仕事でイライラする日々が続き、職場にいくのが億劫になっている。

朝起きて、出勤するまでの間憂鬱になって、会社に行くことに気分が乗らない。

そんな人々は多いと思います。

ストレスを感じる一番の原因は「仕事」と答える人が多いと言われており、誰しもが仕事に対して、不満を感じており、イライラしているといえるでしょう。

とはいえ、人生の中で一番時間を費やすのも仕事。

ほとんどの人が、朝早く出勤をして、夜まで仕事というライフワークを送っています。

人生の中で一番時間を費やす仕事だからこそ、心穏やかに、楽しく、取り組みたいもの。

しかし現実はそうはいきません。

職場には様々な人があり、自分と合わない人との人間関係も築く必要が出てきます。

それに、責任をもって仕事に取り組まなくてはいけないため、プレッシャーなどに追われます。

仕事をする以上、ストレスからは逃れることができないと言っても過言ではないでしょう。

とはいえ、ストレスを感じずに生きたいと思う人が多いはず。

そこで今回は、仕事でイライラしてしまう原因を探り、そのイライラを解消する方法についてお伝えしていきたいと思います♪

職場にいるとなぜかイライラしてしまう?

働かない口ばかりの上司、仕事をしないでサボってばかりいる後輩、ピリピリしているお局様、噂話ばかりの同僚…。

職場はイライラする要素がたくさん詰まっている場所といっても過言ではありません。

学校であれば、好きな人とだけ仲良くすればよく、嫌いな人を避けて付き合わないということもできますが、仕事となるとそうはいきません。

嫌いな人であっても一緒に仕事をしなくてはいけませんし、会話をしなくてはいけません。

結果、イライラすることが増えたり、仕事を楽しいと感じられない時間が多くなってきたという人もたくさんいるでしょう。

常にやる気があったり楽しくできる訳ではない

仕事は常にやる気があったり、楽しくできる訳ではありません。

学生時代は、お金を払って学ぶという形態であり、いわば自分達はお客様でした。

しかし、社会人は自分の働きに対してお金をもらうという形態。

つまり、提供側になるのです。

給与をもらっているからこそ、給与以上の利益を会社にもたらす必要があります。

そのため、嫌だと思う仕事もやらなくてはいけませんし、責任をもって仕事に取り組む必要も出てきます。

学生時代は、バリバリ働いて仕事をこなす社会人に憧れていたという人も多くいるでしょう。

そして、社会人になって、その憧れに向かって頑張ろうと努力している人もたくさんいると思います。

とはいえ、現実問題、モチベーションを常に保ち続けるのは、仕事では不可能です。

仕事は、良いことばかりではなく、嫌な事もたくさんありますし、理不尽なことだってたくさんあります。

気分は上下するもの

仕事に対して、常にやる気を保ち続けることができる完璧な人間などいません。

気分は上下するものであり、仕事に対して気分が乗らない日もあります。

そういう時は、無理に仕事をしても、ミスが増えたり、注意力散漫になりがち。

後日、その時に作った資料をみたときに、資料の出来具合にびっくりしたという人も少なくないでしょう。

気分を一定に保つことは、どんな人間にも困難なことといえます。

そのため、仕事に対して、イライラしてしまったり、ストレスを感じてしまうのは、人間として仕方のないことといわざるを得ません。

職場でイライラをなくすための6個のポイント!イライラする時は落ち着こう!

仕事でイライラしてしまうのは当たり前。

とはいえ、人生で長い時間を費やす職場だからこそ、イライラをなくしたいと考えるのは当たり前です。

イライラした気持ちというのは、突発的なものなので、抑えることができないのではないかと思われがち。

しかし、イライラした気持ちと上手に向き合うことで、気持ちを抑えることができます。

大切なのは、イライラした気持ちに対して、落ち着いて対処すること。

どうしても感情的になってしまうのが人間の性ですが、イライラした気持ちになった時ほど、冷静に対処することが大切なのです。

では、イライラをなくすためのポイントを具体的にお伝えしていきたいと思います。

1.一旦休憩を入れる

イライラした時に大切なのは、一旦休憩を入れること。

イライラした気持ちを抱いたまま仕事を続けても、仕事が順調に進むわけがありません。

イライラした気持ちは、ミスを引き起こしたり、仕事の停滞にも繋がります。

それであれば、一旦休憩を入れて気分をリフレッシュさせることが大切です。

そもそも、人間の脳というのは、継続作業には疲れを感じてしまうもの。

そのため、適度な休憩というのはとても大切。

適度な休憩を入れることで、気持ちがリフレッシュでき、心の余裕が生まれるようになりますし、作業も捗るようになります。

そもそも、イライラした気持ちというのは心の余裕がない時に置きます。

本来であれば、聞き流せるようなことも聞き流せなかったり、怒らなくても良いことを怒ってしまったりということを、心の余裕がない時はしてしまいがち。

適度な休憩を入れて、余裕を持った行動ができるよう心掛けましょう。

数分間その場から離れる

休憩を入れるときは仕事をする場所で休むのではなく、リフレッシュルームやお手洗いにったり、喫煙をする人は喫煙所に行ったりと、数分間その場を離れることが大切です。

仕事をする場所で休憩をしても、イライラを継続してしまい、リフレッシュはできません。

場所を変えて、頭の中をクリアにすることが大切なのです。

場所を変えることで、職場のピリピリした空気感が逃れることができ、一瞬仕事を忘れることもできます。

イライラした気持ちを抑えるためには、仕事を忘れて別の事を考えてみるというのも大切。

人間観察をしたり、スマホを触ってみたりして、仕事以外の事を考える時間を作りましょう。

外の空気を吸いにいく

また、少し遠出をして外の空気を吸いに行くことで、更にリフレッシュすることができます。

新鮮な空気を脳に送ることで、さっきまでイライラしていた気持ちが、スッと消えることも…。

また、空気に触れることで、冷静な気持ちになることもできるので、オススメです。

どうしても、イライラが止まらないときは、外の空気を吸ってひと呼吸してみましょう。

2.不満を同僚に言う


不満は溜め込んでしまうと、精神的に良くありません。

バケツに水を入れ続けると溢れてしまうように、ストレスも溜め続けてしまうと溢れてしまい、爆発してしまいます。

そのため、適度にストレスを発散することはとても大切だといえるでしょう。

また、仕事上の不満は、仕事の状態を分かっている人に話すのが良いと言えます。

家族や友達、恋人に話すのも息抜きにはなりますが、状況が分かっていないからこそ、理解が乏しくなってしまったり、適切なアドバイスが出来なくなってしまいます。

そのため、状況を理解している同僚に話すのがよいでしょう。

休憩中のストレス発散

また、家族や友達、恋人に不満を話すのは、どうしてもタイムラグが出てきてしまいます。

そのため、休憩中などに話すことができる同僚の存在というのはとても大切。

とはいえ、どんな同僚にも話して言いわけではありません。

不満を同僚に言いふらしてしまっては、あなたの評価が下がってしまうことも…。

また、あなたが悪くなかったとはいえ、不満を言い続けることで「性格が悪い。」というレッテルが貼られてしまうこともあるので、注意が必要です。

また、同僚が告げ口をしてしまい、職場の人間関係が悪化してしまうなんてこともあるので、不満を話す相手は気を付ける必要があります。

不満を言う同僚は、本当に仲が良い信用できる相手を選ぶこと。

そして、あなたの不満を一方的に伝えるだけではなく、相手の不満も聞いてあげて、Win-Winの関係を築いておくことが、大切だといえるでしょう。

3.甘いものを飲む・食べる

甘いものを飲んだり、食べたりして、気分をリフレッシュすることも大切。

そもそも、イライラしているときというのは、脳が活性化されており、糖分が足りない状態に陥りがち。

そのため、甘いものを食べたり、飲んだりして、糖分を送ってあげることで、脳がクリアになります。

また、甘いものは、気持ちをホッとさせてくれますし、切り詰めていたものを解放させてくれるという効果も。

そのため、イライラしたときは、甘いものを摂取することは、とても大切だといえるでしょう。

脳が疲れてイライラしているのであれば甘いものを取る

脳が疲れているなと感じるのであれば、なおさら甘いものを取ることが大切。

よく、朝に甘いものを食べて、脳に糖分を送り、脳を活性化させる人がいますが、それはとても有効的な手段だと言えます。

チョコレートを食べて気持ちが落ち着いたり、イライラした時に無性にチョコレートを食べたくなるという人は、多くいるのではないでしょうか。

とはいえ、何事も食べ過ぎは禁物。

糖分過多となってしまうと、逆にストレスを感じやすい体になってしまったり、糖分に対する依存も高めてしまいます。

糖分を取るにしても、適度な摂取量が大切です。

チョコレートなどを持っておくことがオススメ!

イライラする気持ちは予期せぬ時に起こるもの。

そもそも、イライラする気持ちを予知できる人間などいません。

だからこそ、チョコレートなどの甘いものは常に常備しておくことが大切。

机の中に、甘いものはイライラした時の強い味方。

だからこそ、机の中に常に忍び込ませておきましょう♪

4.深呼吸をする

イライラした時は、感情的なりがち。

自分の中で悶々とイライラした気持ちを高めてしまったり、周囲に当たり散らしてしまいがちになります。

イライラしたときは、深呼吸をすることが大切。

ひと呼吸おくことで、イライラした気持ちに一旦区切りをつけることができます。

そもそも、イライラした気持ちを長引かせてもよいことは何もありません。

イライラした気持ちを、一旦区切り、新たな気持ちで仕事を取り組むことが大切。

深呼吸をして、気持ちを切り替えてみましょう。

イライラしている時こそ冷静に

イライラいているときは、冷静さを忘れてしまうのが人間というもの。

しかし、冷静さを忘れてしまっている状態は、感情的になっているため、自分の不満を発散させることに注力してしまいがち。

イライラを抑えるためには、イライラの根源に対する解決策を見出すことが大切。

そのためには、感情的になるのではなく、冷静に物事を考えることができる状況を作りだすことが大切だと言えるでしょう。

5.変わった方法で作業をする

イライラしたときは、気分転換のため、変わった方法で作業してみるというのも1つの手。

ルーティン作業となっているものを、いつもと違う作業でやってみたり、逆からやってみたり等、遊び心をもって仕事に取り組んでみるのも良いでしょう。

一見遊んでいるようではありますが、変わった方法で作業することで、集中力がそちらに傾くため、イライラした気持ちを忘れることができます。

さらに、新たな発見が見いだせることもあるでしょう。

普段とは違うことをしてみることも

イライラした気持ちというのは、真面目だからこそ起きること。

人の気持ちを真正面から受け止めてしまったり、仕事に一生懸命取り組んでいるからこそ、上手くいかなかったときにイライラするのです。

だからこそ、遊び心をもって、ゲーム感覚で仕事に取り組んでみることも大切。

真面目な気持ちを一旦忘れることで、ストレスを解消できるので、オススメですよ♪

6.集中しすぎない


仕事に集中しすぎると、ついついイライラした気持ちも高まってしまいます。

そもそも、集中力というのは長い時間維持できないのが、人間の性というもの。

集中力を高めるためには、適度な休憩であったり、手を抜く時間を作るということもとても大切なのです。

真面目だからこそ、全力で仕事に取り組んでしまう人も多いと思います。

しかし、仕事というのは長い道のり。

いつでも全力で取り組んでいては、息切れしてしまいますし、限界が訪れてしまうので禁物。

集中しすぎないということは、仕事を継続するためには、とても大切なことだといえるでしょう。

集中することは大事だが手を抜くことも大事

集中することは大事だが、手を抜くことも大事です。

仕事が出来る人の多くは、手を抜くということを知っています。

全力で取り組むときは取り組み、力を抜くときは力を抜く。

真面目になり過ぎないことが、イライラし過ぎないポイントだと言えるでしょう。

職場でイライラする5個の原因とは?こんな時はイライラしやすい?

「職場でイライラすることが増えた。」「毎日イライラしていて仕事がままならない。」そんな悩みを抱えている人は大勢いると思います。

イライラした原因が分かれば良いのですが、慢性的にイライラしてしまう人は、イライラいた原因を見失ってしまいがち。

結果、怒りっぽくなってしまったり、ピリピリした雰囲気を作りだしてしまい、周囲に対して「近寄り難い人」「感情コントロールが上手くできない人」という印象を与えてしまいます。

職場環境を良くするためには、より良い人間関係を築き上げておくのは大切なことです。

あなたがイライラしているせいで、人間関係にヒビを入れてしまい、更にイライラする環境を作り上げてしまっては本末転倒です。

イライラした時に、誰も味方になってくれない状況になってしまってはいけません。

イライラしない環境を作り出すには、イライラの原因を探りだすことが大切だといえます。

では、実際にイライラしてしまう具体的な原因についてお伝えしていきましょう。

1.疲れている

疲れているときは、どうしてもイライラしやすくなります。

仕事が立て込んでいるにも関わらず、次から次へと新しい仕事が舞い込んでくる状態。

頭の中もキャパオーバーになり、精神的にも肉体的にも疲労を感じている状態に陥ると、心の余裕がなくなり、イライラしてしまいます。

疲れの原因は、仕事だけとは限りません。

プライベートでスケジュールが立て込んでしまったり、家族や友人、恋人と喧嘩をしてしまい、精神的に疲れてしまったりすることも。

結果、プライべートが上手くいかないと、仕事にまで影響が及んでしまうことも多くあります。

疲れているときはイライラしやすい

疲れているときはイライラしやすくなります。

疲れていると感じるときは、自分を労ってあげることがとても大切です。

早めに帰宅して、好きなテレビをみたり、美味しいものを食べたり、お風呂にゆっくりつかったりと、気分転換をしましょう。

疲れているときに予定を詰めすぎてしまうと、気持ちの余裕がなくなってしまい、結果イライラを加速させてしまう原因にもなります。

イライラする気持ちを抑えるためには、疲れを和らげてあげることが大切です。

疲れているときはとことん自分を甘やかしてあげましょう。

2.ストレスが溜まっている

仕事が立て込んでいてストレスが溜まっている状態ですと、どうしてもイライラしがちです。

また、プライベートでもストレスを感じることが立て続けにあると、なかなか気分良く過ごすことができません。

家族や恋人と喧嘩したり、友達関係にヒビが入るような出来事があると、「なぜ自分ばっかりこんな目に…。」という気持ちになってしまうのは当たり前の心境でしょう。

ストレスが溜まっていると実感しているときは、気分転換に1人旅に出かけたり、エステやマッサージなどで癒される時間を作るなどして、癒しの時間を作って、気分転換をすることが大切です。

いつでも優等生でいる必要はありません。

たまには、何もかも忘れる時間を作ることもストレスと向き合うためには重要ですよ♪

常にイライラしてしまう

ストレスが溜まっている状態が続くと、常にイライラしてしまい、些細なことにも苛立ちが隠せなくなってしまいます。

普段は許せていたことが許せなくなってしまったり、気持ちが安定しない状態が続き情緒不安定になってしまったり…。

現代人はストレスを抱えて生きていると言われていますが、ストレスを抱えすぎてしまうと、精神的な病気になってしまったり、またストレスからくる病気を引き起こしてしまうことも…。

身も心も健康的に生きるためには、ストレスと上手く付き合う必要があるということを、肝に銘じておきましょう。

3.後輩の行動

社会人生活が長くなると後輩に教育する立場となります。

仕事ができる後輩ばかりなら良いですが、残念ながらそういうわけにはいかないのが社会人というもの。

ミスが多い後輩だったり、やる気がない態度をとる後輩、また仕事ができない後輩なども多く存在するはずです。

後輩が仕事ができないのは、先輩の責任とされてしまうこともあります。

そして、後輩がミスをしてしまったときに、かばってあげなくてはいけないのが先輩の役目です。

後輩のミスによって、プライベートの予定をキャンセルせざるをえなかったり、仕事が山のように降ってきたりすると、どうしてもストレスを感じてしまうもの。

優しい先輩でいたいですが、どうしても叱らざるを得ないときもあります。

叱るということはとても体力がいることですし、相手が傷つかないように伝えなくてはいけないと気を使います。

出来の悪い後輩の行動というのは、ストレスが溜まりやすいものだといえるでしょう。

できていない時

後輩が仕事ができていない時、なぜこんなこともできないのだろう?という疑問を抱いてしまう人も多くいると思います。

社会人になると、自分で考えて行動するのが常識となりますが、新人ですと1から10まで教えてあげないとできません。

また丁寧に教えてあげたにも関わらずミスを繰り返してしまうと、どうしても感情的になってしまうということもあるでしょう。

言い訳ばかり

また、注意をしたときに素直に聞き入れてくれる後輩なら良いですが、言い訳ばかりをして自分を正当化しようとする後輩もいます。

最近の若い人達は叱られるということに慣れていない人も多く、自分を否定するような発言に対して反論をしたり、自分を守ろうとしてしまいがちです。

結果、更にストレスが溜まっていくという状況に陥っていく人もたくさんいるでしょう。

あまりにも言う事を聞かない後輩に対しては叱るのではなく、まず褒めること。

褒めることで、後輩が素直に聞く体制を作りだし、注意を行なうことでスムーズに叱ることができます。

後輩にここまで気を使わなくてはいけないこと自体がストレスかもしれませんが、それは上に立つ人の役割と言わざるを得ません。

後輩の成長をやりがいに感じて、頑張ることも大切です。

4.上司から注意を受けたとき

仕事をしているとミスをしてしまうこともたくさんあります。

また年齢を重ねれば重ねるほど、責任のある仕事を任せられることも。

プレッシャーを感じながら仕事をしていると、どうしても失敗する事が増えてしまいがちです。

そんな時に上司から注意を受けると、どうしても不満が溜まってしまうのが人間の性。

上司からの注意というのは、なかなか心がえぐられるものがあります。

普段から、親身になって相談を受けてくれるような上司であれば、素直に受け入れることができますが、残念ながら世の中の上司は良い人達ばかりではありません。

偉そうな態度しかとらない上司や仕事を押し付けてばかりで自分で何もしない上司、はたまた仕事を何も理解しておらず、やる気がない上司など、ダメな上司というのはたくさんいます。

上司を自分で選ぶことが出来れば良いですが、仕事というのはそういうわけにはいきません。

そりが合わない人が上司になったときは、仕事に対するモチベーションが下がってしまうのは当たり前です。

ストレスを感じてしまうことも増えてしまいます。

社会人になると、嫌な上司とも上手に付き合わなくてはいけないこともあります。

嫌な上司と上手く付き合うためには、話を聞き流す力を身に付けたり、上司を褒める力を身に付けると楽になります。

上司を攻略する方法よりも、上司とトラブルを起こさず仕事をこなす方法を見つけることが大切ですよ。

教えてもいないことをやらされるとき

ダメな上司の多くがやりがちなのが無茶ぶり。

教えられていないことをやらされそうになった時は、なぜ自分が?という気持ちになるのも当然です。

無茶ぶりをされると、仕事がきちんとこなせるか不安にもなりますし、プレッシャーにも追われるはずです。

とはいえ、上司は「あなたなら出来る。」と思って無茶ぶりしていることも。

どんな人であっても、任せられないと思う人には仕事を任せないでしょう。

教えられていない仕事をやらされそうになった時は、一度受け止めた上で、不安な点は素直に伝えること。

私なりに一生懸命頑張るけど、ここが不安だから教えてほしいと謙虚な姿勢で伝えれば、上司も教えてくれるはずです。

無駄なイライラをする必要もなくなるので、不安な時は不安な気持ちをきちんと伝えましょう。

その上で、きちんと仕事をこなすのが大人の対応ですよ♪

偉そうに指示をされたとき

とはいえ、偉そうに指示をされたときは、イラっとしてしまうのが人間の心理。

尊敬できる上司ならまだよいですが、尊敬をしていない上司に偉そうな態度をとられると、仕事もできないくせに偉そうに。という気持ちになってしまうでしょう。

まだまだ日本は年功序列な社会。

長く勤めていることだけが理由で出世をしていく人達もたくさんいます。

実力が伴っておらず、部下に仕事を任せるだけの偉そうな上司に対しては、イラっとするのが当たり前といえるでしょう。

そんな上司にイラッとしてしまうのはあなただけではありません。

同僚もイラっとしているはずです。

同じ敵がいると、チームの結束力もグッと高まります。

上司には当たり障りのない態度を取りつつ、同僚と結束力を高め、イラっとした時は同僚と息抜きをして、仕事のやる気を奮い立たせる。

そんな仕事のスタイルも悪くないと思うのが吉。

理解者がいてくれるというのは心強いはず。

イラつく上司ばかりに視点を当てず、気持ちを分かってくれる同僚と仲良くすることを第一に考えましょう。

5.上手くいかないとき

仕事が上手くいかないときは、不甲斐ない自分に誰しもがイライラしてしまうもの。

仕事が上手くいかないときは誰にでもあります。

タイミングが悪かったり、勘違いをしていたり、難易度が高い仕事だったりと、仕事が上手くいかない原因というのはたくさんあります。

仕事が上手くいかないときは、「こういう時もある。」と割り切ることも大切です。

「仕事が上手くいかない。どうしよう。」と焦ってしまうのは良くありません。

上手くいかない時こそ、肩の力を抜いて仕事に取り組むことが大切だといえるでしょう。

ミスが続いてしまったとき

仕事が上手くいかないことが続くと心が焦ってしまい、頭で考えていることと、実際の動作が別の動きをしてしまい、どんどんミスを引き起こすようになります。

「ミスをしたくない。」という焦りから、色んなことが気になるようになり、注意力散漫となってしまいます。

結果ミスをさらに引き起こすという負のスパイラルにハマってしまうこともあります。

仕事が出来ない自分に苛立ちを覚えつつも、解決策が見いだせない状態となってしまいます。

ミスが続いてしまう時は、脳が疲れている証拠です。

そんな時は、一旦ひと息ついて脳を休ませて、リフレッシュした気持ちで望みましょう。

仕事から離れることで、自分がなぜミスを続けてしまうのかということを冷静に考えることが出来るようになります。

普段できていることも失敗

ミスが続くと、精神的にも不安定になってしまい、普段できていることですら失敗してしまうことも…。

悪循環の末期に陥ってしまっており、なかなか抜け出すことができません。

頭の中は仕事のことしか考えられず、グルグルと悪い想像ばかりが駆け巡っている状態です。

この状態ではまともな仕事をするのは難しいでしょう。

仕事が問題なければ、有休をもらって自分の身体をリフレッシュさせてあげることも大切です。

仕事の都合で休めないという場合も、ランチ休憩の時間をフルに使って美味しいものを食べたり、休憩の時間をフルに使ったりと、体を休めてあげましょう。

身体が悲鳴を上げているときは、休むことが大切です。

休まずに更に仕事を頑張ろうとするとミスも増え、結果、身も心もボロボロになってしまうので要注意ですよ。

イライラする時こそ踏ん張り時

イライラした時は自分を客観的に見てみることが大切です。

自分を第三者的な視点で見てみると、「なぜそんなことでイライラしているのだろう?」と冷静な気持ちになることができます。

人間は完璧な生き物ではありません。

精神状態がいつでも良好な人は少なく、皆、自分の感情と戦っているのです。

だからこそ、自分の感情と上手く付き合うことは大切です。

イライラする気持ちが引き起こることは仕方ないこととはいえ、その感情に長時間付き合うのは身体に毒です。

イライラしたときは、その気持ちをいかに早く手放せるかが大切になります。

休憩を入れたり、甘いものを食べたり、不満を聞いてもらったりなど、リフレッシュをして、気持ちを入れ替えるように心がけましょう。

イライラする時こそ踏ん張り時です。

イライラする気持ちというのは、あなたが一生懸命仕事に取り組んでいるからこそ起きる気持ちです。

自分の思い通りに仕事がこなせなかったり、自分の意志が伝わらなかったり、認めてもらえなかったり、そんな「悔しい。」という気持ちからイライラは巻き起こるのです。

だからこそ、イライラした時は、あなたが今よりも一歩成長するチャンスだともいえるでしょう。

イライラした気持ちは誰にでもあります。

だからこそ、イライラした気持ちと上手に向き合うことが、人生を楽しくするコツです♪

あなたが今よりもより充実した生活を送れるよう、自分の感情には上手く向き合えるようになりましょう!