仕事や家事が忙しくて、なかなかプライベートの時間がとれない悩みを抱えている人は多いです。

平日は仕事で、休日には用事を済ませたり、家族のためにせっせと動いたりすることが多く、自分の好きなことをする時間や、プライベートの時間をとることができません。

そして、精神的な疲労やストレスが溜まってしまっているという人もいるでしょう。

そんなプライベートの時間がとれないという人のために、プライベートの時間を確保するためにおすすめの方法をご紹介します!

忙しくて自分の時間をとれない!

社会人は毎日が忙しいです。

朝は慌しく出社をして、そのまま丸一日仕事に追われます。

夜は帰るのが遅ければ、そこからプライベートの時間を楽しむ余裕もなく、翌日の仕事に備えて眠りにつくことでしょう。

週のほとんどをそうして同じように過ごします。

そして、いざ休日になったと思ったら、今度は平日にはできない用事を済ませたり、友達との付き合いで出かけたりして、自分1人だけでゆっくりと過ごす時間がとれないという人もいるでしょう。

とくに家庭を持っている人は、休日には子育てや家族サービスをして過ごすことになるため、自分だけの自由な時間はさらに確保しにくくなることでしょう。

そんな風に毎日忙しく過ごして、自分の時間を取りづらい状況になっている人は少なくありません。

しかし、どこかで自分のプライベートの時間を作らなければ、いずれはストレスで心身に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるでしょう。

プライベートの時間をとる9個の方法

忙しくてなかなか時間がとれないという人でも、やり方によってはプライベートの時間を確保することができます。

「自分でもプライベートの時間がとれないのに、人からのアドバイスで変わるわけがないだろう」と思えるかもしれません。

そんな人ほどぜひ一度はこれからご紹介する方法を試してみてください。

プライベートの時間を確保できている人は、限られた時間の中でもしっかりと自分の自由な時間を確保するやり方を実践しています。

そのやり方を知らずに自分では時間をとるように努力していても、非効率的なやり方をしてしまって、本当はとれるはずの時間がとれていないのかもしれません。

プライベートの時間をとるために効果的な方法を以下にご紹介していきます。

まだ試していないやり方がある人は、ぜひ実践してみてください。

スケジュール管理表を作る

平日は仕事、休日は休みという大雑把過ぎる予定では、その中で上手く自分のプライベートの時間を確保することができなくなってしまいます。

自分の自由な時間を確保したいと思ったら、1日1日のスケジュールがきちんと把握できるように、スケジュール管理表を作るといいでしょう。

スケジュール管理表を作っておけば、自分が1日をどのように過ごす予定なのかが一目瞭然になります。

するとその予定の中で、どこならプライベートの時間がとれるかを具体的に考えることができるようになるでしょう。

例えば昼休み後から次の外回りの予定までに、1時間空くことが予め分かっていれば、当日いきなり時間を持て余すことなく自分の自由な予定を入れることができるでしょう。

また、次の予定との間に30分だけでも空いていれば、そこで読書をしたりスマホをいじったりと、ちょっとした休憩がてらのプライベートタイムを満喫できることでしょう。

毎日自分のスケジュール管理表を作る習慣を身に付けることで、今までよりもプライベートの時間をとりやすくなるでしょう。

早起きをする

例えば平日ならば仕事がありますので、1日の内でどこが最も時間を作れるかと言ったら朝、もしくは夜でしょう。

夜の場合には、定時に帰れればそれなりに時間に余裕ができますので、映画を観たり読書をしたりマッサージに行ったりと、自分のプライベートの時間を楽しむことができるでしょう。

しかし、仕事でいつ残業になるかも分からないため、毎日の予定を立てづらくなります。

忙しい日が続けば家に帰る頃にはくたくたに疲れてしまっていて、何もする気力が起きなくなってしまうこともあります。

一方で朝であれば、前日にきちんと睡眠を摂っていれば心身の疲れはある程度とれています。

朝から意識もハッキリしていますし、体も動かしやすいでしょう。

前日にあまりにも就寝時間が遅ければ、翌朝は早起きしても寝不足で頭がまともに働きません。

そのため何よりも睡眠を優先した上で、きちんと休めた翌朝にはいつもよりも少し早起きをしましょう。

ほんの30分でも早起きをすると、その30分間は自分のプライベートの時間がとれますので、好きなことができます。

もし1時間早起きができれば、もっといろいろなことをして過ごせるでしょう。

規則正しい生活を送る

朝起きられるようにするためには、規則正しい生活を送る習慣を身に付ける必要があります。

夜はできるだけ早めに寝るように心がけて、朝は決まった時間に起きるようにします。

会社がある日には朝起きる時間は大体同じでしょうから、まずは夜に早めの就寝を心がけましょう。

1日の疲れが溜まっているのに、夜遅くまでスマホをいじったりゲームをしたり、映画を観たりしていると、どんどん就寝時間は遅くなってしまいます。

すると朝起きるのが辛くなってしまい、家を出るギリギリに起床するという生活になってしまいます。

余裕を持って朝起きられるようにするためにも、夜は夜更かしせずにさっさと就寝する習慣を身に付けましょう。

いつもだらだらと夜更かしをしている人は、すでにそれが癖になっています。

早く就寝することは自分できちんと意識して行動しなければ、つい夜更かしをしてしまうでしょう。

しかしそれではいつまで経っても夜更かしの癖が抜けません。

「今夜から生活習慣を変えるんだ!」と強い意思を持って臨みましょう。

自分の生活を見直す

あなたは日頃、自分がどんな生活を送っているかきちんと自覚していますか?

元々自分が決めたルールや予定に従って計画的に動くことが好きな人は、プライベートの時間をとろうと思ったら決められた行動のいくつかを変更すれば、すぐにでも自分の時間を確保することができるでしょう。

一方で、いつも生活習慣が不規則で、1日をどんな風に過ごすかはその時の気分次第という人の場合は、なかなか上手に自分の時間を確保することが難しいでしょう。

自分が適当に生活を送っているという人は、まずは自分の1日の過ごし方をきちんと把握して、その上で1日1時間は自由時間を作るように努力しましょう。

慣れない内は1日で1時間程度時間を確保できるようにして、その間に予め「今日はこれをやろう」と決めておいた好きなことをしましょう。

それを毎日続けることで、次第に予定と予定の隙間の時間にも、自分のプライベートの時間を確保できるようになってきます。

慣れればそれが毎日の習慣になりますので、常に自分の1日の予定を把握して動けるようになるでしょう。

やりたいことリストを作る


「やりたいことはたくさんあるのに、時間がなくてなかなかできない」という人は多いでしょう。

忙しく毎日を送っている内に、次第にやりたいことが何なのかを忘れてしまったり、どんどんやりたいことが増えていったりしてどうにもならなくなってしまう前に、自分が何をやりたいのかをまとめておきましょう。

紙やスマホなどに自分のやりたいことを挙げていき、「やりたいことリスト」を作ります。

それを見れば、自分が何をやりたいのかを直ぐに確認できますし、忘れてしまうこともないでしょう。

やりたいことリストを作ることで、それを見る度に「そうだ、自分はこんなにやりたいことがあるんだった」と気持ちを改めることができます。

自分のやりたいことをやるために、どうにかプライベートの時間を確保しようという気持ちにもなるでしょう。

やりたいことリストを作ったら、その中でも期限に限りがあるものを最優先にして順位付けをして、それぞれに「いつまでにやる」と目標も作っておくと、より自主的に時間を作ろうと行動できるようになるでしょう。

人に合わせない

本当は自分の時間を楽しみたくても、人から誘われるとそれを断れずに、つい付き合いに参加してしまうという人は、自分自身のその考え方や行動を改めることで自分のプライベートの時間が作れるようになります。

人に合わせるという性格はとても協調性があります。

周りといい関係も築けますが、いつも他人の都合に合わせていては、自分の時間を十分に過ごせなくなってしまいます。

自分の人生なのに他人のために合わせて動いていては、心身が疲れてしまいます。

ストレスも大いに溜まってしまうことでしょう。

普段は人に合わせて付き合うことも大切ですが、毎日のように人に合わせるのではなく、時には自分の都合ややりたいことを優先して動きましょう。

1度や2度誘いを断った程度では、そうそう人間関係が崩れることはありません。

思い切って相手の誘いを断って、自分のためだけに時間を使うように心がけましょう。

それでもどうしても人の誘いを断り辛いという人は、その場では断っておき、後できちんとフォローを入れましょう。

そうすればよほど気まずくなることはないでしょう。

人に頼る

時には人に頼ることで、自分のプライベートの時間を確保することができます。

例えば残業が毎日のように続いているのなら、残業しない日を作るために、余裕のありそうな人にお願いして仕事を手伝ってもらいましょう。

もちろん手伝ってもらったのなら、その相手が仕事で大変な時には積極的に自分が手伝うようにし、また十分にお礼も言いましょう。

周りの人に負担をかけない程度にお願いをすることで、自分の自由な時間を作ることも可能になります。

また、例えばいつもは家事や育児でまったく時間がとれないという人も、パートナーにお願いをして1日だけでも家事や育児を変わってもらい、自分はプライベートの時間を満喫して気分転換するという方法もあります。

どのような場合であれ、人に頼って自分の時間を作る時には、その相手にきちんと感謝の気持ちや言葉を伝えてお礼をすることを忘れないようにしましょう。

SNSをする時間は決めておく

暇さえあればついスマホをいじってしまうことってありますよね。

さっきSNSをチェックしたばかりなのに、ちょっと間が空くとまたすぐにチェックしてしまい、結局そのまま余った時間を使ってしまうという人もいるでしょう。

SNSやネットは暇つぶしとしては最適ですが、うっかりするとダラダラと時間が過ぎてしまいます。

せっかく他にも有意義なことをして過ごせたのに、何となくSNSを眺めるだけで時間が過ぎてしまってはもったいないでしょう。

そこで、1日の間でSNSをする時間をきちんと決めておくと、無駄な時間の使い方をしてしまうことはなくなります。

例えばバスや電車で通勤する時間は、SNSを見るのは止めて本を読んだり、新聞を読んだりすれば知識や情報を短い時間で得ることができるでしょう。

スケジュールを埋めない

1分単位でスケジュールを埋めてしまったり、予定の隙間が一切ないような状態にしてしまったりすると、プライベートの時間を作ろうと思ったところでとても作れないでしょう。

また、予定と予定の空き時間が短いと、次の予定までに時間がなくなって焦ってしまい、常に慌しく走り回ってしまうことになります。

焦りはミスを生みますし、うっかり忘れものでもすれば次の仕事に支障が出てしまいます。

できるだけスケジュールはびっちり埋めるのではなく、隙間の時間を作るようにしましょう。

ほんの10分や5分でも時間があれば、次の予定までに一息おくことができますので、気持ちに余裕を持てるようになります。

また、空き時間が30分、1時間もあれば、小腹を満たしたり自分の時間を過ごしたりできるでしょう。

やること・やめることリストを作る

自分がやることのリストを作ることで、「これをやるためにもプライベートの時間を確保しなければ」という気持ちが生まれます。

また、自分がやめた方がいいことのリストも作っておくと、うっかりそれを自分がしてしまいそうな時にも、「やめなければ」という気持ちになるため、行動を改善することができるでしょう。

やめることリストというのは、「これをしていると時間を無駄にする」と思われるべき行動です。

例えば数分おきのSNSチェックや朝の二度寝三度寝など、やめた方が時間を有効活用できると思われることは、やめることリストに逐一入れて常に意識するようにしましょう。

プライベートを充実させる秘訣とは?


プライベートが元々充実している人は、わざわざプライベートの時間を充実させることに頭を悩ませる必要はないでしょう。

「どうにかプライベートを充実させたい・・・」と悩んでいるのは、現在進行形で自分が自由時間を充実できていないと感じている人です。

「せっかくの自分の時間を有意義に過ごしたい。でもどうすればプライベートを充実させるのか分からない。」そんなふうに悩んでいる人は、ちょっとした考え方や行動の変化によって、これまでよりも楽しくプライベートを充実させることができるでしょう。

プライベートを充実させるための秘訣を以下にご紹介していきます。

習い事をする

趣味や好きなことが何もない人は、せっかく自分の時間を作れてもそこで何もすることがなく、時間を無駄にしてしまいます。

それでは充実させることはできませんので、新しく習い事を始めてみることで、時間を有意義に使うことができるようになるでしょう。

習い事はどんなことでも構いません。

茶道でも料理教室でも、クラフトワークでもろくろでも、とにかく自分が少しでも興味がわいたものを始めてみてください。

やっていく内に段々とそれが趣味になってくることもありますし、いつも決まった曜日や時間に習い事をしていると、その時間に合わせて1日を規則正しく過ごせるようになることもあります。

プライベートを充実させつつ、時間の管理もしっかりできるのが習い事ですので、この機会に何か習い事を始めてみるのもいいでしょう。

行きたいところに行ってみる

もし休みや長時間自分の時間がとれるなら、その間に自分の行きたいところに行くと、充実した時間を過ごせるかもしれません。

以前から行きたいと考えている場所があるのなら、そこへ出かければ楽しい時間を過ごせるでしょう。

また、ふと「ここ行ってみたいかもな~」と感じた程度の場所でも、思い立った時にメモに残しておくと、行きたい場所の候補になります。

時間ができた時にはそれらの候補の中から、今自分が行けそうな場所をチョイスして、日帰りや1泊で出かけると時間が無駄になることもないでしょう。

旅行

旅行は日帰りで行ける場所であれば、1日時間ができたら気軽に出かけることができます。

しかし泊りがけでの旅行となると、それなりに時間をきちんと確保しなければなりません。

仕事が忙しいのなら、旅行に出かけるまでにあらかたの仕事を片付けておくなり、自分がいない時だけ周りの人に助けてもらうなりして、旅行に行けるだけの状態をしっかりと整えておく必要があります。

「そこまでするのも大変だからまたでいいや」と思うこともあります。

ですが、次の機会でいいと考えたままで何年も経ってしまうと、心の鬱憤やストレスが溜まり過ぎてしまいます。

時には自分のために時間を確保して、旅行を楽しみましょう。

趣味をつくる

趣味がたくさんある人は、時間がいくらあっても足りないくらいです。

時間がちょっとでもできれば、そこですかさず自分の趣味を楽しもうとします。

時間を無駄に過ごしてしまうことはまずないでしょう。

一方で、何も趣味がない人は、せっかく時間ができてもすることが思い浮かばずに、ダラダラとしたもったいない時間の使い方をしてしまいます。

それではプライベートを充実させることはできませんので、何か自分なりの趣味を1つでも作るといいでしょう。

自分が関心のあることやちょっと興味を惹かれたことなど、何でもいいので片端から手をつけてみて、面白そうなものがあれば本格的にそれを楽しみましょう。

充実した時間を過ごせれば、それの楽しいことが自分の趣味になるかもしれません。

新しいことにチャレンジする

いつも同じことをしているとマンネリしてしまいますし、つまらなくなって何もしなくなってしまうこともあるでしょう。

心が退屈を覚えるとそれだけ気持ちもダルくなります。

やる気や向上心もなくなってしまいます。

そんな時こそ新しいことにチャレンジしてみましょう。

自分が経験したことのないこと、やったことのないことに触れてみると、まったく新しい刺激に神経が敏感になります。

ワクワクドキドキしやすくなり、新鮮な気持ちを味わうことができますので、充実した時間を過ごせるようになるでしょう。

新しいスポーツをやってみたり、行ったことのない場所へ出かけてみたり、普段は行かないようなお店でウィンドウショッピングを楽しんだりと、自分とは正反対のものや、普段は興味のなかったものに触れることで、楽しく刺激に満ちた時間を送ることができるでしょう。

友達と会う

毎日のように同じ友達と過ごしていると、充実した時間よりはだらけた時間になってしまうでしょう。

しかし社会人になれば学生の頃のように、毎日のように友達とは遊べなくなります。

それどころか、お互いに休みが合わなければなかなか顔を合わせることもできなくなってしまいます。

普段は会えなくなった友達と久しぶりに会うと、間が空いた分お互いにたくさん話すことができて、充実した時間を過ごせることでしょう。

ファミレスでダラダラとお喋りをするのも楽しいですし、カラオケやボウリングなどを一緒に楽しんで、お互いに日頃のストレス発散をするのもいいでしょう。

気心の知れた友達同士なら、普段は周りに言えないような愚痴や内緒の話もすることができます。

自分が信頼できる友達と過ごす時間で、プライベートも大いに満喫できるでしょう。

自己投資をする

あなたは日頃、自己投資をしていますか?

自己投資とは、自分のために投資をすることです。

自分に投資をすれば、それが自分のためだけに返ってきますので、自分の価値を磨くためにも自己投資はした方がいいでしょう。

人によって自己投資の内容は様々です。

例えば株やFXで自分の資金を増やすために投資をする人もいれば、エステやサロンに通って自分磨きをして、自分の評価や価値を上げようとする人もいます。

自己投資では、自分にとって必要だと思えることにお金を投資することです。

「これは絶対に自分のためになる」と思えることにはどんどん自己投資した方が自分のためになるでしょう。

また、自己投資には切りがありませんので、プライベートの時間を自己投資に使うことで、結果的に自分に運が回ってくることもあるでしょう。

プライベートの時間を大切にできる人の特徴とは

プライベートの時間は誰にでもあります。

しかしその使い方や大切にしているかどうかは、人によって違うでしょう。

自分のプライベートの時間を削ってでも会社や他人のために奉仕する人もいれば、周りのことよりも自分のプライベートの時間を優先させて行動する人もいます。

プライベートの時間の使い方や、どの程度優先させるかは人それぞれですので、誰がどんな風にプライベートを過ごしていても、それはその人の自由でしょう。

たくさんの人の中でも、自分のプライベートを大切にしている人にはどのような特徴が見られるのでしょうか?

具体的な特徴をご紹介していきます。

ポジティブ

ポジティブな人は基本的に、明るく前向きな性格をしています。

そのため、自分のプライベートの時間も、楽しいことや充実できることのために使おうとすることが多いです。

例えばゆっくり読書を楽しんだり、友達と一緒に遊んだりと、何かしらの有意義で充実した時間になるようにと、いつも考えながらプライベートの時間を過ごしています。

何もせずに、ただダラダラと1日を過ごすだけの時にも、あえて1日ダラダラ好きに過ごすために、それまでに仕事や家事をきっちりと終わらせて、自分ができるだけ動かなくても済むように予め調整しておきます。

その調整をしている時には、きっと次の日にとても楽しいことが待っているような、ワクワクした気持ちになっていることでしょう。

ポジティブな人は、どんな時でも自分のプライベートの時間を大切に考えて過ごすようにしています。

小さな幸せを見つけられる

些細なこと、何でもないことの中にも、小さな幸せを見つけられる人は、それだけ自分の時間に充実感や幸福感を覚えることができるため、プライベートの時間も大切に過ごすことができています。

仕事の休憩中に外を眺めていて、親子が幸せそうに歩いている姿を見かけて自分もつい嬉しい気持ちになったり。

電車で人に席を譲った時にお礼を言われたことで、自分の中に誇らしい気持ちが生まれたり。

日常のちょっとした出来事の中にも、自分なりの小さな幸せをいくつも感じ取っています。

小さな幸せを見つけられる人は、プライベートの時間だけでなく、日々のどの時間でもそうした幸福感や充実感、達成感などを覚えているため、自分の過ごしている時間をいつも大切に思うことができています。

周りに感謝できる

周りにいつも感謝の気持ちを持つことができる人も、プライベートの時間を大切に過ごすことができるでしょう。

例えば休日に友達と一緒に過ごしているのなら、友達が自分に付き合ってくれることに感謝を覚えます。

また自分と友達でいてくれることに対しても、心から感謝の気持ちを持つことができています。

人は自分が感謝の気持ちを覚えたことに対しては価値を見出し、大切にしようとします。

そのため、友達の存在に感謝できる人は、その友達と一緒に過ごしている時間も大切に思っていることでしょう。

それが友達でなく、恋人や家族であっても同じことです。

自分が感謝する存在と一緒にいる時、その一緒にいる時間そのものをとても大切にして過ごしています。

夢がある

夢がある人や、明確な目標がある人は、プライベートの時間も、ちょっとした隙間時間も一切無駄に過ごすことがありません。

夢があるのなら少しでも早くその夢に近づくために、空いた時間はほぼすべて夢のために費やすことでしょう。

資格をとって希望の会社に就職するのが夢なら、空いた時間はほとんど資格の勉強に費やすでしょう。

アイドルに憧れている人なら、プライベートの時間は自己投資や夢のために自分磨きを一生懸命に頑張ることでしょう。

夢がある人にとって、プライベートの時間はほぼその夢のために使います。

そのため限られた時間を大切に使い、少しでも夢に近づけるように有意義に過ごそうとするでしょう。

夢のために努力しているのなら、大切にしながら過ごす時間もあっという間です。

退屈さやマンネリとも縁がなくなり、毎日刺激や充実感に満ちた時間を過ごせることでしょう。

後悔しない毎日を送っている

毎日の過ごし方は人によって違いますが、自分がいい人生を送りたいと考えている人は、「なるべく自分が後悔しないように」と常に意識して、毎日を大切に送っています。

何も考えていなければ、プライベートの時間でもぼんやりとただ無為に過ごしてしまいます。

しかし「後悔しないように」と意識している人の場合、プライベートの時間を無為に過ごせばそれが後悔に繋がってしまうため、できるだけ充実した時間を過ごそうと考えるでしょう。

充実して時間を過ごせれば、それで後悔することはありません。

だからこそ、後悔しない毎日を送っている人は、自分で後悔しないように意識して、プライベートの時間も大切に過ごしていることが多いです。

フットワークが軽い

フットワークが軽い人は、ちょっとでも時間ができればあれこれとそこに予定を詰め込もうとすることがよくあります。

ほんの10分時間が空いただけでも、家にいるなら洗い物や洗濯をしようとします。

会社で10分時間ができれば次の仕事の準備をしたり、書類のコピーをとったりとすぐに自分のやることを思い付いて行動することができます。

そのフットワークの軽さは、「時間があれば無駄にせずにやることをやろう」と時間を有意義に使おうとする意志の表れでもあります。

それだけプライベートの時間も大切にしていることが多いです。

時間の管理をしてプライベートを充実させよう!

プライベートを充実させようと思ったら、何よりもまずは自分で「時間を充実させよう」と意識すること、そして次に「時間の管理をしっかりとすること」です。

やる気がなければプライベートを充実させることはできません。

やる気があっても時間の管理ができていなければ、プライベートの時間を作ることもできないでしょう。

そのため、この2つのことをまずはやった上で、空いた時間にどんなことをして過ごすのかをきちんと考えて行動に移していきましょう!

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718