どれだけ尽くしていても、相手に愛情が伝わらない時がありますよね。

しかし愛情をどれだけ相手に与えたとしても、振られてしまう女性の多くには共通点があります。

「尽くしたのに振られてしまう女」には、様々な理由が考えられます。

こちらの記事を読むことで、尽くしてもフラれない女になることができるかもしれません。

あなたが大好きな彼に対し、尽くしたのに振られてしまうのは、彼にとっては尽されたことに何やら原因があるのかもしれません。

あなたが尽くしてしまうタイプの女性であれば、同じことを繰り返さないためにも気をつけなければならないヒントが隠れているかもしれません。

尽くしたのに…なんで振られちゃうの?

そもそも見尽くしたのに「なんでふられちゃうの?」尽くしているからこそ、相手からの愛情が感じられるだけでなく、2人の心がより深く愛で結ばれるのでは?

なんて夢を見ていませんか?

もし、あなたが尽くしているにもかかわらず、相手から良い反応が得られなかったり相手からの愛情を感じられないのであれば、あなたの尽くし方が間違ってるのかもしれません。

相手に尽くしたにもかかわらず、あなたの愛情が伝わってないなんて悲しい気持ちになってしまいますよね…。

尽くした分だけ、愛情を返してくれる相手なら2人は相思相愛、仲睦まじいカップルになることでしょう。

しかし、尽くしたにもかかわらず相手から反応が得られない場合、何かがうまく伝わっていなかったり、受け取る側に問題がある場合もあります。

こちらは本気だったのに・・・

あなたは大好きな彼に対してこれまでたくさんの愛情を注ぎ彼に尽くしてきたことでしょう。

近しい、こちらは本気だったにもかかわらず、相手からの愛情を感じられることができなければ、それは理想的なカップルとも言えません。

それに、あなたが本気だと気持ちとは裏腹に、相手はあなたに対してどこまでが本気なのか見えないところもありそうです。

また、あなたが彼に対して尽くしてきたことが相手にとってきちんと愛情が伝わっていなければ、別れてしまう結果になることもありそうです。

あなたが本気だった気持ちが強ければ強いほど、ふられたときの悲しさは他の人には理解できない気持ちになるでしょう。

浮気もせず一途に愛していた

大好きな彼に対して、浮気もせずただ彼のことを一途に愛していたにもかかわらず、振られてしまうなんて、とても悲しい気持ちになりますよね。

さらに、これまでの恋とは違うものを感じて、彼に尽くしてきた人なら尚更自分の愛情が受け止めてもらえなかったと悲しい気持ちになってしまいます。

このように、相手に対して浮気もせず一途に彼と向き合ってきたと思っていたにもかかわらず、振られてしまうことで彼の愛情が伝わってなかったのと同時に、尽くしてきたことが無駄に感じてしまいます。

このように、これまで一途になれなかった女性が、一途になり尽くしたにもかかわらず振られてしまうのであれば、尽くし方ややり方に問題があるのかもしれません。

熱意は誰にも負けない!

彼を愛する熱意は誰にも負けない自信があった…。

しかし、結果尽くしたにもかかわらず振られてしまったのであれば、そのあなたの愛情が彼にはきちんと伝わっていなかったように感じてしまいます。

誰よりも彼を愛している自信があった方であれば、なおさらのこと地震があっただけに悲しい気持ちになります。

このように、彼を愛する気持ちは誰よりも強く暑く、誰にも負けないと自信があったのに、ふられたことで彼にはその気持ちがなかったことだと気づかされることもあります。

彼に対する愛情や思い入れは誰の心にも届くことがなく、ただ悲しい気持ちになることでしょう。

尽くしたのに振られてしまう女の9個の特徴

さて、ここからは尽くしたのに振られてしまう女の特徴についてご紹介していきます。

たくさん尽くしてきたのに振られてしまう女の特徴を知ることで、尽くしても降られない女になることができるかもしれません。

もし、あなたがこれまで尽くしてきたにもかかわらず、彼氏から良い反応を得られることがなかったり、今後尽くし続けても振られることがない彼女になっていきましょう。

あなたが尽くすことで彼氏といい感じになったり、あなたが尽くしても振られてしまうなんて事は避けられるかもしれません。

これからも、彼氏と良い関係を続けていくためにもぜひこちらの記事を参考に読み進めていきましょう。

1.一方的な恋愛

一方的な恋愛の形では、うまくお付き合いを続けていくことができません。

特に、愛のバランスやあなただけが彼氏のことを思い、尽くしていてもお互いに愛を通わすことができません。

あなたが相手に対して愛を尽くしたときに、相手から愛が帰ってこなければ一方的な恋愛になってしまいます。

特に、あなたから誘うことが多かったり、あなたが相手に対してプレゼントやしてあげることが多い場合もあります。

それに対し、相手からはほとんど何も返してもらえない、「ありがとう」の言葉すらない場合、一方的な恋愛となっていることでしょう。

また、相手がして欲しいこと、あなたがやりたいことがちぐはぐになっている可能性もあります。

いちど、愛のあり方を考えなければなりません。

相思相愛ではなかった

彼氏とはそもそも相思相愛でなかった可能性が高いと言えるでしょう。

相思相愛でなかったことに気がつかず、あなた自身が彼氏に尽くしすぎていることも考えられます。

もし、あなたが彼と相思相愛ではなかったと感じているのであれば、あなたの愛が一方通行になっていたことでしょう。

また、あなたが尽くしすぎてしまったことで相手の気持ちが離れてしまったことも考えられます。

これまで、彼氏に対して尽くしてしまう事の多かった人は、これを機に相手の気持ちをよく考えるようにしてみてください。

相思相愛ではなかった状況に気がつけなかったことと、あなたが相手に尽くした事は相手にとってどのように受け止められていたのか?などと考えることが必要です。

2.全部やってあげる


あなたが彼氏に対して全てをやってあげてしまうことで、あなた自身は相手に尽くしてしまう事で、全てをし過ぎていませんか?

彼氏に対して、全てをやってあげるのはいい事ではありません。

全てをやってしまうことで、彼氏から「重たい」なんて思われてしまうことがありそうです。

全てをやってしまうことが、彼氏にとっていいことなのかきちんと考える必要があります。

また、彼氏のことを思い全てをやってあげることで、あなた自身の自己満足になってしまっている事も…。

お互いに、対等なカップルになりたい気持ちがあるのであれば、全てをやってあげる事は一方的な愛情になってしまうことも。

料理、洗濯、掃除…まるで母親

料理や洗濯、掃除まで全てをやってしまうことで、まるで母親のような存在になってしまいます。

彼女という立場をキープしたいのであれば、やり過ぎないことが大切です。

お料理は、喜ばれることもありますが洗濯や掃除などやりすぎてしまうことで、母親のようにしか思われない存在になってしまうこともあります。

彼氏に彼女として、見てほしい気持ちがあるなら彼氏の生活に手を出しすぎないことも大切です。

彼氏のことを思い手を出しすぎてしまうことで「母親」「口うるさい」などと思われてしまうだけでなく、彼の成長を止めてしまうこともあります。

できるだけ、彼の生活にまで手出しをするのではなく、見守ることも大切です。

デートコースも念入りに計画

これまで、デートコースなどあなたは入念に計画を練っている姿に、彼氏は甘えていませんか?

あなたにこだわりがあり、デートコースを任せられているのであれば、彼氏はあなたに対し、「彼女の気に入るデートコースにしなければ喧嘩になる…。」なんて思われていることもあります。

彼氏が考えたデートコースをけなしたり、文句を言ったりしてしまうのであれば、彼氏はあなたに対して何も言いたくなくなってしまいます。

また、デートコースを念入りに計画することで自分の納得するデートコースになるだけでなく、相手を喜ばせていると考えていることが理想です。

しかし相手はそこまで喜んでいないこともあり、あなたは一方通行になってしまっていることも…。

やがて男は何もやらなくなってダメ男に…

全てをして、しすぎてしまうことでやがて彼氏は何もやらなくなってしまいます。

ダメ男になってしまうことで、さらにあなたが彼に対し文句をつけることで、彼氏がやる気をなくすと言う悪循環に陥りそうです。

あなたはやりすぎたり相手に文句を言いすぎることで、彼氏のやる気を削いでしまうことを忘れないでくださいね。

このように、あなた自身が彼氏に対して全てをやってしまうことで次第に相手はあなたに任せるようになり、何も入らなくなってしまうダメ男になる可能性があります。

どこまで手を出して、どこまでが手を出さないほうがいいのか?などきちんと考え、バランスを見ながら行動していくことが大切です。

3.重く感じさせてしまっている

いつも重く感じさせてしまっている場合、あなたが尽くしているにもかかわらず彼氏から別れられることでしょう。

相手に対し、周りのことを全部やりすぎていたりあなたの愛情が重たいと感じさせてしまうことで、あなたの自己満足になってしまっていることが考えられます。

愛情をかけすぎてしまうと、相手はあなたの愛情から逃げたくなってしまいます。

相手に対して重たく感じさせてしまわないことがポイントです。

やりすぎたり、しすぎてしまうことで相手の成長を止めるだけでなく、お互いの関係が悪くなってしまいます。

このように、相手に対して重たく感じさせてしまう事は互いに良い関係とは言えません。

愛情は嬉しいけど彼氏は重いと感じてしまった

彼女からの愛情は嬉しいと感じていても、彼氏にとっては「重たい」と思われてしまっていては愛のバランスが取れているとも言えません。

彼氏から重たいと思われてしまうことで、彼氏はあなたから距離をおきたいと思うようになります。

また、彼氏があなたから離れてしまう事で、あなたが不安になり彼を追いかけてしまうことで、悪循環に陥ります。

将来的な話しを多くしすぎるとNG

将来あなたが大好きな彼氏と結婚したい気持ちが強いからといって、将来的な話をしすぎると彼氏から「重たい」と思われてしまうことがあります。

また、男性は将来的な話や結婚の話をする女性に対し、結婚したい気持ちがあっても将来的な話をされることによりプレッシャーに感じてしまうことがあります。

将来的な話をしすぎてしまう事は帰って彼に現実を見させてしまうこともあります。

よりリアルに結婚生活の話や具体的な結婚の話を話題にしてしまうことで、彼氏はあなたからの気持ちを遠ざけたくなってしまいます。

このように、将来的な話をしすぎることで相手に重たいと思われたりプレッシャーは炊いてしまうことで、より婚期が遅れてしまうこともあります。

男性側は結婚することで家族を養っていかなければなりません。

そんな大きな人生の決断や家族のことを背負っていかなければならないプレッシャーを与えてしまうことで、逃げたくなってしまう男性も…。

4.連絡の頻度が多すぎる


連絡の頻度が多すぎることで、相手はあなたに対し「重たい」と思ってしまったり「うざい」などと思ってしまうことがあります。

さらに、連絡の頻度が多すぎることで、相手はあなたからの連絡を拒否したくなる気持ちに陥ってしまうこともあります。

特に、彼氏から返信の連絡が来ていないにもかかわらず何度も返信を催促する内容のメールを送ったり。

彼が忙しいにもかかわらず、何度も連絡してみたり。

挙句の果てには「仕事と私どっちが大切なの?」などと、とんでもないことを言い出す彼女まで…。

そんな彼女とお付き合いしている彼氏は気持ちが重たくなるだけでなく彼女に対して愛情が薄れてしまうことでしょう。

また、彼女と仕事を計りにかける考え自体が彼氏にとっては最も別れたくなる瞬間なのかもしれません。

相手のことを考えていない

相手の都合や相手のことを考えない行動が、相手を苦しめ傷つけてしまうことがあります。

また、自分の考えばかりが先走り相手の立場や状況を考えずに行動してしまうこともあります。

さらに、相手が「忙しい」と言っているにもかかわらず何度も連絡したり、返信を催促することはやめておきましょう。

相手から連絡がない時は待てることも必要です。

相手から既読スルーされてしまった場合、落ち込む必要はありません。

忙しくて返せなかったのか、どのように返信すれば良いのか分からない内容だったかの迫ります。

後日言い方を変えてトライしてみたり、それでも返事がないようであれば答えたくない質問なのかもしれません。

相手の気持ちや態度をよく考え観察しながら行動していけるといいですね。