20代後半にもなると「いったいどんな服装をしようかな?」と、ファッションについて悩む時間が増えますよね。

そうはいっても、人によっては仕事に育児に勉強に忙しいものです。

なかなかじっくりとファッションについて学んだり、考えたりする時間がありません。

そして、結局いつもと同じような服装をしてしまっているのではないでしょうか。

その服装、あなた自身は心の中で“イケてる”と思っているかもしれません。

でも、もしかしたら周りの人からは「ちょっとイタい」「年齢にふさわしくない」「もっと別のファッションが似合うのに」なんて思われているかもしれません。

いやいや、この記事をご覧になっているのであれば、あなたはすでに「このままのファッションではいけない!」とどこか焦りを感じているのかもしれないですね。

ということで、ここでは“20代後半からすべきおすすめのきれいめコーデ”をご紹介します!

この記事を読めば、あなたの今持っているファッションへの悩みがなくなり、毎日晴れやかに、そして胸をはって歩くことができるようになるはずです☆

20代後半からきれいめコーデを意識しよう!

女性は何歳になっても、どんな状況におかれることになったとしても、たとえ心の中では「もうおしゃれなんかする年齢ではない」なんて考えながらも、どこか“いつまでもきれいでいたい”“輝いていたい”と考えているものです。

あなたも、そのように感じているのではないでしょうか?

「いやいや!私はそんなこと考えていなくて、世間の目を気にしているの」という方もおられるかもしれないですね。

たしかに20代後半ともなると、昔と同じように「きれいになりたい!」「かわいくなりたい!」と考えて、その気持ちのままにファッションコーデを生むことって難しくなってしまうものです。

社会的地位を得る人もいれば、社会からリタイアをして家庭にはいる方もいるでしょう。

人は、相手の見た目で判断するものです。

そこで20代前半がするような若々しいファッションをしていれば「イタい人」「自分のことが見えていない人」と思われますね。

逆に20代以上の年代の方が着こなすようなファッションをしていれば、それこそ「ダサい」とか「ファッションに疎すぎる」なんていわれてしまうものです。

あなたもそのように誰かから指摘されたのかもしれませんね。

そう、人はいつだって“昔と同じまま”でいることなんでできないんです。

だからこそ、あなたにお伝えしたい。

もしも、20代後半になってあなたの“ファッションスタイル”“誰にも譲れないコレといったスタイル”が確立していないのであれば、ぜひともきれいめコーデにチャレンジしてほしい、と。

きれいめコーデと言われても、いったいどんなコーディネートなのかまったく想像できない方もいらっしゃるかもしれません。

詳しくは、後程お伝えしていきますが簡単にお伝えすると「女子アナのようなファッション」を想像してみるとわかりやすいかもしれません!

さっそく次の項目で、“きれいめコーデ”とはいったいどのようなファッションなのかを詳しく見ていきましょう☆

きれいめコーデとは?

20代後半という、30代を目前にする年代になるとこれまでは履きこなすことのできていたミニスカート、そしてタイトなショートパンツ…などなどをはくことに抵抗を覚えるようになりますよね。

それは、周りの目線を気にしていることもあれば、あなた自身の心もしっかりと―大人になってからも―成長しているということになります。

周りの目線で苦しい思いにもならず、さらに自分自身を自由に表現できるファッションを楽しむためにぜひとも“きれいめコーデ”を組んでみましょう!

では、いったい“きれいめコーデ”ってどんなコーディネートのことをいうのでしょうか?

どんなコーディネートをするにも、最初にどのようなイメージをもつのかがとても重要になります。

あなたの“きれいめコーデ”を大成功させるためにも、今のあなたをしっかりと表現するためにもまずは“きれいめコーデ”がどんなコーデなのかを勉強しておきましょう☆

さいあく、これだけでもイメージすることができれば、人によってはすぐにでもきれいめコーデを組むことができるはずです。

カジュアルでもキレイ

ここ数年で、ファッショントレンドはカジュアル傾向にありますよね。

ファッションのトレンドは繰り返すとはいわれているものの、なんと“カジュアル”なファッションというのは、根強く残っています。

あなたもカジュアルを主体にして、すでにコーディネートを組まれているかもしれません。

カジュアルってとても楽ちんですよね。

しかし、その“楽ちんさ”“カジュアルさ”に依存しすぎてしまうと、“女性らしさ”だったり、“20代後半だからこそかもしだすことのできる色気”というのを出すことができません。

むしろ、人によっては“男性っぽくなってしまう”なんていうこともあるんです。

それに着くずすことで、“こなれ感”を出すことができるのがカジュアルファッションです。

しかし、きれいめコーデに移行するのであれば、“清潔感”“きれいさ”を追求するようにしてください。

きれいめコーデにするからといって、カジュアルファッションをやめる必要はありません。

シワのよっていない、どこか洗練された、清潔感の感じることのできるファッションにすればいいのです。

また、髪の毛と肌もいつもピカピカにしておくことによって、さらにきれいめコーデを美しく見せることができますよ。

清楚っぽい

一つ前の項目で少し触れましたが、“きれい”と誰もが感じることができるのって“清楚らしさ”を持っているものなんですよね。

カジュアルファッションだけではなく、ほかのファッションでも極めれば極めるほどに合わせるメイクが濃くなってしまうとか、どこか生活感があふれてしまうようなファッションになってしまうことも少なくありません。

そこに“清楚さ”ってないんですよね。

しかし、清楚な人ってどんな服装をしていても、どんな口調でしゃべっていても、きれいだし、清楚なんです。

きれいを引き立たせているんですね。

イメージでいうと、“無色透明”ということができるかもしれません。

清楚な女性を目指してください。

いや、なってください。

清楚な方は、メイクはとても濃いわけではありません。

濃かったとしても、どこか引き算しているので怖いイメージも作りません。

清楚な女性は、振舞いもほんわかしています。

まるで白い花が自分の周りに飛び散っているかのようなイメージを持つとよいかもしれませんね。

イメージはコンサバ

これまでに清楚だとか、カジュアルでもあまり極めるなとかいろんなことを伝えてきました。

「それじゃあ私らしいファッションじゃない気がする」という人もいれば、「その説明で分かるような気はするけど、まだ完全に理解することができない」と感じている方もおられることでしょう。

ずばり、きれいめコーデといえば、“コンサバファッション”という方程式を作り上げてみてください。

いや、そもそもコンサバファッションというのがどんなファッションなのか知らない!という方もおられることでしょう。

コンサバファッションとは、攻めすぎないファッションのことをいいます。

せめるコーディネートというのは、ミニスカートやショートパンツをはきこなすなどがあげられますね。

その逆…、いわゆる先ほどもお伝えしたような“女子アナ”がしているような服装になるんですね。

完全にコンサバファッションにする必要はありませんが、全体的なイメージとしてはそんな感じになるということを覚えておいてください♪

それをベースにして、あなたらしさをプラスしていけばいいだけなんです!

きれいめコーデをつくるポイント13選

すぐにでもきれいめコーデに変えたい!そんなファッションにしてみたい!と感じられている方も多いことでしょう。

どのファッションでも共通することですが、これまでにしたことのないファッションに挑戦するときって「どんなふうにしたらいいのかな?」

「まずはどんなアイテムをGETするべきなのかな?」

「どうやったら、すぐにでも完全なる憧れのコーデに近づくことができるのかな」

なんて考えてしまいませんか?

それは未知の世界だからこそ、考えて、そして感じるのは当たり前のことなんです!

せっかくあなたは、これからきれいめコーデをしようとしているのです。

その気持ちを無駄にしてほしくない!

それに“鉄は熱いうちにうて”なんてことわざもあるくらいです。

あなたのきれいめコーデを作るために、ぜひ押さえてほしいポイントを確認していきましょう。

以下の13個のポイントをおさえておくだけで、あなたは必ず“20代後半としてふさわしいきれいめコーデ”を作り上げ、周りからの視線が変わったことを感じることができるハズです☆

柄物を取り入れすぎない

20代前半まではどうしても柄物をよく取り入れていた!という方もおられるのではないでしょうか?

柄物を取り入れるのって、難しいようでファッションとしてはとても楽しいんですよね。

あれとあわせて…とか、この柄はこのカラーが素敵♪

なんて考えるだけでドキドキワクワクしちゃいますよね。

しかし、20代後半になったのであれば、できれば柄物を取り入れすぎないようにしてください。

“取り入れてはいけない”といっているのではなく、柄物×柄物というようなファッションを避けましょう。

また、柄物の洋服を選ぶのであれば、柄物のカバンや靴などを取り入れないようにする…などなど“柄物の引き算”をするようにしてください。

それだけでみちがえるほどに大人っぽいコーデに仕上げることができますヨ!

色は2色


あなたは、これまでにコーデを組む時にはいったい難色のアイテムを取り入れていたでしょうか?

人によって異なると思いますが、3色だとか…なかにはワンカラーコーデをしていた方もおられるかもしれないですね。

もしも本気できれいめコーデにするのであれば、“2色使い”を原則にしてください。

2色というのは、とても難しいし、それにおしゃれを楽しむことができないように感じるかもしれません。

しかし、2色というのは“統一感”だったり、“清楚なイメージ”をもたせるにはもってこいなんですよね。

それに、おしゃれ初級者の方でも、簡単にコーデを組むことができるので“優しい色使い”なります。

どうしても3色、4色…といれたくなってしまった場合は、3色すべて別々の色にするのはやめましょう。

茶色が入っているのであれば、薄目の茶色を選ぶ…などなど、“似ているカラー”を取り入れるとさらに統一感を出すことができ、“まとまった”印象を出すことができます。

それぞ、きれいめコーデのコツなんです。

全身ゆるっとはNG

年齢があがるにつれて、足を出したくないとか、体のラインが出るような服がなんだか着れなくなってしまった…という方も多いでしょう。

そんなに自分を卑下しないで!

あなたはあなたのままでとっても魅力があります。

すてきなんです。

だからこそ、全身のラインを隠すようなゆるっとした服装はさけましょう。

とはいっても、“全身ゆるっとファッション”を避けてほしいのであって、ファッションのどこかに“ゆるさ”が入っているのはかまいません。

全身ゆるっとファッションというのは、どうしても“みすぼらしさ”“小汚さ”などを出してしまうんですね。

それにさらに老けて見えてしまうことも…。

まだまだ、あなたは20代後半なのですから、タイトめとはいわないものの、体のラインを少しだけでも出してみましょう。

例えば、ゆるっとしたシフォンブラウスにタイトめのスカートをあわせたり、ぴったりめのリブニットにゆるっとふわっとしたチュールスカートを合わせたり。

かなり“大人の女性”になれます。

フェミニンなものを1点取り入れる

きれいめコーデというのは、なにも“きっちりかっちりしたファッション”じゃなきゃいけないというわけではありません。

女性なのですから、女性であることを楽しみましょう。

そして、20代後半だからこそ出すことのできる色気、今しか出すことのできないあなたの若さを楽しんでください。

そのためにも、きれいめコーデを完成させるためにも“フェミニンなもの”を1点だけ取り入れましょう。

全身にフェニミンなものを取り入れてしまうと、どうしても20代前半のことを忘れることができないイタい女になってしまいます。

もしもリボンがついたブラウスが好きなのであれば、そこにAラインスカートを合わせるのではなく、タイトスカートだったり、スキニーパンツを合わせるようにしましょう。

カラーはシンプルをチョイス


あなたは、何色が好きですか?好きな色ってどうしてもファッションに取り入れたくなってしまうものです。

もちろんそんなカラーファッションを楽しむのもいいのですが、きれいめコーデをする日には“シンプルカラー”を選ぶようにしましょう。

組み合わせをシンプルにするんです。

白×黒、とかピンク×黒などなど。

20代後半ともなれば、色で飾らなくてもあなたの内側からきれいなオーラが出ているもの。

これまでに鮮やかなカラーコーデを楽しんできた人にとっては、どこか物足りないように感じるかもしれません。

しかし、そんなシンプルカラーを取り入れることによって、”大人の余裕“を出すことができるのです。