に好意を持たれていると期待しても良いかもしれませんね。

連絡の返事が早いか

こちらが連絡をした際に相手からの返事がすぐにくる(しかもほぼ毎回)ということは、こちらからの連絡を待っていた、もしくは連絡が途絶えない様にすぐに返事をしてきている、とも考えられます。

素早く返事をすれば、そのままテンポ良く会話が続く可能性がありますからね。

相手がこちらに恋愛感情としての好意を持っているなら、返事が必要な連絡に対して返信をしないor既読スルーをすることは、相手(こちら)に悪い印象を与える恐れもあるので、あり得ないのではないでしょうか?

ただし、必ずしも連絡頻度の早さが恋が実る可能性と比例している訳ではありません。

実際、相手は関係なく即返信が当たり前な人もいますよね?
いくら返信が早くても、それでは可能性が高いとは言えません。

逆に、返信が遅いからといって可能性が低いとは限らない場合もあります。

例えば、携帯を操作できない状況にあったり、忙しければすぐに返信をしたくてもできないでしょう。

それに、好きな相手に送るメッセージだからこそ、「返事をじっくり考えて送りたい(変なことを言って引かれたくない…)」と考える人や、メールやLINEが苦手で返信するのに(どう返せば良いか分からず)手間取ってしまう人もいると思います。

なので、例え返信が遅くても、こちらの連絡に毎回きちんと返してくれるなら、「可能性は低いかも…」と判断するのは早計かもしれませんね。

真面目な話をしてくれるか

会話をする機会が多いということは、相手がこちらに少なからず好意を抱いているのは確かです。

それが和やかな雰囲気なら尚更でしょう。

ですが、話題が世間話ばかりなのは、単に人付き合いを円滑に進める為の行動(=友達と仲良くする為)とも考えられる訳です。

恋が実る可能性高い場合なら、世間話だけでなく相手が真面目な話をしてくることがあります。

例えば、自分の将来の話・今悩んでいること・他の誰にも言っていない秘密の話etc…
そういった話をしてくるということは、相手に「自分のことをもっと知って欲しい!」という気持ちがあるからでしょう。

特に男性の場合、特にプライベートな話は本気で好きな人にしか話さない傾向にあります。

男性はプライドの高い人も多く、通常は「女性の前では格好良い自分だけ見せたい」と考えるもの。

つまり、自分のことについて話すというのはある意味、弱点を晒すのと似ているのです。

ですが、好きな気持ちが大きければ大きい程、逆に「弱い自分も知って欲しい」と思うものなので、自分の事についてやたら話してくる場合は、相手の本気度が高いと期待して良いかもしれません。

質問してくるか

自分のことを話すのはもちろん、「好きな相手のことを知りたい!」という思いは誰にでもありますよね?
なので、こちら(特にプライベート)のことについて相手に細かく質問されるということは、相手がこちらを異性として意識している可能性が高いのです。

ただし、相槌としての適度な質問は別ですよ?

例えば、メールやLINEのやり取りをしていて、相手からのメッセージに「?」マークが多くついている(=質問攻めにされる)のは、「あなたの事が知りたい」「もっと会話を続けたい」という気持ちの表れと言えるでしょう。

見破ろう!これがあれば脈ありサイン!!

脈ありの場合や相手が少なからずこちらに好意を持っている状態なら、それが普段の言動にも必ず現れているはず。

それは、どんなにポーカーフェイスが得意な人でも、本人が気持ちを必死に隠そうとしても、無意識に出てしまうものなのです。

という訳で続いては、“脈ありサイン10個”をご紹介していきます!
先程の“恋が実る可能性を見極める7個のポイント”と合わせてジャッジしていけば、相手の気持ちもより正確に見破れるはずです。

それでは早速見ていきましょう!

目が合う

頻繁に目が合うのも脈ありサインの1つです。

よく目が合うのは、相手がこちらを見つめているからでもあります。

好きな人のことは無意識に目で追ってしまうものですよね?

誰かに見つめられていると何となく視線を感じるものだと思いますが、「見られている気がする…」と思って視線の方を向いた時にその相手と目が合う…しかもそれが何度も起こる様なら、間違いなく脈ありサインでしょう。

ただし、逆のパターンで目がよく合う場合もあります。

こちらが相手の事をじっと見つめていたら、相手もその視線に気付いてこちらを見るでしょう。

つまり、それで目が頻繁に会うというケースもあるのです。(当たり前ですが、この場合は脈ありサインには入りません…)

また、相手が見つめているのは好意ではないパターンも!

例えば、髪や顔に何かついていたり化粧がいつもより濃かったり、服にゴミやタグがついているのを発見すれば、誰だって気になってつい見てしまうのでは…?(異性からだと指摘し難い場合もありますからね…)

それに、こちら絡みの話や噂を聞いて何となく見てしまう、というケースも考えられます。

そういったパターンの場合は、“熱い視線”や“幸せそうな表情”ではなく、微妙な視線や表情で見つめてくるはずなので、「何か変だな…」と思ったら一応トイレなどで身だしなみを確認した方が良いかも…。

脈ありの場合は、目が合った瞬間に顔を赤くしながらわざとらしく視線を逸らしたり、逆に嬉しそうにニコッと笑うかのどちらかの反応が見られるでしょう。

ちなみに視線を逸らすのは、見つめていたことを悟られたくない為です。

見つめていたと分かれば、好きな気持ちが微妙な形でバレて下手をすれば避けられてしまう恐れもありますからね。

もし、そういった感じて頻繁に目が合う様なら、こちらから話しかけに行ったり同じく笑顔で返すなどして、積極的にアプローチを仕掛けると良いでしょう。

こちらの好意が上手く伝われば、告白される日も近付くかもしれませんよ!

恋バナをしてくる

恋バナをしてくるのも脈ありサインの1つ。

特に(他の人にはしないのに)こちらに対してのみフリーアピールをしてくる場合は、脈あり度もかなり高いと言えるでしょう!

他にも、自身の恋愛遍歴や「恋人がいたらどういうお付き合いをしたいか」といった話を詳しくしてくるのは、確実にこちらを狙っている証拠です。

というのも、「何年恋人がいない」とか「今までの恋人のタイプ」の話はフリーアピールであり、こちらの気を引く為に仕掛けているとも考えられます。

また、「恋人がいたらどういうお付き合いをしたいか」という話は、それを通して「自分を恋人にすると、そういうお付き合いができるよ!(=メリットが沢山だよ)」という自分の恋人としての魅力をアピールしているとも考えられるからです。

それから自分のことだけでなく、こちらの恋愛について聞いてくるのも脈あり度が高い証拠と言えます。

上でも、「質問をしてくるのは恋が実る可能性が高い」と話した様に、「恋人はどのくらいいないの?」「異性のタイプは?」「今、好きな人はいる?」といった(下手をすれば気持ちがバレてしまう様な際どい)質問は、こちらを異性として意識していなければなかなか出てこないはずです。

ただし、女性の場合は恋バナ大好きですし、単なる興味本位からそういった質問をしてくる場合もあるので、答えたときの反応に注目してみましょう!

こちらの答えに一喜一憂している様なら脈あり度は高いでしょうし、ただ面白そうに聞いている場合は単純に恋バナが聞きたかった可能性が高いです。