習い事をしたい、させたいと思っている人も多いですよね。

今回はそんな習い事について分かりやすくご紹介をしていきます。

大人の習い事はまたの機会にして今回は子供の習い事をご紹介していきます。

男の子と女の子別で人気の習い事をピックアップしていきましょう。

習い事ランキングTOP5!【男の子編】

まずは男の子の習い事をピックアップしてご紹介していきます。

男の子も女の子も子供の将来を見越して習い事をさせてあげたいと思っている親御さんも多いですよね。

今回は習い事にかかる費用の目安などと共にどういったメリットがあるのか男女別のランキングをご紹介していきます。

英語塾と英会話の違いなどもご紹介しますよ。

1.第1位 スイミング

スイミング
男の子の習い事第1位はスイミングです。

スイミングは0歳の赤ちゃんの時から始めている人も多く非常に人気の習い事になります。

赤ちゃんの時にお腹でも羊水に包まれていたこともあり0歳でも習う事の出来る為幅広い年齢の支持が得られています。

赤ちゃんの時にはお母さんと一緒にお母さんのダイエットにも貢献しながら赤ちゃんの体力を付けることも出来ますのでとってもおすすめの習い事ですね。

スイミングの習い事にかかる費用の目安としては下記の費用を目安にして頂くと良いです。

・入会金:5,000円~10,000円
・月会費:5,000円~7,000円(週1回程度)
・その他必要な費用:5,000円程度(スイムウェア、スイミングキャップ、ゴーグル等)

上記の費用はあくまでも目安です。

スイミングスクールによって行うプログラムやその他様々な要因により多少上下します。

習い事を始めようとしている人は目安にしてこれより高い理由や安い理由など考慮して納得できたら入会して習い事をはじめましょう。

スイミングスクールによってはお子さんがスイミングをしている状況を観覧する事が出来る場所もあります。

わが子がどのようにしているのか見ているだけでも楽しいですよね。

送り迎えの必要があるスイミングスクールの場合はその事も考慮して選んでくださいね。

場所によっては親御さんも一緒にスイミングをする事が出来る場所やお子さんがスイミングをしている時間を使って親御さんはエクササイズやジムにエアロビなどをする事が出来る複合施設(ジム)もあります。

お互いの時間を優位銀使う事が出来る施設が多いのもスイミングスクールが人気の秘密なんですね。

体力、筋力がつく

スイミングを習う人習わせる人の多くはこの体力と筋力が付くことを理由に習い事をはじめています。

例えば風邪などを良くひいて体調を崩しがちなお子さんの場合はスイミングをする事によって肺活量が増えて基礎体力も向上して風邪をひき難くなります。

習い事をすると毎月の費用はかさみますが体力がなく病気をしがちなお子さんの場合は医療費分をスイミングスクール費用に変えたと思えばメリットは大きい習い事になりますね。

基礎体力が上がるということは他にも沢山のメリットがあります。

例えば学校の体育の成績も上がりますよね。

プライベートでも運動神経が良くなる事で怪我をし難くなります。

身体がスムーズに動くようになりアクティブで活発な子供へと成長することができます。

子供さんが怪我をし難くなり病気もし難くなるということは親御さんのメリットも大きいですよね。

水泳の授業に困らないように

スイミングスクールに通う事でその名の通り学校での水泳の授業で困ることがありません。

子どもにとっては非常に大きなメリットとなります。

場合によっては水泳が出来るという事で他の子に教える事が出来る為先生にも一目置かれて成績が良くなる事もあります。

子供さんのメリットはとっても大きいですよね。

水泳に限らず基礎体力の向上によって持久力や瞬発力も大きく向上します。

この為マラソンなどの持久力の必要な運動から短距離走などの瞬発力の必要な運動までスイミングを習うまでとは比べ物にならないぐらい動けるようになります。

スムーズに動けて他の子よりも上手にできるということはその運動がとっても楽しくなります。

楽しく運動する事が出来るということはさらに上手くなりたいという向上心もうまれます。

当然成績がアップしますよね。

子供さんにとってスイミングスクールはとてもメリットのある習い事で人気のあるのが分かりますね。

親御さんも向上心が上がって意欲的で活発になっていくお子さんを見るととても嬉しくなりますよね。

内気なお子さんや体力のないお子さんにはスイミングスクールはおすすめです。

勿論体力があって運動が得意なお子さんにもおすすめですよ。

今以上に基礎体力がついてできることが増えること間違いなしです。

2.第2位 英会話


英会話は習い事1位と言われてもおかしくない習い事ですね。

そのぐらいポピュラーで最近では英語が出来て当たり前というぐらいの言語になりつつあります。

この為バイリンガルは当たり前で今ではトリリンガルなどが求められるぐらいです。

ということは第二言語として英語は必須級になってしまうんですよね。

昔は英語が出来たらスゴイと言われるほどでしたが現在ではできないと「え?英語できないの?」と言われることも珍しくありません。

と良い事で英語の習い事はおすすめというよりも出来て当たり前にさせるために習わせるのはおすすめなのです。

学校でも当然英語は習いますが文法がメーンで生きた英語とまでは言えません。

習い事で習う英語は分布などのテスト対策の英語では無く生きた英語の英会話が主流です。

学習塾などではテスト対策や試験対策の文法がメーンの英語なのですが英会話は生きた英語で会話(聞いて話す)事がメーンとなります。

学習塾などの英語を習っているから家は英会話は必要ないかな?なんて思っている親御さんも多いかもしれませんが英語と英会話は似ていて非なるものです。

英会話は文法などのペーパーテストに関して言ってしまいますと必要ないのかもしれませんが英語を話して理解する。

英語を聞く事が出来る話す事が出来るという事に関しては英会話は必須級なのです。

この聞いて聞いたことをそのまま話すことが重要なのです。

日本の学校ではあまり習う事はありませんが例えば初歩的な発音のフォニックスなどをメーンに英語が読める発音できる事が容易になります。

日本語でも子供さんの場合外の看板を見て字は読めるので意味が分からなくても発音することができますよね。

同じように英会話でフォニックスを習う事で意味は分からないことでも書いてある英語は発音できて読めるというようになるのです。

日本語同様に意味が分からなくても読める発音できるという事が重要ですよね。

意味は後から知ることができます。

読めなければ意味を聞くことも出来ません。

英会話は相手の英語を聞いて自分から英語を話す事が出来る生きた英語なのです。

学習塾の英語と英会話は同じように見えて全くの別物と考えてください。

映画など英語字幕が無くてもスッと言葉が入ってきてダイレクトに内容を理解する事が出来ます。

という事は英語の映画を見ていて字幕が出る前に面白くて笑ってしまうという状況になるのです。

え?何?と思われるかもしれませんが字幕が出た時に英会話ができない人でも理解できるはずです。

この事から英語が話せる人なんだと思われて英語は出来るけど話せない人からは尊敬されるかもですね。

日本では英語を読めるけど英語を聞くことや話す事ができない人が多いです。

会話が英語ではできないのです。

その代わり筆談となるととっても得意なんですよね。

コレは他の外国人からするととっても特殊な事なのです。

英語圏のアメリカではアルファベットが書けない人も意外と多いのです。

スペルを間違えてしまう人やそもそも正しいスペルで書かない人も多いです。

OKが良い例ですよね。

本来の略さない言葉を知るとそのスペル間違いに気が付きますがそんなことは気にしていないのです。

スペル間違いを気にするのこそ日本独特の考えなのです。

発音した時に音が同じならそれで良しとする国が大半です。

同じアジア圏でも中国などはそういった考えですよね。

例えば日本では「あう」という漢字が沢山ありますよね。

この「合う」「会う」「逢う」「遭う」「遇う」等のなかからどの「あう」が今の分ではあっているのかなと考えて適切な「あう」を使用しますよね。

この時に間違った「あう」を使った場合には恥ずかしくなることな勿論場合によっては指摘や叱責などを受ける場合もありますよね。

これが中国や諸外国では音が同じならば本来のスペル(字)とは違っても良しとするのです。

例えば英語では「for」を「4」と書いたりもします。

特に文字制限のあるSNSではこういった短縮語で同じ音の字を使う事が多いです。

英語のスペルをそのまま書いてしまいますと長くて文字制限に引っかかってしまい伝えることが困難なんて状況になってしまうことも相まって音が同じなら良しとしているのです。

会話が出来るけど正しい文字や文面が書けない人は多いのです。

この為本当に生きた英語には英会話が重要なのです。

論文や正式な文面を書くためにはもちろん英語も必要ですが英会話が出来る人は文法などの理解度もとっても早くなります。

だって読めるんですから。

英会話に必要な費用の目安はこちらです

・入会金:10,000円~12,000円
・月会費:7,000円~10,000円(週1回程度)
 ※個別指導やネイティブ講師などにより変動
・その他必要な費用:年間20,000円(教材費や留学費用などにより変動)

早いうちに耳から慣れる

子供の(年齢の低い)頃から英会話を習う事でネイチブな発音を聞き取れる耳を育てることができます。

さらに年齢が低ければ低いほど英語の知識がない為無駄に考えることが無くなり素直に聞いたままの音で会話をすることができます。

例えば子供に人気のクマのプーさんっていますよね。

このプーさんは順番や言い方を間違えるととんでもない勘違いをされてしまいます。

クマのプーさんをそのまま言ってしまいますと「Kuma-no-pooh-san」(クマのプーさん)ってなりますよね。

これ実は英会話としての会話では相手には「poosome」(プーサム)と聞こえてしまいます。

同じプーさんなのですが…
「Youwannapoosome?」(ユーワナプーサン?)なんて聞かれたら…どういう意味か分かりますか?
「ウ〇チしたいの?」って聞かれているんですよ。

「poo」は「ウン〇」なんです。

順番も大切でクマのプーさんですので日本語的に「クマ」→「ベアー」と「プーさん」の順番で「Bearpooh」(ベア・プー)と言うと…
相手には「bearpoo」(ベア・プー)と聞こえてしまい「クマのウ〇チ」と思われてしまいます。

クマのプーさんが好き→クマのウ〇チが好きなんて会話が成立してしまうんですね。

しかも間違いと気が付かない場合も多いですのでそのまま「クマのウ〇チが好き」なんだと思われたままになってしまいます。

あなたもそれに気が付かないで「そうそうクマのウ〇チが大好きなの」って言ってしまいます…
分かる人がこの会話を聞いたらもう笑いたくて吹き出してしまいますよね。

正しくは「poohbear」です「bearpoo」ではありませんよ(笑)
こんな感じで英会話ではそのまま聞こえたままで習いますので子供さんは最初からベアプーとは言わなくてプーベアと言います。

このプーベアを覚えますのでベアプーは最初から知らないので間違いは起きないんですよね。

文法や意味だけを習っている人は意味が分かっている分この重要な順番間違いをしやすく発音も同じ「pooh」プーでも「poo」プー違いになってしまうのです。

英会話を習っている人は「pooh」と自然に発音できますが英会話を習っていない人は「poo」と発音してしまい「ウ〇コ」と思われてしまうのです。

相手は慌てますよ。

「Youwannapoosome?」「Youcanpoothere」と場合によっては慌てますよ。

「ウン〇したいの?」「そこでウ〇チしてきて」ってね。

早いうちに英語耳になって英語の音を覚えて自分自身も英語の音を出せるようになれるのが英会話です。

英語塾のとは違いますので英会話習ってみるのも良いですね。

子供さんが英会話を習う事で家でも英語を話す事も多くなるかもしれません。

そこで親御さんは英語のスペルを知っているので違うよとカタカナ英語にしようとしますがそれは決してしないで下さいね。

折角覚えた音がカタカナ英語になってしまいます。

ネイティブな聞こえたままの音を大切にしてあげて下さい。

親御さんもカタカナ英語との違いでネイティブな発音はカタカナだとこう聞こえるんだなんて一緒に覚えましょう。

単語2つが合わさって新しい音に聞こえるかもですね。

3.第3位 音楽教室

音楽教室は最近では男の子にも人気の習い事になります。

音楽教室と聞くとピアノと思いませんか?
そんな人は私含め少し古い考え方なのかしれませんよ。

最近では音楽教室というと軽音楽なども含めた幅広い音楽を習う事の出来る教室なのです。

バンドは元より音楽教室によってはDTMなどMIDIを使った作曲なんかもやっている音楽教室もあるぐらいです。

音楽教室で習ったことを活かして音楽に携わるアーティストとして花開くかもしれませんよ。

あの米津玄師さんも元はDTMで有名なアーティストとして活躍したのち自身の本名でデビューしたんですよ。

音楽関係に興味のある親御さんや子供さんにはとってもおすすめな習い事ですね。

基本的なピアノなどの習い事にかかる費用の目安は

・入会費:5,000円~10,000円
・月会費:年齢によって変わるところが多いです
幼児:約5,000円小学生:約8,000円~12,000円(共に週1回程度)
 ※音楽教室は個別指導かどうかによっても大きく変動します
・その他必要な費用:年間10,000円程度(コンクールなど様々な要因で変動します)

ピアノだけではなく、ギターやドラムも

定番のピアノは勿論の事バンドなどを始める為のギターやドラムの音楽教室もあり人気です。

ギターなどはコード進行を覚えるのにはとても役に立ちますし音楽をするうえで欠かせない知識を得ることができます。

ドラムも音楽のベースに無くてはならないビートを覚えることができます。

ピアノについて詳しくは女の子ランキングでご紹介しますが、和音など多くの事を学べますよね。

音楽教室によって習う事の出来るジャンルがとても幅広いですので親御さんや子供さんに合った音楽教室を見つける事から始めたいですね。

見学などの常時行っている音楽教室が多数です。

やったことのない音楽でも興味があるというものは見学だけでは無く体験もできるところも増えています。

実際に体験してみて自分に合っているのかどうかも確かめることができます。

勿論先生や教室との相性も確かめることができますね。

4.第4位 体操教室

体操教室が最近では人気の習い事になります。

スイミング同様に身体能力の向上や体幹トレーニングによって姿勢が良くなります。

姿勢が良くなる事で成長も促進されて立ち居振る舞いも様になります。

将来オリンピック選手になんて夢も持てますよね。

目安となる費用はこちらです

・入会金:5,000円程度
・月会費:5,000円~10,000円(週に1回程度)
・その他必要な費用:5,000円(ユニフォームダイヤ保険費用など)
・身体の基礎が出来てくる3歳頃から習うことができます

身体能力の向上

身体能力の向上は体操の習い事を語るうえで欠かせない要素です。

体操にはマット運動に跳び箱(跳馬)、吊り輪、平均台に鉄棒等々体操といっても幅が広いです。

体操教室によって得意としている分野や力を注いでいる競技こそ異なりますが全ての体操教室で共通するのは身体能力の向上です。

身体の筋肉の使い方を学ぶことができます。

普段の生活では使う事の無い筋肉までバランスよく鍛えることができます。

バランス感覚が養える

体操の多くは左右のバランスを整えて正しい姿勢で競技に臨みます。

スタートから着地までバランスよくふらつかないことが高得点の評価につながります。

この為終始身体のバランスを整えて美しいフォームであることが必要とされます。

当然バランス感覚が必要となります。

たいかんが自然と鍛えられて普段の生活も姿勢正しくなり美しいいでたちを自然と身につけることができます。

普段姿勢が悪くて困ってしまう…なんて子にはお勧めの習い事です。

姿勢の悪い子は姿勢を整えるための筋肉が無い為姿勢を正す事が出来ないなんて場合もあります。

この姿勢を正す筋肉を鍛える目的で体操教室に通っても良いかもですね。

活発な子供にぴったり

身体を動かすことが好きなお子さんには体操教室はピッタリですね。

さらに言ってしまうと体操は基本的には個人競技になります。

この為チームプレイやコミュニケーションが苦手な人見知りなお子さんでも自分の努力次第で好成績を収めることができます。

また、自分のペースで自分の能力に合った内容から始めることもできます。

マイペースな人で身体を動かして姿勢を正したいなんて人にはピッタリの習い事ですね。

5.第5位 サッカー

サッカーは男の子の習い事で常に上位をキープしている習い事になります。

スポーツ系習い事では野球、テニス等と共に人気の習い事です。

サッカーは3歳頃から習うことができます。

早く習わせてサッカーに慣れ親しんでおくのも良いかもですね。

目安となる費用はこちらです

・入会金:10,000円~15,000円
・月会費:5,000円~15,000円
・その他必要な費用:15,000円程度
※ユニフォーム代、スパイク、脛当て、サポーター等

子供が習いたいと言う習い事

男の子の場合は子供から習いたいと言ってくる子が多い習い事ですね。

その一番の理由はお友達がやっているからだったりもします。

当然本人がやりたいと思うからこそなのですが…後でもご紹介しますが友達などと一緒にする習い事という事がとっても良いことなんですよ。

ルールがわかりやすい

サッカーは非常にルールが分かりやすいスポーツですのではじめから楽しくプレイすることができます。

最初は手を使わずにボールを蹴ってゴールに入れるという事を覚えれば大丈夫ですね。

ボールを足でコントロールできるようになってから細かいルールを学んでいく方法で大丈夫です。

最初に覚えるルールが少ないのは分かりやすくすぐに楽しめる習い事ですのでお勧めですね。

協調性も身につく

チームでプレイするスポーツは個人競技では身につける事が出来ない協調性を学ぶことができます。

次の動きを予想して動く、自分で考えて動く相手の行動を予想する等々社会に出てから必要となる自分が次にどう動けばよいのか考える力と相手の行動を予想する力が自然と身につくのです。

自然と人も集まるようになりお友達もたくさん増えますよ。

個人競技でマイペースに進めるのも良いですがチームプレイで協調性と共に多くの事を学べるサッカーはおすすめですね。

ただ、怪我をしないように常日頃から体作りも重要になってはきますので家での自主練も忘れずにして下さいね。

習い事ランキングTOP5!【女の子編】

女の子の習い事ランキングも上位は男の子のランキングに似ていますが買いに行くにしたがって女の子の特徴が出てきます。

女の子におすすめな理由と共にご紹介していきますね。

1.第1位 スイミング

スイミングは男の子同様に女の子にも人気です。

身体に負担をかけないで身体を丈夫に出来ますのでデリケートな女の子にはとっても良いですね。

ただ、女の子の場合は生理がありますので初潮後にはコレも考慮してあげないといけませんね。

思秋期のダイエットにも効果的でおすすめですね。

女の子にも人気

女の子に人気の理由は体幹が整う事と基礎体力が向上する事によって代謝効率が良くなる事です。

男の子のランキングでもご紹介させて頂きましたが体幹が整うと姿勢が良くなります。

姿勢が良くなる事で美しい立ち居振る舞いとなり美しくなります。

さらには内臓なども正しい位置でキープされる為痩せやすい体になるのです。

基礎体力が向上するのも同様で代謝効率が良くなり脂肪燃焼効率が上がります。

代謝効率が上がるとダイエットに繋がるとともに疲れにくくもなるのです。

同じ運動をしていても疲れることなく楽しく運動することができます。

コレは脂肪燃焼効率が良い為エネルギーとして使う量が増える為です。

例えば運動をすると最初に熱量(カロリー)を消費します。

この熱量を消費しきると脂肪をエネルギーに変えて運動を継続します。

この脂肪を効率よく燃焼させることが出来るのかどうかがダイエットと疲れに繋がります。

燃焼効率(新陳代謝)が良いとカロリー消費後に疲れることなく運動していて気持ちが良いという状態になります。

運動していてすぐに疲れてしまう人はこの燃焼効率が悪いのです。

心当たりありませんか?運動が苦手ですぐに疲れてしまう人にはお勧めの習い事ですね。

体力の向上と共に運動を楽しめる体になれます。

ダイエットしなくても痩せやすい体を手に入れられるのです。

女の子には嬉しい効果ですね。

心身の鍛錬に

身体だけでは無くスイミングは心の鍛錬にもなります。

スイミングは基本的には個人競技となります。

この為自分をどれだけ追い込んでいくのかで飛躍的な伸びにつながります。

例えば呼吸ですね。

50Mを一気に息継ぎ無しで泳ぐことができると息継ぎをして泳ぐ人よりもタイムを多く縮めることができます。

苦しい所をあと少しだけと頑張ることで結果に繋がってきます。

さらに肺活量も向上して疲れにくく持続性のある体へと変わっていきます。

コレも痩せやすい体の特徴ですね。

限界を自分で決めずに限界を突破する喜びを味わう事の出来る習い事でもあります。

結果がすぐに付いてくる限界突破を知ることで勉強にも活かせあと少しだけ頑張るという事が身につきますね。

2.第2位 英会話

男の子のところで詳しくご説明させてい頂きましたので興味ある人はそちらもみて下さい。

男の子のところとは違ったところをご紹介していきますね。

女の子の場合は英語で会話が出来ることは自分の身を守る事に繋がります。

女の子の場合は世の中危険であふれていると言っても過言ではありません。

あわよくばと狙っているひったちは沢山います。

英語が話せないことを良い事に悪さをしようと企んでいる人も多くいます。

そんな人から身を守る為も英会話は必須級の習い事です。

将来の選択肢が増えるように

将来の選択肢が増えるのは分かりますよね。

日本語だけしか話せない人よりも英語と日本語の両方話せる人とでは将来の選択肢は大きく異なります。

英語圏でのお仕事やアクティビティなど様々な分野で楽しめる事が出来ます。

仕事だけでは無くプライベートも充実しますよね。

英語が分かないと何をするのかすらわからないことでも英語が話せるだけで始める事が出来る。

そんなことも沢山あります。

旅行でもそうですよね。

英語は世界で一番使われている言語です。

母国語は英語でなくても英語が理解できる国は沢山あります。

英語が苦手で出来るか分からないって言う人…そんなことないですよ。

例えば明かりがつく電気の事「ライト」って言いますよね。

ほかにも「スイッチ」「ボタン」「パソコン」(パーソナルコンピュータ)「ミネラルウォーター」全部英語ですよ。

案外身近で使っているのです。

あとは発音ですね。

ネイティブな発音ができるように英会話習うと良いかもです。

新しく知っていくと楽しいですよ。

3.第3位 ピアノ

男の子では音楽教室と複数の音楽の習い事でしたが女の子の場合はピアノ教室がダントツです。

ピアノは昔から定番の習い事という事もあって親御さんが習わせたいと思う習い事でもありますのでランキング上位になっているというのもありますね。

習いたいと同時に習わせたい習い事

親御さんが神殿も頃に習っていた又は習いたかった習い事として自分の子供にも習わせたいと思い始める人も多いです。

さらに子供さんもピアノを習いたいと思っている人も多いですね。

ピアノは何だか分からないですが女の子にとっては憧れなんですよね。

ピアノが弾ける女子…それだけで女子力がグンと高くなります。

個人でレッスンなどもありマイペースで自分に合った練習が出来るのも良いですね。

豊かな心を育むことができる

ピアノはその性質上同じ曲だとしても演奏者が変わるだけで大きく局長が変わって聞こえてきます。

自分自身の表現方法で引く事が出来るのです。

豊かな心を育むには最適な習い事ですね。

譜面を読む事も出来るようになりますので学校の音楽でもすぐにどんな感じなのかを把握することができます。

抑揚の付け方や表現力も上がり音楽の演奏だけでなくカラオケなどでもその際を発揮できるようになりますね。

モテますよ。

両手で異なる演奏をするピアノは脳にも良い影響を与えます。

脳の処理能力アップと共に思考力も上がり勉強など他のところでもその効果を発揮することができます。

4.第4位 書道

書道は昔は定番の習い事でしたが男の子の任期は無くなってきています。

というよりほかの習い事が増えていると言った方が正しいんかもですね。

女の子には依然人気の習い事になります。

これは単純に女子力の向上ときれいな字を書きたい、書かせたいと思う親御さんと子供さんの共通の目的があるからですね。

綺麗な字の習得に

書道はバランスよくきれいな字をかくには必須な習い事です。

書道は習字なんて言い方もしますよね。

毛筆と硬筆があり多くは毛筆(書道)を習いますが実は実際すぐに字が綺麗になるという結果が出るのは硬筆なのです。

筆かペン(万年筆など)かの違いなのですが筆で字を書く機会ってそこまで無いですよね。

どちらかというとペンで字を書く機会の方が多いです。

この為単に字をキレイに書きたいという目的であれば硬筆を習うのも良いです。

毛筆はある程度段位が上がってくると楷書体では無く達筆な書体となりきれいな字というより特徴的で…スゴイ字を書くな…と印象になります。

目的に合わせて毛筆と硬筆を選ぶと良いですね。

勿論両方を習ってきれいな字を身につける事も良いです。

5.第5位 バレエ

バレエは女の子には人気の習い事ですね。

バレエは踊る方ですね。

バレーボールのスポーツではない方です。

優雅なその姿にはとっても癒されます。

しかしやっている本人は意外と大変なのがバレエです。

姿勢や柔軟性はもちろんですが、バランス感覚も重要で体幹が整っていないと普通に立って姿勢をキープする事も難しいのがバレエなのです。

最初は出来なくてもポールにつかまって徐々に出来るようになりますので安心してはじめて大丈夫なのですが、見た目とは相反してとっても大変な動きと姿勢のキープが必要でバランス感覚と筋力が必要です。

総合力が重要です。

逆に言うとこの総合力が身についてバランスの良い筋力と体幹が鍛えられるのです。

必要な費用の目安

・入会金:5,000円~10,000円
・月会費:7,000円~10,000円(週1回程度)
・その他必要費用:10,000円(レオタード、トゥシューズ、タイツ等)

姿勢がよくなる

バレエには正しい姿勢をキープすることが重要です。

この為姿勢が良くなるのは必然です。

バレエの時だけでは無く常日頃の姿勢も良くなります。

この為常日頃の立ち居振る舞いや所作がとってもステキになるのです。

当然背も高くなりやすく痩せやすい体となります。

運動しても疲れにくい身体になります。

ダイエットをしなくても自然と痩せやすい体になります。

柔軟性のアップ

バレエでは姿勢のキープの際に身体の柔軟性が必要な姿勢が多くあります。

体幹だけでなく柔軟性も必要不可欠となります。

最近では柔軟体操などもあまりする機会が無くなってきていますので身体がカタイ子が多いです。

身体がカタイと怪我をしやすくなってしまうのです。

チョットした事で怪我をしてしまうのはこの柔軟性が失われているからという場合もあります。

怪我をし難くなるメリットの他にも代謝効率が良くなるなど身体が柔らかくなることによるメリットは多くあります。

最初は身体がカタくてできない姿勢も多いと思いますがポールを使った練習と柔軟体操で目に見えて出来るようになります。

この目に見える成長は向上心にもつながりバレエだけでは無く他の事にも意欲的になれるようになります。

努力したら結果が出ることが目に見えて理解できると努力をする事が楽しくなります。

運動だけでなく勉強も自然と出来るようになってしまうのです。

やりたい気持ちを育てながら応援しよう(まとめ)

如何でしたでしょうか?今回は子供の習い事を男の子と女の子別ランキングでご紹介させて頂きました。

親御さんが習わせたいなと思う目的の習い事はありましたか?
無かった人でも何かの参考になったら幸いです。

最近ではこのランキング以外でも人気の習い事は沢山あります。

最近(2018年)のトレンドになり土ある習い事も少し最後にご紹介しますね。

最近では「ボルダリング」がトレンドになりつちあります。

ロッククライミングの室内版みたいな感じですね。

反り立つ壁に掴める突起をいくつか配置して壁を上るアレですね。

某テレビ番組などでもしているクライミングですね。

新た能力向上など普段使わない筋肉を使う事で身体にとって良い効果が望めますね。

何より楽しく学べることが人気の秘密ですね。

他には体育の必須科目にも追加された「ダンス」や「和太鼓」などの打楽器、IT化に伴って「プログラミング」なんかも人気です。

「将棋」も再人気になっている習い事ですね。

基本的には子供さんが習いたいという気持ちを優先してやらせてあげる事が重要です。

無理矢理行かされている習い事は好きになる事はありません。

むしろ嫌なイメージしかつきません。

やりたい、楽しいというポジティブなイメージが重要ですよ。

一緒に楽しく出来る習い事が見つかるとベストですね。