今こそライバルに差をつける!仕事の進め方のコツを身につけることで驚くほど仕事がはかどります!

仕事の進め方のコツを具体例を交えながら徹底解説!

これを読んであなたも要領よく仕事ができる人間になりましょう!

仕事の進め方は人それぞれ?実はコツがある!

よーいドンで全く同じ仕事を始めても、仕事の出来不出来やかかる時間は人によって違う結果になります。

それは人それぞれ仕事の進め方が違うので、少しの違いでもそれが積み重なることで大きな差がでてくることもあります。

ですが、周りの人に抜きんでて速く、そして正確に仕事をこなせる人もいます。

その人はその他大勢の人達よりも能力が特に優れているのでしょうか?いえ、そうではありません。

人の能力なんてそんなに大差などありはしないのです。

実はこういった人は仕事の進め方のコツを知っているのです。

コツを知っているから非常に効率的に仕事をこなすことができます。

意図的にそのコツをつかむ人もいれば、偶然つかんでしまう人もいるようです。

仕事を上手く進める方法とは?8個のコツと具体例を解説!

社会人は結果が全てです。

周りの同僚に勝って出世するためには量でも質でもいい仕事をして結果を残す必要があります。

周りよりいい結果を出している人の仕事ぶりを見ると、非常にスムーズにうまく仕事を進めている印象を受けます。

それでは仕事を上手く進めるためのコツとはどこにあるのでしょうか?その具体例をご紹介いたします。

1.メモを取ったものは専用ボードに貼り付ける

人間の記憶とはあいまいなものです。

自分は記憶には自信があるなどと言っている人ほど、肝心なことをあっさり忘れていることもあります。

それくらい記憶とは信用できません。

ですから、事あるごとにメモをとる習慣が大切になってきます。

「メモ?そんなものは常にとっているよ」という人も多いと思います。

確かにメモをこまめにつけている人は多いです。

しかし大半の人がそのメモを活かすことができていません。

ただメモをとって手帳を埋めているだけなのです。

メモ用のボードを作成すること

仕事のできる人はメモをうまく活用します。

そのためにメモ用のボードを用意するのです。

ですから手帳にメモを書くよりも、はがして貼ることのできるふせんのようなもののほうが使い勝手が良いと思います。

手帳に書くと書くだけで読み返していない人が非常に多いです。

また後で読み返せばいいやと思っているのでしょうが、ほとんどの人は読み返すことはしません。

これではなんのためにメモをとっているのかわかりません。

そういうことをなくすためにボードを作るのです。

ボードに貼り付けることで見やすさが出る

ボードにペタペタとふせんを貼っていくことで常に目に入る状態を作ります。

終わったものに関しては捨てて、また新しいメモを貼ればいいですから常に今注意すべきことを目にしておくことができます。

いちいちメモをひらいて該当箇所を探す手間が省けますので効率的です。

せっかくメモをとったのに読み返すことがなければ何の意味もありません。

一瞬でメモの内容が思い出せるように見やすく貼るということがポイントです。

適当に机に貼るのはNG!

しかし、こういったメモボードも適当に机などに貼るのでは効果がありません。

優先順位の高いものから順番に、整列して貼っておくことが大切です。

こういうメモボードを作る目的は大事な項目をすっきりと整理して認識するためのものです。

乱雑な貼り方をしていたのでは頭の整理ができません。

わかりやすく整理されているということが重要ポイントなのです。

一瞬で自分がすべきこと、忘れてはいけないこと、買うべきものなどが分かるようにメモボードを作ることが大切なのです。

2.「ほうれんそう」をしっかりとする


「ほうれんそう」は仕事の基本であるということは昔から言われていることです。

「ほうれんそう」とは報告・連絡・相談のことです。

そんなことは当たり前だという声がありますが、そんな当たり前のことをちゃんとできていない人が多いということが問題なのです。

自分は「ほうれんそう」がちゃんとできている人間だと胸を張って言えますか?言えない人も多いのではないでしょうか。

集中力、観察力の欠如やチームワーク意識の欠如など、できていない要因はいろいろあります。

今一度「ほうれんそう」を徹底することから意識すべきではないかと思います。

報告は素早く

仕事は一人でするものではありません。

大抵の場合自分の上のポジションにいる上司がいるもので、組織とは上司から部下へ、そしてその下へというピラミッド構造になっています。

ですから、自分がした仕事や仕事で起こった出来事についてちゃんと上に報告する義務があります。

その報告はできる限り素早く行うということが大事です。

それをもたもたして報告が遅れる人が結構います。

上司としてはイライラしますし、仕事の進みにも影響がでてくるでしょう。

報告は素早く上げるのは基本中の基本です。

連絡は的確に

チームで動くのが会社組織というもので、いかにチームが一丸となり同じ方向を向いて仕事をするかということが仕事の効率化には大切です。

ですから仕事に関する連絡の伝達は的確におこなわなくてはいけません。

もし間違った情報を伝えてしまうと仕事が全く違う方向に動いてしまいます。

伝言ゲームというゲームがあります。

隣の人に伝言して最後の人が最初の人の伝えたかったことを言い当てるというゲームですが、途中で伝え間違えて全く違う答えになっていることもしばしばあります。

ゲームならこれでいいですが、仕事においてこういったことは許されません。

的確に一語一句間違えないように連絡は伝えましょう。

何かあれば相談をする

「こんなことも分からないのか」と上司に怒られるのが嫌で、何か問題があっても上司に相談しない人がいます。

同僚に知られても馬鹿にされそうだしということで、結局自分の中で抱え込み、自分で処理をしようとしますがわからないことを自分で解決できるはずもなく、問題が大きくなってから初めて表面化し、組織全体に迷惑をかける結果になってしまいます。

どんなことでも何かあれば周囲に相談することが大切です。

一番よくないことは自分だけで抱え込んで問題を表に出さないということです。

皆で処理すればたわいもないことなのに、自分だけでやろうとするから何倍も時間がかかるのです。

3.気分転換は外に出よう!


人間の集中力というものは続いてもせいぜい40分から1時間くらいだと言われています。

2時間も同じ作業をしていると集中力も低下し体も心も疲弊してしまうでしょう。

そうなると仕事の効率もグンと落ちてしまいます。

休憩もろくにとらずに長時間労働したところで、集中して短時間で作業するのと仕事の質や量はさほど変わらないのです。

ですから仕事の合間に少し気分転換を行うことは非常に重要です。

例えば、午前中の仕事が終われば、昼ごはんがてらに外へ出るのはいいことだと思います。

ランチをすました後に会社のまわりをちょっと散歩して仕事に戻ればいいのです。

業績のいい会社というのは社員が仕事に集中できるように時間のマネジメントもしっかりおこなっています。

どこでどのくらいの休憩をとるのが一番ベストかを常に研究して実践しているのです。

休憩時に軽いスポーツなど会社内でレクリエーションをしているところも多くありますが、気分転換にとてもよいと思います。

会社にずっといると重い空気になってしまう

いけないのは出社から退社するまで会社から一歩も出ない人です。

お昼も節約のためにお弁当を持参し、自分のデスクに座って食べ、動くことをしません。

これでは空気が重苦しくなってリフレッシュできないと思います。

弁当だとしても外で食べればいいのです。

近くに丁度いい公園などがあれば最高で、景色を見ながらベンチに座って弁当を食べるなんてとてもいいと思います。

たとえ5分でもいいから会社から出るということが大切です。

コンビニで雑誌を立ち読みするのもいいでしょう。

とにかく一旦会社というスペースから頭を切り離すということが大切です。

休み時間の間に少し遠出してもOK!

お昼休憩というのは会社によって時間の長さの差はありますが、大体1時間くらいのものだと思います。

ですから、この時間を利用して少し遠出してもいいと思います。

少し遠くまでランチを食べにきてもいいし、さっさとお昼を済ませて近くを散策するのもいいでしょう。

会社にいる間は仕事のことしか考えてはいけないなどという固い頭では逆に、いい仕事なんてできません。

仕事をしている時でもメリハリをつけることが大事なのです。

休み時間は同僚と冗談の一つでも言い合って笑い合い、仕事になればピリッと引き締める。

これが大事なのです。

4.失敗したことを重く受け止めない

仕事を効率よく進めていくコツということですが、何のミスもなく次から次へ仕事がはかどるならいいのですが、実際はそんなことは滅多にありません。

常に何かしらのミスはあるものです。

問題は失敗をしたときにどう対処するかで決まります。

例えば仕事でミスをしてしまった、上司に怒られます、同僚にも迷惑をかけてしまいます。

もうそれだけで心が折れてしまって仕事が手につかなくなる人もいます。

失敗は反省しなくてはいけません。

反省し次に同じミスを繰り返さないということが大切ですが、あまりにも失敗を重く受け止めてしまって次に進む気力を失ってしまうというのはいただけません。

失敗は誰でもあるものと考える

どんなに優秀と呼ばれる人達にも失敗というのはつきものです。

しかし優秀な人は失敗からいろんなものを拾い、学びます。

野球選手は打率3割以上打てれば一流とされています。

3割ということは7割は失敗しているわけです。

100回中70回失敗する中で何を学び、何を次の打席に活かせるかを常に求められるのだと思います。

私たちの仕事もミスをしたときにそれを次につなげるミスにすることが大事なのです。

次につなげられない人は、延々と同じミスを繰り返します。

同じミスを繰り返すのは愚の骨頂というべきことであり、仕事ができないダメな人という烙印を押されても仕方ないでしょう。

ミスからいかに学ぶかで、人生は大きく変わります。

5.仕事前には甘い物を摂取しよう

朝早くからの仕事だと、脳がまだ寝ている場合があります。

低血圧の人は特に朝に弱い人が多く、なかなか布団から起きることができないという人もいます。

そんな状態で眠い目をこすりながら仕事を始めた場合なかなか仕事をシャキッと始めることができません。

そこで対策法として甘いものを摂取するということです。

甘い物を口にすると血糖値が一気に上がるので頭が冴えてくると思います。

朝コーヒーを飲むという人は、砂糖を入れたコーヒーを飲むことで頭を起こしているのでしょう。

チョコレートなどを少しだけ口にするのも即効性があっていいと思います。

脳が寝ている状態で仕事をしないようにする

要は、寝ている脳を起こしてあげる作業をやっているわけです。

それに甘いものを口にするのが効果的なのであって、朝から甘い物ばかり食べるのを推奨しているわけではありません。

本当ならなにもしなくとも朝からシャキッとしてバリバリ働くというのが当たり前です。

朝に脳がなかなか起きないというのは、もともと朝が弱いという体質もありますが、やはり前の日の過ごし方、睡眠の取り方などがよくないからというのが大いにあると思います。

まずは睡眠をしっかりととることが大切です。

夜更かしなどをして睡眠不足になっていないかどうかをチェックしたほうがいいと思います。

6.仕事後の過ごし方は特に大事!

アフターファイブという言葉があります。

仕事後の時間を差すのですが、この時間をどのように使っているかというのは、仕事のパフォーマンスに非常に影響を及ぼします。

毎日のように深酒をして夜更かしをするような生活をしていて、仕事がはかどるわけがありません。

仕事後の時間は翌日もいいコンディションで仕事をするための自分の体と心のメンテナンスをする時間であると考えておいたほうがいいと思います。

そう思っておけば軽はずみな行動はしなくなるはずです。

食事の後に散歩などの軽い運動をするとか、少し読書をするとか、心が穏やかになるような行動をとるべきであると思います。

とはいえ、仕事人間というか、仕事だけが人生の全てというのも寂しいものです。

プライベートにも楽しみや目標を持って過ごすということがバランスの良い生き方だと思います、

好きなことをしてもいい

仕事の後はさっさと家に帰ってすぐに休まなければいけないと言っているわけではありません。

基本的には好きなことをすればいいのです。

ですが、翌日の仕事に少しでも影響の出るようなことは慎むべきだということです。

それ以外なら好きなことをしてストレスを解消してリラックスすることは大切なことです。

一日の中に数分でも自分の好きなことをする時間を作ることは大切です。

やはり好きなことをしている時は楽しいし幸せを感じます。

仕事一辺倒ではどこかで息切れを起こしますから、間に楽しいことをちょこっといれるだけで、仕事とのメリハリが出ていいと思います。

疲れているときはマッサージなどに行く

意外と軽視されていますが、デスクワークなどで凝り固まったは体に大きな悪影響を与えています。

ただの肩こりと思っているとそれが原因で体調を壊してしまうことも多々あります。

そういう状態をなくすためにも、疲れを感じた時にはマッサージにいくことをお勧めします。

やってみるとやみつきになるほど効果があると思います。

最近は駅に併設されたマッサージ店も多く、少しの時間しかない人でも気軽に利用できますので是非よってみましょう。

肩こりや首こりを放っておくと姿勢がさらに悪くなります。

そうすると呼吸が浅くなって様々なところに異常がでるでしょう。

呼吸は全ての基本です。

体を柔らかく、そして姿勢を正すことによって深い呼吸ができるようになります。

深い呼吸は自律神経の安定、心拍数の安定などをもたらすので、落ち着いて物事に対処できるようになるでしょう。

ですから体が固くなってきたなと思ったらマッサージをするよう心掛けましょう。

7.チャレンジ精神を持つ

人間は常に自分を成長させる、今まで行ったことのない高みへ自分を持っていくというチャレンジ精神というものが非常に大切です。

挑むという気持ちを持っているかいないかでは仕事に対する情熱が全く違ってきます。

チャレンジというのは100%成功するという保証はどこにもありません。

何をやるかによって違いますが失敗するリスクもあるわけです。

そんな状況の中で成功することができたらドーパミンが多く分泌されて、また挑戦したくなるわけです。

新しいことにチャレンジをしていく気持ちを常に持つ

人間というのは放っておくと楽なほう楽なほうへと流れていきます。

いつも自分が慣れた行動をとりたくなりますから、どんどん住む世界が小さくなり縮こまってしまいます。

そうならないために、常に新しいことにチャレンジして心も体もフレッシュな状態を保っておくことが必要です。

自分の専門外の新しい分野の仕事にも挑戦してみて、引き出しを増やしていくとか、普段は交流のない上司と積極的にコミュニケーションを図るとか、新しい刺激で自分を鼓舞していくことが大事です。

歳をとるに従って、何か新しいことを始めることに抵抗感を感じるようになります。

「自分の歳でいまさら始めても、、。」とか「体力がついていかないのではないか」とか、「自分より若い人間に馬鹿にされるのではないだろうか」などと理由をつけてチャレンジすることをやめてしまう人が多いです。

歳は関係ありません。

いくつになっても好奇心を持って新しいことに触れることをやめないようにしたいものです。

失敗をしてもいいと考えることも必要

チャレンジに失敗はつきものです。

やることなすこと百発百中でうまくいくなんて考えは完全に捨て去りましょう。

失敗をしても大丈夫という考えが必要です。

極端に言うと10回チャレンジして9回失敗しても1回のしっかりとした成功があればそれで十分とも言えます。

失敗しても何度も立ち上がり、ファイティングポーズをとり続けた者だけが高みに行けるのです。

世の中の成功者の自伝などを読んでみると、成功の前には膨大な数の失敗が横たわっていることに気づきます。

99回失敗して100回目に成功したなんていう人もいます。

失敗を恐れるべからずです。

8.無理なくできる範囲で仕事をする

全てのことを完璧にこなそうとしてはいけません。

社会人になり歳を重ねるごとに意識すべきことは、自分が無理なくできるジャンルの仕事はどういったことかということです。

無理なくできる仕事をそつなくきっちりとこなす、この考えを柱にして仕事を進めていくだけで、仕事ができる人間になる土台は完成できます。

そのうえで新しい仕事を上乗せしていけばよいのです。

まずは得意分野でしっかりと結果が残せる体制をいかにとれるかにかかっています。

それには自己の分析というものが不可欠になってきます。

自分の強みは何なのか?無理なくできることは何か?周りの人間より秀でているものは何か?という具合に長所の洗い出しをしてください。

嫌々したり無理をすると効率が大幅に低下する

長所の洗い出しが終わったら次は短所です。

自分の苦手なこと、嫌いなことは何か?ということの確認です。

やりたくないこと、苦手なことを無理にやろうとすると、どこかで必ず無理がきて限界に達します。

そうすると仕事のモチベーションも下がり、効率が大幅に低下することになるでしょう。

長い仕事人生です。

無理はいけません。

常に一定のペースでぶれずに仕事をできる体と心を保つことが一番大切ですから、嫌だなと思いながらやる仕事はやらないと決め、誰か他のできる人に任せればいいのです。

仕事が進まない人の特徴とは?

人間の能力なんて個人差はほとんどありません。

しかしながら仕事をバリバリこなせる人と、いつまでたっても進まない人がいるのはどういうことでしょうか?ここでは仕事が進まない人に共通する特徴をご紹介いたします。

自分がもし当てはまっているならば、改善していかなくてはいけないでしょう。

飽きてしまう

成功するために必要な能力を一つ挙げろと言われれば、やはり「やりぬく力」ではないかと思います。

最初だけは皆頑張ります。

途中までは数%人間は頑張ります。

しかし最後の最後までやり抜ける人というのは、ほんの一握りの人間しかいません。

それが大切であるということは誰もが分かっているのにできないのです。

仕事が進まない人の最大の要因は「飽きっぽい」性格にあると思います。

とにかくすぐに飽きてしまう。

30分くらいたつと飽きて身が入らなくなり、休憩したくてたまらなくなります。

これでは仕事が進むわけはありません。

大学入試一つをとってみても、東大に行くような人は、他の人々より生まれつき能力が抜きんでていたのでしょうか?答えはNOだと思います。

人間の能力の差など微々たるものです。

どこで差がつくかというと、飽きずにやり抜けるかどうかだと思います。

小さいころからそれを続けてきた人は、しっかりと最後まで何事もやりとげる精神力を養っているので少しのことで飽きることはありません。

仕事ができない、勉強ができない人の共通の特徴としてはやはり「飽きっぽい」ということが言えると思います。

他のことに気をとられてしまう

仕事中なのにスマホが気になってしまったり、気になる同僚の女性にばかり気がいって仕事が手につかなくなるという人がいますが、一体何をしに仕事に来ているのかわかりません。

集中力が散漫でそわそわして落ち着かない様子です。

こういう人は自分が今、何に集中すべきか、何を優先すべきかということが全くわかっていないので、目につく情報すべてに気がいってしまうのでしょう。

これでは仕事をどんどん進めていくことなどできないでしょう。

人間は慣れれば一度に2つでも3つでも複数のことを同時進行ですることができます。

しかしこういう人は物事を処理する能力が1つしかないので、複数のことが頭に入ってくると混乱して気が散ってしまうのでしょう。

気になることがある

生きていれば誰しも悩みや気になることの一つや二つくらい常にあるものです。

家庭の問題や恋愛問題、そして金銭問題など様々ですが、仕事の時にはそういったものは断ち切って集中しなければいけません。

それなのに気になることが頭から常に離れず、仕事中も上の空です。

これではミスもでるし積極的に仕事を進めていくこともできないでしょう。

仕事中に悩みについて考えてみたところで仕事の支障になれど、悩みの解決には一切ならないというとが理解できていないのでしょう。

仕事のできない人の特徴として公私混同してしまうというのがあります。

仕事とプライベートを分けることができず、仕事で悩みがあればそれを家庭にもちこんで家族を心配させるし、家庭の問題があれば仕事が手につかなくなるという人です。

人間ですから悩み事があれば不安になることは理解できます。

しかし、全てを混同してしまったら仕事もプライベートのどちらもうまくはいかなくなってしまうでしょう。

やる気がない

何をやるにしても、どうにもいまいちやる気がでないという人がいます。

常にけだるさを感じていて、何をするのも億劫で面倒臭いと思っている人間です。

実はこういう人は非常に多いです。

自分の損得に関係することしかやらず、他人に非協力的で極力無駄なことをしたくないと考えています。

仕事も言われた最低限のことしかせず、自分を進化させようとする気持ちが欠如しています。

こういう人間が成功の喜びを掴むことはできないでしょう。

何をするにしてもやる気、意欲を持って取り組むというのがうまくいくための基本です。

こんな生き方をしていると必ず歳をとってから後悔をすることになるでしょう。

ストレスを感じている

良い緊張感、ある程度の危機感を持って仕事に取り組むということは非常に大切なことです。

あまりにも仲良しグループでぬるま湯な関係だと締まりがなくなっていけません。

しかし、あまりにも緊張感がありすぎることや、上司からのプレッシャーがありすぎる環境というのはストレスになります。

過度なストレスというのは体や心に甚大な悪影響を及ぼしていきます。

そうなると仕事をする体力や気力も削がれ、やがて仕事が全くできなくなってしまうでしょう。

ストレスは軽く考えると大変なことになることがあります。

毎年問題視されている過労死の問題なども、大きなストレスに耐えきれなくなって遂に限界に達した人たちを表しているように思います。

疲れている

仕事をバリバリとこなしていくために一番大切なことは体が健康でタフであるということでしょう。

そうでないと踏ん張りがきかなくなって継続して頑張ることができません。

しかし、朝の通勤電車に乗っている会社員の人々の顔を見ると、非常に疲れた顔をしている人が多いことが気になります。

皆疲れているんだなあというのがとてもよく分かります。

こういう人々は日々の仕事をこなすので必死で、自分のコンディションを最高の状態に保つ準備を全くやっていないのでしょう。

長い年月仕事をバリバリと現役でやっていくために一番大事なことは体が丈夫であるということです。

全ては健康な体が基本です。

食生活を見直したり、筋トレをして筋肉をつけたり、睡眠の質を上げる努力を少しするだけでも随分体調は良くなります。

疲れにくい強い体にできたら、仕事のパフォーマンスも見違えるほど良くなることを実感できるでしょう。

仕事を効率よく上手く進めよう!

一つの仕事をするにしても、さっさと終わらせる人もいれば、いつまでも終わらない人もいます。

それをあの人はできるから、あの人は出来が悪いからという言葉だけで片付けてしまうのは間違いです。

人の能力にはそんなに差はありません。

あるのは意識であったり、準備の仕方だったり、考え方の違いです。

仕事に対する自分の考えを改めることで、もっと仕事を効率よくできる人間になることはできます。

なんだかんだ言っても社会人に必要なものは結果です。

結果を周りの人間たちよりも出すためには、効率よく仕事をこなす術を身につけておく必要があります。

それにはまず自分を知り、心と体の状態を常に整えながらほどよい緊張感を持って意欲的に取り組むことが大切なのだと思います。

若い時はがむしゃらに仕事に打ち込むという時期も必要でしょう。

しかし、長いスパンで考えた時に健康を維持することであったり、メンタルを安定させるということは必要不可欠なことであると思います。