もうたくさん!頻繁に見る悪夢に悩まされている人必見!

悪夢を見ないようにするための対策をここに一挙紹介いたします。

これで今日から快眠間違いなし!

悪夢を見る7個の原因とは?実は日頃の生活にも問題がある!

夜中に悪夢を見てしまい、目が覚めても興奮して眠れなくなったりしたことはありませんか?

悪夢なんて誰も見たくはありません。

しかし、頻繁に見てしまうこともあります。

悪夢を見る原因はやはり日頃の生活に問題をどこか抱えているからということです。

それでは、どういった問題がある時に悪夢を見やすい傾向にあるのかを見ていくことにしましょう。

1.疲れているから

やはり疲れている時というのは悪夢を見やすいです。

疲れには主に2種類あり、肉体的な疲れと精神的な疲れがあります。

悪夢を見やすい疲れは後者ですが、前者の肉体的疲れに関しても悪夢を見る要因にはなります。

例えば、肉体的な疲労が極限にまでいった時というのは、なかなか休んでも疲れが全てとれるものではありません。

あまりにも体が疲れているので熟睡できずに浅い眠りになってしまい、悪夢を見るのです。

あまりにも体が疲れていて、布団に入ると泥のように眠ったというような表現があります。

そういう時の眠りというのは快眠とは違って、疲れを背負いこんでの睡眠となりますから夢を見やすい状況になるのだと思います。

精神的な疲れが主な原因

一番悪夢を見る要因となるのが精神的な疲れでしょう。

仕事やプライベートでの気疲れや心配事を抱えていることによって、常に心が悶々としている状態にあると、心は疲弊していきます。

何をしている時にも悩んでいるので精神的にリラックスできるときがありません。

睡眠とリラックスというのは密接で重要な関係を持っていて、リラックスした状態で眠ることによって深い熟睡状態になることができます。

反対に緊張している状態だと、睡眠が浅くなって夢を見やすくなります。

悩みや心配事を抱えて嫌な気分でいるわけですから、見る夢は悪い夢になることが多いでしょう。

夢というのはある意味自分の頭の中を反映しているものでもあります。

普段考えていることや思い描いているもの、記憶に残っているものなどがあると、それは夢に影響を与えてきます。

精神的な疲れは当然大きな影響を与えることになるでしょう。

2.ストレスを抱えているから


現代社会はストレス社会とも言えます。

誰しも何らかのストレスを抱えて生きているでしょう。

しかし、ストレスが一定よりも大きくなってくると体や心に支障をきたします。

特に睡眠への影響がでてくることがあります。

ストレスによって浅い睡眠になり、ちゃんとした休息をとることができず、それで次の日の仕事がしんどくなり、またさらにストレスを増大してしまうといった悪循環に陥るケースがあります。

当然質のいい睡眠をとれていないわけですから悪夢を見る回数も増えてくると思います。

生きている限りストレスはつきものだということで、ストレスが溜まっているにもかかわらず放置している人を多くみかけますが、ストレスが一定量を越えてくると。

体にも心にも甚大な悪影響をもたらします。

ストレスが原因となって大きな病気になるケースも多く、悪夢を見るということはストレスが相当溜まっているよということを自分に知らせてくれる警告なのかもしれません。

3.心配事があるから

人間というのは脆く弱い生き物です。

ちょっとした心配事があるだけでも気になって何も手につかなくなってしまうことがあります。

それくらいデリケートな人が非常に多いですから、心配事を抱えているとなかなか気持ちよく眠れなくなってしまいます。

そういう精神状態は悪夢を見るのを誘発して、夜中に悪夢によって目が覚めるということを繰り返すかもしれません。

睡眠時というのは自分の意識の外の世界に入ることですが、やはり日頃考えていることが夢としてどこかにでてくることが非常に多いです。

心配事があるときには、その心配事に似通ったストーリー展開の夢を見ることが多くなります。

彼女のことを心配していると、彼女がどこか遠くへ行ってしまうとか、亡くなってしまうとかそういった夢を見がちになります。

お金の心配をしている時には、財布をなくしてしまう夢や、誰かに泥棒に入られる夢など、お金に関する悪夢を見るようになります。

4.体調が悪いから

体調の悪さは睡眠に直接影響が出てきます。

少し寝てすぐに起きてしまったり、なかなか寝付けなかったりと、当然睡眠も浅いものになってくるので夢を頻繁に見るようになるでしょう。

体調が悪い時は不安になりますから、精神的にも弱っている状態になりますから夢の内容もいい夢をあまり見ることができなくなります。

悪夢で起こされるというケースも増えるでしょう。

風邪をひいているときに、夢でも風邪をひいた夢を見て、そして起きた時に一体夢なのか現実なのかわからなくなることがあります。

体調の悪さは、そのまま夢にも体調の悪い自分として登場してくることがあるということです。

5.悪い出来事を考えたから

思考がネガティブな人は悪夢を見やすい傾向にあります。

やはり考えられる最悪な展開などを考えてしまうので、そういった思考が夢にもよく表れるのでしょう。

例えば、今やっているビジネスに失敗をして多額の借金をかかえてしまうだとか。

大好きな彼女が別の男性と浮気をしているのではないかとか。

自分にとって悪い出来事を妄想しがちな人は、そんな感じの夢をよく見るものです。

これは当然の結果とも言えるでしょう。

物事がうまくいっていない時というのは自分に自信も持てなくなる時期です。

考えることもネガティブになって、寝ても悪い夢を見る、起きて悪夢の内容に落ち込む、さらに自信がなくなるといったような悪循環のループに入ってしまうことがあります。

マイナス思考に考えると夢に出てくる

夢に自分の考えている思考というものが強く影響されるということは知られていますが、やはり楽天家のほうがぐっすりと眠れるのは間違いないようです。

逆にマイナス思考の人というのは悪夢を見る確率が高くなると思います。

マイナス思考でいるとどうしても物事を否定的に考える癖がついています。

なにかが起こった時にはうまくいくよりも、悪い結果に終わることを考えてしまいがちになります。

そういった思考は度々夢にも影響を及ぼし、悪夢を見せることになります。

「思考は現実化する」という有名な本があります。

自分の頭で考えたことが現実になるということです。

だから夢や目標を常に頭に思い描いて、前向きに取り組むという啓発の本です。

夢に関しても日々考えているような内容が、アレンジを加えられて出てくることが多くなります。

マイナス思考の人は嫌な夢になる傾向が多く、前向きな人は楽しい夢になることが多いということです。

6.映画やテレビを見たから

映像というのは人の頭や心の中に強く残ります。

ですから何か印象に残る映画やテレビを見た日というのは夢を見やすくなります。

映像を見たその日に夢に出てこなくても、それが自分の心に強く印象づけるような内容であるならば、それは自分の中に強い印象として残ることになり、いつの日か夢で出てくるのです。

映画では登場人物はハリウッド映画なので外人だったはずが、夢ではストーリーは同じで自分が主人公として登場することもあります。

影響が大きく夢に出やすい

インパクトの強いストーリー展開や、斬新な映像は特に、故に影響がでやすくなります。

例えば非常に恐ろしいホラー映画などを見た場合、夢もホラー映画並みの怖いストーリーがでてくることがよくあります。

サスペンスものを見た時は自分が刑事になって凶悪犯人と対峙するといった夢になることもあるでしょう。

映画やテレビの作り手というのは、視聴者に印象を与えるようなストーリーであったり映像を見せることを目的としています。

衝撃的な映像というのはいつまでも残るのです。

特に悪夢を見る時には、その衝撃的な映像をアレンジしたようなストーリーの夢がでてくることがあります。

ホラー映画が大好きで片っ端から見ているという人も一定層はいるでしょう。

しかし、あまりにも怖いインパクトの強い映像をたくさん見ることはいいこととは言えないと思います。

悪夢を見る時の題材になっているような気がするからです。

夜更かし

単純にテレビや映画を見るのに夢中になりすぎて夜更かししてしまったため、睡眠時間が狂って悪夢を見てしまったというケースもよくあります。

夜更かしは一番よくありません。

毎日規則正しい睡眠時間をとることが快眠につながります。

睡眠時間の乱れというものは、睡眠の質にも大きな影響を与えます。

寝る時間、起きる時間がばらばらだと深い眠りにつけなくなってしまいます。

夜型の人間で夜は起きていて朝眠るという人もいるでしょうが、体のためにいいのは夜は睡眠をとり、朝日の出と共に起きるという生活がいいということです。

いつまでも無駄なことをして夜更かしをするというのが一番よくありません。

7.ネガティブな気持ちで眠りについた


夢が自分の心もようと密接な関係があることは上記の通りです。

マイナス思考、ネガティブシンキング、これらは全て夢に悪影響を与える要因です。

眠っている時は自分で自分の意識をコントロールはできません。

眠る直前の自分の意識、考えが影響を及ぼしてくるというのは自然なことであるとも言えます。

ですから寝る前にネガティブな気持ちで布団に入るということは悪夢を誘発しているということに気づくべきであると思います。

どんなに心配事があるとしても、眠りにつくときにはきれいに忘れて別のことを考えながら寝る、何か楽しいことでも考えながら寝るほうがよく眠れるのは当然です。

仕事の出来る人というのはよく睡眠をとるということも徹底に管理しています。

ですから寝る前に仕事の悩み事を考えながら寝るなどということはしないと思います。

ちゃんと寝て、次の日に起きて考えればいいのですから。

今日からできる対策5個!悪夢を見ないようにするには?

悪夢なんて誰も見たくはありません。

悪夢を見ないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

その対策をご紹介いたします。

1.ストレスを解消する

悪夢を見ないようにする対策としてまず考えるべきことは、ストレスの解消であると思います。

ストレスが睡眠に及ぼす悪影響は非常に大きいので大きなストレスをかかえていればいるほど悪夢を見る確率も高まるというものです。

ストレスの解消は自分の趣味や好きなことをやることでリラックスできて解消につながると思います。

何か美味しいものを食べに行くとか、親しい友人と旅行に行くとか、いろんな手をつかってストレスを軽減、解消するように努力しましょう。

解消方法がわからないで悩んでいる人は、今自分が一番何をしたいのか考えればいいのです。

時間がないとかお金がないからできないのではなくて、やりたいことをできるための方法を知恵を絞って考えてみましょう。

また、人のために何かしてあげるというのも自分のストレスを解消する一つの手段です。

自分のためでなく人の為に何かした後は心が洗われるような感覚になって軽くなることがあります。

ですからボランティア活動などに積極的に参加するのもよいと思います。

精神的なものであれば最優先に解消をする

ストレスにはいろんな種類がありますが、精神的なストレスや悩みというものは最優先に解消していくことが必要です。

例えば職場の人間関係でうまくいかない人がいて精神的に参っている人なども多いでしょう。

そういった悩みは親しい友人に相談してアドバイスを聞いたりするのもいいですし、思い切って気の合わない同僚と腹を割って話をすのもいいかもしれません。

そこで問題を解決することができればストレスは一気に解消されるはずです。

2.問題を解決する

仕事でもプライベートでも大小なんらかの問題を皆抱えながら生活していると思います。

経済的問題、家族の問題、仕事の問題、恋愛の問題等々挙げればきりがありません。

そうした問題を抱えながら生きているわけですが、ふとした時問題について思い悩む瞬間もあると思います。

特に布団に入る就寝前の時間は、そういった問題についてあれこれ考えてしまいがちです。

思い悩んだところで解決策は見いだせず、そのまま寝たために悪夢で起こされるといった具合です。

どうすればよいかですが、シンプルに抱えている問題を一つ一つ解消していくことが一番であると思います。

客観的に見ても、問題というものは避けて逃げていてもいつかは解決しないといけないので、勇気をもって真正面からぶつかっていくことが早く問題を解決する一番の方法であると思います。