サバサバ系女子は、同性からの人気が高いあっさりした性格の女子ですよね。

しかし最近は、そんなサバサバ系女子が男性からモテるのだとか。

それを知ってか知らずか、巷ではサバサバ系女子が増えているという話も!?

しかも実は、自称サバサバ系女子の偽物と、本物のサバサバ女子がいるそうです。

さて、その実態とは?

そこで今回は、サバサバ系女子が増えている理由や、本物のサバサバ系女子の特徴、さらに、男性がサバサバ系女子を彼女にしたい理由を徹底調査しました。

サバサバ系女子ってどんな人?何でモテるの?

そんな疑問を解消しちゃいます!

今、サバサバ系女子がモテる?!

ここ最近、サバサバ系の女性が増えていると言います。

と同時に、サバサバ系女子がモテる時代になっているのだとか!

サバサバした女性というと、クールでとっつきづらいイメージ。

どちらかというと男性が嫌煙するタイプだったかと思うのですが、なぜ今、サバサバ系女子がモテるのでしょうか?

ここではまず、サバサバ系女子急増の背景を探ってみましょう!

サバサバ系女子が増えている

今、増えているというサバサバ系女子!調べてみると、どうやら“本物”と“偽物”がいるようです。

本物は、自分がサバサバしている自覚がないものの、周囲から見てサバサバしているように見えるタイプ。

偽物は、サバサバ女子を自称するタイプなのだそう。

自称サバサバ系女子が増えた背景には、「サバサバ系女子が最近モテる」ことがあるようですね。

そんなサバサバ系女子たちについて…。

自称も混じっているうえに、“サバサバ”の意味をよく知らずに使っている人も多いようなので、ここで一旦意味をおさらいしておきましょう。

サバサバとは、「気分がスッキリ・爽やかになる様子・物事にこだわらず、あっさりしている様子」という意味です。

このうち、サバサバ系女子として使われるのは、物事にこだわらずにあっさりしているの意味。

サバサバ系に「冷めている」「クール」「女らしくない」「ガサツ」などのイメージを持つのは、実はちょっと違うんです。

サバサバ系女子は、別に女を捨てているわけでも、男みたいにガサツというわけでもありません。

クールで冷めたイメージがありますが、決してそうではなく、細かいことにこだわらずにあっさりした性格だからクールに見えてしまうだけなのです。

サバサバ系女子に対しては、良いイメージを持つ人と悪いイメージを持つ人がいると思います。

でも本来は、男女問わず付き合いやすいのがサバサバ系。

悪いイメージを持ってしまう人は、おそらくただ単に性格がキツイ人や、冷たい人をサバサバ系だとイメージしてしまっているからなのではないでしょうか。

もしくは、本物ではなく自称サバサバ系にまどわされているのかも…?!

どちらにしろ、女の子らしさ全開の女子がもてはやされていた時代はひと段落。

最近はサバサバ系女子が増えていて、それと共にサバサバ系女子を好む男子も増えているのです。

サバサバ系女子になる理由とは?

さて、そんなサバサバ系女子たち。

最近増えたという背景には、何があるのでしょうか?それはどうやら、最近の時代背景が大きく影響しているようです。

世の中に期待しなくなった

最近の若者世代は、バブルとは無縁の世代です。

華やかな時代はすっかり影を潜めて、暗黒とも言える不景気の時代に生まれて育ってきたのが最近の若者世代。

政治家がどんな政策を打とうとも庶民の懐事情は変わることなく、低迷した時代が長かったせいで、今の若い世代はすっかり世の中に期待していないのです。

そのもそのはず、「いつかもう一度」「今を乗り越えればそのうち」と思えるような兆しも見えないどころか、良い時代の経験がないから夢を描く対象もありません。

今の生活を全うすべく、ただただ身の丈にあった暮らしをつつましくしていくだけ。

ですから、世の中に期待するより、自分の生活をただただ全うする生活が染みついているのです。

きっと、親からもそうやって育てられてきたことでしょう。

夢や希望を見るよりも、現実を見なさいと…。

だから案外、今の若者は地に足の着いた生活をしていたりします。

最近の若者が「悟り世代」と呼ばれるのも、世の中への期待感がないからでしょう。

夢や希望にうつつを抜かすことなく、世の中を達観している若者が多く、それがひとつ、サバサバ系女子を生み出す背景にもなっているのです。

人間関係が希薄な時代になったから

サバサバ系女子が増えた背景にはもうひとつ。

人間関係が希薄な時代に育ってきたこともあるようです。

最近は核家族化が進み、世代間交流もなくなりましたよね。

それに伴い、ご近所づきあいも希薄に。

その反面、ネット上では個人情報が晒される時代です。

ほんの些細なことでトラブルに巻き込まれることも多いので、人間関係も希薄にならざるを得ないとも言えますよね。

そんな時代に生きていれば、サバサバ系女子になってしまうのも仕方がないのかもしれません。

どうせ希薄な人間関係なのに、上辺だけのご近所づきあいやママ友付き合い、友達付き合いや世代間交流などのめんどくさい小細工をするよりも、最初からあっさりした関係にするのが、ある意味道理に適っているのかも…。

上辺だけの細々した人付き合いに疲弊するくらいなら、深い付き合いができる少しの親友がいればいい。

そう考える女子が増えたことが、サバサバ系女子が増えた要因になっているのです。

こうして見ると、なんだか闇を抱えた女子のようにも感じてしまいますが、決してそうではありません。

時代背景の影響はあったものの、それゆえに強く生きてきたのがサバサバ系女子です。

物事を達観し、人に媚びずに自分の思うように生きる強さを身につけることができたから、サバサバした性格になったのです。

あっさりした性格であり、決して闇を抱えているわけでも根暗なわけでもないので、サバサバ系女子は男女ともに付き合いやすいタイプと言えます。

とくに同性の友達から人気が高く、逆にそうでない場合は自称サバサバ系女子である可能性が高いです。

男性人気については男性の好みにもよりますが、同じように悟り世代の男子は、案外サバサバ系女子とウマが合うのでしょう。

最近サバサバ系女子がモテるというのは、時代背景による価値観の一致があるからだと思われます。

サバサバ系女子の7個の特徴

世の中を達観している、悟り世代に多いと言われるサバサバ系女子。

そんな彼女たちは、どんな特徴を持った女子なのでしょうか。

サバサバ系女子をクールだとか、冷たいとかのイメージで捉えていた人たちにとって、サバサバ系女子の特徴は意外なものも多いかも。

これらの特徴を知ることで、自称サバサバ系の女子の方向性も変わるかもしれませんね。

実は筆者も、サバサバしていると言われる女子のひとりです。

自称していたわけではありませんが、あまりにも言われるので自覚し始めているところ。

でも、どこがサバサバした印象を与えているのか、イマイチわからずにいました。

今回改めてサバサバ系女子の特徴を調べて、なるほど!と思ったところも多かったです。

サバサバしていると言われる筆者自身が、サバサバ系の意味を勘違いしていたんですよね(笑)

ここでは、サバサバ系女子本人も分かっていない、本物のサバサバ系女子の特徴をご紹介していきます。

1.サッパリした性格


サバサバ系女子の特徴その1は、『サッパリした性格』をしていることです。

サバサバの意味の通り、あっさり、サッパリした性格をしているのがサバサバ系女子です。

これは、みなさんがイメージしている通りなのではないでしょうか。

ただ、サッパリしているからといって冷たい性格なわけではありません。

細かいことにこだわらないだけで、どちらかと言えば爽やかな性格です。

このサッパリ感は、これまでの女子には珍しいところなのかもしれません。

だから他の女子と比べるとやや温かみがなく、冷たく感じてしまう部分もあるのかも。

しかし、サッパリしているから陰で悪口を言うようなこともなく、女子特有のネチネチ感がないから友人関係もサッパリ爽やかです。

女子のネチネチ感が苦手な男子にとっては、サバサバ系女子のサッパリ感は魅力的に映るでしょう。

2.明るい


サバサバ系女子の特徴その2は、『明るい』ことです。

実は明るい性格なのがサバサバ系女子。

よくある女子のキャピキャピしたイメージがないので勘違いされがちですが、性格は決して暗いわけではありません。

物事を達観しているからといって、別に闇を抱えているわけでもありません。

世の中を悟っているからこそ、細かいことにこだわらず、自分の思うままに明るく生きているのがサバサバ系女子なのです。

女子にありがちな女子同士でつるむ。

SNSでマウンティングする。

リア充アピールをする。

などの目立った特徴がないので大人しく見られがちですが、ただ単にそういったことに興味がないだけ。

自分がやりたいことには夢中になるし、友達と遊ぶときは明るく、むしろムードメーカーな場合もあります。

サッパリした上に明るいので、同性からの人気が高いのがサバサバ系女子です。

3.人は人、自分は自分

サバサバ系女子の特徴その3は、『人は人、自分は自分』と考えていることです。

人と比べることなく、自分は自分として芯のある考え方をしているのがサバサバ系女子です。

ここは、サバサバ系女子に共通する、最大の特徴といってもいいかもしれませんね。

サバサバ系女子がサッパリした性格をしているのも、まさに「人は人、自分は自分」な考え方をしているからです。

女子同士でマウンティングすることがあるように、女性は他人と自分を比べがち。

他人と比べては、自分はここが勝っているとランク付けしたり、劣っているところがあると嫉妬したり…。

女子がネチネチしてしまうのも、人と比べる癖があるからですよね。

でも、サバサバ系女子は他人のことを気にしていません。

他人にどう思われようが、嫌われようが、自分は自分。

そして、人がどうあろうが、どんな価値観を持っていようが、人は人。

自分の価値観に当てはめようとすることなく他人を認め、自分を他人の軸に当てはめることなく自分軸を持っている。

それがサバサバ系女子です。

こうした特徴にも、物事を悟っている部分がよく表れていますよね。

だから他人の悪口も言わない

人は人、自分は自分と考えているから、サバサバ系女子は他人の悪口も言いません。

とくに、陰でコソコソなんて卑怯なマネは絶対にしません。

もしどうしても許せないことがあった時は、そのサッパリした性格でズバッと本人に直接言います。

もしかしたら、こういうところが冷たく感じる人もいるのかもしれません。

人に嫌われることを恐れないため、ある意味怖いもの知らず。

自分の意見をハッキリ言いすぎるがために、サバサバ系女子を苦手だと思う人もいるのでしょう。

そんな人たちにとって、サバサバ系女子は「冷たい」「キツイ」人。

この辺りがサバサバ系女子の誤解にもつながっているのかもしれませんね。

でも、サバサバ系女子は、別に相手を攻撃したいわけではありません。

ハッキリ言うのは、自分の芯の強さゆえ。

どうしても納得いかないことがあれば、そのままにしておけないところがあるので、攻めようとか攻撃しようとかではなく疑問を投げかけるだけなのです。

他人の悪口を言わないのが、まさしくその証拠。

悪口を言うなど意味のないことはせずに、言いたいことは本人にハッキリ言うのがサバサバ系女子なのです。

4.インドア派が多い

サバサバ系女子の特徴その4は、『インドア派が多い』ことです。

ここまでのサバサバ系女子の特徴を見ていると、サバサバ系女子は活発なアウトドア派にも思えますよね。

でも意外なことに、インドア派な人が多いんです。

これも、サバサバ系女子が誤解される要因になっているのかもしれません。

実は筆者も、見事に当てはまっています。

インドアだから明るい性格に見られることはないと、自分では思っているのですが…案外、出不精だというと驚かれることが多いんですよね。

つまり、サバサバしているからインドアっぽくないと思われているということなんです。

サバサバ系女子はミステリアスに見られることも多いようですが、それも、こうした矛盾した特徴があるからかもしれません。

筆者も、大人しいかと思えばハッキリものを言うし、その割に自分のことはあまり言わないしで、「つかみどころがない」と言われることが良くあります。

親しい友達は熟知していますが、そうではない人には勘違いされることが多いんです。

サッパリ明るい性格だと思えばインドアだったりするところは、サバサバ系女子を良く表した特徴とも言えるのかもしれませんね。

5.細かいことは気にしない

サバサバ系女子の特徴その5は、『細かいことは気にしない』ことです。

サバサバ系女子の人格を形成している最大の特徴となっているのが、細かいことを気にしない点なのでしょう。

これがあるからこそサッパリ明るい性格をしていて、陰で悪口を言ったりしないのです。

この辺りが、サバサバ系女子の潔さであり、男っぽさに見られる部分なのかもしれませんね。

ただ、細かいことは気にしないがゆえにガサツだと思われたり、女子のような繊細さがないと思われたりすることも。

決してそうではないのですが、サバサバ系女子が勘違いされやすい特徴のひとつかもしれません。

サバサバ系女子が細かいことは気にしないのは、主に人付き合いに関してです。

人の目を気にして行動が制限されたり、気を遣って無理をしたりすることがないということ。

だから、人付き合いもサッパリしているし、何かミスしたりしても「恥ずかしい」「隠したい」という人目を気にした感情が湧かないので堂々としていられます。

人の悩みの全ては、人に関わることであると言われますが、サバサバ系女子には、そんな悩みがないということです。

6.深く悩まない

サバサバ系女子の特徴その6は、『深く悩まない』ことです。

細かいことを気にしないサバサバ系女子なので、深く悩むこともありません。

仕事でミスしても、いつまでもウジウジと失敗したことばかりに悩んだりしません。

ミスはミスで反省し、次に生かすことを考えます。

また、女子同士でイザコザがあっても、あまり深く悩みません。

人は人、自分は自分なので、悪いところがあったと思えば謝るし、それでもネチネチと悪口を言われるようなら仕方ないと考えます。

嫌われることを恐れないので、嫌われてしまったらそれはそれ。

縁が無かったと思って気にしないのがサバサバ系女子なんです。

そんな性格なので、恋愛においてもあまり悩みません。

彼の浮気を心配して悩んだり、束縛したりすることもなく、付き合っていても彼は彼。

自分は自分でいたいからこそ、彼の生活や人付き合いを尊重し、恋愛に振り回されることがありません。

そんな性格なので、サバサバ系女子はいつも悩みがなく、ストレスフリーな状態です。

いつでも悩みを抱えているのが女子というイメージがある中、そこはサッパリしているのがサバサバ系女子なのです。

ストレスも少ない

悩みがなければストレスも少ない。

サバサバ系女子が明るいのは、深く悩まないところがあるからなのかもしれませんね。

いつまでもウジウジしていたり、ネチネチしていたりすることがないので、友人とも彼氏とも、サッパリ爽やかな付き合いができるのです。

サバサバ系女子のストレスフリーなところは、他の女子も憧れるところなのではないでしょうか。

ねちねちしていない

深く悩まず、ネチネチすることのないサバサバ系女子は、女子から憧れられると同時に、男子からも高評価を得ています。

女子のネチネチ感が苦手な男子は多いので、サバサバ系女子なら縛られることなく、めんどくさい嫉妬に振り回されることなく、爽やかな関係で居られるイメージがあるんですよね。

芯があるサバサバ系女子の自立した感じも、男子にとっては負担が少ないのかもしれません。

悩みがちでメンヘラ気質が皆無なところは、サバサバ系女子がモテる理由のひとつでしょう。

7.勘が鋭い

サバサバ系女子の特徴その7は、『勘が鋭い』ことです。

細かいことは気にしないサバサバ系女子ですが、意外なことに勘は鋭いです。

細かいことにはこだわらなくても、女子なりの繊細さを持ち合わせているのがサバサバ系女子なんですよね。

それも、物事を達観しているからなのかもしれません。

こだわらないけど、客観的に周囲のことはよく見てる。

だから、人の下心や本質をすぐに見抜きます。

自分に近づいてくる人はもちろんのこと、人によって態度を変える人の表の顔と裏の顔。

それをしっかり見極めることができるので、サバサバ系女子にテクニックは通用しません。

男性でも女性でも、何か別の目的があって気を使ってきたり優しくしてきたりする人を見抜いてしまいます。

そもそも、ハッキリした性格なのがサバサバ系女子。

回りくどいことをされるのが一番嫌いです。

どちらにしろ勘が鋭いので、サバサバ系女子には隠し事はできないと思っておいたほうがいいでしょう。

男がサバサバ系女子を彼女にしたいと思う5個の理由

細かいことにはこだわらない部分があるにも関わらず、勘が鋭いなどの意外な一面も持ち合わせているサバサバ系女子。

7つの特徴からは、納得のものから知らなかった一面までが見つかったのではないでしょうか。

特徴の中でも触れてきましたが、サバサバ系女子は男性にモテる特徴を備えています。

ただ、男性も人によって好みが分かれます。

中には、サバサバ系女子を苦手とする人もいるでしょう。

そんな中、サバサバ系の彼女を希望する男性の理由とは?ここでは、『サバサバ系女子を彼女にしたい5個の理由』をご紹介します。

1.互いに干渉しすぎないから

サバサバ系女子を彼女にしたい理由1つ目は、『互いに干渉しすぎない』こと。

人は人、自分は自分。

という考え方をするサバサバ系女子と付き合うと、互いに干渉しすぎることがありません。

それが楽!という男性は、サバサバ系女子を彼女にしたいと考えているようです。

男性は、女性よりもサッパリした性格の人が多いんですよね。

そんな人にとって、女性のネチネチ感は大の苦手。

恋愛はしたいけど、女のネチネチした感じがめんどくさくて、恋愛しない人もいるくらいです。

そんな男性たちにとって、サバサバした女子はまさに理想!

お互いに適度な距離感を保ちつつ恋愛ができるので、付き合うならサバサバ系女子がいいんです。

自分の時間もしっかり大事にする

サバサバ系女子は、自分の時間を大切にしたいと考える人が多いんですよね。

だから、束縛してくるような男性は苦手です。

その代わり、お互いの時間を大事にしてくれる男性とウマが合うんです。

自分の時間を大切にしているので、彼氏に依存することもありません。

その点も、男性が楽だと感じる部分。

依存し、いつも一緒にいないとダメなタイプの女性だと、男性は自由を奪われてしまいますからね。

相手の個性や時間を尊重してくれる

サバサバ系女子は、自分の時間を大切にするからこそ、相手の時間も大切にします。

恋人同士だとしても、彼は彼、自分は自分。

自分を大切にしているから、彼の個性や時間も尊重します。

過剰に束縛することなく、それぞれの時間はそれぞれの自由。

でも、一緒にいるときは明るい性格で、楽しい時間を過ごします。

お互いに干渉しすぎず、かといってどうでもいいわけではなく、相手を大切に思うからこそ尊重し合える。

そんな関係が築けるのがサバサバ系女子。

このような関係を希望する男子にとっては、彼女はサバサバ系以外には考えられないでしょう。

2.喧嘩しても長引かない

サバサバ系女子を彼女にしたい理由2つ目は、『喧嘩しても長引かない』こと。

細かいことにこだわらず、サッパリした性格なのがサバサバ系女子です。

ですから、喧嘩しても根に持ったりせず、ネチネチと文句を言ったりしないのも良いところ。

男性は、女性の嫌味っぽいところやネチネチしたところが苦手なんですよね。

サバサバ系女子ならそんな心配がないので、彼女にしたら気持ちのよい関係が築けると思えるのです。

根に持ったり嫌味を言ったりしない

サバサバ系じゃない女性だと、ハッキリと文句を言わない代わりにいつまでも根に持っていたり、それをここぞというときに嫌味として使ったり。

そんな小技を使いますよね。

男性としては「またそれ?」って思ってしまうところ。

確かに自分が悪かったかもしれなくても、「もう済んだ話じゃないの?文句があるなら、その時にハッキリ言ってくれよ!」と、ちょっとイラっとしちゃう部分です。

サバサバ系女子の場合は、きっと喧嘩するときはします。

でもその代わり、その場でスパッと喧嘩を終わらせることもできるんです。

細かいことを気にしないでいてくれるのは、細かい部分に気を遣えない男性にとって、とても楽な彼女なんですよね。

3.あまり気の利いたことができなくても許してくれる

サバサバ系女子を彼女にしたい理由3つ目は、『あまり気の利いたことができなくても許してくれる』こと。

人は人、そして、世の中に期待しない。

そんな今どきのサバサバ系女子は、「彼氏ならこうするべき」「これくらいしてくれて当たり前」なんて決めつけや期待感を持ちません。

それは男性としてはちょっと寂しいかもしれませんが、正直…楽ですよね。

女性は、男性に守って欲しいし甘えたいから、彼氏に多くのことを要求してきます。

ちょっとでも気が利かないと、すぐにダメ男なレッテルを貼られてしまう…。

男性も男性なりに頑張ったとしても、なんでそんなにも気を遣わなきゃいけないのかって、正直辟易しているでしょう。

最初からあまり期待されていない

サバサバ系女子の場合は、最初から期待されていない分、気の利いた事ができなくても大丈夫。

細かいことを気にしないので、別に頑張って気を利かせなくても、対等な関係でいてくれるのです。

対等だから、無理して毎回ごはんを奢らなくても、紳士的な対応をしなくても、サバサバ系女子はたいして気にしていません。

男性だからって多くを求めないのは、独自の価値観をもっているからでもあるのでしょう。

ですから、女性と対等な関係を築きたいと思っている男性の場合は、サバサバ系女子がドンピシャです。

気張らなくてもいいし、自然体の自分で付き合える!

これほど楽な付き合い方ができる女性は、サバサバ系を除いて他にいないのではないでしょうか。

4.あまり外出したがらないから楽

サバサバ系女子を彼女にしたい理由4つ目は、『あまり外出したがらないから楽』なこと。

インドア派なサバサバ系女子と付き合うと、どこも連れて行ってくれないと文句を言われることもありません。

家でゆっくり、お互いの時間を尊重しながら静かに過ごせるひとときが、男性としては良い休日になるんですよね。

もちろん、時には外に出かけることがあっても、あまり外出したがらないサバサバ系女子ならたまにでいい。

休日を彼女のために使って疲弊することがないので、とても楽に付き合うことができるんです。

アウトドア派の男子には物足りない部分もあるかもしれませんが、適度に楽しみたい男子にとってはサバサバ系女子がちょうどいいんですよね!

5.精神的に強いので頼りがいがある

サバサバ系女子を彼女にしたい理由5つ目は、『精神的に強いので頼りがいがある』こと。

さとり世代のサバサバ系女子は、自分軸をしっかりもった自立した女子でもあります。

そのため、普通の女子よりも精神的に強いんですよね。

その強さは、男性が尊敬してしまうほど。

ブレない軸をしっかり持っているので、男性が頼っても受け止められるだけの器量があるんです。

男性としては、サバサバ系女子に甘えるわけにはいかないかもしれませんが…弱ったとき、ポジティブ思考で前を向かせてくれるのは、頼もしいですよね。

対等でいられるからこそ相談できるし甘えられる。

女性の前で弱みを一切見せられないよりは、時にはその強さで支えて欲しいと思う男性が、サバサバ系女子を彼女に選ぶのです。

まとめ

いかがでしたか?

サバサバ系女子の特徴を見てみると、イメージ通りなもの以外に、ちょっと意外な特徴もあったのでは?

誤解されることも多いサバサバ系女子ですが、その本質を知ると、男子にモテるのも納得できますよね。

時代背景が生み出しているというサバサバ系女子ですが、中には自称する偽物もいるよう。

本物のサバサバ系女子は、女性らしさもありつつ裏がない、男性でも女性でも付き合いやすい性格の女子です。

自称しながらも実はサバサバ系女子ではない人は、実際のところ本物のサバサバ系女子のようにモテないはず。

モテたいなら、本物のサバサバした性格を習得したほうがいいのかもしれませんね。

もちろん、サバサバした性格はモテるだけじゃなく、自分もストレスフリーになれるもの。

あなたもサバサバ系女子に習って、悩みのない人生を手に入れませんか?