人間同士が一緒に過ごせば、互いに意見の食い違いが出る事もあるでしょう。

自分としては、優しく指摘したつもりでも相手からすれば怒りを感じてしまう事もあります。

悪気が無かったとしても、それがきっかけでいさかいに発展してしまう事もあります。

人との関係など実にもろいものです。

それまで仲良く一緒に過ごす事が出来ていた人もそれをきっかけに、あっという間に気まずい関係性になってしまう事もあります。

だからこそ、物事の言い方には気を付けなければならない事も多々あります。

最近では若者たちのコミュニケーション能力の低さが問題になっています。

その為、周りの人と上手く関わる事が出来ずに孤立してしまう人も多くなっていると言います。

自分の物差しだけで、発言をすると相手から誤解を受けたり、よくない空気になってしまう事も多々あるのです。

だからこそそうならないようにする為にも、自分の発言をきちんと認識しておくことは大切です。

他人を注意することは、普通に話をするよりも難しい場面が多々あります。

その中でいかに上手く相手に自分の思っている事を素直に伝える事が出来るかどうかが大切なポイントなのでしょう。

今回は、間違いを指摘するときに気を付けたいポイントをご紹介します!

指摘と怒ることの違いは?

指摘するということは、相手の良くなかった部分を教えてあげるという意味が込められて居ます。

その中には、相手に対して、今後良くなってほしいという期待の気持ちも含まれているのでしょう。

本来、自分にとってデメリットがない場合にはわざわざ注意する必要はありません。

そんな事をしても、相手から嫌われたり面倒な人だと思われてしまうだけなのですからりけれど、そこをあえて注意するということはそれだけ相手に良くなって欲しいという気持ちが込められているという事なのです。

つまりは、相手の事を思ってこその行動です。

ですが、怒ることは違います。

怒るという感情の中には、相手を思う気持ちがあるわけではありません。

自分の感情のままに発言をしているという事なのでしょう。

だからこそ、相手のためでは無くあくまでも自分の為の行動なのです。

本当はさほど怒る必要が無いような事も、自分の気持ちが収まらないからこそあえて怒るような事もあるかもしれません。

そんな人に、心を許す人など居ないでしょう。

だからこそ、そんな事を続けることによって、周りの人から嫌われてしまう可能性もあるのです。

自分では指摘をしているつもりでも、それを受けている人からすると怒られていると感じてしまっているかもしれません。

それではあなたの本当に伝えたい事は全く伝わっていないと言っても過言では無いでしょう。

今一度発言の内容を見直してみる必要があります。

間違いを指摘するときに気を付けたい5個のポイント


自分では指摘をして、相手に良くなって欲しいと思っていてこその行動だとしてもそれを言われている人が怒られている。

八つ当たりをされてしまっていると感じてしまえば、それは『怒り』になるのでしょう。

やたらに怒りをぶつけてくる人に対して、好意をいだく人は居ません。

嫌いになったとしても当然です。

自分の気持ちをより的確に相手に伝える為にも、上手な注意の仕方を身につける事はとても大切なことです。

これから先、相手に対して指摘をしなければならないポイントは人生の中でもいくども出てくる事でしょう。

その中で上手く対応出来ることによって、より良い人間関係を作って行く事が出来るようになる事でしょう。

どんなに実力のある人でも一人で出来ることには限界があります。

必ず誰かに頼らなければならない時がやってくるでしょう。

その時に、いかに周りの人と上手くコミュニケーションをとる事が出来るかどうかが大切なポイントになる場合も多々あります。

是非将来の自分の為にもコツを学んでみてはいかがでしょうか。

何の為に指摘しているか伝える

既に何年も会社で働いていると、自然と見についている行動が沢山あります。

自分でも気が付かないうちにパワーアップしているんです。

それはとても素晴らしい事ですが、裏を返せばなれが出てしまう可能性もあると指摘できるでしょう。

後輩に対して何かを伝えると、どうしてそうする必要があるのかと質問が来る場合もあるでしょう。

ですが、普段から何も考えずに行動してるといざという時にとっさに行動する事が出来なくなってしまいます。

だからこそ、あいてに教えるさいには、なぜこうしなければならないのか。

しなければどうなってしまうのかなど、きちんと伝えておく事が大切です。

そうした話し方を意識する事によって、理不尽に怒られたという記憶が消えきちんと教えて貰う事が出来たと感じてくれる事でしょう。

理由を知る事によって、いざと言う時自分で出来るようになる事もあるでしょう。

独り立ちする事によって見えてくる事も沢山あるはずです。

その時に初めて先輩のありがたみを感じる事が出来るのかもしれません。

理由が分かれば納得する事が出来る時間も短くなっていく事でしょう。

最初はなかなか理解する事が出来なかった後輩も、理由を知る事によって納得する事が出来るようになるかもしれません。

理由を知れば、その原因となる行動を積極的に止める事ができる場合もあります。

その原因を起こさないように注意して、ゆっくりと話かける事によって互いにとっていい空間を作りだす事が出来る事でしょう。

場所をわきまえる

大人になって怒らる事は子供の時と比べても精神的なストレスが大きくなります。

仕方がない事だとわかっては居ても、なんだか気持ちが沈んでしまう事でしょう。

更に、その際多くの人が見ているような場所で怒られてしまうと、更にその気持ちは大きくなてしまうはずです。

だからこそ、後輩を注意する際には周りの状況を冷静に判断するようにしてください。

いくら後輩と言えども、人間としてきちんと尊重すべきところはするべきです。

当たり前のようい他人の前で怒鳴るなどして相手の尊厳を傷つける事は合ってはならない事なのです。

頭に血が上っていると、つい冷静な判断が出来なくなってしまうものなのです。

だからこそ、そうならないように自分自身の感情をコントロールする事も大切なポイントの一つでしょう。

一方的に伝えない

話をする際は、必ず相手の意見も聞くようにしましょう。

それは指導の時も同じ事です。

『指導』となってしまうと、つい自分のいいたいことだけを伝えるようになってしまう事もあるかもしれません。

ですが、ただ話を聞いているだけでは理解する事が出来ない部分もあるはずです。

質問したいと思っても出来ない事もあるでしょう。

だからこそ、後輩が発言しやすい環境を作る事も大切なポイントです。

だからこそ、一方的に相手に伝えるのではなく相手の意見もしっかりと受け止めるようにしていきましょう。

コミュニケーションをきちんと取る事によって相手が何を理解して、何に困っているのかをより明確に理解する事が出来るようになります。

そうする事によって必要な手助けをする事が出来るようになるのです。

その部分を意識せずに自分の言いたいことだけを勝手に伝えるようにしてしまうと、それは指導では無く単なる独りよがりの行動になってしまうのです。

指導はあくまでも相手がいる行為です。

だからこそ、出来るだけ多くの人が気持ち良く学ぶ事が出来るような関係を作っていきましょう。

先輩がそこまで後輩に気を使う必要などないと思う方もいる事でしょう。

ですが、それは上に立つものとしての当然の行動です。

本来、上に立つ立場の人は威張る為にそこに居るのではありません。

相手の気持ちを受け止めると同時に、より良い環境を提供し育ててあげる事が大切な仕事なのです。

だからこそ、その為には相手の意見を知る事がとても重要な事なのです。

相手のモチベーションを考えてあげる

どんなに偉い人でも、今はエースと呼ばれ期待されているような人だったとしても誰もが新人の時代があったはずです。

その時の気持ちを思い出してみてください。

そうする事によって、相手の考えている事や困っている事の原因を知る事が出来るようになるかもしれません。

『なんでこんな事が出来ないんだ』と思ってしまっている場合にも、相手の立場に立って考える事によって相手の気持ちを学ぶ事が出来るようになる事でしょう。

自分の物差しでいろいろな事を考えてしまうと、相手の気持ちが分からなくなってしまいます。

だからこそ、相手の立場に立ちどうすれば相手のモチベーションを上げる事が出来るのかという事を意識してみてください。

そこに注目する事によって相手に対する話の仕方や注意するポイントをより明確にする事が出来るかもしれません。

人によって感性は違います。

当たり前の事かもしれませんが、その気持ちをきちんと考える事によっておのずと必要な方法が分かってくる事もあるでしょう。

一気に伝えない

自分がすでに理解をしている事だからこそ、相手に伝える時にはつい早口になってしまう事があります。

ざっと説明すれば誰もが理解する事が出来ると勘違いしてしまうのです。

けれど、そう簡単なものではありません。

伝えられている後輩からすれば、何を言っているのか分からず頭の中が混乱してしまう事でしょう。

一度その混乱に入ってしまうと、その後いろいろな話をされても全く頭の中に入りません。

結果的に何も学ぶ事が出来ずに無駄な時間を過ごす事となってしまうはずです。

早く伝えたい気持ちも分かりますが、それでは意味がない事もあるのです。

だからこそ、あえて時間かけてゆっくりと相手に伝える事を意識してみましょう。

同じ事を教えるにしても、一気に伝えるよりも一つずつ教えて行った方が結果的に相手の理解を得る事が出来るようになるはずです。

それが自分の利益となる場合も多々あるのです。

だからこそ、何事も急いでもいい事はないのです。

急いでは事を仕損じるという言葉もあります。

じっくり教える時は教える。

そのメリハリを持つ事によってより効率よく後輩を指導する事が出来るようになるかもしれません。

後輩育成の為に気を付けること8個!


社会人としての生活が長くなればなるほど、多くの経験を自然と身につけて行くものです。

その結果、最初は教えられるだけの立場だったものが、いつのまにかじぶんが教える立場に変わる事も多々あります。

まなぶ側の立場の場合には、ただ吸収して行けば良いのです。

わからない事はその場で聞く。

教えてもらった事はメモをとる。

社会人として当たり前の行動をしっかりとする事によって、比較的大きな問題も無く過ごしていく事が出来るはずです。

ですが、教える側になると途端に勝手が変わります。

教える側は、自分が当たり前にしているような事を一つ一つ後輩に伝えていかなければなりません。

それは思ったよりも大変な事なのです。

これくらいなら言わなくても出来るだろうと思ったとしても、その基準が同じだとは限りません。

相手は、教えてもらえなかったとして不機嫌になってしまう事だってあるかもしれないのです。

教えられるよりも、教えるほうがずっと体力も気力も使います。

どんなに丁寧にやっているつもりでも、その気持ちが相手に伝わらない場合もある事でしょう。

だからこそ、コツを知る事によってその負担を少しでも減らす事が出来るかもしれません。

会社の愚痴は言わない

後輩にとって、先輩とは良くも悪くも会社の未来の姿を教えてくれる指針となるはずです。

だからこそ、そんな重要な任務を担っているからこそ、ある程度夢のある姿を見せてあげるように心がける事をお勧めします。

仕事をしていれば、良い事ばかりではありません。

嫌な事もあれば辞めたくなる事もあるでしょう。

ですが、そんな時でも、あえてその事を言う必要がない場合もあります。

人は、言葉によって感情が左右されるものです。

悪口ばかりを聞いといると、自然とそのように感じてしまうものなのです。

本当はさほど嫌だと思っていない場合でも、会社の嫌な事ばかりを聞いといると次第に会社が嫌いになってしまう事もあるのです。

会社はもともと遊びに行くところではありません。

だからこそ、楽しくないのが普通です。

その中で、自分でやりがいを見つけたり信頼出来る人を見つける事が大事なのです。

自分よりも長い期間会社に居る先輩が、会社の悪口を言っているとそれがすべての人の意見のように感じてしまいます。

多くの人が嫌がっているのでは無いかと思ってしまう事だってあるかもしれません。

自分の会社が好きではないと言うことは悲しいことでもあります。

だからこそ、そうならないようにあまり悪口を言わない事も先輩としての役割なのではないでしょうか。